ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
あぁ~ 台風一過を楽しもうとした散策はイマイチでした
2013-09-30-Mon  CATEGORY: 公園・井頭公園
25/09/17撮影 【今日のネタも手抜き...最近気ぜわしくて原稿が間に合わない!】


            台風18号が過ぎ去ったこの日

      山は無理と思って近くをブラブラ散歩したが


              特に目新しいモノもなく...

P1250790.jpg

    ヤマジノホトトギスが何ヶ所かで顔を見せてくれた

P1250791.jpg

             ツルボの群生に出会ったが

         被写体としてはケン坊には難しかった

P1250793.jpg

              約2時間の散歩をして...

          帰りは”すぎのや”でランチして直帰

P1250803.jpg

      ケン坊は珍しく”親子丼(蕎麦)セット”にした

P1250799.jpg

        たまには親子丼も美味しいもんだ>笑<

P1250798.jpg

           魔女は”天丼(蕎麦)セット”を...

P1250800.jpg

              蕎麦が主で天丼は脇役?

           蕎麦は思ったよりも太い感じ...

P1250801.jpg

           今日は歩きが目的の筈だったが

       帰ってきたら体重は1㌔も増えていた>笑<

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
我が家の”Web上のオープンガーデン”第五弾?
2013-09-29-Sun  CATEGORY: 我が家の花たち
25/09/05~28撮影 【完全にブログの繋ぎネタになっちゃった>苦しいっす<】


         久し振りに我が家の花たちの登場です

            と言ってもあまり無いですが...


リコリス(ブログ掲載する頃は完全に萎んでます)

P1250149.jpg

P1250411.jpg

シュウメイギク(蕾も可愛いです)

P1250404.jpg

           P1260092.jpg

クチナシ(狂い咲き? 数個咲いてます)

P1260095.jpg

トレニア(寿命の長い花で次々に咲きます)

P1260100.jpg

キンカンの実(今年の収穫は10数個かな?)

P1260102.jpg

コムラサキ(近所の家で...)

P1250837.jpg

P1250838.jpg

P1250839.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
笠石神社の”那須国造碑(なすのくにのみやつこのひ)”(In旧湯津上村)
2013-09-28-Sat  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
25/04/15撮影 【ブロ友”頭変僕さん”から湯津上周辺に国宝があると聞き探したら?】


    4月、桜を求めて県北へ出かけた帰りの寄り道...

              あれから5ヶ月以上経過

          報告が一ヶ所だけ漏れていました?

  文章が纏まらないため掲載できず単に遅れていただけ!

     この日の行動を少し整理し掲載順に追ってみると

      ① 4/15掲載済  磯上の山桜
      ② 4/17掲載済  堂の下の岩観音
      ③ 4/18掲載済  市貝のシバザクラまつり
      ④ 4/26掲載済  道の駅・東山道 伊王野
      ⑤ 4/26掲載済  くらしの館で武者絵幟
      ⑥ 5/10掲載済  かみのかわ黒チャーハン

      ⑦ 今回は旧湯津上村の”那須国造碑”


                     ところで~

 そもそも那須国造碑(なすのくにのみやつこのひ)って何?

                ”国宝・那須国造碑”

(ネットから)
那須国造碑とは栃木県大田原市(旧・那須郡湯津上村)にある古碑(飛鳥時代)
であり、国宝に指定されている。
書道史の上から多賀城碑(宮城)、多胡碑(群馬)と日本三大古碑の1つとされる。



  R294号線笠石神社交差点近くに笠石神社はありました

          駐車場は5~6台くらいOK! もっと?

     観光地でもないし平日なので誰もいません>笑<

P1200092.jpg

          那須国造碑を見るには拝観料が必要

      写真右側の社務所で拝観料500円を支払うと

            御朱印と由緒書が戴けると同時に

  宮司さんが拝観以外に”那須国造碑の説明”をしてくれる

          この日は”宮司さん”が留守だったため

     説明が出来ないということで拝観料300円>笑<

          つまり説明料は200円ってことらしい?

         とりあえず社務所で御朱印と由緒書を戴く

P1200104.jpg

【説明版の内容】

この碑は、西暦700年頃に那須国造であった那須直韋提(なすのあたいいで)の
遺徳をたたえるため、その息子意斯麻呂(おしまろ)らによって建立された牌です。

文字の刻まれた碑の上に笠状の石を載せた特異な形をしていることから「笠石さま」
とも呼ぱれています。

碑には、八行に各19文字ずつの計百五十二字が刻まれており、その書体は中国の
六朝時代の書風が感じられます。

また、碑文冒頭には「永昌」といい唐の則天武后(そくてんぶこう)の時代に使用
された年号が用いられているなど、その当時に朝鮮半島の新羅(しらぎ)から渡来
してきた人々の影響が色濃く残されています。

この碑の保存には、江戸時代の水戸藩主、徳川光圀も関わっています。長い間
倒れ埋もれていたこの碑を、旅の僧が発見し馬頭村小口郷(現那珂川町)の里正、
大金重貞に話したところ、やがてその地域を領地としてい徳川光圀のもとへこの
碑の話が伝えられました。

そして、この碑が貴重なものであることがわかったことから元禄四年(1691)碑堂
を建立して、碑を安置しました。

これが、現在の笠石神社になっています。多賀城碑(宮城県)多胡碑(群馬県)と
ともに日本三古碑として知られています。




       そして昭和27年には国宝に指定されました

P1200094.jpg

P1200096.jpg

   鳥居手前の両側に3個の碑があったので紹介します


埋れて 飛鳥の御代の 国造碑 

            今ここに国の空を 仰ぎ奉る 
                  (18代宮司 伊藤弘恵 昭和15年栃師卒)

飛鳥より 那須国造の守り神

            わが子 五人の 幸のみ祈る 
                  (平成5年 昭和20年大女高卒)

P1200093.jpg

          読めそうで読めない碑の中の文字

P1200095.jpg

国造の 碑文を読めば 

            那須の国の 早くひらけし 太古思ほゆ

P1200097.jpg

   いよいよ鳥居を潜り笠石神社の境内に入ってみます

P1200098.jpg

              手水舎(水盤)も歴史を...

P1200099.jpg

           本殿の手前右手には”拝殿”があり

       開いていたので覗いてみたが薄暗くて見えず

P1200101.jpg

         拝殿の左手には”境内社”と思われます

P1200102.jpg

   正面に本殿(お堂のような?) 那須国造碑はこの中
  (資料によると「元禄5年(1692年)碑堂完成」とあり当時のお堂のままです)

         中門の鍵を外し本殿の頑丈そうな鍵も

   先ずは賽銭を入れ”二礼二拍手一拝”して拝むことに

          念のため確認したが撮影禁止でした


      鎮座する石碑は大きな石の笠を被っていました
          (”笠石神社の名前の由来”は、多分これですね)

     石碑を御神体として祀っている神社って珍しい?

P1200103.jpg

               これは案内板の写真です

   本殿(お堂)にはこんな感じの花崗岩の石碑が鎮座

           P1200105.jpg

      今にして思えば、社務所の廊下に資料が積まれ

  レプリカの碑(本物と同じ大きさ)があり拓本も販売してた

       そんな写真を掲載している他のブログを見て

   ケン坊もいろいろと撮れたのに残念なことしてしまった

P1200106.jpg

          貴重な国宝を見る機会を得ましたが

                ボンクラのケン坊には

        犬が星を見ているようで何が何だか...


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
我が敬老会”秋の珍道中...”お次はどこかな?
2013-09-27-Fri  CATEGORY: 敬老会御一行様
25/09/24撮影 【わざわざ取り上げるようなネタではないが...備忘記録です?】


 秋の敬老会の旅は”城山公園のヒガンバナ”で幕を開けた

P1260039.jpg


      約1時間のヒガンバナ散策を満喫したご一行は

 次なる目的地、鎌倉山の麓”大瀬のやな”へ向かった

       鎌倉山と言っても鎌倉ではありません>笑<

           茂木町の鎌倉山は雲海で有名です

P1260060.jpg

       11時半、食事には少し早いかなと思ったが

          平日にしては客の入りはまずまず?

   この後もパラパラと...満席にはなりませんが>笑<

P1260069.jpg

           ランチはもちろん”鮎の塩焼き”です

   最初は鮎の定食が良いかなと思ったが敬老会の声は

               ”鮎の塩焼きだけで十分”

           早速注文...届いた鮎はコレ(↓)

     一人前2尾で700円...良心的な値段でしょうか

P1260064.jpg

         那珂川の広々とした景観を眺めつつ

  爽やかな川風を受けながら食べる鮎の塩焼きの味は?

           塩加減が何とも言えないね~って

        美味しそうに食べてくれたのが救いです

P1260063.jpg

            ケン坊は”頭からシッポ”まで

     無くなる前に証拠写真を撮っておきました>笑<

P1260068.jpg

     いま、ヤナへ渡る簡易の橋は補修中で通行止め

         先日の台風による増水で壊れたという

P1260070.jpg


        そして”鮎の塩焼き”に舌鼓したあとは...

