ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
八重の蓮”ミセススローカム”と再び逢うために...
2015-06-29-Mon  CATEGORY: 花紀行(ハスの名所)
27/06/28撮影 【今年も早めに来ちゃいました...フライングが続くケン坊?】


    今年も”下河戸抜け土溜池のハス”の様子を
             (場所:さくら市下河戸。池の広さは約1㌶です)

       少し早いと思いつつ花の開花が早まる今年...

               気になって来ちゃいました

     開花は始まっていましたがやはり早かったようです

P1480421.jpg

      そうです あの八重のハスが見たくて来たんです

         その名を”ミセススローカム”と言う

    東輪寺から約10年前に5株贈られ大繁殖したらしい
        (帰りに花の寺・東輪寺に寄ってミセススローカムも確認済)

P1480413.jpg

        下河戸・抜け土溜池のハスは蕾が沢山あり

            満開の時(7月上旬)は見事かも?

P1480424.jpg

P1480426.jpg

蓮池の左奥に見える芝生は”58GOLF CLUB”のコースです

P1480415.jpg

        スラーっとした立ち姿が何とも言えません

P1480428.jpg

  開花日数によって色が少しずつ変化するのが特徴とか?

      上は開花の翌日?  下は3~4日経過後かも

P1480417.jpg

       既に身軽になった姿で水玉と戯れるハスの実

P1480418.jpg

        つがの里や行田の古代ハスも綺麗ですが

 ミセススローカムと出会ってから年一度の逢瀬が待ち遠しい

           P1480430.jpg

     ヨシとの共生? こんな光景も自然で良いですね~

P1480435.jpg

P1480438.jpg

     最後にもう一度”ミセススローカム”をご覧ください

              何という美しい花なんでしょう

P1480440.jpg



    そして”下河戸抜け土溜池”の手前にも新溜池があり

          こちらも大きな池でスイレンが開花中

     大半が白色のスイレンですが中程には赤色も...

P1480447.jpg

P1480451.jpg

P1480456.jpg

P1480457.jpg

   ハスの後では感動がイマイチです...さて寄り道は?


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
寄り道バレバレ”駒止湿原のワタスゲ”に逢ってきた~
2015-06-28-Sun  CATEGORY: 尾瀬・駒止湿原
27/06/24撮影 【前後の梅雨空をみたら、今日は最高の”ワタスゲ日和”でした】


   今日の予報は山沿いは雷雨...昨夜の雨を考慮して

        ワタスゲの駒止湿原は午後に計画していた

【駒止湿原】
  駒止湿原は、標高1000㍍で150㌶の面積。約10個の湿原があるが代表的な
  湿原は「大谷地」「白樺谷地」「水無谷地」の3カ所です。
  尾瀬に似た生物が見られるという別名「ミニ尾瀬」とも言われているようです...


P1480345.jpg

   ヒメサユリを優先し、最悪は駒止湿原をパスする覚悟で

         ところが天はケン坊たちに味方してくれた

    雨が降らないだけでも”御の字”なのに青空も見える

       さっそく駒止湿原(大谷地)を歩いてみましょう

P1480406.jpg

  「大谷地」に入るといきなり”ヒオウギアヤメ”がお出迎え

        いつ見ても何とも言えない品のあるアヤメだ

蕾が沢山あって旬はこれから? 株数が増えてるのかな~

P1480326.jpg

       もちろん”ニッコウキスゲ”も準備中のようです

P1480405.jpg

         いよいよ大谷地の核心部へ向かって...

  核心部まで歩かずとも入口からいろんな花が見られます

P1480324.jpg

P1480327.jpg

P1480396.jpg

   でも、今の時期の駒止湿原と言ったら誰が何と言おうと

                    ”ワタスゲ”

 気象条件で文字通り”ふわふわの綿帽子”が一面に

   その気象条件がなかなか揃わないんです...今年も

P1480331.jpg

       今年のコバイケイソウは当たり年のようです

          主役より少し目立ち過ぎてませんか?

P1480338.jpg

P1480355.jpg

        ”ため息の出るようなワタスゲとの出会い”

            フワフワの綿帽子には程遠いが

     程良い距離を置くことで想像力が益々高まります

P1480343.jpg

P1480347.jpg

P1480351.jpg

  風も無く湿度が高いので綿帽子になり切れず...残念!

        数年前に見た”ま~るい綿帽子”が懐かしい

P1480329.jpg

        山は無理でも平地ならと歩いた魔女だが...

  でも歩き過ぎる(5千歩が限度?)と違和感があるらしい

           P1480389.jpg

      一面に広がる”わたすげの園”って感じが凄い

         今日は午後だったのでハイカーも少なく

   静かな静かな”駒止湿原”を久し振りに堪能出来ました

P1480353.jpg

      そして湿原を演出する仲間たち...ありがとう!

P1480358.jpg

P1480362.jpg

P1480404.jpg

            駒止湿原のワタスゲは最高です!

ケン坊的には戦場ヶ原よりも好き(栃木県民としてマズい?)

P1480372.jpg

           P1480385.jpg

    さらば 駒止湿原よ そしてワタスゲよ また来るよ~

        今度は白樺谷地も水無谷地も歩くからね

P1480348.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
5年振りに”高清水・ひめさゆり”とデート
2015-06-26-Fri  CATEGORY: 尾瀬・駒止湿原
27/06/24撮影 【やはり”ひめさゆり”...群生地よりも高清水のほうが自然ですが


    あれは5年前...義兄や義姉たちとの小旅行以来

                  5年前のひめさゆり

   毎年のように訪ねていたのに...果たしてどうかな?

          青空も見えるひめさゆり日和です

P1480252.jpg

          いよいよ入場門を潜って中に入ります

  案内板では見頃となってたが...少しピンクが足りない?

       今年は花の開花が全般的に早まっているのに

  案内の方の話では例年よりも雪が多く影響を受けたという

           P1480306.jpg

      まだまだ蕾も多いです 来週まで見られますね

P1480305.jpg

  う~ん残念! でも可愛い”ひめさゆり”がそこここに...

P1480263.jpg

             数は少なくても花は綺麗です

 今年は咲き始めのせいか枯れ花が見当たらず特に綺麗だ

P1480264.jpg

      白樺をバックに”姫小百合軍団”がハイ・ポーズ

P1480265.jpg



           P1480267.jpg



P1480269.jpg

   以前、数株見つけた”白いひめさゆり”が見当たらない

P1480288.jpg



P1480277.jpg



P1480287.jpg



           P1480293.jpg

        園内をみなさん何度も行ったり来たり...

            カメラポイントを探してるようです

P1480271.jpg



           P1480299.jpg

            ワラビと共存共栄するひめさゆり

P1480297.jpg



P1480303.jpg

         さて久々に”ひめさゆり”にも出会えたし

P1480253.jpg

 まだ予想以上の青空が続いてる...寄り道するしかない!



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
”雨の袈裟丸山”だが勉強にもなった! コレ負け惜しみ?
2015-06-25-Thu  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
27/06/21撮影 【過去にこんな強い雨も、長時間降られたことも無かった...】


     梅雨の真っ只中で雨を避けるなんて至難の業?

