ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
宇都宮で一番美味しい? ”ぶつをのうどん”...
2013-10-31-Thu  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
25/10/21撮影 【宇都宮で一番美味しい”うどんのお店”との情報に早速挑戦を...】


街中もご無沙汰しちゃったので挨拶兼ねてぶらり散歩を...

        散歩だけじゃログにならないので>笑<

  以前からメモっていた”ぶつをのうどん”へ突入してみた

        ここは粉や醤油を香川から取り寄せて作る

           本格的な手打ち讃岐うどんのお店

           P1270347.jpg

            白い3階建てビルの1階で営業

       駐車場が判らなかったのでお隣(市役所)へ

     お店の名前”ぶつを”の由来が気になっていたが

              聞くのを忘れちゃった...
      (後で判ったことだが”ご主人の昔のあだ名”だそうです(笑))

P1270370.jpg

         素敵な木製の重厚そうなドアを開けると

        元気で愛想が良い店員さんとご主人?が

                  明るく迎えてくれた

P1270372.jpg

   8人くらい座れるカウンターに4人掛けテーブルが3つ

           明るくて清潔感がある店内です

         とても”うどんやさん”とは思えない?

P1270373.jpg

メニューは”かけうどん~とろろぶっかけ”まで至ってシンプル

   量は”大盛り(2玉で+170円)と中盛り(1.5玉+120円)



    ケン坊は”温玉ぶっかけ”の中盛り(680円)”を注文

 メニューを良く見れば良かった ”お得なセット価格”が...

         サイドメニューを一緒に注文するらしい
 (うどん+天ぷらor飯物のセットは20円引き、うどん+天ぷら+飯物のセットは30円引き)

    プラス”プチデザート”がサービスに付いてるという

P1270374.jpg

      最初、気付かなかったが壁に掛かった黒板に

 お薦めメニュー”しっぽくうどん”って書いてありました!!

      あぁ~ ”しっぽくうどん”も食べてみたかった~

P1270371.jpg

        うどんを茹でるのに時間がかかるためか

      奥さんが付け出し?に小鉢を持ってきてくれた

          豆腐にインゲンと大根の犀の目切り

P1270376.jpg

     そして”温玉ぶっかけうどん(中盛り)”の登場!

P1270377.jpg

      出し汁の香りがぷ~~~ん...美味しそう!

          ワカメ・ケズリブシ・ゴマ・葱・揚げ玉

           不味い筈がありません>納得<

P1270378.jpg

         温玉の黄身を割ると...とろ~りトロリ

    出汁は鰹がきいてて細切れのネギの風味も加わり

          結局は全部飲み干しちゃった>笑<

P1270380.jpg

  うどんは太めでケン坊好みの硬めで歯ごたえしっかり!

              リピートすること間違いなし!

    オシャレな空間! うどんも美味しい! 量もある! 

                何より安いのが有難い!

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
速報! 魔女の”半月山と社山”への挑戦は...
2013-10-30-Wed  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/10/29撮影 【今回のログは速報? いやログそのもの...後日、再登場?】


   今回、魔女が初挑戦する山は”日光の社山”です...

        ケン坊は一昨年登っているが魔女は未踏

     (2日前までは晴れの予報が一変して曇り雨に)

   この日の天気は最初から期待薄でも晴れ男の念力で

                  う~~~ん

              その努力の甲斐も無く?




先ずは中禅寺湖湖畔に建つ立木観音前の歌が浜で休憩!

         これから目指す”社山”は湖の奥に...

P1270485.jpg

   今回は中禅寺湖スカイライン・第二駐車場が登山口

       なので、社山への途中に半月山へ立ち寄り

P1270500.jpg

          半月山展望台からの眺望はコチラ!

  展望台から見る細長い尾根道と社山の勇姿(真ん中右)

P1270544.jpg

   そして男体山と中禅寺湖、八丁出島がアクセントに

P1270548.jpg

          そして社山へ向けて半月峠へ向かう

P1270508.jpg

        さて この後ケン坊達の山歩きに何が?
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
ココスの”ハロウィン・マッドパイ半額券”の誘惑に負けて...
2013-10-29-Tue  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
25/10/26撮影 【日本版ハロウィンが徐々に浸透してきた? 商売人に騙されるな!】


    ココスのハロウィン・マッドパイ半額券を戴いたが

           貰わなければ良かった?>笑<


  まんまとココスの営業戦略の餌食になってしまった...

P1270465.jpg

P1270467.jpg

       これが”ハロウィン・マッドパイ”です

P1270469.jpg

     3人で食べましたがケン坊には甘過ぎました...

P1270470.jpg

 大の大人が3人して”コレだけ”を食べるためにココスへ?

             絶対にそれは無いですよね~

P1270476.jpg

      ということで久し振りにディナーと洒落てみた


    
魔女っ子はフォアグラと牛ヒレ肉のステーキ+ディナーセット

P1270457.jpg

P1270452.jpg

   ケン坊はハンバーグセット&カットステーキ+Bセット

P1270460.jpg

P1270453.jpg

  そして魔女はチキンステーキ&帆立ときのこのグラタン

P1270461.jpg

          ディナーのため昼ご飯をセーブ...

     お陰でディナー後もウェイトは全く増えず>笑<

             メタボ対策に苦慮してます

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
我が家の”Web上のオープンガーデン”第六弾?(25年最終章)
2013-10-28-Mon  CATEGORY: 我が家の花たち
25/10/10~22撮影 【我が家の花もネタ切れ...ホトトギスを掲載して最終章に】


   今年最後のWeb上のオープンガーデンになるかと...

        と言っても掲載する花は一種類と少ない

            その花は”ホトトギス”です

P1270335.jpg

          真上から見たホトトギスの花ですが

            どこからみても模様は賑々しい

P1270337.jpg

       真横から見ると花弁の元の部分のところに

              玉のようなものがあります

P1270339.jpg

      いま、まさに開かんとするホトトギスの蕾(花)

P1270340.jpg

           今年の”シロバナホトトギス”は

     写真より先に葉を虫に食べられちゃった>残<

P1260954.jpg

               紫のホトトギスと違って

     茎全体に先端へ向けて10個近い花を付けます

P1260955.jpg



          ホトトギスだけでは寂しいということで

             秋の味覚”柿”が友情出演

           P1270442.jpg

    我が家の柿は2本あるが毎年交替に実を付けます

        今年は東側の柿の木が担当でした>笑<

P1270444.jpg

         柿もそろそろ食べ頃になってきました

              食卓に登るのも間近です

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
初めての”佐野駅周辺そぞろ歩き”でいろいろ発見!
2013-10-27-Sun  CATEGORY: 公園・その他の公園
25/10/19撮影 【やはり佐野は神秘的な街でケン坊の知らない歴史が展開...】


       初めての街は先ずは駅周辺が良いかな?

 ということで”佐野駅(JR&東武)”を起点に散策!



             駅前道路から駅方向を見ると

  駅前広場には”おしどりの像”がありその真後ろが駅です

P1270271.jpg

              左側が橋上駅舎への階段  

         右は佐野駅前交流プラザ ぱるぽーと

P1270274.jpg

              橋上駅舎はこんな感じ...

     手前がJR佐野駅改札口で奥が東武線の改札口

P1270312.jpg

           橋上駅舎から見た駅構内の線路

   左がJR両毛線(小山~新前橋)  右が東武佐野線(館林~葛生)

P1270311.jpg


  これは佐野駅南口の自由通路から南方を撮ったもので

       正面の駅前広場の中央に円形の池があり

    この中に”オシドリの像”が配置されています

     この像は平成元年の”ふるさと創生”事業により

 全市町村に配布された一律1億円の交付金製作したという
     (バブルが弾ける寸前だったのだろうか? 今では考えられない!)

           P1270313.jpg

       佐野駅自由通路を抜けると城山公園に直通

                 佐野の城山公園は

      城山城跡をそのまま活かして作られた公園で

   明治22年に開設された県内で一番古い公園だという

P1270310.jpg

       佐野駅の西側の踏み切りを渡ろうとしたら

        JR両毛線(小山行き)が駅に到着します

P1270282.jpg

     踏み切りの先に白い蔵のような立派な建物が...

         見ると看板に”ふみきりすし”の文字

P1270286.jpg

【ネットから】

こちらは明治10年創業のお寿司屋さん。その後、お店の前に両毛線が開通し、
踏み切りのすぐそばにあったことから「ふみきりすし」と呼ばれるようになった
そうです。
名物のお稲荷さんは、今も変わらぬ味付けで、油揚げを煮るタレは、創業以来、
継ぎ足し継ぎ足し使い、味がよく浸み込むようじっくり煮込んで作ります。

また、お稲荷さんを結ぶかんぴょうも、地元栃木の名産。人気のお稲荷さんは、
1日に2000個、運動会シーズンなどには4000個も売れるそうです。

店内でもお食事がOKで、お店の入り口を入ると左右にテーブルがあり、作り
たてのお寿司を頂くこともできます!!

「作りたてを提供してくれるのは嬉しいですね」ともっぱら評判のお店です。


P1270285.jpg

      今回のケン坊は、ラーメンを予定してたので

        小腹が空いたときのために2個だけ...

P1270317.jpg

  さて駅前広場に戻ると左手にタクシー会社がありますが

       合同タクシーなので通称”合タク”かな(推測)

【パンフから抜粋】

ここの合タクではイギリス製のオースタン「ロンドンタクシー」が観光気分を一層
盛り立てています。

ガソリン車では日本にたった1台という貴重な車で、同社が65年以前に購入した
ものです。ゆったりとしていて最高に優雅な気分を楽しめます。

利用したい場合は予約を入れると良いです。4~5人のグループでの利用に適して
ます。


           う~ん 利用者は居るのかな~

ロンドンタクシーもホコリを被っていてはちょっと残念です!

