ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
農薬混入騒ぎのアクリフーズから自主回収の商品代としてQUOカードが...
2014-02-28-Fri  CATEGORY: 日記
26/02/27撮影 【一人?の社員の犯罪が企業の信用を失い存続をも危うくする】


     数か月前までは毎日のようにトップニュースとして

              マスコミに取り上げられていた

      農薬が混入された”アクリフーズ”の冷凍商品群

             実はわが家にも対象商品があり
               (1個なので廃棄しても良かったが...)

     自主回収の矢面に立たされた担当者の心情を察し
        (回収率を高めるために担当者も苦心しているとの情報に...)

        郵送したが...それから約1か月半が経過

      オリンピック騒ぎなどもあってすっかり忘れていた



                    突然のピンポ~ン

            ヤマトの宅配で届いたのがコレ(↓)

P1310241.jpg

             あの”アクリフーズ”からでした


詫び状と返送した商品のお品代としてQUOカードが2枚...

             お品代よりも多額のQUOカード
                              (@500×2)

                  恐縮しちゃいます 

     突然に降って湧いた事件に企業(経営者・社員)は

   信用回復 再生に向けて事後処理をしているんですね

    アクリフーズの皆さん! 頑張ってね~ 


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
情報! 井頭公園で”第4回 竹はり画展”を開催中
2014-02-27-Thu  CATEGORY: 益子・茂木・真岡・馬頭
26/02/22撮影 【竹細工? 竹を厚く切り薄く切り、そしてパーツを作って組み合す】


    真岡・井頭公園の周回コースをぶらり散歩してたら

        途中”第4回 竹はり画展”の幟旗

P1310121.jpg

    興味本位で覗いたら何と素晴らしい作品がズラリ!

         期間は2月20日~3月2日(日)

                      竹はり画

           P1310122.jpg

   作品は数十点に及びますがその一部を掲載します

         何しろ精巧な作品ですので驚きです

【二宮尊徳縁の”桜町陣屋”】
P1310123.jpg

【栃木蔵の街”山本有三・路傍の石の一節”】
P1310115.jpg

【日本むかし話・桃太郎の名場面】
P1310116.jpg

【剛力・超力招来像】
P1310117.jpg

【六生り瓢箪】
P1310118.jpg

           【梅に鶯】
           P1310120.jpg

【米俵を編むお母さん】
P1310114.jpg

             体験教室も開催されてますが

                  1500円は高い?

   まぁ 材料(パーツ)も含めてだから仕方がないかな?

P1310119.jpg

    一つの作品を完成させるのに2~3か月かかるとか

         短気のケン坊にはとてもとても無理!


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
一万人プール内に昨秋登場した”いがしら陽だまり亭”でランチ
2014-02-26-Wed  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
26/02/22撮影 【思いがけない光景...最初は場違いの感じがしましたが】


      苺狩りの様子窺いに寄った井頭観光いちご園

            拠点”あぐ里っ娘”で得た情報は

  ”カフェ&レストラン いがしら陽だまり亭”

P1310099.jpg

      昨年の一万人プール閉園後の園内の一角に

            9月5日にオープンしたという

      井頭公園内であれば通年で訪れる客もいるが

              一万人プールの敷地内じゃ

      プールの季節以外はどうなんでしょうか???

           P1310081.jpg

      案の定、ケン坊たちと入れ違いに一組が帰り

           店内は”たったの二人”だけに...

     やはり予想が的中してしまった ところがである

P1310083.jpg

    初めてなので店員に”何がお薦めですか?”と聞くと

      茄子のポロネーゼと焼きカレーが売れ筋らしい

     注文して外の寒々しいプールの景色を見ていると

               次々とお客が入ってきた?

    (椅子を目で数えると)32席のうち17席が埋まった

          嘘みたいですがコレがホントなんです!

P1310085.jpg

  お店は白を基調とし新しいせいか明るくて気持ちが良い

P1310096.jpg

          レジの隣にはケーキのショーケースが

  魔女は欲しそうだったが...我慢も必要と説得し>笑<

P1310088.jpg

  後から来たお客が”焼きカレーが美味しいのよ”と仲間に

        その言葉にケン坊も安堵...ついに登場

  店員がテーブルに置くと香ばしい焼きカレーの香りが...

       チーズがたっぷり入り、茄子にトマトも入って

  まるで”ドリア感覚”で食べる焼きカレーに満足のケン坊!

     一気に食べに入り 写真は最初の一枚と情けない

P1310094.jpg

   そして魔女注文の”茄子のボロネーゼ”も一緒に登場

             一見 量が少なく感じたが...

        深皿なのでボリュームはむしろ多いくらい

P1310093.jpg

          ほらね 結構なボリュームでしょう!

               魔女も満足したって...

     思わぬ飛び込みの新規開拓に成功です>笑<

P1310095.jpg

         まさか井頭の一万人プールの敷地内で

               こんなお店に出会うとは

        もちろんテラスでの食事もオーケーです

P1310102.jpg

         早速”ポイントカード”に加入しました!

P1310188.jpg

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
井頭公園の”春の訪れ”は暫く先になるかも?
2014-02-25-Tue  CATEGORY: 花紀行(春)
26/02/22撮影 【一雪ごとに暖かく? 大雪にも負けず植物も頑張っています】


 気分転換に”真岡の井頭公園”を散歩してみました

          魔女も(通院以外では)久々の外出

   まだ融けない雪がアチコチに無残な姿で残ってたが

           園内の紅梅も咲き始めという感じ

P1310104.jpg

     青空に映えますが先日の雪で花弁が傷んでます

            でも蕾も多いので何日か後には

    綺麗な紅梅を見ることが出来るかも知れません?

P1310105.jpg

        マンサクも3種咲いてましたが大き過ぎて

           ケン坊の望遠はこれで精一杯です

   茶系と黄緑の2種ですが区別が付きませんね>^^;<

P1310109.jpg

P1310111.jpg

           ホトケノザ? が顔を覗かせてます

    田んぼのあぜ道などでは正月頃から見られますので

            珍しくも何でもありません>笑<

P1300396.jpg

      オオイヌノフグリも日向では多く見られますね

P1310022.jpg

                  たったのコレだけ? 

          と顰蹙を買いそうなネタですいません

ページトップへ  トラックバック0
情報! 真岡の苺狩りは...
2014-02-24-Mon  CATEGORY: 益子・茂木・真岡・馬頭
26/02/22撮影 【苺狩りの情報提供版...時間無制限は珍しくお得です!】


   今回の大雪で大きな被害を被った地域もありますが

       ここ”真岡井頭の観光いちご園”

     被害も少なく”苺狩り”のピークを迎えています

P1310080.jpg

       一般的に苺狩りには時間制限がありますが

   井頭の観光いちご園は”無制限”なのでお得です!

             もちろん料金も良心的ですよ

P1310129.jpg

        この日も県内はもちろん県外からも続々と

P1310074.jpg

       この辺一帯には苺ハウスが何棟もあるので

                 来園者は多いものの

      夫々のハウスに分散してるので少なく感じます

           P1310076.jpg

         真っ赤に熟した苺がたくさん生ってます

P1310078.jpg

              もちろん こんな大きな苺も

P1310079.jpg

       ここ”真岡井頭の観光いちご園”

    期間は平成26年1月2日~5月18日

            でもピークは4月初めまでかな?

       栃木の美味しい苺を食べに来て!

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
ただいま近い将来の”老々介護”を想定して特訓中?
2014-02-23-Sun  CATEGORY: 我が家の光景
我が家の現況報告  【生身...いつ何が起こるか 人生一寸先は闇です】


         先ずは魔女の怪我の状況報告から...

