ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
不安ながらも至仏山から小至仏山に挑む(中編)
2014-07-31-Thu  CATEGORY: なかまとの出会い
26/07/26撮影 【小至仏山まで行ければ何とかなる...最後まで頑張ります!】


   休みながらではあったが、至仏山頂に辿り着いたことで

             精神的には非常に楽になった

   まだ身体は怠さが残り、攣り具合も間隔は長くなったが

          完全に不安が消えたわけではない...

P1370897.jpg

             それでも二等三角点を探したり

 何か被写体はないかとウロチョロしている自分が可笑しい

P1370908.jpg

      さて今回は”至仏山山頂”の休憩からスタート

我が山仲間のお昼は”山頂ラーメン&コーヒー”が定番です

            もちろん”Mシェフ”が料理長

P1370899.jpg

      そして”冷え冷えの大型フルーツゼリー”がグー

P1370902.jpg

      出来上がったラーメンには煮玉子入りが定番!

P1370904.jpg

  キュウリの一夜漬け、シャーベット状のグレープフルーツも登場です

              もちろん”コーヒー”は最高!

           思わずマドンナから笑みがこぼれる

P1370914.jpg

       ところで登りでケン坊が足を引っ張ったために

   至仏山で長居もしたいが下山する時間の確保も必要だ

       13:55ようやく重い腰を上げて下山開始です
         (乗合タクシーの最終は17:10...この時点では知らず)


P1370915.jpg

      アップダウンを繰り返して小至仏山へと向かう

    振り返ると”至仏山”がガスの中から見送ってくれた

         山頂の左側は断崖絶壁のような容姿だ

P1370917.jpg

 岩と大きな石がゴロゴロしていて下山は注意が必要だが

             一方で花も豊富なコースです

   ところでケン坊の体調は少し楽になり何とかなりそう

                ジョウシュウアズマギク

P1370922.jpg

      容姿が見える”小至仏山(左後方)”をバックに

P1370927.jpg

         さて、前編に続いて花のオンパレード...

                      タカネバラ

P1370928.jpg

                ミヤマダイモンジソウ

P1370930.jpg

                 イブキジャコウソウ

P1370931.jpg

                 ???不詳???

P1370936.jpg

             タカネアオヤギソウでしょうか?

            P1370937.jpg

                  ハクサンシャクナゲ

P1370940.jpg

P1370939.jpg

      時折り”至仏山”を振り返るが稜線がはっきりと

P1370942.jpg

                   タカネナデシコ

P1370943.jpg

                   ゴゼンタチバナ

P1370988.jpg

                    ツマトリソウ

P1370948.jpg

    そして至仏山を出発して約50分 小至仏山へ到着

        この間はモデルタイムと殆んど変わらず

     そこにはホッと胸をなでおろすケン坊がいました
       (かなり体調は戻った...後は痺れが治まることを祈るだけ)

P1370952.jpg

  次回は時間内に鳩待峠まで到着することがテーマです!

     写真枚数の関係で”中編と後編”に分割しました


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
仲間との今年最初の山歩きは”至仏山&小至仏山”...大丈夫かな~(前編)
2014-07-30-Wed  CATEGORY: なかまとの出会い
26/07/26撮影 【本日のメインイベント~~~なのにナノに...まさかの展開に】


   初めての尾瀬ケ原ハイクをマドンナは気に入ったようだ

      至仏山を登る前に約2時間の準備体操を終え?

            水を補給し9:20山の鼻を出発

P1370791.jpg

     登山口に向け敷かれた木道を歩きだすメンバー

         山頂はやや雲が多くかかっているが?

      山頂に着く頃には多分晴れるんじゃないかな

P1370798.jpg

     登山口(森)の手前に”トキソウ(絶滅危惧II類)”が

P1370796.jpg

      期待していた”ニッコウキスゲ”は数える程度

P1370800.jpg

         そして数分後には至仏山へのトンネルに

             登山道は急な階段から始まった

   山の鼻~至仏山間は”上り専用”ですのでご注意!

            P1370801.jpg

  ココまで順調だったケン坊に早くも異変が忍び寄っていた

             階段状の登り10分でバテたか? 

     身体が何となく重いし歩く足取りもおかしいぞ...

           それでも屈んで写真を撮っていたが

    立ち眩みも? まだスタートしたばかりなのにヤバイ

P1370803.jpg

            殿を務めることが定番のケン坊 

    後続に追いつかれると先頭に脇へ除ける合図をし

            ついでに短い休憩をすることに
              (もちろん体の異変は内緒のままだ)

          もしかして”熱中症”ってこんな感じ?

   しばらくは写真を撮るのを中断して頭から水をかけたり

         タオルを濡らして顔や首周りを冷やす等

  でも間もなく仲間から異変を感じ取られバレちゃった...

*この休憩地点では仲間にも不調を告知
P1370821.jpg

     山の鼻に独り戻って鳩待峠で仲間の帰りを待った方が良いかな?
          そんな弱気のケン坊がいて...かなり悩んだが
     マドンナと初めて歩くのにそんな弱気じゃダメじゃんと自分を鼓舞し
       またまた頭から水をかぶり大きくため息じゃなく深呼吸...

          コース全般で見られるイワシモツケ

P1370823.jpg

         振り返れば何時でもこの景色が見える
             少しガスがかかってますが良しとしましょう

  燧ケ岳が見守る尾瀬ヶ原を目の前にし一瞬気が晴れる

            鏤められた池塘にも癒されます

P1370825.jpg

  山頂まで先は長い...頻度の多い休憩に時間が過ぎる

       ゴロゴロする岩や石を選びながら歩を進める

   ケン坊を尻目にマドンナは順調だ 必死に追うケン坊!

            P1370826.jpg

        今度は右脚太ももに”攣りそうな”違和感!

 昨夏に登った男体山の時と似たような症状になってきた?

     水分と塩分を補給し軽く”なでなで”してあげたが



            オゼノサワトンボ(ヒメミズトンボ)?

P1370831.jpg

             ジョウシュウオニアザミかな?

P1370836.jpg

                     コメツツジ

P1370837.jpg

                   ヒメシャジンかな?

            P1370842.jpg

                  ???不詳???

P1370844.jpg

                   タテヤマリンドウ

P1370874.jpg

         続々と至仏山を目指して登るハイカーに

   どんどん追い越されて行きます>あぁ~グヤジィ~<

P1370846.jpg

                    チングルマ

P1370970.jpg

                  チングルマの花穂
P1370849.jpg

                   ホソバコゴメグサ

P1370851.jpg

          カトウハコベらしいが?(絶滅危惧II類)

P1370860.jpg

               シナノオトギリは開花直前

P1370861.jpg

    喘ぎながらも何とか”高天原のお花畑”に着いたぞ~

        高天原まで来れば後少し...何とかなる?

 ケン坊もヨレヨレながら写真は撮らざるを得ません>笑<
       (だって至仏山に行くってブログで公開しちゃったから...)

        この際、アングルは目を瞑り証拠写真だけ

           至仏山の花に癒され元気が出ます


                   タカネナデシコ

P1370867.jpg

P1370871.jpg

                    タカネシオガマ

            P1370868.jpg

                    ハクサンイチゲ

P1370875.jpg

                     イワカガミ

P1370879.jpg

                    シナノキンバイ

P1370881.jpg

                    イワイチョウ

P1370886.jpg

                    ヨツバシオガマ

            P1370889.jpg

                   キバナノコマノツメ

P1370888.jpg

    12:55 休み休みですが遂に”至仏山”に到着~

 ケン坊のこんな”やつれた姿”は見せたくありませんが...

    タイムも3時間35分はモデルより1時間オーバー

        完全にケン坊が足を引っ張ってしまった

P1370896.jpg

               反省!  いや猛省です!

