ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
端境期でも、森林公園・赤川ダム湖周辺を歩けば花には出合えます
2013-08-31-Sat  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
25/08/26撮影 【同じようなブログを数週間前にも掲載したような...花は違えど】


        釣り堀・山狭苑で”レンゲショウマ”を見て

            周辺をぐるりと一周してみたら

       花は端境期と思っていたのに意外にも...


                 例によって今回も

   花の名前(違ってたらゴメン!)だけの手抜きブログ!



 先ずは現在地を確認するため定番のアングルから>笑<

P1240711.jpg

赤川ダム湖のススキ...秋近し

P1240716.jpg

ツリガネニンジン

P1240855.jpg

キバナアキギリ

P1240863.jpg

ヤマジノホトトギス

P1240864.jpg

ミズヒキとキンミズヒキ

P1240867.jpg

ゲンノショウコ?

P1240931.jpg

タマアジサイ(花の左端に昆虫が?)

P1240759.jpg

ボタンヅル...センニンソウに似てるが

センニンソウとのアドバイスがあったが...

P1240937.jpg

アザミやキンミズヒキと戯れるアサギマダラ

P1240769.jpg

P1240776.jpg

最後に名前の判らない植物...

アカソのようです(ネットで見ると葉が違うような?)

P1240778.jpg


         単なる森林公園の花の紹介でした...


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
日光開山堂&観音堂(香車堂)と何十年振りかでご対面
2013-08-30-Fri  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
25/08/09撮影 【日光男体山からの報告...最後は”香車堂”の報告で締め!】


 男体山登山からの寄り道(滝尾神社)は途中で断念したが

      折角なので復路は別ルートで駐車場に向かう

稲荷川に沿って神橋方面に進み途中から輪王寺&東照宮へ



    石畳と違って歩き慣れた舗装道路を暫しの間歩くと

         日光東照宮の裏側”開山堂”の前に出た

P1240332.jpg

   勝道上人は83歳で亡くなりこの地に葬られたとあるが

           今年の3月には誕生地を見てきた
                   (真岡の仏生寺)

     つまり誕生地と葬られた地...これも何かの縁?

          残念ながら堂内は見ることができず

P1240331.jpg

   開山堂のお隣には”観音堂(産の宮)”が鎮座

             今回は久し振りの訪問です

P1240324.jpg

P1240326.jpg

       観音堂は別名”香車堂”と呼ばれてます

              あの将棋の”香車”です...

P1240329.jpg

   香車堂には将棋の駒”香車”が沢山奉納されてます

香車は真っすぐ進む駒のためお産が楽にすむとの願いをかけ”産の宮”として
昔から庶民信仰になってます。

ここで駒を借り無事安産した場合は新駒とともに返納することになるが借りた
駒より大き目の駒を返納することが暗黙のルールだとか?


P1240327.jpg

       そう! 将棋の駒はどんどん増えるのみ...

            ケン坊が奉納した駒は何処へ?
       (数十年前ですから一番隅の方に追いやられてると思いますが)

       堂の横や後、下...格納してあるようですが

P1240333.jpg

                  余談ですが...

     昭和52年初版発行”ふるさとの心”という民族誌

P1240397.jpg

     この中に”開山堂・香車観音堂”が紹介されてた

            何気に本屋で手にしてビックリ

     目立つ位置にケン坊が奉納した”香車”の駒が

        数年後出版の民俗誌に掲載されたんです

      もちろん980円の大枚をはたいて買いました!

P1240398.jpg

          観音堂の左側にこんな場所があった?

    当時は”観音堂”へ香車を納めることしか念頭に無く

       ここでの安産祈願を我が家は失念しちゃった!

P1240335.jpg

                      陰陽石

       陰(女性)と陽(男性)を意味する石らしい?

P1240334.jpg

        横に回ったり後ろに回って観察しましたが

  ケン坊の知るところの姿・形とは全く似てません>笑<

P1240336.jpg

    駐車場から二荒山神社を一周したことになりますが

          ケン坊の推測で”3㌔強くらい”かな?

   これで男体山登山を中心とする一連のブログは完!

         滝尾神社は残念ながらパスしちゃったが

             次回は必ず再挑戦してみます

ページトップへ  トラックバック0 コメント9
もう一つの日光!  滝尾の路(滝尾古道)で”イワタバコ”と遭遇...
2013-08-29-Thu  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
25/08/09撮影 【もう一つの日光を訪ねようとして偶然に出会ったイワタバコの花!】


 これまではブロ友さんの情報で何ヶ所か後追いしていたが

    今日は偶然に”イワタバコ”の花と遭遇しました


   場所は男体山登山からの帰り道に二荒山神社へ...