     複雑骨折した翌日・入院当日(2/16)痛々しそう
P1310044.jpg

  手術直後・病院のベッド(2/17) 手術が終了してホッ!

           P1310046.jpg

  手術翌日・退院時は包帯も身軽になっちゃった(2/18)

P1310073.jpg

  術後5日目・執刀医の診察(2/22)もう包帯無しでOK?

    昔と違って何時までも傷口を包帯でグルグル巻きに

             な~んてことはしないんですね

     流石に包帯の無いこの(↓)対応にはビックリです
       (醜態は晒したく無いですが治療の変化があまりにも激しくて)

              まだまだ浮腫んでますが...

P1310126.jpg

     包帯は無くてもまだまだ手に力は入らず捻れず

            今後のリハビリがポイントに!

       ケン坊の出番は暫く続く?  覚悟を決めた 





     魔女の怪我をチャンスと捉え前向きに考えましょう

           ケン坊は”老々介護”の練習を

      洗濯...基本は前の晩の就寝前に行います

P1310053.jpg

             そして夜中か翌朝干すことに

P1310056.jpg

炊事...今は便利ですね 安くて簡単に食事が可能ですが

P1310065.jpg

                でも、厨房に入って...

     ケン坊も味噌汁やゆで卵など多少は作らなきゃ

               悪戦苦闘の一部を公開?

         ブロ友の”男の料理”には程遠く...

P1310055.jpg

           サラダは毎食準備します(ケン坊作)

                美味しいと煽てられ...

          徐々にレパートリーを増やしていきます

P1310067.jpg

            でも、こんな失敗も...>笑<

P1310062.jpg


老々介護になったら炊事・洗濯・掃除は必須なんでしょうね

    ケン坊の”男の料理”はまだ始まったばかりです!

ページトップへ  トラックバック0 コメント14
本当に低い山”御止山”と”ざるらーめん”のランチ
2014-02-22-Sat  CATEGORY: その他の山々
相当前の撮影 【幕繋ぎネタを苦し紛れに掲載! かなり前の話ですが...】


      ここは大谷石で有名な宇都宮市大谷地区です

           ケン坊のブログでも2度目の登場

  前回は単独行だったが今回は魔女も帯同です>クスッ;<
             (わざわざ断りを入れなくても良いですよね)

P1200985.jpg

            御止山(おとめやま)への入り口は

         最初に登った時は判らず難儀したが...

           そう”大谷寺・大谷観音”の境内から

     拝観料(資料館の入場券付)300円払って境内へ

         山と言っても公園風に手入れされており

P1200986.jpg

         もともと低い山なので5分?も歩くと山頂へ

              あの下から見た”絶壁”の上へ

(前回の写真につき拡大しません)
画像 271

   景観は素晴らしいが柵も何もなくてホントに怖いです

        身を乗り出して写真を1枚撮るのが精一杯

P1200987.jpg

            大正天皇がお出でになられた時に

      大谷の景観を賞賛されたことを記した石碑です

P1200989.jpg

               遠く”多気山”が見えます

            1~2年前に山頂を伐採したので

      初日の出等の人気のスポットになったようです

P1200992.jpg

           今回停めた市営の無料駐車場...

一寸した異変? こんなに駐車している光景見たこと無い?

            何かイベントがあったのかな~

P1200994.jpg

        そして”ランチ...らんち...Lunch”は?

              道の駅”ロマンチック村”で...

                 おぉ お店が変わってる?

        以前は焼肉系のお店だったような記憶が...

P1200995.jpg

”にっさと”というお店で”ざるらーめん”が新登場?

P1200996.jpg

            これが”ざるらーめん”の姿です

              見た目は出汁が薄い感じ

           実際は麺に絡んで意外と美味しい
               (魔女はイマイチと言うが...)

P1200998.jpg

               まぁ つけラーメンですね

  県内産小麦粉”珠泉(たまいずみ)”が自慢の麺だという

            中細麺でケン坊好みの固めです

P1200999.jpg

   今回は駆け足だったがゆっくりと食べてみたいです!

ページトップへ  トラックバック0
ある日の”モテナス芳賀・海蔵”でのランチ...
2014-02-21-Fri  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
かなり前に撮影 【ネタ切れが心配...古いネタを持ち出して緊急退避?】


       孫が好きな”カブトムシやクワガタ”を求めて

          芳賀を探索...その時のランチです

              かなり古いネタですが...

 お店の名は”モテナス芳賀・海蔵(みくら)”です

         場所は芳賀のショッピングモールの中に

P1240055.jpg

          海蔵と書いて”みくら”と読みますが

      宇都宮市内の同名のお店は”うみぞう”と読む

P1240054.jpg

      メニューもしっかり撮らないと判りませんよね

                  ゴメンです>謝<

   ケン坊は”海鮮丼定食”   魔女は”海蔵定食Aセット”
              (880円)                 (980円)

P1240037.jpg

           案内された個室から見る店内は...

   漁村の風景を想像させるようなアイテムが天井から

P1240039.jpg

      個室の中にも...店主の拘りなんでしょうね

P1240040.jpg

     魔女注文の”海蔵定食Aセット”...見た目合格!

           いやいや食べても合格です>笑<

         ケン坊もコッチにすれば良かったかな~

P1240041.jpg

          これで980円は仕方がないでしょう

             新鮮! むしろ安いくらいです

P1240050.jpg

     ケン坊注文の”海鮮丼定食”も...まずまずか?

        海鮮丼のボリュームが最初少なく感じたが

 意外にも食べ終わる頃にはお腹がパンパンになっちゃった

P1240044.jpg

     少しボケて不味そうですがネタは新鮮なんですよ

         具も種類が多く(6~7種)て美味しい

P1240046.jpg

         白身魚のフライは両方とも付いていたが

            これが意外に美味しかったんです

P1240048.jpg

     今回が2度目だったが3回目の訪問もあるかも?

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
地元民から愛され続ける”金蔵院”とお見受けしました
2014-02-20-Thu  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
26/01/25撮影 【金蔵院は初めて見学したが整備された地域密着のお寺さんです】


    駐車場をお借りした時も広い駐車場に驚きましたが

        アド山がピストン歩きに終わったこともあり
          (時間調整と言ったら実も蓋もご利益もありませんが)

  チャンスなので”金蔵院(こんぞういん)”を見学


           アド山のコースはお寺の裏側にあり

       帰りにコースから見た趣のある参道が印象的

P1300352.jpg

ここの紅葉は綺麗との情報なので秋はゆっくりと散策したい

      境内には駐車場側から入ろうとUターンし...

          歴史的な山門の写真を撮り忘れた!

    これを口実に紅葉時期にもう一度訪ねます>笑<

P1300312.jpg

   さて、駐車場に戻り山歩きの装いを解き(靴だけです)

           徐に見学モード(ケン坊だけ)に?


       駐車場脇に屋根のある”ぽっくり観音”堂が

             名前から凡そは想像できますが

      平成14年秋彼岸建立とまだ新しい観音様です

P1300308.jpg

           こちらが”ぽっくり観音”の由来です

P1300309.jpg

        先日掲載したお寺の由来の案内板を過ぎ

    更に進むと大きな”慈母観世音菩薩”の前に出ます

P1300357.jpg

        ”慈母観世音菩薩”についての案内板です

    観音様を正しくは”観世音菩薩”あるいは”観自在菩薩”とお呼びします。
    観音様は人々を苦しみや災難から救い、願いをかなえてくださるために
    三十三の姿に身を変えて現れます。
    慈母観音は愛と光に満ち、慈顔あふれる菩薩様です。
    子を慈しむ母のように私たちを見守り、希望に満ちた安らぎと潤いの
    日々を与えてくれるありがたい観音様です。


           P1300359.jpg

              正面から見る”金蔵院”です

  さほど大きいとは言えませんが山をバックに威厳が漂う

                階段の両脇には仁王像

   寺院内に仏敵が侵入するのを阻止するため仁王立ち

P1300377.jpg

       左の仁王様の手前に小さな不動明王様が?