         寝不足と暑さが大きな原因かなと思うが

               次回は”小至仏山”から?

ページトップへ  トラックバック0 コメント14
先ずは”鳩待峠~山の鼻~尾瀬ヶ原ハイク”の報告です
2014-07-29-Tue  CATEGORY: なかまとの出会い
26/07/26撮影 【尾瀬行の当日、初めてのマドンナに高揚してるケン坊...?】


     初めてマドンナを迎い入れるおじさんの山仲間

             最年長のケン坊は嬉しくて?

 運転手なので早く寝床に就いたが熟睡できず2時起床...

          最後にM氏を乗せ4時過ぎに出発です

夏休みで混むことを想定すると5時前に駐車場着としたいが

      日光有料道路~金精道路~戸倉まで130㌔弱

道路は比較的順調に流れ、第一駐車場には6時前に着いた

         まさかの逆混み? 半分程度でしょうか

     乗合タクシー(片930円)に乗って6:25鳩待峠着

P1370672.jpg

     元気いっぱい6:35 山の鼻に向けて出発です

P1370675.jpg

       前回(6月初旬)よりは季節が1か月半経過

              花は実に、新たな花は少ない

           エンレイソウの実も大きくなってます

P1370676.jpg

        尾瀬の隠れた名水だと教えてもらったが

  木道から丸見えだし決して隠れてはいないぞ?>笑<

P1370682.jpg

                 オオバミゾホオズキ

P1370684.jpg

            カラマツソウは盛りのようです

P1370685.jpg

               普段は見向きもしませんが

      花の数が少ないので”スダヤクシュ”も仲間に

P1370686.jpg

  1か月前までは白い花を付けていた”サンカヨウ”の実

       ブルーベリーを想像するのはケン坊だけ?

P1370687.jpg

                そして”熊よけの鐘”は

        尾瀬は初めてと言うマドンナが鳴らし初め

P1370692.jpg

       ”コオニユリ?” もしかしたらオニユリかも

P1370695.jpg

         墨田川の花火を思い出させるシシウド

P1370699.jpg

    木道から望む”至仏山”の天気は上々のようです

P1370701.jpg

    尾瀬に詳しいガイドによれば木の上に集めた枝葉の

            正体は”熊のハンモック”だと言う

     熊は器用に木に登り、そして枝葉を折って作る...

P1370703.jpg

  鳩待峠から山の鼻まで50分...マドンナも頑張りました

           いや、一番元気が良いかも?>笑<

                    ヨツバヒヨドリ

P1370713.jpg

           至仏山荘脇にヤマオダマキが顔を

P1370787.jpg

  至仏山に登る前に尾瀬ヶ原をハイクしたいというマドンナ

     ちょっぴり厳しいかなと思いつつ若いから大丈夫?

               その尾瀬ヶ原へ突入です

     オゼヌマアザミと思ったらノアザミのようですね?

P1370719.jpg

          先日、戦場ヶ原で蕾を見たオオウバユリ

            P1370723.jpg

     尾瀬ケ原の木道に足を踏み入れ後ろを振り返ると

            この後登る”至仏山”が大きく見える

P1370724.jpg

                 カキツバタでしょうか? 

            P1370726.jpg

                      クガイソウ

P1370732.jpg

                     コバギボウシ

P1370736.jpg

                      キンコウカ

P1370747.jpg

       この辺りは”キンコウカ”の群生地のようです
P1370750.jpg

               ナガバノモウセンゴケ

P1370753.jpg


    この辺りは”ナガバノモウセンゴケ”の群生地らしい
P1370752.jpg

   尾瀬ケ原の景勝ポイント”逆さ燧ケ岳”の見える池塘

       今日の燧ケ岳は薄っすらと映ってくれました

P1370758.jpg

    牛首の休憩ポイントから一つ手前のベンチで小休止

          至仏山への登りを考慮しココでUターン

       先客の京都から来たという方と暫し尾瀬談義

P1370761.jpg

            池塘に”ヒツジグサと蕾”が浮かぶ

        一輪でも咲いていてくれたらな~と思ったが

     まだ羊の刻(午後2時)には程遠く諦めです>笑<

P1370767.jpg

                さぁ~山の鼻へ急げ...

            ボッカ(歩荷)さん ご苦労様です

P1370772.jpg

                       ミズチドリ

            P1370776.jpg

    そう これから日本百名山”至仏山”に挑戦します

P1370755.jpg

       次回はいよいよ至仏山山行からの報告です


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
速報!  欲張りな尾瀬ケ原&至仏山
2014-07-27-Sun  CATEGORY: なかまとの出会い
26/07/26撮影 【夏休みの最初の土曜日...混雑予想も意外な展開に?】


  梅雨明け後の真夏の太陽は尾瀬にも容赦なく降り注ぐ

           なのに我ら山仲間の素人集団は

  尾瀬ハイクも味わいたいし至仏山も登ってみたい

             何とも欲張りで無謀な企画?  

P1370718.jpg

先ずは7:45 尾瀬ヶ原ハイクを楽しみ
P1370758.jpg

山の鼻9:05に戻り山登りの準備
P1370790.jpg

そして9:20 至仏山に向かってGo
P1370798.jpg

 毎回、話題を提供してくれるN氏に代わりマドンナが初登場

      さて今回の旅ではどんなハプニングが???


ページトップへ  トラックバック0
インターパーク”麺みの作”で≪個性あるラーメン≫を...
2014-07-26-Sat  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
26/07/05撮影 【ケンミンショウで知った”話題のラーメン”を食べてみた】


     インターパークの一角(宮環)に目立つラーメン店

              ケン坊ブログ2度目の登場

   本日は”麺みの作・マヨとんこつ麺”が目的だ

P1370155.jpg

             なぜ2回も掲載するのかって?

  実は数か月前に”ケンミンショウ”で取り上げられたので

       実際に食べてみようと思いわざわざインパへ

P1370150.jpg

   これが那須塩原(本店)で人気の”マヨとんこつ麺”です

            マヨファンお薦めの逸品とか

       前回は全く目に入らず別のものを食べていた

P1370130.jpg

    魔女はマヨがダメだと言って”レディースセット”にした

            P1370127.jpg

        店内はまずまずの入りで活気あふれてます

P1370132.jpg

      ジャジャ~~ン  これが”マヨとんこつ麺”です

  見た目はマヨでスープが白くなりギトギト感もありますが

P1370136.jpg

  具はチャーシュー・味付け半熟卵・海藻・メンマ・葱・胡麻

P1370146.jpg

           食べてみると全くギトギト感は無く

            ケンミンショウでの評判どおりだ

むしろ、あのマヨネーズの香りというか風味が実に美味しい
              (好みがあるので一概には言えませんが)

          マヨラーには堪らないラーメンかと...

           やはりTVの影響って大きいですよね

    アチコチで”マヨとんこつ”の注文が多かったようだ

P1370149.jpg

         さて、魔女の”レディースセット”はコチラ

   野菜ボリュームを変えず味噌野菜ラーメンの麺ハーフ
                         
           杏仁豆腐 豆乳ババロア 餃子3個 

*撮る前に掻き混ぜちゃったので...少し不味そう?
P1370145.jpg

    野菜の甘みが麺に絡んで美味しいとは魔女の意見

                ボリュームあったので

    餃子と豆乳ババロアの一部はケン坊のお腹にイン!

P1370147.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
2日連荘で行く古賀志山は初めてのルート...
2014-07-25-Fri  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
26/07/21撮影 【古賀志山にピークは数々あれど...名が付くのは数少ない】


          昨日”古賀志山”を登ったばかりなのに

  魔女のニーズは近くて低くて山の雰囲気が味わえる場所

      そんな都合の良い場所が有る訳け無いじゃん?