          足がだるいのに寄り道しちゃった!

*場所確認のため4月の写真(↓)を掲載しました
P1200177.jpg

     そして上の写真”鳥居”の手前を左に10~20㍍

           二荒山神社の脇道を奥へ入ります

 入口に”史跡探勝路 神橋~滝尾神社”の標石も立ってる

P1240297.jpg

   わき道を入ると、両側の石垣にあの特徴のある花が

          一斉にケン坊を見てるような気が...

    足の疲れも忘れカメラを取り出して枚数を重ねたが

                登山の疲れなのか?
 
     手ブレ 足ブレ ピンボケの連続でモノにならず!

P1240303.jpg

  入口から100㍍(位)に渡り 両脇にイワタバコが群生

           P1240306.jpg

     開花状況はタイミングがやや遅い感じでした...

          来年はピークの時季に訪ねてみたい

P1240307.jpg

    と、イワタバコがメインのブログになってしまったが

            実はこの細道を歩く目的は...

         世界遺産とは違う”もうひとつの日光”だ



   男体山八合目に祀られてた”滝尾神社”がこの奥に?

            弘法大師空海が開いた滝尾神社

  この細い道は通称?”滝尾古道”とも言われてます
                (別な言い方で”滝尾の路”とも言う)

       この日は午後1時...夏の日差しが強くて

           古道という雰囲気には遠いですが

  朝靄が立ち込める早朝...想像しただけでゴックンです

           老杉が左右に生い茂る石畳の道は

              荘厳な雰囲気を醸し出し...

        昔”山伏”の修行場とも言われているとか

    ダラダラと登る古道は今のケン坊にはキツイです!

           P1240311.jpg

          古道の右側は二荒山神社の所有地

       そして左側は(多分ですが)輪王寺の所有地

 少し歩くと二荒山神社側の石積の塀にトンネルのような?

            庇があるということは祠ですか?
            (ネットで検索中ですが現時点では不明です)

P1240308.jpg

そしてこの樹はどう説明したら良いのやら...変木ですか?

         子供を掌に乗せているようにも見えるし
       (真横から撮れれば良かったですが、少し見づらいですね)

           P1240309.jpg

         輪王寺が所有する”行者堂”の案内板
           (もう少し大きく撮れば良かったと反省してます)

案内板から抜粋...

  *修験者の修行の場として建てられた切妻造りの簡素な建物
  *当堂の創建は平安時代で山地信仰の盛んな頃と思われる
  *現在の建物は輪王寺明細帳によると天正3年(1575)とか


P1240314.jpg

            階段の上に行者堂ありますが...

    階段を登ることに足が抵抗するので断念です>笑<

P1240313.jpg

             滝尾神社へと続く古道と石畳

 こんな場所が二荒山神社の裏手のほうにあるんですね~

       今までケン坊が見てた日光は極々一部です

           P1240316.jpg

    そして滝尾神社の裏手?(右)に白糸の滝を発見!

           P1240318.jpg

    滝尾古道を歩くのは初めてなので全てが新鮮です

           P1240319.jpg

             天狗沢にかかる名瀑らしい?

    高さが10㍍で弘法大師修行の場と伝えられている

P1240320.jpg

    お目当ての滝尾神社を目の前にして散策を中止!

                 足がだるくなり...

    今回は誠に残念ですが、次回もう一度再挑戦します

ページトップへ  トラックバック0 コメント13
森林公園・釣堀・山渓苑の”レンゲショウマ”は旬を過ぎたかな?
2013-08-28-Wed  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
25/08/26撮影 【宮川渓谷に咲くレンゲショウマには景観的にも敵いませんが...】


  アチコチからレンゲショウマの映像が届けられ焦りが!

    今年、ケン坊は”森の妖精”に出合っていない

  遅いかも知れないが...アソコの主人の言葉を信じて

             思い切って行ってみました~


  そう アソコとは森林公園の”釣り堀・山狭苑”です

*お馴染の赤川ダムと古賀志山
P1240710.jpg

逸る気持ちを押さえるように赤川ダムを時計回りに半周...

               そして釣り堀・山狭苑へ

 社長と奥さんが奥の方で椅子に腰掛けてコチラを見てる?

          写真を撮らせてくださいと声を掛けると

  ケン坊と判ったかどうか不明? 手を上げてOKサイン

P1240727.jpg

             何とか間に合ったようです

      花びらの散ったものもありますが...何とか

P1240732.jpg

どうしても顎の部分は茶色に汚れてるように見えますが...

P1240733.jpg

       ハチの仲間が強引に顔をランプの中に埋め

            何やらガサガサゴソゴソと...

