ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
久し振りに”さくら市・氏家ゆうゆうパーク”の土手歩き
2014-04-30-Wed  CATEGORY: 公園・その他の公園
26/04/23撮影 【絶滅危惧種指定の”カワラノギク”群生地を下見に...】


      山がダメならせめて歩いて足腰を鍛えなくちゃ

 土手なら近くにも鬼怒川や田川、そして姿川などがあるが

   気分転換を兼ね”氏家ゆうゆうパーク”へ向かう

*勝山城址の大手口橋
P1330665.jpg

【勝山城とは】【ネットより】
勝山城は、鬼怒川を見下ろす崖端城(がいたんじょう:断崖を利用して築かれた城)
として鎌倉時代末頃に氏家氏によって築かれ、その後慶長2年(1597)の廃城まで、
およそ300年の歴史を持っています。

現在の塩谷町から芳賀町まで広がる氏家郡24郷支配の拠点ですが、また宇都宮市
の配下として、北辺を守る役割も果たす重要な場所でした。


*鬼怒川を望む場所には十数本の八重桜が見頃

P1330663.jpg
*ウコンザクラ
P1330661.jpg
*フゲンゾウ(普賢象)
P1330658.jpg
*カスミザクラ(霞桜)
P1330655.jpg

*勝山城址から見る”氏家ゆうゆうパーク”の一部
P1330651.jpg

      勝山城址公園を通り抜けていよいよパークへ

*勝山パークブリッジ
P1330614.jpg

      まさに桜堤...今年の旬はとうに過ぎ去ったが

             桜が二重三重に植えられてて

     景色を見ながら若葉下のウォーキングも爽やか!

             桜の木の一本一本に寄贈者の

    名前と寄贈理由が入るいわゆるオーナー制ですね

P1330616.jpg

           風も無く穏やかなハイキング日和に

               土手をのんびりと歩く贅沢

P1330618.jpg

       河川敷には沼あり小川あり、少しの遊具あり

            サイクリングロードやベンチまで

P1330617.jpg

              更に土手を進むと桜の若木が

     桜のオーナー制は今後もまだまだ続くようですね

P1330621.jpg

           遠くに”氏家大橋”が見えますが

     その先には薄っすらと”高原山”の美しい山容も

P1330622.jpg

     少し汗を掻く程度の暖かさ、まだまだ先を向いて

        氏家大橋近くには浄水場があったが...

  やはり歩かないとこういう施設や景色には会えませんね

P1330627.jpg

   まだまだ足は問題ないが今日はこの位にしようかな?

        反対の河川敷にある少しばかりの雑木林

    何やら老夫婦が手に袋のようなものをぶら下げて

     どうやら”コシアブラ(シラキ)”を採ってる?

P1330626.jpg

   そんな老夫婦を見ながら復路は河川敷を歩くことに

        するとフットパスって書かれた距離表示?

*写真は歩き終えたスタート地点のものです
P1330641.jpg

           直ぐに疑問は解消されました...

     国土交通省で”散策路”を作っていたんですね~

P1330640.jpg

   もう一つの疑問! 波消しブロックのような違うような

          コンクリートの支柱が三本組で延々と

P1330639.jpg

             コンクリート水制と言うらしい?

     海の波消しブロックと同じ役目をするものだった

P1330638.jpg

      そしてコチラのおんぼろバス(廃車利用)ですが

             てっきり捨ててあると思いきや

     想像ですが...落雷時の避難バスとして利用?

         先端にTVアンテナのようなものが見える

     もしかしてTV付きの避難小屋になっている>笑<

P1330637.jpg

     カラスノエンドウ? それとも イブキノエンドウ?

P1330629.jpg

         遠くから菜の花に見えましたが近付くと

                 全く別の花でした...

    どうやら外来種のようで除去対象となってるらしい?
                  (違ってたらゴメンなさい)

           P1330633.jpg

P1330631.jpg

      休まずに一気に歩いてここまで戻ってきました

と言ってもブラブラですから効果のほどは殆んど無いかも?

              芝生公園のベンチで一休み

P1330646.jpg

      池や小川周辺にもタンポポが咲き乱れてます

P1330643.jpg

         氏家大橋から数㌔先にあると言われる

  絶滅危惧種の”カワラノギク群生地”の下見も兼ねたが

P1330623.jpg

  今回”試験地”のみ確認。群生地はいきなり本番で...

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
KDDI小山ネットワークセンターで”花咲く構内”を一般開放
2014-04-29-Tue  CATEGORY: 花紀行(春)
26/04/27撮影 【思い掛けないケン坊の行動...連休2日目は安近短!】


  ”小山市神鳥谷のKDDI小山ネットワークセンター”

        今年は4月26(土)、27日(日)の2日間

             花咲く構内が一般公開された

           地元紙で初めて知ったこのイベント

    午後の空いた時間に出掛けてみた(安近短の実践)

P1330984.jpg

            係員の案内で構内に入って行くと

       目の前に広がる光景に一気に期待が膨らむ

            ハナミズキが今盛りと咲いている

P1330929.jpg

             建物の前は庭園の様相...

    真っ赤なツツジと淡いピンクのハナミズキが見事だ

P1330933.jpg

        池の奥に伸びる建物のガラスに映る光景

P1330934.jpg

           ツツジは”クルメツツジ”が中心です

P1330970.jpg

           陽射しを浴びるピンクのハナミズキ

P1330937.jpg

   まるで桜の花に見えますが...ハナミズキなんです

P1330940.jpg
           *違う角度から撮ってみました
           P1330946.jpg

           庭園の要素を十分に備えています

P1330943.jpg

      ツツジ&ヤマブキ&ハナミズキ 三色揃い踏み

P1330953.jpg

             建物裏側の芝生広場(?)には

  多くのハルリンドウが見頃を迎えてます(まだ蕾も多い)

P1330960.jpg

昔の国際電信電話基地局? アンテナ群が林立してた記憶

        いまは大きな鉄塔2~3個?に集約された

P1330956.jpg

         木立ちの中にひっそりとスズランが咲く

             この辺りは散策者は少ない...

  やはりツツジやハナミズキのような派手さが無いからね

P1330963.jpg

紅白のハナミズキが青空に映える(実物は写真以上>苦<)

    赤いハナミズキの枝間(真ん中の左)に飛行機が飛んで(ゴミのような点)

P1330974.jpg

       ところでコチラのハナミズキは何か変だな?

            良く見ると”八重咲き”のようだが

P1330976.jpg

              間違いなく八重咲きですね~

     初めて見るような気がします 厚みのある花です

P1330978.jpg

         また名前不詳の花に出会ってしまった

P1330981.jpg

連休だからと言って遠くへ出掛けるだけが能ではありません

     家から40分でこんな庭園?が見られるなんて

P1330969.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
情報! 安住神社の”大鏡餅芝ざくらまつり”に寄り道したら...
2014-04-28-Mon  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
26/04/23撮影 【新しい場所を発見しました。大鏡餅を模した芝桜...】


    ”安住神社 芝ざくら・陽光桜まつり”

          安住神社と桜まつりとが結びつかず

  何のことかな~と思ってたが今日は確認のため寄り道

P1290508.jpg

    大鳥居近く駐車場の縁に芝桜が少し咲いているが

まさかコレで”芝桜まつり”は無いだろうと奥の駐車場へ進む

            第二駐車場の奥にみえたモノは?

  そこには”大鏡餅芝桜”の立札と三段の芝ざくらが

            上から”白・ピンク・赤”と色違いに

P1330688.jpg

*昨年末に奉納された500kgの大鏡餅(2月撮影)
P1290650.jpg

          この”芝ざくら”は安住神社の宮司が

  お正月の500kgの三段重ねの大鏡餅を模り作ったそうな

          ”三段重ね大鏡餅芝ざくら”

P1330689.jpg

     今では高根沢町の新たな名所となっているらしい

              満開で見頃を迎えてますが

    暫くは楽しめると思います 一度は見る価値がある?

P1330687.jpg

      ところでもう一つの”陽光桜”ってどんな桜?

          境内に多くの桜が植えられているが

    安住神社が桜の名所だとは全く知りませんでした

              さて、陽光桜は新種の桜で

      濃いピンクの大輪の花びらが特徴だとか...

P1330690.jpg

        残念ながら花びらは殆んどが散ってしまい

           その濃いピンクの花は見られません

       僅かに残った花びらを見て想像するしか...

P1330691.jpg

         来年は是非とも満開の時期に来ます!


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
道の駅しもつけの中に移転した”一休”で腹ごしらえ
2014-04-27-Sun  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
26/04/05撮影 【名物のダルマが安住の地を求めて...道の駅へ?】


 新R4沿いの”道の駅 しもつけ”は何度も登場しているが

    施設内に出店する”一休”というお店の話題...

   一休ドライブインというと大きなダルマが印象的です

        広い駐車場にで~~んと置かれていて

    トラック運転手への安全運転励行の一助の役を!