           しかも自分の休みに合わせるって

       ブロ友の”山レポ”に焦ってる訳ではないが

            山から遠ざかってるのは事実!

    単独行じゃ制約がある  山も歩きたいが熊も怖い

        そこでケン坊の新たなスタイルはコレか?

           ”筆者と登る栃木百名山”
              (過去、2回参加させて戴いたツアー)

     今月は雨が心配ですが思い切って参加を決めた

 今後のために取って付けたような言い訳も見つけた>笑<

        オフ会参加の訓練雨中の山歩き訓練

P1480169.jpg

  不安そうに空を見上げたりしてマイクロバス待つ参加者

P1480170.jpg

     正直言って、単独行で登山口がこの状況だったら

        雨は降って無くてもU・ターンですね>笑<

P1480173.jpg

   そう 袈裟丸山の登山口は2ヶ所(塔ノ沢・折場)あるが
                                (つつじ平で合流)

            今回は”折場登山口”を利用

P1480171.jpg

          登山口の右には水場があり飲めるらしい

            山から絞り出た水が大きな受け皿に

            P1480175.jpg

       今回の参加者は23人+リーダー2名の25人

    先ずは準備体操から始まり注意事項のお話しと進む

P1480178.jpg

        少し前座が長くなっちゃって...ごめんです

              予定より10分遅れで出発です

            P1480183.jpg

               林を抜けると本来なら左手に

        群馬方面の山々が見られるのだが残念です

P1480187.jpg

             林の中を歩く団体さんですが

  やはり25人ともなると先頭から最後尾まで長~い列に

P1480190.jpg

      展望台のある”つつじ平”に到着...約1時間

P1480191.jpg

    さっきまでガスってたが展望台から行く手に山が...

          なんだか明るい空模様になっている?

      もしかして”ひょっとするかも”なんて淡い期待も

P1480194.jpg

 皆さん、モヤも消えて気分よく歩いているように見えます?

         賽の河原に似た光景はアチコチあるが

      ここ袈裟丸山のコースにも何ヵ所か見られます

P1480199.jpg

      大きな岩の上に小さなお地蔵さんも祀られて?

P1480200.jpg

        賽の河原の謂れが説明されていますが...

      あの弘法大師も袈裟丸山まで来たんですかね~

P1480201.jpg

        新緑も深緑になりつつある周辺の林ですが

           これだけ明るい状態になってます

P1480203.jpg

  ただ登山道は前日まで降り続いた雨で小川のような状態

            P1480207.jpg

                ようやく小丸山山頂に到着

     登山口から約2時間(休憩込)経過...順調かも?

            懸念してた雨は降らず助かってます

            P1480213.jpg

        朝食を兼ねた”腹ごしらえタイム”での一コマ

P1480214.jpg

     ところが小丸山を出発する頃には再びガスってきた

 こんな光景も時には良いかも(降らない保証あれば)ですが

P1480216.jpg

      小丸山を下りた場所にかまぼこ型のドーム出現

   もちろん避難小屋です 中にはマットが敷かれてました

P1480218.jpg

      立ち休憩し、いよいよ目指す袈裟丸山へ登り開始

            避難小屋辺りでパラパラしていた雨が

      やや雨足が強く...ここまで持ち堪えていたが遂に

            リーダーの掛け声でカッパを着用です

            P1480219.jpg

    約40分間、強弱の雨に打たれるしコースも荒れてる

           しかも急登で写真撮れる状態ではない

    そのため少し時間が飛びま~す 悪しからず>笑<
                         
                         
                         
                         
                         
 ようやく苦しい急登を登り終え、お互いにホッと一息して...

     何となく山頂らしい雰囲気の景色になってきた~

P1480222.jpg

   登山口から3時間50分...遂に袈裟丸山山頂に到着

          標高:1878㍍ 一等三角点のある山です

   雨は止んでます...天は我々に味方しているのかな?

           もちろん展望も眺望も全くありませんが

            P1480223.jpg

        あははは 本日2個目のお握りは新発売です

           この”牛玉むすび”は意外に美味い!

P1480228.jpg

        食べ終わる頃に再び三度? モヤが充満

P1480231.jpg

       計画では”後袈裟丸山”へ向かう予定でしたが

           この天候ではリスクもあるという事から

    勇気ある撤退...ケン坊は前回に続いての断念です

            *こんな看板もあります
            P1480232.jpg

そしてアズマシャクナゲ...山頂に1本だけ花を付けてました

           多分、散るタイミングを失った花かも?

P1480234.jpg

     こちらのシャクナゲは、往路では気付かなかった花

          復路は大半が雨の中を歩くことになるが

僅かな雨の合間に撮ったもので、復路での写真はコレだけ!

P1480239.jpg

 強くなったり弱まったりする雨に川のように変身した登山道 

   足元を見て歩くだけの山歩きと化した復路です>苦<

       アレもコレも勉強 いろいろ勉強した袈裟丸山

 計7時間20分(休憩込み)の山歩きもようやく登山口に到着

            P1480172.jpg


【おまけ】
           登山口横のクマシデにビックリした~

 大きさが判るような撮り方すれば良かったが何しろデカイ!

P1480177.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
速報! 雨にも負けず”〇〇〇山へ雨中行軍”してきた~
2015-06-23-Tue  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
27/06/21撮影 【雨にも負けず山にも負けず...まさかの筋肉痛に負けた?】


 この日は平地でも雨は避けられない 山となれば尚更です

      もちろん”てんきとくらす”は何度見ても「C」

   いまさら引き下がれないので行くしかないでしょ>苦<

        という訳で悪天候を覚悟の上で”出陣”です




     案の定、登山口ではこんなにも(↓)ガスってます

          でも他にも登山者が居るんですね~

   何を好き好んでこんな日に登山なんかするのかな?

       ガスっているだけで未だ雨は降ってません

                時間の問題ですが...

P1480173.jpg

     登山口から1時間も歩くと見慣れた光景の場所に

P1480199.jpg

        そして4時間弱(休憩を含む)で山頂へ到着

             もちろん山頂もガスの中ですが

 そうです この山は”〇〇〇山”...もうバレバレ」ですよね

            P1480224.jpg

  タイミングが合えば”アズマシャクナゲ”が綺麗な山ですが

        前回より約1か月も遅いので花は諦めていた

P1480233.jpg

       なるべく早くアップできるように頑張りたいが...

ページトップへ  トラックバック0
♪時はめぐり~ また夏が来て🎶...早くも”蓮のとき”が来ました
2015-06-22-Mon  CATEGORY: 花紀行(ハスの名所)
27/06/20撮影 【皆さんのブログで山や花を追いかけてたら早くもハスの花が...】


 花の移ろいは早く、紫陽花と花菖蒲を愛でたばかりなのに

  ”ハスの花”が開花したとの情報に踊ってみた>笑<

  あの”時はめぐり~ また夏が来て”のフレーズが浮かぶ

    今年も”つがの里”へ...皆勤賞が貰えるかも?

P1480138.jpg

   でも出足が遅かったことや陽射しが強かったこともあり

             何となく精彩を欠いている感じです

     そして咲き始めと言うこともあり不揃いのハスたち

     ハスの素晴らしさを伝えると言うより情報が目的?

