ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
今年も大変お世話になりました 良いお年を...
2013-12-31-Tue  CATEGORY: あいさつ
25/12/30撮影 【今年も無事に大晦日を迎えることが...来年はどんな年に?】


     今年一年 大変お世話になりました

      拙い”ケン坊の日記”への訪問&コメントありがとうございました

          来年もよろしくお願いします

  皆さん どうぞ良いお年をお迎えください

                                     by ケン坊


    神社では初詣客の受け入れも着々と進んでます

P1290618.jpg

P1290605.jpg


      ところでケン坊の日記は12月31日が原点です

ブログも、当初予想もしなかった”7年目”に突入します

   そして14年6月もケン坊の日記には大きな節目の月

       あと半年 無事にその節目の日を迎えたい!



      それから栃木百名山も1~2座踏破したいです

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
25年・山仲間と行った”八海山・ミツモチ山&女峰山”回顧録
2013-12-31-Tue  CATEGORY: なかまとの出会い
25/12/30 【仲間との登山を回顧してみました...果たして来年は?】


       仲間との山歩きも通算で10回

     今年もお互いの都合で2回と少なかったが...

          果たして来年は何座登れるかな?


平成25/5 第九回:あかやしおの”八海山&ミツモチ山”

       ちょっとアップ過ぎましたね...ゴメンよ!

P1210488.jpg

       咲き始めの”トウゴクミツバツツジ”に期待?

P1210511.jpg

平成25/9 第十回:いつかは登りたかった”女峰山”

    逆光ですが取り敢えず3人で登頂した証拠写真!

            ここにY氏がいたらな~と思うが

P1040882.jpg

     手前から小真名子山・大真名子山そして男体山

       ほど良く雲がかかって良い雰囲気でしょう?

              これって負け惜しみかな~

P1040885.jpg




【写真で振り返る一回目~八回目の登山】

平成24/9 第八回:日光秘境の名瀑”赤岩滝”

P1120716.jpg

平成24/8 第七回:人気の山”一切経山と吾妻小富士”

P1100589.jpg

平成23/12 第六回:宇都宮アルプス”篠井連峰”

P1020142.jpg

平成23/10 第五回:紅葉の名所”那須(姥ガ平)”

DSCN9417.jpg

平成23/9 第四回:関東以北の最高峰”日光白根山”

画像 737

平成23/7 第三回:墨絵の里山”古賀志山”

画像 842

平成22/10 第二回:素晴らしき景色”日光社山”から

画像 434

平成22/7 第一回:天空の楽園”鬼怒沼”

画像 566


ページトップへ  トラックバック0
速報! 安住神社・約500kgの鏡餅の奉納行事
2013-12-30-Mon  CATEGORY: イベント(伝統歴史)
25/12/30撮影 【情報では午前10時からとなっていたが...10時に終了?】


    速報は”安住神社・大鏡餅の奉納”です

  これまでTVや新聞などを見てイメージは判っていたが

      今年はこの目でナマで見ようと行ってきました

  慌ただしくて纏まらず...節分の頃に詳細を掲載します

       (この日に奉納された鏡餅は節分に参拝者に配られるようです)

P1290508.jpg


P1290571.jpg


P1290650.jpg

   昼間のNHKでケン坊の後ろ姿が...これは不味い!

ページトップへ  トラックバック0
思いがけず”わんぱく公園”で孫たちがスケートデビュー
2013-12-30-Mon  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/12/28撮影 【孫たちはわんぱく公園で思いがけないスケートデビューを...】


   孫たちの冬休み(宇都宮遠征)は今日が最終日...

            夕方にはパパが迎えにくることに

今日はケン坊が休み..わんぱく公園へ行こうとせがまれた

     また”わんぱく”かい? 少しは成長しなよ>笑<

前日の雨で濡れてるし、風も強いから映画でもと思ってたが

P1290446.jpg

             思ったほど風がなくひと安心

          いつものパターンで15~20分経過

P1290451.jpg

          恐竜館に隣接して何やら人だかり?

  行ってみると”わんぱくスケート広場”が店開き

        夏場は幼児用のプールになってた場所だ

         えっ 氷を張ったの? と思って見たら

      プラスチックのようなタイルに水ワックスを塗り?

             スケートリンクに早変わり...

P1290449.jpg

        時間制限なしで300円とはお得かも...

 しかも靴やヘルメット、軍手、膝当てや肘当ても貸与される

   ただしリンクを出た時点で終了! と面白いルール?

        必ずトイレは済ませてから利用したいね

           P1290459.jpg

          あははは みっくんはへっぴり腰~

   スキーは一日の長でしたがスケートは立つのがやっと

P1290482.jpg

       でも年の功? 1時間も経つとご覧のとおり

P1290464.jpg

    3人の中では一番転ぶ回数が多かった? りゅうくん

             口は威勢が良いのだが空回り

           P1290463.jpg

       それでも帰る頃には立てるようになりました

P1290465.jpg

       余裕? 初めてのスケートだというのに...

             ケン坊の孫じゃ無いみたい!

           P1290462.jpg

    滑れるよ~ すずちゃんて天才! 自分で言うか?  

P1290493.jpg

          最初は賑やかだったスケート広場も

                だんだんと抜けて寂しく

      帰ろうと言う爺の言葉なんか無視する孫たち

P1290490.jpg

     最初から最後までリーダーは”すずちゃん”でした

          みっくん りゅうくん 早く滑ってきて~

P1290495.jpg

            最終滑走時間は午後4時まで...

  その前に引き上げる積もりでしたが”もう少し”の連発で

         結局は閉店(4時)まで遊んじゃいました

意外な展開に大喜びする孫たちは満足して帰っていきました



ページトップへ  トラックバック0 コメント4
孫と過ごした今年の冬休み...寄り道?
2013-12-29-Sun  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/12/25、26撮影 【お金を無駄に使ってしまったような気がします...】


       お猿の学校を見る前に時間調整のために

              近くの”3D宇宙恐竜館”へ

           俄かに探したスポットだったが...

                 情報収集不足でした

P1290293.jpg

        案の定、入場料金は鬼怒川相場?で高い

             大人1300円 こども800円

 3Dメガネを通して太古の世界を迫力ある映像が主で...

       宇宙シアター・昆虫シアター・恐竜シアター

              所要時間40分だというが

P1290311.jpg

    最初は怖いから入らないと言ってたすずちゃんが

           ギリギリで突然入ると言い出した

           P1290306.jpg

      最初のシアターで”やっぱり怖い~”と言い出し

               シアターは全て素通り...

       途中、顔出しパネルで写真1枚撮っただけ?

               10分もかからずに出口に

        高~い”3D宇宙恐竜館”となってしまった

*駐車場に描かれた恐竜の墨絵?
P1290308.jpg



       次の日はあしかがフラワーパークへの途中

     時間調整を兼ね”道の駅たぬま”でトイレ休憩を

       何か遊ぶところがあるかなと敷地内を歩くと

                 遊具がところ狭しと

    トランポリンや滑り台、乗り物コーナー等が並んでた

P1290355.jpg

   道の駅への集客増加を目的に設置してると思ったが

       道の駅とは関係ない業者が運営している?

           P1290360.jpg

        有料で金額設定が高いし、時間も短い!

   *滑り台:5分200円 トランポリン:8分200円 電車:2周100円等々

P1290358.jpg

    高いと思ったら利用しなければと言われそうですが

                確かに理屈はそうですが

        そういう問題では無いような気がします!

           ケン坊の考え方が亜流ですかね~


ページトップへ  トラックバック0
初めて”あしかがフラワーパークのイルミネーション”へ
2013-12-28-Sat  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/12/26撮影 【フラワーパークは何度も訪れているがイルミネーションは初めて!】

     孫の冬休み...ケン坊は北へ南へと車を走らす

          昨日は鬼怒川・日光猿軍団

      今日は足利・あしかがフラワーパーク

         日没間もないので明るさが残っていたが

P1290439.jpg

         ただ、ケン坊はカメラ技術が未熟のため

               初めから写真は諦めていた

    何とか見られる写真を数枚掲載しアリバイを>笑<

P1290370.jpg

          園内にはいろんな撮影スポットがあり...

              トナカイの曳くソリで遊ぶ孫たち

P1290379.jpg

             リースの中でポーズをとる孫

       奥には高さ23㍍のイルミネーションタワー

           P1290383.jpg

  ようやく夜の帳が降りて...イルミネーションも光り輝く

        光のピラミッドが何基も...池に映えます

P1290389.jpg

         幸せの鐘&愛の鐘を競って撞く孫たち

           P1290388.jpg

              地球をテーマにしたポイント

           新登場”みんなの地球”に和みます

        ここも”地球号”という船が撮影スポットに

P1290411.jpg

P1290412.jpg

     日本の四季を見事に表現したイルミネーションは

          今度じっくりと観てみたいポイントだ

 古き良き故郷に心安らぐ日本の四季が色彩豊かに訪れて

【春】:端午の節句(こいのぼり) 他に、桜やモグラ

P1290423.jpg

【夏】:七夕飾り 他に花火や川遊び

P1290424.jpg

【秋】:紅葉に赤とんぼとリス 他に十五夜など

P1290427.jpg

【冬】:凧あげや熊の冬眠 他に雪のシーンなど

P1290422.jpg

       あしかがフラワーパークの主役は”藤の花”

P1290432.jpg

        イルミネーションばやりの世の中ですが

   ”あしかがフラワーパーク”が人気投票で第2位に!
 
