ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
戴きもので晩秋の味覚を美味しく味わってます
2015-11-29-Sun  CATEGORY: 戴きシリーズ
27/11/20前後 【食欲の秋... 酸味に甘み  どれもこれも美味しいです】


久々に戴きものシリーズ復活...前回の”ちたけ”以来の掲載だったかな>笑<


義姉宅から戴いた(一部)”みかん”...かなりの大振りですがヘタ部分が
デコポンの様にピョコンと出っ張ってるが仲間なのかな?

P1530194.jpg

何だかケン坊と魔女の姿に似てませんか?  持ちつ持たれつ...金魚の糞とも言う?

別に”チュー”してる訳ではありません>笑<

P1530195.jpg


コチラは色黒で少しグロテスクに見えますが、とっても”甘~い干し柿”です

ケン坊の好きな干し柿を魔女のお友達から頂戴しました...

P1530373.jpg

干し柿と一緒に戴いた”ゆず”です  羽生ゆずるではありません>^₋^;;<

そう言えば、NHK杯で世界最高得点を出したそうで...おめでとうございます\(^_^)/―

P1530375.jpg

魔女の出番...  そうです”マーマレード”に変身させます

P1530379.jpg

酸味があって、とっても”おいひい”です  パンに付けて...もう最高です!

P1530380.jpg

里芋に大根、ホウレンソウやからし菜等々...連日、食卓には戴き物が>笑<


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
年1回の”バスツアーで35分の空中散歩”を楽しむ老夫婦...
2015-11-26-Thu  CATEGORY: 我が家の旅行
27/10/29撮影 【約1ヶ月経過...中身もレベルが低すぎて意識して遅らせてた!】


久し振りに参加した”バスツアー”は、ここJR石橋駅前からスタートしました

向かう先は、既に掲載済の”水上・諏訪峡の紅葉散策”を経由して...
最近、TV等の影響で人気が上がってるようでバス3台が次々と出発、ケン坊は3号車

ケン坊は休みとの関係で、ツアー募集終盤での参加...多分、紅葉は終わってます!
(ネット社会...紅葉の進み具合も既に確認済で心の準備は出来てます>笑<)

個人旅行なら天気予報を見ながら日程の調整も出来るが、ツアーは運を天に...

目的地の予報は”午前から雨模様”...紅葉と天気に見放された今回のバスツアーに
最初から皆さんのテンションは低空飛行です  

バスの中は、これからの旅の話と言うよりも、世間話がアチコチから聞こえてきます
(一人、添乗員だけがハイテンションで語り掛けますが...乗客の反応は?)

P1520598.jpg

今は高速道路がジョイントされていて、以前なら考えられないような場所でも日帰り可能
ということで、今回もJR石橋駅を8:40発で帰りは18:00だという

北関東道の波志江PAで弁当がバスに詰め込まれ、10時頃には早くも配られました...

あの有名な”登利平の上州御用 鳥めし”で、小さく”ヤッタ―”ポーズ?

P1520601.jpg

そうそう 以前に食べたくて”インパーのイベント会場”に買いに行った程の弁当!

P1520750.jpg

そしてケン坊たちは”諏訪峡”の散策途中で頬張りました...美味しいの一言です
(景色に見惚れてて写真撮り忘れてしまい、後付けの写真でゴメンです>謝<)

P1520622.jpg

ツアーは”秋色映える諏訪峡と三国峠紅葉ドライブ”のプロローグに

メインの”日本最長の苗場ドラゴンゴンドラ&田代ロープウエー”

P1520650.jpg

水上から三国峠を紅葉ドライブ...さて、群馬では快晴だったが果たして新潟は?
まだまだ青空が続いてますが三国峠の紅葉は旬でした  良かった~ 

これで諏訪峡と三国峠の観光ポイントは、青空のもとで見られて”無事にクリア”です

先ずは”田代ロープウエー”に乗車ですが...間もなく山麓駅に到着

P1520648.jpg

案じていた天気も今のところ青空も見えて...陽射しのあるうちに空中散歩をしたいな
山麓駅周辺の紅葉は旬は過ぎたものの、まだまだ十分に見られますが

P1520646.jpg

田代ロープウェイは91人乗りで”全長2175㍍・約10分”の空中散歩が楽しめる
いきなり飛び出したゴンドラ...半分位の乗車なので自由にゴンドラ内を動き回り>笑<

(ゴンドラ乗車ルール:一般客と団体バス乗客の両方に公平にということで、ゴンドラには
 原則、団体バス1台の観光客と一般客の組み合わせ...なるほど・ザ・ワールド?)

つまり、ケン坊の乗った3号車は44人に一般客が何人いたか不明だが満員にならず?

P1520651.jpg

かなり高度が上がってきました   スタート地点が標高806㍍でしたが...

P1520658.jpg

ここが瞬間的に”日本一の地上230㍍”の位置...床面のシースルー小窓でスリル体験

P1520660.jpg

これが二居湖(ふたいこ)...奥清津発電のためにできたダム湖かな?

P1520662.jpg

振り向くとこの景色...完全に紅葉は終ってます、冬支度が進んでます
ツアーの企画って難しいですよね  この後の同ツアーに参加する方は可哀そうですね?

P1520667.jpg

長い10分の空中散歩も終わり田代ロープウェイ山頂駅(標高1413㍍)に着きましたが
写真も撮らず...団体行動だとなかなか思うように行きませんね(^₋^;;)

山頂駅からはドラゴンドラ山頂駅に向かって約25分の徒歩での散歩
ケン坊たちは下りで楽でしたが、ドラゴンドラ山頂駅からの逆コースはキツイかも?

山頂駅から数分歩くと”田代湖”が見えてきました...なかなかの光景です

P1520669.jpg

少し下ったところから1枚撮ってみましたがモデルに変化が無くイマイチですね>苦<

P1520677.jpg

ゆっくり景色を眺め約20分  田代第2高速リフトを見ながら隣接のドラゴンドラ山頂駅へ
あの高速リフトに沿って登ると”苗場山”への登山道に合流できるのかな~
(後で見たら、こちらからはダメなような情報がありました...?)  

*写真はリフトの発着所
P1520687.jpg

コチラがあのドラゴンドラの”ドラゴンドラ山頂駅(標高1346㍍)”です
近過ぎてイメージが湧きませんね

ドラゴンドラは8人乗り(背中合せで各4人)で”全長5481㍍・約25分”の空中散歩
そう  空中を25分も散歩できるんですよ  紅葉が欲しかったな~

P1520688.jpg

ブルーの8人乗りドラゴンドラが次々と飛び出していきます

P1520684.jpg

P1520693.jpg

紅葉が旬の季節だったら素晴らしい光景が展開されるでしょうね~
もう一度、今度は個人で来てみたいです...

P1520698.jpg

二居湖が見えます

P1520711.jpg

乗車を待ってるとき、誰かが熊がいるんだよね~と言ってたが何の事だか判らなかった
突然、魔女が”クマだ~”と大きな声を...

慌ててキョロキョロして撮ったのがコレ↓ ありました! 熊の彫り物でしょうか?

P1520713.jpg

ドラゴンドラ14号柱  約25分の空中散歩の中で一番の絶景ポイントだそうです...
無意識に撮ったこの写真のアングルが”絶景ポイント”だった

P1520717.jpg

地形に沿ってアップダウンの繰り返し  何度も...子供じゃなくても楽しめます>^。^<
今度は孫たちを連れて来ようかな~

田代ロープウェーとドラゴンドラの計35分の空中散歩が
大人:2200円、子供:1100円(別に、シャトルバスが400円、200円が必要)は安いかも?