     と言いつつ古賀志山周辺の地図を眺めてたら...

  ありました! しかもケン坊も初めてのコースで新鮮だし

         何より魔女のニーズを満たしたコースだ

    古賀志山登山と言えば森林公園駐車場が定番だが

        今回は”膳棚駐車場”に駐車(30台可)

P1370599.jpg

        坊主山への登山口  あれ~ 立入禁止?

              そんな~ 折角来たのに...

      と言う訳で...内緒でココから登っちゃいました

          でもブログに載せたら内緒じゃない?

P1370600.jpg

              いきなりヤマユリがお出迎え

          この後もアチコチで歓迎してくれたが

    もしかして古賀志山は隠れた”ヤマユリ”の群生地?

P1370608.jpg

タマアジサイ...株は沢山あったが咲いてるのは一株だけ

P1370613.jpg

    舗装された林道を15分も周囲を気にしながら歩くと

              なんと倒木で行き止まりか? 

   倒木の上から先を見ると道が無くなっている様子だが

        一人ふたりが通ったような踏みあとを頼りに

          ニョロに十分気をつけながら林の中へ

*写真は林の中から撮ったもので、右下(大木の先)に舗装道路がチラリ
P1370614.jpg

         50㍍も歩くと何となんとコースが出現?

もしかして、倒木に入り口が隠れていたのかも知れませんね

            P1370616.jpg

      暫く山道を歩くとシロオニタケの親子でしょうか?

          結構、多くのシロオニタケを見かけます

P1370620.jpg

     九十九折のようなクネクネを4~5回も繰り返すと

          ようやく”見たような光景”にホッと...

   いつもとは逆から歩いているので自信はありませんが

P1370624.jpg

   間違いなく”坊主山(標高395㍍)”の山頂です

            ピークも”559P”等、坊主山より

       高いのに名前の無いピークが多くありますが

             ここは395㍍なのに名前が...

            P1370625.jpg

        アサギマダラって古賀志山が好きなのか?

   去年もアサギマダラに遭遇して撮らせてもらったが...

         今日も2匹が”蝶の舞い”を見せてくれた

P1370635.jpg

                   オオバギボウシ

   一つの花のように見えるがツボミと包むガク片の集まり

           さらに成長とともに間隔が伸びて

     その中に見慣れた形の花のツボミが現れてきます

P1370638.jpg

P1370609.jpg

   坊主山を離れると舗装道路を暫く歩くことになりますが

       再び”トリムコース”のある山コースへ戻ります

 この辺は森林公園の範疇なのかハイキングコースの様相

            P1370641.jpg

    疲れを感じる頃になるとヤマユリが登場です>笑<

P1370644.jpg

    タマゴタケが2本、鮮やかな姿を魅せてくれました

P1370647.jpg

        それから暫く歩くとようやく分岐が出て来た

             この先数百㍍進むとトリムコース

        今回はココから膳棚駐車場へ向かうことに

P1370649.jpg

       膳棚駐車場へと向かうコース途中の祠の隣に

            土管に”すいがら”と書かれた灰皿

      この”灰皿”は今でも使われているのでしょうか?

           山火事でも発生したら一大事なのに

            P1370651.jpg

        当たり前ですが登れば下りは付きものです

            丸太の下り階段が延々と続く...

            P1370654.jpg

           約2時間の歩きだったでしょうか...

     初めてのコース(一部既存コースを歩く)は新鮮だ

           膳棚駐車場の手前側に下山しました

P1370642.jpg

           つまり今日は”周回コース”でしたが

 一度はコースが寸断しどうなるか心配する場面もあったが

       見事に魔女のニーズを満たしたコースでした


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
久々の古賀志山は来るべき日のための足慣らし...
2014-07-23-Wed  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
26/07/20撮影 【今回もお世話になった宇都宮さん...ありがとうございました】


   今週末は天気さえ問題なければ山仲間と出掛ける筈

     行先は未定だが”至仏山”が有力候補かな?

           山歩きから少し遠ざかっているので

  身体に近々歩くとことを知らせておかなきゃ...>笑<

       約3ヶ月振りの”古賀志山”で準備運動

P1370515.jpg

ノササゲ

P1370511.jpg

キツリフネソウ

P1370517.jpg

         ここんところの雷雨や豪雨の影響か?

 細野ダムからの水量が何時になく多く音を立てて流れます

P1370519.jpg

     3年前の震災や昨年の豪雨、今年2回の大雪で

        コースは倒木や落下した枝や葉で覆われ

   コースのアチコチが抉れてしまうなど歩き辛かったが

       1~2か月前に整備され、かなり歩き易く...

P1370521.jpg

不明

P1370528.jpg

オオバジャノヒゲ?

            P1370533.jpg

コメツツジ

P1370539.jpg

コマユミ?

P1370543.jpg

        時折り木々の切れ目から望む鹿沼の山々

P1370545.jpg

リョウブ

P1370546.jpg

  昨年の8月、古賀志山で初めて見た”レンゲショウマ”は

             今年も”乞う ご期待”って感じ

         株数も多く順調に育っているようで蕾も

P1370554.jpg

不明

P1370570.jpg

P1370571.jpg

ヤマジノホトトギス(少し傷んでますが?)

P1370575.jpg

          ところで今回の山歩きでの出来事...

      ハプニングは突然にやってくるってホントだね

              レンゲショウマを撮ってたら

  何か咲いてましたか? と男性の方から声を掛けられた

        振り返ると、急には思い出せませんでしたが

              一昨年4月にお世話になった

  そう”559Pの北斜面コース”を案内してくれた”宇都宮さん”
                                   (ブログ上の名前です)

【会話】
         ”ブログをやってるケン坊さんですよね”

   ”あの節は大変お世話になりありがとうございました”

          ”イワタバコの場所を知ってますか?”

    ”古賀志山のイワタバコは見たことがありませんが”

        ”時期は早いが場所だけでも案内しますよ”

  そうして教えて貰った場所には数厘だけ咲いていました

      また宇都宮さんにはお世話になっちゃいました

P1370564.jpg

P1370562.jpg

  8月に入ったら”レンゲショウマとイワタバコ”をセットで!


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
PC復旧!  まさかのトラブル原因に...一喜一憂
2014-07-22-Tue  CATEGORY: その他
26/07/20撮影 【こんなミスって...他に同じような苦情や照会があったのでは?】


 昨年11月、(OS8.1に)入れ替えた我が家のパソコンだが

            正月にWiFiのトラブルで右往左往

   2月の大雪の時(魔女の骨折日)にもWiFiが再び謀反

      そして今回...バックライトが突然消えた?

P1370596.jpg

     普段は↑こんな状態でブログを作成していたが

            突然に画面が真っ暗↓になった

P1370595.jpg

     目が慣れてくると画面が薄っすらと見えてきたが

               カーソルの位置さえ見えず

            とても操作を続けるのは不可能!

*ブログ用に少し明るくして撮ってます
P1370598.jpg

           こうなるとケン坊の手に負えないので

              我が家お抱えドクターへSOS!

  一方、普段使っていない一旦格納したパソコンを持ち出し

           長期入院に対応しようと操作確認?
                         
                         
                         
     先ずは症状判断から修理出す前のデータ保存作業

          修理によるデータ破壊に対応するためだ

               梱包する前に確認をするため

        保証書をもとに電話...アチコチへ回された

                 そして衝撃の通話内容?
              (ケン坊にはチンプンカンプンに近いが...)

    ドクターが通話相手の指示で普段は触れることのない

          バッテリーコード差込口の隣の釦を押す

     すると...画面が明るくなった 何が起きたのか?