P1270277.jpg

駅前広場ではイベントのための準備作業に追われてました

      朝市は毎月第一と第三土曜日に開催してます

 ケン坊は”トマト”を購入し福引きに挑戦したがティッシュ!

P1270275.jpg

      駅前広場には司馬遼太郎の石碑がありました

             司馬遼太郎と佐野の関係は?

   昭和18年に学徒出陣し佐野で終戦を迎えたとのこと

     石碑に司馬氏の『私の関東地図』の中の一文が

             ”この国のかたち”と題して

【ネットから】

「…下野の佐野という町は、機業地として知られている。いかにも富裕な町といった
感じで、どんなに小さな家でもたたずまいが清潔であった。

杉板の表面を炭化させた家々の側面がときどき露地をつくっていて、露地のむこう
には軒瓦の列と格子戸が見え、その向こう通りをゆくひとの下駄の音がきこえる
ほどに静かだった。

私は兵隊にとられて二年ぶりで日本の町というものの中を歩いていた。私自身、町
育ちのせいか、佐野の露地から露地へ通りぬけるのが、たまらなく好きだった…」


P1270279.jpg

        佐野駅南口の正面道路の両側を中心に

  数体の”子こどもの像モニュメント”があります
            (後で知ったが全部で9体あるような...)

            夫々に題名が付いていてます

   文字通り佐野の街を散策する出発点に丁度良いかも

           P1270259.jpg

           P1270262.jpg

           P1270270.jpg

           P1270281.jpg

        子どもの像モニュメントを散策していたら

   公衆電話Box脇に”天明鋳物”と書かれた鋳物が

【佐野における天明鋳物の歴史とは】 ネットから

天明鋳物の歴史は古く平安時代にさかのぼり、天慶2年(939年)に、下野国の
豪族であった藤原秀郷が、河内国丹南郡から5人の鋳物師を連れてきて、金屋
寺岡〔現在の足利市寺岡町〕に住まわせ、武器などを作らせたのが始まりだと
言われています。

また、その頃には既に関東地方で鋳物業が発達していて、天慶の乱以降、下野
天明の鋳物業がより盛んになったと言う考えもあります。


           P1270260.jpg

P1270261.jpg

         ”アークステージモニュメント”

【パンフから抜粋】

駅前通りと旧国道50号線を結ぶ交差点広場をアークステージ(600㎡)として
整備され中央に天明鋳物が建ちます。

佐野が昔宮中に献上した灯籠は天をも明るくする灯籠として『天明』と言われ、
この灯籠をモチーフに秀郷公の武威をイメージしてランドマークとなっています。

昼は鐘の塔 夜は光の塔として表情を変え市民に親しまれています。


           P1270316.jpg

   天明鋳物が佐野の特産品の一つとは知りませんでした

      千年の歴史と技を持つ伝統工芸品は意外でした



   僅か1時間ちょっとの散歩で新しい佐野の街の一端に

             触れ合うことが出来ました...

     新たな発見を求め”佐野のぶらり旅”を約束します!



ページトップへ  トラックバック0 コメント4
ゆるキャラグランプリ2013”さのまる”が奮闘中...応援してね!
2013-10-26-Sat  CATEGORY: その他
25/10/19撮影 【2時間の空白、佐野の街は改めて歩いたことがないのでぶらり...】


         初めて佐野駅周辺を散策してみました
            (野暮用ついでの2時間の空白時間を利用)

      いま、佐野市のはケン坊目線で判断すると

     やはり”田中正造””さのまる”でしょう

      *田中正造:没後100年の年にあたり各種の行事が行われた

      *さのまる :ゆるキャラグランプリで優勝を狙える位置にいる

左は橋上駅舎へ続く階段 右は駅前交流プラザ ぱるぽーと

P1270274.jpg

P1270276.jpg

   特に”さのまる様?”は郷土の観光大使役の代表格で

            あの愛くるしい姿で既に全国区

     昨年は”ゆるキャラグランプリ”で4位に入賞してる

           今年も9月~11月...選挙戦中で

   10月の中間発表では”2位”と健闘? もしかして...

        さのまるに”一日一票”をお願いします

P1270258.jpg

    ラーメンのドンブリを被り、B級グルメの芋串を差し
        (前髪は佐野ラーメン、丼には”SANO(佐野)”の文字が)

             いまや引っ張りダコ状態です

           P1270256.jpg

        駅前通りには”さのまるの家”がありました

     たかがゆるキャラ   されどゆるキャラ

         街の活性化を”さのまる頼み”するのか

                      はたまた 

    お遊び心で”さのまる人気”に肖って知名度アップか 

P1270263.jpg

           せっかくなので覗いてみました...

  残念ながら”さのまる(着ぐるみ)”は出張中で留守でした

    中はそんなに広くはありませんがいろんなグッズが

           P1270264.jpg

        店内には多くのグッズが並べられており

           女性の場合、選ぶのに悩みそう?

P1270265.jpg

      ゆるキャラグランプリでの必勝を誓ってました

P1270266.jpg

         10時半なので人出はこれからですが

   それでも親子連れが入ってきたり若い年代の女性も

P1270267.jpg

 ケン坊はささやかに”佐野名水のペットボトル”を1本購入!

P1270330.jpg

       さぁ~ ゆるキャラグランプリ優勝に向けて

        がんばれ! さのまる~~~

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
佐野ラーメン”太七の青ねぎラーメン”
2013-10-25-Fri  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
25/10/19撮影 【全国区の佐野ラーメン、並んでまで食べたいとは思わなかったが】


       このお店の存在を知ってから数年が経過...

            近くに野暮用があったのを機に

    思い切って佐野の”ラーメン太七”へ行ってみた

        10人程度並んでいたが待つことに...

 カウンターが1席人空いたということで2階級繰り上げ当選!

           これって単独行きの恩恵でしょうね

P1270327.jpg

    ラーメン太七は青ねぎラーメンがウリの店

           P1270320.jpg

   店主も看板の”青ねぎラーメン”のユニフォーム着用

P1270321.jpg

     店主の拘り...最初に見てれば良かったなぁ~

           塩よりも”醤油味スープ”が基本!

P1270322.jpg

       10分ほど待って”青ねぎラーメン”が登場

               大きな受け皿が印象的

        まさに”看板に偽りなし!”でした

P1270323.jpg

  表面が葱に覆われて他の具材も麺も見えません>笑<

         レンゲ2種はスープ用と葱用らしい...

P1270324.jpg

  食べる前に”撮影”のため少し具材を引き出そうとしたが

      他の客もいるし席が空いている訳ではないので

  時間をかけず...ようやく具の片鱗が見えた所でパチ!

P1270325.jpg

     少しお腹に入れた後に...麺は太く縮れ麺です

         麺はしっかりと腰があり歯ごたえ十分

   ゴマの香りとネギの甘味、そして麺の美味さが絶妙!

P1270326.jpg

                 まさに看板どおり

    ”佐野・青ねぎラーメン食べてきました”

            って感じでした ごちそうさん!

P1270328.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント4
お知らせ! 今年も”SOUL & GOSPEL”が開催されます
2013-10-24-Thu  CATEGORY: 魔女っ子と仲間
25/10/24撮影 【魔女っ子が属するコーラスグループが今年も魅せます クリコン!】


World Soul Chorus Utsunomiya 
       (ワールド ソウル コーラス 宇都宮)
       Christmas Concert 2013 情報!
           (クリスマス・コンサート)

        日程: 2013年12月14日(土)

        会場: 栃木県総合文化センター

        開場: 18:00  開演: 18:30

        チケット: 2000円

           P1270438.jpg

     年末という大変にご多忙の時期ではありますが

        古くから”忙中閑”という言葉もあります

  僅かな空き時間を”クリコン”で満喫してみませんか?
                (クリスマス・コンサート)

           開催日は12月14日(土)です

P1270439.jpg

  万障お繰り合わせの上 会場にお出かけ戴けますよう

              よろしくお願い申し上げます


お問い合わせは

  HAT(倉谷製帽所)
    Tel: 028-633-5883(倉谷)
    Mail: wscu@goo.jp
    URL: http://www12.plala.or.jp/wscu/

プレイガイド

  チケットぴあ
    FKDインターパーク店、FKD宇都宮店
  栃木県総合文化センタープレイガイド


  一人でも多くの方が足を運ばれることを願っております
                           (By ケン坊)

ページトップへ  トラックバック0
大谷七名山のひとつ”戸室山”という名も無い里山を探検?
2013-10-23-Wed  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
25/10/04撮影 【戸室山を登れば”大谷七名山”をクリアすることになります...】


   宇都宮の西部地区に”大谷七名山”があるというのを

       数年前に知りパンフレットを入手していたが

           P1260581.jpg

   スッカリ忘れて...何気に整理してたら出てきました

       見ると七名山のうち6個は既にクリアしてる

           P1260579.jpg

              山と言っても標高228㍍で

     登山する山とは全く別次元の...そう 丘ですね

 郊外を車を走らせるとアチコチに名も無い山が見えますが

       そうです...”戸室山”が今回の山です

P1270385.jpg

   こんな低い山なのに写真枚数だけは一人前?>笑<

           P1260582.jpg

             戸室山神社が祀られた山...

      大きな一の鳥居の両側に各5台程度の駐車場

         もちろん車はケン坊の一台のみ>笑<

P1260526.jpg

      一の鳥居に続いて奥に二の鳥居が見えます

           一の鳥居はかなり老朽化してます

P1260525.jpg

        神社へ続く階段は...208段あるらしい

           P1260576.jpg

           階段の脇にはノアザミがチラホラと

P1260574.jpg

     いきなりの200段越える階段に四苦八苦したが
       (石の階段もナナメになっていたり欠けていたり要注意です)

            狛犬が出迎えてくれました...