        ゆるキャラで佐野の”さのまる”と合わせ

           県南地区の活躍が目立つ栃木県

  県都”宇都宮”も、そろそろ餃子以外で全国区を目指せ!

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
茶の間に笑いを...”日光猿軍団・お猿の学校”が大晦日で閉校!
2013-12-27-Fri  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/12/25撮影 【猿も調教師も後継者が見つからず、お猿の学校が閉校に】


  猿と人間の掛け合い漫才と言える光景が一世を風靡し

       茶の間の笑いを...震災地慰安でも活躍

  あれから20数年、猿の高齢化と調教師の後継者不足

        ついに間中校長が”閉校”の断を下した


  その名も”お猿の学校”こと”日光猿軍団”です

P1290341.jpg

実はケン坊も県内に住んでいながら初めての”お客さん”に

    入場行動ルールを知らずに直接会場へ向かったが

P1290332.jpg

チケットと同時に配布される入場券に入場Noが付られてた

        つまり並ぶ必要もないので、リピーターは

 先にチケットを買い、時間ギリギリまで遊んでくるらしい?

P1290345.jpg

         孫たちにも”お猿の学校”を見せようと

     冬休みと閉園の関係で混むだろうと推測したが

        駐車場はガラガラ(理由は前述のとおり)

  早めに着いたので園内の猿山で時間を調整することに

           P1290318.jpg

     園内のトリックアート(手が浮き出て)で遊んだり

P1290324.jpg

      鮎の塩焼きを食べたり...(@500円は高い!)

P1290331.jpg

                売店を覗いたり...

P1290330.jpg

      違う! 覗いたりじゃなくて買ったりして>笑<

P1290344.jpg

                ここで大失態に気付く! 

            平日は午前午後の2回公演だが

  午前中が”お猿の学校”で午後は”お猿のショー”だった

        電話で確認すれば良かったが悔いが残るが

            孫たちが喜んでくれたのが救い!

         残念ながらショーは撮影禁止なので...

P1290327.jpg


日光猿軍団(Wikipediaより)


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
孫たちには”いろんなサンタ”からプレゼントが...
2013-12-26-Thu  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/12/25撮影他 【クリスマスプレゼントにもアベノミクス現象が現れてきた?】


  今の子供たちは余りにも”モノ”に恵まれ過ぎているね!

     ケン坊が子供の頃は”クリスマス”なんて無かった

           つまり”プレゼント”なんて無い

  節目に運動靴やトレパンを買ってもらうのが唯一の楽しみ
     (誕生日はカレー、運動会の稲荷寿司、節句に柏餅...食べ物が定番)

             今時のクリスマス・プレゼントは

      爺・婆サンタ姉ねサンタパパママ・サンタ
                               (撮ってないので未掲載)

       騙されたフリして”本物サンタ?”からも

   ひとりで何個も...最近の子供は非常に賢い>笑<

P1290255.jpg


すずちゃんは 何とナニをもらったの?
*爺・婆サンタから:セガ・ジュエルポッドダイアモンドプレミアム
P1290240.jpg
*姉ね(ね~ね)サンタから:あそびの天才という本
P1290289.jpg
*本物サンタから:バンダイ・ラブリコミューン&キャリー
P1290286.jpg


りゅうくんは何でしょう?
*爺・婆サンタから:爆丸シリーズ・ジゲンデッキ(4次元変化)
P1290238.jpg
*姉ねサンタから:小学館の恐竜図鑑
P1290275.jpg
*本物サンタから:NitendooDS・星のカービィ(ウルトラスーパーデラックス)
P1290288.jpg


そしてみっくんは?
*爺・婆サンタから:3DS・ポケモンの完全ストーリー攻略ガイド(厚さ3㌢)
P1290236.jpg
*姉ねサンタから:無人島のサバイバル&自然史ミュージアムのサバイバルの本
P1290274.jpg
*本物サンタから:Nintendoo3DS・スーパーマリオ3Dランド
P1290287.jpg

     こんなに贅沢して良いのかな~ と思っちゃう!

  まだ高額ではないのが救いだが...オイ そっちかい?

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
栃木百名山の未踏状況と栃木の山150
2013-12-25-Wed  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
    栃木百名山に興味を持ったのは何時だったのだろう

           山歩きとは無関係の頃に買った本

     ”栃木の山100””栃木のいで湯55”

          そして数年前に”栃木百名山”を購入

      残り18座まで挑戦したが残りは厳しい山のみ

   そこへ内容を刷新した”栃木の山150”が出版された
       (栃木の山100の後に140が出版されたが買ってなかった)

     栃木百名山の続きは”栃木の山150”から抜粋?
 (カラー版になりマップも改善されたが、大まか過ぎて初めての山は辛いかな?)

P1280562.jpg

  これ(↓)は下野新聞社の提供品(折り込み)だったかな

       ”ふるさと再発見  栃木百名山”

           P1280567.jpg
           はケン坊・魔女とも登頂  はケン坊のみ)



        未踏の百名山がひしめく県北地区エリア

     (男鹿岳・大佐飛山・黒滝山・日留賀岳・
                   荒海山・持丸山・塩沢山・明神ケ岳・鶏頂山)


P1270989.jpg

                 そして県西地区エリア

  (黒岩山・燕巣山・錫ケ岳・皇海山・鋸山・黒檜岳・薬師岳・夕日岳・氷室山)

           P1270990.jpg


          さて、整理のつもりで一覧化したが
        赤字が登頂済  黒字は未踏の山  青字は魔女未踏)

座    山 名(読み方)        標高(㍍) 関係自治名

001  白根山(しらねさん)         2578  日光市
002  男体山(なんたいさん)      2486  日光市
003  女峰山(にょほうさん)       2483  日光市、栗山村
004  錫が岳(すずがたけ)        2388  日光市
005  大真名子山(おおまなごさん)  2375  日光市
006  太郎山(たろうさん)         2368  日光市、栗山村
007  温泉ヶ岳(ゆせんがたけ)    2333  日光市
008  根名草山(ねなくさやま)     2330  栗山村
009  金精山(こんせいざん)       2244  日光市
010  燕巣山(つばくろすやま)     2222  栗山村
011  黒岩山(くろいわやま)       2163  栗山村
012  皇海山(すかいさん)        2144  足尾町
013  鬼怒沼山(きぬぬまやま)     2141  栗山村
014  台倉高山(だいくらたかやま)  2067  栗山村
015  帝釈山(たいしゃくざん)      2060  栗山村
016  赤薙山(あかなぎさん)      2010  今市市、日光市
017  鋸 山(のこぎりやま)       1998  足尾町
018  黒檜岳(くろびだけ)        1976  日光市、足尾町
019  田代山(たしろやま)        1971  栗山村
020  袈裟丸山(けさまるやま)     1961  足尾町
021  三本槍岳(さんぼんやりだけ)  1917  那須町
022  茶臼岳(ちゃうすだけ)       1915  那須町
023  大佐飛山(おおさびやま)     1906  那須塩原市
024  朝日岳(あさひだけ)        1896  那須町
025  庚申山(こうしんざん)       1892  足尾町
026  大倉山(おおくらさん)       1885  那須塩原市
027  日留賀岳(ひるがだけ)      1849  那須塩原市
028  社 山(しゃざん)          1827  日光市、足尾町
029  釈迦ヶ岳(しゃかがだけ)     1795  塩谷町、藤原町、那須塩原市
030  男鹿岳(おがだけ)         1777  那須塩原市
031  南月山(みなみがっさん)     1776  那須町
032  鶏頂山(けいちょうざん)      1765  藤原町
033  黒滝山(くろたきさん)       1754  那須塩原市
034  半月山(はんげつやま)      1753  日光市、足尾町
035  白笹山(しらざさやま)       1719  那須塩原市、那須町
036  前黒山(まえぐろやま)       1678  那須塩原市
037  高 山(たかやま)         1668  日光市
038  明神ヶ岳(みょうじんがたけ)   1595  栗山村
039  荒海山(太郎岳) あらかいざん 1581  藤原町
040  夕日岳(ゆうひだけ)        1526  鹿沼市
041  薬師岳(やくしだけ)        1420  鹿沼市、日光市、足尾町
042  弥太郎山(やたろうやま)     1392  那須塩原市
043  古峰原(三枚石)こぶがはら    1378  鹿沼市
044  横根山(よこねやま)        1373  鹿沼市、粟野町
045  持丸山(もちまるやま)       1366  藤原町、栗山村
046  芝草山(しばくさやま)       1342  藤原町
047  月 山(がっさん)          1287  今市市、藤原町
048  地蔵岳(じぞうだけ)        1274  足尾町、粟野町
049  備前楯山(びぜんたてやま)   1272  足尾町
050  塩沢山(しおざわやま)      1264  藤原町
051  根本山(ねもとやま)        1199  佐野市
052  富士山(新湯富士)ふじさん    1184  那須塩原市
053  熊鷹山(くまたかやま)       1169  佐野市
054  安戸山(やすとやま)        1152  那須塩原市
055  若見山(わかみやま)        1126  那須塩原市
056  葛老山(かつろうやま)       1124  栗山村
057  氷室山(ひむろさん)        1120  佐野市
058  鳴虫山(なきむしやま)       1104  日光市
059  南平山(なんだいらさん)      1007  藤原町
060  鶏鳴山(けいめいざん)       961  今市市、日光市
061  尾出山(おでやま)          933  佐野市、粟野町
062  外 山(とやま)            880  日光市
063  石裂山(おざくさん)         879  鹿沼市、粟野町
064  火戸尻山(ほどじりやま)      852  日光市
065  笹目倉山(ささめくらさん)      800  鹿沼市、日光市
066  羽賀場山(はがばやま)       775  鹿沼市
067  鳴蟲山(なきむしやま)       725  鹿沼市
068  大鳥屋山(おおとやさん)      693  佐野市
069  花瓶山(はなかめやま)       692  黒羽町、大子町
070  鶏 岳(にわとりだけ)        668  塩谷町
071  不動岳(ふどうだけ)         665  葛生町、粟野町
072  仙人が岳(せんにんがたけ)    663  足利市
073  赤雪山(あかゆきやま)       621  足利市、佐野市
074  三峰山(みつみねさん)       605  栃木市、粟野町
075  谷倉山(やぐらさん)         599  栃木市、粟野町、西方町
076  毘沙門山(びしゃもんやま)     587  今市市
077  古賀志山(こがしやま)       583  宇都宮市
078  二股山(ふたまたやま)       570  鹿沼市
079  本 山(もとやま)           562  宇都宮市
080  萬蔵山(まんぞうさん)        534  黒羽町
081  雨巻山(あままきやま)       533  益子町、茂木町
082  高 峯(たかみね)          520  茂木町
083  鞍掛山(くらかけさん)        492  宇都宮市、今市市
084  石尊山(せきそんさん)        486  足利市
085  鷲子山(とりのこさん)        468  馬頭町
086  羽黒山(はぐろさん)         458  上河内町
087  行道山(ぎょうどうさん)       442  足利市
088  鶏足山(けいそくさん)        431  茂木町
089  晃石山(てるいしさん)        419  栃木市、大平町
090  多気山(たげさん)          377  宇都宮市
091  松倉山(まつくらさん)        345  茂木町
092  岩 山(いわやま)          328  鹿沼市
093  諏訪岳(すわだけ)          324  佐野市、岩舟町
094  大小山(だいしょうやま)       314  足利市、佐野市
095  高館山(たかだてやま)        302  益子町
096  芳賀富士(はがふじ)         272  益子町、茂木町
097  両崖山(りょうがいさん)       251  足利市
098  唐沢山(からさわやま)        241  佐野市、佐野市
099  三毳山(みかもやま)         229  佐野市、岩舟町
100  鎌倉山(かまくらやま)        216  茂木町