    その後”石橋警察署(現下野署)”に移転してたが

P1320586.jpg

    数年前まで”一休ドライブイン”は旧R4沿いにあった

         特にケン坊は知り合いでは無かったが

   父が亡くなった時に100鉢近い”さつき”の処分に困り

       知人通じて”一休”へ寄贈した(20数年前)

P1320581.jpg

   昔は通称:トラック野郎たちの休憩所というイメージで

         ドライブインというよりトラック食堂だった

P1320582.jpg

 新4号線が開通してからトラックの交通量が減ったため?

       店を閉め数年前に道の駅に移転したらしい

P1320573.jpg

     麺類・丼もの・餃子や揚げ物まで幅広いメニュー

P1320574.jpg

     挨拶代わりに”タンメンとかき揚げうどん”を注文

        両方とも500円(ワンコイン)という安さ!

券売機を始め水や調味料も全てセルフで人件費を抑えた?

     券売機での販売情報が自動的に厨房へ連動し

         呼び出しもNoを印刷することでクリア

P1320575.jpg

         思った以上の見栄えと量、速さに満足

           麺の固さや出汁、かき揚げもOK

   書き忘れましたが、こちらがケン坊の注文です>笑<

P1320580.jpg

        そしてコチラが魔女注文のタンメンです

               透明感のあるスープ...

          薄味と思いきやしっかりしてますね

P1320579.jpg

         そして前述の大きなダルマが何となんと

  下野警察署から移動になって道の駅に鎮座することに

           もちろん化粧直しされてますが...

P1320584.jpg

     ダルマの裏側には新旧町名の頭文字を使った

            安全運転の標語のようなものが

           P1320583.jpg

  敷地の一角には何時の間にか固定の店舗が作られてる

      道の駅もあの手この手で客寄せに余念がない

           少し間が空くと変わっちゃいます

          富次郎:たい焼き、たこ焼き

          アジアン屋台:B級グルメの焼きそば系

          店名忘却:ジェラート系だったかな?

P1320587.jpg

    道の駅は野菜の買い出しで利用することが多いが

       客寄せのためあの手この手と苦労してます

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
我が家の花”親は無くても子は育つ”編 & 近所で見かけた花々の巻:第二話
2014-04-26-Sat  CATEGORY: 我が家の花たち
26/04/20前後 【花は良いですね~ 最近は手が回らず花には申し訳ない...】


   春になると忘れかけていた花たちが存在を主張する

       日向に生きる植物もあれば日陰に咲く花も

                 【前回掲載の第一話】

*西洋ジュウニヒトエ(4/26:長さんアドバイスありがとうございます)
P1330704.jpg

*キバナカタクリ
P1330701.jpg

P1330697.jpg

P1330548.jpg

*イカリソウ(今年、ケン坊家にデビュー)
P1330756.jpg

P1330711.jpg

P1330608.jpg

P1330709.jpg

*ハナニラ
P1330375.jpg

*トウゴクミツバツツジ(と言われて戴いたが?)
P1330378.jpg



        近所から応援に駆け付けてくれた花たち


*ハナミズキ(赤または濃いピンク)
P1330714.jpg

*フジ
P1330715.jpg

           P1330717.jpg

*オオデマリ
P1330719.jpg

P1330720.jpg

*シロヤマブキ(4/26:長さんアドバイスありがとうございます)
P1330721.jpg

P1330722.jpg

*リュウキンカ(4/26:長さんアドバイスありがとうございます)
P1330730.jpg

*キショウブ
P1330748.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
みぶハイウェイパークで”大洗直送のしらす丼”を食べてみた
2014-04-26-Sat  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
26/04/01撮影 【ブロ友の”しらす丼”を見て、ケン坊も何時かは食べたい...】


ようやくグルメ(ケン坊の昼飯)も4月分に突入しました>笑<

   今回は”北関東道みぶSA”と”道の駅みぶ”が合体した

            ”みぶハイウェイパーク”

P1320353.jpg

  施設の一角に”みぶのおばちゃんち”が営業中

P1320351.jpg

       ここ”みぶのおばちゃんち”の名物の一つが

              ”大洗直送・しらす丼”

P1320349.jpg

         時間帯にもよりますが行列ができます

    もちろん”全部がシラス丼の行列”ではありません

P1320348.jpg

     先ずは券売機で食券買ってカウンターへ提出...

             水も全てセルフサービスです

     なお、しらす丼はメニューのうちの単なる一つで

             メニューの種類は数え切れず

    何でもござれ...今年が開店5周年になるらしい

P1320346.jpg

 待ちに待った”しらす丼”です...思った通りシンプルです

   シラスの載った丼ぶりに”生卵とかみなり汁”とお新香

P1320338.jpg

       生卵を掛けて...(お好みで卵黄だけもOK)

P1320340.jpg

 正直言えば”新鮮なしらす”があれば家食でも十分ですね

       ”大洗直送しらす”というCPに洗脳された?

P1320344.jpg

        魔女注文の”ソースかつ丼”もできました

P1320342.jpg

          カツの厚みはあまり感じられませんが

     熱々のカツに掛けられたソースの香りがぷ~~ん

                 食欲をそそります...

P1320343.jpg

     ようやく メモ(在庫帳)がひとつクリアできました

       今度は”生しらす丼”が食べてみたいっす!

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
天気が急に回復...我が”敬老会御一行様”は急遽お出掛けすることに...
2014-04-25-Fri  CATEGORY: 敬老会御一行様
26/04/22撮影 【22日現在、天平の丘公園の八重桜は満開状態です...】


ケン坊家の”敬老会御一行様”は宇都宮滞在中の天気から

       先日の”市貝の芝ざくら”だけで終了

                 の筈だったが...

 天気が回復し”敬老会御一行様”が突然オンスケに

   高齢者(80代前半2人と70代後半2人)なので”花見”を中心に企画


  先ずは目で観る楽しみと乗船体験を...栃木蔵の街へ
            (行先はミステリーツアーを意識して伝えず)

P1330550.jpg

      巴波川に泳ぐ小さな鯉のぼりに感嘆の声が!

                ”うわぁ~ 凄い”

     本物の鯉を川中に見つけては指さして大はしゃぎ

            完全に童心に帰っています>笑<

P1330552.jpg

     もう一つの企画...巴波川・遊覧船への乗船だ

    乗船券を買う前に念のため”意思を確認”したところ

        まさかの展開...絶対に乗らないという

  韓国での海難事故の影響なのか船は怖いというイメージ

        巴波川の水深は5~60㌢だと思うが...

P1330562.jpg

        仕方が無く巴波川の両側を散歩することに

            途中、スケッチしている人に遭遇

   鯉のぼり・川・遊覧船・蔵というアイテムの揃った場所

        こんな雰囲気でのスケッチは優雅ですね~

P1330563.jpg



  次なる場所への移動...ちょうど12時になったところで

      ”栃木名物B級グルメ じゃがいも入り焼きそば”

 まだ食べたことが無いというのでお馴染のお店へ直行した

      元気の良いおばちゃんの声に圧倒されながらも

            美味しい”アツアツのいもフライ”と

   ”じゃがいもとイカ入り焼きそば(並盛)”を注文したが

       平均80歳超の御一行様は食べられるかな?

  ところが元気の良いおばちゃんもビックリ 全部平らげた~

     恐るべし80歳 流石は我が敬老会御一行様ツア~

P1330572.jpg



         ミステリーツアーは次なる場所へ移動

車の中は焼きそばの匂いがプンプンするのは想定内>笑<

      そう”天平の丘公園・花まつり”です

       会場は平日にも関わらず賑わってます...

  多分、土日は座る余地もない状態になること間違いなし

P1330575.jpg

     八重桜が見頃を迎え花まつりを盛り上げてます

            出来れば青空が望ましいですが

       贅沢は言いません 雨さえ降らなければ...

P1330574.jpg

P1330578.jpg

P1330580.jpg

           P1330581.jpg

P1330582.jpg

P1330584.jpg

P1330593.jpg

P1330585.jpg

P1330592.jpg

           セミプロ歌手の昔懐かしい演歌に

     80を超えたおばあちゃんが飛び出して踊りだす

           歌手よりも数倍もの拍手喝采を...

P1330577.jpg


 いつの間にか御一行は”買い物ツアー御一行様”に変身し

       野菜や果物、漬物の買い出しに大忙し>笑<

それじゃ~と言うことで”道の駅 しもつけ”へご案内し

    思う存分買い出しして消費拡大に貢献してきました


 以上で春の”敬老会御一行様ミステリーツアー”は完です

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
鹿沼の”出会いの森総合公園・高鳥屋山ハイク”で登頂
2014-04-24-Thu  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
26/04/17撮影 【公園内の里山...ウォーキングシューズで歩ける山】


  山じゃない...でも山歩きの雰囲気がプンプンする里山?

    鹿沼・出会いの森の”高鳥屋山(たかとやさん)に三度

         歩く条件を考慮しながら場所選定>笑<

P1330510.jpg

  三度目の挑戦ですが一度目は登山口のニョロで撃沈!

         そして二度目はコース不明で途中撤退

   どうやら高鳥屋山は(大芦川の奥)この方角らしい...

P1330448.jpg

    風情のある”出会い橋(大芦川)”を渡って行きます

P1330449.jpg

        次いで愛宕橋を渡っていよいよ登山口へ

                 橋を渡ると間もなく

    左の”大沢&滝ノ沢コース”、右へ”愛宕コース”が

  今日は素直に”高鳥屋山登頂が目的”ということで直進

    舗装道路が切れたところからコースへと思ってたら

         先行のご夫妻がキョロキョロしながら

      登山コースが無いと言って戻ってきました...