P1240735.jpg

 今まで毎年のように撮っていたのに全く気付かなかったが

     ランプの中からクラゲか火星人がぶら下ってる?

P1240738.jpg

    散った花もありますが蕾もまだまだ沢山付いてます

           P1240741.jpg

   見頃の花と散った後のクラゲのような...そして蕾も

P1240743.jpg

    生簀に架かる橋をバックに撮ったがイマイチですね

P1240746.jpg

       蕾のアップです...間もなく開花するのかな

         色合いは微妙ですが可愛い姫リンゴ似?

P1240747.jpg

          これから羽化が始まるような光景です

P1240749.jpg

  ちょっと失礼してスカートめくりをしちゃいました>笑<

    ゲゲゲの鬼太郎”目玉親父”がケン坊をギョロっと

P1240737.jpg

   ここは今年初めて”レンゲショウマ”を植えたそうです

     つまり、今年が公開元年です 来年が楽しみ!

P1240751.jpg


          ここのご主人は気さくで話好きな方で

    誰でも自由にご覧になれます ぜひお出かけ下さい

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
情報! 出流山・ふれあいの森の”シュウカイドウ”は今が旬です
2013-08-27-Tue  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
25/08/26撮影 【今年の出流ふれあいの森の”秋海棠”の開花状況はどうかな...】


  秋を知らせる花”シュウカイドウ”の開花状況は?

               花は暫くは見られますが

        萎えた花の無いここ数日がピークかな?

     場所は”出流そば”で有名な栃木市の出流です
  (満願寺の少し手前のY字路を右へ数百㍍進むと左手に駐車場が現れます)

P1240798.jpg

  以下、写真中心に...解説は皆さんにお任せ>笑<

P1240796.jpg

P1240814.jpg

           P1240824.jpg

P1240811.jpg

           P1240813.jpg

P1240799.jpg

           P1240802.jpg

P1240793.jpg

P1240792.jpg

P1240791.jpg

P1240789.jpg

  最後に”出流ふれあいの森・シュウカイドウ”をもう一度

          開花情報として参考にしてください!

      天気が良すぎて技術が追い付きませんでした

             肉眼の方が数段キレイです!

P1240810.jpg

     2~3日前にTVで報道され、ケン坊は影響を避け

           月曜日(休日)にチャレンジしたが

   結果は同じ...毎日が日曜日の方を忘れてた>笑<


    川の中で座っている方は、埼玉から3時間かけて...

      埼玉にも”ときがわ町”に群生地があるのでは?

                   と聞いてみたら

ココの秋海棠は小川が流れ景観が最高です 素晴しい! と

        パンツの裾をまくって写真を撮られてました

P1240818.jpg



【振り返りコーナー】

  24年・出流ふれあいの森の秋海棠


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
ケン坊もついに”スマホ”にチェンジ(バッテリーがダウン!)
2013-08-26-Mon  CATEGORY: 日記
25/08/20撮影 【らくらくスマホ2...抽選で一等を引いたが景品は何とナント!】



        永年付き合ってくれたケン坊の携帯...

  完全にバッテリー障害が発生しウンともスンとも言わず

P1240586.jpg

       急遽、インターパークのdokomoへ直行!

         熟慮の末、スマホに切り替えることに

P1240582.jpg

             高齢者に近付いたケン坊は

    恥ずかしながら”らくらくスマホ2”を手にした>笑<

                 ささやかな抵抗?

       今月中旬新発売の”dokomo Xi”にした

P1240588.jpg

      まだ慣れないが早く自分のものにし無くちゃ...

            ところで”福引き”があるというので

     三角クジを引いたら”やったぜ 一等”だ~



    果たして...店員も大きな声で”一等が出ました~” 

          なんて言うから期待しちゃった>笑<

   何とまぁ~...特等と一等の落差があり過ぎないか?

           特等は”ディズニーランド・ペアチケット”で

           一等は”千円のQUOカード”だって
        (しかも”受領証を書いて下さい”だって...信じられない~) 

         因みに二等は500円のQUOカード...

P1240667.jpg

外れなしとは言ってたが”ティッシュ”じゃなくて良かったかも

      山へ行くときに”おにぎり”でも買うかな>笑<

ページトップへ  トラックバック0 コメント16
三毳山のキツネノカミソリとヤブラン
2013-08-25-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(三毳山)
25/08/21撮影 【去年も”もぬけの殻”だった三毳山のキツネカミソリ。果たして?】


    三毳山に咲く”キツネノカミソリ”が今が見頃だと

        夕方の首都圏ニュース?で放映された

    それから数日後の21日にノコノコと出かけたが

              結果はご覧の通り...