P1480108.jpg

   背高のっぽの私は、そよ風に揺らりゆらりと揺れてます

              青空をバックに良い感じです

P1480099.jpg

      規模的には行田の古代ハスには敵いませんが

    それぞれが精一杯咲いてる様は正にオンリーワン

P1480101.jpg

   早くも一足先にとピークを越えたハスの花も現れてます

P1480107.jpg

まだまだ蕾が多く見頃は先?  朝は早いほうが良いかな? 

P1480124.jpg

               超ド・アップで撮ってみました

P1480125.jpg

P1480127.jpg

               ハス池にはスイレンも...

  以前は隅に慎ましく咲いていたが徐々に勢力を増して?

P1480118.jpg

P1480103.jpg

P1480105.jpg

   南側高台に四阿があり整地も進んでるので行って見た

          高台から見る”ハス池”の全体像です

     ハスが盛りになると”ピンクの池”が見られるかも?

P1480130.jpg

            中央の池を挟んで対岸を見ると

      中央には”つがの里ふるさとセンター”見えます
             (食事処”うどん・蕎麦の桔梗”もこの中に)

P1480131.jpg

     ここで新たな発見? と思ったが...大袈裟です

         ケン坊だけ知らなかっただけです>苦<

    東屋から更に南の空に向かって舗装された歩道が

         まるで”天空”に向かっているように見える

            P1480132.jpg

看板には”体験交流館”とあり既に4月にオープンしていた

    知らなかったです...今日は休みだったようですが

P1480133.jpg

     この体験館の南側には新たに道路もできてました

   こちらの駐車場も利用できるようになっていたんですね

        数十台分の駐車スペースがありますが...

 墓参や体験館の利用者、つがの里来園者の駐車場らしい

P1480134.jpg

            最後にもう一度”ハスの花”を...

P1480126.jpg

               ”つがの里 ハスまつり”

          6月20日(土)~7月5日(日)




ページトップへ  トラックバック0 コメント12
川治湯元駅(会津鬼怒川線)・撮り駅の旅
2015-06-20-Sat  CATEGORY: 撮り駅(会津鬼怒川線)
26/10/29撮影 【なかなか駅を起点とした観光スポットが見つかりませんが】


              【会津鬼怒川線(野岩鉄道)】

①鬼怒川公園駅&新藤原駅 ②龍王峡駅 ③川治温泉駅

④川治湯元駅 ⑤湯西川温泉駅 ⑥中三依温泉駅

⑦上三依塩原温泉口駅⑧男鹿高原駅⑨会津高原尾瀬口駅


        川治温泉駅から見ていた会津鬼怒川線の

         トンネルを抜けると”川治湯元駅”でした

P1410644.jpg

    あははは 左の一見”駅舎”と思われるのはトイレで

       駅舎(改札)はトイレの右奥の小さなハウス?

P1410635.jpg

           この建物が切符売場兼改札口です

                  広さは1坪程度か?

P1410636.jpg

    橋上ホームなので乗客は改札を右手に20㍍も歩くと

P1410637.jpg

            エレベーターで上がることになる

            P1410640.jpg

     一方、駅前広場では”かわじい”が出迎えてくれた

P1410641.jpg

          ”かわじい”が指さす方向へ車で移動

       黄金埋蔵伝説の名が付いた”黄金橋”に着く

            その先には”あじさい公園”がある

         龍王峡龍王峡遊歩道の終点でもあります

P1410647.jpg

   黄金橋の周辺にも多くの温泉街旅館が密集していて

         宿泊観光客を首を長くして待っています

P1410650.jpg

            岩姫神社と謂れが書かれた案内板

P1410653.jpg

P1410654.jpg

          こんな仲睦ましい道祖神もアチコチに

            P1410656.jpg

          露天風呂も充実  もちろん混浴もあり!

P1410661.jpg

一昨年? リニュアールした”薬師の湯”は本日休みだった!

P1410665.jpg

            さらに湯西川へ向かって北上する

               途中に”五十里ダム”があり

小休止するもよし、そして湖面を染める紅葉を眺めるも良し
              (この日は紅葉には少し早過ぎました)

P1410666.jpg

P1410669.jpg

P1410670.jpg

               川治温泉駅編で紹介した

   栃木百名山”南平山”へは黄金橋を渡って行けば...

          さて次回は”湯西川”でお会いしましょう

ページトップへ  トラックバック0
我が家の花事情と言ったって”アジサイとクチナシ”しか無いじゃん!
2015-06-19-Fri  CATEGORY: 我が家の花たち
27/06/11撮影 【梅雨時には梅雨の良さが...恨めしそうに空を見上げずに】



今年の梅雨は文字通り本格的な梅雨となりそうな予感?

ここ数年は”空梅雨”が多かったような記憶だが...

我が家の紫陽花も梅雨入りと同時に見頃を迎え

何時になくカメラに良い感じに納まってくれたので掲載

P1470828.jpg

P1470816.jpg

リビングから見る燐家の壁をバックにした紫陽花も良い感じ

少しずつ色も変わり、今では赤みを帯びてきました

P1470817.jpg

こちらはガクアジサイ...日々、色が変わっているような?

P1470903.jpg

P1470904.jpg

P1470823.jpg

            P1470901.jpg


こちら”クチナシ”の花も紫陽花に負けじと純白の姿で登場

純白のクチナシも翌日には色が付き始め小さな虫が

P1470820.jpg

P1470818.jpg

P1470894.jpg

P1470898.jpg

箸休めならぬ”ネタ休め”...ケン坊は骨休みです>笑<




ページトップへ  トラックバック0 コメント6
久し振りの吹奏楽演奏会に...
2015-06-18-Thu  CATEGORY: 日記
27/06/14撮影 【多くのブロガーから山の報告...ケン坊達は演奏会で気分転換を】


     この日は久し振りに吹奏楽演奏会へ行ってきました

              第23回 吹奏楽演奏会

                  (by 宇都宮音楽集団)

      実施日:6/14(日)  栃木県総合文化センター


         時には脳や耳、目に何時もと違った刺激を

   職場の先輩(年齢でケン坊に勝る社員はいない)が出演

            P1480082.jpg

       演奏中は撮影禁止なので前後で撮るしかない

*写真は第一部終了時点です
P1480084.jpg

     さすがに総勢50数名による演奏は迫力があります

             もちろんケン坊の先輩も熱演!

P1480088.jpg

プログラムは二部構成

  一部・・・ポップスや演歌、ジブリ名曲集、朝ドラ、2015吹奏楽コンクール課題曲

  二部・・・音楽物語”こわれた1000の楽器”、組曲”オセロ”や”バミューダ・トライアングル”

P1480089.jpg

   2時間半の演奏会...これで800円(前売り)はお得!