           よく見ると不動明王の足元両側に

        何やら人のような彫り物が見えますが...

           これを含めての一刀彫なのかな?

     こんな像はこれまで初めて見るような気がします

           P1300378.jpg

              本堂前の境内はこんな感じ

             綺麗に掃き清められています

P1300383.jpg

        本堂の右側には”六地蔵”が並んでます

P1300381.jpg

   鐘楼に近づくケン坊を”不動明王”が睨みつけてる?

           P1300386.jpg

不動明王の案内板
  金蔵寺のご本尊様です、不動明王は力強い青年の姿で右手に剣をもち左手に
  縄をさげております、背は火炎につつまれあらゆる煩悩を焼き尽くし悪魔を降伏
  し菩提心を発こしさらに長寿を授ける仏様です、
  不動明王の功徳によって諸願が円満成就いたしますように。


           P1300387.jpg

     不動明王の左前には”鐘楼”が...古いですが

              手入れが行き届いています

P1300389.jpg

    鐘楼の左奥の”青瀧山大権現堂”も歴史を感じます

P1300393.jpg

             ”青瀧山大権現堂”の由来です

P1300391.jpg

       ↑ 案内板のすぐ前にはこんな光景が...

   まさかですが”杉と松は兄弟”だった現象にビックリ?

P1300392.jpg

       杉の根の隙間から松が生えたのでしょうか?

 可哀想に松は生まれながらに斜めにしか育つことができず

    樹医さんから点滴?を打ってもらっています>笑<

P1300394.jpg

           痛々しく松葉杖をついていました

P1300395.jpg

    一部しか見てませんが境内には数多くの道祖神が

P1300382.jpg

    下の段の植え込みに隠れ秘め事姿の道祖神も...

              公にして良いのかな>?<

P1300371.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
そば処 出流(いづる)の”寒晒しそば”へ寄り道
2014-02-19-Wed  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
26/02/13撮影 【寒晒し蕎麦は何度か食べてるが”いづるや”を飛び出して...】


       星野の”四季の森”は1回目の雪で覆われて

           自生するセツブンソウは全く見えず

     ここまで来て出流そばを食べないのも勿体無い?

      得意の屁理屈で奥まった蕎麦の里へと向かう
         (単独だと変幻自在...思ったままに車を走らせます)

    出流と言えば”出流山満願寺”が有名ですね

           敬意を表し手を合わせてきました
            (1回目の雪がまだ溶けずに残ってます)
P1310020.jpg

      出流そばと言えば”いづるや”が代表格ですが

           今回は初めてに挑戦してみました...

       そう四季の郷 そば処 さとやです

P1300996.jpg

       駐車場脇の高台に”さとや”がありました...

            最近建て直したのでしょうか?

     蕎麦屋さんとは程遠いイメージのモダンな建物!

P1300994.jpg

             階段を一歩一歩昇ると入口へ

   暖簾の上の看板が以前のお店の歴史を感じさせます

P1310018.jpg

        店内も明るく整然として気持ちが良いです

 写真一番奥(入口側)のテーブルは掘りごたつ形式ですが

             他は板の間で座布団座りです
          (ケン坊は店内が見渡せて飾り物の傍に陣取りました)

P1310002.jpg

          窓際には”石臼”が展示されてました

P1310003.jpg

   そして”蕎麦チョコ(猪口)”にも拘りを持ってるようで

              こんな展示が何個もあります

    その他”こね鉢”や”麺棒”等にも拘りがあるようで

            店内に所狭しと飾ってありました

           P1310005.jpg

  寒晒しそばは最近では出流に限らず取り扱ってますが

     出流では周辺一帯の殆どのお店で食べられます

       1月20日(大寒)に”寒晒し奉納祭”を終え

  1月中旬から2月末までの間”モノ”がなくなるまで...
            (普通の蕎麦に比べて100円程度高いかな)

           P1300999.jpg

             いよいよ寒晒しそばのお出まし

    蕎麦だけでも良かったが...主体性が無いんです

 周囲の注文の流れで”天ぷら盛り合わせ”も頼んじゃった

P1310006.jpg

              これが”寒晒しそば”ですが

       肝心なところでボケちゃった...ダメだな~

    細くて白め(やや透明感あり)の蕎麦なんですが...

P1310007.jpg

         天ぷら盛り合わせも良い感じでしたが

             630円は高い?  妥当か?

         蕎麦と合わせるとお昼に1330円は痛い 

      でも今日はケン坊一人だから...許す>笑<

P1310009.jpg

        そして最後まで美味しく食べられましたが

             もう少し食べたかった感じです

P1310011.jpg

         おまけです...こんな光景を見ました

     10日間浸した水から引き上げた”寒晒し玄そば”

P1310016.jpg

        袋から出した”玄そば”ですがまだ塊です

P1310013.jpg

     溶け具合を見ながら広げて乾燥させるようです?

P1310012.jpg

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
ご心配をお掛けしました...無事に退院しました
2014-02-18-Tue  CATEGORY: 日記
26/02/17撮影 【魔女の初めての入院にケン坊も思わぬ体験をしてます】


魔女の件を掲載したために皆様にご心配をお掛けしました

     魔女の入院は過去にも”出産”以外はありません

               初めての入院に不安も...

             日曜日(16日)の午後に入院し

      月曜日(17日)の10時オペの予定でしたが...

            急患が次々と運び込まれたために

   魔女がストレッチャーで手術室へ入ったのは14:40

P1310045.jpg

           手術室から出てきたのは15:40

             ちょうど1時間で帰還しました

     見るからに痛々しい姿ですが手術後の状態です

       取り敢えずは無事に手術が終わってホッ!

           P1310046.jpg

         前夜(21時)から飲食禁止だったので

              かなり空腹だったようです

   術後の経過を見てからとのことで少しお預けだったが

          ようやく18時に夕食にありつけました

P1310050.jpg

       あとは刻(時間)が解決してくれると思います

               ご心配をお掛けしましたが

   本日(18日)、午前中には退院できることになりました

             ありがとうございました


ページトップへ  トラックバック0
再びの大雪...災難は身近にありました>Wパンチ<
2014-02-17-Mon  CATEGORY: 日記
26/02/16撮影 【今週も水・木あたりに雪マークが...どうしましょう?】


 今回の大雪は先週を上回る降雪となり魔女の車も雪ん中

       交通網もアチコチで寸断され外出は御法度

  もちろん今回も”雪かき”は雨が止むまで絶対禁止!

P1310039.jpg

ところが魔女の予期せぬ行動が神の逆鱗に触れてしまった

         朝からの雨の中でカーポートの雪かき?

  ケン坊が野暮用で40分ほど家を空けた空白の時間帯に

*↓は前回の大雪の時のものです
P1300794.jpg

    最初は”打ち身か捻挫”と軽く見ていた魔女でしたが

             午後になって腫れが酷くなり

      慌てて病院で診察(レントゲンとCTで確認)したら

           ガ~~ン ”複雑骨折”だって

P1310042.jpg

                      参った!

       日曜の午後に入院し月曜に手術することに

         ・・・禁止令を破った魔女に天罰です・・・

            出勤日の変更手配を済ませたり

P1310044.jpg

 魔女の世界に限らず人間も何処で怪我するか判りません 

       皆さんも明日の凍結道路にはご注意ください




 加えて同日(15日)の朝には1分間の停電に見舞われた

        その影響なのかまたもやPCに異変が...