P1330455.jpg

                 ケン坊たちも少し戻り

      途中、見頃を迎えた”ヤマブキ”の花をパチリ

P1330452.jpg

P1330453.jpg

 スミレも綺麗に咲いていたので掲載しちゃいました>笑<

P1330451.jpg

  山頂コースに合流する”ふれあいコース”から入ることに

            先ずは”出会い峰”を目指します
           (結局、前回と同じコースから入ることになった)

P1330456.jpg

        この”ふれあいコース”は経験済みですが

  傾斜の厳しいコースでウォーキングシューズでは如何?

           P1330457.jpg

                 ツクバキンモンソウ

P1330480.jpg

    登山道入り口から約20分で”出会い峰”に到着です

        見慣れた場所なので新鮮味はありません

                出会い峰の文字どおり

     ”ふれあい・大沢・山頂”の3コースの合流地点だ

P1330460.jpg

 木々の隙間から”高鳥屋山(と思われる)”の山容が見える

P1330477.jpg

          2度目はここの案内表示板で撤退した

    ”山頂コース”と”御陵岩”の表示方向がズレていて

           それぞれ別コースのようにも見える

更に惑わすように少しズレてるが別なコース?が合流してる
           (表示板にはそのコースについての表示が無い)

P1330463.jpg

    前回は一山登った後だったので簡単に撤退したが

         今回は高鳥屋山登頂が目的だったので

             そう簡単には引き下がれない!

  そうだ違ったら単に戻れば良いだけのことと言い聞かせ

          ”御陵岩”方面の急斜面を降り始めた

           P1330464.jpg

     まだツツジも蕾が多いが所々で咲き始めている

P1330474.jpg

P1330479.jpg

  迷いの標柱板から20分弱で見落としそうな山頂を発見

            山頂らしからぬコース脇の樹に

       まさかの”高鳥屋山の山名板”がありました
  (前述のご夫婦がこの後にすれ違った際、山頂が見つからないと聞かれた)

       残念ながら三角点は見つかりませんでした

              標高は320㍍の低山です

           P1330468.jpg

      山頂の数㍍先に”八龍神社”の新しい標柱が?

           P1330469.jpg

   標柱の奥まった場所(山頂の右奥)に祠がありました

【八龍神社】

    祭神は”高お神社”で山頂に鎮座し五穀の神として、雷電神社とともに
    4月1日に祭典が盛大に行われるという


           P1330470.jpg

  山頂も踏破したし戻ろうと思ったが”御陵岩”って何だろう

    あと350㍍じゃ行ってみようと向かったが急斜面です

  直ぐになだらかな場所に着くと”雷電神社(祠)”が現れた

        この先の”御陵岩”は近いと感じましたが

               より一層の急斜面なので

      魔女の状況からして無理と判断...断念した

P1330471.jpg

             後はひたすら往路を戻るだけ

 途中、陽射しを受けたヤマブキが綺麗だったのでUPします

P1330489.jpg

 一瞬”忘れな草”かなと思ったが花芯の部分が違うような

            これが”ハナイバナ”なのかも?

             ”ヤマルリソウ”に訂正します

 4/24 kimiちゃん&長さん ご教授ありがとうございました

P1330454.jpg

         今回はウォーキングシューズで歩ける山

           1時間30分の高鳥屋山歩きでしたが

        こんな感じの山が他にないか勉強中>笑<

ページトップへ  トラックバック0 コメント11
ラーメン”あたりや(当たり矢)”に思いきって入ってみた
2014-04-23-Wed  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
26/03/29撮影 【初めて入るお店は勝手が判らないので何故だか緊張します...】


        食べ物関係ネタはどうしても後回しに...

 今回の"あたりやラーメン"は昨年開店?したものの

        しばらくお客が入っている様子が無かった

         今回は珍しく車が4~5台入ってるので

     一度は入ってみようと思い切って”挑戦”してみた

P1320193.jpg

         店内を判らないようにそろりと見渡すと

             この日は結構席が埋まってた

         車の台数以上に入っている感じがします

P1320174.jpg

      さ~て何にしようかな メニューを決めなくちゃ

           魔女は”特製あたりやラーメン(塩)”

  ケン坊は悩んで”トムヤムラーメン(タイ風激辛)”を選択

P1320171.jpg

   またしばし店内を見渡す(少し余裕がでました>笑<)

       天井は最近多く見られる柱・梁が丸出し光景

P1320178.jpg

             そして窓の外は田園風景...

       でも、ここはインターパークに近いんですよ

              地名は”東谷(とうや)”です

P1320189.jpg

【店名”あたりや”の由来】 

    この辺りは昔は広い狩場だったと言われています。
    よく矢が当たると場所として”当たり場(や)”と呼ばれていたそうです。
    「当たり矢⇒当矢(とうや)⇒東谷」となり現在の”東谷(とうや)町”に
    なったとも言われています。


    そこで、店の繁盛も願って昔の地名の”あたりや”を店名にしたのかも。


P1320175.jpg

         初めての店なのでキョロキョロしてたら

     待った感もなく”トムヤムラーメン”がお出ましに

          お好みに合わせレモンを絞って調整

P1320183.jpg

      タイ風激辛とあったが余り感じなかった辛さ?

           と思ったら後から少しきた~...

    トムヤムラーメンは初めてでしたが意外に好みカモ?

P1320188.jpg

        そして魔女の”あたりやラーメン”ですが

  真ん中に梅干の載った以外は至ってシンプルなお姿です

     当店の一番人気とのことですが...果たして?

P1320184.jpg

          麺を撮るのを忘れてますが中太です

      3種類のチャーシューが入ってて美味しそうだ

         葱も白と青の部分とを使い分けしてます

     出汁を味見したら”美味しかった”...合格かな?

P1320185.jpg

         メニューの裏側見たら自家製麺では無く

     ”柳麺まる重さん”へ特注しているとありました...

         おぉ~”まる重”とは何度か食べた店だ

   麺は保証付だから後は出汁次第ということになります

P1320179.jpg

       家族で経営している感じのお店(親子2代?)
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報!  市貝町・芝ざくら公園の開花状況・・・20日現在4分咲き?
2014-04-22-Tue  CATEGORY: 敬老会御一行様
26/04/20撮影 【恒例の”敬老会・珍道中の会”...今年は過去最低の環境に?】


     去年は6~8分咲きだったが今年は4分咲き?

         そう”市貝町・芝さくら祭り”
            (市貝の芝ざくらは2.4㌶ 25万株という)

            ”花より団子”ではありませんが

   今回は”花より一緒に出掛ける”ことを優先

P1330517.jpg

    ケン坊家兄弟の恒例”敬老会”が行く花めぐり隊

      生憎の天候と開花状況が選択肢が狭める...

    芝ざくらは晴天が似合う...ところがこの日は曇天

           開花状況もネットで4分咲きと最悪

   でも”月・火”とも雨マーク...決行は今日しか無い!

P1330519.jpg

         シンボルの”サシバ”の姿も未完成?

P1330515.jpg

        まだ地面が見える斑模様の芝ざくらですが

                   ”つくし”との競演

P1330516.jpg

            タンポポだって負けじと出演です

P1330528.jpg

      ココからの眺めが満開を思わせる唯一の場所

P1330541.jpg

P1330524.jpg

P1330527.jpg

                高台にある展望台です

      震災で倒壊したが昨年に修復され利用可能に

P1330534.jpg

 展望台から見る芝ざくら公園...やはり4分咲きですかね?

        今年の見頃は月末近くかも?

P1330531.jpg

      展望台から”芳那(はな)の水晶湖”が見えます

P1330530.jpg


【参考:H25.4.16 7分咲き】
P1200112.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント12
今日は”あわの家”でランチ...最近、行き当たりばったりが多い? 
2014-04-21-Mon  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
26/03/22撮影 【ネタ狙いのメニュー選択よりも食べたいモノを選択すべし...】


   旬なネタを優先していたら”グルメの類”は後回しに...

            今回も1か月前に遡ってのネタだ

 記事を書くにも記憶が薄れ正しく伝えられるか不安 >⁻₋⁻;<

       全くの行き当たりばったりで飛び込んだお店

            その名は”あわの家”という

 旧粟野町の名が頭を過る もしや”粟野出身”の経営者?
   (後で判ったんですが、粟野町に拠店があり家族がこちらで開店したらしい)

P1310955.jpg

         車も5~6台駐車してたので思いきって

 恐る恐る入ると何となく雑然...棚には酒類も並んでいる

P1310954.jpg

          魔女が”失敗だったかな?”と呟いた

   でもテーブルに案内されてからでは出にくいのも事実

         そんな不安をよそに客は入ってくる...

    こうなったら腹をくくって食べるしかありませんよね

P1310939.jpg

     何はともあれ先ずはメニューを見て決めなくちゃ

          ところで何が売りのお店なんだろう

     壁を見回したりテーブル上のメニューを見ながら

         魔女は”Aセット”が良いと早くも決定!