        山歩きとは違った爽快感・命の洗濯ができた


ページトップへ  トラックバック0
埼玉・花の旅...”浮野の里あやめ祭り”会場の雰囲気は最高ですが...
2015-06-17-Wed  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
27/06/13撮影 【浮野の里...全体(一部しか歩て無い)は最高だがアヤメがね~】


         埼玉・花の旅と称したブログも今回で完


   この日、大本命は”菖蒲城址あやめ園”の花菖蒲だが

           寄り道は無いかとネット検索してたら

加須IC近くの浮野の里あやめ祭り”が目にとまった
              (うきやのさと)

    開催 6月14日(日)~6月21日(日) 9:00~15:00

 ただし”田舟運航”は6月14日(日)、20日(土)、21日(日)
         (料金は、大人300円、小人(小学生以下)100円です)

*あやめ園の船着き場からの風景
P1470927.jpg

     もう少し簡単に会場へ行けると軽く考えてたら...

             グルグル回っちゃった>^^;<

 ようやく駐車場に...ミニ渡良瀬遊水地を思わせる雰囲気

*先ずは周囲を葦に囲まれた駐車場へ
P1470911.jpg

       道路に沿って堀があり釣りをしている人も数人

*この堀を含め、この辺一帯が”浮野の里”なのかも
P1470914.jpg

     駐車場から50㍍右手に歩くと入口があり案内板が

          あやめ祭りは明日(14日)からと言うが

  その前日という雰囲気が無い  とっても静かな遊水地?

         ”うきや橋”を渡って里のゾーンへ入ります

            P1470938.jpg

”田掘(たぼり)”の案内板

  江戸時代、コメの収穫量を増やすため、低湿な土地に用排水のための
  溝(田堀)を掘り、掘り上げた土を周囲に盛って良田化した名残で
  新田開発当時の農耕文化遺産の一つです。
  かつては、刈り取った稲を田舟で運び出す水路としても活用されていた。

P1470916.jpg

           小さな広場から水路に沿って歩きます

   素晴らしい”クヌギ並木”...ココは雰囲気が良いです

            P1470917.jpg

   そして並木東側の堀には田舟が3隻繋がれていますが

          祭りの土・日3日間だけ運行するようです

            P1470918.jpg

     クヌギ並木を数分歩くと花菖蒲園が見えてきました

        葦に囲まれた一角に広くは無いですが...

     木道もあり園の回りを歩けるようになっています

P1470919.jpg

P1470920.jpg

P1470929.jpg

         正直言って花菖蒲は少しガッカリの状態

  雰囲気だけは...渡良瀬遊水地のミニバ版のようだが

P1470923.jpg

      あやめ園の外周約半分に水路が掘り巡らされ

            さっきの田舟が行き交いできる

    この広くなった場所が田舟の船着き場になってます

P1470926.jpg

船着き場の水を被ったところにウシガエルのオタマジャクシ?

            結構、大きなオタマジャクシです...

P1470925.jpg

”花菖蒲園とちじり野”の案内板

  花菖蒲園は「浮野の里・葦の会」によって約三千本の花菖蒲が植えられ、
  毎年六月中旬頃に可憐な花が楽しめます。
   (中略)
  クヌギ並木東側の葦原は「ちりじ野」と呼ばれ、ここの葦を、かつては
  茅葺屋根の材料等の生活資材に使うなど、古くから地元の人々が
  茅場として管理してきました。 

P1470931.jpg

       花菖蒲園の水路側にはベンチも作られており

             ピクニック気分でも来られる場所

P1470933.jpg

               帰りに良く見ようと思ったが

        写真撮り終わったら忘れてしまった>苦<

            水路から水を引き込む道具かな?

P1470935.jpg

               往路では気付かなかったが

 クヌギの木(何本かに一本)に”ゼリー”が括りつけられてる

         これは”カブトムシ”を惹きつけるための餌?

          多分、祭りの期間中に蓋をあけるのかも

            P1470937.jpg

    時間があればこの先のクヌギ並木も歩きたかったが

          下見も出来たし情報収集できたので...

P1470936.jpg

           もう一度雰囲気を味わって戻ります

      今回はほんの一部(入口)しか歩かなかったが

  葦原の雰囲気も良いしタイミングを見て再訪したい場所だ


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
埼玉・花の旅...”第21回あやめ&ラベンダーのブルーフェスティバル”は初めて...
2015-06-15-Mon  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
27/06/13撮影 【TV放映を見て一度は行って見たいと...思い切って久喜へ】


       県外から花報告 今回は埼玉編を掲載中です

         今日の”花めぐり第2弾”はコチラ↓です

第21回あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル”

              6/7(日) ~ 6/28(日)

   首都圏ニュースで放映されていたので気になっていた

        さすが”菖蒲町”の名に恥じないと思ったが

 あやめ祭り...ということは花菖蒲では無いということか?

P1470961.jpg

     メイン会場の旧菖蒲町役場ではラベンダーが主役

お目当ての花菖蒲は4~500㍍西の”菖蒲城址あやめ園”
       (こちらの会場前にも14~5台の駐車場がありますが...)

                あやめ園なのに花菖蒲? 

            P1470949.jpg

       それでは参ろうか!  歴史的な門から入ります

             城址らしき建造物はこの門だけ?

P1470955.jpg

*門の由来ですが...小さくて読めるかな?
P1470958.jpg

     門を潜ると”あやめ”が目の前に一気に広がります

            やはり”花菖蒲”だと思いますが...

P1470959.jpg

      菖蒲城址あやめ園の”花菖蒲”なんて紛らわしい

            諄いようですが再確認です>笑<

【やっと見つけた1発でわかる方法!】 ネットから...
花菖蒲は花の種類は多く紫系統の他に黄色や白、絞り等、多彩であるがどれも
     「花弁の根元のところに黄色い目の形の模様」がある。
杜若はあまり種類は多くないが、「花弁の弁の元に白い目型の模様」があるのが
     特徴。
あやめも花の種類は多くないが「花弁の元のところに網目状の模様」がある。

    ケン坊的には”あやめ? 花菖蒲?”どちらでもOK

理屈抜きで花を愛でたいだけですから...同じアヤメ科だし

P1470962.jpg

    あやめ園の中央に菖蒲城址の記念碑と東屋がある

P1470960.jpg

P1470984.jpg

            アッチもコッチも観て回りましょう

P1470968.jpg

P1470963.jpg

P1470966.jpg

                  そして”合歓木”です

         歩き疲れたら合歓木の下で休みましょう

P1470969.jpg

P1470974.jpg

      園内は木道に従ってアチコチと自由に散策可能

           見事に手入れもされているようで...

  もちろん ケン坊が行くんですから”無料”ですよ>笑<

P1470975.jpg

            P1470978.jpg

P1470980.jpg

P1470981.jpg

              園内は結構見応えがあります

    TV効果なのか天気のせいなのか 人出も多いです

          もちろん年配者が中心ですが>笑<

P1470983.jpg

P1470986.jpg

            P1470991.jpg

           実を言うと今年は開花が早まったので

               1週間前が最高だったかも?

 TVで観た印象と違いませんでした 素晴らしい場所発見!

P1470993.jpg





   あやめ園からメイン会場へ戻って”ラベンダー”を観賞

            ここには5種類のラベンダー...

      グロッソ・ヒデコート・ミスキャサリン・オーシャンブルー・キューレッド

     ケン坊はラベンダーもあまり詳しくはありませんが

P1470947.jpg

        この濃い青のラベンダーが”らしい”かな?