P1520718.jpg

青空に向かっての空中散歩も針葉樹林帯に差し掛かり...あと数分で終わりですが
雨の予報が見事に外れ...今回のバスツアー(屋外)は青空の元で終わる?

P1520728.jpg

ドラゴンドラ山麓駅です

P1520731.jpg

ドラゴン と ゴンドラの造語でしょうが、田代&苗場とドラゴンの関係が不明?

ネット情報によると...
「毎年、苗場でライブを行う松任谷由実が「ドラゴンドラ」を命名した」とありました

P1520736.jpg

山麓駅広場の高台にひっそり?  痛々しそうなドラゴンが観光客を見下ろしてた

P1520734.jpg

添乗員からも事前に話の合った”噂の豚まん”を見つけたが売り切れ...
諦めてたら追加できるというので暫く待って手にしたのがコレ↓

P1520740.jpg

大きさが判るものを置けば良かったんですが...そこまで頭が回らず?

P1520737.jpg

ツアーに出掛ける前までは”雨の予報”に個人の方が良かったと愚痴ってたが
この豹変に思わずニッコリ(^。^ ^。^)

無事に年1回(懲りずに来年も?)のバスツアーも終了し、18時にはJR石橋へ到着です!

高速道路網(距離をお金で買う?)のお蔭で、9時近い時間に出発しても
一泊しないで、水上・三国峠・苗場・湯沢で遊んで往復  便利な世の中になりました





ページトップへ  トラックバック0 コメント14
予想外の相方と”晩秋の宝篋山”を歩いてきました
2015-11-24-Tue  CATEGORY: 茨城の里山(その他)
27/11/21撮影 【人気のある山なんですね~ 今まで全く名前も知らなかった...】


ブロ友さんのレポで初めて知った”宝篋山”という里山は筑波山の南南東にあった

晩秋(12月)に後追いしようと思ってた山...魔女の調子からして単独歩きは必須と
思って密かに企画していた

宝篋山には6コースあり、そのうち3コースはブロ友さんが歩かれてレポ済なので
新たに別なコースを組み入れて、レポに新鮮味を出そうと苦慮したが>笑<

最初に企画したコースとは...
 山口コース2 → 小田城コースを下る → 極楽寺コースから上り → 純平歩道 → 
 常願寺コース → 宝篋山山頂 → 山口コース1で下山  モデル:6時間30分

リンゴさんの常願寺コース~極楽寺コース、亀さんの極楽寺コース~小田城コースの
大部分をクリアし、かつ、新しい山口コース1、2を踏破できる...

P1530214.jpg

仕事や天気の関係で、少し早いが21日に行こうと2日前に決めた(奥久慈も捨て難い)
金曜日の晩、帰ってくると魔女が「明日、魔女も山へ行こうかな~」と言いだした

決して足の調子が良くなった訳じゃ無く、低山だから歩けるかもと思ったようだ

まさかの展開に、頭の中は(コースの)整理がつかず、微妙な間を入れて”良いよ”と
言ったもののコースはどうしようかな...まぁ 明日考えれば良いや

結局は当日の運転中に意見交換、125号線に入ってから決定...ギリギリ決着>^‐^;<
宇都宮から1時間15分(ロスタイムを除き>笑<)...

取り敢えず今回はオーソに歩こう
 「極楽寺コース(登)~宝篋山頂~小田城コース(下)」

駐車場(8:35着)は、既に手前は満車だったので奥に停めました...残り数台分です
人気の山なんですね~  別な場所にも100台分の駐車場があるそうな...

P1530360.jpg

今日は朝から青空に恵まれての山歩きが期待できそうです...久々かな?
山頂の電波塔がはっきりと見えます

駐車場の手前から、極楽寺コースと常願寺コースがスタート(5分先で分岐しますが)

P1530219.jpg

最初は田園風景の中を歩きますが、目指す宝篋山の山容がスッキリと見えます
こんな清々しい山歩きは久し振りかな~

P1530222.jpg

少し歩くと”忍性記念”の案内板があったが、直ぐに飲み込めず写真にお助けコール

P1530228.jpg

少し先に”カフェ・ギャラリー ふくろう”という東屋が...
(宝篋山整備隊員の方たちが宝篋山全体の整備(案内板、ベンチ、東屋、植樹)してるらしい)

P1530229.jpg

更に進むと”石造 五輪塔”の案内があったので、寄り道することに...
後で判ったことだが、五輪塔を見てそのまま進めば、コースの合流出来たようです

この山は手作りコース案内板がコマメにあり助かりますが、ここは最初の頃だったので
イマイチ不安でコースの分岐まで戻ってきちゃいました...(好意を無にしちゃった)

”石造五輪塔”は「つくば市文化財」に指定されてます
P1530231.jpg

少し登りを歩くと分岐があって、どちらも歩く人の姿あり...先行するご夫婦に聞いたら
左手の”沢コース”がお薦めと教えてもらい沢コースを歩くことにした

すると間もなく滝が現れた...沢コースには多くの滝があるという
分岐から山コースを歩いてもそんなに離れていないので、高い所を歩く姿が見えました

*慈悲の滝
P1530237.jpg

小さな沢ですが何度も(行ったり来たり)渡渉します>笑<

P1530241.jpg

*五丈の滝(どこからどこまでが五丈なのかは不明?)
P1530243.jpg

ややハッキリと判る”こころの滝”という滝でした(手を合わせるハイカーの姿あり)

P1530245.jpg

この後も”白滝”や”葵の滝”などがありましたが都合により割愛?

コースはこんな感じですが陽射しがあって雰囲気がとっても良い感じです
多いぐらいのハイカーがいて何の心配も不安もありません

あるとすれば”魔女の足”だけかな?  でも”安心ください” 今のところ順調らしい
最初から「ゆっくり歩き」をモットーに...抜かれても全く気にせずマイペースで歩きます

P1530254.jpg

もうこんな季節なんですね~  赤い実のフユイチゴがアチコチに姿を見せてくれます
まるで”いくら”のようなお姿...あぁ海鮮丼が食べたくなっちゃった>笑<

P1530266.jpg

滝巡りをしているうちに何時の間にか純平歩道に出ました
ここを右折して暫く歩いたら山頂への分岐...直進(1㌔)すると”常願寺コース”に合流

ここまで出発してちょうど1時間経過
もちろん山頂へ向かいます 山頂まで1㌔...もう全体の三分の二歩いたことになります

P1530267.jpg

大岩群の一部を掲載...結構な大きさの岩です 

傾斜も厳しくなってきましたが距離が無いので少しの辛抱なんですが...
魔女は暑いと言いながら2枚目を脱ぎました 裸にはならないよう注意しました>笑<

P1530268.jpg

椿(ヤブツバキ?)が咲いてます  コノ時期は花の端境期なので花の被写体は貴重です

P1530269.jpg

紅葉も所々で見せてくれますが、まだまだ始まったばかり? 
遠くから山肌を見ると紅葉も進んでるように見えますが、樹木の下を歩くと晩夏かな~

P1530272.jpg

この山の林道(コース)は手入れが行き届き過ぎて、敷かれたレールの上を歩くだけですね
楽と言えば楽ですが...こんな感想って贅沢ですよね>笑<

今日の陽気で少し汗ばんできましたが、ついに山頂直下にある”バイオトイレ”に到着
ここまでモデルより若干早目のタイム...あれだけユックリ歩いたのに?