           P1310937.jpg

  さてケン坊は同じメニューじゃネタ的には面白くないな~

      すると”変わったネーミングのメニュー”を発見

         ”二九三(に・きゅう・さん)そば・うどん”

 直ぐに思い付いたのは”R293”だ 全く単純なネーミング?

          ここのお店はR293沿いなんです...

               下に説明書きがありました

  ”二九=肉”と”三=三種”  つまり3種類の肉だという

            三種の肉とは”牛・豚・鶏”を指す

                よし コレに決めたぞ!

P1310938.jpg

         暫くして”二九三うどん”が登場しました

  やはり見た目は”何処が二九三うどんなの”って感じです

       つまり3種の肉を並べないと判りませんよね

P1310940.jpg

         半熟卵を箸で”プチッ”と割ってみました

               美味しそう! 頂きま~す

P1310949.jpg

           肉が三種類の”293うどん”...

               牛・豚・鶏と幅広うどん

    思った以上の出汁に幅広いうどんが絡んで美味い 

P1310952.jpg

         こちら魔女が注文の”Aセット”ですが

  誰が見ても”コチラの方が良い”と言うでしょうね>笑<

P1310945.jpg

            このお皿が日替わりのようです

  今日は”スコッチエッグ風とカニクリームコロッケ”でした

P1310946.jpg

            蕎麦も意外とボリュームがあり

     最後は少しだけケン坊のお腹に納まりました...

P1310947.jpg

        定休日は木曜日 11:00~21:00

P1320060.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
栃木市内をプチ探訪:つがの里のフデリンドウと巴波川に泳ぐ鯉のぼり
2014-04-20-Sun  CATEGORY: 栃木・大平・都賀・岩舟
26/04/15撮影 【人間って勝手なものですね。桜をあんなに愛でてたのに...】


   桜の追っかけに少し飽いたので次の情報を探しに...

    最初に向かった先は”栃木・つがの里”です

P1330395.jpg

少しピークを過ぎてしまった山桜(通称:つがの里桜)ですが

        もともとこの高台に一本立ちしてあったが

               薪を燃料としていた時代に

   何度か伐採したためこの形になったいう(案内板より)

       樹齢170年、樹高12㍍、枝幅14㍍、目通り4㍍

P1330386.jpg

    そしてお目当ての”フデリンドウ”が見頃でした

          去年、群生しているのを知ったんです

              (場所は観音堂の階段下付近一帯です)

       ゴメン! 群生という表現はオーバーかな?

P1330384.jpg

           P1330382.jpg

P1330385.jpg

                 綺麗に咲いています...

  踏まれないように簡易な荷造りロープで囲ってあります

P1330391.jpg



         そして移動!  蔵の景色の見える街へ

    巴波川では今年も”鯉のぼり”が姿を見せてました

       風が少なく泳ぐ姿に勢いがイマイチ残念です

P1330398.jpg

        写真右手に微かに”蔵の街”の雰囲気が...

P1330400.jpg

  今年も同じような構図で...進歩がありませんね>笑<

P1330404.jpg

【横山郷土館】(ネットから)

  横山家は明治33年に私立の「共立銀行」を創立し、同時に下野地区の特産物
  「麻」を手広く扱った麻問屋だったんです。

  左右に鹿沼産の深岩石の石蔵を持ち、左が「共立銀行」と蔵、右が麻問屋と
  石蔵で各帳場や銀行の事務所などが再現されています。


P1330409.jpg

   巴波川・幸来橋付近にこんな案内があったので...

P1330406.jpg

           民話をもとに造られたブロンズ像

     鯰の恩返しで子供が助け出された一コマらしい

P1330407.jpg

 最近アチコチで民話の語り部が脚光を浴びてるとの噂も?


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
戴きものですが”今年はじめてタケノコ”を....ごちそうさん
2014-04-19-Sat  CATEGORY: 戴きシリーズ
26/04/10~17撮影 【初物は美味しいですね。ぅん? 本場の筍だから?】


      今年も春の風物”たけのこ”の季節が来ました

        いつもは義兄宅の竹林で掘らせて貰うが

     今年は遠く(京都)の知人からたけのこが届いた

          ”もずめ特産 ほんまもん”
           (京都府塚原・物集女)

P1330191.jpg

           P1330197.jpg

   早速 竹の皮むきをして...ごみが多く出ます>笑<

P1330192.jpg

           何のたけのこ料理でも(刺身を除き)

      先ずはたけのこを湯がいてからスタートですね

P1330195.jpg

           P1330201.jpg

          以下、ケン坊と魔女の合作です...

    下ごしらえはケン坊が...魔女は味付け作業等を
     (たけのこなどの具を切る等の部分)



1.たけのこのから揚げ(我が家では新作)

  *初めてのせいか意外に美味しかった
P1330262.jpg

2.たけのこのオカカ煮+ワン

  *定番ですが今回はシイタケを追加してみました
P1330265.jpg

3.たけのこのラー油炒め(我が家では新作)

  *最初、薄いかなと思ったら後から辛さが...
P1330446.jpg

4.たけのこ田楽(ゆず味噌使用は初)

  *ゆずは魔女作のマーマレードです
P1330503.jpg

5.たけのこ入り山菜炊き込みご飯

*これも定番のメニューですがやっぱり一番かな?
P1330507.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
初めて野木の”蕎麦切り・わたなべ”の暖簾を潜ってみた
2014-04-18-Fri  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
26/03/21撮影 【実家方面に行くと4号線沿いにあり気になる蕎麦屋さん】


           春の彼岸から1カ月弱経過しちゃった

             今年のお彼岸(墓参り)は単独行

                   そこで思い切って

            野木の蕎麦切り・わたなべで食事を

P1310909.jpg

      ここは何度か前を通って気になっていたお店

 食べログの評価を見たら一度は入って見る気になって...

              建物の雰囲気もまずまず

  正午より少し前ですが駐車場には何台か停まってました

P1310908.jpg

  入ると本日使用する玄蕎麦の品種が表示されてました

        今日は”茨城県筑西産・常陸秋蕎麦”です

P1310905.jpg

         手前には””石臼”が展示されてました

           P1310904.jpg

   横には”蕎麦打ちの現場”がガラス越しに見られます

P1310906.jpg

    奥の小上がりへ案内されたが既に3組入っていた

      初めてのお店なのでメニュー表の最初の品を

           P1310891.jpg

       蕎麦・汁について店主の拘りがあるようで

          能書きがこと細かに書いてあります

P1310895.jpg

   窓からの景色...そんな特別な景色じゃありません

P1310896.jpg

     小上がりに4卓? 正面に畳(卓・椅子式)の部屋

 他に右のガラス戸の中にテーブル席があった?(未確認)

   畳の部屋やガラス戸の中の個室?が全部見渡せたら

              結構広く感じるでしょうが

 小上がり部分だけだと狭く感じ...でも清潔感がありOK!

 (食べログによるとテーブル8席、座敷32席とありました)

P1310897.jpg

        10分程待っていよいよ注文の品が登場

             これが”生粉打ちせいろ”です
    *メニューにそば粉100%(蕎麦本来の甘みと香りをお楽しみください)

              三種の薬味が付いてます

    薄く小口切りの晒し葱・辛子大根・摺卸しの山葵

P1310898.jpg

      麺は”淡いうぐいす色”ですが判り辛いですね

P1310900.jpg

         細麺の蕎麦は瑞々しさがたっぷり...

  味、風味ともOK...上品な味と表現したら良いのかな?

P1310901.jpg

 あの滴るような瑞々しさもこのアジロ編み笊?が全て吸収

             下には一滴も零れていません

P1310903.jpg

          寄ってみて良かったお店の一つです

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
50数年振りに”野木町丸林の星宮神社”を詣でるも...
2014-04-18-Fri  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
26/03/21撮影 【50数年ぶりに見る星宮神社は初めて見る光景に見えた】


 ケン坊が学んだ中学校は野木駅前の整備事業の一環で

       48年前に移転し跡地は役場と公民館に...

  その敷地の一角(林の中)に”星宮神社”があったが

     子供の頃は鬱蒼としていてあまり近付かなかった

         そんな星宮神社を50数年ぶりに訪ねた
       (中学生の頃に見掛けた程度なので詣でるのは初めてです?)

 周辺を含めあまりの変貌ぶりに昔の面影は全くありません
  (あはは 昔の面影と言ってもあまり近づかなかったので記憶がありませんが)

P1310911.jpg

      星宮神社への鳥居の脇にもう一つの鳥居が?

            見ると””道祖神の鳥居”でした

      道祖神に鳥居ってあまり見かけないような...

           P1310912.jpg

  道祖神って一般的には辻や峠などに多く見られるが?

         ここの道祖神は祠に納められています

           P1310913.jpg

              手水舎は修復されたようで

P1310914.jpg

               水道の蛇口が付いていて

    お参りに来た必要な方が水を出すようになってます
              (何とも合理的な仕掛けです>笑<)

P1310915.jpg

         野木町役場の東側に鎮座する星宮神社
                 (下都賀郡野木町丸林572)


            手前の狛犬は昭和12年4月建立

  星宮神社の沿革に関した石碑がありましたが全く読めず

         ネットに頼るもあまり判るような記述なし

P1310916.jpg

                    拝殿と本殿

    拝殿は瓦の部分を除けば歴史を感じる建物でしたが
          (部分的には修復はされているようでしたが...)