   2~3座以外は地図とコンパスが無いと無理かな~


ページトップへ  トラックバック0 コメント16
今年も”爺・婆サンタ”は孫の前に現れるのか?
2013-12-24-Tue  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/12/22撮影 【一年経つのは早いを実感する季節です...年末恒例の】


     曜日と学校行事、大人のスケジュールの関係で

        我が家のクリスマス・イベントは22日に?

   先ずはサンタを部屋に飾り付け孫たちの到着を待つ

P1290257.jpg

          夕方、孫たちがお土産持って到着!

              そして”すずちゃん”による

 我が家の”サブ冷蔵庫キャンパス”への飾り付け
          (百均のシールをペタペタと...貼るだけですが)

  クリスマスの雰囲気を(部分的に)盛り上げます>笑<

           P1290252.jpg

                       横 も

           P1290253.jpg

                       ドアも

           P1290254.jpg

        ひと回り大きなテーブルに取り替えたが

            家族が増えた(3人→8人)ので

       一回では載せられない...2部制に>笑<

P1290213.jpg

         定番のクリスマスケーキも並んでます...

                 ケン坊の誕生日だって?

            まだまだ爺の誕生日は早いじゃん

P1290216.jpg

     女性じゃ無いから数日くらい早くても良いか>笑<

        ♪ハッピバースディーツーユー♫

                         

             ♪ジングルベ~ル Jingle Be~lls♬

 恒例の2曲がをみんなで歌ってイベントの始まりはじまり~

P1290249.jpg

        宴もたけなわ...そろそろ登場するか!

    孫たちに分からないように”ケン坊楽屋”で変身...

        今年も魔女サンタとダブルサンタで登場!

P1290223.jpg

       ”この家にお利口なお子さんは居ますか~”

            ”爺・婆サンタのプレゼントだよ”

P1290227.jpg

            今年もみんな喜んでくれたかな?

P1290228.jpg

           じゃあ 記念に写真でも撮ろうか

P1290230.jpg

プレゼントは本当のサンタからのプレゼントと一緒に公開?



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
寒い日は”石焼ラーメン 火山”で暖をとり...
2013-12-23-Mon  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
25/12/19撮影 【寒い日はラーメン? そう”石焼らーめん火山”で体を暖めよう】


         ブルッブルッ! 冬本番のような寒さ! 

   冷たい雨が朝からしとしと...午後になっても止まず

        こんな日は”ラーメン”しか考えられません

  今日は”石焼らーめん火山” あの火山のマグマで暖を!

P1290182.jpg

      映画(くじけないで)を観た後なので2時近いが

            ケン坊の後もポツポツと入ってきて

      店内には”暖を求める客”が詰めていた>笑<

P1290158.jpg

      今日は何にしようかな~ とメニューを眺める

魔女はいつもの”石焼野菜しょうゆらーめん”に決めていた

P1290157.jpg

     テーブルに”インターパーク店限定”のパンフが

      ”石焼鍋 味噌ちゃんこらーめん”

               1029円は少し高いな~

    と思いつつ、ケン坊は”限定”の文字に一発で決裁

           P1290159.jpg

                   いよいよ登場

             ”石焼野菜しょうゆらーめん”

      下ごしらえされた状態のアツアツ鍋とご対面

P1290166.jpg

       お店の方が熱々の出汁を追加してくれます

P1290167.jpg

       火山のマグマが沸々と 見るからに熱いです

            約2分で野菜に火が通り食べ頃に

P1290168.jpg

         受け皿に小分けして食べますが熱い!

              コショウや酢はお好みで...

P1290175.jpg

       インターパーク店”限定”という心地よい響き

   いよいよ”石焼鍋 味噌ちゃんこらーめん”が目の前に

      さすがに”ちゃんこ鍋”らーめん  具が一杯だ

   鶏肉や牡蠣、豆腐やごぼう、ネギ等々 鍋の具が中心

P1290170.jpg

         同様に出汁を追加すると火山大噴火!

P1290172.jpg

        2分って長いですね~ 2分が待ち遠しい  

            そして いよいよその時がきた~

P1290173.jpg

          器に小分けし...フーフーしながら

      らーめんは”太麺でもちもち感”が凄く美味い

         もちろん具も出汁が染みて美味しい...

P1290174.jpg

     それだけでお腹は充分なのにライスが残ってる

            最後はライスを鍋に投入し...

         そう この”おじや”が旨いんじゃ~!

    お腹がいっぱいでも入っちゃんですね~ 不思議だ!

P1290177.jpg

        デザートは”杏仁豆腐” 赤いのはクコ?


P1290180.jpg

        今日の体重測定...+0.8K やはり...

                明日からダイエット!

      毎回のことですが、反省だけなら猿でもできる?


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
22日は二十四節気”冬至”...ゆず&カボチャの出番です
2013-12-23-Mon  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
25/12/22撮影  【一年で一番日照時間が短い? 日没は着実に遅くなって...】


        昼間の時間が一年で一番短い日と習った

    つまり”日の出が一番遅く、日の入りが一番早い”と

             勘違いしている人が多いかも?
P1290259.jpg

                 栃木の今年の場合は

      日の出が一番遅いのは26年1月11日前後で

      一番早い日の入りは25年11月30日頃となる


    そう、今年の冬至は、日没はピークより2分程度遅く

     日の出の時刻はこれから4分も遅くなっていきます


【参考】
       因みに栃木の日の出日の入りは...

    月 日   日の出   日の入り   日照時間

   11/26   06:29    16:26    09:57

   11/30   06:33    16:25    09:52

   12/13   06:43    16:26    09:43

   12/22   06:49    16:27    09:38

   01/11   06:53    16:44    09:51

   01/12   06:52    16:45    09:53




        さて、冬至と言えば”柚子湯”と”カボチャ”が

         ヒーローの如く食卓やお風呂に出没する

P1290268.jpg

◆ゆず湯(ネットから)

ゆず湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、冷え性やリュウマチにも
効くし、体が温まってカゼをひかないとも言われています。

こういう尤もらしい優等生の話はさておいて、

何故、冬至に風呂なのでしょうか? 
この答えは「とうじ」という言葉にあるのです。

冬至の読みは「とうじ」。というわけで、湯につかって病を治す「湯治」にかけてます。
更に「柚(ゆず)」も、「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」という、願いが込められて
いる。

5月5日に「菖蒲(しょうぶ)湯」に入るのも、「(我が子が)勝負強くなりますように!」と
いう、ゆず湯と同じ「願かけ」なのです。


P1290263.jpg

◆かぼちゃ(ネットから)

現在は野菜が季節に関係なく供給されていますが、西洋野菜が日本に入るまで、
この時期に取れる野菜は少なく、保存できる野菜も少なかったのです。

かぼちゃは保存がきき、保存中の栄養素の損失が他の野菜に比べて少ない。その
ため、冬至の時期の貴重な栄養源でもありました。

日本かぼちゃは、16世紀中頃ポルトガル船によってカンボジアからもたらされ
「かぼちゃ」の名は、このときの伝来先に由来しています。

江戸時代に普及しましたが、江戸時代中期から風邪や中風の予防に、かぼちゃを
冬至に食べる風習が根付いたといわれています。

これは当時、冬場に野菜がとぎれてビタミン類が不足することからで日本かぼちゃ
しかない時代に始められた風習です。


P1290269.jpg


ページトップへ  トラックバック0
90歳を過ぎた詩人”柴田トヨ”さんの半生を映画化
2013-12-22-Sun  CATEGORY: シネマ観賞
25/12/19撮影 【見るのが少し遅くなったが...今日は天気も悪く”話題の映画”を】

             前回、朝ドラ”おしん”を見た時から

     次は”柴田トヨさんのくじけないで”と決めていたが...