            今回は移動距離を極力少なく?

  同じ茂木の”道の駅 もてぎ”で買い物ツアーです

           今夜のおつまみは何にしようかな?
P1260074.jpg

           あっちでも”コレ美味しいかな?”
P1260072.jpg

 敬老メンバーには何を見るより買い物が楽しいらしい>笑<
P1260073.jpg

               買い物ツアーのあとは...

   お昼に”蕎麦かわっぱめし”をご馳走しようと思ったら

        長姉はこの幟を見てラーメンがあるじゃん

P1260085.jpg

     そう このメンバーはラーメンがお好きのようで

          コレまでの旅でもラーメンが主だった

   ケン坊とすれば”オ・モ・テ・ナ・シ”がラーメンじゃね~

P1260083.jpg

   十石屋へ入ると”醤油ラーメン”が良いって心変わり?

       主体性がなく4人とも私も俺も...右に同じ

   ケン坊は幟が賑やかだった”ゆず塩らーめん”にした

P1260078.jpg

  筈だったのに...券売機のボタンを押し違えちゃった

         コレ(↓) ”冷やしゆず塩らーめん”に

           P1260077.jpg

       スタッフは4名とも女性(昔のお嬢さん)でした

P1260076.jpg

           ボタンの押し違いは残念だったが

                この日は暑かったので

負け惜しみで無く”冷やしゆず塩らーめん”が美味しかった

P1260080.jpg

      丁度お昼時だったのでテーブル席は満席...

             カウンター席となっちゃった

     横一列だったので姉達の醤油ラーメンは撮れず

P1260082.jpg

        この後も珍道中は続き(益子等)ましたが

    掲載するような場面なしにつき今回はコレで完です

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
我が敬老会は健在! ”茂木城山公園の彼岸花”観賞...今季第三弾!
2013-09-26-Thu  CATEGORY: 敬老会御一行様
25/09/24撮影 【またヒガンバナですか? 飽きたと言われてしまいそうですが...】


            今年6月の我が敬老会の旅は

    あの”上三依の水生植物園と大内宿の旅”でしたが

        今回、実家の初彼岸でメンバーが再結成

 長姉の掛け声で四度?...敬老会の旅を企画することに


           前回は長時間の車移動だったので

                 安・近・短がベース

  今回は”茂木城山公園のヒガンバナ”を中心に

              ヒガンバナのネタ掲載は

          ケン坊は今季3度目となりますが...

P1260003.jpg

  山頂まで車で登り(敬老会メンバーの負担軽減のため)

P1260005.jpg

   80代2人、70台後半2人とケン坊の5人構成ですが

            元気に歩いてくれました>笑<

P1260007.jpg

             宇都宮中心部から約1時間

 TVでは見るが生のヒガンバナ群生地が見られたと大喜び

P1260009.jpg

     白いヒガンバナも少しずつ増やしているようです

P1260010.jpg


        以下、写真にお任せしての紹介です...

P1260021.jpg

        下へ降りると登るのが大変ということで

             ケン坊が走って降りて...

P1260031.jpg


P1260033.jpg


P1260039.jpg


P1260047.jpg


P1260049.jpg


P1260050.jpg


P1260055.jpg

        ”きれいだね~”と言っては立ち止まる

P1260043.jpg

                まだまだ蕾が多くあり

        今月末の”彼岸花まつり”は最高かな?

P1260025.jpg

       なお”城山公園の彼岸花まつり”

            来る”9月29日(日)”です


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
野木町の”友沼八幡神社”は将軍御休所でもあった
2013-09-25-Wed  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
25/08/14撮影 【友沼八幡様は子供の頃に慣れ親しんだ神社だったが...】


     小学校に隣接する”友沼八幡神社”を取材!

            子供の頃は”八幡様”と呼んでいた

      お盆の時、実家へ行った際の寄り道情報なので

             1ヶ月以上も経過してます>笑<

P1240413.jpg

             二つの鳥居が10㍍程離れてあり

      両方とも”正八幡宮”の扁額が掛けられている

           P1250998.jpg


     何時もは実家に帰る際に横目で見ながら素通り

         今回は少しだけ時間があったので...

  歴史があるとは聞いていたが詳細は全く知らなかった


平成3年に設置された案内板によれば...(抜粋)

日光東照宮への社参は3泊(岩槻・古河・宇都宮)4日の行程が恒例となり、
第12代将軍家慶まで、計19回の社参が行われたという。
2泊目の古河城を出発して、最初の御休所が”友沼八幡神社”だったという。
将軍御休所の建物は八幡神社の境内にあり”西運庵”と呼ばれていた...
古河を出た一行が最初に休憩する場所で、筑波山が正面に見える景勝地で
あったようだ


       古い神社だったという記憶があります...

   そして昔、境内で”素人演芸会”が行われていたことを

        思い出す程度で今はそれさえ懐かしい

P1240414.jpg

         八幡神社は数年前に大修繕したようで

                 見た目がまだ新しい

     なお、この八幡神社に隣接する”友沼小学校”は

     ケン坊の母校で、歴史があり明治6年に創立です

P1240418.jpg

      以前は大きな樹が生い茂ってた記憶が...

           子供だったので大きく感じた?

     少なくても道路(4号線)から丸見えということは

             無かったのではないかな~

P1240419.jpg

     本殿にも屋根が付き...本殿(流造)も新しい?

                朱塗りの囲いも眩く...

P1240420.jpg

P1240421.jpg

P1240431.jpg

   かなり歴史を感じる宝物殿は屋根の葺き替え中...
  (お盆の時は足場は組んでなかったが...この写真はお彼岸の時のもの)

P1250997.jpg

    こちら大きな”友沼八幡神社のケヤキ”です

       野木町の名木に指定されているんですね

                  樹齢550年とか...

 やはり昭和3~40年代には大きな樹があったようですが

            樹勢の衰えから伐採された様子

           P1240429.jpg

           ”友沼八幡神社けやき”の案内板

P1240425.jpg

        このけやきの前に小さな祠がありますが

              詳細が判りません...?

           P1240427.jpg

             菊のご紋のような彫刻の下に

         3神社の名前が彫られていますが...

   辛うじて”天満神社・稲荷神社・地荒神社”と見えるが


【ところで”地荒神社”って何?】ネットより

荒神の信仰は、①屋内の火所にまつられ、火の神、火伏せの神の性格をもつ
三宝荒神、②屋外にまつられ、屋敷神、同族神、部落神の性格をもつ地荒神、
③牛馬の守護神としての荒神に大別される。

東日本では火の神としての荒神と作神としてのオカマサマを屋内に併祀する
形が多い。

西日本では②のタイプが顕著であり、集落単位でまつる荒神はウブスナ荒神と
呼ばれ、作神ひいては生活全般の守護神のように考えられている。


P1240428.jpg

     そして”けやき”と同様に町の名木に指定された

         背高の”イチョウ”の樹がけやきと対峙

           P1240434.jpg

           P1240435.jpg

            神社に付きものの”狛犬”ですが

   江戸時代に作られた一対はかなり痛みが激しいので

          大き目の一対を掲載(昭和5年生まれ)

            でも、姿形はまさに江戸狛犬です

阿は玉取
P1240439.jpg

吽は座り込んだ子狛を連れた子取
P1240440.jpg

   まだ疑問の残る建物もありましたが機会があったら?


ページトップへ  トラックバック0
小山市乙女の山下通りで”ヒガンバナ”を愛でる...今季第二弾
2013-09-24-Tue  CATEGORY: 花紀行(彼岸花の名所)
25/09/23撮影 【初彼岸ですが、あまり早くては失礼なので途中で時間調整>笑<】


         お彼岸の中日...暑くも無く寒くも無く

             晴れ間には恵まれなかったが

      実家で初彼岸ということもあって4号線を南下

                     少し早いので

         小山市乙女の”ヒガンバナ”で時間調整


 規模は小さいですが既にカメラマンは目をつけてる場所?

P1250978.jpg

             以下、手抜き報告ですが...


      古木の桜の木...春も桜の花で賑わってる?

P1250980.jpg

         公園の斜面にもパラパラと咲いてます

P1250983.jpg

            束の間の貴重な青空を利用して

P1250993.jpg

        そろそろ刈り取りされるお米の前で...

P1250995.jpg

      敷地の境界を流れる水路に面した斜面も満開!

P1250974.jpg

           隣接した”乙女かわらの里公園”

    国指定史跡の”乙女不動原瓦窯跡”との碑が...

           P1250973.jpg

          窯跡の一部をバックに撮ってみました

P1250986.jpg


【関連コーナー(HP)】

  国指定史跡”乙女不動原瓦窯跡”


ページトップへ  トラックバック0 コメント14
検証! 初めて”ツチアケビの実”の実物を見ました!  
2013-09-23-Mon  CATEGORY: 鹿沼・粟野・塩谷
25/09/20撮影 【有言実行...皆さんとの約束を果たすことが出来て良かった~】


      今年の7月、東大芦川の渓流歩きで大滝へ

その時に思いがけず”ツチアケビ”を発見し報告したが

        あれから2ヶ月、そろそろ実が付く頃?