P1370594.jpg

*上手く説明できないので違ってたら関係者には申し訳ないが

      OS8.0から8.1へのバージョンアップするための

           基本ソフト”バイオス部分のソフト”の

     一部が8.0のままだった?  つまり出荷時のミス

この後、サポートセンターの指示で対策ソフトをダウンロード

      約2時間の格闘は終わった~ 急に疲れが...

          と言う訳で昨日からパソコンが復活です

                    ”バイオスとは”

でも、この種のトラブルはケン坊以外の購入者にもある筈で

        多くの苦情や照会があったと思われるが

 購入者には通知等の知らせがあって良いんじゃないの?

     梱包する前に解決したが...不満が残ります!


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
千房の”お好み焼き”と”たこ焼き”を
2014-07-21-Mon  CATEGORY: 戴きシリーズ
26/06/19撮影 【今回も千房のお好み焼きとたこ焼きに出会えた...有難いです】


         今年も京都から”千房”の宅急便が届いた

                戴きシリーズ再開するか?

P1360616.jpg

  今回も”お好み焼き”と”たこ焼き”が別々に贈られてきた

P1360619.jpg

           解凍してフライパンで温める程度で

    あの美味しい”お好み焼き”が何時でも食べらます

P1360958.jpg

P1360959.jpg

           そしてコチラは”たこやき”ですが

P1360618.jpg

         大きなタコが入って歯ごたえもしっかりと

P1370092.jpg

       ソース&カツオブシ&青のりが勢ぞろいして

           刺激し合って美味を引き出してます

P1370095.jpg

   一気に食べたいようなゆっくりと味わいたいような...

                  ご馳走様でした

         また来年もよろしくお願いします>笑<


ページトップへ  トラックバック0
続:夏の日光・湯滝~小田代ヶ原を歩く
2014-07-19-Sat  CATEGORY: 日光・今市・湿原
26/07/13撮影 【遂に見つけたラン...帰りの雨も満足感ある歩きに】


            今回は日光・湿原巡りの続編です

 昨日までの猛暑日とはかけ離れた曇天で拍子抜けの感も

       併せて梅雨空から雨粒が落ちてきそうな...

            前回の泉門池から急ぎ湯滝へGo



   小田代橋を渡りながらふと下を見ると何かが見えた

     一瞬、何とかショウマかなと思ったが...不明

P1370478.jpg

   約15分で”小滝”に到着...小滝を下に観ながら歩く
   (泉門池から小滝)

P1370450.jpg

           更に10分程度で湯滝へ到着したが

              何だろう ゴミ?  良く見ると

      大きな樹が根こそぎ倒れ滝壺へ身を投げてる

         いつもより水量が多いような気もするが

P1370459.jpg

      湯滝を後にして暗くなってきた周回コースを歩く

          木道を歩いてると何かの視線を感じた

 思わず見てみると”ショウキラン”がコチラをジィーっと

       以前から一度見てみたいと思ってたランです

            P1370466.jpg

          初めて見るショウキランに喜び過ぎて

               ボケちゃった...残念です

         でもラッキーです 後にも先にもココだけ

P1370464.jpg

  ルンルン気分で10分も歩くと”往路で見た小滝”へ再び

       釣り人が邪魔のようなアクセントのような?

P1370467.jpg

           急な階段を登り往路に戻りました...

エゾタツナミソウかな?

P1370474.jpg

〇〇ショウマ?

       葉は全く関係ない別のものかも知れません

P1370476.jpg

オオウバユリの蕾

         戦場ヶ原との分岐を小田代原へ向かうと

数多くのオオウバユリ...残念ながら一輪も咲いてなかった

            P1370484.jpg

不明

P1370485.jpg

ヒヨドリバナでしょうか?

P1370486.jpg

ヤマオダマキ

P1370504.jpg

アヤメとヤマオダマキとのコラボ

P1370488.jpg

   間もなく小田代原の展望所...手前の分岐で迂回?

        全体的な木道の架け替え工事が行われ

              いま、小田代原の番らしい

    工事中に付き迂回路を歩くことになり残念ですが

P1370489.jpg

    迂回路を経由して小田代原展望所で木道へ出られ

         整備なった木道を200㍍程は歩けます

*多分、掲載する頃には工事が終了しているかも?
P1370491.jpg

     そしてお昼は小田代原の展望所で定番のお握り

            相変わらずコンビニの新発売を...

      具たっぷり”鶏唐揚げマヨネーズ”が美味しい!

  いま、お握りは100円セール中で全部100円なんです

P1370493.jpg

      お昼を食べる前からポツポツと雨が降ってきた

         駐車場まで待ってくれると思っていたが

   段々と雨音が大きくなってきた...もう止まないかも?

           濡れたハクサンフウロも好きです

P1370496.jpg

        新しい木道から”貴婦人”を捉えてみました

          でも景色は変わりませんでした>笑<

P1370500.jpg

   休憩を終え雨の中を駐車場へ向かう魔女の足取りは

          10数㌔歩いた後とは思えない速さ

        そんな中で見つけた”ツマトリソウ”だが

  そう言えば、いつもはアチコチで見かけるツマトリソウは

         今年はココしか見られませんでした?

P1370502.jpg

     雨のため、帰りは写真はツマトリソウが最後に...


         ところでパソコンが調子悪くなり修理へ?

      リコメや訪問が遅れていますがご容赦願います


ページトップへ  トラックバック0 コメント14
避暑? 夏の日光・戦場ヶ原を歩く
2014-07-18-Fri  CATEGORY: 日光・今市・湿原
26/07/13撮影 【山を歩きたい...でもこの暑さじゃ自殺行為になっちゃうし】


      台風が過ぎ去ったと思ったら金~土と猛暑日

           こうなったら避暑に逃れるしか...

 前夜決めた”日光・戦場ヶ原周回コース”のハイク

          避暑とは言いながらも歩くことが目的

    報告は”戦場ヶ原で見た今の時期の花だより”です
       (花の名前は間違いがあるかも知れません ご容赦願います)


バイカウツギ(別名:サツマウツギ)

  花言葉:回想
P1370379.jpg

サワギク(別名:ボロギク)

  花言葉:出会い
P1370473.jpg

ホザキシモツケ

  花言葉:活発
P1370384.jpg

P1370383.jpg

ハクサンフウロ(別名:アカヌマフウロ)

  花言葉:変わらぬ信頼
P1370396.jpg

カラマツソウとハルカラマツの区別が難しい?

  花言葉:さりげない優しさ
P1370431.jpg

こちらがハルカラマツか?

P1370483.jpg

オトギリソウ? それともイワオトギリ

  花言葉:怨み、秘密
P1370413.jpg

ノアザミ

  花言葉:私をもっと知ってください、独立、権利
P1370420.jpg

P1370418.jpg

オニノヤガラ

P1370412.jpg

サギスゲ

P1370421.jpg

ツルコケモモ

  花言葉:心痛のなぐさめ
P1370423.jpg

ミズチドリ(別名:ジャコウチドリ)

  花言葉:高潔
            P1370428.jpg

ウマノアシガタ

  花言葉:栄光、栄誉、子供らしさ、中傷
P1370433.jpg

ウツボグサの群生

  花言葉:協調性、優しく癒す
            P1370432.jpg

バイカモ(別名:ウメバチモ)
(水中に咲く花を橋の上から撮るのは難しいですね)

  花言葉:幸せになります
P1370435.jpg

バイケイソウとイブキトラノオ

  花言葉:寄り添う心(バイケイソウ)

  花言葉:素晴らしい、陽気(イブキトラノオ)
P1370440.jpg

バイケイソウのアップ

            P1370441.jpg

エンレイソウの実

  花言葉:奥ゆかしい美しさ
P1370445.jpg

   次回は湯滝から小田代ヶ原に咲く花を掲載します...