P1470950.jpg

         今日の青空と比べても蒼さが違います

P1480005.jpg

P1480007.jpg

P1480021.jpg

P1480022.jpg



 あやめ園とラベンダー...天気が良過ぎて少し疲れました

     会場内でお昼を買い求めテント内でフゥ~と一息

        合いもりラベンダーのそば・うどん400円

  作り置きの関係で麺がくっ付いちゃったが美味しかった!

        一緒に”ラベンダー大福&塩あんびん”
   (大福は二人でシェア...だが”塩あんびん”が不評でケン坊の胃の中に)

【塩あんびんとは】パンフより
  少量の塩だけで味付けした小豆餡を、もち米100%使用のお餅で包み仕上げた。
  ほんのり塩味が美味です。
  塩大福とは違い、砂糖は一切入ってません。

P1470999.jpg

         そして”いがまんじゅう”まで追加で購入

             何とも食欲旺盛な高齢者二人

       これじゃ 太らない訳がないですよね>笑<

P1480003.jpg

【いがまんじゅうとは】パンフより
  甘さ控えめのつぶし餡で作った小麦まんじゅうの周りに、お赤飯を付け
  蒸し上げたおまんじゅうです。

P1480004.jpg

    こうして、本日目的の”菖蒲城址あやめ園”を後にし

           既に報告済の幸手あじさいまつりへ

今回は逆回りで掲載してるので、次回は最初の寄り道から?



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
埼玉・花の旅...”幸手あじさいまつり”は最高ですよ!
2015-06-14-Sun  CATEGORY: 花紀行(あじさいの名所)
27/06/13撮影 【今回も魔女へのサービスディー...今日は埼玉県へ出張してます】


      年に何度かは県外から花報告 今回は埼玉編

  そして今日の花めぐり...最後はコチラ↓で盛り上がり

        ”第15回 幸手あじさいまつり”

                もちろん入場料無料です

       開催期間 2015年6月6日(土)~7月5日(日)
   (ボランティアを中心に植えられ今では100種類15,000株に増えたという)

    先ずは騙されたと思ってお出掛けしてみてください

P1480051.jpg

               幸手の権現堂堤と言えば...
                (*3枚とも以前に撮った写真です)

四月の桜と菜の花は余りにも有名ですね
画像 703

九月のヒガンバナもそれなりに...人出が多く
P1000169.jpg

そして二月の”水仙まつり”も徐々に定着?
P1430856.jpg



 以下、今回初めて参加の”あじさいまつり”会場からの報告

       これで権現堂堤の「4大花まつり」を全部制覇

P1480051.jpg

       土手の斜面を利用したあじさいまつり会場...

           全ての観光客に満足感を与える光景

            P1480030.jpg

       色とりどりの紫陽花は変化があって素晴らしい

             太平山よりも良いかも知れない

P1480032.jpg

        もちろんアナベル会場も目を惹き付けます

P1480037.jpg

P1480041.jpg


P1480042.jpg

       権現堂堤の両側一面が紫陽花で埋め尽くされ
        (でも、ヒガンバナや水仙の領域とは棲み分けされています)

歩く人 立ち止まる人 写真を撮る人 どの顔も満足そうです

P1480047.jpg

        以下、同じような写真もあるかも...ですが

P1480046.jpg

P1480052.jpg

P1480054.jpg

P1480055.jpg

            P1480059.jpg

P1480060.jpg

P1480062.jpg

            P1480063.jpg

P1480064.jpg

P1480066.jpg

P1480072.jpg

            P1480077.jpg

           幸手のあじさい祭りは如何でしたか?

     今回が初めてのケン坊も驚き桃の木山椒の木...

                恐るべし幸手・権現堂堤

       こんなに見応えある場所とは予想もしなかった

P1480064.jpg

      来年の敬老会御一行様はコチラで決まりかな?


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
川治温泉駅(会津鬼怒川線)・撮り駅の旅
2015-06-13-Sat  CATEGORY: 撮り駅(会津鬼怒川線)
26/10/29撮影 【駅名から駅前に多くの温泉街が広がっているように思えるが...】


              【会津鬼怒川線(野岩鉄道)】

①鬼怒川公園駅&新藤原駅 ②龍王峡駅 ③川治温泉駅

④川治湯元駅 ⑤湯西川温泉駅 ⑥中三依温泉駅

⑦上三依塩原温泉口駅⑧男鹿高原駅⑨会津高原尾瀬口駅

          ”川治温泉駅”は二度目の登場です

P1410618.jpg

        標高が約500㍍(レール面の高さ)の表示

                 珍しく乗客が多いです

ホームは寒いのでギリギリまで待合室に居たようです>笑<

P1410623.jpg

    駅前広場に”森山欣司(森山眞弓の御主人)”の胸像
          (栃木県を代表する政治家で、科技庁、運輸大臣を歴任)

            P1410620.jpg

            栃木百名山”南平山”が呼んでる?

P1410621.jpg

      駅から徒歩2~3分で龍王峡遊歩道への入口へ

             奥に見えるのは”小網ダム”です

P1410627.jpg

         この小網ダムの上を渡ると反対側にある

              龍王峡遊歩道に合流です...

         今回はダムから上下流を眺めて終わり?

            P1410628.jpg

      下流:逆光の影響もありますがハッキリしません

P1410629.jpg

      上流:思ったほどの紅葉は見られませんでした

P1410630.jpg

            男鹿川の上を””津鬼怒川線”が...

        トンネルを抜けてまたトンネルへと潜っていく

           あのトンネルの先には何が待ってる?

P1410634.jpg

     会津鬼怒川線は駅と駅との距離が意外に短いので

          周辺の見所やグルメは殆んど変わらず




ページトップへ  トラックバック0
梅雨の晴れ間...”真岡・井頭公園の花菖蒲”は来週も見られる?
2015-06-12-Fri  CATEGORY: 公園・井頭公園
27/06/10撮影 【梅雨本番と思いきや...いきなり梅雨の晴れ間が? 】


     2日前に梅雨入りしたのに早くも梅雨の晴れ間が

          でも平日じゃ山歩き(単独行)は厳しい

      たまには魔女を連れ出し...足の調子はどう?
     (山歩きは飛んでもないが...平地でもあまり調子は良く無いらしい)

  向かった先”真岡・井頭公園”は魔女の好きな場所

P1470847.jpg

   ちょうど花菖蒲が見頃を迎えていた...広くは無いが

            真ん中に木道を新しく作ったようだ
      (木道は前からあったが、今回は水路に浸るように作られている)

P1470850.jpg
*さりげなく魔女を取り込んでみた
P1470849.jpg

            P1470851.jpg

P1470852.jpg

P1470853.jpg

P1470856.jpg

P1470857.jpg

P1470858.jpg

P1470863.jpg

P1470864.jpg

P1470867.jpg

P1470859.jpg

    公園半周で魔女はダウン  無理は禁物...徐々に

         これじゃ 栃百への挑戦は暫くダメだね!