   ブロ友さんとの約束(収穫したら報告)を果たすため

       今回は時間の短縮を図るため車で進入!


    ありましたよ”ツチアケビの実”がありました


 慌てないでね! 先ずは”ツチアケビ”の花を思い出して!

P1230694.jpg

    折角なのでついでに大滝を大きく撮ろうと思ったが
        (7月の写真は”大滝じゃない”と言われたので...)

        でも増水してて下まで降りられず断念!

P1250939.jpg

    そして念願の”ツチアケビの実”が待っててくれた~

       ネットで見てたよりも実の数は少なかったが

      まぁ 実物が残っててくれただけでも感激です!

          少しピークは過ぎたのかも知れません

P1250930.jpg

           P1250928.jpg

       地に落ちたように大きな2本の実があったが

            地表から数㌢所で茎に生っていた

 元気ハツラツそうでしたが小さくて採るのは忍びないので

                そのまま残してきました

P1250932.jpg

    もう一本の若い小さな木には実が4個しか成らず

          P1250926.jpg

        寂しそうなので来年のために根を残して

    証拠に戴いてきましたが...欲しい方があれば?

P1250944.jpg

    切断して見ると小さな種が沢山詰まっていました

 でも数時間でリンゴの断面と同じように茶色に変色した!

   香りというより”臭い”はキノコのような乾いた臭い?

P1250943.jpg

       以上で”ツチアケビの実”の報告は終了です


【ネットから】

果実は楕円形・多肉質で、熟するにつれて重く垂れ下がり、多数のウインナー
ソーセージをぶら下げたような姿になる。

果実は肉質の液果である。その点でバニラなどと共通しており、これらはやや
近縁とも言われる。

この種は比較的どこにでも出現し、スギやヒノキの人工林等でも見かけることが
ある。ただし、森林内には限るようである。

陰干しして更に干してから煎じて飲むと何かの薬になるらしい。とても珍しいもの
らしく、ランの仲間で葉緑素をもたない腐生植物だという。




【振り返りコーナー】

  東大芦川の大滝で見た”ツチアケビ”の花

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
古峰ヶ原高原の”トリカブト”は元気かな~
2013-09-22-Sun  CATEGORY: 鹿沼・粟野・塩谷
25/09/20撮影 【2年ぶりに古峰ヶ原高原のトリカブトに出会いました...健在です】


       ケン坊とブログの関係は...どうなってる?

              ネタがあるから投稿する

       それとも無理にでもネタを探して投稿する?


         ♪そんなこと  どうでも良いじゃない♪

   今日も自然体で”トリカブト”の咲く古峰ヶ原高原へ

P1250891.jpg

       古峰ヶ原高原に着くと登山者の車が2台と

      ケン坊と同じ目的の車が1台(千葉から)...

           ”熊注意”の看板の脇を入ると

P1250890.jpg

         あのトリカブトの群生地は健在でした

              だがピークは過ぎたようで

P1250908.jpg

            オォッ 白トリカブトも健在か?

     違いましたね~ 色の薄いトリカブトでした...

P1250910.jpg

         こちらは比較的色の濃いトリカブトです

         陽射しが強く色が少し飛んでます...

P1250906.jpg

        トリカブトは下向きが基本の花のようで?

              花の中は撮り辛いですが

        こちらはトリカブトの兄弟姉妹でしょうか?

     ラインダンサー顔負けのポーズをしてくれました

P1250902.jpg

    カメラマンのマナーも悪くなっているのでしょうか?

          トリカブトがアチコチで踏まれてます

   少なくても花を踏むことなく場所を選んで入らないと

P1250911.jpg

    残念ながらシロトリカブトは見当たりませんでした

           2年前に1本だけだったので...

    まさか盗掘された? そんなことは無いと思いつつ

           P1250896.jpg

     コレだけの自然群生地はなかなか無いと思うので

         カメラマンもマナーを守って欲しいです!

P1250909.jpg

        古峰ヶ原高原の紅葉はこれからですね~

高原から三枚岩・方塞山・横根山・井戸湿原の往復ハイクも 

P1250919.jpg


【振り返りコーナー】

  古峰ヶ原高原のトリカブト(H23年)

ページトップへ  トラックバック0 コメント14
情報! 粟野・遊の郷近くのヒガンバナが見頃!
2013-09-21-Sat  CATEGORY: 花紀行(彼岸花の名所)
25/09/20撮影 【情報提供につき写真中心で...これを手抜きブログと言う>笑<】


   ついでに”粟野のヒガンバナ”の様子を見に...
          (どこへ行く”ついで”かは、後日のブログで...)

            もう咲いているのを見てビックリ

        早い? でも20日から彼岸の入りですね


    入口には”志村ケン似のバカ殿”が募金を募ってた

P1250840.jpg

           場所は”遊の郷直売所”の手前の

      粟野川に架かる小金沢橋を渡ると群生地です

P1250841.jpg

P1250863.jpg

 以下、写真でご紹介です。セリフは自分で付けてね>笑<

       次々と新しいヒガンバナの芽が伸びてます

P1250855.jpg


P1250846.jpg


P1250847.jpg


P1250857.jpg


P1250861.jpg


P1250869.jpg


P1250870.jpg


P1250883.jpg


P1250884.jpg


P1250889.jpg

               そこそこ綺麗ですよね~ 

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
今年の”十五夜”は中秋の名月が出演です...
2013-09-20-Fri  CATEGORY: 我が家のイベント
25/09/19撮影 【我が家のイベント、十五夜様にかこつけて食欲の秋を満喫!】


     今年も十五夜の季節が来ちゃいました>笑<

                  あれから1年...

     去年は台風の影響でお月様は雲の中でしたが

            我が家のイベントはこんな感じ

           P1250813.jpg

             今年は台風一過の影響か?

      中秋の名月が東の空に輝きを放ち主役の座に

P1250815.jpg

    こうして素晴しい中秋の名月を愛でるのも久し振り

          たまには”風流な世界”も良いもんだ

           P1250808.jpg

         今年の十五夜様は少し豪華にしてみた

        なんで? 次の中秋の名月当夜の満月は

     オリンピックの翌年2021年までお預けなんです

          先日戴いた”メロン”をお裾分け>笑<

P1250820.jpg

          しばし中秋の名月を愛でた後は...

    せっかくの飾り付けが勿体無いので暫くそのままに

           P1250822.jpg

                秋の夜長と食欲の秋

     ひとつ また一つ 胃の中に納まり始めた>笑<

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
女峰山(下巻:帰還まで)・平成25年-04(in日光市)79/100
2013-09-19-Thu  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/09/14撮影 【いよいよ最終回...女峰山を登頂した山仲間に達成感が漂う】


  さて中巻では”女峰山山頂”まで報告しましたが...

P1250694.jpg

      下巻では”帝釈山経由駐車場”までGo!


  いよいよ下山ですが”超痩せ尾根”というハードル

   このハードルをクリアしないことには下山できない!

     そう この中央左奥のピークが帝釈山なんです

P1040870.jpg

  11:27 先ずは山頂から直滑降のような岩肌を降りる

             三点確保しながら慎重に...

P1250711.jpg

         尾根に下り、振り返ると”剱峰”の表示板

    つまり”両刃の剣”のような尾根ということらしいが?

P1250713.jpg

       先陣を担ってくれたM氏提供の写真です

          斜度の厳しさが判ってもらえれば

     突風を警戒して帽子はバックに入れたケン坊

P1040892.jpg

         最終ハードルは”超痩せ尾根”です

   しかも悪いことに懸念していたガスがかかってきた~

         後は突風が吹かないことを願うだけ

P1250716.jpg

   そんな痩せ尾根でもケン坊の目は被写体を狙ってる

          たぶん”ガンコウランの実”かと...

P1250717.jpg

     第一の痩せ尾根を過ぎたところで振り返えると

          既に女峰山はガスに隠れてしまって

P1250720.jpg

            こうなったら前に進むだけ...

   左側が絶壁状態のこんな超痩せ尾根も慎重にクリア

           P1250724.jpg

     今度はコケモモの赤い実がケン坊を呼んでいる

P1250718.jpg

        今回の登山道での唯一の鎖場でしたが

             数メートルの高さなので...

  でも岩の右側は絶壁で下を見れば恐怖心が芽生える?

           P1250726.jpg

         下から見ると大したことのない鎖場も

           上から見るとそれなりの高さです

P1040894.jpg

        11:56 一瞬、帝釈山山頂だと思ったが

         道標を見たら”専女山”と判りガッカリ?

    でも、ここまでくれば痩せ尾根も終わったということ

           P1250733.jpg

  とは言いつつ山は常に慎重でなければと戒めるケン坊

               おぉ~ 紅葉を見っけ!

P1250742.jpg

               何の実(果穂)だろう?