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
あの”八重咲きの蓮・ミセススローカム”の故郷...東輪寺へ
2014-07-17-Thu  CATEGORY: 花紀行(ハスの名所)
26/07/12撮影 【ハンター師匠の情報で”ミセススローカムの故郷”へ...】


    さくら市下河戸のハスを見終えた後に寄った場所は

          それはブロ友:ハンター師匠の後追い

   ”東国花の寺 百ヶ寺 真言宗・東輪寺”

         下河戸の”ミセススローカム”の故郷の寺

     東輪寺は”東国花の寺 百ヶ寺”の一つに数えられ

           境内の至る所にハスの花が咲き誇る

     ハス以外にも花の種類は数多く数え切れない程だ

             先ずは境内に入ってみましょう!

P1370362.jpg

           細長い境内...駐車は5~6台?

     中央の高木に寄り添った藤の小枝が垂れ下がる

           その奥に東輪寺本堂が姿を現した

P1370326.jpg

         静かな佇まいの中に荘厳な本堂と灯篭

P1370366.jpg

              ”東国花の寺 百ヶ寺とは”

     ケン坊には無理!  やはりHPが頼りです>笑<

P1370325.jpg

【後生車とは】 ネットより

後生車(ごしょうぐるま)は、おもに東北地方の寺や墓場の入り口付近に置かれて
いる輪のついた石もしくは木製の柱のこと。
輪を回すことで死者に呼びかける目的の他、吉凶や天気を占ったり百度参りに
使用する場合もある。


            P1370329.jpg

         そして”広島原爆の残り火”がありました

  広島から遠く離れた”東輪寺になぜ?”...疑問でしたが

   ネットで検索すると コンな↓語り部?に半分納得...

【ネットより】

何でココにあるのかというと、あるおじちゃんが若き兵隊だった頃、広島に原爆が
投下された。おじちゃんの叔父さんは、その場所で本屋さんを営んでいた。

”おじさんはどうしているのか?”と気になっだ若き兵隊さんは1か月半後、そこに
行っでみたそうです。
でもそこは焼け野原...おじさんどころか何もかも灰になっていたそうです。

でも良く見るとまだ残り火があっだので、そっと懐炉に貰っで仏壇に灯したという。

その後、その火を絶やさないように多くの人に分け続けていたそうで、東輪寺の
”広島原爆の残り火”となったということでした。


P1370330.jpg

               コチラは”平和の鐘”です

広島原爆の残り火を灯す寺として平成20年に平和の鐘が、住職の托鉢による多くの
方々からの浄財寄進により建立されたそうです。


     もちろん何時でも平和の鐘を鳴らすことができます

P1370331.jpg

     手水舎も大きく、屋根も新しく建立したようです

P1370342.jpg

      境内の真ん中あたりに大きな木がデ~ンと...

              無患子(ムクロジ)という巨木で

       正月に羽子板で撞く羽を挿す黒い実の成る木

            P1370364.jpg

                樹齢何年でしょうか...

        藤に巻きつかれて少し可哀想な感じですが

  まるで”庇を貸して母屋を取られる”を演じてる

P1370365.jpg

    花の寺らしく”今月の華 これからの華”の案内板も

P1370358.jpg

          この時期は”花ハスとスイレン”が見頃

     本堂前には”スイレン”が見事な姿を魅せてくれた

               ぅわ~ぉ 太陽がいっぱい~

P1370334.jpg

P1370335.jpg

P1370339.jpg

P1370340.jpg

     境内とハス畑との境に”蓮見茶屋”があります

         東輪寺の住職が若き画家と歓談してます
                        
                        
                        
                        
   そして画家の描いた絵が本堂内に展示してあるので

         写真を撮った後は是非見てください...と

 住職から勧められたが、写真撮ったり住職と話をしてたら

          すっかり忘れてしまいました...>笑<

P1370343.jpg

            そして住職と花談義、ハス談義?

   いやいや 談義だなんてめっそうもない 大ウソです!

       二言三言...いや五言くらい交わしたかな?

            そして今日の目的の花がコレ↓

   下河戸の”八重咲きの蓮ミセス・スローカム”の親か?

          残念ながら一輪しか咲いて無かった

    全体的に今年は開花が遅れているらしい(住職談)

P1370349.jpg

   ここは”東国花の寺 百ヶ寺”の一つハスの名所ですが

       ハス以外の多くの植物が出番を待っています

P1370351.jpg

P1370354.jpg

P1370363.jpg

         そうそう 住職さんから頼まれました...

8月には夜だけ咲くスイレンがあるので是非お出で下さいと

          どんなスイレンの花が咲くんでしょう!


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
下河戸・抜け土溜池のハス...満開を期待して再訪したが
2014-07-15-Tue  CATEGORY: 花紀行(ハスの名所)
26/07/12撮影 【ブロ友:リンゴさんが訪ねる前日に再訪したが...ボツ!】

  *以前に掲載済みに付きボツにする予定でしたが”日記”なので一応...掲載


    前回はややフライングしちゃった抜け土溜池のハス

           満開のハスを見たいと思っていたが

     残念! 今回は午後の訪問となってしまった...

           なのでケン坊の他に1組だけでした

P1370319.jpg

           前回と同じようにハスの蕾が沢山あり

              ハスの花はしばらく観られそう

P1370304.jpg

P1370311.jpg

     ハスの花はやはり早朝が一番綺麗に見えますが

         この時間でも綺麗に膨らんでる花も...

P1370309.jpg

    もちろん、既に散ってしまい子孫に後を託する花も

P1370310.jpg

        まだまだ女盛りの花たちも歓迎しています

P1370316.jpg

P1370317.jpg

   みなさ~ん 友人知人にお声を掛けて見に来てね~

      花たちが首を長~~くしてお出でを待ってます

P1370322.jpg


ページトップへ  トラックバック0
限りなく(平均)アラシックスに近い我が山の会に”マドンナ”が入会か?
2014-07-14-Mon  CATEGORY: なかまとの出会い
26/07/12撮影 【マドンナが加入って信じられない! しかも若いってホント?】


      我が山の会は平均アラシックスの4人組ですが
          (ケン坊が一人で平均を引き上げて...ます>笑<)

         情報では”マドンナ”が加入するという

     誤報? それとも”1回だけの会員”かな?

          Cafeにアラシックスの面々が集合し

    マドンナが喜びそうな場所を選ぶが候補地が乱立!

P1370371.jpg

栃木百名山・栃木の山150・るるぶ尾瀬 etc.資料を揃えて

               名前の上った候補の一部

  ”男体山・三本槍ヶ岳・安達太良山・尾瀬ハイク・谷川岳”

           マドンナの山の会デビュー戦なので

    ニッコウキスゲの咲く尾瀬ヶ原か尾瀬沼が無難か?

          山の会だから山歩きの雰囲気も欲しい

  尾瀬だったら至仏山か燧ケ岳あたりも候補に入れたいね

      あははは 企画している時が一番楽しいのかも

P1370374.jpg

 さて、果たして何処に決まるか...マドンナのご返事は?

P1370373.jpg

      打ち合わせに先だって蕎麦を打ってきたという

   山仲間のY氏から”プロのお蕎麦...”を戴いちゃった

                   ごちそう様です

P1370370.jpg

     後は自然(天気)を味方に付けたい...ですね!

 決行日は7月下旬...果たして梅雨明けはしているのか?

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
土手で”シロネジバナ”を見~~つけた?
2014-07-13-Sun  CATEGORY: 野原等で出会った花々たち
26/07/06撮影 【今月はフル勤務...ネタが思うように集まらず?】


          なまず祭りからの帰りに寄り道は...