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
主役の筈だった戦場ヶ原と小田代ヶ原は千手ヶ浜(クリンソウ)の脇役に?
2015-06-10-Wed  CATEGORY: 日光・今市・湿原
27/06/07撮影 【梅雨入り前の絶好のハイク日和...初めてのバッタリ?】


      赤沼駐車場の混雑を想定し朝5:05に家を出発

         6:10に到着...まだ余裕で駐車できた
                 (この時点で7分くらいの入り)

      本来ならば戦場ヶ原と小田代ヶ原、湯滝から湯ノ湖を歩く予定だったが
      時間が早いので、千手ヶ浜のクリンソウも”ついで”にと...
      もちろん(魔女からは)決して一人では歩かないようにと釘さされてます
      歩き始めるハイカーもいますが、釣り人もいるので良く確認しないと?

         低公害バスは季節運航で始発は7:50?

   時間が勿体ないので取り敢えずは歩きながら考えよう

      最初の分岐...悩んだが小田代ヶ原へと向かう
        (理由は簡単、橋の先に夫婦らしき姿が見えたんです>笑<)

P1470670.jpg

       奥日光の早朝に新緑を愛でながら歩ける幸せ

              優しい陽射しも後押ししてくれる

            P1470671.jpg

 最初の花は”ツマトリソウ”でした(傷んだ花もありましたが)

P1470675.jpg

               小田代ヶ原展望台に寄り道 

       何たって朝の空気が美味しく新緑が清々しい

P1470680.jpg

         そしてマイヅルソウもアチコチで見られる

P1470681.jpg

       小田代ヶ原に到着、先ずは写真を撮ってから

               今後のことを考えることに

P1470694.jpg

            P1470688.jpg

   そうそう情報ですが、小田代ヶ原のトイレは改装中です
           (簡易トイレが東屋の右手に7~8基並んでいます)

P1470697.jpg

             そしてハイカーが少し増えたが

   皆さん”弓張峠”を経由(柳沢林道)で歩いて行くという

      仕方なく...ケン坊もイヤイヤ付いて行く>苦<
           (舗装道歩きじゃなく高山下の峠越えしたかったが)

          着いたど~ ようやく千手ヶ浜に到着!

P1470698.jpg

   写真を撮ったら足早にクリンソウ群生地へ向かう>笑<

       皆さん出足が早い 8時半前なのに帰る人も?

    ケン坊は薄曇りのほうがクリンソウは撮り易いんです

*アリバイのための写真を掲載
P1470715.jpg

P1470718.jpg

P1470721.jpg

P1470723.jpg

P1470729.jpg

P1470731.jpg

P1470743.jpg

     一人だと早い? 時間掛けてきたのにもう終わり!

   アチラの山(黒檜岳)も栃百なので一度は登らないとね

P1470748.jpg

    これからどうする? 先ずは中禅寺湖北岸を歩こう!

熊窪分岐までに最終決断すれば良いと自分に言い聞かせる
            (何のことない、単純に問題の先送りです)

P1470749.jpg

       暫く景色を見ながら歩くも決断の時が迫る!

   と、先に目をやると”ブルーに身を包んだハイカー”...一見してリンゴさん
   頭の中に浮かんだが、一方で、前日に尾瀬に行かれているので他人の空似かも?
   ただ会津駒と那須を連荘するリンゴさんなんだからと思い直す>笑<
       (僅かな時間の間にケン坊の頭の中はグルグル...)
   近づくと間違いなくリンゴさんでした...想像を遥かに超えるマサカのバッタリです。
   まさに神出鬼没って感じのリンゴさんビックリ。それにしてもタフな方ですね~ 
   先ずはエールの交換ならぬ”撮影の交換”をし、少し情報交換をさせてもらいました。
   ケン坊がブロ友さんとバッタリ出会いは初めての出来事です...
   さすがにリンゴさんは手慣れたものです。変なところに感心しちゃったりして>笑<

P1470754.jpg

          そして熊窪の砂浜で景色を眺め...

  高山方面から降りてきたハイカーに入山状況を訪ねると

            結構な賑わいだとの情報をゲット

  今日は小田代ヶ原と戦場ヶ原を歩くのが目的だったので

      熊窪を左折して小田代ヶ原へ...コレが決断です

P1470752.jpg

 このコースには毎回クワガタソウに恵まれることが多いが

         今年はクワガタソウも終盤のようでした?

P1470755.jpg

    最初はダラダラも、峠直前には厳しい登りになったが

             一気に高山と小田代が原の分岐へ

情報ほど、途中行き会わなかったが峠には7~8人が休憩中

            P1470756.jpg

  一人位は小田代ヶ原方面に行くと思いきや誰も居ない!

     魔女の険しい顔が浮かぶが一人寂しく新緑の中へ

 もちろん、熊鈴をザックから手に持って大きく鳴らしながら

P1470759.jpg

  15分程で柳沢林道にでた...これで不安個所をクリア

P1470761.jpg

         柳沢林道沿いを小田代に向け歩いてると

    まさかのギンリョウソウを発見...珍しい場所でした

         戦場ヶ原のコース沿いなどでは見かけるが

P1470762.jpg

      舗装道路を12~3分で再び小田代が原に到着

          高校生? 7~8人単位で次々と...

      わいわいがやがや  先になったり後になったり

P1470770.jpg

         当初は湯滝まで往復するつもりだったが

この後も静かなハイクも期待出来ず戦場ヶ原への分岐で...

        赤紫のエンレイソウ(終盤)を撮って赤沼へ

P1470786.jpg

  広く歩き易くなった木道...花を探すも殆んど端境期?

           今年はタイミングが悪かったかもね~

     でも一期一会...どんな花でも会えればオーケー

P1470790.jpg

        戦場ヶ原のベンチで”独り弁当”を広げます

P1470797.jpg

  ズミも終わりですが何本か残ってました...本一のズミ?

            P1470802.jpg

    最後になって”戦場ヶ原のワタスゲ”が見癒してくれた

         ワタスゲはまだまだ見られるでしょうか?

*傾いてしまったな~
P1470806.jpg

        そして11:15 赤沼駐車場へ到着しました

P1470814.jpg

【参考】
赤沼P 6:25--小田代ヶ原 7:02--千手ヶ浜 8:23--クリンソウ8:27~8:45
熊窪  9:05--小田代ヶ原10:02--戦場ヶ原分岐10:25--赤沼P 11:17 

      約5時間のハイク...いよいよ梅雨入りですね




ページトップへ  トラックバック0 コメント8
もしかしたら...食べられるかも?
2015-06-09-Tue  CATEGORY: 我が家の光景
27/06/05撮影 【実の生るものは楽しみ。百姓の倅として生まれたケン坊が...】


   何時以来だろう...結婚直後は何年か作った記憶が

         買った方が安い(今も昔も変わらない)が

    面白半分に”ナスとトマト”苗を買って植えてみた...



        植えて2週間が経過...比較的順調に?