            時間の流れが早く今になってしまった


        明治から平成までを生き抜いた一人の女性が

              90歳を過ぎてから詩を書き始め

            その言葉は多くの人を勇気づけた...


P1290184.jpg

         90歳からの詩人“柴田トヨさん”の映画化

       詩集としては極めて異例の168万部を突破し

         第2詩集”百歳”と合わせると200万部...

  そのベストセラー詩集”くじけないで”を基につづる感動編

            主人公の山あり谷ありの半生や

  彼女を取り巻く家族にまつわるドラマを優しく見つめたい

P1270448.jpg


                 【くじけないで】

   ねえ 不幸だなんて 溜息をつかないで

     陽射しやそよ風は えこひいきしない

          夢は 平等に見られるのよ

         私 辛いことがあったけれど

             生きていて よかった

              あなたも くじけずに

           P1290189.jpg

        トヨさんに詩作を薦めるダメ息子”健一”を

    影で支えた健一の妻”静子”の存在を初めて知った

 この静子の存在無くして”詩人・柴田トヨ”は無かったかも!

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
ケン坊には珍しい”創作ダイニング NOBU”でランチを
2013-12-21-Sat  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
25/12/04撮影 【ラーメン・餃子・そば・うどん等々がケン坊の定番ですが...】


        ケン坊に”ランチ”という言葉は似合わない!

     どう見たって”昼飯(ひるめし)”って感じかな?

       敢えてその”ランチ”に挑戦してみた>笑< 


           魔女が以前から気になると言っていた

            創作ダイニング NOBU

P1280776.jpg

       4階建てマンション風の1階にお店はあった

              判りづらい略図を頭に入れ

       適当に”この辺かな~”と路地に入ったら...

           偶然にもお店の前に(軽くガッツ!)

P1280777.jpg

        中が見えにくく入りにくい雰囲気ですが

    重い扉を開けると”満席”なので名前を記入して待つ

         店内で待てるスペースがないので...

           P1280778.jpg

    事前情報で”いつも混んでいる”との話は本当だった

           それでも15分も待つと...

 2人用テーブルへ案内された...相席じゃなくて良かった

             店内を目で追ってみると

  4人用と2人用...全部で30人くらいは座れるかな?

*この写真は隣席が空いた直後に撮ったもの(奥がスタッフで手前は清算するお客)
P1280794.jpg

 メニューだがケン坊は慣れてないので魔女に一任>笑<

          気になる”NOBUランチ”はセットで

   パスタ16種類・肉&魚料理4種類の計20種類から

     メインをチョイス出来るNOBUランチが大人気

       1050円~という値段設定が良いですね~

         今回はパスタで...挑戦してみました

  魔女は”なすのトマトクリーム” ケン坊は”カルボナーラ”

           *見辛いですが反射の関係でこのアングルしか...
           P1280928.jpg

           ランチセットのサラダが美味しい

P1280781.jpg

             続いて拘りの自家製パン...

        意外に美味しくパスタが登場するころには

              ケン坊の胃の中に>笑<

P1280784.jpg

     魔女が注文したパスタは”なすのトマトクリーム”

  気に入ったらしいが”今度は友達と食べにこよう”だって

    やはりケン坊とランチという雰囲気じゃないらしい?

P1280785.jpg

    そしてケン坊が注文したパスタは”カルボナーラ”

              見た目よりも濃厚すぎず

        ベーコンたっぷりで美味しかったですよ~

P1280788.jpg

                   本日の締めは

        コーヒーにデザート2種(ケーキとアイス)

P1280790.jpg

    こうして”ケン坊には似合わないランチ”も無事に!


【創作ダイニングNOBU】

住  所:宇都宮市西一の沢町10-8 オイルブリッジ第二ビル1F
電話番号:028-648-6222
定 休日 :月曜日(祝日の場合営業)
営業時間:11時~15時(L.O14時30分)、18時~23時(L.O22時)


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
真岡・岩瀬の”大政山”に挑戦(後編)
2013-12-20-Fri  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
25/12/12撮影 【モデルは5時間半 リンゴさんは3時間10分 ケン坊たちは?】


 さて、前編では駐車場から約1時間のところで中断しました

           大政山ハイク・前編はコチラ

   その後、少し厳しい坂(魔女はハァ~はぁ~)を登ると

            チェックポイントとなる分岐へ

     後編はその”まんさくの丘”分岐から再スタートです

           まだ北コースも三分の一のポイント

     ”まんさくの丘”まで2分、大政山へは35分とある

P1290048.jpg

     2分という文字に誘われ(花は咲いてないが)

 場所だけと歩き始めたら1分もかからずに”らしき”場所に?

   写真を撮れるような場所ではないので...ガッカリ

        分岐に戻って西方の眺めを1枚ゲット

P1290050.jpg

        さぁ 大政山山頂まで後35分で~す

            登るために一旦下ります?

      そしてガイドにあった”ロープあり”の場所へ

P1290051.jpg

    下りでは順調な魔女も登りになると極端に遅れる

       見る見る離れて完全にロープに頼ってる~

  ケン坊も脹脛が張ってきたような感じになるほど傾斜だ

           P1290053.jpg

    ロープを何本か繋いでこの急登を助けてくれるが

           長い ここの急登は長いです

       息も絶え絶えの魔女...芝草山の再現?

   ようやく急登が終わりなだらかな尾根歩きへとなった

        まんさくの丘分岐から27分で分岐点に

         この先山頂まで10分もありますが

     この後は尾根歩きのようなので休まず一気にゴー

     なお、中央コースはここで合流です(写真手前)

P1290055.jpg

    もう少しと言い聞かせ歩いてたら5分でこの光景に

           休む間もなく三角点タッチ>笑<

      駐車場から1時間35分で大政山山頂に到着

         山頂は茨城県(岩瀬)になるんですね~

   時間の割には変化(アップダウン)に富んだ山歩きだ

     コース全体の見晴はしはあまり良くないが...

P1290059.jpg

         山頂もあまり展望は開けてないが

     東? 南東? 多分ですが”加波山?”が見える
       (写真下の部分に横たわる筋状の道路は”北関東道路”です)

P1290062.jpg

         ようやくお楽しみの山頂でのお昼です

          いつものセブンのおにぎりとパン

    もちろん1杯めはコーンスープ...そしてコーヒー

               誤解しないでね! 

   ケン坊は”直火焼きソーセージ”と”赤飯おこわ”だけです

P1290064.jpg

       きつい登りを歩いたので山頂で20分休憩
             (ケン坊たちにとってはやや長めですね)

  帰りは南コースを利用!  さぁ~ 後半のスタートです

      10分も歩くと展望(ガイド記載)が...

            ここが”絹渡山”らしい?

   と言っても僅かなスペースから”筑波山が”見えるだけ

P1290069.jpg

   写真を撮っただけで素通り...すると2分くらいで

            展望へ5分の分岐表示が

         折角なので展望へ寄り道することに

    一瞬、まんさくの丘を想像しちゃいましたが...

       なお、南コースはここから手前方向です

P1290070.jpg

           5分もかからずに開けた場所が...

   伐採され南西方面が開けていて確かに展望が良いです

          直ぐ左下に”ゴールデンレイクCC”が

              ゴルフ場って綺麗ですね

   こんな場所でプレーができたら命の洗濯が出来そう!

P1290073.jpg

        しばし景色を眺め 先ほどの分岐まで戻り

             これからいよいよ下山開始です

      この光景を見てたら楽勝と思っていたのに...

P1290074.jpg

  写真を撮るスキを与えない厳しい下りが延々と続きます

         一気に里まで降りるような感じですが...

    下山開始から10分 ようやくなだらかになりました

          去りゆく紅葉を一枚撮っておきました

P1290076.jpg

          両側が笹で覆われた林道に変身...

      ガサガサゴソゴソ 風で葉が擦れる音ではない

          自然と早足になり通り抜ける>苦笑<

P1290077.jpg

   下山分岐から17分で中央コースとの合流地点に到着

            ここで進むべきコースが不明に?
    (ガイドマップでは十字路となっているが実際には5~60㍍ずれている)

    ガイド地図と実態が方角的に合わず少し手こずった

          踏み跡を辿って丘を登ると石碑が2個 

  何の碑なのかは不明ですが、この碑は屋根付きでした

       もちろん、この踏み跡はこの碑で行き止まり

P1290079.jpg

          別途、コースを探していた魔女から

               ここで良いんじゃない?

     気になっていた”大政山頂北コース”の分岐表示

         北コース? また山頂へ向かっちゃう?

 不安だったが”違ったら戻れば良い”と魔女の決断で...

P1290080.jpg

 いきなりの急登だったが間違いなければ15分で分岐の筈

      すると”ロープ”が...ガイドにも書いてあった

コースは正解らしいが厳しい急登で流石にケン坊も休み休み

   山頂へ向かう場所も急登だったが比ではない急登!