          昭和12年生まれの狛犬のようです

P1260532.jpg

     神社でよく見かける狛犬と思ったが良く見ると...

        狛犬の前足は鞠と子狛犬に触れてません

           P1260570.jpg

           P1260571.jpg

      ココが境内でしょうか? 狭いですが広場です

  右手の高台を見上げると”拝殿か本殿”らしき建物が?

P1260569.jpg

        この石碑には”神楽殿新築記念”の文字が

           P1260565.jpg

         おぉー ココが神楽殿のあった場所か?

             それにしちゃ 狭くないかい?

P1260568.jpg

      恐るおそる塗装の剥げかけた建物に近付くと

            もう過去の神社なんでしょうか? 

   階段を登って中を覗こうとしたが暗くて何も見えません

P1260537.jpg

       建物の左手を回ると山頂に登れそうです...
              (この写真は帰りに撮ったものです)

           P1260563.jpg

   そして裏手から中を覗くと神殿の屋根?が見えました

P1260539.jpg

          さすがに大谷地区にある山ですね~

       アチコチに大谷石の塊がゴロゴロしています

     いや違った! 塊の一部が地表に露出しています

P1260545.jpg

      何方かが”胎内潜り岩”と言ってるようですが

        お腹が邪魔してケン坊には潜れません!

           P1260562.jpg

        おぉ~ これが通称”団子岩”ですか~

           乗れますが少し怖いです>笑<

P1260546.jpg

      団子岩の左側をすり抜け...前に出て見ると

             おぉ~絶壁です>冷;<...

          眺望も良く遠くに二股山も見えます

  右に古賀志山も見える筈なんですが木の枝に邪魔され

P1260558.jpg

   そしてこんな大谷石の塊をすり抜けると山頂が近い

P1260549.jpg

                  ここが山頂です...

     登山口から写真撮りながらでも15~20分です

          山名板が2枚も掛けられていました

P1260550.jpg

        こんな低い山にも”三角点”がありました

               魔女の儀式です>笑<

P1260552.jpg

    228㍍の里山にもドラマはあるんですね~>笑<
        (ドラマではなく十分にブログネタにもなります...)


【大谷七名山とは】

①鞍掛山(くらかけやま)492m
 ・厳しかな滝の御神体と大岩からの絶景は宇都宮に残された秘境。
 ・標準タイム(鞍掛登山口から往復)2時間


②男抱山(おただきやま)338m
 ・縁結びの祠が鎮座する伝説の双耳峰。
 ・標準タイム往復で1時間15分


③多気山(たげさん)377m
 ・天然記念物の自然林と霊験あらたかな不動尊のある山城跡を歩く。
 ・標準タイム1時間45分


④戸室山(とむろやま)228m
 ・大谷石で形成された百穴伝説の残る山。
 ・標準タイム往復で45分


⑤御止山(おとめやま)184m
 ・日光輪王寺にマツタケを奉納した入山禁制の山。
 ・標準タイム30分


⑥御岳(おんたけ)546m
 ・ハイキングからクライミングまで色々な楽しみ方のできる森林公園の名峰。
 ・標準タイム往復で3時間


⑦古賀志山(こがしやま)583m
 ・ハイキングからクライミングまで色々な楽しみ方のできる森林公園の名峰。
 ・標準タイム往復で3時間



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
ジュウガツザクラを追って公園へ?
2013-10-22-Tue  CATEGORY: 公園・天平の丘公園
25/10/17撮影 【時には秋の柔らかい陽射しの中を散歩...こんな自由空間が】


     何時だったか9月に咲いていた1本の桜を見つけ

   ジュウガツザクラは9月に咲くのかって思ってましたが

         いま思えば狂い咲きだったんですね~


    時間を見つけて”天平の丘公園”を訪ねて見た

P1270189.jpg

       やはり咲いてました...2~3日遅いかも?

P1270191.jpg

   この日の澄んだ青空にジュウガツザクラが映えます

P1270194.jpg

  公園の西方(民族資料館の手前)に円形の丘があります

P1270214.jpg

      ”平成の丘”と名付けられた丘の縁起は...

P1270211.jpg

               丘の上は平になっており

        サルスベリの古木と大きな二段重ねの石

P1270205.jpg

         サルスベリに下がる大石の謎の説明板

P1270206.jpg

     この大石には”銭成石”という名がありました

P1270207.jpg

    下の石畳で手を打つと”鳴き竜”がするというので

                さっそく魔女が...

    ”水琴窟”から聞こえる音に似た音叉のような音が

P1270203.jpg

  そして丘の上から見る”夜明け前”という民族資料館

P1270208.jpg



       続いて”蔓巻公園”をついでにブラブラ散歩

         姿川の土手沿いに作られた公園です

P1270237.jpg

     公園の殆どが緑の芝生で埋め尽くされています

           公園なので遊具も少しありますが

  平日の公園では子育ての爺・婆とお孫さんの姿も多い?

        コレ(↓)魔女の好きなローラースベリ台

P1270221.jpg

      姿川をバックに”セイタカアワダチソウ”も様に

          アチコチに蔓延り喜ばれないが...

P1270229.jpg

      遠くから見える景色に”何の花だろう”と思って

                 急いで歩いてきたら

     何と”アジサイのアナベル”の果穂でした>笑<

P1270235.jpg

    帰りはポイントカードの有効期限が切れちゃうので
        (ポイントカードは6ヶ月間利用が無いと無効になるという)

            木曜日は”合掌”の半額ランチを

         今日は”海老・ヒレカツ定食”が780円

P1270239.jpg


ページトップへ  トラックバック0
大真名子山(後編:帰還まで)平成25年-05(in日光市)80/100
2013-10-21-Mon  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/10/14撮影 【今年の栃木百名山”5座目”も無事に...初の山頂シェー実演】


    登山口から1時間50分で大真名子山山頂へ到着

           (大真名子山の前編はコチラ)

        途中、ご夫婦と出会っただけ(寂しい)

      山頂はまあまあの広さですが展望はバッチリ!

 何よりこの素晴しき眺めを二人占め出来たのは最高でした

P1270130.jpg

   山頂には御嶽座王権現(国常立尊)の銅像が安置され

P1270114.jpg

     御嶽座王権現の手前に大真名子山神社の社殿

P1270110.jpg

         そして大真名子山神社の石祠が二基

P1270111.jpg

P1270112.jpg

 お決まりのポーズをしようと三角点を探したが見つからず
       (帰ってから判ったがコレより北にあるらしい? でも...)

      山頂左のシャクナゲが生い茂る中を覗いたら

   地蔵菩薩(結城講が奉納したもの)石仏が鎮座してた

P1270136.jpg

         いよいよ山頂からの眺めを満喫します

*小真名子山
P1270117.jpg

*帝釈山(手前)と痩せ尾根で繫がる女峰山(奥)
P1270116.jpg

*こちらは太郎山(その奥に見えるのが燧ヶ岳)
P1270137.jpg

*眼下には中禅寺湖が見えます
P1270135.jpg

           そして山頂で魔女の恒例の...?

   三角点が見つからず残念ですがタッチポーズは無し

           P1270119.jpg

            ケン坊はその奥の岩場に移動し

       奥座敷に聳える”日光連山”を指差し確認?

P1270124.jpg

      足場の良くない岩の上で誰も来ないのを確認

         一部で流行の”山頂シェー”を実演!

 「山頂シェー同好会の方」 ケン坊も会員になれますか?

P1270125.jpg

            その直後、山頂には3組が...

      うち一人は小真名子山から縦走してきたという

    その小真名子山と女峰山をもう一度目に焼き付けて

         (小真名子山縦走の選択肢も考えたが)

     今回(後も無いと思うが)は往路を戻ることにした

P1270129.jpg

        山頂岩の日陰には霜柱が...早いです

    2000㍍級の山では着実に冬に向かって進んでます

P1270132.jpg

     さぁ~ 復路はいきなり”千鳥返し”からスタート

        下りは目の高さ分が”恐怖心”になります

           ケン坊は小さくて良かった>笑<

P1270144.jpg

             魔女もしっかりと鎖を掴んで

    岩場に足を置く場所を慎重に選び時間を掛けます

           P1270148.jpg

       下りは熊等の不安は全くありませんでした

           何で? 意外に入山者が多かった

    往路の2名、山頂での3名、この後12名の計17名



          早くも三笠山神像まで戻ってきました

   往路ではコースを楽したため像の横に出てしまったが

P1270151.jpg

復路は正規ルート...像の住まいはかなり高い場所でした

           P1270152.jpg

        登りはあんなに喘ぎながら苦労したのに

    帰りはチョンチョン跳ねして...一気に降りる魔女

           P1270155.jpg

   登りでは気付かなかった紅葉...下りはバッチリです

P1270156.jpg

P1270162.jpg

      おぉ~ 見覚えのある景色まで戻ってきました

         後は登山口までは時間の問題ですね

P1270163.jpg

       10:45 遂に登山口へ無事に帰還しました!