  無線利用のパソコンがネットに繋がらず陸の孤島状態に

        NTTサポートセンターへ泣き付いたが...

 2日に跨りサポート頂くも無線を諦め辛うじて有線のみOKに
           ・
           ・
           ・
皆さんの所への訪問も遅れリコメもままならず>ゴメン!<
           


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
バイカオウレンとマンサク
2014-02-16-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
26/02/13撮影 【(花之江の郷で)小さな花”バイカオウレン”と久々ご対面...】


      数少ない”バイカオウレン”に会えました

           小さいので見落とさないよう慎重に

P1300966.jpg

P1300969.jpg

       雪解けの淡雪をバックにしたバイカオウレン

            思った以上の出来栄えじゃん!

P1300971.jpg

                  シナマンサクかな?

P1300986.jpg

          こちらはアカバナマンサクでしょう!

              意外に違ったりして>笑<

P1300989.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
ことしも”バレンタインデー”がきちゃった>笑<
2014-02-15-Sat  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
26/02/14撮影 【こんなイベントは要らないと思いつつも世の中の流れは...】


    今年も商売人に踊らされる季節がきました>笑<

              バレンタイン・チョコ

              景気の実感を感じないのに

     安倍政権下の”アベノミクス”という言葉の影響か

        売れ筋は2~3千円で前年より高価らしい

P1310036.jpg

              ケン坊も頂いちゃった...が

            女性の団体戦略には敵いません

 ホワイトデーもあるんですよね~ お返しの儀式の日が?

      お返しは一人一人に? 男って損だな~>笑<

P1310037.jpg

P1310030.jpg

P1310032.jpg

           そんな世の中のマスコミに踊らされ

    魔女も”孫たちに贈るんだ~”と買ってきたチョコ群

        本来のバレンタインデーとは趣旨が違う?

P1310029.jpg

                 と思いつつ今年もまた...


ページトップへ  トラックバック0
今年もセツブンソウと福寿草(春告草)の季節がキタ━(゚∀゚)━!
2014-02-14-Fri  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
26/02/13撮影 【少し早かったが”セツブンソウ”に会うことができました】


       そろそろ春の花の便りが聞こえてきそう...

        星野の四季の森へ出かけたが残念でした

    残念ながら一帯は先日の雪に覆われ何も見えない

   ここで引き下がってはケン坊らしくないと花之江の郷へ

            ”セツブンソウと福寿草”
           (ロープでガードされているためこれが精一杯!)

P1300957.jpg

      群生しているのは一ヶ所...寂しいけど諦め!

P1300959.jpg

    ソロで咲いているセツブンソウに焦点を当ててみた

P1300964.jpg

     以下、似たような写真になっちゃいましたが...

P1300981.jpg

P1300991.jpg

P1300992.jpg


       そして春告花と言われる””福寿草”です

P1300963.jpg

       黄色い福寿草からは多くの元気を貰えそう!

P1300977.jpg


P1300978.jpg

        色違いの福寿草が2株だけ咲いてました

            これは”紅撫子”という種類かも

P1300983.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
真壁は”すいとん”が名物だって初めて知りました
2014-02-13-Thu  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
26/02/11撮影 【真壁の”ひなまつり”はお雛様だけではありません...】


   今回の”真壁ひなまつり”に行って初めて知りました

       ”真壁名物 うまかべ すいとん”
            (B級グルメにありがちな駄洒落広告...)

  チラシを庁舎で頂いたのに帰宅後じゃ意味ないじゃん!

P1300956.jpg

       すいとんに行く前に...コチラ(↓)の飾りを

   一般に”餅花または花餅(繭玉は違う)”と言うらしいが

  餅花小正月等に、エノキ・ヤナギなどに小さく切った餅や団子をさして飾るもの

  花餅主に高山市・飛騨市では正月の装飾用品として定着している

  繭玉東日本一帯に広まり、米の粉をカイコの繭のかたちにして木にさしたもの

        それにしても餅花の餅が大きいですね~

           P1300893.jpg

  驚いたことに”シーダーローズ”がアチコチで売っていた

       ケン坊が拾ったよりも質は劣るが1個200円

    来年からサイドビジネスでも始めようかな?>笑<

P1300894.jpg

     カラースプレーを吹き付けて飾りを作ってました

            これは参考にしたいです...ね!

P1300896.jpg

     そして以前に”ケンミンショー”で紹介されたという

              これが”しょーびき餅”です
            (塩引鮭が訛ってしょーびきとなったらしい)

     正月の餅の中に”塩引き鮭”を入れたもので...

P1300890.jpg

           うまく開けなかったので見た目は悪いですが...
P1300888.jpg


          いよいよ”真壁すいとん”の登場です

町おこしグルメとして旅籠や食堂でオリジナルのすいとんが

    庁舎で戴いたパンフレット(最初の写真)を見てれば

         違うお店に入っていたかも知れません

    こちらの”小屋”のようなお店の前で”客引き”してる

        おばさんの人懐っこい誘いについつい...
     (このお店は旧岩瀬の蕎麦屋さんが期間中だけ借りたものだという)

P1300922.jpg

        店内はいかにも急造って感じでした>笑<

 おばさん4人が観光客であるケン坊を暖かく迎えてくれた

P1300918.jpg

程なく運ばれた”いもがら入り けんちん すいとん”がコチラ

                 具の種類が豊富です

    色は濃く見えますが...見た目ほどしょっぱくない

雪がちらつく寒さを”けんちんすいとん”で吹っ飛ばせ>笑<

P1300919.jpg

    箸で具を避けるとメインのすいとんが12~3個も

          これで600円は高くはありません?

   残念だったのは”真壁すいとん”では無かったことだ

P1300921.jpg

           これも初めて知った真壁の銘菓?

                     ”平四郎最中” 

P1300949.jpg

 裏側には大町桂月が詠んだという詩が書かれてましたが

           平四郎は”履もの取り”だったらしく

  太閤秀吉の草履とりに準えて詠まれたようだ(詳細不明)

P1300951.jpg

      中はつぶ餡がたっぷりと...もちろん甘いです

        最近の最中は隙間なく入ってます>笑<

    これで140円は高いか安いか お土産に3個だけ

P1300953.jpg

   それと、ひなまつり会場一帯が古い町並みエリアらしく

       軒並み”登録”の旨の立派な標柱(石碑)が多く

   ひなまつりだけじゃなく、何かを発見できそうな町かも!



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
初めて”真壁のひなまつり”を...素晴らしいオ・モ・テ・ナ・シです
2014-02-12-Wed  CATEGORY: イベント(まつり)
26/02/11撮影 【初めての真壁ひなまつり...改めて真壁の歴史にビックリ】


   今年も1週間前に真岡で”吊り雛飾り”を見てきたが

     これまで”真壁のひなまつり”は見てない

   人づてに”素晴らしいよ”と聞いてたので思い切って

        ナビをセットして真壁庁舎(↓駐車場)へ

P1300867.jpg

     開催期間は”2/4(火)~3/3(月)”の1ヶ月です

           P1300878.jpg

  凄い!真壁の”ひなまつり”は町ぐるみで開催してる~

      参加店が集中しているので歩く人の負担もなく

しかもお店の一角に飾って単に見てもらうと言うのではなく

             お店の中心にで~~んと飾り

  お客への説明や対応は素晴らしい”おもてなし”

P1300884.jpg

 5~60年前のものだそうですが保存状況が良いですね~

P1300877.jpg

               明治時代初期のひな飾り

P1300898.jpg

         そしてコチラは大正時代のひな飾り...