P1250740.jpg

    12:12 やっと”帝釈山山頂”に着きました

  各ポイントでゆったり目に休憩を取っての5時間20分

           特に女峰山頂では1時間の休憩

  健脚向きの山ということを考えれば良いペースですね

P1040897.jpg

     松ぼっくりに白い樹液(松脂)のようなものが...

             オオシラビソ(マツ科)の実

 後で知ったが、この白い樹液(松脂)は香りが良いらしい?

P1250746.jpg

      12:28 帝釈山での束の間の休憩を終えて

          先ず”富士見峠”に向けて下山開始

    大きな石がゴロゴロする登山道をひたすら下ります

           P1250753.jpg

     ひたすら下ります 視界もなくコースも荒れてます

             登りには使いたくない登山道!

P1250758.jpg

    13:26 帝釈山の山頂から約1時間かかりました

         ここまで戻ってくるとホッとします>笑<

           P1250762.jpg

       富士見峠を後にして野州原林道歩きを開始

           起伏は殆どなくゴロゴロ石の林道

P1250763.jpg

        この花は”イワオトギリ”だと思いますが

P1250767.jpg

             ここはキノコの群生地なの?  

       白いキノコが一面に点在してる様は異様だ

P1250770.jpg

     14:32 ようやく馬立分岐まで戻ってきました~

             帝釈山山頂から2時間強...

       この2時間はかなりキツイ歩きになりました

P1250777.jpg

           15:05 駐車場へ無事に到着!

  疲れはあるものの”無事”というお土産が何よりです

    上中下巻とも読まれた方、ありがとうございました

      休憩を入れて”8時間10分”の山歩きでした

          以上で”女峰山登山記”は完です


【次回のための記録】

ゲート手前にオフロードバイク隊が10名前後? 何やら相談したり、バーを
持ち上げる仕草をしたりゲート脇の僅かな隙間からバイクを入れる話を...

数分後、山岳パトロール隊の車が林道から戻ってきた! パトロール隊が数名
降りてきてゲートを解除したと思ったら、バーを手前へ(ケン坊車の方)移動
し始めた?

ヤバイ!


P1250781.jpg


あぁ~ 大丈夫か~ ケン坊の車が邪魔で完全にバーは半開き状態です。でも車は
辛うじて出入り可能で、パトロール隊員は車に乗って走り去って行ったが...

そう言えば、ケン坊達が林道を歩き始めたとき、後ろからパトロール隊車が2台
追い越して走り去ったのを思い出した...

車が入ってくるんだ~と何となく思ってましたが、今思うに、多分、ケン坊の車を
見て”こんな所に駐車して邪魔な車だな”と苦々しく思っていたに違いない。

土曜だからと安易に判断して駐車してはいけないということを思い知らされた。
今度のことは教訓として向後に活かさなければ...


P1250567.jpg

山岳パトロール関係者の方へ

   邪魔な場所へ駐車して誠に申し訳ありませんでした


                あぁ~忘れてました~

       あの水場でゲットした水を沸かしてコーヒー

         口当たりがまろやかで美味しかったです

     500㍉1本だったので直ぐになくなっちゃった~

P1250788.jpg


【振り返りコーナー】

  仲間と女峰山を歩く(上巻)

  仲間と女峰山を歩く(中巻)


ページトップへ  トラックバック0 コメント14
女峰山(中巻:山頂まで)・平成25年-04(in日光市)79/100
2013-09-18-Wed  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/09/14撮影 【入山者が多く熊の心配も全く不要..熊鈴が鳴らないように>笑<】


  さて上巻では”唐沢の水場”まで報告しましたが...

P1040872.jpg

         中巻では”女峰山山頂”までGo!


    水場からは急登が始まった 覚悟はしていたが...

        でも10分も歩くとまた景色が癒してくれる

P1250638.jpg

      束の間の癒しの後は...過酷な登りが続く

P1250639.jpg

            開けた場所から見えた光景は

     これからケン坊たちが登るガレ場が仁王立ち?

    Y字ガレ場の右ガレ場を登ると思われるが厳しそう

P1040876.jpg

            ガレ場はなるべく見ないようにし

  左手に広がる美しい山並みだけ見ることに...>笑<

       左側が”男体山”で右手前が”大真名子山”

P1250643.jpg

         何コレ~ まさか”イワカガミ”が???

   この後にも一ヶ所咲いてましたが時期ハズレですね~

          それともイワカガミに似た別の花か?

P1250646.jpg

     コースの下が透けて見えるような場所も>^_^;<

P1250649.jpg

      9:30 唐沢小屋に到着! ここまで2時間半

            少しゆっくり目の歩みです...

         かなりしっかりした避難小屋ですね~

P1250652.jpg

             扉が開いたので覘いてみると

  テーブルらしきものの両側と2階に寝られるスペースも

          かなりの人数を収容できそうですね

P1250656.jpg

        小屋左に”石神” その奥に”石祠”があり

           軽く手を合わせて先を急ぎます?

    いや ここでも水分補給等で少し休憩を取りました

           P1040879.jpg

         そして間もなくあのガレ場に到着...

                唐沢を反対に渡ります

         少し呼吸を整えてから さぁ行くぞ~

         結構な斜度のある厳しいガレ場です

P1250661.jpg

   下...いや全体を見ると俄かにガスがかかり始めた

      ガスるのはもう少し待ってくれ~ と心で叫ぶ 

P1250662.jpg

        ここまでくれば山頂は近いと思っていたが

          なかなか山頂らしき雰囲気にならず

     それでもケン坊の目は被写体を追っている>笑<

           小さなイオウゴケだって見逃さない

           P1250671.jpg

             19歳の若者がこの地に倒れ

    明大ワンゲル部が追悼の意を込め碑を建てたもの

P1250673.jpg

                追悼碑の下の道標で

   唐沢小屋も山頂も25分と読んでしまったケン坊には

         嬉しい誤算! 5~6分でこの光景...

            間違いなく”女峰山の山頂”だ

P1040881.jpg

                女峰山神社でしょうか 

P1250679.jpg

       おっとっと...ガスる前に山頂へ行こう!

               間に合って良かった~

  この景色 360度のパノラマ(半分は雲に遮られたが)

   女峰山の標高は2483㍍(因みに男体山が2486㍍)

P1250694.jpg

    逆光ですが取り敢えず3人で登頂した証拠写真!

          ここにY氏がいたらな~と思うが

P1040882.jpg

     手前から小真名子山・大真名子山そして男体山

       ほど良く雲がかかって良い雰囲気でしょう?

               これって負け惜しみかな~

P1040885.jpg

        山頂での散策を終えて待望のお昼タイム

            M氏特製のラーメン作りが始まる

P1250698.jpg

               ラーメンができるまで

       ケン坊とN氏はゆっくりと寛ぎモードです

P1040889.jpg

 間もなく出来上がり! 煮たまごも今回はダブルの豪華版
     (割り箸で割ったので切り口がギザギザですが味は変わりません)

P1250705.jpg

    山頂でのラーメンは”美味い 旨い”最高です

P1250706.jpg

           そして次々と山頂に人影が集まる

   こんなに多くの登山者が女峰山に集まったんですね~

      単独の女性登山者が何人も...信じられない!

 ところでこの頃から山頂の視界が少しずつ厳しくなりました

P1250709.jpg

       豪華版”山頂ラーメン”も無事にお腹に収まり

                後は下山あるのみ?

       いや その前にもう一つ大きなハードルが...

                さて次回は最終回です


【振り返りコーナー】

  仲間と女峰山を歩く(上巻)

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
女峰山(上巻:水場まで)平成25年-04(in日光市)79/100
2013-09-17-Tue  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/09/14撮影 【全員が揃わないのは残念、Y氏の分まで頑張って登ります!】


 今回が節目の10回目となる仲間との山歩きは4ヶ月ぶり
          (前回は5月”アカヤシオのミツモチ山”だった)

     思い切って”日光・女峰山”を目指すことに

        正直言って素人集団にとっては厳しい山

                 でも、前回のレポで

     次回の”本番の山登り?”が益々楽しみに...と

            前振りしてたことを思い出した


   いつも4人で山歩きしてるが今回はY氏の都合が悪く

      M氏とN氏、そしてケン坊の三人の珍道中に

P1250566.jpg

【次回のための備亡録】

この日の目標は朝7時には駐車場に着き、遅くも7時半には登山開始したいと
ケン坊の中では密かに思ってた。(出来れば更に1時間前が理想と思いつつ)

女峰山への登山者がどの程度居るのか、熊出没も不安材料の一つ...
そして山...朝早く登り始め早めに下山する企画が安全登山のイロハかな?

宇都宮を5時半前に出発し、光徳牧場入口から入り林道を走ると直ぐに新しい
駐車場が出来ていて”この先駐車禁止”のような表示が???