P1310919.jpg

               朱塗りの透かし塀と本殿

  本殿(石造り)は復元したのか拝殿とは時代を異にします

P1310928.jpg

            神社に向かって左側に愛宕神社

P1310917.jpg

                 逆に右側には須賀神社

P1310918.jpg

      本殿の東側に境内社(末社群)が鳥居の奥に

         鳥居の額の文字が見えず残念です!

P1310920.jpg

                     左から順に

  大杉大明神、須賀神社、厳島神社、日野大神、雷電宮

P1310921.jpg

         自分が生れた地域の神社仏閣ですから

            もう少し詳細に調べたかったが

       情報不足・追及不足で中途半端なブログに!




ページトップへ  トラックバック0
少し早かった? 塩谷町”おきな草・群生地”を視察!
2014-04-17-Thu  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
26/04/13撮影 【桜、菜の花、イワウチワ、ミツマタ、アカヤシオ...次々と追いかけて】


          今年の”おきな草”はどうかな?
               (絶滅危惧種に指定されています)

    ということで桜の追っかけを中断して出掛けてみた

P1330202.jpg

          ”ふれあいの里・しおや”に車を停め

             下流へ土手を10分弱も歩くと

       河川敷へ降りていく...何となく踏み跡が

P1330203.jpg

                土手下に案内板が...

【れき河原って?】
礫河原は余り大きな石がない、つまり砂地に小石が混じった河原のこと

              現在保護している動植物は

・オキナグサ ・カワラノギク ・ミヤコグサ ・カワラナデシコ 

        ・カワラバッタ ・ツマグロキチョウ


P1330205.jpg

      去年は確か”浮いた石”を使って渡った記憶が?

          今年は橋代わりに板が渡してあります

P1330206.jpg

       渡渉して1~2分、中州の踏み跡をたどると

          おぉ~”おきな草”が出迎えてくれた

  まるで頭を深々と下げ”いらっしゃい”と言っているような

P1330239.jpg

      まだ開花中なので”翁”には程遠い感じですが

          若白毛ならぬ”翁予備軍”もあります

P1330235.jpg

 群生地の極々一部です 地味なので目立ちませんが...

P1330219.jpg

             お馴染の”おきな草”の花です

P1330222.jpg

P1330214.jpg

P1330234.jpg

  花弁が半分取れ落ちたところを背後から撮ってみました

             これが花後の絹毛(メシベ)です

P1330216.jpg

P1330236.jpg

         一輪だけ赤みの濃い花が咲いてました

P1330233.jpg

           メシベから絹毛  そして綿毛へ...

     この綿毛を老人の銀髪に見立て”翁草”というが

         コチラ(↓)まだ絹毛から綿毛へ移行中

    しかも折からの春風に綿毛が靡いて...乱れ髪?

P1330243.jpg

      鬼怒川の奥から”羽黒山”が見守っています

           P1330245.jpg
*寝て撮ったら少し傾いてしまった...
P1330244.jpg

   足の踏み場に気を付けないと”おきな草”を傷めます

           群生地へ行く際にはご注意下さい


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
久し振りに”アカヤシオの古賀志山”へ...復活に向け行動開始か?
2014-04-16-Wed  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
26/04/14撮影 【何度目でしょう...双六ではありませんがまたスタート台に?】


     魔の2月15日からちょうど2か月が経過しました

         でも魔女の山への復帰はまだ遠いです

  今日は2か月半振りに”古賀志山”を単独行しました
        (登山靴を履いての登山は2/1の古賀志山が最後だった)

     ケン坊の身体は”ふりだし”に完全に戻ってます

P1330368.jpg

    今回、山への復帰は”アカヤシオ”の存在が大きい
        (ブロ友”リンゴさん”の記事に完全に触発されて>笑<)

       冬の景色はアカヤシオの参入で一気に春へ

P1330278.jpg

        アッチもコッチも...山へ来て良かった~

           P1330294.jpg

  花びらがケン坊の姿を見て微笑んでいるように見えます

P1330334.jpg

     ヒカゲツツジの群生地(二枚岩)へと思ってたのに

               久しぶりで感が鈍ったのか

    通称ベンチから中尾根へ...分岐を見失ってしまい

           残念ながら二枚岩は断念することに

559P下でいつもとは逆回りでピークの裏側へと回り込んだ

P1330306.jpg

   本来は二枚岩から559Pの東側(裏側)へのルートで

        アカヤシオとヒカゲツツジのコラボが満載

                の筈でしたが...

   今回はピークの東側崖下にたった一本だけ寂しげに

P1330297.jpg

P1330313.jpg

           P1330318.jpg

 ”私の横顔を撮って”と言われているようで撮ってみました

       今年も高原山のアカヤシオが撮れるかな?

P1330331.jpg

P1330333.jpg



              ムラサキツツジでしょうか?

   それとも”ミヤマツツジ(ムラサキヤシオツツジ)”か?

         いや単なるミツバツツジじゃないか...

P1330320.jpg

              定番の”エイザンスミレ”です
P1330354.jpg

               ニリンソウもアチコチで
P1330270.jpg

          キクザキイチゲはピークが過ぎて
P1330353.jpg

        さて、今年はカタクリをブログにUPするのを

  諦めてたのに北登山道(東稜下の)カタクリ群生地には

      少しピークを過ぎたが未だ見られるカタクリの姿

  今年、最初で最後のカタクリ?を数枚掲載します>笑<

P1330343.jpg

P1330337.jpg

P1330342.jpg


     久しぶりの山歩き...さすがに足腰に疲労感が

駐車場~ベンチ~中尾根~559P~富士見峠~古賀志山~

 御岳~東稜見晴~富士見峠~北登山道(カタクリ)~駐車場

       約3時間半の行程でしたが疲れた~>フゥ₋;<

*湖畔にオオシマザクラが(かなり葉が出ているが)...
P1330361.jpg


【番外編】

   古賀志山山頂(写真左)に携帯電話の電波塔があるが

             この日は機器の入れ替えらしく

         大勢で重そうな機材?を運び出していた

P1330324.jpg

  新たに搬入する機材が南登山道経由で運び込まれます

         ケン坊は御岳からの復路で現場に遭遇

      若い運び手が20人? 岩や石、凸凹の坂を...
         (4~5人ずつ交代なのか、先回りして荷物を待つ人も)

    思わず”お疲れ様です”と声を掛け横を通り抜けた

P1330329.jpg

      資材はヘリか何かで運び込むものと思ってたが

              全て人力とは恐れ入りました

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
小山の”菜の花まつり”へ寄り道?...合わせて”琵琶塚古墳”も
2014-04-15-Tue  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
26/04/12撮影 【思わぬ(寄り道じゃなく)通り道...ネタ一個得しちゃった?】


      白鷗大前の堤で”思川桜”を観賞したあとは?

           午後のスケのため家路をひた走り

       でもケン坊が寄り道しない訳がない>笑<

            正式には”途中下車”が正解です

P1330164.jpg

道路の両側に数十本の思川桜が咲き誇ってる場所に遭遇

       菜の花畑の中に数張りの白いテントが...

  場所は”天平の丘公園”から南へ数百㍍行ったあたり

P1330186.jpg

      絶好の寄り道ネタ...と早速近くの駐車場へ

     見ると”おやま菜の花まつり”のボードが

 う~ん ”思川桜と菜の花まつり”の方が良いと思うけど?

P1330168.jpg

           思川桜が見事なまでに咲いてます

P1330163.jpg

              そして菜の花とのコラボも

P1330157.jpg

             菜の花は摘んでも良いらしく

         ビニール袋を片手に持ち込んでる人が

P1330154.jpg

P1330159.jpg

           道路を挟んだ反対側の丘に登って

                 見た会場の光景です

  後で思い出だすと丘は”摩利支天塚古墳”だったかも?

P1330165.jpg

               菜の花まつり会場の奥の

    小高くなっている丘が”琵琶塚古墳”で登れそうです

P1330185.jpg

      左手の菜の花畑を通り抜けると古墳の入り口に

            案内板と古墳標柱がありました

P1330183.jpg

     全く知りませんでしたが県内最大の古墳だった?
   (数年前に壬生町の吾妻古墳の全長が128㍍と判り琵琶塚古墳は第2位に)

             6世紀前半の築造だそうです

             墳 形   前方後円墳 全長約123㍍
             前方部   幅約70㍍  高さ約9㍍
             後円部   直径約75㍍   高さ約11㍍


           P1330181.jpg

     琵琶塚古墳はなだらかな斜面を登って行きます

P1330179.jpg

     前方部と後円墳の中間部分からの眺めですが

 目の前に広がる桜と菜の花が春の田園風景を演じてる!