           往復で3時間45分(休憩を含む)

P1270169.jpg

 切りの良い80座目”大真名子山”は天候と絶景に恵まれ

   ケン坊にとって素晴しい山歩きになりました>完<


ページトップへ  トラックバック0 コメント14
大真名子山(前編:山頂まで)平成25年-05(in日光市)80/100
2013-10-20-Sun  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/10/14撮影 【幕末に木曽御嶽山が勧請された霊山”大真名子山”へいざ出陣】


       栃木百名山も今年4座しか征服していない

 5月の鳴蟲山・尾出山・火戸尻山、そして9月の女峰山だ

             そろそろ秋山シーズンになり

      数少ない可能性のある栃木百名山の中から

         日光の”大真名子山”を指名した

P1270182.jpg

 指名根拠は三連休なら入山者が居るのではとの淡い期待

    魔女に探り入れたら”快諾”で案ずるよりも何とやら

   6:20 駐車場は”志津峠” 既に満車で路駐することに

P1270048.jpg

【大真名子山の名の由来】 ネットより

男体山と女峰山という両親を持つ「愛子(まなご)」であり、北隣の小真名子山は
弟(妹)分にあたる。つまり兄(姉)という意味を込めて大真名子山と名付けた。


大真名子山は標高2375㍍で県内でも10指に入る高さです

      さて何とか路駐(違反)ですが車は停められた

          だが、みんな男体山へ歩き出す中で

    魔女と二人、果たして大真名子に登って良いものか?

          この登山口を見て足は止まったまま
        (大真名子山へ登るグループは居ないのかキョロキョロ)

P1270051.jpg

   大真名子山入口の道標の下に”峠のお地蔵さん”が
        (前は頭の部分が欠けている? 後ろは木製のようです)

         ”ようこそ 気を付けて行ってらっしゃい”

   7:00 思い切って熊笹の茂る登山道へ足を踏み入れた

           P1270050.jpg

  登山道は思ったよりも落葉が進み陽射しも射し込んで

      明るい感じですが背の高い熊笹が唯一不安!

           P1270054.jpg

   物音を聞き逃すまいと耳に神経を集中しゆっくり歩く

          5~6分もすると背の高い石碑が...

        ケン坊の目には”守久霊神”と見えたが?

           熊笹がここから低くなりホッ>笑<

P1270055.jpg

        登山口からやや平坦な小道を10分弱で

                 一合目に到着です

大岩の上から御嶽山信仰の八海山神銅像が見下ろしている

               まさしく憤怒顔の形相です

           P1270057.jpg

P1270059.jpg

      左側の笹原に大きな三基の霊神碑があります

   左から弘要霊神(清波月照命)・弘徳霊神・和真霊神

P1270060.jpg

     ここを境に熊笹も消え...荒れた登山道とともに

         急な登りで一気に”登山モード”に変身

           P1270065.jpg

    登山口から25分 振り返ると何と”日光白根山”が

P1270069.jpg

         そして”男体山”もステキな勇姿を現した

P1270072.jpg

           登山道は聞きしに勝る急登です...

   急登という表現ではちょっぴり物足りないくらい>笑<

P1270074.jpg

               大岩の手前を通り抜け

P1270078.jpg

    登山口から1時間10分で”約12㍍の鎖場”ですが

          実際には使用しなくてもクリアできる

           P1270079.jpg

    登山道以外の踏み跡が登山道になることもあるが

踏み跡を進むと”三笠山神(三笠刀利天)”を見損なうことに

    小休止を兼ねて景色を見ようと登山道から外れたら

        偶然にも”三笠山神像”の立つ岩の横に

                ここが八合目になります

           P1270091.jpg

       そしてそこから眺める景色も素晴しいの一言

          急登で喘いでいた魔女も満足の歓声

            日光白根山             金精山
              ↓                  ↓
P1270088.jpg

                   もちろん男体山です
P1270092.jpg

    そして日光三険の一つ”千鳥返し”まで辿りついた

  鉄の鎖とハシゴ、荒々しい岩も思ったよりも歩き易い?

              案ずるよりも生むが易し!

【因みに日光三険とは】 ネットから

 ①千鳥返し
   志津峠と大真名子山の間にある難所。鎖と梯子が据え付けられている。

 ②馬の背渡り
   女峰山と帝釈山の間にある狭い尾根上の道。

 ③新薙
   太郎山の山肌のガレ場。


         写真では”斜面の角度”が表現できない

    もはや”斜面”と言うより”崖か絶壁”の表現が正解?

            コレが仰ぎ見る”千鳥返し”です

           P1270103.jpg

            そして見下ろす”千鳥返し”です

P1270104.jpg

      千鳥返しを登りきると絶景が祝福のお出迎え

           P1270107.jpg

           ”千鳥返し”から程なく山頂に到着

     8:50 登山口から1時間50分はまずまずかな?

         標高は2375.4㍍で、一番の高台には

     衣冠束帯姿の座王権現(国常立尊)の銅像です

P1270115.jpg

        さて、山頂からの眺めは次回(後編)で...


【参考】 ネットから

御嶽信仰の神である三体の銅像【御嶽座王権現、八海山神主(大頭羅多神主)、
三笠山神(三笠刀利天)】は、150年前の物とは思えないほどきれいである。

この三体の御神像は、文久三年(1863)に江戸で鋳造され壬生河岸まで舟で
運ばれ、その後は陸路で日光まで運ばれ、山頂の御神像は栗山道を馬立を通り、
鷹ノ巣を経て担ぎ上げられている。

八海山神と三笠山神の御神像は志津道を登って安置された。
いずれも強力の肩によって担ぎ上げられている。


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
昇段試験の練習? 見事な”手打ち蕎麦”です!
2013-10-19-Sat  CATEGORY: 戴きシリーズ
25/10/11撮影 【久し振りに”戴きシリーズ”。この種のレポは中断してましたが...】


  魔女っ子が”打ち立ての蕎麦”を戴いてきたという

        一人前づつラップに包まれ...3人前?

 何でも友人の父親が”昇段試験の練習?”で打ったらしい
          (ケン坊の山仲間の蕎麦打ち有段者とは別人です)

P1260483.jpg

   早速、ラップを外し付いていたレシピに沿って茹でます

P1260486.jpg

     30秒前後で良いのに少し多めに茹でちゃった?

P1260488.jpg

                  色白の細麺です

      お手製のかき揚天婦羅と薬味に葱を刻み...

         美味しかったです ”ごちそうさん” 
                        (朝ドラ風に言ってみました)

P1260491.jpg

    あははは 蕎麦繫がりで”紅白の蕎麦の花”を掲載

*鬼怒グリーンパークにて撮影
P1260965.jpg

P1260967.jpg

(白は花も終わりかけて実が生り始めてます)
P1260969.jpg


こちらは魔女が悪友から”栗の渋皮煮”を頂戴しました

         毎年作るという悪友...美味しいです

 コレ↓はケン坊がとりあえず割り当てられた分です>笑<

P1260951.jpg

   横着して楊枝で割ったらこんな結果に...ゴメン!

P1260952.jpg

             ”どちらも ごちそうさん”

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
今年の”十三夜”は朧月夜のようでした...
2013-10-18-Fri  CATEGORY: 我が家のイベント
25/10/17撮影 【我が家のイベントも辞めるタイミングがなく今年も飾りを...】


 十五夜が過ぎれば十三夜が...毎年の事ながら>笑<

                 あれから1ヶ月...

   十五夜の月は綺麗でしたが今夜の月は朧月夜状態

         今夜の我が家のイベントはこんな感じ


           *家の中でひっそりと下取(撮)りして確認
           P1270246.jpg

           *カーテンを開けて...上から覗いてみました
           P1270245.jpg

           *窓を開けて”さぁ 十三夜”の開演の始まり
           P1270251.jpg

           *そして部屋の灯りを消して...
           P1270253.jpg

         さて来年はどんな十三夜になるかな~

     な~んだ 来年もやるつもりじゃないの?>笑<

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
今年4月に”道の駅・八ッ場ふるさと館”がオープン...
2013-10-17-Thu  CATEGORY: ○○の駅
25/10/08撮影 【現道は何度か走ったが、湖面橋の眺めもバイパスも初めて...】


草津白根山の帰りは”八ッ場ダム”を見るため立ち寄り

  今年4月に

         ”道の駅 八ッ場ふるさと館”

                                      がオープン


 前政権は”工事中止”の公約実現に向け180度転換したが

     今は現地では橋梁工事や関連施設が着々と進む

          ”あの2年間の空白”は何だったのか?

*最大に拡大すれば少しは見られるかも
P1270188.jpg

    八ッ場ダム建設に関しては賛否両論ありそうなので

         ケン坊は見たまんまの報告に徹します

P1260936.jpg

    景色を早く見たくて建物はなおざりに...>笑<

        場所は不動大橋(湖面2号橋)の袂です

P1260921.jpg

   食堂にレストラン、八ッ場市場、Yショップ、足湯...

               情報コーナーもあります

P1260948.jpg

駐車場は90台弱(普通80台、大型バス6台、福祉車両用3台)

    八ッ場ダムが完成した直後暫くは満車になりそう

        この日(平日)は30台前後だったかな?

P1260940.jpg

        これが不動大橋(湖面2号橋)590㍍です

   この橋以外に丸岩大橋(湖面3号橋)も開通してます

        早速 不動大橋の中程まで散策しました

P1260937.jpg

           不動大橋から下流方向の眺め...

      奥に工事中の”湖面1号橋(仮称)”が見えます

        この眺めもダムが完成し水が貯えられると

               景色は一変しちゃいますね

   というより、湖底に沈む生活の拠点や施設を思うと...

P1260930.jpg

P1260932.jpg


             今年も稲作が行われてます

       田んぼで天日干しする景色が見られました

P1260927.jpg

     国道145号(八ッ場バイパス)の久森トンネル

P1260928.jpg

     国道145号線の八ッ場バイパスと久森トンネル

R145現道やJR吾妻線(現線)、吾妻川も湖底に沈む...

P1260934.jpg

   不動大橋から真下の河川敷?を見ると建設資材が

P1260933.jpg
                        
                        
                        

       以下、参考までにパンフレットを掲載します

P1260945.jpg


           P1260946.jpg


P1260947.jpg

    まだまだ関連する施設や場所等も寄りたかった...