P1530282.jpg

バイオトイレから100㍍で山頂です  標高は461㍍と低山(里山)ですが
極楽寺コースは変化に富んで”山歩き”を楽しめたコースでした

10:32 宝篋山頂
P1530285.jpg

山頂には”石造宝篋印塔(茨城県指定文化財)”がありました

宝篋印塔:パンフより
  鎌倉時代中頃のもので、関東での真言律宗の布教の拠点であった極楽寺の
  裏山に位置している。
  宝篋印塔はもともと宝篋印陀ら羅尼経というお経を納めた塔で、後に墓塔・
  供養塔などに使われました...以下、略    

P1530304.jpg

北方面には”左に筑波山そして右奥に加波山”の姿がハッキリと見えます

P1530295.jpg

筑波山をバックに、明るい陽射しの中で久々に被写体になってみました>笑<

P1530315.jpg

宝篋山は国土交通省関東地方整備局が選定した”富士見百景”の一つでもあります
その通り、冠雪した富士山が見えます

気温が上がり過ぎてボヤ~っとしてますが、肉眼ではハッキリと見えましたよ
登ってくる人たちが口々に”富士山だ~” ”見えたよ~”と大声を発していて賑やかです

日光連山や榛名山、赤城山が見える筈なんですが残念ながら断定できません>苦<

P1530292.jpg

バイオトイレの先にも電波塔?が見えます  電波塔は2個あったんですね
駐車場から見た電波塔はどっちかな? それは山頂の鉄塔でしょう

P1530299.jpg

そしてコチラが山頂に建つ電波塔 松の木が被っちゃって全容が見えませんが...

P1530308.jpg

山頂のベンチは既に先客に占領されており、ケン坊たちは芝生にシート広げ開店です!

内容はいつもの”セブンのお握り”ですが
今回は新発売の”煮玉子おむすび”と北関東限定の”かつ丼”が目玉です...

P1530297.jpg

山頂にはアザミがアチコチで顔を覗かせてくれました  ちょっぴり嬉しかった~

P1530312.jpg

三角点を探したら、鎖で囲まれた宝篋印塔のある中にありました
魔女が手を伸ばして辛うじてタッチ...

P1530318.jpg

約45分も長居した山頂に別れを告げて、往路で気になった”峰城跡”へ行って見ました
バイオトイレから5分程離れた小高いところにありましたが

あははは  ココ(↓) 何だと思いますか?
「峰城跡」があると言うのでわざわざ寄り道したんですが...この写真が跡なのかな?

側の大木に”城跡の場所は特定されていません”と書かれた紙が括りつけられてました
何じゃコレ~ って感じです  完全に笑いを通り越してました

P1530322.jpg

本格的な下山はバイオトイレの奥側からです  ここから”下田城コース”で下ります

P1530324.jpg

直ぐに山頂からのコースと合流地点に”おみざらし(100㍍)”とあったので
ケン坊だけ確認に行ったが、チョロチョロとした沢があるだけで”らしき”場所に出会えず


下浅間神社の案内があったので寄り道したつもりでしたが...展望の良い場所に出た
霞ヶ浦が霞んで見えましたが全体的には”ぼや~”としてました

下浅間神社に鳥居はありましたが”神社”は見当たりません?
鳥居の内側に”女人禁制”の文字...昔、女の人は「ココ」でお参りしてたらしい

P1530331.jpg

鳥居から4~5㍍も入ると”小っちゃな祠のような「下浅間神社」”がありました

P1530334.jpg

小田城コースは足元が極楽寺コースに比べて悪い(傾斜もあって滑り易い)?
暫くすると小さなコース案内...右折すると”大峰平展望所”経由でコースへ合流とある

行って見よう!  暫く悪路を歩いて着いた場所は?

う~ん  コレが大峰平展望所からの眺め?  は、ありませんでした...
展望を期待して巻道したのに残念です もう表示板は外した方が良いかも知れません?

P1530337.jpg

小田城コースは〇〇展望所が多いですね>笑<
この後も、舟ガ城跡展望所(木の隙間から市街が見える)がありましたが割愛します

次の”要害展望所”からの眺め...やはり市街が見えるだけですが>苦<

P1530344.jpg

でも、要害展望所には、謎のツリーハウスと展望台が2個、テーブル付きベンチもあり
こちらは本格的な展望所と休憩所を兼ねていました

P1530345.jpg

5分も下って振り返ると、右端に”要害展望所”が見えますが絶壁...まさに要害なんですね

P1530348.jpg

太子堂の手前にずらり並んだお地蔵さん...何体あっただろうか?
全てのお地蔵さんの前に湯茶碗が(伏せて)置かれていたのが印象的でした

P1530350.jpg

そして太子堂の前に貴重な被写体が?  まだカンナが咲いていました

P1530352.jpg

そして 12:40 無事に駐車場へ戻ってきました  一日青空に恵まれて暑いくらいでした
魔女も(ゆっくり歩きが功を奏した?)、今のところ足への影響が無かったようなのでホッ!

P1530355.jpg

【コースタイム】(モデル=3:05ですが...)
駐車場(8:57)-純平歩道(9:45)-山頂(10:32~11:17)-下浅間神社(11:33)-
大峰平展望所(11:47)-要害展望所(12:26)-小田駐車場(12:40) 計3:50(休憩含)

山頂で、我が家にとって”異例のまったり”...45分も長居しちゃいました(^_^)v

写真もレポもダラダラと掲載しただけのブログ...最後までお付き合いありがとうございました



ページトップへ  トラックバック0 コメント13
見慣れた樹木の伐採で”栃木県総合運動公園”の雰囲気が変わった?
2015-11-23-Mon  CATEGORY: 公園・栃木県総合運動公園
27/11/07撮影 【2週間前は何事も無かったのに...日々刻々と変化してる?】


ぐずついた空模様だが何とか歩けそうと買い物ついでに寄った総合運動公園へ

里山ならずとも公園まで紅葉が進んでて思わずシャッターを...

P1530133.jpg

園内もイチョウを中心に紅葉・黄葉で楽しみながらの散歩ができますよ

P1530139.jpg

日没時間も早くなり午後の4時ともなると陽射しの無い日は薄暗くなります

街路灯にも灯が点り、紅葉も一段と柔らかな雰囲気を醸し出し...良い雰囲気です

P1530145.jpg

運動場の外周コースも良い感じ...と思いながらサッカー場付近を歩いてたら?

P1530143.jpg

いきなり明るい?  そして直ぐにマサカの光景に”ビックリしたな も~”
2週間前までは”いつもと変わらない風景”だったのに、この日、目にした光景とは...

大きな桜の木やトチノキが何本も伐採されてました  倒木? いや、これは完全に伐採!

もしかして”サッカーやラグビー場”周辺に「駐車場」を建設するための伐採か?
だとすると市民の憩いの公園が殺風景になってしまう?  想像するに残念です!

【追記】
今日(22日)の伐採状況を見てたら、どうやら”総合スポーツゾーン”の工事らしい

陸上競技場のほうまで伐採が進んでおり...違ってたらゴメンです!

P1530146.jpg

どこの公園でもそうだが、樹木が多く、市民の憩いの場として、散歩やジョギングする人
花見や木陰で休む人たちに役割を果たしてきた公園の樹木だったが...

【追記】
レポを掲載する前に今日も少し運動不足を解消しようと総合運動公園へ行ったら...
今回の写真の2枚目を残して、まさかの全樹木が伐採されてました!