P1330174.jpg

      後円墳の高い部分にこんな祠が建ってました

           P1330176.jpg

最後は青空バックに思川桜と菜の花と琵琶塚古墳のコラボ

P1330189.jpg

     隣接の”摩利支天塚古墳”は改めて訪ねてみたい

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
情報! 小山・白鷗大前の土手に咲く思川桜が見頃を迎えました
2014-04-14-Mon  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
26/04/12撮影 【蕾も多くあり満開ではないかも...でも実質”満開”でしょう】


        去年は満開のタイミングを逸してしまった

             小山の”思川桜”ですが
                   (おもいがわさくら)

   今年はアンテナを高くした甲斐もあって9分咲に遭遇

      小山・観晃橋から見る思川桜(白鷗大前)です

P1330114.jpg

   見頃を迎えた堤外に植えられた”思川桜”のトンネル

P1330100.jpg

  一段下がって植えられ何本かは枝が堤に接触してます

P1330093.jpg

                     そうです

   桜の花が”ヒメオドリコソウやカラスノエンドウ、スミレ”と遊んでる

P1330101.jpg

                そして上の方を眺めると

         朝の陽射しを浴びて思川桜が輝いてます

P1330106.jpg

         ソメイヨシノよりも濃いピンクの花びらが

              澄み切った青空に映えます

           P1330103.jpg

P1330147.jpg

            そして中ほどに目を向けると...

P1330098.jpg

               濃いピンクの花が愛らしい

P1330095.jpg

    太い幹からもアチコチから可愛い花が顔を出し...

P1330152.jpg

P1330105.jpg

P1330136.jpg

               蕾もまだまだ沢山あります

    開花状況はどのくらいって、12日現在で9分咲き?

       い~え 樹によって7分咲きも8分咲きも...

P1330144.jpg

  今度は遠くに見える観晃橋を渡って対岸へ移ってみます

P1330110.jpg



        思川を挟んで東側の堤の案内板によると

                   【思川桜は】

    1954年、小山市東島田の思川を眼下に望む丘の上にある”日本聖公会
    小山研修所”の庭に春秋2期咲き桜として名高い”十月桜”の実生から
    発見された異変種で、6~10片の紅色を帯びた美しい花を咲かせます。
    1977年、小山市の花に認定されました。


P1330118.jpg

【小山政光・寒川尼像】 ネットより

    ”小山”の開祖として平安末期に初めて「小山」姓を名乗り、妻の寒川尼が源頼朝の
    乳母だった縁から、鎌倉幕府成立に大きく貢献し重用され、小山市の発展の基礎を
    築いたと言われる「小山政光と妻・寒川尼」の石像です。


          🎶 あれをご覧と 指さす方に~ ♫

   太平山? さらに奥には日光連山が見えましたが...

           P1330119.jpg

 像を中心に両側に”植えられた里親桜”が広がっています

P1330124.jpg

P1330117.jpg

        像の右側に”紺野美佐子”の里親桜が...

           *手前の細い樹がそうです
           P1330128.jpg

P1330121.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
情報! 真岡・仏生寺の枝垂れ桜が見頃を迎えました
2014-04-13-Sun  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
26/04/11撮影 【まだまだ桜ネタは続きます...今年は花持ちが良いですね】


 焼森山のミツマタ群生地を後にして益子の公園でランチ!
    (最近、ケン坊の懐具合を案じてか”魔女お手製のおにぎり”が多い?)

        そして復路は行きと違う道で帰ろうと...

以前登った時にメモっておいた仏生寺の枝垂れ桜へ寄り道
             (南高岡浅間山&阿部岡浅間山、大政山)

       まだ樹が若いので様子を探る目的でしたが

P1330030.jpg

     いつも車は停まっていないが今日は6台も???

         珍しく入山者が多いのかなと思いきや

大半はこの枝垂れ桜がお目当てだったようで話し声がします

        参道を中心に樹は若いが見事に咲いてる

           :逆光なので暗いですがとても綺麗です
           P1330031.jpg

 ミツマタでは車をわざと遠くに停めて歩数を稼ごうとしたが

        それでも3㌔ちょっとと少なかったので

  仏生寺では登山道を少しだけ歩く真似をすることにした

P1330034.jpg

         参道の枝垂れ桜を上から撮ってみたが

     ウォーキングシューズだったので近寄れず残念!

P1330035.jpg

        登山道ではもうチゴユリが咲き出してました

P1330036.jpg

        コース途中から仏生寺へ向けて下山...

                 山門の左側に出ました

P1330041.jpg

       天然記念物の”仏生寺のケヤキ”の根元には

               ニリンソウが群生してます

P1330054.jpg

     こちら”サンリンソウ(三輪草)”も群生してました
          (家で見たら殆んどがボケちゃってて”悔しい”です)

P1330045.jpg

    エイザンスミレもキクザキイチゲも撮り放題ですが

              雑草等の葉に焦点が合って

        失敗作のオンパレードで悔しいです>⁻₋⁻;<

P1330050.jpg

              そして再び参道に出ました...

   今度は山門から駐車場に向かって撮りながら戻ります

                 写真中心に掲載します

P1330057.jpg
*レンギョウとのコラボです(菜の花の代用?)
P1330061.jpg
*右の上奥に”錫杖ヶ峰”が見えます
P1330068.jpg
*参道の入り口方面...左奥に南高岡浅間山の山頂が
P1330070.jpg
*周囲の景観とも溶け込んでます
P1330074.jpg
*山桜とのコラボですが生とは雰囲気が全然違う!
P1330081.jpg

 5~10年も経ったら”真岡一万本桜まつり”に含まれる!

P1330078.jpg

P1330077.jpg

     寄り道成功! 自己満足です>笑<

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
情報! 今年の”茂木焼森山のミツマタ(三椏)群生地”に遊歩道が作られた?
2014-04-12-Sat  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
26/04/11撮影 【3年連続のミツマタ参り...今年は少し手が加わった】


 まさかの展開で桜シリーズが続いてしまったブログですが

   気分転換に”茂木のミツマタ群生地”を追った

P1330084.jpg

     できれば”焼森山・鶏足山”とセットがベターだが

今回は単純に”ミツマタ(三椏)群生地”だけを目指すことに

     (群生地の手前300㍍あたりに10台程度止められる駐車スペース)
P1320951.jpg

     今年は群生地に”遊歩道”を作ったとの情報入手

一周634メートルの遊歩道が完成。ミツマタのアーチを潜ったり斜面の中腹や
麓から眺めたりと、さまざまな角度から花を観賞できるようになったとのこと。


P1320954.jpg

  今年3月に立てられた”焼森山ミツマタ群生地”の案内板
【抜粋】
”戦前、紙の原料としてミツマタを植えましたが戦後は忘れ去られ、平成17年に
 地元の中学校の建設に杉を使うため間伐したところ 、谷に陽が入るようになり、
 ミツマタは一気に群生を広げていきました。” とありました...


P1320955.jpg

          ジャ~ン!  ミツマタの群生地です

    下向きに咲くのでカメラ目線では白雲一色って感じ

P1320956.jpg

       少し上目で見ると”黄色いボンボン”が可愛い

P1320971.jpg

         ミツマタなのに”ゴ(五)マタ”もあるの?

   違いますよ~ 2本のミツマタが交差しちゃったんです

P1320960.jpg

           遊歩道は整備されたため歩き易く

   これなら年配者でも躓くことも無さそうな気がしますが

       折り返しは傾斜がきつい場所もあり要注意!

P1320967.jpg

         陽に当たるミツマタを堪能しようとしたが

               やはり11時じゃ遅すぎた

        写真は午前中の早い時間帯が良さそうです

P1320968.jpg

         白っぽく見えるのは全部”ミツマタ”です

P1320975.jpg

       昨年は谷の部分にまで入り込んで撮れたが

             今年は遊歩道が出来た影響で

       コースをはみ出すのは無理なようです>笑<

               以下、写真だけ掲載です
P1320978.jpg

P1320980.jpg

           P1320988.jpg

P1320989.jpg

P1320992.jpg

P1330004.jpg

P1330006.jpg


【おまけ編】

    遊歩道の一番奥に”マンガン採掘跡”がありました

P1320983.jpg

     耳を澄ませば136年の時を奏でる”水琴窟”が...

           P1320984.jpg

      そろそろ咲き始めた”ヤマブキ”の黄金色...

P1330016.jpg

        アチコチで見られる”モミジイチゴ”の花

P1330022.jpg


            H25年の焼森山ミツマタ群生地


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
来年のための情報? 栃木市の”宮の桜堤”が満開です
2014-04-11-Fri  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
26/04/09撮影 【まさかの展開! 下見のつもりが”宮の桜堤の花見”に...】


 栃木市の桜は”太平山”と県民の大半が認めるところだが

         今回は地元紙で初めて知った桜の名所

           ”宮の桜堤”(ふるさとの田園風景百選)

    来年のために場所を確認しておこうと出掛けてみた
              (東北道栃木ICから車で5分程度?)

P1320875.jpg

    桜の木はそれなりに古木の域に達したものが多い

P1320849.jpg

 永野川の両岸に植えられた桜の並木は観光案内によると

         隠れた桜の名所として、約1.5㎞の堤に
(宮の桜堤の両側(途切れる個所もある)にも桜があり全長4㌔に及ぶらしい...)

   桜の木が500本植えられていると紹介されていました

       約40年位前に桜の苗木を植え始めたそうだ

P1320847.jpg

       河川敷に降りての景観も思った以上に...