ここで駐車したら登山口まで何時間も歩くことに? 仲間と意を決してスルー。
志津駐車場に6:30到着。(途中、林道の広くなった部分にも駐車車両あり)

正規ではないが最後の一ヶ所に?駐車することができた...セーフ!
工事関系の制限なのか? 通常20台駐車可能なのにスペースが減っていた。

身支度を整えて出かけようとしたら、後からきた車から”どこへ行くの?”の声が。
”女峰山”と応えると、ゲート前のほうが良いよとアドバイスされ、登山靴のまま
運転しゲートの直ぐ手前(この先進入禁止)に駐車...

ここも2台くらいのスペースがあり、辛うじてセーフで助かりました。
事前にアドバイス(6時頃に満車になる可能性)を受けてたのに...ギリギリ!


P1250567.jpg

        6:55 いよいよ”女峰山”へ向けて出発

 ここは林道で、登山口となる”馬立分岐”まで3~40分歩く
  (志津からは1時間歩くことになるが、ゲートからなので2~30分短縮できた)

P1250569.jpg

     歩き始めて僅か5分...こんなビューポイントが

             この先が断然期待できます

P1250571.jpg

       ルンルン気分でこんな遊び心も芽生えて...
               (ちょっとアングルは悪かったが)

P1250574.jpg

           砂防堤に架かる橋から見る眺め

      山の名前が断定できないのが悔しいですね~
            (大真名子山? それとも子真名子山?)

P1040862.jpg

       こんなアザミですが貴重だったんですね~

P1250579.jpg

       7:30 ようやく登山口となる”馬立分岐”です

          撮りながらの35分は上出来ですね

 真っ直ぐに進むと”富士見峠”ですが帰路に利用する予定

P1250583.jpg

   いきなりの下り...身体が反応してくれません>笑<

スルッと何度か足を滑らせて笑わせてくれるN氏は健在です

P1250587.jpg

      荒沢には丸太を組んだ簡易ハシゴで降ります

P1040865.jpg

          チョロチョロと水が流れる荒沢を渡り

    対岸を登りきるとナナカマドが赤い実を付けてます

           P1250595.jpg

    いよいよ本格的な樹林帯の登山コースが始まります

       急登という感じではないがかなりの登りですね

        地図から推測すると真っ直ぐに登る感じで

     この登りでかなりの高度を稼ぐようですが辛いです

        ケン坊はダラダラと登るコースは苦手です

P1250597.jpg

     でも時おり振り返るとこの眺めが癒してくれます

         男体山には少し雲がかかってきました

P1250598.jpg

     8:00 右下では砂防堤の工事が進められてます

           P1250599.jpg

           正面の山は女峰山なのでしょうか?

    歩き始まって1時間 目的地までまだまだです...

P1250600.jpg

       小休止(水分補給)したら身体に活力が...

   コースの両側にはシャクナゲの樹がかなり見られます

        もしかして花の季節には素晴しい眺めに?

P1250601.jpg

             これはオオカメノキでしょうか

P1250611.jpg

        花の端境期で何も見られませんでしたが

             しぶとく見つけました>笑<

         たった一輪ですが”トリカブト”の花です

P1250613.jpg

            直ぐ下に唐沢が見えてきました

   事前の確認では唐沢小屋まで行けば女峰山も近い?

P1250615.jpg

      8:55 水は真ん中付近に少し流れてますが

           殆ど”枯れ沢(唐沢)”です>笑<

P1250618.jpg

       暫しの休憩時間...何を語るかM氏とN氏

P1250628.jpg

           二人が休んでいる間も惜しんで

    ケン坊はアチコチを歩き回りネタの上乗せを狙う?

       そう、せせらぎの流れに紅葉が浮かんでる

                もう秋が来てますね~

           P1250625.jpg

      唐沢とは別にコースに沿ってせせらぎのような

        小さな沢が流れていて雰囲気がありそう

           P1250632.jpg

        そこから2分も登ると”水場”がありました

                   冷たいです

          ケン坊はペットボトル1本お持ち帰り

P1250635.jpg

        長編になりそうなので今回はココまで...

            次回は山頂まで一気に登ります

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
いつの間にか”下野うどん・草庵”に衣替えしてた?
2013-09-16-Mon  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
25/09/07撮影 【蕎麦がうどんに変わっただけ? いや新たなリピーターになる...】


        姿川をぶらり散歩してたら汗ばんできた

久し振りで”グりムの里の蕎麦”をと足を伸ばしたが

       あれ~ 何かが変? 雰囲気が違ってる~

          ノボリ旗に”うどん”の文字が見える

P1250392.jpg

              ”下野うどん 草庵”

           P1250391.jpg

           蕎麦屋さんからうどん屋さんへ変身

    1年以上もご無沙汰してたら世の中は変動していた

      前のお蕎麦屋さんは日曜のみの営業だったが

                月曜日を除く毎日営業

      ただしお昼の時間帯だけで11時から14時まで

P1250371.jpg

        とりあえずお昼時なので入ってみたら...

  以前の長いテーブルが消え、畳の上もテーブル形式に

         高齢者にとっては有り難い配慮ですね

P1250369.jpg

P1250387.jpg

     初めて&飛び込みのお店...何にしようかな~

           メニュー表で目をつけたのがコレ↓

P1250372.jpg

          魔女は”新作”という文字に惹かれ?

              ”くるみ汁のぶっかけうどん”

P1250373.jpg

    ここのうどん屋さんも注文を受けてから茹でるので

               少し待たされますが...

    美味しいうどんを食べられる訳だからひたすら我慢

           P1250376.jpg

      お待たせ~ 登場した”肉汁うどん”がコチラ

        太麺?  いや”さぬきうどん系”らしい

       器が大きく少なく見えますが量はたっぷり

     器も拘っているようで メニューによって使い分け

P1250377.jpg

    太麺で固め、腰があってケン坊の好みにピッタリ

   豚肉の出汁、焼き葱の香ばしさ、油揚げの安らぎ感

P1250379.jpg

       これはこれは...ケン坊好みで満足でした
       (あくまでケン坊好みということで...味の感じ方は千差万別)

P1250385.jpg

     こちらが魔女注文の”くるみ汁のぶっかけ”です

P1250380.jpg

           そしてコチラが”くるみ汁”です

  見た目は果汁のようですが”ゴマ汁”の味に似てるとか

        この出汁をうどんに”ぶっかけ”て...

P1250383.jpg

           そして”杏仁豆腐”がデザートに

P1250384.jpg

                  後で知ったことだが

        お薦めは”海老天揚げ餅うどん”だそうな

            カリッと揚げてある餅と海老が

      本格的なうどんとベストマッチなんだそうです

        次回は”海老天揚げ餅うどん”で決まり?



場所:

  下野市下長田146

  下野市石橋農村環境改善センター内


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
予告? 男体山での悪夢を払拭するために再び日光へ
2013-09-15-Sun  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/09/14撮影 【那須で足慣らしを終え男体山での不安払拭のため敢えて日光へ】


          早起きは三文の徳と言いますが...

             早朝の日光を再び訪ねた

      場所は”こんな景色(↓)”が見られる林道です


             ヒント:日光の山です>笑<

P1250571.jpg

P1250643.jpg

          詳細は整理が出来次第に報告します
ページトップへ  トラックバック0
魔女の”那須・茶臼岳への初挑戦”にお付き合い?(後編)
2013-09-14-Sat  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/09/10撮影 【思い立って出かけた茶臼岳は、リンドウのピークに出会えた...】


  魔女が初めて目指す”茶臼岳山頂”も間もなく到着

          駐車場を出発して1時間30分...

  時間掛け過ぎ? 写真撮る時間を考慮したら上々か?

   お鉢を反対周りしたので那須嶽神社をやり過ごして

         鳥居手前(山頂駅コース寄り)に...

P1250482.jpg

    正式に鳥居を潜って”那須嶽神社”へ御参りしました

P1250480.jpg

    神社へ御参りした後は近くの高い岩場を見つけて

       岩の上で”山頂シェー”をと思ったが

  この日はラッシュ状態で山頂シェーはできる環境にない

         仕方なく両手を挙げて誤魔化した...

P1250515.jpg

       神社脇の道標で写真撮ろうとカメラを構えた

 すると宮城から来たという学生が来て撮ってあげますよと

             撮ってもらったのがコレ(↓)
   (学生さんが3~40名で来てた...もちろんお返しに撮ってあげました)

P1250495.jpg

        そして混雑する山頂を避けてお昼は...

    今回は質素に手作りのお握りと秋の果実でランチ

P1250498.jpg

         さて...帰路はどのコースを歩くかな?

           往路を戻るのは能がないと魔女!

     山頂駅方面に下り、牛ヶ首分岐から牛ヶ首経由で

       茶臼岳が目的なので徹底して...>笑<

  と、山頂駅方面に歩き出したら”三角点”がありました?

       まさかのマサカ...こんな所に三角点が?

           P1250500.jpg

               そして岩場を下りていくと

          ロープウエイ山頂駅が見えてきた...