      この構築物は以前にもブログに掲載したことが

             屋根は”サギソウ”をモチーフに

      宇都宮市・グリーンパーク白沢の堤防側の駐車場

P1370223.jpg

        ここの堤防歩きは2度目? いや3度目...

             グリーンの絨毯が敷き詰められ

グリーンパーク白沢の外側の堤防はウォーキングに最適?

P1370264.jpg

              ここは隠れた小さな花園?

    とは言っても雑草の類の寄り合い所帯ですが...

P1370230.jpg

    堤防では”アカツメグサやシロツメグサ”が主ですが

            ”ネジバナ”が多いのにビックリ

P1370257.jpg

            P1370224.jpg

           簡単に判ると思ってた花の名前...

   いざ、ネットで調べると意外にヒットせず不明のまま?

P1370237.jpg

    ヤブカンゾウでしょうか? それともノカンゾウ??

P1370248.jpg

              アカツメグサ? 赤くないな~

  ムラサキツメグサかな?  そんなの無いってか>笑<

P1370262.jpg

        小さな筒状の花が密集しているんですね

              普段は何気に素通りする花

P1370233.jpg

        アカツメグサと同じく多いのはヘラオオバコ

    もうちょっと良いアングルがあったのにボケちゃった

P1370228.jpg

     そして...遂に見つけた”シロネジバナ”がコチラ

              三本あったが皆ボケちゃって

         何とかボケ気味ですが証拠写真として...

            でも、ややピークを越えてるようで

       まさか”ピンクのネジバナ”の色褪めたもの?

             ”シロネジバナ”は貴重で

  たしか数年前の相場では一株1600~2000円だったかな?

          鬼怒川土手で見つけたシロネジバナは

      一週間後に行った時には盗掘されてしまったが

            何とかそ~っと育ててやりたいです

            P1370258.jpg

          堤防手前の畑の縁に咲いていた花...

P1370213.jpg

   何気に撮ったら先客の”アマガエル”が陣取ってた?

P1370214.jpg

   アッチにもコッチにも小っちゃな小っちゃなアマガエル

P1370215.jpg

       アマガエルも綺麗な花は判るんですね!

P1370216.jpg

     こんなネタのようでネタじゃないネタですいません

           因みにこの日は単独行です...

   最近多いです  魔女離れ? ケン坊離れかも>笑<

ページトップへ  トラックバック1
高根沢・大谷で”第12回 ナマナマぬるぬる なまず祭り”が開催
2014-07-11-Fri  CATEGORY: 益子・茂木・真岡・馬頭
26/07/06撮影 【午後から時間が空いて...そうだ”なまず祭り”へ行こう!】


  ”第12回 ナマナマぬるぬる なまず祭り”

         場所は高根沢:大谷農村公園&五行川

P1370199.jpg

       ブロ友:ひばらさんの情報を中途半端に理解し

         一度は行って見たい”なまず祭り”...だが

             突然の野暮用で午後の訪問となり

    残念ながら午後はお祭り広場でのお祭りだけになる

      なまず石投げ・なまず民舞・なまずウォーク等々

           全て“なまず”のイベントです>笑<

       因みにマスコットキャラクター”なまぬる君”

             ブロ友”ひばらさん”の作です!

            P1370180.jpg

   仕方なく? 公園広場のイベントを少し見学することに

       参加者の多くは地元・大谷地区の住民かも?

 引っ張りだこの”とちまる君のふわふわバルーン”も出張?

P1370175.jpg

               そして多くの模擬店も...

  ケン坊の狙いだった”なまずの天婦羅”は早々に完売?

             残念ながら入手できず悔しい!

P1370179.jpg

            こちらは”もちつき体験”だという

         小っちゃな子供がおも~い杵でヨイショ

P1370206.jpg

       撞き上がった餅は早速”餡ころ餅”に変身です

            P1370212.jpg

         鯰の天婦羅が入手できなかったケン坊は

             この餡ころ餅を買っちゃいました

  1パックに餅が4個で300円と安い?(定価は500円)

P1370271.jpg

          なまず祭りだから”なまず”が見たい!

               場内を探したが見つからず

      諦めかけていたら子供たちが”金魚すくい”を?

              近付いたらナマズがいた~

        まさに金魚すくいじゃなく”なまず掬い”です

P1370204.jpg

      おぉ ナマズの子供だ~ やっと鯰に会えました

            イッチョ前に髭を生やしてます...

P1370208.jpg

           この男の子は7~8匹も掬ったという

P1370201.jpg


  午前中に”五行川(200㍍離れた場所)”でのイベントは

        次回(来年です)、見てから報告します...

P1370183.jpg

P1370186.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
インポッシブルな”5日間の参勤交代”を実現した湯長谷藩の7人の侍
2014-07-10-Thu  CATEGORY: シネマ観賞
26/07/05撮影 【たまには何も考えずに見られる映画鑑賞も良いかな?】


    映画館で抱腹絶倒する映画もたまには良いかなと

           梅雨時は指定席でもあるMovix

P1370091.jpg

          参勤が終えたばかりの弱小貧乏藩に

  江戸幕府が科したインポッシブルな5日間の参勤交代!

           P1370089.jpg

        ある意味 コメディタッチなムービーだが

              江戸幕府に売られたケンカ

   知恵と勇気で立ち向かう展開に笑って泣いた2時間余

P1370168.jpg

    最近、ケン坊は映画を見る前にあらすじは見ない!

            その方が展開が新鮮だから...

P1370167.jpg


【あらすじ】 Wikipediaより

江戸時代、8代将軍・徳川吉宗の治世の享保20年(1735年)。磐城国の小藩・湯長谷
藩の藩主・内藤政醇は、1年間の江戸での勤めを終えて湯長谷に帰国した。

ところが、それから間もなく江戸屋敷に居るはずの江戸家老・瀬川が江戸幕府老中・
松平信祝の命令を携えて政醇の前に現れる。

その命令とは、帰国を果たしたばかりの政醇に対し、「5日のうちに再び参勤交代
せよ」というものであった。

信祝は湯長谷藩が所有する金山に目をつけ、金山を手に入れようと無理難題を
ふっかけて、湯長谷藩を取り潰そうと企んでいた。

石高1万5000石の湯長谷藩には、4年前の飢饉の影響もあって蓄えがなく、参勤
するための費用がない。

家臣たちからは「幕府に直訴する」「賄賂を贈って許しを乞う」など意見が二分して
話がまとまらない。これに対し、政醇は家臣と領民を守るために、あえて理不尽な
参勤を受け入れることに決め、家臣一の智恵者である家老・相馬兼嗣に意見を
求めた。

相馬は、少人数で山中を走り抜け、幕府の役人の監視のある宿場のみ日雇い
中間を揃えて大名行列を組むという案を挙げ、早速準備に取り掛かった。

その日の夜、政醇と相馬のもとに、一匹狼の忍び・雲隠段蔵が現れ、「自分を
山中の道案内人として雇ってくれ」と言い出した。

胡散臭い段蔵をいぶかしむ相馬に対し、政醇はあっさり快諾し、一行に加える
ことにした。翌日、政醇以下の湯長谷藩一行総勢7名は、段蔵の先導の元江戸
に向けて出発した。

一方、政醇が参勤することを知った信祝は湯長谷藩一行を亡き者にするため、
配下の忍び衆を刺客として差し向けた。


ページトップへ  トラックバック0
田舎でまさかの”メガトン級かき揚げ丼セット”に遭遇!
2014-07-09-Wed  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
26/06/29撮影 【田舎の蕎麦やさんで”ジャンボかき揚げ”に出会う...】


    下河戸で八重のハスを下見し野菜直売所を寄り道

         途中、こんな看板の駐車場に人だかり?

    お蕎麦屋らしいが開店を待っている人たちのようだ

          お店の名は”ふるさと紀行”という
            (下に小さく”楽しい村おこしの会”とあるが...)