新たな”総合スポーツゾーン構想”があって総合運動公園...変貌する第一歩らしい


ページトップへ  トラックバック0
速報!  お約束どおり”〇〇山”を登ってきました
2015-11-21-Sat  CATEGORY: 茨城の里山(その他)
27/11/21撮影 【久し振りの山? 先々週に三毳山を少し歩いたが...】


3連休は初日だけが天気に恵まれるとあって行くなら今日しかない...と

でも何処の山にする? 迷った挙句、ブロ友のレポで後追いを決めていた山を選択

山頂から見える山はコチラ...見慣れた山だからバレバレですね>笑<

P1530293.jpg

冠雪した富士山が...エッ 何処に?  そうですよね 小春日和で霞んでますが

*写真の真ん中でかなり上の方です
P1530287.jpg

山頂にはこんな塔もありました

P1530288.jpg

ベンチは全部埋まってたのでケン坊は芝生で”まったりモード”...寝転んでます
アッいけない  これはリンゴさんの「十八番のワード」でした>謝々<

P1530311.jpg

さて、詳細は何時になるのやら...毎度のことで恐縮です>笑<


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
ケン坊に”ワインの味”が判るかな?
2015-11-20-Fri  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
27/11/19撮影 【ついにケン坊もボジョレ・ヌーボーに関心? そんな訳は無い筈!】


ついに今年も”ボジョレ・ヌーボー”の解禁日がやってきた

解禁は、毎年11月の第3木曜日と決まっていて今年は19日...今日なんですね
と言っても、コレまでケン坊は無縁と言うか買ったことがない...

数か月前に会社の飲み会でワインを味わってから、家に飲まずに放置してあったワインを
毎日チビリチビリ飲んでたら、何時の間にか家からワインが消えちゃった>笑<

寂しくなって、一本くらいは在庫があっても良いかなと言うことで注文!

P1530200.jpg

なんでも今年は「当たり年」の2009年並みの出来だと言われているらしい?
ケン坊は全くのど素人...悲しいかな何も判っていません>^₋^;;<

と言うことで、レポも写真だけズラズラズラと掲載するだけで...終了です
今日は楽でした...

P1530198.jpg

P1530201.jpg

ワインに合うおつまみがあるとは思うが、今日は全くの準備不足でして...
ポテチとベビーチーズじゃとんだ笑い者ですね>笑<   

生ハムやカマンベールチーズ(あったのを気付かず)でもあれば良かったが

ワイングラスも無ければ...何も無い、今回の試飲で美味しかったら徐々に揃える?

P1530202.jpg

慎ましいおつまみで魔女と乾杯?  アハハハ 何に乾杯するのか理由が見当たらず...

P1530205.jpg

良く考えたら、足利に”ココ・ファーム・ワイナリー”があるじゃないか~

数年前に御遣い物に2ダース買ったら、毎月のようにPRメールが来るが
あまり好きじゃないし...と、コレまでは未読のままでしたが、さて変化があるかも?



ページトップへ  トラックバック0 コメント14
晩秋は”皇帝ダリア”が目を惹きます
2015-11-19-Thu  CATEGORY: 休日
27/11/08撮影 【もう晩秋、小春日和の季節なんですが...小さな秋見つけた~】


近所に咲いていた”皇帝ダリア”ですが、朝までの雨で花びらに勢いが無い?

P1530170.jpg

しかし「背高ノッポ」の皇帝ダリアを鑑賞するには首が疲れます>笑<

首を回しながら同じような写真を...でも他人様の庭なので長居は怪しまれる?

P1530171.jpg

あまりにも首が疲れたので、我が家に戻って背の低い柿の紅(黄)葉で一呼吸します...

P1530161.jpg

あぁ キンカンが生ってますが今年は10個もないので粒は大きいかな?

P1530165.jpg

どさくさに紛れて我が庭の写真...あははは 載せちゃった>笑<

ページトップへ  トラックバック0
ある日のランチは”下野うどん 草庵”へ寄り道...
2015-11-17-Tue  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
27/09/26撮影 【あれから2年...寄り道ランチに「下野うどん・草庵」へ】


下野市グリムの里でのイベント会場を後にしてランチを求めて周辺をブラリとドライブ

そうだ久々に”下野うどん 草庵”へ行って見よう

*2年前の写真↓
P1250392.jpg

前回(2年前)、昔のイメージで行ったら”そば屋⇒うどん屋”に変わってて戸惑ったお店

P1510577.jpg

場所:
  下野市下長田146
  下野市石橋農村環境改善センター内
営業日と時間:
  月曜日を除く毎日営業
    :ただしお昼の時間帯だけで11時から14時まで

P1510575.jpg

お店に着いたのが1:50...おぉ 閉店の10分前です  聞いたら大丈夫とのこと
先客は2組いたが、ケン坊たちが食べる頃には帰られて我が家だけ?

「安心ください 履いてます」じゃ無かった  2時ちょうどに1組の親子が入店

P1510560.jpg

前回は確か、ケン坊が”肉汁うどん”で魔女が”くるみ汁のぶっかけ”だった記憶があるが

今回は”エビもちぶっかけ”がどうしても食べたかった
カリッと揚げてある餅と海老が本格的なうどんとベストマッチなんだそうです

P1510559.jpg

うどんが茹であがるまで時間がかかるが、それは承知の上...10数分待ったかな?

P1510561.jpg

先ずは魔女の”五目おろしぶっかけ”(750円)です

P1510563.jpg

五目の彩りはイマイチですが魔女曰く...美味しいしボリュームにも満足とか

P1510566.jpg

これがケン坊が2年前から食べたかった”エビもちぶっかけ”です

P1510569.jpg

海老が4~5本(?)に、お餅が5個も入ってて950円は妥当かな?
予想以上に美味しかった~  特にエビは予想以上で好きな餅も満足でした...

もちろん、魔女にエビと餅を味見と称してお裾分け...価格差を調整?>笑<

P1510572.jpg

空腹の分を差し引いても”満足”したランチでリピーターになるかも?

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
今年のインフルエンザ予防接種は”3価⇒4価”で高くなった?
2015-11-15-Sun  CATEGORY: 我が家のイベント
27/11/14撮影 【今年の冬支度はインフルエンザ予防接種からスタートです...】


いよいよ仕事も多忙を極めてきた...特に来週から年末までが一番のピークかも?

とても休める状況になく...うっかり風邪やインフルエンザなんかに罹れないので
今年は去年より2週間も早く”インフルエンザの予防接種”をしてきました

P1530160.jpg

去年は市の補助(65歳以上)もあって1000円だったのに、今年は1500円に値上がり
あれ?  財政難で補助額が減額されたのかな~と思ったら...

2015/2016シーズン(平成27年秋冬)のインフルエンザワクチンは4価ワクチンに?

今シーズンから従来の3価(A型2種類、B型1種類)にB型株が1種類追加されて
”4価(A型2種類、B型2種類)”になり、抗原が増量されたそうです

宇都宮セントラル・クリニックの場合:
補助の無い場合の一般料金が、4000円から5670円(?)に値上がりしてました
つまり、基本料金が値上がりしたので、65歳以上の負担も増えたんですね>^₋^;;<

でもね~、予防接種したと言っても、ワクチンはあくまで罹患するリスクをある程度
下げるが、接種したことで感染ゼロ、リスクがゼロになる訳ではない...です

P1530157.jpg

あははは 12時になってしまったので3週連続でインパーへ...

今日は”石窯パン工房 Pan De Park でお昼を調達です

P1530159.jpg

もちろん家に帰ってから食べましたよ>笑<




ページトップへ  トラックバック0 コメント12
やっと”山パン”を買うことができました...
2015-11-14-Sat  CATEGORY: 日記
27/11/08撮影 【ケン坊の買い時は、穴が開くかヨレヨレになった時です...】


今日も朝から雨模様...こんな日はどうすれば良い?
これからの季節に履くパンツがヨレヨレになってきてることからインパーへ向かうことに
我が家にも紅葉が近付いてます  ちょっとショボイですが...

*写真右...ドウダンの上に這っているのは”花の咲いてるミニトマト”
P1530152.jpg

そうなんです  まだまだミニトマトが鈴なり...もう11月半ばなのに?