           P1300899.jpg

    ふた昔前? それより以前? これが基本だった? 

P1300925.jpg

P1300901.jpg

    ”ひなまつり”期間中は本業はそっちのけ?>笑<

P1300869.jpg

    蔵に飾られた”桃太郎バージョンひな飾り”も見事!

P1300904.jpg

            こんなひな飾りも可愛いですね

P1300883.jpg

             銀杏で作ったお雛様だそうです

P1300882.jpg

  この日は生憎と天気が悪く時おり雪が舞う始末だが...

       でも祝日のせいか真壁を訪れる人も多い!

           P1300908.jpg

                ここは本屋さんですが

      店内は所狭しと”吊り雛”が飾られ賑やかです

P1300909.jpg

              旅籠”ふるかわ”さんの2階

     両側の”かぐや姫”の人形飾りが人目を惹きつける

P1300912.jpg

P1300942.jpg

P1300915.jpg

           このお雛様は歴史的なものなのか?

 切手にも取り上げられたお雛様...(理由は忘れちゃった)

           P1300934.jpg

  突然 花咲じいさんと名乗る方が派手な装いで登場...

         カメラを向けるとポーズをとってくれた

      この飛び入りの御仁に観光客は大喜びです

           P1300926.jpg

         御影石の”お雛様の段飾り”も登場です

P1300936.jpg

          内裏様とお雛様の道祖神も応援に!

     真壁は昔の”お雛様かざり”だけではありません

P1300938.jpg

            これは”狐の嫁入り雛”のシーン

P1300941.jpg

    不覚にも”馬に乗った嫁入り姿”を見逃しちゃった!

        現地の情報で嫁入りがあると聞いたので

 念のため店の人に時間を確認...今日は予定は無いよと

             諦めて伝承館を見学してたら

  ガラス越しに”綿帽子”を被った花嫁さんが通り過ぎた

      慌てて追ったが警備員に阻まれて後ろ姿だけ

           P1300944.jpg

 県内にも鹿沼・益子・氏家・真岡等のひなまつりはあるが

     街を上げての”真壁おもてなし”は大いに満足!

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
亀塚古墳の上に建つ磐裂根裂神社が三度登場?
2014-02-11-Tue  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
26/02/03撮影 【これまで何度か掲載してる神社・古墳・七福神めぐり...】


      今年の節分祭(福巻寿司)でお邪魔をした神社

          壬生町の”磐裂根裂神社”です

P1300708.jpg

       一の鳥居(↑)の左下にある石碑がコレです

           P1300709.jpg

         栃木県指定史跡 亀塚古墳の説明板

P1300716.jpg

             ここは”亀塚古墳”でもあり

  前方後円墳の”前方”の上に神社の本殿が建っている

           P1300683.jpg

            狭い境内ですが神楽殿もあります

        震災後に手を加えたようで柱や床が新しい

P1300710.jpg

   神楽殿の右側には”若宮神社、大杉神社”があります

P1300711.jpg

      主祭神は”大山祗命(おおやまつみのみこと)”

水神様ですので

      雷嵐除・五穀豊穣・商売繁昌・家内安全

      交通安全・開運厄除 等の祓いの神様です

P1300712.jpg

             拝殿・本殿への階段左手前に

    秋篠宮殿下のお子様”悠仁(ひさひと)親王殿下”の

       お印である”高野槙”が植えられてました

           P1300715.jpg

   拝殿の右隅に”亀のいわねさん七福神巡り”の案内板

             以前にも一度掲載しましたが

    前回と違って七福神が笊?にはいってました>笑<

    一周5分弱は日本一小さな”七福神めぐり”でしょうね

P1300686.jpg

一番 恵比寿さま(亀の頭)
           P1300687.jpg

二番 大黒天さま(亀の頭)
           P1300688.jpg

三番 弁才天さま(右の前足)
           P1300689.jpg

四番 寿老人さま(右の後足)
           P1300690.jpg

五番 福禄寿さま(亀の尾)
           P1300692.jpg

六番 毘沙門天さま(左の後足)
           P1300693.jpg

七番 布袋さま(左の前足)
           P1300694.jpg

     分かりづらいですが”後円墳(亀塚)”の部分です

        この後円墳の周りに七福神があるんです

P1300695.jpg

         そしてこちらが”前方”の部分ですが

    ”磐裂根裂神社”の拝殿と本殿が建てられています

P1300696.jpg

         拝殿と本殿の右奥には境内社があります

                前掲の大杉神社の他に

    八坂神社・天満宮・白山神社・稲荷神社の4つの社

P1300697.jpg

                 亀に乗る夢福神像

以前のブログで”夢福神めぐり”で紹介済
(昔から悪い夢を食べて、私たちの願い「夢」を叶えてくれる霊獣「獏」が化身して、
 栃木各地の鎮守の森に鎮まったのが、夢をつかさどる神、夢福神です。)


P1300713.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント2
数年振りに”柳麺 まる重(しげ)”を訪ねてみた...
2014-02-10-Mon  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
26/02/05撮影 【今日は魔女から開放されて? 独りダイエット歩きの筈が】


         約6年前に初めて入ったラーメン屋さん

     その名は柳麺 まる重(まるしげ)です

P1300860.jpg

            昼時に独りぶらぶら歩きしてたら

    まる重の”牛そば 牛つけ麺”の幟旗が目に入った

       寒いので熱いラーメンが良いかなと思いつつ

P1300861.jpg

   中に入ったら急に”牛つけ麺”が食べたくなっちゃった

             車の割には店内は空いていた
       (空いていたというより客は3人? 右奥の部屋に2~3人?)

     カウンターへ案内されたが奥の4人掛テーブルに

         店内が見渡せる場所が良いかな~って

 ↓ スープ割ポット
P1300850.jpg

     2度目と言っても初めて同然なので店内をチラ見

  肝心のメニューに”牛そば & 牛つけ麺”が見当たらず

P1300851.jpg

     あれ? すると窓際の黒板に手書きメニューが...

          よし! 牛つけめんで行ってみよう!

P1300852.jpg

             麺は・・・もちろん自家製麺です

     そう言えば入口のところで粉を挽く部屋が公開?

          6年前を思い出しました この太麺を

       写真の撮り方が悪いがコレです コレコレ!

          半熟卵に湯通ししたキャベツ、メンマ

P1300854.jpg

      運ばれてきたつけ汁 見た目はしょっぱそう?

 お好みに合わせられるようスープ割ポットも(↑)あります

         同時に鰹節を中心とした香りがプゥ~ン

  青ネギ白ネギ魚粉牛すじゴマ...間違いなく美味しそう

P1300853.jpg

               いよいよ...本番です

  もっちり感・風味 太麺なのにツルッと入っちゃう喉越し

              つけ汁もとっても美味しい

     やわらかな牛スジも予想以上に沢山入って...

          文句無し 牛つけ麺にして良かった!

P1300857.jpg

      今度は魔女を連れて大きな餃子もセットで...


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
大雪で一日中外出できない日は...
2014-02-09-Sun  CATEGORY: 休日
26/02/08撮影 【脳の活性化のために数年前のパズルを引っ張り出して...】


    一日中”こたつ”に入ってテレビを見るのも久しぶり

       でも降雪状況やソチ五輪のニュースばかり

 そんな時のために数年前に買ったこんな本を引っ張り出し

P1300862.jpg

             少し頭を活性化しようと...