P1370069.jpg

   お店はと言うとやや広めの”プレハブ”って感じだが?

         でも人だかりと言うことは美味しい筈...

   寄らざるを得まい! ケン坊もここでお昼とすることに
    (この後、お寺や直売所を寄った後、12:00頃になってしまったが...)

P1370074.jpg

             辛うじて最後の座席をゲット!

       直ぐ後の客は”名前を書いて”待つことに...

             店内のテーブルは4人×4個

             畳&板の間は...4人×9個

    合計で52人まで収容可能だが相席はしない主義?

         所々歯抜け状態で混んでる感はしない

P1370042.jpg

  早速”天丼セット””かき揚げ丼セット”を注文
         (魔女:980円)           (ケン坊:880円)

*店員さんに注文すると(以下、やりとりを再現)

       ”かき揚げ丼は大きいですが大丈夫ですか?”

            「大盛じゃなくて並なんですが...」

       ”えぇ~ 並でもかき揚げは大きいですよ...” 

            そう言われても”小盛り”はないのに

          「大きくても良いです 並でお願いします」



  注文後も”並で大きいって”どういうことかピンと来ません

        ”かき揚げ丼セットです~”の声に振り向くと

  先ほどの店員が注文の品を”運ぶ姿”に唖然としちゃった

         「何じゃ あれは?」と目を疑ってしまうほど

P1370046.jpg

     暫くしてケン坊のテーブルに届いたのがコレ↓

  3枚のかき揚げパーツが丼にピラミッド型にそそり立つ姿

           どう撮ったら伝わるかな~と迷う...

  店内で待ってるお客さんの眼もあるし座ったまま工夫した

            P1370047.jpg

   セット写真も上からじゃないと映らないと思って撮ったが

         高さが違い過ぎてピンボケになっちゃった

P1370049.jpg

   具は玉ねぎが主で、ニラ、ニンジンは少々って感じ?

         目玉のメニューらしくアチコチで注文が

P1370057.jpg

 最初から取り皿が配膳...じゃないと食べられない>笑<

            先ずはかき揚げパーツ2枚を外し

                 徐に食べ始まりますが

  大き過ぎて箸で千切って口に入るまで時間がかかります

P1370061.jpg

   頃合いを見て”お持ち帰り用のパック(大)”が配られる

           もちろんビニール袋付きです>笑<

P1370064.jpg

    案の定? パーツ2枚が食べ切れずお持ち帰りに

P1370065.jpg

      今夜はお持ち帰りのかき揚げがおつまみかな?

       ・・・実際は翌日の食卓にも登場してた>笑<

P1370067.jpg

     次々と運ばれる”かき揚げ丼セット”に目を奪われ

           魔女の”天丼セット”は蚊帳の外?

 アチコチのテーブルでも同じ現象でシャッター音が聞える

P1370052.jpg

         イマイチの写真となったが無理に掲載...

 天婦羅は大きなエビ天が2本、サツマイモ、ナス、カボチャ

P1370055.jpg

         脇役? 魔女は蕎麦でケン坊はうどん

     今日は主役にはなれずあくまでサイドメニュー!

P1370056.jpg

       最後にもう一度”かき揚げ丼セット(並)”を...

  コチラのテーブルでも写真を撮ってから食べ始まりました

P1370068.jpg

  最近は田舎でも奇抜なアイディアの時代なんですかね?

       そう言えば粟野のたろっぺ茶屋もそうでしたが

   今回は全く偶然の出会いだったので余計にラッキー!


ページトップへ  トラックバック0 コメント14
鹿沼の”ひまわり特急便”を応援します
2014-07-07-Mon  CATEGORY: 花紀行(ひまわりの名所)
26/07/05撮影 【87歳の黒川さんが遊休農地を利用して15000本のヒマワリを】


    今日は七夕ですが2日早く向日葵と逢ってきました

数日前の地元紙に”ひまわり特急便”の記事が載った

       今年で8回目だがこれまで場所が判らず...

   今回は記事に書かれた町名だけを頼りに行って見た

*電話番号でナビ検索したが未登録らしくバツ(×)
P1370162.jpg

        近くのコンビニで聞いて教えてもらったが

          どうやら昨年の作付場所だったらしく

   それらしき場所はまったく見当たらず農家の人に...

            やっと”ひまわり畑”にたどり着く

P1370100.jpg

                今日は生憎の空模様で

       雨こそ降ってはいないが近くには真っ黒い雲

P1370098.jpg

  でも見事に耕された畑で大きなひまわりが迎えてくれた

            P1370103.jpg

           そう 草一つ生えてないひまわり畑

 腰を曲げて痛々しく歩く老人が管理しているとは思えない

P1370107.jpg

         流石に展望台までは出来ないのでしょう

              脚立が一個置いてありました

         交代で脚立に乗っては写真を撮ってます

P1370108.jpg

        ヒマワリは青空・夏空がお似合いですが

一日も早く皆さんに見せたいと4月に種蒔きを行ったという

       この時期に満開のヒマワリ畑...珍しい?

P1370110.jpg

P1370113.jpg

P1370114.jpg

P1370116.jpg

          どうです 見事なヒマワリでしょう?

P1370117.jpg

              切り花用に鋏が置いてあり

        切り花用の”ひまわり畑”が手前にあった

P1370119.jpg

          何本でも持って行きなと言われたが

                2本だけ戴いてきました

      ひまわりを見せて戴いたうえに切り花まで...

          おじいちゃん ありがとう お元気でね

P1370157.jpg

 87歳で育てた”ひまわり特急便”を是非観てあげてください

ページトップへ  トラックバック0 コメント18
今年もメロンの季節が...これって小さな幸せ?
2014-07-06-Sun  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
26/06/08撮影 【我が家の年中行事? 同じ光景が毎年繰り返される...】


   今年も来ました...魔女の悪友から甘~いお誘い が

     恒例の”茨城産・アンデスメロン”が到着!

        もちろん孫にも食べさせたくて送ってあげた

P1360156.jpg

      箱を開けるとプ~ンと美味しそうな香りが...

          見栄をはって5玉入りを買ったが!
             (年々100~200円高くなっているような?)

P1360154.jpg

       県内にも真岡市などメロンの産地はあります

          果肉が赤色の”クインシー”が中心で

 他にも緑色の”タカミ”、緑白色の”オトメ”の3種類がある
          (ケン坊はオトメは食べたことがありませんが...)

       特有のネット模様が高級感を醸し出しますね

P1360158.jpg

  毎晩のようにメロンの尻に手を当て食べ頃を見定めるが

                所詮ケン坊もど素人...

      勘を頼りに切って食べてのお楽しみ状態>笑<

P1360159.jpg

  一休さんじゃありませんが慌てない慌てない...>笑<

         ようやく1個目を...冷蔵庫で冷やし

  デザートに”カ~~ット”...おぉ~甘い香りがプンプン

P1360377.jpg

    でも”あっ気なく”割り当て分がお腹に納まっちゃった

P1360382.jpg

      待つのは長いが食べるのはほんの一瞬です

ページトップへ  トラックバック0
便乗商品とは言っても...こんなお土産って有りですか?
2014-07-05-Sat  CATEGORY: 戴きシリーズ
26/06/30撮影 【見るからにグロテスクで食欲は湧きませんが...】


 ある日、富岡製糸へ行ってきたという家へ遊びに行ったら

        お茶菓子代わりにこんなモノを頂いた...

    金色のパッケージに包まれた洒落たお菓子だな~

P1370078.jpg

          早く開けてみてという家主の督促に?

    何で急かすのかと不思議に思いながら封を切って

            取りだした中身を見てビックリ...