 もしかしたら食べられるようになるかも知れませんよ>笑<

           ナスに無駄花は無いと言われますが

P1470628.jpg

           P1470629.jpg


      トマトも実が付き始めました...トマトはプチです

 改めて見ると絨毛が凄いですね 肝心の花がボケちゃった

P1470668.jpg

P1470667.jpg


 ついでですが、今年はユキノシタが異常発生しちゃいました

    コレまでは2~3本が床下に慎ましく咲いてたのに

P1470452.jpg

P1470360.jpg

   報告漏れがあったので...春先に収穫したキンカン
          (コレまでも実は生ったが食べるまでに至らなかった)

        ケン坊は嫌いじゃないので丸ごと食べてます

P1460995.jpg

これまで柿とブルーベリー、プラムしか生りものは無かったが

             今年は”キンカン”が仲間入りし

     上手くすれば”ナスとトマト”も食卓に登場するかも!




ページトップへ  トラックバック0 コメント6
速報! 千手が浜の”クリンソウ”が見頃を迎えてますよ~
2015-06-07-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
27/06/07撮影 【魔女の足が良くならず...暫くは単独行かな~】


           登る山を”てんきとくらす”で探す?

                それって何か変ですが

 もちろん候補は自分で決めますが、その範囲の中での話

   今日は”小田代原と戦場ヶ原”に決定>笑<


               そして今日も独り歩きです

      朝6時25分に”赤沼駐車場”を出発し小田代へ

P1470689.jpg

   千手が浜から見る”湖上の男体山”は青空に包まれて

P1470701.jpg

      残念ながら天気が良過ぎて...失敗です>笑<

               写真技術が追いつかない?

         クリンソウは綺麗に咲いてくれているのに

P1470732.jpg

P1470744.jpg

P1470729.jpg

    そして戦場ヶ原では”ワタスゲ”が早くも登場してます

P1470805.jpg

         千手が浜のクリンソウの開花状況でした

                 次回は”バッタリ”が?




ページトップへ  トラックバック0
情報! ”紫陽花まつりの主役たち”は準備で大忙し?
2015-06-07-Sun  CATEGORY: 花紀行(あじさいの名所)
27/06/06撮影 【例年掲載しますが、鹿沼市観光協会の回し者ではありません】


   鹿沼の”磯山神社・あじさい祭り”は来週から

            2015年6月13日(土)~7月5日(日)

【ネットから】
  参道・社殿周囲に植栽された28種2500株の青・白・紫のアジサイが咲き揃い、
  杉の緑と素晴らしいコントラストを見せます。
  夕刻には(午後6時頃~午後8時頃まで)、ちょうちんに灯り(LED照明)が燈され、
  淡い光に映し出されるアジサイが幽玄な雰囲気を醸し出します。
  例年のアジサイの見頃時期は、6月下旬から7月初旬頃まで。期間中は「茅の
  輪(ちのわ)」も設置され、それをくぐると無病息災が得られると言われています。

  「磯山神社本殿」は栃木県の有形文化財、磯山神社「御神木(ごしんぼく)」と
  「夫婦杉(めおとすぎ)」は鹿沼市の天然記念物に指定されています。

*一昨年の”紫陽花まつり”です
P1360660.jpg

        6日現在、まだ全体的には3~4分咲き?

   今週末の紫陽花まつりには見頃を迎えるのでは...

P1470636.jpg

P1470637.jpg

            P1470643.jpg

P1470639.jpg

            P1470646.jpg

P1470647.jpg

            P1470650.jpg

P1470655.jpg

P1470657.jpg

P1470659.jpg

P1470661.jpg

            P1470663.jpg

     これから参道には”ちょうちんの飾りつけ”も始まり

          週末には”茅の輪”も境内に設置される

P1470664.jpg

         個々の紫陽花たちは週末の祭りに向けて

              大忙しでおめかしを始めている

     広くはないが見応えある紫陽花まつりが始まるよ~



ページトップへ  トラックバック0
気になっていた茂木の”割烹・高津戸”というお店は意外でした
2015-06-06-Sat  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
27/04/26撮影 【茂木の”ぼたん祭り”の帰り道...遂に寄ってしまった】


   コレまでも、この建物を見るたびに気になっていたお店

      幟旗”うどん・蕎麦・かつ丼”の文字に安心するも

   一方で”割烹 福寿司”の案内板と建物に二の足を踏む

               お店は”高津戸”という

P1460533.jpg

   今回も、駐車場に3台停まってたら入ろうと賭けに...

         うん? 今日は4台も停まってる 入ろう!

     周囲は田畑が広がっていますが建物は割烹風だ

P1460511.jpg

       店内を窺いながら”入店を迷う”ケン坊と魔女

   本当にうどん・蕎麦が気軽に食べられるお店なのか?

P1460515.jpg

人気が無いがお客は入っているの? 不安だが思い切って

            P1460516.jpg

                    あれ誰も居ない?

        カウンターの中で御主人が黙々と料理を...

*写真は御主人が裏に入ったスキに
P1460504.jpg

      4台の車の人たちは何処へ行ったんだろう???

            もしかして個室に入ってるのかな~

P1460500.jpg

        御献立帳...板(杉)表紙になっています

P1460498.jpg

           今更引き上げる訳には行きません

               腹を括って注文します...

    魔女は”天ざるそば”でケン坊は”稲庭うどん”を注文
             (1290円)               (760円)

P1460501.jpg

       注文後はやや心にゆとりが出来たので>笑<

             中庭?の様子を窺ってみました

      外観を見たときにも気になっていたお寺の山門?

         でも中庭を通じて行き来が出来るみたい

P1460502.jpg

           中庭の奥は一段と高くなっていて...

      やはり隣の建物は”お寺”なのかも知れません?

P1460503.jpg

          外に出て見ると中庭のような雰囲気が

    失礼ですが”こんな田舎には似合わない?”って感じ

            P1460506.jpg

              いよいよ注文の品が登場です


    魔女の天ざるそば...まぁビジュアル的にはOKかな

P1460518.jpg

海老天が思ったより大きく全5品、1290円は少し高いかな?

P1460520.jpg

            蕎麦は見た目よりも量がありました

      少し味見をしましたが腰もあり美味しかったが

           魔女には出汁がイマイチだったようだ

P1460521.jpg

               そしてケン坊の稲庭うどん

      何もお店で稲庭うどんを食べなくてもと思ったが

P1460522.jpg

       透明感のある麺はボリュームもあり合格です

          意外にさっぱりと美味しかった 正解?

     う~ん たまには家食のようなメニューもありかな!

P1460523.jpg



 さて、気になるお隣の建物ですが早速探検してみることに

          中庭からも行けるが外側から回ってみた

      やはりお寺の山門のような立派な門がありました

      ここが”割烹 ニューさかがわ亭”でした

      つまりケン坊たちが食べたお店も経営者は同じ

 案内板に「御婚礼 御披露宴 ご商談 大小宴会場」とある

       何とも立派な佇まいの外観(案内板は無粋?)

P1460507.jpg

       恐る恐る山門?を潜って中へ入ってみました

    駐車場の4台の謎が判明...コチラでお祝いごとが

          雰囲気のある建物ですが歴史は不明

P1460508.jpg

     庭も綺麗にされて...それにしても田舎の中に?

P1460529.jpg

               外側も歩いてみました...

   割烹のための建物? それとも由緒ある建物を利用?