           P1290085.jpg

           喘ぎ 休み また喘ぐ ... 

  それでも10分歩くと何か開けた場所に? 尾根かな~

    あれ?  ここは往路で通った場所じゃないか?

    往路では分岐を直進し北コースを歩いたが...

 なるほど~ ここを左折すれば駐車場へ向かう?  納得!

     このコースは登山口から一気に尾根に登るコース

         つまりショートカットだったんです

P1290086.jpg

 帰りは知ったるコースを歩くだけ...気分も空も晴れ晴れ

          何回かのアップダウンを繰り返し

 錫杖ケ峰への分岐を”新四国八十八カ所霊場コース”へ

        このコース唯一のピークからの展望...

              あれが大政山ですかね~

P1290090.jpg

     14時10分 ついに駐車場へ戻ってきました

           P1290093.jpg

  出発が10時35分だったので休憩を含めて3時間35分

   (厳しい歩きという)実感よりも短時間の歩きでした

       これで残りは”鞍掛山”だけになりました

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
真岡・岩瀬の”大政山(だいしょうざん)”に挑戦(前編)
2013-12-19-Thu  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
25/12/12撮影 【仏生寺から真岡と岩瀬の境にある”大政山”が今回の目標...】


    今年の春、仏生寺を中心とした両側の山歩きをした

            南高岡浅間山と阿部岡浅間山

        しかし”大政山”と”鞍掛山”が残っていた

         (25/3・阿部岡浅間山ハイクはコチラ)

 今回は仏生山から”大政山(だいしょうざん)”へ初挑戦

     今回も仏生寺の駐車場に車を停めさせてもらった

              案の定、ケン坊の車一台です

   静かに佇む山は曜日に関係なく入山者は殆んど無し

P1290013.jpg

    仏生寺の山門と両側に県指定天然記念物のけやき

P1290016.jpg

             仏生寺山門を10:40スタート

  今回は錫杖ケ峰経由(反時計回り)で大政山を目指す

        歩き始めは穏やかな感じのコースですが

         錫杖ケ峰直下はそれなりに厳しい斜面

  身体が慣れてないことから僅か10分で1回目の休憩

           P1290017.jpg

              錫杖ケ峰(展望)からの眺め

    山頂にチョコンと杉の木が見えるのが南高岡浅間山

P1290020.jpg

         南方のこの山は”阿部岡浅間山”です

P1290019.jpg

       そして西方には霞んでいるが日光連山が...

P1290026.jpg

     そして錫杖ケ峰には一刀彫のような仏像が鎮座

         自然現象でこの姿になったとしたら...

           P1290024.jpg

   ケン坊たちは早くもスタミナ補給にバナナを胃の中に

      上(↑)の一刀彫とは似ても似つかない>笑<

P1290025.jpg

        峰に登った分を一気に下り再度登り返す

    この何でも無いようなアップダウンが徐々に効く?

錫杖ケ峰コースと新四国八十八カ所霊場コースの合流地点

P1290027.jpg

     合流地点から5分もかからないで最初の分岐点

                直進すると阿部岡浅間山

     そして左折すると”大政山・参らず池”へのルート

       ここからはケン坊たちも初めてのコースです

P1290030.jpg

        分岐から8分で展望の良いピークに到達

P1290031.jpg

       左が鞍掛山(?)で右が阿部岡浅間山です

P1290032.jpg

   こっちのコースは小さなアップダウンがいくつもあるが

              木に囲まれて全く展望なし

        どれを撮っても山頂には見えない>笑<

P1290033.jpg

   展望ピークから10分弱(大政山分岐から20分弱)で

    参らず池への分岐ですが今回は”参らず”に直進!

P1290035.jpg

  変則十字路のような分岐点があったが左右の表示なし

       ハイキングガイドによれば左が高岡池か...

そして手前右は鞍掛方面への周回コースなのか? 不明!

         取り敢えず直進だけは明確なので迷わず

P1290037.jpg

            送電線(鉄塔)の下を通ります

   まだまだ風もなく青空で穏やかなハイク日和が続く

           P1290038.jpg

               何個目のピークでしょうか

          最初は数えてたが判らなくなった...

P1290039.jpg

 最初の大政山分岐から約30分で大政山登山口への分岐

 この分岐は”北コース(写真左→右へ)”へ直進(ここが登山口?)
       (中コースを歩く場合は写真手前へ降りて登山口へ向かう)

        ハイキングコースマップでは75分だが?

         ケン坊たちが早いのではありません!

P1290041.jpg

             コースのポイントポイントでは

     赤いテープが木に縛られ全く迷う心配ありません

            大きいので探す必要もないです

  二宮と岩瀬の”サンサン会”が整備をされているとか...

          初めての場合は非常に助かります!

           P1290043.jpg

             まだまだ大政山は先ですが

   木立の隙間から”大政山の山容?”が見えてきました

P1290045.jpg

 駐車場からちょうど1時間(最初の大政山分岐から37分)

       長くなったので後編へバトンタッチ>笑<


       大政山ハイキングコース(真岡市観光協会)

ページトップへ  トラックバック0 コメント11
たまには”みんみんの餃子”を...メニューにラーメンが?
2013-12-18-Wed  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
25/12/13撮影 【餃子は正嗣と決めてるケン坊ですが今回は”みんみん”へ】


  全国区の”宇都宮の餃子”も昨年のトップ浜松と激戦中

    そんな宇都宮でも”正嗣とみんみん”が激しい戦い

          今日は鹿沼に野暮用で出掛けた帰り

           ”餃子 宇都宮みんみん”の看板に

    思わず吸い込まれるように車は駐車場へと入った
            (本当は正嗣が好きなんですが...>笑<)

P1290101.jpg

         鹿沼店...もちろん初めてのお店です

P1290098.jpg

       平日の12時...駐車場はほぼいっぱいに 

 店内は車ほどでは無かったがカウンターを除き埋まってた

   やはり”餃子のみんみん”は根強い人気がありますね

ところで”みんみん”では餃子にライスは聞いたことがあるが

        ラーメンがメニューにあるお店は初めてだ

            えっ ビール・ジュースもあるの?

     餃子にラーメンがセットならお客も増えるかもね

P1290094.jpg

         県外に住む姉たちが餃子大好きなので

             みんみんの餃子を送ることに

P1290095.jpg

           おぉ~ 見た目のイメージが違う?

      もう少し”もちもち感”のある皮だと思ってたが

            でも思った以上に美味しかった

様子見でダブルにしたがやはりトリプルにすれば良かった!

P1290096.jpg

                ケン坊は”正嗣派”だが

  なんだか今日のみんみんは正嗣の味に近いもの感じた


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
魔女っ子のクリスマスコンサートは成功裡に...(御礼ブログ)
2013-12-17-Tue  CATEGORY: 魔女っ子と仲間
25/12/14撮影 【今年も無事に”クリコン”が終了しました。御礼申し上げます。】


    World Soul Chorus Utsunomiya 
             (ワールド ソウル コーラス 宇都宮)
       Christmas Concert 2013 
            (クリスマス・コンサート)

                 去る12月14日(土) 

            成功裡にめでたく終了しました

           P1270438.jpg

     開場直後の受付風景(2Fから)...出足好調!

P1290103.jpg

 開演中はもちろん撮影禁止...毎度お馴染のステージ

                開演時には満席となり

        熱の入った歌声や手作り感のある進行に

          ステージと会場は大いに盛り上がり

    2時間という”とき”があっという間に過ぎてしまった

*写真は会場直後のものです
P1290104.jpg

  魔女っ子は何時にご帰還だったかは判りません>笑<

P1290112.jpg

 会場へ足を運んでくれたみなさん ありがとうございました

          ご満足いしてただけましたでしょうか?

       魔女っ子に成り代わりまして御礼申し上げます


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
ここ数年恒例となった”本場 茨城産の干しいも”を購入
2013-12-16-Mon  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
25/12/11撮影 【毎年、お付き合いで購入する”干しいも”ですが美味しいです】


            今年もあと2週間で終わりに...

      改めて月日の経つのが早いな~って思います

         そして今年も”干しいも”の季節到来

           今年も買っちゃいました...>笑<

 《茨城特産 ふるさとの味 干しいも(3kg)》

P1290001.jpg
(保存方法について)
P1280999.jpg

           今年の干しいもの出来は良さそう

         お値段も去年と同じく3600円(3㌔箱)

P1290004.jpg

             早速オーブンで炙って味見を

P1290006.jpg

     少し焦げちゃいましたが”おいひぃ~”です

P1290010.jpg

   孫たちも好きなので冬休みまで残しておかなくちゃ!


ページトップへ  トラックバック0 コメント9
講演前に”出世街道”で腹ごしらえを
2013-12-15-Sun  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
25/12/02撮影 【みんみんに入れず、出世街道という名と海鮮ものに釣られて...】


      講演の開演まで1時間...今日のお昼は?

         ”みんみん”で餃子を食べようとしたら

     お店の前は平日なのに15~6人の行列が...

               諦めてオリオン通りへ

      賑やかな幟と”まぐろ丼”の文字が目に入った
              (ケン坊は海鮮ものに弱い>笑<)

P1280712.jpg

       お店の名前も”出世街道”と縁起が良い

           P1280710.jpg

     お値段も手頃の設定でケン坊の懐の許容範囲だ

         大衆食堂じゃなくて”大衆酒場”だった

     昼間は食堂経営で夜は酒場として営業ですかね
       (もっとも昼間から飲んでる若いグループもいましたが...)