P1370080.jpg

        家主はケラケラ笑ってる...図られました

                  改めて見てみると

    実にリアルなお菓子は...あの”お蚕さま”です
         (ケン坊が子供の頃は”おこさま”と呼んでいたが...)

P1370082.jpg

          グリーン部分は”桑の葉”をイメージ

   実際に桑の葉のパウダーが練り込まれているという

P1370085.jpg

           話のタネで売れるかも知れませんが

  戴いても喜ばれて食べられるモノとは思えません>笑<

         ケン坊は目をつぶって口に入れましたが

  まさにチョコレート...見ないで食べれば何ら問題なし!

            P1370083.jpg

             後から出されたお土産にホッ!

        何処にでもあるような”クッキー”でした...

P1370086.jpg

P1370088.jpg


     ついで? こちらはお土産ではありませんが...

         ハスを見た帰りに寄った”こうと直売所”

      ビニール袋に入った茄子が一袋100円と安い

              得しちゃったと2袋も買ったが

   家で開封してビックリ...見慣れた茄子が見当たず

        と言って奇抜な姿の茄子も無かった>笑<

    手間はかかるが味は変わらないから、まぁ良いっか

P1370076.jpg

          安いからと飛びついちゃダメですね


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
劇団ひとりがメガホンを執った”青天の霹靂”を観賞
2014-07-03-Thu  CATEGORY: シネマ観賞
26/06/09撮影 【他に見たい映画もあったが...何となく何となく】

             他に見たい映画があったのに

  劇団ひとり書下ろし小説”青天の霹靂”を観ちゃった

       ケン坊は”作家・劇団ひとり”をあまり知らない

    お笑い芸人で、大沢親分の孫娘婿という程度の知識

       そこで”どんな小説を書くのかな”という興味で

            P1360161.jpg

   予め小説を読んでいれば直ぐに映画に没頭できたが

     自分の出生時にタイムスリップする流れを知らず

 理解するのに時間がかかり暫くは映像をただ眺めるだけ?

   その部分を除けば...劇団ひとりの小説、監督振りは

           まぁまぁ 合格なのではないかな

 主役”轟晴夫(大泉洋)”のややオーバーな演技にも注目?

P1360163.jpg

【青天の霹靂】  ネットから

解説:
作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、
自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。

あらすじ:
場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は
10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレスになった果
てに死んだのを知る。
父が住んでいたダンボールハウスを訪れ、惨めな日々を生きる自分との姿を重ね
合わせて涙する晴夫。すると、突如として青空を割って光る稲妻が彼を直撃する。
目を覚ますや、40年前にタイムスリップしたことにがくぜんとする晴夫。
さまよった果てに足を踏み入れた浅草ホールで、マジシャンだった父と助手を務
める母(柴咲コウ)と出会い……。



ページトップへ  トラックバック0
就活も疲れますね~...一時休戦?
2014-07-02-Wed  CATEGORY: 日記
26/06/27撮影 【3ヶ月続けた就活。ここで休養のため2か月の休戦?】

           最初から厳しいと思っていた就活は

      予想どおりケン坊にはアゲンストの厳しい状況

       花を撮るのが忙しい訳ではありません>笑<

          7月に入り就活疲れもあり...←ウソ?

    言い訳ですが就活は”一時休戦”することにした


ストケシア(ルリギク) 

   近所でも見かけますが最近になって名前を覚えた

P1360914.jpg

P1360909.jpg

アーティチョーク(別名:朝鮮アザミ)

   以前にも掲載したが巨大な(食用)アザミです...

P1360922.jpg

P1360924.jpg

P1360919.jpg

P1360923.jpg

P1360921.jpg

P1360925.jpg

ネムノキ(合歓木。別名:ネム、ネブ)

   淡紅色のおしべが長く美しい

   【ネットから】
    和名のネム、ネブは、夜になると葉が閉じること(就眠運動)に由来する。
    漢字名の「合歓木」は、中国においてネムノキが夫婦円満の象徴とされて
    いることから付けられたものである。


P1360930.jpg

P1360934.jpg

P1360943.jpg

スモークツリー(別名:ハグマノキ(白熊の木))

   樹高4~5㍍。雌雄異株ですがコレ(↓)は雌株ですね

P1360950.jpg

P1360949.jpg

       2ヶ月休戦...就活再開時の状況は良くなる?

            より厳しくなっていると思われますが


    7月は(フルで)頼まれ仕事を...あくまで仮の姿です

 う~ん フルは久し振りだができるかな~ でも1ヶ月だから

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報!  さくら市”下河戸(しもこうと)の蓮”は7月中旬が見頃?
2014-07-01-Tue  CATEGORY: 花紀行(ハスの名所)
26/06/29撮影 【ハスは”つがの里”か”行田の古代蓮”と決めていたが...】


    以前ハンター師匠がブログに掲載された情報頼りに

             後追いしようとハンドルを握った

   今回は”下河戸抜け土溜池のハス”の様子見
       (場所:さくら市下河戸。矢板市”58GOLFCLUB”の東側)

      少しフライングしちゃいました 見頃は7月中旬?

P1370024.jpg

     情報をもとに車を走らせ下河戸交差点も直進...
      (県道48号(氏家方面から)と161号(矢板方面から)との交差点)

           でも道幅がどんどん狭くなっていく

   ケン坊はココで侵入を断念したが進入していく車もある
       (車一台が辛うじて通れる程で歩行者とのすれ違いも困難です)

*この分岐を左へ200㍍くらい進みます...
P1370030.jpg

      少し歩くと左手にそれらしい雰囲気の光景...

            しかも車が1台駐車しています
      (蓮池の左奥に見える芝生は”58GOLF CLUB”のコースです)

     天気も良い方に外れてくれた(晴れ男復活か?)

P1360978.jpg


  抜け土溜池に着きました...あれ~ 花は数える程度?
       (池は約1㌶の広さでハスが圧倒されるほど群生しています)

           でも綺麗なハスが見られました...

P1360986.jpg

      一方で”うな垂れている花”もチラホラ見られる

        終わり? それとも陽射しが強いからか? 

   良く見ると...↓↑ 今までのハスとは雰囲気が違う

P1360980.jpg

           もしかして八重咲きのハスでは?

    後から来た地元の方に聞くと”八重のハス”だという

          品種はミセススローカムというそうで

東輪寺さんから約9年前に5株贈られたものが大繁殖した?

P1360984.jpg

       つがの里のハスとは何となく違うでしょう?

           八重だけに花弁の重みを感じます

P1360999.jpg

 曇りのち雨の予報が俄か天気で湿度も手伝って蒸し暑い

         ケン坊だけでなくハスの花も可哀そう...

P1360993.jpg

     すると風が優しくハスの葉の傘をそっと差し出す

  植物界は太陽や風等の自然界と上手く共生しています

     人間も自然界を破壊することなく共生の道を...

P1360994.jpg

         もちろん太陽の陽射しを精一杯受けて

               元気はつらつの花も...

P1370002.jpg

              下河戸のハスは咲き始めで

     蕾が沢山ありますので満開の時は見事でしょうね

P1370008.jpg

    沼にはヨシも生えていて一部分ですが共生してます

          こんなアングルもたまには良いかな?

P1370015.jpg

         むかし、ハスの花はヒガンバナと同じく

    何となく嫌われる傾向だったが今や観光資源だ!

P1370023.jpg

        今回は八重のハスに出会えて最高! 

     7月中旬のピークの頃にもう一度来てみたいです



    そしてケン坊が路駐した場所の左奥の新溜池には

        スイレンが群生...遠くて被写体にならず

          ハスを見た後では感動もイマイチ...

 最初にスイレンを見てから抜け土溜池のハスが良いかも

P1370028.jpg

          次回は貴方のレポートの番かも?


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
<< 2014/07 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.