      でも鈍ってるケン坊の頭は切り替えができず

            時間ばかりが過ぎていく>苦<

       所詮は無い頭を捻っても何も出てきません

P1300865.jpg

         時間がたてば解決するという保証もなく

             PCとTVとパズルを渡り歩き...

P1300863.jpg

       まぁ命の洗濯? こんな日があっても良いか

 雪は後始末が悪いですね~ 事故なく過ごせれば良し! 

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
佐野葛生の金蔵院にも”十三仏”があった
2014-02-08-Sat  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
26/01/25撮影 【また十三仏? と言われそう でも駐車場を借用した恩義もあり】


   アド山への拠点(駐車場)としてお世話になったのは

    大きなお寺”金蔵院(こんぞういん)”です

P1300377.jpg

      駐車場から境内を進むと大きな菩薩像が...

P1300356.jpg

    菩薩像の前に進むと隣に十三仏の碑がありました

         十三仏と言えば”清水寺”で見たばかり

P1300360.jpg


       それでは順次ご紹介します...


初七日:不動明王(裁判官:秦広王)
     右手の剣、左手の縄で魔と悪を払い仏法を守護すると言われます

           P1300361.jpg

二七日:釈迦如来(裁判官:初江王)
     人々を悟りの境地へと導き、幸福になる力を与えると言われます

           P1300362.jpg

三七日:文殊菩薩(裁判官:宋帝王)
      知恵と徳を無限に授け煩悩の無い日々を授けると言われます

           P1300363.jpg

四七日:普賢菩薩(裁判官:五官王)
       知力第一の願いを叶え、また健康長寿も授けると言われます

           P1300364.jpg

五七日:地蔵菩薩(裁判官:閻魔王)
       釈迦入滅後の世において人々を救済し続けると言われます

           P1300365.jpg

六七日:弥勒菩薩(裁判官:変成王)
      その名唱えれば罪が許され、平安が約束されると言われます

           P1300366.jpg

七七日:薬師如来(裁判官:泰山王)
      あらゆる病気から救われ、健康になる力を授けると言われます

           P1300367.jpg

百ヵ日:観音菩薩(裁判官:平等王)
      自在な観音力で人々の悩みを晴らし願いを叶えると言われます

           P1300368.jpg

一周忌:勢至菩薩(裁判官:都市王)
       知恵の力で現世を照らし、迷いや苦しみから救うと言われる

           P1300369.jpg

三回忌:阿弥陀如来(裁判官:五道転輪王)
      限りない慈愛と慈悲を人々に注ぎ、至福へと導くと言われます

           P1300370.jpg

七回忌:阿閦如来(裁判官:蓮華王)
     修行で得た徳を惜しみなく授け、無病息災を叶えると言われます

           P1300374.jpg

十三回忌:大日如来(裁判官:祇園王)
      絶大な知恵の光を昼夜なく注ぎ、繁栄をもたらすと言われます

           P1300375.jpg

三十三回忌:虚空蔵菩薩(裁判官:法界王)
     宝庫を意味する虚空蔵が人々の全ての願いを叶えると言われます

           P1300376.jpg


       十三仏の裁判官に関してはネットからです

ページトップへ  トラックバック0
古賀志山の”三角山”を開拓するつもりが...
2014-02-07-Fri  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
26/02/01撮影 【新しいポイントという誘惑について行ったが辿り着けず...】


 元旦以来ちょうど一ヶ月ぶりに古賀志山に戻ってきました

           この間、魔女が山仲間と歩いて

    新しいルートを教えて貰ったから案内するとの声に

        朝10時、登山拠点の森林公園駐車場へ

           最近は平日しか利用しなかったが

  久し振りの土曜...人気の山は相変わらず混んでいた

P1300630.jpg

 駐車場から登山口に向かう場所に臨時の直売所が開店?

     土日だけの直売所で朝から奥様が品定め...

 買い置きOK(袋に名前書いて)で下山後に引き取れます!

P1300631.jpg

    最近は釣り堀の奥から入山することが多いケン坊

P1300632.jpg

     そして定番となっている通称ベンチから中尾根へ

           P1300633.jpg

   今日は土曜日 中尾根も多くのハイカーが入ってます

P1300635.jpg

    ”鞍掛山と559P”の分岐点を鞍掛山へ向かいます

P1300638.jpg

       途中、肩幅程度の細い絶壁のコースを抜け
       (掴まれる木も一部伐採され危険回避のため写真は撮れず)

  凍結時は(ケン坊だけ)通行禁止の崖を下ります>笑<

P1300643.jpg

 自分が降りる時よりも魔女の下山姿をみるとハラハラです

           P1300645.jpg

   古賀志山のアチコチで倒木が多くその根の下を見ると

      岩盤の上にあった大木も、根は岩を囲むような

か細い根が岩盤を跨ぎ辛うじて栄養を吸い上げ大木を支えて

     地震で弱い根が岩盤・地面から剥がれ倒木した?

P1300647.jpg

そして魔女が友人から教わった新たなコースに近い手岡峠

       魔女が案内してくれるのは”三角山”です

P1300656.jpg

     でも2週間前に教わった入口が見つからない?

 踏み跡はないが”雰囲気が似てる”というので入ってみた

       一旦下って小さなピークに登りかえしたが...

          ”こんな所は歩いてない”との発言に

     小さなピークの先に踏み跡はあったが戻ることに
    (後で確認したら小さなピークの先の踏み跡を進めば良かったらしい?)

P1300658.jpg

         結局は三角山への入口が判らず断念!

                後日挑戦してみます?

       かなり歩いた時点で横を見たら”三角山”が?

           でも戻る気力がありません>苦<

P1300660.jpg

鞍掛山への分岐を直進し”北尾根コース”で帰還することに

    こちらのコースもかなり伐採が進んでいて明るい?

P1300664.jpg

     北尾根コースの最後のピーク”長倉山”で小休止

          ここは駐車場から鞍掛山へのコース

   つまり左折が北尾根コース、直進&右が鞍掛山コース

P1300667.jpg

      長倉山から20分強で駐車場へ戻ってきました

          今日の歩きは3時間35分(休憩込み)

    辛うじて中距離の範囲です!(ケン坊基準ですが)

P1300669.jpg

         今回の雪で里山・低山とは暫くお別れ?

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
立春なのに冬景色 ...兼六公園の”雪吊り”を宇都宮で再現?
2014-02-06-Thu  CATEGORY: 公園・栃木県中央公園
26/02/05撮影 【宇都宮の積雪は年に1~2回 翌日の青空は滅多に無い?】



  節分は4月中旬の陽気...汗ばむくらいだったのに~

       一転、立春の宇都宮は積雪8㌢の雪景色に

  まさに ♪春は名のみの 風の寒さや♪ だ

(同じような写真ばかりで申し訳ありませんが...)
P1300796.jpg

   金沢には及ばないが”雪吊り”の雰囲気は味わえます

P1300810.jpg

       中央公園(日本庭園)の雪吊りは3本ですが

            狭いながらも庭園を活かしてます

P1300832.jpg

           P1300813.jpg

P1300819.jpg

          思わず”早春賦”が口をついて出る

P1300823.jpg

           P1300803.jpg

         今朝は青空に恵まれ雪吊りが映えます

P1300804.jpg

                     早春賦
          春は名のみの 風の寒さや
          谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど
          時にあらずと 声も立てず
          時にあらずと 声も立てず



       大きな(1.5㍍くらい?)雪だるまが登場です

            ケン坊作ではありません>笑<

       ここは総合運動公園のサブグランド近くです

  何となくケン坊に微笑んでくれているような愛くるしい顔

           P1300842.jpg

          栃の木ファミリーランドも雪景色の中

P1300843.jpg

    公園内では多くの作業員が融雪剤を撒いています

           日陰は数日溶けなくなっちゃうので

P1300845.jpg

                 水生公園も雪景色...