P1530154.jpg

あれあれ話が逸れ始めちゃった...今回買った本題の”山パン”はコチラです...
? 色はグリーン系なんですが、写真に撮ったら黒っぽくなっちゃった

P1530149.jpg


でも週末は雨模様だしデビューする日は遠そうです  暫くはハンガーにぶら下がってる?



ページトップへ  トラックバック0
魔女が”スマホ”に切り替え...家族でLINEを駆使?
2015-11-12-Thu  CATEGORY: 我が家のイベント
27/11/03撮影 【映画と買い物は雨の日と思っていたが、魔女の携帯が壊れ...】


今日は天気も良くて山日和ですが...う~ん 魔女の買い物にお付き合い?

長年使っていた魔女の携帯にアチコチ不具合が生じていて寿命と診断し
止む無く、行き付けの”docomo(インパー店)”へ出掛けた

P1530039.jpg

これは魔女が従来使ってた携帯...2代目も7年経過でボツに

P1530148.jpg

やはり”らくらくスマホ”は選択肢が狭く、色も4色だけ...
赤系のスマホが欲しかったが、在庫が無いと言うのでケン坊とお揃いで”白”に
これで全員がスマホ...魔女はもちろんケン坊と同じく”らくらくスマホ”です

P1530055.jpg

ケン坊も初めて”LINE”を使うことに...面倒くさい設定は魔女っ子に任せて>笑<
使い始めると、意外に便利に使えそうな気がする

会社からの”帰るコール”もLINEで楽々...

P1530151.jpg

結構、時間が掛かるんですね~ 10時に入店したが約2時間かかってしまいました...
ということは、運悪く? 運よく? ”ランチタイム”になっちゃったんです

代わり映えしないが”源ちゃん食堂””スマホデビュー祝い”をすることに

P1530053.jpg

最初は回転ずしへ向かったが、ちょうど時間帯が悪く混んでた...ので

魔女っ子にもサポートして貰ったので...「贅沢玉手箱」を大盤振る舞いしちゃった

P1530042.jpg

魔女っ子は”生しらすとウニ”は外せない...ということで彩りを無視した注文>笑<
ボリュームがありそうな写真ですが、器が小さいのでご安心...

P1530046.jpg

ケン坊はノーマルに”単贅沢しない玉手箱”から選択です>笑<

P1530047.jpg

今日の主賓は遠慮がちに”さしみ天婦羅定食?”を注文してご満悦です

冷静に考えると、魔女のランチが一番良かったかも...です(コスパ的にも)

P1530048.jpg

ケン坊の懐は寂しくなっちゃったけど...好きなものを食べると心は豊かな気分に!


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
まさかの「こむら返り」に確認のため軽く”三毳山”を周回...
2015-11-09-Mon  CATEGORY: 栃木の里山(三毳山)
27/11/07撮影 【里山歩きで確認しようと思ったのに、歩き始まったら...変心?】


先週末、山仲間と鶏頂山を登ったが、直後にブロ友が”釈迦が岳~鶏頂山”を踏破...
夢の中でブロ友に負けじと釈迦が岳を追いかけ登った訳では無いと思うが
ある日の明け方に”こむら返り”(脹脛)を起こし、2日経っても違和感が残ってる感じ

【こむら返り】ネットより
こむら返りとはふくらはぎの筋肉(腓腹筋)が、急激に収縮することによって足がつった
状態になることで、激しい痛みを伴う症状です。こむら返りという症状は、ふくらはぎ
だけでなく、あしくびや太もも、土踏まず、指、首、肩など、いろいろなところの筋肉でも
起こるのですが、ふくらはぎで起こるケースがもっとも多い症状です。



その日のうちに痛みは消えると思ったが、コレまでより時間が掛かってるのが気になり
今後の山歩きに影響が無いか確かめるため(少しオーバーですね)? 

里山をゆっくり歩いて、足の様子を確認しておいた方が良いかなと
ケン坊の知る「古賀志山、大平山、三毳山、大小山、雨巻山」から”三毳山”を選択

三毳山は久し振り(3月のカタクリ以来)と言うことで新鮮な気分...すると
スタート時点に咲いていた可愛い花”チェリーセージ”でしょうか? をパチリしてスタート  

P1530059.jpg

P1530060.jpg

まだまだ紅葉には早いですが、いつものコース(中岳~青竜ヶ岳)をゆっくりと歩いてみよう

P1530064.jpg

...と、いつもの登山口まで舗装道を歩いてきたが?  
ビニテープが張られ”ハチの巣あり  通行できません”との注意書きが

ガァ~~~ン 何という運の悪さよ... まぁ舗装道歩きとするか~

P1530065.jpg

ヤレヤレ、この先どうしよう  もう6~7分歩いたが...
救いは、今日の県内はどこも”曇り”の予報だったが、太陽が顔を覗いていること
気持ち的に暗く沈まなくて歩けることだ

P1530068.jpg

すると、中岳へ登る分岐がありました...そう言えば、昔、下りで使ったことがあった
記憶は飛んでいて覚えてませんが、なが~い階段だったことだけは何となく

P1530069.jpg

登り始めて数段...脇を見たら何やら”きのこ?”らしい姿を発見した
間違いなく「きのこ」なんですが名前が判りません。笠のない変わったきのこです

P1530070.jpg

そして斜面の上のほうに紫の花が見えたので転倒しないように近づいてみたら
何と三毳山に”トリカブト”が咲いてました...何十回も歩いてますが初めてです

右手前(何かの茎)にピントが合い、肝心のトリカブトが大ボケ!
(あくまで証拠写真として掲載したが...)

P1530074.jpg

スクワットしてたら、後から来た人に追い越され...まだまだ長~い階段は続きます

P1530075.jpg

これはケン坊の性分なんでしょうか? 前に歩いている人を見ると自然に足が早まり...
従来のコースとの合流地点で追いつき、追い越して中岳へ先着しました>笑<

今日はゆっくりと歩くために三毳山を選んだのに?  今日の目的を直ぐに忘れるケン坊

P1530076.jpg

中岳から山頂広場経由して...舗装道にするか”犬石”のあるコースにするか迷ったが
舗装道じゃ山歩きの雰囲気に欠けるので「犬石コース(正式名ではありません)」を選択

P1530081.jpg

尾根を歩き、舗装道を横切り三毳の関跡を通過...
足の具合も何とも無い  いっそのこと青竜ヶ岳(写真↓)まで登っちゃおうか?
自分に問いかけて即決定!  しかも歩く速度も依然衰えず...

P1530089.jpg

この時期は花も殆んどありません  貴重な被写体があれば何でも撮っちゃう>笑<

P1530077.jpg

P1530094.jpg

2度目の舗装道を横切る手前で”山柿?(実の大きさは普通サイズ)”を発見...
こんな所に柿の木があったかな~  今まで全く気付かなかったです

P1530095.jpg

そして最後の急登を登り切り...遂に青竜ヶ岳山頂に到着(駐車場から1時間弱)
(山頂には先客がポジションを占有してたのでアングルはイマイチ...)

P1530101.jpg

遠くに(写真右上)、今回の候補に挙げた”大小山(山頂近くに大小の白い看板)”が見えます

P1530099.jpg

復路は道祖神のある舗装道まで戻ると”ハチの巣”の所に出ちゃうので、山頂から350㍍程
下山したところの分岐を左手に入り、湿性自然植物園方面に向かうことにした

P1530106.jpg

分岐から15分で...湿性自然植物園の沼に着いちゃった? 少し早過ぎるかも

P1530113.jpg

駐車場の紅葉も始まったばかり...小さな周回コースでしたが1時間20分で散歩を終了!