P1320861.jpg

  もはや来年のための下見では無くなってしまった>笑<

P1320860.jpg

    近くに”太平山”というメジャーな名所があるためか

          コチラは平日ということもありますが

    落ち着いた”花見の隠れスポット”ですよ!

P1320873.jpg

          白いタンポポがアチコチで見られた

   以前、貴重なんですよと教えられたことがあったが?

P1320874.jpg

  桜の名所、しかも満開なのに絵が描ける雰囲気が凄い!

P1320878.jpg

   どうです この眺め! お蔭で両岸とも往復したので

         計6㌔も桜を眺めながら散策しちゃった

P1320879.jpg

      対岸に芝桜を試験的?に植えたんでしょうか?

            折角なので写真に撮ってみました

P1320882.jpg

      さすがに桜も満開なので散り行く花びらで...

    白くなり始めたコートでゲートボールに興じる高齢者

       素晴らしい環境で寿命が益々延びますね~

P1320887.jpg

 真紅の花は何だろう キクモモ? アンズ? ハナモモ?

          聞く人によって違ったご教授を>笑<

P1320890.jpg

P1320894.jpg

P1320896.jpg

             風もなく穏やかな花見日和です

P1320913.jpg

  こんな眺めを見ながらのウォーキングで11,000歩達成!

P1320915.jpg

  桜吹雪が舞い始めた今日は花見としては最高かも...


【おまけ編】

  対岸の桜並木を進むと”持明院”という歴史あるお寺が

         この門と枝垂れ桜のコラボも素晴らしい

P1320901.jpg

      一段一段階段を登るたびに景色が変わります

P1320904.jpg

         持明院の詳細は改めて訪問してからとし

               今回はここでおしまいです


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
アメニティパークでウォークのつもりが”第4回 桜まつり”に遭遇して?
2014-04-10-Thu  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
26/04/06撮影 【桜は”花の中の花”なんでしょうか...ついつい撮ってしまう】


   またまた桜ですかと嫌みの一つも言われそうですが

        ブログながら”日記”なので記録として...

   そんな言い訳は不要ですが掲載しちゃいます>笑<

           *下野市のゆるキャラ”かんぴくん”
           P1320614.jpg


  ウォーキングするなら姿川の堤桜を愛でながらと思い

     下野・姿川の土手(アメニティパーク)へ向かったら

 まさかの展開”第4回 桜まつり”が開催されていた

P1320651.jpg

  堤桜は前から知っていてこれまで何度も歩いていたが

        まさか”桜まつり行事”があると知らず

   ここの桜並木は風情があって良いと思いませんか?

                  青空だったらな~

P1320627.jpg

     土手の外側には数年前から市民の記念樹として

         枝垂れ桜が植えられ大きく育ってきた

           P1320622.jpg

           イベント会場のステージ近くには

   緋寒桜に似てるが”ぼたん桜”の名札が付いていた

P1320639.jpg

       一般的に”ぼたん桜=八重桜”のようですが

          このぼたん桜は八重ではありません

P1320636.jpg

      もちろん全体的にはソメイヨシノが9割以上?

P1320657.jpg

             薄曇りでちょっぴり肌寒い中で

  ステージ(シートを敷いただけ)では”老々女々”達が...

               失礼! ”老若女々”でした

P1320640.jpg

   時おりパラパラとする中で”タヒチダンス”が華やかに

P1320665.jpg

     セミプロ級のダンスについつい見とれてしまった

           P1320648.jpg

               コチラは若いというより

        幼顔の中高生と思われる女性も含まれて

              やはり若いって良いですね

P1320653.jpg

      こちらは殿方が喜びそうな衣装を纏ったダンス

P1320658.jpg

            そして先ほどの堤桜遊歩道では

     奇抜な衣装を纏ったメンバーが移動始めてたので

         仮装行列でも始まるんですかと聞いたら

     単にコスプレを着て桜の下を歩くだけのようです?

P1320654.jpg

            声を掛けると気さくに応じてくれて

     ポーズとまでは行かずとも写真を撮らせてくれた

P1320655.jpg

             こちらもコスプレなんですね

P1320656.jpg

              お別れの写真は堤桜で...

P1320621.jpg

      お蔭様でステージ中心に張りついていたため

 目的の”ウォーキング”はどこへやら 本日は3000歩で終わり?


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
まだまだケン坊の”春の花三昧”は続きます?
2014-04-10-Thu  CATEGORY: 花紀行(春)
26/04/08撮影 【毎日が休みは大変! 何処へ行ったら良いか毎日悩みます】


    少しでも山歩きに近い場所で...との思いが強く

        古賀志山の入り口(通称ベンチ)を往復

 先ずは駐車場で桜を見ながらコンビニのお握りで腹ごしらえ

P1320816.jpg

      森林公園・赤川ダムのシンボルの一つと言える

                    ”枝垂れ桜”

 その容姿はいつ見ても周囲の山やダムに溶け込んでいる

P1320817.jpg

      裏側? どちらが表だか裏だか不明です>笑<

P1320841.jpg

       (魔女は)転ばないように足元に神経を集中

   ”三歩下がって師の影を踏まず”以上の開きが>笑<

     手を使わないで歩ける”通称:ベンチ”まで往復!

       片道30分...花には恵まれませんでしたが

気分転換にはなりました...消化不良の面もありますが?


              地味ですがエイザンスミレ

P1320820.jpg

          葉先が丸みがあるのでアズマイチゲ?

P1320821.jpg

P1320828.jpg

        葉先が少し尖ってるからキクザキイチゲ?

P1320829.jpg

P1320833.jpg

             モミジイチゴも咲き出しました

P1320831.jpg



     ブロ友”NAOさん”の記事(写真)を見ていたら


            結局は後追いとなってしまった

   そう! 赤川ダムの桜に続いて孝子桜も観ることに

P1320800.jpg

       裏側に回ってみると...コチラの姿もグー

P1320801.jpg

         校庭の東側から裏山へと続く階段があり

                展望台から見た眺めです

           右奥に鹿沼の”二股山”も見えますよ

P1320804.jpg

        そしてNAOさんが好きだという枝垂れ桜

P1320798.jpg

            もちろんケン坊も好きなんです!

P1320814.jpg

        学校の裏山にはカタクリが咲いてますが

           今年は例年より少ないような...

P1320806.jpg

    ニリンソウは今が旬のような感じで咲いてました

P1320812.jpg

ページトップへ  トラックバック0
我が家の花”親は無くても子は育つ”編 & 近所で見かけた花々の巻
2014-04-09-Wed  CATEGORY: 我が家の花たち
26/4/1~4撮影 【花は近所を散歩するだけで”ブログネタ”に事欠きません?】

  最近は”花ブログに変更したの”と誤解されてしまいそう


                  【我が家の花編】

ショウジョウバカマ

  *今年も数株が花を見せてくれた (色素が抜けちゃった?)
P1320372.jpg

P1320373.jpg

シバザクラ

  *徐々に勢力を拡大してます...
P1320375.jpg

P1320378.jpg

プリムラの仲間

  *いつも元気いっぱいの花
P1320795.jpg

P1320380.jpg

シラー・カンパニュラータ

  *毎年、今年が最後かな~と思わせる花ですが
P1320221.jpg

カネノナルキ

  *別名:カゲツ、オウゴンカゲツ(和名はフチベニベンケイ)
P1320224.jpg


               【ご近所さんで見た花編】

スノーフレーク

  *最初、スノードロップと勘違いして覚えた花
P1320458.jpg

大根の花

  *これは初めて見ました
P1320462.jpg

ミモザ

  *幹・枝の全体に咲く花ですがまだ咲き始めなので...
           P1320467.jpg

バイモユリ

  *塀の中...角度が下向き過ぎてしまったが
P1320470.jpg

フッキソウ

  *咲き終わった花と勘違い...こういう花なんです
           P1320471.jpg

ヒメリュウキンカ?

  *花が2個...花弁の数が違う?
P1320465.jpg

P1320466.jpg

    取材した日または翌日には掲載したいところなれど

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報! 13日まで”ぎゃらりぃ 萌”で松江比佐子展が行われています
2014-04-09-Wed  CATEGORY: なかまとの出会い
26/04/05撮影 【ケン坊には画の才能(知識を含め)が全く無いので...】


    知人の奥様が”個展”を開催してるので紹介します

               ”松江 比佐子展”

          *現代水墨画協会会員  

          *カルチャー宇都宮色鉛筆画講師

P1320597.jpg

         期間: 4月4日(金)~13日(日)

         時間: 期間中 10時~18時

         場所: ぎゃらりぃ 萌(河内郡上三川町下神主522)

P1320610.jpg

               桜を描いた新作を中心に

        近作の墨の作品を加えて展示しています

P1320611.jpg

              ”ぎゃらりぃ 萌”って?