P1460530.jpg

         一見、敷居が高いようにも思いますが
             (内部も拘りがある造りになっているらしい)

 定食メニューもあり普通のランチにも利用されているらしい
    (この先に希望ヶ丘カントリークラブがあり、ゴルフ帰りの利用も多いとか)

   と言うことは、稲庭うどんもコチラで食べられた>笑<

P1460528.jpg

                   ケン坊も歩けば...

          う~ん 何度も言いますが周囲は田畑


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
龍王峡駅(会津鬼怒川線)・撮り駅の旅
2015-06-05-Fri  CATEGORY: 撮り駅(会津鬼怒川線)
26/10/29撮影 【新藤原駅から北上...会津鬼怒川線でも利用者が多い?】


              【会津鬼怒川線(野岩鉄道)】

①鬼怒川公園駅&新藤原駅 ②龍王峡駅 ③川治温泉駅

④川治湯元駅 ⑤湯西川温泉駅 ⑥中三依温泉駅

⑦上三依塩原温泉口駅⑧男鹿高原駅⑨会津高原尾瀬口駅


会津西街道を鬼怒川温泉駅・新藤原駅から更に北へ進むと

          左手に広い駐車場が現れますが

ここが”龍王峡駅”で”龍王峡渓谷ハイク”の発着点でもある

P1410776.jpg

        龍王峡駅は改札を潜ると階段を降りて...

             そうです! ホームは地下に?

P1410775.jpg

       駅舎の左側から裏側に回るとホームが見える

P1410772.jpg

           階段を降りたらホームは青空が...

      でも駅のホームの両サイドはまさしくトンネルだ
              (新藤原駅方面のトンネル...上は駅舎)

P1410771.jpg

       と、ホームを眺めてたら車両が入ってきました

            おぉ~2両連結です...こんな感じ

            P1410774.jpg

     龍王峡駅の周辺には何があるかって聞かれれば

         やはり”龍王峡渓谷”です答えるしか...

    新緑時期や紅葉時期は観光やハイカーで大賑わい



 それでは数年前に撮った龍王峡渓谷の入口を掲載します

五龍王神社から見る”虹見橋”
画像 008

       虹見橋から振り返ると”虹見の滝と五龍王神社”
       画像 010

                次回は”川治温泉駅”です

ページトップへ  トラックバック0
山仲間とシロヤシオとは無縁の剣ヶ峰~大入道を歩く
2015-06-03-Wed  CATEGORY: なかまとの出会い
27/05/30撮影 【オフ会も八海山まで。その後は山仲間と花の無い周回コースへ】


    高原山オフ会も八海山で休憩後、剣ヶ峰分岐で別れ

          我々は”大入道周回コース”
        (僅か2時間のオフ会参加でしたが雰囲気は味わえました)

大間々のレンゲツツジ、八海山からの展望に満足しつつ...

P1470540.jpg

P1470570.jpg

      さて、休養を十分に取り八海山を後にしました

             小さなアップダウンを過ぎると

   直ぐに「ここは矢板市 最高点」の看板のある小ピーク

P1470574.jpg

     チラホラ残るシロヤシオに撮るか迷うケン坊>笑<

P1470577.jpg

            急斜面を鬼の形相で一気に下る...

     すると目の前にオフ会メンバーの満足げな顔が?

          カメラの先には”本一”のシロヤシオが
        (釈迦が岳コースでは満足のシロヤシオも見られたらしいが)

            P1470579.jpg

       反対側を見やれば...会津駒ケ岳でしょうか

                素晴らしい光景にうっとり

      何時かは(雪の無い)山頂へ挑戦したいと思う!

P1470581.jpg

   シロヤシオは見るのは好きだが写真は苦手です>笑<

        どうしても生で観た時の感激が伝わらない

P1470584.jpg

P1470585.jpg

     そしてオフ会のメンバーと別れて大入道周回へ...
 (オフ会メンバーは健脚揃いで、離れ過ぎてて分岐での挨拶は出来ませんでした)

               分岐から1~2分で剣ヶ峰に

       剣ヶ峰という名前には似合わないピークですが

            P1470586.jpg

  花は無くても澄んだ青空と深みを増した新緑がご馳走です

                   (ココで小休止)

      もちろんシロヤシオがあれば最高なのだが>笑<

P1470589.jpg

      本来は気品のあるシロヤシオ(ゴヨウツツジ)も

         今日は心なしか寂しそうなお姿に見える

P1470590.jpg

              小さなアップダウンを繰り返し

     程なく”縄文ヤシオ”に到達...大入道山頂も近い

P1470592.jpg

  コース左手に一緒に歩いている山は”前黒山”のようです

        威風堂々とした前黒山も栃木百名山なので

 挑戦したい気持ちはあるがガイドによれば素人には無理だ

P1470594.jpg

     本来であれば”剣ヶ峰から大入道”の約1時間は

            ”シロヤシオ花回廊”の筈だったが

   既に花は散り緑も濃くなり...初夏? いや夏の様相

            P1470595.jpg

   縄文ヤシオから10数分で二等三角点の大入道山頂に

P1470608.jpg

          山頂下の窪地でランチをすることに...

   やはり山仲間とのお昼には”ラーメン”が欠かせません

         早速、M氏が手際よく準備をしてくれます

P1470600.jpg

            ラーメンが出来るまでの時間...

 Y氏とケン坊は自然に定着した持参の食材を並べ>笑<

    因みに”冷えたグレープと煮玉子”はケン坊の定番

       オフ会・でんさんの”花豆”のような存在に?

P1470602.jpg

   お握りは各自の好みで持参!(ケン坊は新発売狙い)

                〆はM氏のコーヒーです

   一連の流れが山仲間と山歩きしてて最高の至福の時

P1470603.jpg

          相変わらず天気は味方してくれている

この分だと”釈迦が岳チーム”も気分よく登ってるだろうな~

       と、思いはオフ会メンバーの歩く釈迦が岳に

P1470606.jpg

  そんなことを思いながら我々はこれから一気に下山です

       散るのを忘れたヤマツツジが時々顔を見せる

P1470609.jpg

         ようやく沢に...この沢は”桜沢”かな?

   特徴あるカジカガエルの声を聞きながら渡渉を繰り返す 

P1470610.jpg

      登り返しも少しキツイがココまで来れば何とか...

P1470612.jpg

     そして二つ目の枯れ沢を...水は無いが渡渉?

P1470616.jpg

        そして小間々が近付いた光景になってきた

            P1470617.jpg

            ただ今~ 無事に帰ってきました

     そして再び鮮やかなレンゲツツジが出迎えてくれた

P1470619.jpg

   駐車場の片隅に”セイヨウジュウニヒトエ”がひっそりと

            P1470621.jpg


Ps.
  途中で寄った”井出水神社”で湧水を汲んで帰りました


P1470626.jpg

P1470624.jpg

P1470625.jpg


 予想通り”剣ヶ峰から大入道のシロヤシオ”は全くの音なし

       自然はまた巡ってくるので来年に期待します

 山仲間には迷惑かけたがリンゴさんに挨拶できて感謝です



ページトップへ  トラックバック0 コメント14
<< 2015/06 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.