P1530129.jpg

隣接する”とちぎ花センター”で何やらイベントしてるので寄ってみたら...
こんな花ポール(って言わないか?)がお出迎え

イベントの一つで”もちつき大会”が行われていたが200円なので買わず>笑<

P1530121.jpg

P1530124.jpg

今日は”思わぬふくらはぎ痛”が背景にあっての里山歩き...案ずるよりも生むが易しでした
でも、未だに違和感が残ってる...少し様子を見ながらの日々になりそう?


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
ある日のランチ”真岡・うな源”はシブい選択だったかな?
2015-11-08-Sun  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
27/09/19撮影 【2か月も前? 話はシルバーウイークまで遡ることに...】


本日のランチは”真岡・日本料理のうな源を数十年振りにお邪魔しました

早くにレポをまとめておけば良かった...今は一日前の食事のことも忘れちゃうのに
2か月も前のことは推して知るべし>苦<  写真を見ながら徐々に思い出し?

P1510172.jpg

玄関を入ると料亭を思わせるような空間が広がる  う~ん こんなお店だったかな~
前回利用したのは数十年前だったから、変わっているかも?

贅を尽くした純和風な店内が”老舗”の雰囲気を感じさせてくれます...

P1510165.jpg

秋を思わせる(色合いや)雰囲気の飾りが何気ないところに置いてあり
店主のお客への優しい心遣いも感じられます

P1510170.jpg

奥には中庭が見られるようなテーブル式のお食事処が...アチラでも良かったな~
もちろん和室も隣合わせにあり明るい雰囲気だ

店員さんから、和室の「樹齢360年の欅一枚板のテーブル」もご覧くださいと案内された
(写真無しです...もう一部屋、同じような拘りの一枚板のテーブルがあるとか?)

P1510167.jpg

ケン坊が案内された場所は”半個室”で、外部との空間は閉ざされた写真奥の場所でした

P1510166.jpg

屏風が立ててあり、如何にも料亭を思わせる個室だが...
もしかして、ケン坊たちの風貌から”コチラの部屋向き”と思われてしまったのか>笑<

もしかして、この部屋が拘りの欅一枚板のテーブルなのか?(未確認です)

P1510171.jpg

幅は狭いが床の間まで付いている...余程、ケン坊たちの身なりが年寄りに見えた?

P1510147.jpg

益子焼の湯飲み茶碗とおしぼり...まぁまぁ、このレベルは何処でもあります

P1510143.jpg

問題のメニュー...前回は”うな源だから「鰻」”が美味しいだろうと注文したが
美味しさは間違い無かったが、金額の割には大きさにやや不満が残った記憶があり
今回は全く”うなぎ”とは関係のないメニューにした>笑<

ケン坊は”海鮮ちらし丼”で魔女は”とんかつランチ” お互い少し味見をする条件で

P1510144.jpg

コチラがケン坊注文の”海鮮ちらし丼”には味噌汁の他に茶碗蒸しとサラダにコーヒー(選択)...

P1510148.jpg

新鮮で、味も間違いなく美味しかったです...シェフも代が変わったかな?

P1510151.jpg

魔女の”とんかつランチ”にはボリュームあるサラダと味噌汁、お新香がに抹茶(選択)...

P1510153.jpg

写真はイマイチでしたが、味の方は及第点だと思いますよ...もちろん個人差ありますから
(別にうな源さんから袖下は戴いてません>笑<)

P1510156.jpg

何十年振りのうな源、今回はお店の名前を無視したメニューでしたが正解? >^。^<

P1510174.jpg

素晴らしい佇まいは一見の価値あり...特に庭園には店主の拘りがあるようです
次回はその庭園の見える素敵な個室で”特上うなぎ”でも食べてみようかな?


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
初めて”鶏頂山”の山頂に立つ...(後編)
2015-11-05-Thu  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
27/10/31撮影 【山仲間5人が揃っての山行はなかなか出来そうで難しい...】


前編では”弁天沼”で多くの紙面を費やしてしまい、なかなか山頂が遠かったです>笑<

後編では”藤原コース分岐(写真真ん中上)”から山頂を目指し、そして復路は周回で...

P1520819.jpg


藤原コース分岐から...釈迦が岳がデ~ンと構えてる? 思ってたらマサカの光景が
ガスってて視野が遮られていて残念です  
でも山頂なら素晴らしい景色に出会えるかも? と気を取り直して歩きます

P1520856.jpg

少し目を左にずらすと優しい山容が...この山が”御嶽山”です
鶏頂山~釈迦が岳を縦走するには、この御嶽山が間を取り持つ山となるんですかね

P1520854.jpg

この分岐から鶏頂山までの急坂が”胸突き八丁”と案内板にありましたが、ケン坊的には
”御助水授所”の先に現れた岩の急坂も厳しかったかなと思います...

それと、注意が必要なのは何ヵ所か絶壁の縁を歩く場面があるんですが、その絶壁が
クマザサに隠れてて見えないんです
足元のクマザサの隙間から時おり見える絶壁に思わず”ゾォーッ”とします

P1520857.jpg

そして遂に”鶏頂山の山頂”へ到着  スタートからちょうど2時間半ですが
途中で寄り道や小休止を入れたので、それを考慮すれば比較的順調な山行ですよね

*10:25
P1520864.jpg

鶏頂山神社脇に立てられた”奉誌記”には1700年前に開山された鶏頂山は歴史ある
霊山とあり、別名を”金鶏山”というらしい(これは初耳でした)

P1520868.jpg

山頂にある建物なので派手さはないですが、手入れは行き届いている感じがします
弁天沼の所にもあった”茶色の半鐘”がココにもぶら下がってます

熊除けの半鐘? 帰りに鳴らして”ケン坊のお帰り”を熊に知らせることにします>笑<

P1520871.jpg

ここが山頂! 三角点を探すのを忘れちゃった>残<
標高1765㍍? さっきの案内板では1766㍍だったし弁天沼の案内地図も1766㍍だったな~

でも、ガイドブックには1765㍍とあるから、今は1765㍍が公式な標高かと思いますが?

P1520872.jpg

山頂は我々3人が独占して使用できるということで真ん中の良い場所を占有しちゃいました

そして、山仲間山行の恒例となった、M氏による”山頂ラーメン”の準備中

P1520881.jpg

そして開店した”山頂ラーメンは”は回を追うごとに進化を遂げていて

前回の”煮玉子”に加えて”お餅&チャーシュー(W)入り”という豪華版に

P1520882.jpg

その他にケン坊は”新発売:わさび菜飯と鮭(北関東限定)”をペロリ!

P1520884.jpg

ようやく周囲が少し明るくなり”釈迦が岳”が少し見えてきた...コレが最高の状態かもと
撮っておくことにした  そして、念のため数分間隔で撮ることに>笑<

P1520888.jpg

山頂は直後に1グループ(4人)とソロの方が...多少は賑わう形になったが、山頂からの
景色は依然としてガスが...釈迦が岳の山頂は見え隠れしてる
いや~吐く息が白い?  まさかの展開!  嘘だろう?  白いものが落ちてきた...