   印象で言えば”長居門のあるお金持ちのお屋敷”です

P1320606.jpg

         こちらが母屋です 期待が持てますね~

*左から2人目が松江氏です
P1320612.jpg

      そんなお屋敷の中は黒光りする家具や調度品

               歴史を感じる建物の中で

P1320602.jpg

        展示されている作品の一部を紹介します

P1320591.jpg

           P1320592.jpg

P1320594.jpg

  興味のある方は”ぎゃらりぃ 萌”へ足を運んでくださいね



ページトップへ  トラックバック0
情報! まだまだ”那珂川町・富山のイワウチワ”は見頃です
2014-04-08-Tue  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
26/04/07撮影 【結局はリスクを避けて確実にみられる場所へ...>^₋^;<】


           イワウチワが開花したとの情報に

        今年こそは新規開拓したいと思ってたが

  リスクを避け”富山のイワウチワ”を目指すことに
      (何回か掲載してますが初めての方のために最初から掲載...)

   去年?から”イワウチワ”の保護管理という意味合いで

     入山料(高校生以上)200円と有料になりました

    駐車場は入り口を含め群生地まで3ヶ所ありますが

P1320667.jpg

        一番手前の駐車場からでも1.2㌔なので

   ウォーキングを兼ねて群生地まで歩かれる方もいます

       もちろんケン坊も第3駐車場から歩きました

*こんな距離表示板が100~300㍍ごとに表示あり
P1320668.jpg

       なだらかな傾斜のある林道を歩くこと20分

P1320675.jpg

         写真撮りながら群生地の入り口へ到着

           P1320677.jpg

              入り口を登った所が受付で

       その前に広がる”ショウジョウバカマ”群です

P1320741.jpg

          1年振りに出会ったイワウチワ...

                  元気な姿にホッ!

        以下、何枚か撮ってきたので掲載します

P1320721.jpg


P1320714.jpg


           P1320711.jpg


P1320695.jpg


P1320703.jpg


P1320719.jpg


P1320726.jpg


P1320730.jpg


P1320701.jpg


P1320699.jpg


P1320692.jpg


P1320710.jpg


            以下、林道で見かけた花々です

           マムシグサ
           P1320671.jpg

ニリンソウ
P1320754.jpg

ミヤマカタバミ?
P1320763.jpg

P1320756.jpg

ネコノメソウ
P1320747.jpg

名前不詳(キクザキイチゲ似?)
P1320751.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
花見三昧...北真岡・桜川の枝垂れ桜と真岡・行屋川の桜まつり
2014-04-07-Mon  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
26/04/05撮影 【アチコチの桜を愛でましたが総じて2~3日早かった感が?】


     今年も”真岡一万本桜まつり”が開催中
         (真岡市各地で一万本の桜が見られる意のようです)



 青空を背景に桜と菜の花、SLとのコラボを楽しんだ後は

     隣接の”桜川の枝垂れ桜”に足を延ばし
           (桜川といっても用水路のような堀ですが)

その両側にピンク系の枝垂れ桜が延々と600㍍くらい?続く

P1320538.jpg

       数年前にも見ましたが一段と成長していて

             今年は見られる枝垂れ桜に

 数年も経つと真岡でも有数の名所になること間違いなし!

           P1320537.jpg

   きらきらと輝く花びらはまるでピチピチギャルのようだ

P1320543.jpg

        ふくよかな桜の花が...良い感じですよ

            まだまだ蕾もあり週明けでもOK

P1320544.jpg

          濃いピンク淡いピンクが可愛いです

P1320545.jpg

            ピンク系の枝垂れ桜の中にあって

                白い枝垂れ桜も数本...

P1320547.jpg

        風もあったが桜川の枝垂れ桜には満足!

           P1320549.jpg

P1320550.jpg




    続いて見る桜は真岡一万本桜まつりのメイン会場

             ”行屋川のさくら祭り”

P1320555.jpg

   雰囲気がガラリと変わってこちらはソメイヨシノが中心

           P1320557.jpg

     やはり桜川のような堀とは違って風情を感じます

P1320563.jpg

  桜と川と橋...三位一体となって雰囲気を醸し出します

P1320558.jpg

この日は風があって撮影もピンチだったがソコソコに撮れた

P1320560.jpg

     菜の花というアイテムが入ると違った雰囲気に

P1320568.jpg

      以上で今年の桜巡り(ブログ)は終了かな?

         でも何となく次がありそうな予感も...

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
菜の花に桜とSLが揃えば...北真岡に(プロ&アマ)カメラマンが大集合! 
2014-04-06-Sun  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
26/04/05撮影 【今年は既に桜は掲載済み。でも天気に恵まれたので...】


   桜の花見(ブログ)はもう良いかな~と思っていたのに

      日曜日に雪が降るかも...なんて言われたら

 何だか急に見納めがしたくなり2年間遠ざかってた真岡へ

   もちろん”桜と菜の花、SLのコラボ”が目的?

*コレ(↓)にSLが加われば...(幸手の権現堂堤桜にそっくり?)
P1320520.jpg

    ポールポジションは既に自称プロの方に押さえられ

素人や遅い人はランク下の景観の場所へと追いやられる?

P1320490.jpg

         さて今年のケン坊は何処にしようかな?

 プロ級カメラマンに邪魔にならないかどうか一応確認して...

  試し撮り...まぁ~こんなアングルで仕方がないですね

           P1320484.jpg

      SLの運行は一日一往復と少なく貴重なんです

  北真岡駅東周辺では下り(茂木方面)が11時18分頃?

        上り(下館方面)は15時23分頃?に通過

           P1320500.jpg

             来ました...下り線のSLです

  カメラマンが集まるような場所では煙を吐いてくれます

           P1320503.jpg

   例年は横に撮ってましたが今年は縦に挑戦してみた

           P1320506.jpg

           やはり横のほうが良かったかな?

           P1320508.jpg

             菜の花が少なかったですね~

     でも一枚目の場所は”上りのSL”向きなので...

           P1320509.jpg

  縦だと迫力に欠ける写真になっちゃいましたね 反省!

           P1320510.jpg

       過ぎ去ったSLを追いかけて何枚かパシャ!

P1320514.jpg

  もう一つのポイントでは数時間後の上りを待つのかな?

      主の居ない三脚が既に場所取りしてます>笑<

P1320525.jpg

      真岡線に沿って走る道路はSLが通過してから

            15分も経たないでこの状態に

       1台も駐車出来なかったのに一気にガランと

P1320517.jpg

  次回も桜ネタで行きます...今回は分割しました>^◦^<


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
最終日は非番...仲間と”一汁餐菜(いちじゅうさんさい)”でランチ
2014-04-05-Sat  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
26/03/31撮影 【最終日がお休み...ランチ後に職場へ行って引き継ぎを!】


  さて、前回の就活で見つけた職場も僅か2年で幕となった

             最終日の31日、ケン坊は非番

    そこで非番仲間と”一汁餐菜でランチ”をして
       (もちろん、先週末には全員で解散会を行ってはいたが...)

     事務室の引き継ぎのためみんなで職場に乗り込み

           書類の整理と什器備品の搬出作業を
 (ケン坊は内緒で朝から片づけに...もう一人お姉さまが来てくれました...)

P1320197.jpg

このお店ケン坊は初めてですが女性は良く知ってますね~

     店内にはステンドグラスがあちこちに鏤められて

P1320201.jpg

     予約席は一番奥で目が慣れるまでは薄暗い感じ

           一番乗りだったのでお客はパラパラ

     でも人気店らしく12時過ぎには満席に近い状態に

P1320203.jpg

     メニューを見ながら何にしようか迷う女性陣は

          あれが美味しい これが美味しい

  ケン坊は魔女のアドバイスで既に決まってます>笑<

P1320202.jpg

そしてドリンクバーと食べ放題のスィーツ盛り合わせを追加

P1320204.jpg

        しばらく”おしゃべり”してたら注文の品が

                   次々と登場です

    美人を前にカメラ持つ手が震えてボケまくり>笑<


   自家製ビーフシチュー定食(税込1260円)が登場です

              いきなりボケから始まりです

P1320205.jpg

        鶏竜田と南瓜のコロッケ定食(税込860円)

  スポットライトのような照明で薄暗く...カメラマン泣かせ?

P1320207.jpg

                そしてケン坊が注文の

          さつきポークの角煮定食(税込1260円)

P1320208.jpg

  自分の前に並んでるので何枚でも撮り直しができるが

     それでも女性陣の手前最小限で終えないと...

    やっぱり見栄張ってたようでボケ気味です>⁻₋⁻;<

P1320209.jpg

    料理を前にすると一気に”食べ”に入り暫し沈黙...

        と、突然に過去のエピソードで盛り上がり

    ケン坊の知らない”おんなの世界・職場”が話題に

知っていながら知らない素振り...ケン坊も苦労しましたよ!

   一応、今日で解散...話はまだまだ尽きませんね~

           P1320212.jpg

           スィーツ盛り合わせ(税込399円)

   これは”バイキング形式”なので何度でも何個でもOK

コレ(↓)はケン坊のお腹に入ったスィーツです
P1320214.jpg

      2時過ぎに事務室の跡片づけに職場へ向かう!

              ”立つ鳥跡を濁さず”

     最後に仲間15人で記念の写真を撮って解散...


  そしてケン坊のような70近い年寄りを相手にしてくれた

   自称”若いお嬢さま&お姉さま・美しいおばさま”たち

                   僅か2年でしたが

  ケン坊の人生史に新たな思い出の1ページができました

              ほんとに本当にありがとう!


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
<< 2014/04 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.