P1280711.jpg

 早速中に入ると店内の第一印象は雑然とした...でした

             大衆酒場らしく周囲の棚には

     いろんなお酒が並んでいましたが...よく見ると

           品物は多いがソコソコ小奇麗です

     おつまみメニューも豊富でいかにも大衆酒場です

P1280703.jpg

          一人だったのでカウンターに通された

      店内を見渡しながら徐にメニューを手に取ると

                海鮮丼もフライ系定食も

      600円前後でオリオン通りの店としては安い!

        ケン坊は”三色丼(690円)”を注文

P1280701.jpg

        あまり待った感なく三色丼が登場しました

               想像以上の海鮮丼だ...

P1280704.jpg

        マグロにホタテ、イクラが程よく載ってる

          690円? いや海鮮ものに満足!

P1280707.jpg

             ケン坊は醤油でわさびを溶き

      刺身の上から全体に万遍なく掛けて食べます

          あっけなく食べちゃったが満足です!

P1280709.jpg

        飛び込みでのお昼でしたが美味しかった

           餃子でなくて良かったかも>笑<


ページトップへ  トラックバック0 コメント7
里山”太平山~桜峠”をピストンハイク
2013-12-14-Sat  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
25/12/09撮影 【今回は太平山山頂を踏破することでした...ついでネタです】


               太平山を歩くということは

 最低でも晃石山 気が向いたら桜峠 あわよくば馬不入山

P1280953.jpg

    ともかく富士浅間神社手前の傾斜ある踏み跡を探し

        本来のコースへ合流することからスタート

  木立の合間を縫いながら滑らないように慎重に下ります

P1280956.jpg

         一人だと自然に足が速くなります>笑<

     10分も歩くと”ぐみの木峠”に...でも何か変?

           周囲を見ると鉄塔付近を伐採してる

    何だろうと思ったら”電気設備の工事中”の案内板

          太平山もアチコチで変貌してきている

P1280958.jpg

P1280959.jpg

       その後、何回かのアップダウンを繰り返し

    ぐみの木峠から20分で晃石山への分岐点に到着

    右:晃石山山頂(晃石神社奥の院) 左:晃石神社

P1280963.jpg

       分岐からは急登となり息も乱れがちですが

           4~5分で山頂に立つことができた

P1280968.jpg

           霞んでますが日光連山も見えます

P1280966.jpg

     この日は空気が冷たく11時現在でたったの6度
       (でも寒くはなく、防寒着を着ることもなく何時ものスタイルで)

             さて これから進むか帰るか?

       ココで引き返すのはちょっと物足りないし...

            え~い”桜峠”まで行っちゃえ~ 

           P1280967.jpg

               里も紅葉は終わりですね

           紅葉を探すのが大変なくらいです

P1280982.jpg

         晃石山から15分、青入山というピーク

  このコースもアップダウンがあり足腰を鍛えるには十分

           P1280974.jpg

       青入山から10分もかからずに桜峠に到着
                (太平山神社登山口から72分)

 ここも伐採が更に進んで...イメージが完全に変わった

P1280975.jpg

  桜峠から西方を見ると諏訪岳から唐沢山へと続く尾根

       前の日に長坂峠から登ってきた亀さん...

   思わず亀さんと”エアー・ハイタッチ”しちゃった>笑<

     そして亀さんが利用したと思われるベンチに座り

       諏訪岳...日光連山...赤城方面を眺める

P1280979.jpg

                 桜峠でしばしの休憩...

   そしてこの先の”馬不入山”は亀さんの領空圏なので

                 ここで戻ることを決意!

         亀さ~ん よろしくお願いします>笑<

     帰路に立ち寄ったパラグライダー発進基地だが

         助走路がなく直接斜面でスタンバイ?

P1280988.jpg

   桜峠から30分(意外に早い?)で晃石山に戻ってきた

               珍しく誰もいませんでした

P1280985.jpg

       リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の実がアチコチに

             紺碧の実がとっても綺麗です

P1280989.jpg


     セブンで買った新発売の”オムそばめし”ですが

P1280906.jpg

         山歩きが意外に早く終わったので...

P1280907.jpg

            今回は家に戻って食べました!

       これは美味しい! 完全にリピート対象です

P1280909.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
初めて”太平山山頂”を征服した! の巻
2013-12-13-Fri  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
25/12/09撮影 【太平山は総称名かと思ったら独立峰でした...恥ずかしい!】



    単独では”危険な山は登らない”が魔女との約束!

              そうだ 太平山へ行こう!

    安・近・短...思い立ったように太平山へ向かった

           また太平山ですか?と言われそう

 何十回も登っているのに何と太平山山頂は未踏なんです

    最近の定番”あじさい坂”の階段からスタートです

           P1280933.jpg

               あじさい坂を登り始めたら

   青空のキャンパスに一本の白い飛行機雲が伸びていく

          画家はもちろんジャンボ機のようです

P1280935.jpg

 最初の階段の中ほどにある”窟神社”というパワースポット

       階段から30㍍なので初めて入ってみました

P1280938.jpg

    巨岩の下がちょうど地底の池のようになっています

 中を覗いてみたが濁ったような水が...中が見えません

   一部では佐野の弁天池と地下でつながってる話も?

       池の左手前には銭洗弁財天が祭られている

    左端に鬼瓦のようなものがありましたが詳細不明?

P1280945.jpg

    標柱も賽銭箱も少し以前に設置されたようですが

             弁天様は少し新しいのかな?

P1280944.jpg

         窟神社の関係の灯篭なのかは不明だが

             直ぐ近くに建立されている?

           P1280940.jpg

    そしてコチラも石碑?には梵字のような文字が...

           P1280941.jpg

          話が逸れちゃった  本題に戻ります

      コースに戻って相変わらず厳しい階段を登る

  階段も中間過ぎると立派な”隋神門”が待ち構えている

【隋神門とは】 ネットから

この随神門は太平山神社の神門であり、享保8年(1723)、徳川八代将軍吉宗公
によって建築されました。表には左大臣・右大臣、後ろに仁王を配しています。

仁王像が配されているのは、太平山が江戸時代までは社寺の山として栄えていた
名残です。

天井の龍の絵は、第14代将軍家茂公の時代の五楽院法眼等随の筆で、雲を起
こして昇天した龍が空高く舞い遊ぶ様子が描かれています。

建築方法は「入母屋造り扇垂木」で俗に傘(からかさ)天井と呼ばれます。


P1280947.jpg

 いつも通り太平山神社の右手から山頂を目指して歩き出す

         奥宮(社)を左に見ながら歩いていると

            やや明るく小高い場所が見えた

   単独行の強み? さっそく入り口を探して登ってみると

      何もなく少し広いスペースがあるだけでした!

           P1280951.jpg

 太平山奥宮から数分で富士浅間神社への分岐点に到着

P1280995.jpg

       分岐からやや傾斜のある坂道を数分登ると

      最後に階段が現れました この上が境内です

           P1280952.jpg

       これまでも何度か見ている”富士浅間神社”

    今までは登山の安全をお願いして素通りでしたが

          実はこの富士浅間神社の裏側に...

P1280953.jpg

        ついに初めて”太平山山頂”に立ちました

          まさか神社の裏側に山頂があるとは

   うん? 標高が341㍍っになってるが違ってないか?

P1280954.jpg

 太平山の標高は何が本当なんだろう???


  Å:富士浅間神社裏手の太平山頂の山名板には341㍍

           P1280955.jpg

        B:太平山神社右側の案内板には343㍍

P1280997.jpg

      C:栃木の山150(100の時から)では346㍍

P1290012.jpg

   正直言って田舎のマイナーな山の標高が数㍍違っても

              大した問題ではないが...

    メジャーな山(例えば富士山)だったら問題でしょうね


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
鹿沼・並木藤で話題の”真空石打ちもみ うどん&そば”を味わう
2013-12-12-Thu  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
25/11/30撮影 【店主の趣味が高じた店づくり? 話題豊富で面白い蕎麦屋さん】


  何度かテレビで取り上げられたことのある蕎麦屋さん

           蕎麦屋の名を”並木藤”という

    でも話題性のある店だな程度の知識しかない...

 何が話題かって? この看板に書かれてるのもその一つ

     ”真空”とは?  ”石打”とは?  しかも特許! 

           P1280665.jpg

P1280682.jpg

            車が邪魔して全景が撮れません

       蕎麦だけじゃ無く”うどん”も同じ手法らしい

    何あれ? 左に見えるのは弥勒菩薩像のような?

P1280680.jpg

暖簾を潜ると店内には”お饅頭や菓子類”が並べられていて

      ここは”お蕎麦屋さんだよね?” と疑っちゃう

         さらに木彫り(トチノキ?)の大黒様が

     ”幸福の箱(賽銭箱)”を抱えてお出迎え>笑<

 立札には”私の神体をなぜて思いをかなえて下さい”と...

           P1280677.jpg

 ”手打ちじゃなくてごめんなさい”

     →  ”特許 石打真空ねりそば です”が面白い!

P1280676.jpg

     何はともあれ試しに”真空石打そば”を食べようと

        ケン坊はお昼限定の”あいもり”を注文した

    あいもりとは”そばとうどんに天ぷら”がセットです!

P1280658.jpg

     魔女は同じ”真空石打うどん(ごまだれ)”を...

P1280659.jpg

          注文が終わったところで店内散策?