歩いている時は汗を掻かない程度だったが止まると寒く感じるまでに空気が冷たくなって

P1520894.jpg

そして宇都宮からきた4人グループの方と写真の撮りっこしたのがコレ(↓)

P1520896.jpg

それにしても、少し山頂で長居しちゃいましたね...間もなく1時間です

おぉ 待ってた訳ではなかったが”釈迦が岳”の全容が見えてきた 慌ててシャッターを

*11:23   *11:25下山開始
P1520900.jpg

もう少し居たら”もしかしたら晴れるかも”の期待もあったが下山します
胸突き八丁の下山で、しかも片側のクマザサの下は絶壁なので、往路以上に慎重に...
藤原コース分岐(往路は左だったが)を通過し明神岳分岐へ向かいます

途中振り返ると、往路では見えなかったが”復路”では鶏頂山がハッキリと姿を見せてくれた

*11:52
P1520915.jpg

そして明神岳分岐を”弁天沼方面”へ左折します(写真では左:鶏頂山 右:釈迦が岳方面)

P1520917.jpg

コチラのコースも一面クマザサ畑です  往路よりも足元は良く無いかもですが
まぁ 山歩きはこんなモノかなと思えば何てことはない  

P1520920.jpg

いつか来た道、いつか見た光景...”弁天沼”です  ココまで来れば先が見えますね
ココまで一気に下山して来たので小休止します

*12:08
P1520924.jpg

水分補給して下山を続けると”びっくりぽんや~”  団体さんが山頂へ向かってます
入山者が少ないと思い込んでいたが、この季節は多いんですかね~

コレまでポツポツとすれ違ったが、20人もの団体...しかも年齢層がバラバラでした

P1520929.jpg

下山の時間帯になって薄日が射して来ました   何という巡り合わせなんでしょうか?
でも、山頂には未だガスが掛かってると思えば気が楽かな>苦<

P1520930.jpg

良く見ると分岐かな?  往路では気付かなかったがスキー場コースとの合流地点です
Y字路の左が西口駐車場  右がスキー場跡駐車場 へのコース

折角だから”スキー場”経由でとも思ったが、西口駐車場までの車道歩きが残るのでパス!

P1520943.jpg

ようやく駐車場が見えてきました  無事に到着です  大小の休憩を入れて5時間25分

1年振りの参加者もいたので、復帰戦は”ゆっくり”と申し合わせてたので予定通りでしょう!

P1520947.jpg

山仲間のお蔭でケン坊にとっては86座目の栃百を無事に踏破することが出来ました
ありがとうございました...

山仲間とは鶏頂山が今年の最後ですが来年はマドンナを含め5人での山行を!!!



ページトップへ  トラックバック0 コメント16
鶏頂山・平成27年-04(in)86/100(前編)
2015-11-04-Wed  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
27/10/31撮影 【今年4座目となる栃木百名山...踏破すればコレで86座ですが】


栃木百名山も遂に残り15座までになりました  ”やっと”です

最初の頃の”年に20数座踏破”が夢のよう...最近は地味に2~3座登るのが精一杯?
(自由な時間が無いのではなく、登れる山が限られて選択の幅が無くなったんですね)

今年も”5月の氷室山”、”8月の燕巣山”、”10月の夕日岳”と何とか3座を数えましたが


その残りの15座とは...いずれもケン坊にとっては兵揃いで登れないだろうな~
男鹿岳・大佐飛山・黒滝山・日留賀岳・持丸山・塩沢山・明神岳

前黒山・鶏頂山・黒岩山・錫ケ岳・皇海山・鋸山・黒檜岳・薬師岳

そして今回挑戦したのが”鶏頂山”でした 先入観があって一人では無理と思い込んでた
今回、山仲間との山行は”日光の社山”と早くに決まってたが、直前になって参加者の
予定が入り乱れ...結果、3人となってしまった(3人とも社山は踏破済)

仲間に入れて貰ってるケン坊が余計なお世話で”鶏頂山”を提案し採用された>嬉<


これからレポしますが...この時期、鶏頂山の紅葉は既に終わっていると承知のうえだ
その代わり”もみじライン”の紅葉はドンピシャ? (1週間前に始まってたので)

登山口は”西口駐車場”からとした...
何故? 7年近く前に鶏頂山スキー場P跡を視察した時、取り付け道路(既にスキー場は
閉鎖)が荒れ放題で、車の底を擦った苦い経験があるためなのだが...
(想像:閉鎖されたスキー場の取り付け道路を整備することは無いとの思いから)

それでも、情報では今でもスキー場P跡からの登山者が多いとか聞くが(ホントかな~?)

- - 〇 - - 〇 - - 〇 - - 〇 - - 〇 - - 〇 - -

朝、予定通り7:45に駐車場へ到着  既に駐車場には2台の先客がありました
今日の天気予報は何回見ても”晴れ晴れ晴れ”...青空のもとでの山行だと信じて...

この時点では周辺には青空が見えますが、ケン坊たちの上空には雲が広がってる?

P1520754.jpg

駐車場の反対側が登山口で、準備を終えて7:55には”赤い鳥居”を潜って登山開始...
今朝は霜が降りたようで鳥居の手前辺りが白く見えます

P1520763.jpg

赤い鳥居の左側には、目立つように大きな注意喚起の立て看板が...
前回、ソロで来た時には2~30分待って誰も来なかったので、登山を断念した経緯が
(この看板の文字に恐れをなして、ケン坊の臆病風が吹いたんです>苦<)

P1520755.jpg

古くから山岳信仰の山とは聞いてたので、お地蔵さんや石碑、祠が多いとは想像してますが
いきなりの安全祈願のお地蔵さんを始め多くの碑が並んでお出迎え...

P1520765.jpg

歩き出すと噂に聞いてた”クマザサの世界”が広がり、この辺一帯は落葉した針葉樹林帯
ダラダラとした登りです  所々コースの真ん中が窪んでたりします

P1520769.jpg

突然、整地された広い道路のような場所に出たが、登山道は横切る形で直進する
管理者関係の専用道路なのだろうか   新しいマンホール?も見えます

*8:17
P1520774.jpg

多分、スキー場方面から続いているのかもですが全く不明です  
コチラの登山道は一向に晴れてくれませんが、遠くの山は晴れてるような? 晴れてます

P1520777.jpg

途中に無用となったスキー場のコース(リフト)の案内板が朽ちないで見られます
次の3つのスキー場の名前があり、当時はスキー場で賑わっていたんでしょうね
  ①鶏頂高原見晴スキー場(後のエーデルワイススキー場のこと?)
  ②鶏頂山スキー場
  ③メイプルヒル・リゾートスキー
ケン坊はスキーはやりませんが、昔懐かしいスキー場の名前です...違ってたらゴメン!

P1520780.jpg

樹木が途切れススキの原っぱは、閉鎖されたスキー場の雰囲気は何となく感じますが

P1520782.jpg

寒いんですね~  コースには長い霜柱が立ってます  重ね着が正解だったかな?

P1520784.jpg

この辺のクマザサは背が低いのでアンテナの低いケン坊には有り難いです>笑<
緩やかに登りつめると旧スキー場の上部に...

P1520785.jpg

今日は初めから”ゆっくりペースで歩こう”と決めてたましたが、ココまで約50分経過です
ゲレンデを仕切る樹林の間から”スキーリフトの(回転)支柱”が見えます
この辺がゲレンデの一番高い所だったのかな? 覗いて見たくなりましたが今回はパス!

P1520790.jpg

ココ↑から1~2分で、スキー場の当時のチケット売り場のような小屋が見えますが
今にも倒れそうに傾いています  撤去しないんですね~  何度目かの小休止です

P1520793.jpg

そしてスキー場と並行して登ってきた登山道も、ここから本格的な鶏頂山山行に...
ちょうど駐車場スタートして1時間経過です

*8:55
P1520796.jpg

少し下るように5分も歩くと”大沼入口”と書かれた立派な石柱標識が...