   ここのところ雨が降らなかったからお湿りには良い?

         雪も良いが雨の方が後々は良いですね

P1300846.jpg

     幹線道路の雪は溶けましたが路地裏等の日陰は

           まだまだたっぷりの雪が残ってます

         明日も気温も上がらず一日中寒いです


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
情報! 早くも雛飾りの季節...真岡・久保講堂の”つり雛”を...
2014-02-05-Wed  CATEGORY: イベント(まつり)
26/02/03撮影 【普通は”つるし雛”と思ったら真岡では”つり雛”となっている?】

      真岡の浪漫ひな飾りを見てから一年が経った

       しかし去年は”豪華な壇飾り”がズラリ

   今年は一変して”つり雛”が同じ久保講堂で主役に

P1300741.jpg

       2月 2日(日)~2月11日(火)・・・ つり雛

       2月14日(金)~3月 3日(月)・・・ 段飾り

P1300768.jpg

            以下”つり雛”を主に掲載します

P1300745.jpg

P1300748.jpg

           P1300751.jpg

P1300758.jpg

P1300752.jpg

P1300760.jpg

P1300762.jpg

P1300767.jpg

P1300756.jpg

P1300763.jpg

           P1300747.jpg

P1300770.jpg

P1300769.jpg

                 もうすぐ春ですね~


          ”真岡の浪漫ひな飾り・25年2月”

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
今年の恵方は東北東  磐裂根裂神社(恵方神社)の節分祭は?
2014-02-04-Tue  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
26/02/03撮影 【今年も”恵方巻(福巻寿司)は栃木が発祥の地”説を訴えます】


  何時の間にか節分は”豆まき”から”恵方巻き”


     年々豪華になる恵方巻(福巻寿司)!

近い将来”節分”という言葉もカレンダー上だけになるかも?

*クリックしても拡大しません(数年前の海鮮恵方巻)
画像 999

        ケン坊が痴呆となる季節がきました>笑< 

 恵方巻の発祥の地は栃木県であることを...

             今年も同じことを言い続けます

      世間(マスコミ)が認知してくれるまで何度でも

(栃木特産)カンピョウが入っている背景からも本家だ!

  ”磐裂根裂神社(いわさくねさくじんじゃ)”

            境内に恵方神社があります

           P1300722.jpg

    磐裂根裂神社はブログにも何度か登場してますが

          節分祭がネタになるのは初めてです

      以前は鎮守の森という表現がピッタリでしたが

 最近ではバイパスが傍を通ったこともあり明るくなってきた

P1300708.jpg

   二の鳥居の先に磐裂根裂神社は鎮座してますが...

P1300681.jpg

      神社と社務所の間にロウバイが数本植えられ

           あの独特の香りが飛び込んでくる

P1300699.jpg

           社務所の前には”恵方神社”があり

    神社前には”福巻寿司発祥の地”の石碑もあります

P1300679.jpg

   さて、今年は拝殿に上がっての取材の許可を頂いた

        相手は”地元のケーブルテレビ”と”TBS”だ

      拝殿内では宮司の祝詞が終わりお祓いが...
      (因みに拝殿で祈祷を受けるとお寿司込みで5000円以上という)

P1300728.jpg

              そして”福巻寿司”が配られ

P1300732.jpg

全員が東北東に向かい”太鼓を合図”に一斉に食べ始めた

              そうです 豆まきはしません 

        この神社では本殿で”福巻”を食べます

P1300735.jpg

             こんな小さい子も挑戦してます

           P1300738.jpg

       ケン坊は取材班だったので拝殿には座らず

    お祓い済の”福巻寿司(お守り付き)”を購入しました
          (因みにお守りと撤饌(御饌米)も付いて1000円です)

P1300776.jpg

P1300773.jpg

   できるだけ”節分・豆まき”を後世に引き継ぎたいね

P1300672.jpg

       投げる豆は衛生面を考慮して袋入りの豆に

P1300674.jpg

大豆だけでは無い ピーナッツや柿ピー、コーヒーやココア豆

        何でもありの世の中になってしまいました

  ケン坊はネタのために↓を敢えて購入しましたが>笑<

P1300675.jpg

      もちろん、今夜の主役は”鬼役のケン坊”です

P1300678.jpg

         いやいや 主役は魔女に奪われました

              魔女っ子もちょい役で登場

P1300780.jpg
            我が家の恵方巻きはバラバラです
P1300777.jpg
        節分と言えば”イワシ”が付き物ですね
P1300785.jpg
      この時期は郷土料理”シモツカレ”が美味しい
       (魔女がお友達に戴いたが味も色つやもベテランの域です)
P1300786.jpg


  ”恵方巻(福巻)は栃木が発祥地”のPR版(H25年版)



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
大中寺を起点に”大平山の一筆書き歩き”に挑戦!
2014-02-03-Mon  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
26/01/29撮影 【今年は古賀志山以外は短距離の山歩きが続き体力に衰えが...】


  今年に入ってのケン坊は”短距離ランナー”になってる

          つまり2時間以内の山歩きが殆どで

      自称”長距離ランナー”のケン坊には歯がゆい

              理由はハッキリしている...

今年に入って一等三角点(補点を含む)に的を絞ったからだ

        そこで今回は長距離ランナーに復帰すべく

 趣向を凝らし”一筆書き大平山歩き”を考えてみた

      これは栃木の山150からヒントを得た企画です

  栃木の山150・大平山~大明神山コース(〇付番号はチェックポイント)
P1300622.jpg

           今回の起点は”①大中寺”からです

     青空の駐車場に車を止め(既に満車状態)出発!

 なお、今回のブログはコースを歩いた証拠写真の掲載です

      おもしろ味はありません...あくまで記録です

P1300512.jpg
   駐車場脇のロウバイが見頃を迎え応援してくれました
P1300510.jpg

10:08 ①大中寺の参道と山門(入口から撮影)

P1300513.jpg

  大中寺の山門を潜り本堂を右へ進むと左側が登山口

     1~2分歩くと急登状態(まるで岩山)が現れる

           身体が慣れてないからキツイっす!

           P1300514.jpg

      大中寺から20分 謙信平奥の土産店に到着

     富士山が姿を見せてくれた この目にしっかりと
           (写真では拡大すると辛うじて見えますが...)

P1300518.jpg
  左手の鳥居を潜って石段を登ると大平山神社の左側に
P1300521.jpg

10:36 ②大平山神社で手を合わせ数十㍍進むと登山口
         (奥宮入口の道標が登山口で関東ふれあいの道です)

           P1300522.jpg

10:50 ③富士浅間神社とすぐ裏の大平山山頂(標高346㍍)

P1300524.jpg
       魔女は大平山頂とは初めての出会いです
           P1300527.jpg

       大平山頂から”関東ふれあいの道”を歩くと

11:03 ④ぐみの木峠
        (大中寺からの直登コースと合流地点で休憩ポイントです)

P1300530.jpg

 ↑ぐみの木峠周辺から ↓↓パラグライダー発進基地まで

東電系の工事でコースに沿って工事用バイパスができてます
              (緑のネット右が山歩きのコースです)

           P1300535.jpg

P1300536.jpg

11:30 ⑤晃石山山頂に到着

             日光連山も綺麗に見られました

P1300538.jpg
        一等三角点も...どっしりと構えてます
           P1300540.jpg

         晃石山山頂からも富士山が見えました

   肉眼ではハッキリですがカメラを通すとダメですね~

P1300537.jpg

       結構良いペースで”青入山”を通過しました

    直前の坂でさすがに息が切れひと呼吸入れて...