              山麓駅の駐車場も望めます

P1250501.jpg

          振り返ると荒々しい朝日岳が見える

P1250503.jpg

     そして牛ヶ首分岐まで降りてから牛ヶ首へ向かう

           コース沿いにリンドウが顔を見せる

P1250507.jpg

   牛ヶ首コースのエゾリンドウは期待してなかっただけに

   とっても嬉しい! 得した気分! コース変えて正解!

P1250508.jpg

           P1250549.jpg

P1250519.jpg

     那須のいろんなコースで見られる”シラタマノキ”

P1250520.jpg

                  カリヤスモドキ

P1250522.jpg

    牛ヶ首コースから見る茶臼岳(南面)とウラジロタデ

P1250530.jpg

        アチコチで見かけた”ホツツジ”も終盤か

P1250553.jpg

      最後に”エゾリンドウ”をもう一度掲載して

P1250560.jpg

       魔女が初めて登る茶臼岳ハイクは完です!


【コース】

駐車場---峰の茶屋---茶臼岳登山口---
 10:20       11:00            11:05

山頂---お昼---牛ヶ首分岐---牛ヶ首
11:45   12:05~12:15      12:30         13:00 

---峰の茶屋---駐車場
        13:30       14:00


【関連コーナー】

  魔女の”那須・茶臼岳”への初挑戦(前編)



ページトップへ  トラックバック0 コメント12
魔女の”那須・茶臼岳への初挑戦”にお付き合い?(前編)
2013-09-13-Fri  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/09/10撮影 【朝起きて...今日は山へ行くぞ~ 向かうは那須・茶臼岳です】


       9月に入り秋の登山シーズンが近付いて?

                    というより

 魔女の”茶臼岳を登ってない”発言に反応したが

       早い話”エゾリンドウ”が見たかった?

    途中の駐車場でも警備員が交通案内していたが

 まさか平日だし...入口付近に1台スペースがあったが

      なるべく奥に駐車と思い入ったが満車状態!

            慌ててUターンして事なきを

  平日で紅葉前という条件に満車になるとは想像もせず

P1250413.jpg

        10:20出発、登山口への階段を登る

   登山口に着く前に”エゾリンドウ”の大群がお出迎え

      これはエゾリンドウ家族の丁重なお出迎えです

早くも下山する人がいて...ここのリンドウが一番ですよ!

   それじゃ登らないで帰るか>笑< そんな会話も...

P1250417.jpg

          登山口の山之神鳥居を潜り少し歩くと

P1250420.jpg

               ヤマハハコの大群に遭遇

        多くの目玉に睨まれてそうで変な気持ち!

P1250421.jpg

      秋の気配を感じさせる”ナナカマド”の赤い実

          あとは葉が紅葉するだけです>笑<

P1250424.jpg

       朝日岳をバックに”カリヤスモドキ”が輝く

P1250426.jpg

    コース沿いにスカイブルーのリンドウが顔を出して

            登山者の疲れを癒してくれます

P1250430.jpg

高山植物の一つ”ガンコウラン”が濃い青色の実を付けてる

         ブルーベリーに似た味がするらしい?
      (魔女が地元の登山者に勧められて一粒食べた...感想です)

P1250435.jpg

       今年はエゾリンドウの当たり年ですかね~

          今までで一番っていう感じがします

P1250441.jpg

     コース右下には群生...オーバーですかね?

P1250451.jpg

         程なく峠の茶屋に到着し水分補給...

   そして初めてという茶臼岳に向かって魔女の挑戦です

P1250456.jpg

    5分も歩いて振り向くと...素晴しい景色が眼下に

       剣ヶ峰 朝日岳 そして奥が三本槍ヶ岳かな

           P1250458.jpg

      そして思ったほどじゃないと強気な魔女の脇を

        小学生の団体さんが次々と下山していく

   山ですれ違う時のルール? 挨拶が大変です>笑<

P1250461.jpg

    コース全般で見られる”シラネニンジン”の花と実?

          どうやら雌雄異株らしいですが...

P1250464.jpg

   山頂まで残り15分程度(約半分)の場所で見る秋空

       まさに爽やかな秋空です 素晴しい山歩き!

P1250470.jpg

      ロープウエイ山頂駅から多くの登山者が山頂へ

  ケン坊たちはお鉢を反時計回りで山頂を目指すことに

    流行?の”山頂シェー”をしてるようにも見える?

P1250471.jpg

     山頂とケン坊の間には”お鉢(お釜)”があるが

         水は全くなく降りられそうですがパス!

それと撮り方がヘタでお鉢の深さがイマイチ伝わりませんね

P1250472.jpg

       お鉢周りコースから”姥ヶ平”が見えますが

           燃えるような紅葉には後一ヶ月?

P1250474.jpg

           そしてカメラを少し左に向けると

      牛ヶ首から日の出平へ向かう尾根が見えます

          残念ながら”南月山”雲の中でした

P1250475.jpg

          いよいよ次回は山頂です そして...
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
またまた”下古山のかかし祭り”をネタにしちゃった...
2013-09-13-Fri  CATEGORY: イベント(まつり)
25/09/07撮影 【幼稚園や小学校が製作者の主体ですね...日記につきゴメン!】


 今年も小さな”下古山のかかし祭り”が静かに...

            祭りは8月25日だったので

   ケン坊が行った日は、そろそろ片付ける時期でした

P1250349.jpg

              定番の”ととろの森”です

        いや、本当は”星宮神社の森”でした

P1250348.jpg

  神社の駐車場から細い農道沿いに数十体の案山子が

P1250351.jpg

     以下、案山子のオンパレード...手抜きです!



           P1250336.jpg

P1250339.jpg

           P1250337.jpg

P1250341.jpg

           P1250338.jpg

P1250343.jpg

           P1250340.jpg
*風雨に耐え切れずダウン
P1250346.jpg
*アベノミクス効果で消費税アップか?
P1250342.jpg
*ニラの花が満開です
P1250344.jpg


ページトップへ  トラックバック0
天気予報が外れて...姿川の土手をぶらり散歩
2013-09-12-Thu  CATEGORY: 野原等で出会った花々たち
25/09/07撮影 【家でグダグダしてるよりは、少しでも足腰のため歩くことが一番!】


         今日は完全に天気予報に騙された~

      お昼頃から一日雨になるとの予報だったので

                山歩きを早々に諦めて

        石橋の”姿川土手沿い”を歩くことに

 でもどういう訳か...一日中薄日が射して結構な暑さに!

P1250356.jpg

     姿川の土手歩きは定番の花散歩になっちゃった

  ということで、今回も土手で見かけた花を手抜きで紹介?

               間違ってたらゴメンです


*ノアズキ
P1250361.jpg

*アレチウリ
P1250360.jpg

           *ツリガネニンジン
           P1250363.jpg

*メマツヨイグサ
P1250365.jpg

*ハギ?
 9/12判明 アレチヌスビトハギ (長さんありがとうございました)
P1250368.jpg

*ハナトラノオとアゲハ(駐車場)
P1250388.jpg

*ボケの花
P1250393.jpg

*マルバルコウ
P1250396.jpg

*ワルナスビ
P1250398.jpg

*コミヤマカタバミ
P1250298.jpg

*ムラサキカタバミ
P1250301.jpg


ページトップへ  トラックバック0
情報&速報! 那須・茶臼岳のエゾリンドウが見頃です
2013-09-11-Wed  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/09/10撮影 【朝起きて...今日は山へ行くぞ~ 向かうは那須・茶臼岳です】


   9月に入りそろそろ秋の登山シーズンが近付いて?

            という訳ではありませんが

  足腰を鍛える手段として”那須・茶臼岳”を選択

    早い話が”那須のリンドウ”が見たかった!
     (過日のブロ友:リンゴさんの情報が気になっていたんです...)

  今日は平日ですがまるで紅葉時期のように満車状態

P1250413.jpg

     詳細は後日、写真の整理が出来次第報告します

P1250560.jpg

          秋の気配も忍び寄ってます...が

P1250556.jpg

          今日の主役は”エゾリンドウ”です

P1250519.jpg

P1250441.jpg

         一応、脇役として山歩きもしましたので

            証拠写真を掲載しました>笑<

P1250484.jpg

          詳細は後日(数日後?)になります
ページトップへ  トラックバック0 コメント9
情報! 新たな道の駅”まくらがの里 こが”が新4号線沿いに出現
2013-09-10-Tue  CATEGORY: ○○の駅
25/09/06撮影 【新しい道の駅ができるとツイツイ寄って...もちろん何かを買う!】


        幼稚園の”敬老会イベント”を終えて

             新4号経由で帰宅...

  ところが古河に新しい”道の駅”が出来たという情報

     例の寄り道癖が出て素直に帰れない>笑<

     駅の名前を”まくらがの里 こが”という
         *まくらがの里という名前の由来は最後に掲載

P1250321.jpg

      駐車場は広いが出口が意外と複雑に感じた?
            (単にケン坊が間違っただけかも>笑<)

P1250322.jpg

                いよいよ建物内に進入



              お土産コーナー”ゆきはな”

P1250312.jpg

P1250317.jpg

             カフェベーカリー”はなもも”

P1250314.jpg

         地産地消フードコード”みやことほまれ”

P1250313.jpg

P1250311.jpg

                 ジェラートコーナー

P1250315.jpg

             道の駅の定番”野菜コーナー”

P1250320.jpg

     昔、古河で何度か食べたことのあるケン坊と魔女
             (お互いが知り合う前の独身時代です...)