P1520797.jpg

ネットでは標識から数分で大沼に行けるとあったので、折角だから寄って見ることに...
こんな光景が...水は全くありません   もう冬景色(雪が無いだけ)
奥に白く見えたのは、当初は石かなと思って近づいたら霜が降りていたんですね~
水は干上がってますが、歩くとやや沈む感じのする湖底ならぬ沼底です>笑<

*9:03
P1520800.jpg

本線に戻ってひたすら歩くと...統一された”鶏頂山山頂”を示す案内板が助かります
仮に無くても、ココまでは登山道を迷う個所は無かったです

P1520810.jpg

大沼入口から約12~3分でしょうか 
ガイドブックに示された一つのチェックポイント”弁天沼”に到着です

P1520927.jpg

大沼よりも小さな沼ですが、その畔には社や新旧の石碑、半鐘などがあります
鳥居内に、平らな場所が広がっており小休止するのも良いですが一人では不気味かな?

*9:23
P1520815.jpg

弁天沼と名は付いてますが水は全く無く、恐らく水がある時は沼の中にあるであろう祠...
祠へは小さな橋が架かっているように作られています

P1520811.jpg

古事が刻まれた比較的新しい石碑を読めば当時のことが少しは伺い知れるかも...

P1520812.jpg

木の鳥居の中にも多くの石碑がありました(多過ぎて割愛?)

P1520817.jpg

この新しい石碑に”弁天沼平家一門有縁の地”との記述... 平家縁の地なんですね

P1520831.jpg

朽ちかけた木の鳥居に括りつけられた登山道の案内です
鳥居を潜って行くと”鶏頂山”ですが、途中に急な登りを経由して藤原コース分岐に

そして、鳥居を潜らずに直進すると、胸突三丁を経由して稜線で明神岳分岐があり、
その分岐を右折すると、藤原コース分岐で合流するようです

ケン坊たちは、往路で急な登りを進み、復路では明神岳の分岐から戻るコース...
つまり周回する形で歩くことにしました

P1520819.jpg

鳥居の足元にも”右 鶏頂山  左 釈迦が岳”の石柱が...でも何で二本もあるのかな?
と思ったら、片方には”右 鶏頂山  左 御嶽山”と書かれてました  早とちりでした

P1520826.jpg

方位を示す立派な御影石...真ん中に「弁天池」とありましたが 沼? どっちがホント

P1520828.jpg

少し弁天沼での説明が長くなっちゃいましたね...

さぁ 山頂に向けて出発...少し開けた場所を過ぎると再びクマザサに歓迎されました
2~3分で”霊泉 御助水授所”へ  折角なのでココも寄っていくことに...

P1520836.jpg

チョロチョロですがパイプから流れてます...パイプの先は沢水が僅かですがありました

P1520837.jpg

岩の下から水が湧き出てる?  その傍らに”不動明王”のような像がケン坊を睨んでる
「ここは神聖な場所だ 下の水授所で汲んだら戻れ」と言ってるような...

P1520838.jpg

御助水授所から戻り...徐々に登山道に岩の露出が多くなり傾斜もキツクなってきた
多分、弁天沼にあった案内板の”急な登り”とはココかな?

P1520841.jpg

石碑だけでなく、自然の大きな岩にも3つの霊神様の名前が彫られています

P1520844.jpg

段差の大きな所には、この様なミニハシゴが設置、山頂まで10ヵ所前後もありました  
使い易そうで使い辛いかな~ 5~60㌢位のハシゴなんですが...?

P1520845.jpg

またまた石碑  今度は”歌明霊神”の石碑です   山全体が信仰の場所なんですよね

P1520849.jpg

相変わらずクマザサが蔓延ってますが、手入れ(刈り取り)されていて山行には影響なし

P1520850.jpg

ついに”藤原コース分岐(稜線)”に出ました  写真の先は断崖絶壁です
少し身を乗り出してみましたが、爆裂火口壁でかなり切り立ってて思わず足が竦みます>笑<

*10:02
P1520853.jpg

山頂まで一気にと思っていたのに力尽きてしまいました...続きは後編で>^₋^;<



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
里の紅葉2景と秋の風物詩&冬へのプロローグ?
2015-11-03-Tue  CATEGORY: 公園・栃木県中央公園
27/11/01撮影 【それにしても良い天気ですね 近くじゃ勿体ない位です...】


前日は晴天の筈が”完全に裏切られ”た...鶏頂山は今日にすれば良かったな~

相変わらずの”無い物ネダリ”のケン坊>笑<

さて~ 今日は里の紅葉狩りに出掛けてみようかな...単なる”でべそ”なだけですね


先ずは”栃木県中央公園の秋模様”です

P1520953.jpg

P1530008.jpg

P1520992.jpg

P1530005.jpg


次いで”独協医科大学のイチョウ並木”です

P1530018.jpg

P1530024.jpg

P1530035.jpg


これは紅葉ではありません...秋の風物詩ですね 

【風物詩・菊花展】

P1520959.jpg

P1520961.jpg

P1520962.jpg

P1520965.jpg

P1520971.jpg


そして【冬へのプロローグ・シモバシラの花】

今まで何気に見ていたこの植物こそが冬の彫刻師”シモバシラ”なんです

P1520981.jpg

シモバシラの根元に”ある気象条件”が揃った時(年1回)に、彫刻展が開催されます

*コチラが数年前に撮った”シモバシラ”の彫刻
画像 909





ページトップへ  トラックバック0 コメント6
開催されていた”益子のコスモス祭り”...やっと最終日に間にあった
2015-11-02-Mon  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
27/10/25撮影 【事後報告となりましたが...益子のコスモス祭りも成功裡に】


10月10日から開催されていた”益子のコスモス祭り”も今月25日が最終日

これまで都合がつかず遂に最終日となってしまった

つまり、今となっては”後の祭り?”となったレポです>笑<
一応、日記なので写真だけ掲載してお茶を濁すことにしましたが 何か?

P1520584.jpg

花の摘み取り放題(もちろん無料で鋏も包み紙も提供)...大量に持ち帰る人が多い

P1520570.jpg

今年は益子町生田目地区に「13ha(東京ドーム約3個分)」の広さらしいです

P1520571.jpg

展望台から見ると周囲がピンクのお花畑...

P1520572.jpg

何ヵ所かにこんなアイデア...「絵を切り取ってみませんか(だったかな?)」
一時的に順番待ち(人が並ぶと、興味ない人まで並んでしまう...コレって人間の性?)

P1520580.jpg

コスモスの乱舞  青空に綺麗です  でも最終日ともなると花びらの無い花芯も多く

P1520586.jpg

P1520590.jpg

数人が同じ方向に向けて三脚を立ててたので、SL通過が近いのかなと訪ねてみたら
3時間後だって...まぁ その間に気動車は走るんでしょうが

P1520592.jpg

まだまだ見られるコスモスの花  数日後には農機具でなぎ倒されるかと思うと...

P1520595.jpg

遠くに”根本山”が見えます  次回は最終日では無く最盛期に訪ねたいと思います

P1520596.jpg

この後、折角なので益子の街中に繰り出してみます...


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
速報! 3度目の正直・栃木百名山86座目に挑戦...
2015-11-01-Sun  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
27/10/31撮影 【予報は”晴れ晴れ”だったのに歩いた上空にだけ雲が...】


山仲間とは8月1日の”田代山&帝釈山”以来、3か月振りの登山となりました
今回登った山は、掲載写真で既にバレバレですが...詳細は後日と言うことに

この山の代表的な登山口は2ヶ所ありますが、今回はコチラから登ってみました

P1520758.jpg

コース全般に”笹が満開”ですが、山頂付近まで両側が刈られ雨後でもスパッツ不要!

P1520771.jpg

そうです  この山が今日登った山です...バレバレでしょうか>笑<

P1520913.jpg

往路は静かな山行でしたが、復路ではまさかの賑わいに驚いてます...


ページトップへ  トラックバック0
<< 2015/11 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.