        新JR吾妻線・川原湯温泉駅(工事中)等

         次回は寄り道じゃなくメインで>笑<

    完成後も良いですが今現在の姿も是非ご覧下さい


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
速報! 三連休の最終日は日光の山頂で絶景を眺めてました...
2013-10-16-Wed  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/10/14撮影 【入山者の少ない山? 気乗りしないが”栃木百名山”ゆえに...】


  先週、草津白根山を登って身体が慣れてきたところで...

        鈍らないうちに栃木百名山を登ろうかな~

   三連休なら入山者が居るのではとの淡い期待を持って

       魔女に探りを入れたら”良いわよ”だって...


     その山とは? 山容は”こんな姿(真ん中)”です

                簡単でバレバレですね

P1270182.jpg

      山頂からの眺め...右は9月に登った山です

P1270128.jpg

      そしてコチラ...奥に”燧ヶ岳”ですね

P1270137.jpg

          コチラは日光のシンボル的な山です

P1270096.jpg

    そして駐車場は”志津峠” 既に満車で路駐に...

P1270171.jpg

             登られた方なら簡単でしたね

     今回の山歩きは”大真名子山”ピストンです

          写真の整理が終わったら掲載します
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
草津白根山の火口(釜&池)めぐり?
2013-10-15-Tue  CATEGORY: 日本百名山
25/10/08撮影 【弓池は前回散策しましたが、湯釜は初めて見学してきました...】


写真左は観光客が湯釜(白根山)に向かって歩く列が出来てる
         (ケン坊は8:30頃に見学...写真は9:00頃のもの)

     9時を回った時間ですが観光客の出足は早い!

    ケン坊もこの青空のあるうちに湯釜を見ておこうと

         山歩き前の準備運動代わりに往復した

P1260771.jpg

          登り10分ほどで避難所?があるが

   ココの景色に釘付け...思い掛けない光景に満足!

      ”北アルプスの山並みが見える”という声に

                思わずカメラを向けた

       アレが”槍ヶ岳”と親切に教えてくれる方も
        (写真真ん中より右方の尖った山が槍ヶ岳らしい...)

P1260753.jpg

             思わず何枚も撮りましたが

      ケン坊のカメラではコレが望遠の限界>悔<

            ここも北アルプスの一部です

P1260754.jpg

  南アルプス...教えてくれる人を信じるしかない>笑<

P1260755.jpg

   避難所から5分も歩くと”乳白色の湯釜”が見えました

         湯釜の奥に見えるのは日光方面の山?
            (全く自信はありませんが方角としては...)

なお湯釜ですが

    直径約300㍍、水深約30㍍、水温18℃の火口湖

     世界でも有数の酸性度が高い湖と言われている

P1260758.jpg

      まだ9時前なのでお日さまの位置が低いため

           内側の山肌は影ってて暗いですが

P1260759.jpg

     湯釜の外輪山の岩肌の色には驚きました...

          何と表現したら良いか判りません

P1260747.jpg




     もう一つの”弓池”は駐車場の反対側にあります

            湯釜遊歩道から見る弓池(↓)

       奥には既に掲載済の”逢ノ峰”全体像です

P1260751.jpg

     逢ノ峰登山道から見る”弓池”...良い眺めです
                (右の山が湯釜を抱える白根山)

            なお弓池ですが、周囲800㍍で

      西側一帯の湿原と木道で周回でき1周約20分

P1260773.jpg

  満々と水を貯えた弓池にナナカマドの赤い実が綺麗!

P1260899.jpg

  そして弓池と隣接した湿地帯を周遊する木道で小休止

      池の奥(高台の下)が白根火山駐車場なので

 最後に池や景色を愛でながら歩き疲れた足を労わります

P1260902.jpg

    弓池に築山のような先の尖った奇岩”蓬莱岩”...

P1260770.jpg

               木道脇の案内板によると

P1260900.jpg

P1260905.jpg

P1260909.jpg




    もう一つ”明治火口”が駐車場の近くにあります

            小さいので見落としがちですが

P1260912.jpg

P1260913.jpg


    その他”鏡池”もありますが登山編で掲載済です


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
紅葉も過ぎてしまった”草津白根山”ですが...(後編)
2013-10-14-Mon  CATEGORY: 日本百名山
25/10/08撮影 【今日の予報は曇りでしたが、終日”完全にハズレ”状態です...】


                 草津白根山(前編)

 前編に引き続き後編は”本白根山展望所”からです
                (この地図では⑦から⑫です)

P1260941.jpg

  前編の”本白根山遊歩道最高点”から尾根を戻る際に

          もう一度素晴しい眺めを見納めます

P1260812.jpg

     本白根山展望所への分岐点まで戻ってきました

           少し登りが厳しそうですが...

依然として青空がケン坊の上空に...気持ちが良いです!

P1260834.jpg

        ”もう少しだ 頑張れ 魔女!” 

          奥は”本白根山遊歩道最高点”です

P1260835.jpg

  ”日本百名山&草津白根山本白根山展望所”の標柱

P1260836.jpg

                 白根火山・湯釜方面

P1260837.jpg

                浅間山(黒斑山)方面

P1260838.jpg

真ん中が本白根三角点で右が本白根山遊歩道最高点です

        左奥に見える”乳頭のような山”の名は?

P1260840.jpg

        そしてケン坊の登場もいつもの姿>笑<

    残念ながら”シェー”ができる状態じゃないんです

P1260844.jpg

          なにせ、行き先を前夜に決めたので

 お昼はセブンの”新発売お握り”と後は家にあるもの...
         (このお握りはケン坊好みで...リピートしたい)

P1260845.jpg

            最初は気付かなかったが岩陰に

       ひっそりと佇むお地蔵さんと熊野修験の御札

           P1260841.jpg

      シェーポーズが出来なかった訳はこの団体さん

       今日はどの登山道も人の切れることが少なく

          熊さんの出る幕はありません>笑<

P1260848.jpg

       復路は往路と同じく反時計回りに進みます

    背の低いハエマツの中に突入し、ふと振り返ると

            さっきまで休憩していた展望所

P1260851.jpg

     雑木の中を歩くとイワカガミの光沢ある葉の群生

               そして赤い実は何かな?

P1260852.jpg

    展望所から15分で鏡池へ到着(意外に早かった?)

P1260853.jpg

            少し足もだるくはなってきたが

      鏡池だけのために再び訪ねることはないので

              下まで降りることにした...

P1260855.jpg

  完全に紅葉は終わってます 後は木枯らしを待つのみ?

    写真の悪戯ではありません いかにも冬景色です

P1260856.jpg

          全体的に小波が立ってて残念ながら

   池の中に見えるという亀甲状の模様は見えなかった

P1260858.jpg

  そして再び登山道に戻るとシラタマノキの実がお出迎え

P1260862.jpg

        その後は林の中の登山道をテクテク歩き

      木々の葉が落ちて見通しも良くなってきてます

P1260865.jpg

     今回は魔女の登場する場面が少なかったので

            無理に挿入してみました>笑<

           P1260868.jpg

   少し下ると残りの紅葉が最後の輝きを魅せてくれた

P1260869.jpg

      唯一の沢渡り? ハシゴで昇降で難なくクリア

          いよいよ本白根山登山の終盤です

P1260872.jpg

          おぉ~ 白根火山ロープウエイだ~

P1260874.jpg

   紅葉が盛りだったら絵になるだろうな~と思いつつ

              本日のピーカンを思い出し

         最高の山歩きだったことに感謝感謝です

P1260880.jpg

  登山口の分岐点(逢ノ峰と弓池コース合流点)まで帰還

P1260882.jpg

      そして最後は”弓池コース”を歩いて駐車場へ

P1260914.jpg


     こうして”草津白根山”の山歩きレポは完ですが

          次回以降も関連ログを予定してます


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報! 栃木県誕生140年記念”とちぎグリーンフェスタ2013”が開催
2013-10-13-Sun  CATEGORY: イベント(まつり)
25/10/12撮影 【あくまでもイベント情報。NAOさんの情報で行ってきました】


         栃木県誕生140年記念と題した

”とちぎグリーンフェスタ2013”が開催中です!

    県内5会場で同時開催! 是非お出かけ下さい

           会場①:とちぎわんぱく公園

           会場②:真岡井頭公園

           会場③:みかも山公園

           会場④:日光だいや川公園

           会場⑤:那須野が原公園

           期間:10月12日(土)~20日(日)


     今回は”とちぎわんぱく公園”から一部をご紹介


           P1270044.jpg


           P1270045.jpg

            さすがに今日は人出が多いです

P1270016.jpg

  ガーデニングコンテストも開催してます(一部紹介します)

P1270018.jpg

P1270019.jpg

P1270023.jpg

P1270021.jpg

           いろんな花が咲き乱れて綺麗です!

P1270027.jpg

P1270035.jpg


            他会場の案内パンフレットです

           P1270046.jpg


           P1270047.jpg

       土日を中心にイベントが企画されています
ページトップへ  トラックバック0
紅葉も過ぎてしまった”草津白根山”ですが...(前編)
2013-10-13-Sun  CATEGORY: 日本百名山
25/10/08撮影 【少し詳細になってしまったが、初めて登る方のためも配慮...?】


 この時期の山歩きなら”紅葉”が行き先を決めるポイント?

       ”那須・姥ヶ平”も行くなら”今でしょ!”

 今回は魔女の決断で”草津白根山”へ挑戦することに
      (ケン坊は以前に一回歩いているので、一部分を除き2回目に?)

           前夜、寝る前にファイナルアンサー

       決定したら悩みません 草津白根山モードに

  さて4時起きで5時出発(果たして魔女は大丈夫かな)?


   渋川伊香保ICで降り、中之条経由で草津へと向かう

  天気が良くなりそうな? あれれ?? 太陽まで???