           懐かしい”丸満餃子”を購入!
           (家で焼いたら少し焦がし過ぎてしまった...)

P1250326.jpg

            たっぷりの”タレ”に浸して...

     懐かしい香り...少しずつ昔を思い出します!

P1250329.jpg

                 そしてパンも購入

    味が控えめ? ”こしひかりの玄米ブレッド”等々

P1250324.jpg


              パンフレットコーナー>笑<

*まくらがの里という駅の名前の由来
P1250400.jpg

*施設の案内図
P1250402.jpg

*営業時間等の案内
P1250331.jpg

       孫の家に行く際には”トイレ休憩”で寄り道?

         手土産もここで調達できるかも>笑<

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
幼稚園の”敬老会イベント”に招待されて...
2013-09-09-Mon  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/09/06撮影 【敬老会へのご招待! 今年で幼稚園の行事も終わりなので...】



     孫娘から”敬老会に来てね”と言われれば

                 行かざるを得まい!



   おじいちゃん・おばあちゃんを幼稚園に招待するのは

     ”敬老の日”しかない  園児との交流は必要と

     毎年イベントを企画しているという(園長の方針)
     (この時期は運動会もあり、他の企画を入れるのは至難だとか?)

    P1120050.jpg

                  P1120051.jpg

       ”爺ちゃんと婆ちゃん 何処にいるのかな~”

            友達の間から顔を出すすずちゃん

P1250276.jpg

          年長の”すずちゃん”はピアニカ演奏

      何時の間に覚えたの? 子供は器用ですね~

P1250277.jpg

     園児と敬老の合同による手遊びも無事終了!

P1250279.jpg

         そして”孫たちとのお食事時間”です

     ホールや教室、園庭...思い思いの場所で!

        婆ちゃんとママちゃんが作った”お弁当”

P1250282.jpg

        敬老会イベントなので親たちはいません

             基本は”園児と爺&婆”です

               まるでピクニック気分! 

        食が捗ります...ケン坊と魔女が>笑<

             すずちゃんは少食のようで...

P1250284.jpg

       外は雨模様なのでホールでの食事が多かった

     暑いとの予想から園で用意した”冷汁”サービスも
                              (左手前の大鍋)

         涼しくていまひとつ人気が無かったか?

P1250286.jpg

         ケン坊と魔女が戴いたプレゼントです

               宝物入れとお菓子セット

P1250287.jpg

   蓋を開けると孫からの”嬉しい文字のプレゼント”です

P1250288.jpg

   魔女と二人参加ですずちゃんも2個作るのが大変です

P1250292.jpg

           蓋も閉まるように工夫がされてます
             (これは先生がお手伝いしたようですね?)

P1250330.jpg

         親がいなくても何の不安もないですね

       今の園児は昔の子供とは違います>笑<


            涼ちゃん ありがとうね!

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
大平山南山麓の”観光ぶどう団地”は雨の中
2013-09-08-Sun  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
25/09/04撮影 【スーパーでも買えるぶどうだが...やはり新鮮というイメージが!】


    お世話になった方にお礼に”ぶどう”でも贈ろうかと

       大平山田の”ぶどう団地”を目指したが

     が...突然の雨で目的の家を諦めて途中下車

        一番手前の”にこにこぶどう園”

       駐車場が屋根付きになっててラッキーでした

P1250257.jpg

          天気が良くないのと平日だったので

             お客は我が家を入れて3組!

P1250252.jpg

          特に安いというイメージは無かったが

              捥ぎりたての新鮮さが良い

P1250255.jpg

  ぶどうハウス内にはたわわに実ったぶどうが一杯です

P1250256.jpg

             いろんな種類がありますが

    収穫期が異なりますのでお出かけ前に”要確認!”

P1250258.jpg

     ご贈答とは別に”巨峰とアキクイーン”をゲット!

         コレで2000円は安いか高いか...

P1250263.jpg

       因みに甘さは十分です とっても甘いです!

           P1250334.jpg

          ぶどう狩りは10月上旬までできます

   詳しくは”大平町観光ぶどう園協議会”まで
                      (かかしの里)

              0282-43-8288


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
近所で見た”あんな花こんな花...そして果実”も
2013-09-07-Sat  CATEGORY: 野原等で出会った花々たち
25/09/03撮影 【たまには近所の花を掲載...見慣れた花が殆どですが】


   ケン坊もたまには近所の花でも掲載しようかな...

         いま”マツバボタン”が目に付く季節

P1250128.jpg

               マツバボタンといえば

       花の中にもう一つ花が咲いてる感覚が...

P1250123.jpg

   そう! まるで”イソギンチャクの触手”のようなメシベ

P1250126.jpg

    花言葉は ”可憐・無邪気・さわやか”です

P1250129.jpg

         メシベは花びらの色と一緒という説

    前掲の写真は説どおりだったがコレ(↓)は...

       もしかしてマツバボタンではないのかも?

P1250127.jpg

     近くにヒルガオサキツキミソウが咲いていたが
         (9/7 長さんより指摘され勘違いに気付きました)

      こちらのシベも変化があって面白いので...

P1250150.jpg

       終盤を迎えた”オクラの花”はひと際目立つ

P1250155.jpg

         背の高い幹の先端近いところに咲く花は

             ケン坊には苦手のアングル...

P1250154.jpg

            オクラのシベも良く観ると面白い

     先端に5個のこげ茶色のチップを張り付けてます

   植物達も子孫繁栄のためにいろいろ工夫してますね

P1250157.jpg

           空き地を覆い尽くす”クズ”の蔓

               花は藤に似て...?    

P1250160.jpg

        天に昇る姿はルピナスにも似てるような

P1250264.jpg

       しみじみと”クズの花”を見るとこんな感じ

P1250162.jpg

        健康食として脚光を浴びる”イチジク”も

            そろそろ熟する時期を迎えます

P1250303.jpg

            そして最後は獅子柚子(鬼柚子)

        まだまだ大きくなります...成長途上です

P1250268.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
宮崎駿監督の”風立ちぬ”は最後の作品となる?
2013-09-06-Fri  CATEGORY: シネマ観賞
25/08/20撮影 【一世を風靡した宮崎駿監督の世界。今回が最後のジブリ映画か?】


       携帯を入れ替えた日 ついでにMOVIXへ

  そう 宮崎駿最新のジブリ”風立ちぬ”を観るために

P1240580.jpg

       孫が観たいと言ってたが日程が折り合わず

            連れて行けなかった...>残<

       今日は携帯トラブルのお陰?で観ることに

           P1240578.jpg

    内容的に孫には難しくて理解できなかったのでは?

        でも今の4年生は昔のケン坊たちとは違う

我が家にあった”田中正造(まんが)”を真剣に読んでたとか

P1240584.jpg

      先日、突然に”宮崎 駿監督”が引退を発表

         過去にも...でも今度は本当かも?


*ネットから

アニメ界の巨匠、宮崎駿監督(72)が引退することが1日、イタリア北部で
開催中の第70回ベネチア国際映画祭で電撃発表された。

コンペ部門出品作「風立ちぬ」の公式会見で明かされ、突然のことに各国記者は
あぜんとした表情を見せた。

日本歴代1位の興行成績を誇る「千と千尋の神隠し」(2001年、興行収入304億円)
をはじめ、国内外で高い評価を受ける重鎮の決断。

監督は6日に都内で会見を行い、自らの口から経緯を説明する。(サンケイスポーツ)


ページトップへ  トラックバック0
日光戦場ヶ原と小田代原には着実に秋が忍び寄って
2013-09-05-Thu  CATEGORY: 日光・今市・湿原
25/09/03撮影 【翌日の天気が良くない予報に9時過ぎに決断! 3時間のハイクを】


  ここ数年、8月末の頃に奥日光をハイクすることが多い

          今年も自然な流れで出掛けてみた

      時間の関係で戦場ヶ原&小田代原を一周


  ピークを過ぎた花も多い...手抜きで掲載です>笑<

P1250236.jpg

           【 戦 場 ヶ 原  編】

*キツリフネソウ
P1250167.jpg

*ワレモコウ(吾亦紅)
P1250170.jpg

*新設された”戦場ヶ原の展望コース”
P1250173.jpg

*ウメバチソウ
P1250196.jpg
            (ウメバチソウはシベが面白いんですが...)
P1250194.jpg

           *エゾリンドウ
           P1250182.jpg

*ノアザミ?
P1250176.jpg

           *ミヤマアキノキリンソウ?
           P1250186.jpg

*休憩&展望ポイントが新設(既存の施設も新しく)
P1250190.jpg

           *ハクサンフウロ
           P1250199.jpg

           *アケボノソウ(蕾が多い)
           P1250203.jpg

*シロヨメナ
P1250206.jpg

           *オオバショウマ ?
           P1250208.jpg

*ミヤマエンレイソウの実
P1250215.jpg

           【 小 田 代 原  編】


*間もなく草紅葉の季節が
P1250238.jpg

           *オオウバユリの実
           P1250219.jpg

*サラシナショウマ ?
P1250217.jpg

*テンニンソウ
P1250221.jpg

*カリガネソウ(ピークは過ぎましたが)
P1250222.jpg

*ソバナ
P1250243.jpg

*ホザキシモツケ(殆ど終盤)
P1250228.jpg

*ヤマハハコ
P1250229.jpg

*ワレモコウ
P1250233.jpg

*ナンテンハギ?
P1250241.jpg

*ハナイカリ
P1250248.jpg

*???
  9/5判明 ”ヤマケマン” 長さんのアドバイスよりネット確認
P1250251.jpg

           *小田代原は秋の気配が...
           P1250237.jpg

     この日は、東京から多くの小学生が湿原ハイク!