     これは珍しい”トチノキ”の飾り物かと思ったら
       (レジの傍に大木の置物が...おばあちゃんに聞いてみた)

天井まで突き抜けているので大黒柱にもなっているらしい

 店内の分厚い一枚板のテーブルも全部トチノキだという

            店主の拘り・趣味の範疇らしい

           P1280660.jpg

            今時珍しい”網代の天井”です

  扇風機のようなものも変わってるがこれも店主の趣味?

P1280675.jpg

       まずは”ごまだれ 真空石打うどん”登場!

                色白のうどんです...

P1280668.jpg

             見た目は量が少なく感じたが

      魔女が言うには女性には多過ぎるくらいだと

    うどんは”こしが強く滑らかで喉越しが良い”...

         これが”真空石打ねり”の効果なのか?

P1280669.jpg

       そしてケン坊の”あいもり”が運ばれてキター

               あれ? 蕎麦はどこだ?

P1280670.jpg

 そうです うどんと蕎麦が二段重ねになってました>笑<

      この量を見たら”夫婦盛り”で良かったかな?
            (あいもりは”夫婦盛り+天ぷら”なんです)

P1280671.jpg

        う~ん これが真空石打もみ蕎麦なのか?

そう言われればそうかな~ 手打ちとどう違うと聞かれたら?

       ケン坊には蕎麦を食べ比べる技量が無いが

        違いは判らなくても”美味しい”のは事実!

P1280672.jpg

        夫婦盛りが800円であいもりが千円...

    ということは、この天ぷらは200円っていうこと!

          エビ・ナス・カボチャ他 安いのかな?

P1280674.jpg



     ここの店主はそれ以外にも話題の持ち主らしい!

        ケン坊が井の中の蛙なのかも知れないが

           お店の入り口に掛けられた暖簾

   外から見て読めるように掛けるのが一般的と思うが

     並木藤の暖簾は中から読めるようになってます

P1280679.jpg

 駐車場には大きな風呂桶2個、鳥居や観音像、大砲も? 
    (以前は、この風呂桶で入浴していたが今は利用していないらしい )

       ご主人の未統一の趣味で集めたもろもろ?

    何が何だか全く分からない光景を見ることができる 

P1280663.jpg


【特許 真空石打ねりそば】 ネットから

御影石打ちそばにこだわって15年!
当店考案の御影石そば打ち機が、特許を取得しました。さらに真空ねり機を
使用することにより、手打ちよりも水分が30%多くなるため、茹で上がりが
早く、そばの香りが逃げません。
また、のど越しがよく、滑らかで手打ちに勝るそばです。

石打ちは水分の蒸発・吸収を抑え、安定した品質の麺を造りだします。手打ち
を超えた味とコシ、つるつるとした喉越しのそばをぜひご賞味ください。
当店は北海道幌加内と鹿沼の玄そばを自家製粉しています。


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
那須塩原市の”KINSEIDO(金盛堂)”の盛況振りを実感
2013-12-11-Wed  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
25/11/19撮影 【遅くなってゴメン! あれから20日も経ってしまいました...】


  大山公園・墓所からの寄り道は人気のある洋菓子店へ

       中心街から離れた場所に今回のお店がある

    お店の名前は”KINSEIDO(金盛堂)”です

             もちろんケン坊も魔女も初めて

P1280303.jpg

  駐車場はお店の前に5台 そして道を挟んで10台くらい

       常時、車が出入りして人気のほどが窺えます

P1280301.jpg

   混雑しててとても写真を撮れる雰囲気ではありません

         断わりなく一枚を撮るのがやっとでした

      もちろん店内はそんなに広くありませんが...

P1280300.jpg

          何かイベントあって混んでるのかな?

               七五三も終わってるし...

      誕生祝いのケーキ予約も次々と注文されている

P1280304.jpg

     ケース内には美味しそうな洋菓子が並んでいて

           何を買ったら良いか悩んじゃう?

       このお店の情報収集が足りなかったですね

P1280321.jpg

         極々普通のお買い上げになっちゃった

      レアチーズ×1個  カリカリシュー2種×2個
                          (ゴマシューとクルミシュー)

P1280322.jpg

              どう分けて食べたら良いの?

         レアチーズは魔女と魔女っ子に配分して

P1280326.jpg

      カリカリシューは全部半分に切り(計8ピース)

        4分の1をケン坊の胃の中に入れました

  もう少し綺麗に盛り付けして撮れば良かったです>笑<

P1280328.jpg

        特にゴマシューがとっても美味しかった~

     次回は少し研究(情報収集)してから挑戦します!


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
今日はあの”大山巌元帥の命日”です...このネタは”今でしょ”?
2013-12-10-Tue  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
25/11/19撮影 【大山公園の見事なイロハモミジの紅葉を愛で大山墓所を見学...】

         大山公園の紅葉は既に報告しましたが

 道路を挟み反対側に”大山巌元帥”の墓所があります

P1280259.jpg

【大山巌元帥って誰?】 ネットから

大警視(第2代)、陸軍大臣(初・2・3・4・6・7代)、陸軍参謀総長(第4・6代)、文部
大臣(臨時兼任)、内大臣(第6代)、元老、貴族院議員を歴任した。
維新の三傑に数えられる西郷隆盛と、その弟で軍人・政治家の西郷従道は従兄弟
にあたる。

西南戦争をはじめ、相次ぐ士族反乱を鎮圧した。西南戦争では政府軍の指揮官(攻
城砲隊司令官)として、城山に立て籠もった親戚筋の西郷隆盛を相手に戦ったが、
大山はこのことを生涯気にして、二度と鹿児島に帰る事はなかった。
ただし西郷家とは生涯にわたって親しく、特に西郷従道とは親戚以上の盟友関係に
あった。


       今年のNHK大河ドラマ”八重の桜”

        反町隆史が演じてい初代陸軍大臣です

    墓所へ続くヒノキ道...厳かな雰囲気を感じます

           P1280262.jpg

薩摩藩出身の大山元帥が何故か旧西那須野に眠っている

        大正5年12月10日没 今日が命日です

P1280263.jpg

             ”大山元帥の墓所”の案内板

 大山元帥の墓所は通常は門が閉ざされ見ることができない

       年1~2回(公園の新緑と紅葉時期だけ)? 

   ケン坊は知らずに尋ねましたが結果オーライでした!

P1280264.jpg

      門を潜りお墓に通ずる両側の灯篭も他の灯篭は

  先日の東日本大震災で殆んど倒壊したままとなっている

    ”何とかならないのか”と思ってたら何とかなりそう!

【地元紙:下野新聞から】

   12月7日付”大山墓所を守る会を立ち上げる”の記事

東日本大震災で20基以上の石灯籠や外壁が倒壊するなど大きな被害を受けた
下永田1丁目の大山元帥墓所をよみがえらせようと、墓所周辺の地元住民有志
らが6日、「大山墓所を守る会」を立ち上げる。

墓所を所有する元帥の子孫から了解が得られたため、近く墓所全体を修復する
資金集めの募金活動に乗り出す。

同会の発起人を務めるのは5年前、50年ぶりに黒磯地区から故郷の下永田に
引っ越してきた主婦山口雪江さん(76)ら。山口さんは墓所が私有地のため、しっ
かりとした保全がなされていない状況を憂慮、行政の支援を求めたり、地域の
連携を呼び掛けるなど地道に活動してきた。

同会は、墓所周辺の住民のほか、地元観光協会や商工会関係者など15人規模
で発足する見通し。約10年前に解散した「大山顕彰会」会長を務めた元西那須野
町議の小出孝二さん(80)が会長を務める予定だ。


P1280265.jpg

              これが大山巌元帥の墓です

   墓石は砲弾型をしたもので大変珍しい形態をしている

P1280267.jpg

墓石には

 議定官内大臣陸軍大将元帥 従一位大勲位功一級公爵 

                  大山巌之墓

           P1280268.jpg

             大山巌元帥のお墓の両側には

      先妻”沢”さんと後妻”捨松”さんのお墓が...

        捨松さんのお墓を撮り忘れてしまい残念!

P1280277.jpg

       この墓所には大山一族が埋葬されています

P1280270.jpg

       墓地に咲くピーク過ぎたリンドウを見ながら

 日本の激動期を生き抜いた”大山元帥”に思いを馳せ...

P1280274.jpg

   改めて(大山元帥の)歴史を紐解いてみたくなりました


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
孫たちが躍動する様子を...今日は見学デー?
2013-12-09-Mon  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/12/07撮影 【幼稚園の行事一つひとつが最後となります...時間ある限りは】


     孫(すずちゃん)の”おゆうぎかい”を見るため

            早朝から埼玉の地へ車を走らせた

  幼稚園のイベントも9月の敬老会・10月の運動会と続き

             今回のおゆうぎかいが最後です

P1280870.jpg

    幼稚園↑も自宅↓もクリスマスモードになってます

           P1280805.jpg

    今回の目的”すずちゃんのおゆうぎ会”を先ず観賞

        9時半 園長先生のご挨拶から始まります

P1280809.jpg

         いきなり”年長のすずちゃん達”の出番

                合唱:明日に向かって

P1280816.jpg

               合奏:チム・チム・チェリー

    すずちゃんは念願の”小太鼓”を担当することになり

            なぜか緊張気味(合奏に集中)?

P1280824.jpg

             そして遊戯:HANDS UP! 

    キビキビとした動きの園児離れのする感じの遊戯?

          男児との共演で張り切ってます>笑<

P1280859.jpg

                    決まったぜ!