         草津温泉街を通過する頃にはピーカン

  最近精彩を欠いていたケン坊の”晴れ男”が久々復活


白根レストハウス(白根火山駐車場)
P1260769.jpg

         今回のコースは下図に番号を付けたが

    天候が急変しないうちに”湯釜”を見学しちゃおうと

        湯釜を先(報告は後)にし、徐に逢ノ峰へ

P1260941.jpg

  草津白根山の名は知っているが実態が判ってなかった

どうも”白根山・本白根山・逢ノ峰”の総称らしい!


       ”探勝歩道最高地点”も何とか理解できたが

   本白根三角点と本白根山の位置関係が理解できない
       (三角点って山頂にあるものという先入観が間違っている?)

           まぁ 前置きはこの位にして...

        コースは弓池経由と逢ノ峰経由とあるが

   往路の元気なうちに”逢ノ峰”を歩くことにした>笑<
            (ケン坊は逢ノ峰コースは初めてです)

       湯釜の歩道から見る”逢ノ峰”の全容はコレ
(弓池の奥に見えるが、駐車場の道路の反対側が登山口であまり高く感じない)

P1260752.jpg

        整備された逢ノ峰山頂へと続く木の階段

    日本百名山ということもあり登山道はしっかりです

           P1260779.jpg

      逢ノ峰登山道から眺める”弓池と白根山”方面

              空の色を写した弓池(復路)

      そして右側の駐車場の上の白根山もバッチリ

P1260773.jpg

        湯釜を囲む荒野のような景色に唖然です

P1260775.jpg

     もちろん登山道ですからこんな場所もありますが

    大半が木の階段...傾斜のあるハイキングかも?

P1260778.jpg

     万座から志賀高原方面...山の名前が判らず

  奥の方に微かに見えるのが多分”北アルプス”ですね

P1260780.jpg

    木の階段もきついですが15分弱で逢ノ峰の山頂に

         山頂にはこんな形の休憩所があります

 先客がいて...話をしてたら何となんと宇都宮からだとか

   しかも聞いてビックリ 男性は隣町...世間は狭い!

P1260785.jpg

  逢ノ峰山頂を反対側に下山すると2~3分でリフト乗り場

           どうやら本白根山へのリフトらしい
        (夏の営業(コマクサ目当て?)は9/1で終了してます)

P1260786.jpg

           こちらも木の階段を降りて行くと

    弓池からのコースと合流したココが本白根山登山口

P1260788.jpg

前回、入山者が少なく単独の寂しい登山は時計回りだったが

       今回は前のパーティに習って反時計周りに

   ゲレンデ脇の分岐を右に入ると”熊避け用の釣鐘”が

P1260789.jpg

  登山道にはピークを過ぎようとしてるゴゼンタチバナの実

           P1260790.jpg

        そして日陰には紅葉の残骸がみられます
  (昨夜(11日)、紅葉だよりで草津白根山は見ごろと放映してましたがウソ!)

P1260791.jpg

     逢ノ峰と同様にコースは全体に整備されています

          幅の広い木道...なだらかな傾斜

    いわゆる”白根山”という厳しいイメージは全くなし

           P1260792.jpg

           登山道の途中にこんな光景が...

   見て読んでいる時は何だか判ったような気分になるが

       三歩も歩かないうちに彼方へ~~~>笑<

P1260794.jpg

      4~5分も歩くと前方が開け”から釜”が出現

案内板があったが薄れているのと光で反射して読み辛いが

【案内板より】

目の前にひろがるすり鉢状の窪地がから釜です。直径300m、
深さ30~40mで噴火のさいにできた爆裂火口です。
草津白根山には湯釜や鏡池などたくさんの爆裂火口があります。


P1260800.jpg

        すり鉢状の火口周辺の砂礫の斜面には

    7~8月には見事な花を咲かせていたと思われる

           コマクサ群落痕(葉が枯れてる)が
          (一株だけ辛うじて生きている証の色を残していた)

P1260802.jpg

   から釜の中には所どころ紅葉時期を感じさせる景色も

P1260806.jpg

   そして本白根山展望所と探勝歩道最高地点の分岐に

              コチラが本白根山展望所

      本白根山展望所からの眺めも早く見たいが...

P1260809.jpg

   せっかくなので本白根山探勝最高点を目指すことに

    そう コチラが本白根山探勝歩道最高点方面です

P1260810.jpg

  分岐点から数分、最高地点へ向かって歩きだした...

         すると尾根から左手に広がるこの眺め

  目の前に浅間山...いつもとは反対からの眺めなので  

  最初に見た時は浅間山に似てるな~程度でした>恥<

P1260812.jpg

     そして良く見ると遠くにシルエット状態の富士山も

     富士山
      
P1260814.jpg

  探勝歩道最高地点から本白根山の展望所方面を望む

P1260822.jpg

    そしてココが”探勝遊歩道最高地点(2150㍍)”です

        奥に見える本白根三角点(2165㍍)へは

  火山ガス発生の恐れがあり立ち入り禁止となっています

P1260827.jpg

      ここでケン坊が失態!(事前勉強不足でした)

        この(↓)横向いた”本白根山”の山名板

  本白根山山頂は三角点(前の写真)だと思ってたのに

 実は山名板方向に”本白根山山頂(2171㍍)”

             完全に見落としです>残<

P1260829.jpg

    (何も知らずに復路で撮った写真に”本白根山山頂”が写ってました)

      多分、この山が”本白根山”だと思いますが!

P1260849.jpg

       次回は”本白根山展望所~復路”です...


おまけ(決断:前夜の会話から)

那須も草津も天気は終日曇りの予報だし...だったら那須は諦めて
初めての山のほうが新鮮で良いんじゃないの~?


でも、3時間以上の時間とガソリン、そして高速料金を払って紅葉も
既に終わった景色だったら近場の方がマシだと思うけど...


だって、那須は今年は何度も行ってるし~~~ ケン坊がどうしても
って言うなら那須でも良いけどぉ...
 

じゃー 草津白根山で良いよ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
情報! 鬼怒グリーンパークの”コスモスまつり”が開催されてます
2013-10-12-Sat  CATEGORY: イベント(まつり)
25/10/11撮影 【今年も開催される”コスモスまつり” 前日確認してきました...】


恒例となった”第24回 コスモスまつり”が開催!

           場所:鬼怒グリーンパーク

           期間:10月12日(土)~27日(日)

     公園を埋め尽くす約2.5㌶に100万本のお花畑

           P1270009.jpg

  先日の台風、前日の風や当日の雨などの影響を受けて

     情報提供のブログとしては写りがイマイチですが

P1270006.jpg


P1270008.jpg


P1260978.jpg


P1260985.jpg


P1260988.jpg


P1260993.jpg


P1260998.jpg

  期間中、家族みんなで楽しめるイベントも盛りだくさん!

一面に咲くコスモス畑を散歩してみませんか?

         コレ(↑) パンフレットのキャッチコピー そのまんま>笑<


ページトップへ  トラックバック0
尾瀬の帰りは”まる家の断ち蕎麦”がケン坊の定番 (in桧枝岐)
2013-10-12-Sat  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
25/09/30撮影 【久し振りに桧枝岐の”断ち蕎麦”を味わうことができました...】


     尾瀬の草紅葉の後は...桧枝岐を素通りできず

         そう今回も”裁ちそば”の看板に負けた

  ケン坊がお勧めは”そば村 まる家さん”ですが

            ”またですか?”と怒られそう!

           P1260480.jpg

P1260478.jpg

       時間がお昼を回ったことと平日だったことから

            お店には数組しか居なかった...

P1260476.jpg

       勝って知ったる”まる家”のメニューですが?

 あれれ 値段が二条線で消され赤文字で修正されてました

P1260464.jpg

      他のメニューも値段が引き下げられてました
    (100円~150円程度の値下げ...震災以降、客が少ないのか?)

           P1260465.jpg

   定食が出てきましたが ”はっとう”は後からです...

     これが裁ちそば...見た目より量がありました

 不揃いの蕎麦麺...長さも太さも見た目は不揃いですが

P1260469.jpg

【裁ちそば…】:ネットより

桧枝岐は高冷地のため米は実らず、あわ・ひえ・そばなどが主食です。かって裁ち
そばの技術は、村の女性たちの大事な花嫁道具の一つとされた時代もありました。

つなぎ粉を一切使用しないために、折りたたむ事が出来ず、うすく延ばしたものを
重ねて布などを裁つように切るところより「裁ちそば」と呼んでおります。

小さめに伸ばしたそばの生地を、何枚にも重ね1列づつ定規を使わずに包丁を引い
て切る打ち方です。包丁を引いて切るので切り口が美しくなり、細麺でも歯ざわり
の良いそばに仕上がります。

つなぎ粉が入らぬため、ゆでたものを長時間おきますとボロボロに切れてしまい
ます。素早く食する事が美味しくいただくコツとされております。

裁ちそばの味は、そば粉100%の蕎麦にありがちなボソボソ感がなく、そばの香り
とノドごし感覚グッドの食感です。


P1260475.jpg

     薬味の器には、わさびと葱と曲がり竹が5本と...

           辛みのある練った山菜?(親指大)

これが意外に美味で辛いから少しずつ食べるよう念押された

P1260470.jpg

              これが”はっとう”です

   ひし形した黒ずんだ蕎麦餅でじゅうねんを塗したもの

ケン坊は好きな部類だが、もしかして個人差があるかも...