  戦場ヶ原を走る木道が整備され渋滞はありませんでした

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
筑西市宮山のキバナコスモス...実は”ひまわりの里”でした
2013-09-04-Wed  CATEGORY: 花紀行(ひまわりの名所)
25/09/01撮影 【キバナコスモス見に茨城まで? でも行ってみて良かった!】


先日、ハンター師匠の記事で”キバナコスモス”が紹介され

      魔女が気に入ってしまい是非行きたいと...

 ケン坊的には9~10月の高根沢グリーンパークで十分!
                 (...と思っていたが)

      でもココで貸しを作っておけばねッ>イヒヒヒ<


 場所は筑西市”宮山ふるさとふれあい公園”です
          (旧明野町で、現在は茨城県筑西市宮山504)

P1250043.jpg

              おぉ~ 八重のヒマワリ?

          野木で見た”ゴーギャン”に似てるが

      名前は”東北八重ひまわり”だという?

P1250053.jpg

    なるほど大河ドラマ”八重の桜”バージョンか~

P1250054.jpg

      宮山(旧明野町)は筑波山の麓の町なんです

             当然、筑波山がバックに...

  ヒマワリはケン坊に背を向け筑波山に敬礼状態ですが

              午前中だから仕方ないか

P1250057.jpg

           見慣れたひまわりとは違いますが

               やはり青空が似合います

P1250060.jpg

     見渡す限りどこまでも”東北八重ひまわり”です

P1250077.jpg

        申し訳無さそうに見慣れたヒマワリが...

P1250100.jpg

          コチラには”パチノコーラ”という名が

P1250048.jpg

          そして”ポットオレンジ”という品種?

P1250050.jpg

        一区画は切り花コーナー...5本200円
            (5輪ではなく5本...10輪でも20輪でもOK)

      皆さん、花の多い茎を根元近くから切ってます
     (係りの方が葉を取り元を揃えて水分を含んだ紙を巻いてくれます)

P1250083.jpg

      ほらね! この人もこんなに沢山の切り花を

P1250085.jpg

     そうだ 何のために来たのか目的を忘れてた!

         キバナコスモスをすっかり忘れてる~

 ここは”キバナコスモス”の里(ピークは過ぎたが?)

P1250087.jpg

                展望台からの眺め...

       手前ひまわり 奥キバナコスモス  見事です

どちらも同系色なので写真では区別がつきませんが>苦<

P1250094.jpg

           ”あけのひまわりの里”とあるが

   間違いなく、ここはキバナコスモスの里でもありますね

P1250101.jpg

          キバナコスモスも青空が似合います!

                 元気を貰えそうです

P1250070.jpg

      なるべく人の居ない場所を選ぼうとしたが...

          今日は日曜日...多くの観光客が

           P1250067.jpg

          横からのアングルも意外に面白い!

P1250071.jpg

    おぉ~ キバナコスモスも筑波山をバックに映えます

P1250064.jpg

      魔女の一言で来てみたがケン坊も満足です!

ひまわりフェスティバルは”8日(日)”まで開催中!

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
料理よりも雰囲気が記憶に残る”温石亭(蛸屋茶寮)”?
2013-09-03-Tue  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
25/07/31撮影 【あはは ランチに行ったのにランチより建物が印象に残るとは...】


     実家からの帰り道...お昼はどうしようかな~

          ラーメンか 蕎麦か 丼ものか...

すると魔女から少し高いけど”温石亭(おんじゃくてい)はどう? 
      (もちろんケン坊の奢りと知っての発言...先にやられた!)

  元禄11年創業”御菓子司 蛸屋”が経営するお食事処

             あれっ 名前が変わってる

     ”温石亭”じゃなくて”蛸屋茶寮”になってる?

P1230962.jpg

                この雰囲気から見ても

      ケン坊的には”温石亭”の名前が良いと思うが

P1230961.jpg

        更に一歩近付いてみると...こんな感じ

P1230960.jpg

       もう一歩前へ...何処かで見る文字>笑<

   右手前の鯉が泳ぐ小さな池には小舟も浮かんでます
     (一部、建物の下にまで池が広がってます...勘違いでなければ)

P1230957.jpg

         そして、いよいよ建物の中へ進入です

    飾り棚や料亭を思わすような飾りつけがアチコチに

P1230956.jpg

     赤い絨毯の上を進む...まるで国会議事堂?

P1230954.jpg

       更に先に進むと...まだまだ絨毯が続く?

P1230953.jpg

           ♪線路は続くよ どこまでも~♪

    あははは 絨毯が一直線にズーッと敷かれてます

写真左側にも個室が並んでますが、ケン坊達は右折し...

P1230952.jpg

       いよいよ案内されたケン坊の部屋の前...

   何とも凝った造りのお食事処ですね~ 社長の拘り?

P1230934.jpg

       そして個室...部屋にも花瓶や大皿なども

           接待に(隠れ)デートに最適かも?

P1230927.jpg

          ココがケン坊が通された部屋ですが

       ...これで建物の紹介は終わりです>笑<

         ココまででエネルギーを使っちゃった!

P1230928.jpg

          以降”ついでにランチを紹介”です

                誤解しないで下さい!

      決して料理が不味いわけではないんです...

      立派な建物の”蛸屋茶寮”さん 申し訳ない!



       コレ(↓)がケン坊発注”小山の開運膳”です
              (少し気張っちゃいました...>笑<)

P1230931.jpg

P1230943.jpg

P1230944.jpg

P1230945.jpg

P1230946.jpg


       そして魔女の注文は...”山菜強飯定食”

P1230933.jpg

P1230937.jpg

P1230940.jpg

P1230948.jpg

        もちろん最後にはコーヒーは付いてます!

  なぜか ランチよりも建物の雰囲気が記憶に残って...

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
防災の日に因んで”警備会社の第18回防災訓練”を見学...
2013-09-02-Mon  CATEGORY: 日記
25/08/31撮影 【万一の時のため”訓練”は必要ですね...改めて感じました!】


      関東大震災(大正12年)の発生から90年...

         その後、9月1日は防災の日と変わった


この日は早朝から”防災訓練”の行われる街中へと向かった
            (知人から情報を入手していたので...)

           P1250029.jpg

警備会社で北関東最大手”北関東綜合警備保障㈱”

   本社裏側の駐車場で朝7時から”訓練開始”された
    (ケン坊は不確かな情報で6時と勘違いし、かなり前に到着>笑<)

P1240940.jpg

 訓練開始する頃には見学する人がテント内に集まりだした

     時間が早いこともあり高齢者とお孫さんが大半

   多分ですが、ご近所の方々なのかも知れませんね?

P1240948.jpg

          【 訓 練 開 始 で す 】


【緊急通信網確立訓練】
P1240946.jpg

           P1240947.jpg


【警察犬隊訓練】
P1240951.jpg

P1240957.jpg


【レスキュー隊等の訓練】

1.崩落事故で下敷きとなった車の救出
P1240962.jpg

2.マンション火災による怪我人救出
           P1240970.jpg

           P1240972.jpg

3.浸水対策としての土嚢積みと撤収
P1240985.jpg

【安心訪問サービスの紹介】
           P1240996.jpg


【現金輸送車襲撃訓練】
P1250005.jpg

P1250006.jpg

P1250008.jpg

P1250009.jpg


【消火器の紹介】
P1250017.jpg

P1250020.jpg

P1250021.jpg

        どの訓練も”本番さながら”のものでした

          芸人かと思える”笑い”を誘う演技力

  職員のキビキビとした行動に見学者から大きな拍手が!



         最後に記念品を戴いちゃいました...

P1250030.jpg

  この日は、その他に体験コーナーがありました(ケン坊は不参加)

     地震体験・AED体験・犬のしつけ教室・消火体験・カラーボール投擲



     訓練が訓練だけで済んでくれれば一番の幸せ!

 訓練が生きたという事が無いことを祈ります
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
<< 2013/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.