P1280847.jpg

P1280866.jpg


    折角なので”みっ君”の練習風景も見学することに

              そう”剣道の合同練習”です

P1280915.jpg

P1280917.jpg

      そして次は”りゅう君の練習振り”の見学タイム

         そう 今日は孫たちの所をハシゴ>笑<

       りゅう君は”サッカー”の練習日だったんです

P1280924.jpg

P1280925.jpg

           最後は”影法師”で遊んじゃえ~

     魔女とケン坊の影絵でと思ったが難しい>苦<

            スマートな”東京タワー”です

      それにしても今の4時は影法師を長くします

P1280926.jpg

     二人合作で”東京スカイツリー”に挑戦と思ったが

       本物を見てない二人には無理でした>笑<

              秋の日はつるべ落とし...

      3人の元気な姿を確認して家路に着きました


ページトップへ  トラックバック0 コメント7
久々の”シーダーローズ(松ぼっくり)”は前のよりデカい!
2013-12-08-Sun  CATEGORY: 公園・栃木県総合運動公園
25/12/04撮影 【シーダーローズは何度か登場してるが今回は一回り大きい!】


    ここの古墳群もタイヤ交換の際はお決まりの場所?

           と言うか総合運動公園への通り道

       通称:宮環の”塚山古墳トンネル”の上です

*トンネルの上から東方向
P1280732.jpg

*トンネルの上から西方向
P1280739.jpg

                そして塚山古墳群です


*塚山西古墳(帆立貝式前方後円墳)
P1280733.jpg


*塚山南古墳(帆立貝式前方後円墳)
P1280734.jpg


*塚山古墳(前方後円墳)
P1280744.jpg



     トンネルの右上にはヒマラヤスギが2~3本ある

         以前の収集時は”杉ぼっくり”が生らず

     これまで実の生らないヒマラヤスギだと思ってた


      今回ぶらぶらしてたら足に手(足)応えがあり

            下を見ると”シーダーローズ”だ

       あれ このヒマラヤスギにも松ぼっくりが?

    でも鱗片が剥がれ落ちる前に何らかの理由で落下!

P1280800.jpg

         慌ててヒマラヤスギの傘下を見たら...

    以前に拾い集めた”シーダーローズ”の比ではない

            過去の一番大きいのより大きい

P1280798.jpg

   今回はツブが揃っているので何かに加工できるかな?

           クリスマスか正月飾りのリース...

P1280802.jpg


       参考:シーダーローズ(松ぼっくり)過去編

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
早くも”冬タイヤ”に交換...恒例となった行動パターン
2013-12-07-Sat  CATEGORY: 公園・栃木県総合運動公園
25/12/04撮影 【タイヤ交換と運動公園散歩はセット...もう年中行事です!】


       今年は早めに”冬用タイヤ”に交換しました

   今回は”総合運動公園・メタセコイア”を観賞
    (毎回恒例...タイヤ交換時間を利用して近くの総合運動公園へ...)

       メタセコイアの紅葉もピークを過ぎましたが

           P1280760.jpg

総合運動公園では小学生が何やら袋に落ち葉を拾ってる?

          何だろうと思って小学生に聞いたら

   落ち葉をイチョウとその他に分けて拾っているとか...
          (何で区別するのか判らない~って言ってました)

P1280750.jpg

   でもこの光景を見て(推測ですが)何となく判りました

 公園で堆肥を作ってるが”イチョウの葉”は堆肥に向かず

    イチョウを除いた落ち葉をここに集めているらしい

P1280753.jpg

      さて、今回は”メタセコイア”に注目してみました

                高木で形の良い樹木です

P1280756.jpg

       紅葉の色も(茶系で)濃く見応えがあります
         (既に、落葉が始まっていて形が崩れ始まってます)

          P1280758.jpg

              松とのコラボも良いですね

P1280774.jpg

           池の鯉に餌やりしてる老人の姿が

   常連なんでしょうか 鯉がたくさん集まってました??

P1280767.jpg

   1時間弱の散歩...今年も晩秋を公園で感じました


ページトップへ  トラックバック0 コメント7
犯罪被害者支援県民のつどいで”ガッツ石松”氏が基調講演
2013-12-06-Fri  CATEGORY: 日記
25/12/02撮影 【ケン坊の真面目な一面を...いや、講演を聞きたいだけかも?】


 平成25年度 犯罪被害者支援県民のつどい”

         ~ 思いあい 助けあい 支えあい ~

    12月2日 栃木県総合文化センターで開催された

*写真は文化センターから県庁舎を望む
P1280729.jpg

    先日、犯罪被害に関する写真展を見る機会があり

           本日のイベントがあることを知った

P1280725.jpg

   県民のつどいは二部構成

       一部:基調講演はガッツ石松の”わが人生”

       二部:栃木県警察音楽隊による演奏会

           P1280724.jpg

【開催の目的は】 パンフから

「県民のつどい」を通じて犯罪被害者の置かれている現状、被害者支援の必要性や
重要性について県民に周知することにより、犯罪被害者支援の輪を広げるとともに、
被害者に対してより充実した支援活動が展開されることを目的とする。


P1280723.jpg

    犯罪被害に関する写真および支援活動の写真展示

P1280722.jpg

       残念ながら基調講演・演奏会とも撮影禁止


     一部:ガッツ石松サクセスストーリー”わが人生”

映画にTVに活躍中、現在は広島国際学院大学の客員教授

 あの独特のキャラ(天然ボケも含め)は健在でした>笑<

 今日の真面目な部分の語録から

     ”租にして野だが卑屈ではない”

     ”99.9%の努力に0.1%の運”

     ”辛い”は少しの努力で”幸せ”に変われる

P1280721.jpg

         二部:栃木県警察音楽隊による演奏会

    参加した年齢層を考えてか昭和の曲が多い>笑<

      ”学生時代” ”高校三年生” ”いい日旅立ち”

      ”小さな旅” ”ルビーの指輪” ”北の宿から” 等々

            ケン坊も思わず口ずさんでました

P1280726.jpg

  ややもすると忘れがちになってしまうかも知れませんが

       何らかの形で今後も関心を持ち続けたい!

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
来る日のために”赤岩山のパラグライダーの発進基地”を見学?
2013-12-05-Thu  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
25/11/30撮影 【赤岩山頂の先にも上級者の発進基地があるが...パス!】


      先日登った古賀志山南峰の赤岩山山頂近くに

    一般者用のパラグライダー発進基地がある

         場所は知っていたが見たことが無かった

P1280652.jpg

         話を赤岩山ハイクに戻して...スタート

             風雷神社を過ぎ汗を掻きながら

     そう、右手に岩壁を見ながら荒れた林道を歩くと

        前方に何やら岩とは違う黒い影が見えた

P1280605.jpg

       もしかして...パラグライダー発進基地?

   コース外れて右上へ踏み跡があるような無いような

         こうなったら行くしかないと登り始めた
   (下山時に判ったことだが、コースなりに歩いても基地の上に出ました)

するとモノレールの軌道が見えトロッコ風の貨車がキター!
     (軌道は2本ありますが...現在は奥側だけが使われている?)

P1280606.jpg

    機関車両に続いて荷物車、そして乗客(パラ飛行者)

P1280608.jpg

    うわ~ パラグライダー愛好家って多いんですね~

P1280609.jpg

     軌道を跨ぎ、パラ愛好家の直ぐ後についていくと

    少し使い込み擦り切れた人工芝の敷かれた基地に

           邪魔かな~ とキョロキョロしてると

  インストラクターの方から座ってご覧くださいと親切に...

P1280615.jpg

     発進基地から見る光景...ここから飛び出す?

          高所恐怖症のケン坊にはとても無理!

P1280611.jpg

P1280612.jpg

      そして目の前で次々に飛び出すパラグライダー

P1280613.jpg

         気持ち良さそうに飛んでる姿を見てると

インストラクターらしき人が”指導員と一緒に飛ぶこともできるよ”

     そんな無茶な~...今日は見るだけ>冷汗;<


P1280618.jpg

    飛び出す前の確認...どんな心境なんでしょうか?

P1280619.jpg

風も良し? 吹き流しを見ながらテイクオフのチャンスを窺う

P1280621.jpg

     なんてよそ見してたら飛び出しちゃった~ 残念!

P1280625.jpg

   今度こそと思って早めに構えてたらインストラクターが

      ポーズを取ってくれたので思わずシャッターを

P1280626.jpg

          良いぞー その調子で飛んでくれ~

                と思ったら何か変...

          発進基地の最先端から落ちちゃった?

   一斉に他の皆さんが駆けつけ助け出した>ホッ!<

      さすがに写真を撮れる雰囲気ではなかった...

P1280627.jpg

    山歩きに戻ろうと次の出番を待つ人の手元を見たら

                こんなにロープの数が?

        これをすべてコントロールするのでしょうか?

           やはりケン坊には向かないスポーツだ

P1280628.jpg

      10分も経たないで赤岩山の山頂に登ったら

           P1280633.jpg

       パラグライダーが輪を描くように飛んでいた

   思わず大きな声を張り上げて手を振ったが反応なし?

P1280640.jpg

P1280641.jpg

 そして帰りに見た発進基地の舞台裏(下)を見てビックリ!

     こんな状態です 直ぐに崩れはしないだろうが

 安心安全を考えるともう少ししっかりした発進台が欲しい?

           P1280646.jpg

   パラグライダー観戦記はこの写真で終了です>笑<

P1280643.jpg

   *もう少しパラグライダーについて調べてから掲載すれば良かったと反省!
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2013/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.