P1260472.jpg

【はっとう…】:ネットより

”はっとう”とは、そば粉ともち米を同量にして捏ね、擦りエゴマをたっぷりまぶした
もので、なかなかの風味のものです。

その土地の名物にははずしてはいけないものがあり、さしずめ「はっとう」は一度は
食してみなければならない一つです。

はっとうとは・・・そのあまりの美味しさに「こんな美味しいものを平民が食するのは
許さん!」と、村人が食べることを禁止(ご法度)されたことから、はっとうの名がつい
たと言われています。


P1260477.jpg

      ケン坊の中では合格の蕎麦とはっとうでした
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
運動会の後は”すずちゃんの誕生日(満6歳)”のイベントに...
2013-10-11-Fri  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/10/06撮影 【子供なりにプレゼントは何にするか悩むらしい...二転三転?】


            誕生日...子供たちの目的は?

 一般的には”誕生日プレゼントとご馳走”かな~

     今日は孫娘”すずちゃんの誕生日”です

  運動会が雨天順延になったお陰?で誕生日が同じ日に


     6歳にもなると、プレゼントは”○○”が欲しいとか

        食事(ケーキ)はこんなのが良いとか...

           自己主張が前面にでます>笑<

  昔なら戴けるものなら何でも嬉しく有難く頂戴しましたが



   ところで今回、すずちゃんの要望はこんな絵のケーキ

                 少し大人じみてる?

P1260728.jpg

            ろうそくも自分で6本立てます

P1260731.jpg

                ローソクに灯が点り

          ”ハッピーバースディ”の歌を合唱

P1260735.jpg

            一気にローソクを消そうとするが

              一息では無理でした>笑<

           P1260736.jpg

         最後の一本を消してパチパチパチ...

           P1260737.jpg

    実はケーキの前に”プレゼント”を買いに行ってきた

        迷ったあげく”一輪車”が良いというので

 爺と婆からの今年のプレゼントはピンクの一輪車に決定!

           P1260726.jpg

       翌日、電話があり”一輪車を練習中”とか...

           難しいからなかなか乗れないかも?

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
今年が最後という”孫娘の幼稚園運動会”に爺婆も馳せ参じ
2013-10-10-Thu  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/10/06撮影 【雨天順延で仕切り直した運動会も無事終了 次のイベントは?】


 孫娘から”すずの運動会に来て~”と言われちゃ

                 行かざるを得まい!


    残念ながら運動会(5日)は雨天順延で6日(日)に
     (1ヶ月前に、最悪のことを想定し日曜出勤をチェンジしていた...)

           P1260596.jpg

 相変わらず場所取りがあるらしく...パパちゃんの役目?

        9時半開始だが9時過ぎにはご覧のような

P1260597.jpg

             さて運動会の開会式...

      今年は”すずちゃん”【選手宣誓】

         身内はドキドキ...無事終了にホッ!

P1260609.jpg


 いよいよ競技開始...ケン坊は頼まれないのに写真班?

      せっかく確保した席にはお昼の時だけ>笑<

   以下、プログラム順に”ダイジェスト版”にて掲載です!



いきなりの障害物競走にダントツでトップ!
P1260626.jpg

親子競技にはみっくんが代理で参加
(リレー形式ですが途中で”さお竹”が折れちゃって苦労してました)
P1260632.jpg

バルーンで遊ぼう”麦わら帽子”...
P1260646.jpg

バルーンで遊ぼう”ボールの花火”...
(突然の競技案内に慌ててカメラを向けたが少し遅かった~)
P1260650.jpg

       12時 午前の部が終わり食事タイム...

 前日から魔女がニコニコしながら作ったお弁当が並ぶ?

            もちろんママちゃんのお弁当も

P1260664.jpg

  そして1時...午後の部は”鼓笛隊のパレード”で開幕!

   わが”すずちゃん”はピヤニカで参加(前列左から2人目)

P1260678.jpg

卒園生も参加...”りゅうくん”は相変わらず早い!
P1260686.jpg

        やはり本日の最大の見ものはコチラ(↓)

                 そう”組体操”です

        園児の組体操はなかなか見られません

           P1260692.jpg

P1260693.jpg

P1260695.jpg

           P1260698.jpg

P1260699.jpg

P1260705.jpg

P1260708.jpg

P1260710.jpg

P1260714.jpg


    そして最後は競技の花...”チーム別対抗リレー”

            何故か”対抗リレー”は燃えます

     選手と観客が完全に一体になっちゃうんですね


            すずちゃんはアンカーで出場!

     力走するも差を縮めるのが精一杯でした>残<

P1260720.jpg

       孫の幼稚園の運動会は一日順延となったが

  時折、青空の覗く天気になり楽しく見学することが出来た

    写真班の役目も終わり...次のイベントへ>笑<

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
速報! 久し振りに県外の山を攻めてみました
2013-10-09-Wed  CATEGORY: 日本百名山
25/10/08撮影 【尾瀬に続き長距離ドライブ(往復370㌔)...もちろん日帰り!】


  一昨日は何度も”那須・姥ヶ平”の紅葉が見頃と放映され

       ブログではリンゴさんの綺麗な写真の数々!

 でも魔女からは”那須は何度も登ってる”と暗に釘を刺され?

        ケン坊は...悩みます...迷います...

  天気はどちらも終日曇りだし...ケン坊の出した結論は

        苦渋の選択で”那須・姥ヶ平”を諦めました


             車が向かった先は群馬の山

   紅葉は既に終わりましたが天気が奇跡的にピーカン

P1260908.jpg

こんな景色...

P1260747.jpg

こんな光景...

P1260760.jpg

こんな登山道...

P1260809.jpg

こんな眺めまで...

富士山

P1260838.jpg

 写真が未整理につき掲載には数日の猶予をお願いします
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
インターパークFKDの”大北海道物産展”にノコノコと...
2013-10-08-Tue  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
25/10/04撮影 【ケン坊は誘惑に勝てません>悔< 今回は北海道物産展に負けた!】


   地域限定 数量限定等々 ”限定もの”に弱いケン坊

       地域グルメも北海道や沖縄、駅弁大会等々

             そんなケン坊をくすぐるように

    インターパークFKDで”大北海道物産展”が開催

       もちろんケン坊は”万難排して”今回も参加!

P1260512.jpg

         先ずは何度もグルグルと回りながら...

            今回は珍しく試食もせず>笑<

         ひたすら品定めが中心で何度も何度も

            店員に顔を覚えられてしまった?

P1260510.jpg

    目の保養にと思って出かけるが目の毒かも>笑<

P1260508.jpg

        イクラの富士山(冗談です) 圧巻です!

P1260509.jpg

          お酒のおつまみも良いお値段ですが

            みんな食べたくなっちゃう>笑<

P1260511.jpg

     ケン坊の心を掴んだのが”母恋弁当”のお店です

P1260513.jpg

            やっぱり買っちゃいました...

P1260514.jpg

  いくら・うに・いか・かに(抜き身とほぐし身)に負けた~

                   ¥1890円? 

   高い~と思ったが北海道へ行った気になれば安い!

P1260517.jpg

        ”いかめし”も丸々と太って美味しそう!

               ついつい買っちゃった

P1260507.jpg

            そしてイクラも買っちゃった...

        これもアベノミクスの影響なのか?>笑<

P1260519.jpg

       この日だけは”メタボ”を忘れて...>笑<

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
お知らせ! ”第16回 星の家まつり”が開催されます
2013-10-07-Mon  CATEGORY: 魔女っ子と仲間
25/10/07撮影 【魔女っ子はボランティア活動...ケン坊は模擬店めぐりで協力?】


   恒例となりました”星の家まつり”が開催されます


       第16回 星 の 家 ま つ り

          開催: 25年10月27日(日)

          会場: わかくさアリーナ(若草の福祉プラザ隣)

           P1260493.jpg

      ぜひ会場へ足を運んでみて下さい

   バザーや模擬店めぐりも楽しいですよ!

             バザーは 10:30~15:00

             模擬店は 11:00~15:00

P1260495.jpg

P1260496.jpg

           ご不明な点がございましたら...

P1260578.jpg

   みなさんのお出でをお待ちしております

          ご協力よろしくお願いします

ページトップへ  トラックバック0
3年振りに”草紅葉の尾瀬”ハイク...(後編)
2013-10-06-Sun  CATEGORY: 尾瀬・駒止湿原
25/09/30撮影 【3年ぶりの尾瀬沼ハイクを満喫...冬の季節以外ならいつでOK!】


 中編では沼の南岸道を諦め北岸道を沼尻に向かった...

            草紅葉の尾瀬ハイク(前編)

            草紅葉の尾瀬ハイク(中編)

   最後は沼尻周辺を中心にどんな報告が出来るかな?

                さっそくスタートします



         林道と小さな湿原歩きを繰り返します

   他の木々に先駆けてナナカマドが色づきはじめようと

P1260374.jpg

        林道に入るとゴゼンタチバナが目に入る

P1260375.jpg

               沼尻平からみる尾瀬沼

P1260378.jpg

       沼尻平から燧ヶ岳へと伸びるナデックボ道

  真っ直ぐ伸びる木道が登山口に吸い込まれるようです

           P1260386.jpg

   10:38 ようやく沼尻休憩所へ やはり人もまばらです

P1260396.jpg

    今日のランチ(毎度お馴染のお握りとデザート類)

風も無く穏やかだが暑いくらいの陽射しを全身に浴びながら

          ベンチでゆったりと休憩しちゃった

P1260390.jpg

       ランチの後は沼尻平(池塘等)を散策...

   紅葉したヒツジグサがまるで宝石を散りばめたように

P1260401.jpg

      こちらの池塘には水面に10㌢ほど顔を出して

            もしかして”ミツガシワ”かな?