           P1300544.jpg
        そして今度は冠雪の浅間山が見えました
P1300545.jpg

12:00 ⑥桜峠に到着

P1300550.jpg
       澄み切った青空の彼方に赤城山でしょうか?
P1300547.jpg

     何方かが”アザミを大切に”の木札を立ててある

             傍にアザミの果穂でしょうか?

P1300554.jpg

12:45 ⑦馬不入山(うまいらずやま)

桜峠では風が強かったので二つ目のピークで食事をしました

       桜峠から45分も費やしたのはそのためです

           P1300555.jpg

 ♪どんな時もこんな時も♪ なり振り構わずハイ ポーズ!

        山頂には他に数人の客人がいたのに...

           P1300556.jpg

     次の目的”大明神山”へ向かうために厳しい下り

直ぐに伐採された場所にパラグライダーの発進地を作った?
               (霞んで見えるのは浅間山です)

P1300558.jpg

     さらに2分も歩くとベンチ付きの展望地があった

            亀さんのお気に入りの場所>笑<

    ここからは日光連山・高原山・那須連峰が望めます

P1300559.jpg

13:05 ⑧長坂峠まで下山(大明神山登山口)

P1300560.jpg

  登山口から6個のピークが山頂...結構足腰にキター!

13:27 ⑨大明神山

      本日、5個目の名前の着いた山頂を征服です
         (大平山・晃石山・青入山・馬不入山・大明神山)

P1300567.jpg
          山頂にはこれ一枚 寂しい山名板です
P1300569.jpg
         真ん中に見えるのは”諏訪岳”ですね
P1300570.jpg

     さて、この後の進む道の選択(下山)に悩んだ!

           一筆書きコースを完成させるには

    山頂から”三谷・岩舟駅”方面へ下山しないとダメ!

          岩舟へ下山すると次のポイントへの

      戻りの舗装道路歩きが1時間になってしまう

                地図の赤◎の地点

迷った末、今回は一筆書きを諦めガイドに従って歩くことに

13:55 ⑩長坂峠へ下山(この後、舗装道路を歩きます)

P1300571.jpg

   ガイドを良く見てなかったため次のポイントがあやふやに

      不安だったが周囲の景色を見ながら歩いた~

14:11 ⑫広戸丁字路(桜峠まで1.3㌔地点)

P1300573.jpg

    錦鯉放養池を右に見ながら砂利道をダラダラ歩き

       この部分をコースに含めるのは如何かな?

           P1300575.jpg
    一筆書きコースの最後の登り かなりキツイです
           P1300580.jpg

14:30 ⑫再び桜峠へ(でも今度は横切るだけ...)

        さすがに疲れもピークになり10分休憩を

P1300583.jpg

14:55 ⑬ロウバイの咲く清水寺へ

P1300588.jpg
               スイセンも咲き出してます
           P1300600.jpg

15:08 ⑭東山道...

 言葉の響きから素敵なコースを想像しましたが...残念!

P1300605.jpg

        フォレスト アドベンチャーの前を通ります
         (以前から気になっていた場所を思い掛けず発見!)

P1300610.jpg
              梅一輪 一輪ほどの暖かさ
P1300611.jpg

11:39 ⑮大中寺へ無事に帰還しました

         休憩時間を含め計5時間31分という

      ケン坊基準では”長距離コース”となりました
(基準...短距離:~2時間、中距離~5時間、長距離:~7時間、超人:7時間超)

P1300613.jpg

  途中”一筆書き”を諦め”0.8筆書き”に終わったので

               ブロ友”まっちゃん流”に

     ブログは”一筆(1回)”で終わらせることに!

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
病知らずと言われた”キクイモ”もブームは去ったのか?
2014-02-02-Sun  CATEGORY: 戴きシリーズ
26/01/30撮影 【食品の世界は栄枯盛衰の文字が似合う...これ常識かも?】


       日本人は熱しやすく冷めやすいってホント?

 数年前に健康食として”一世を風靡した”はオーバーだが

    騒がれた”キクイモ”も今や知る人ぞ知る存在?

  いつも魔女が友人から掘ったばかりの泥付きで頂いて

       ケン坊もこの健康食にありつくのだが...

    今年は”たまり漬け”と”酢漬け”の漬け物で戴いた

          もちろん生(洗った)のキクイモも

【たまり漬け】
P1300495.jpg

P1300498.jpg

P1300615.jpg


【酢漬け】
P1300496.jpg

P1300500.jpg

P1300626.jpg

       生のキクイモ...これはサラダで頂きます

P1300621.jpg


             ”病知らずのキクイモ(レシピ)”



【おまけです】

      今日、スーパーにこんなメンチカツが並んでた

   受験シーズンならではの”五角(合格)”縁起商品

     恐らくかなり前から並んでいたのかも知れません

 我が家には受験生は居ませんが買っちゃいました>笑<

P1300628.jpg

      受験生を応援する?  それとも便乗商品?

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
市庁舎16階の”やっちゃば食堂”と”眺めて宮(み~や)”の展望...
2014-02-01-Sat  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
26/01/10他撮影 【市庁舎の16階は3度目ですが食堂に入るのは初めて】


  宇都宮市庁舎の16階は展望兼レストランとなっている

       市庁舎が完成して30年近く経つというのに

     ケン坊はまだジックリと16階から展望していない

         もちろんレストランで食べたこともない

           P1270381.jpg

      この日の野暮用ついでに16階を訪ねてみた

*一部25/11の写真があります
P1270350.jpg

             エレベーターで一気に16階へ

  天井から下がってる”眺めて宮(み~や)”の案内板...

P1290841.jpg

   案内板に沿って通路を通り出たところが”展望デッキ”

       休憩や食事しながら展望を楽しむ場所らしい

  時間が早かったのでデッキには数人が立ったり座ったり

P1270368.jpg

    東南方向を遠く眺めると筑波山や加波山が見える

P1270356.jpg

    手前というか眼下を見れば宇都宮城址公園が...

P1270358.jpg

            こちらは城址公園の富士見櫓です

P1270355.jpg

  通路を戻って西側の窓からは”古賀志山”や”多気山”が

P1270353.jpg

 そして北はビル群奥に”冨屋篠井連峰”が姿を見せている

P1270361.jpg

  さて、話の種に一度くらいは食堂を利用して見ますかね

P1270367.jpg

    意外にもそこは”レストラン”ではなく”食堂”でした

           P1290844.jpg

 ↑この”やっちゃば”ってなに?  ”おばんざい”って何?

      ケン坊以外にも分からない人がいると見えて...

メニュー見本が置かれたテーブルの奥に説明板がありました

           P1270366.jpg

        このテーブルが”おばんざい”のコーナー

   当日のメニューが”バイキング形式”で並んでいます

       時間が昼時を少し回り品数が少ないですが

         食堂に隣接して展望デッキがあります

  もちろん食堂から持ち出して展望デッキで食べてもOK

P1290837.jpg

             ドリンクコーナーもあります...

P1290838.jpg

    ケン坊は”おばんざい”を、魔女は”日替わり定食”

              券売機で食券を購入したが

         残念ながら魔女のメニューは売り切れ

同じ料金でおばんざいを提供するというので同じメニューに
       (因みに、おばんざいは650円で日替わり定食は550円)

      ライスとお味噌汁以外に6品が自由に選べます

P1290832.jpg

  高額な具材がありませんが650円は妥当な料金かな?

      まぁ一度食べれば良いかな~と魔女がつぶやく

P1290833.jpg

ケン坊達が食べる頃には展望デッキが満席になっちゃった!



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
<< 2014/02 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.