P1260407.jpg

          もちろん池塘には燧ヶ岳も映ってます

P1260408.jpg

      沼尻平から眺める池塘と尾瀬沼(沼尻)の光景

             ここの眺めも良いですよね~ 

P1260415.jpg

   沼尻平周辺には”キンコウカ”の果穂が多く見られる

       花の頃には黄色い花が綺麗だったろうな~

P1260417.jpg

     湿原のアチコチで赤い実? 花ではなさそうです

               名前が判らず(調査中)

       10/6判明:イワショウブ (長さんよりご教授頂きました)

P1260420.jpg

          そして帰途(大江湿原に向かって)へ

    北岸道は寂しくない程度にハイカーが歩いてます

P1260424.jpg

  11:20 そして尾瀬塚の見えるところまで戻ってきました

P1260429.jpg

   往路では気付かなかった”コケモモの実?”を見つけ

            身を乗り出すような姿でパチリ

   危うく顔から前のめりする状態に...辛うじてセーフ

       こんな場所で湿原に転んだら笑い者>笑<

P1260435.jpg

    湿原から見る燧ヶ岳の姿を目に焼き付けて帰ります

          いつかは頂に登ってみせると約束し!

P1260439.jpg

       大江湿原を後にして 一路 沼山峠へと... 

P1260448.jpg

        さようなら草紅葉  さようなら大江湿原

P1260452.jpg

        さようなら尾瀬沼よ(沼山峠展望台から) 

P1260460.jpg

   今日の尾瀬は最後まで青空が消えることが無かった

           これで尾瀬のハイクも無事エンド!

             12:16 沼山峠休憩所に到着

   三平下や沼尻での長めの休憩を含めての5時間弱

    尾瀬沼南岸道を歩けなかったという悔いはあるが

         静かな秋の尾瀬ハイクを満喫です!!

P1260462.jpg

      次回、皆さんの前に尾瀬ネタで登場するのは

           多分”燧ヶ岳”を征服したとき?

     そしてもう一度”三条の滝”も歩いてみたい!

ページトップへ  トラックバック0 コメント14
3年振りに”草紅葉の尾瀬ハイク”へ...(中編)
2013-10-05-Sat  CATEGORY: 尾瀬・駒止湿原
25/09/30撮影 【単独行は良いようで悪い? 臆病なケン坊は尾瀬ハイクでも仇に!】


  今日は月曜日...かつ紅葉には早いこともあり静かです

      前編では尾瀬沼ビジターセンターの奥まで...

            草紅葉の尾瀬ハイク(前編)

 中編では三平下...果たして尾瀬沼南岸道を歩けるかな?


  ところで、足早に三平下方面に向かった理由はコレ(↓)

           草紅葉と尾瀬沼と燧ヶ岳のコラボ

     ここはビューポイントとして以前から有名な場所

P1260301.jpg

     少しポイントを変えて...ツイツイ撮っちゃう!

P1260307.jpg

           あははは また撮っちゃった~

P1260324.jpg

     カメラポイントから1~2分 8:45 三平下に到着

ここで小休止と称して実は南岸道を歩く人を待ちます>笑<

      三平下には立派な”尾瀬沼休憩所”があります

P1260311.jpg

   そして”尾瀬沼山荘”も...しっかりとした建物です

P1260317.jpg

         三平下の片隅に小さな祠がありました

                  ”十二山神社”

      それは三平下のシラビソに囲まれていました

           P1260315.jpg

                そばに案内板があり

    後でじっくりと読もうと思ってアップで写真撮ったが

          文字が薄れてて解読できず残念です

     あの時読んどけば良かったな~と後悔してます

【ネットから】少ない情報です

1807年に木材伐出の安全を願い建設されたのがその由来。

女神で山の安全、安産、子育て、通行の安全を信仰、尾瀬を訪れる人々の安全を
見守っている神様でもありますので、是非お参りしてください。


      とありました...判ったような判らないような

P1260314.jpg

       三平下の沼岬から”逆さ燧ヶ岳”を撮ろうと

                 チャンスを待ったが

          ケン坊の心静まるも波穏やかならず

               まぁ コレで良しとしよう!

P1260320.jpg

 補修用資材がアチコチの僅かなスペースに置かれていた

              どうでも良い写真撮って

        尾瀬沼南岸道を歩く人を待つこと30分

大清水へ向かう人は多いが...諦め引き返して北岸道へ!

       臆病なケン坊は独りでは南岸も歩けない?

P1260322.jpg

         再びビジターセンターまで戻ってきました

         往路の時は気付かなかったがナニコレ?

                 何の花の果穂なのか

          ふわふわした綿毛が風にユラリと舞う

P1260339.jpg

    朝陽に透けた”トリカブト”が綺麗だったので...

P1260342.jpg

          いま、ゴゼンタチバナの実が見頃?

    4枚葉は未成年? 実が生るのは6枚葉以上らしい

P1260344.jpg

       ふたたび大江湿原分岐まで戻ってきました

   よ~し このまま北岸道を歩いて”沼尻”まで行こう!

            決断すると行動が早いケン坊

  思いつきで行き先を変更...これが独り身の良さかな?

P1260346.jpg

    大江湿原を流れる大江川に泳ぐイワナでしょうか?

P1260349.jpg

    大江川に映る秋の空...満喫しながら歩きます

P1260351.jpg

    ”尾瀬塚”は大江湿原のシンボル的なポイントです

  尾瀬沼をバックにしても青空を撮っても絵になりますね

P1260355.jpg

     木道脇等に運び込まれていた補修資材でしたが

          ヘリが運び込む姿を目撃...でも

      静かな尾瀬ハイクを願うケン坊には音がね~

P1260358.jpg

           北岸道を歩き短い樹林を抜けると

 浅湖湿原は草紅葉になり掛けの黄ばんだ草原が広がり

    大江湿原とは違った感覚の草紅葉を味わうことに

           濃淡のある草紅葉も良いですね~

P1260361.jpg

                  ワレモコウ

P1260369.jpg

               コバイケイソウの果穂

P1260370.jpg

    今回はここまで...次回最終回は沼尻周辺かな?

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
3年振りに”草紅葉の尾瀬ハイク”へ...(前編)
2013-10-04-Fri  CATEGORY: 尾瀬・駒止湿原
25/09/30撮影 【水芭蕉はリンゴさん、日光キスゲはNAOさん...草紅葉は?】


      9月30日時点で草紅葉見頃を迎え...

              突然の尾瀬行き決定は?

     前夜のPCによるピンポイント天気予報が引き金に

        那須の紅葉にも惹かれたが雲が多めで

   尾瀬の天気が”晴れ はれ ハレ”情報に決断

    我が家のルール? 早朝の出発はケン坊単独行

                   朝4時出発...

  高速を利用し”道の駅 会津西街道たじま”に5時半着

P1260217.jpg

   そして桧枝岐を経由して御池駐車場へ...6時半着

          予報どおり青空が出迎えてくれました

       4~5台離れた所で6人が準備をしていたが

          雰囲気が燧ヶ岳か三条の滝行きか?

      声を掛けようか迷った末に沼山峠へバス移動

P1260219.jpg

もちろん燧ヶ岳や三条の滝に未練あるが完全に準備不足!

             残念ながら今回は諦めよう

       もう”これで良かったんだ”と思うしか無い

P1260225.jpg

             バスで沼山峠に移動の途中

   青空の下に広がる素晴しいブナ林で1分ほど停車!

P1260227.jpg

    7:20 いよいよ尾瀬沼(大江湿原)へ向けて出発です

           P1260230.jpg

       尾瀬の木道は整備されていて歩き易いです

        朝早くても元気な敬老の団体さん>笑<

           P1260234.jpg

         沼山峠展望台から”尾瀬沼”が見える

    今までも何度も見ている光景だが今回が一番かな?

P1260236.jpg

       大江湿原に向かって木道をひたすら歩くと

   花は端境期だが代わりに秋の実がカバーしてくれる

P1260247.jpg

P1260243.jpg

P1260245.jpg

              7:53  大江湿原が現れた~

               情報どおりの草紅葉も...

      焦るハイクではないのに自然と足が早くなる?

P1260251.jpg

そして写真の枚数は増えるが使えるのは極僅かです>苦<

     大江湿原の奥にある尾瀬塚と尾瀬沼とのコラボ

P1260269.jpg

    大江湿原の後ろには”燧ヶ岳”の姿が雄々しく...

     次はあの頂に立つケン坊の姿をお見せしたい!

P1260275.jpg

          思いがけず”ヤマトリカブト”を発見!
             (ケン坊的には”トリカブト”だと思うが?)

           P1260292.jpg

          真っ青な”エゾリンドウ”も綺麗な姿を

             夜露に濡れた姿に癒されます

P1260293.jpg

        尾瀬沼ビジターセンターから見る燧ヶ岳

P1260281.jpg

 尾瀬と言えば”長蔵小屋”と言うほどシンボル的な山小屋
   (昭和9年築の本館...こば板葺きの屋根が落ち着いた風情が漂います)

      かなり手入れされているように感じましたが?

          なお、収容人員は300名だとか...

P1260287.jpg

       休むことなく先を急ぐケン坊...なぜ急ぐ?

  今回は尾瀬沼の南岸コースを歩き沼を一周したいな~

           先ずは”三平下”まで一気に...

    おぉ~ こんな木道に”熊避け鐘”が設置されてる

           熊がこんなところまで出没してる?

           P1260290.jpg

    朝が早いこともあるが三平下方面に向かう人は無し

        鐘の周辺で右往左往しながら時間稼ぎ?

この辺にはリンドウやトリカブト、アザミなどが...見られる

P1260297.jpg

 こんな景色が見えるポイントもあり10分位稼いだ?>笑<

           ようやくハイカーがポチポチと...

      まだ不安はあるが三平下に行ってみようかな

P1260296.jpg


      さて、今回はここまで...次回は三平下へ


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
<< 2013/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.