    と言っても、無残な姿は写せず文字の世界です!


              群落地から場所を変え

   残り少ない”キツネノカミソリ”を辛うじて撮って見たが

P1240620.jpg

       ヤブランと競演するキツネノカミソリですが

               やはり物足りなさそう...

           P1240618.jpg

         ヤブランはこんなに咲いているのに~

P1240602.jpg

         こちらは”ミズヒキソウ”とのコラボですが

   ミズヒキソウは線が細くアップにしないと不鮮明ですね

P1240601.jpg

   比較的見られそうなキツネノカミソリを撮って...

P1240617.jpg

     そして名前が可哀想な”ヘクソカズラ”ですが

P1240612.jpg

P1240614.jpg

      今回はキツネノカミソリだけを見に来たのに

             恵まれないね~と言いながら

何時の間にか足は三毳山のウォーキングコースを歩いてた

              するとニラの花でしょうか? 

           P1240610.jpg

           コース沿いに少しだけ咲いてました

P1240611.jpg

       やはり歩かないと何にも出会えないですね~

           ほら! 今度は”テッポウユリ”です

           P1240607.jpg

P1240608.jpg

      最後は、この日の目的だった花に敬意を表し

           キツネノカミソリを掲載して完です

P1240616.jpg

        来年こそは、最も見頃な時期に訪ねたい!

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
情報! ”かみのかわ サンフラワー祭り”は25日まで開催
2013-08-24-Sat  CATEGORY: 花紀行(ひまわりの名所)
25/08/23撮影 【まさか雨の中を傘差してヒマワリを見るとは思わなかった...】


         野暮用で下野市まで出かけたので

    帰りは道の駅”しもつけ”で買い物して帰路へ...

       上三川でこの看板・幟旗が目に飛び込む

 今日から”かみのかわ サンフラワー祭り”だ~

P1240700.jpg

       ここ数年、なぜか毎年足を運んでしまう...

P1240673.jpg

      まだ10時30分、雨が降り雷が轟く中では...

            さすがに展望台も人影は少ない

P1240684.jpg

     夏の花の代表”ひまわり”の囁きです
                         
                         
                         
    ようこそケン坊さん 雨の中をお越しくださいました

           今回はブログネタの取材ですか?

と、皆さんが頭を下げて出迎えてくれた
P1240691.jpg

     いや~ ケン坊さんに見られて恥ずかしいっす! 

           この雨で前髪が乱れちゃって...

と、はにかみながら話す
P1240678.jpg

    今年は水不足だって言うから私が雨乞いしてるの!

          もっと降って~ 取水制限を解除して

と、乱れながらも独り天に向かって叫んでる
P1240703.jpg

    あぁ~ わたし上を向き過ぎて首が疲れちゃった~

P1240706.jpg

    ね~ そろそろ雨乞いも終わりにしていいかな~?

          ほら~ こんなに溜まってきたし~

と、頭を垂れて溜まった水を見せる
P1240705.jpg

      私、大人の傘(ひまわり)に隠れて育ったので

          日焼けしてなく色白で恥ずかしい!

と、小さなヒマワリが囁く
P1240680.jpg

   ケン坊さんが来るというので、今朝、床屋へ行ったら

        新助バリの髪型にされちゃった あはは~

と、髪の毛の寝癖を床屋のせいにして
P1240690.jpg

ねぇねぇ~ 私いつ咲けば良いの? もう良い? まだ~?

        どうせなら天気の良い時に咲きたいな~

P1240677.jpg

               私、雨が降っても平気よ!

           若いからって自慢げに言う
           P1240674.jpg

           パワーをケン坊さんに”あ・げ・る”

って大きな顔されちゃった
P1240686.jpg



            こちら(↓) 会場の風景です

P1240668.jpg

P1240697.jpg

P1240695.jpg


      かみのかわ”サンフラワー祭り”は

          25日(日)まで開催です!


P1240682.jpg

         ご都合よろしければお出かけ下さいね

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
情報! 栃木市川連の”ホテイアオイ”が見頃に...
2013-08-23-Fri  CATEGORY: 花紀行(ホテイアオイの名所)
25/08/21撮影 【正直言って突然の寄り道だったんです...天気には恵まれず!】


     今年もまた...寄り道でしたが栃木市の川連で

   ”ホテイアオイ(ウォーターヒヤシンス)”

               を観賞してきました...

            今年はアッサリと掲載します

       詳しくは巻末の24年度版をご覧下さい...

P1240632.jpg

  現地で今朝の地元紙に掲載されたとの情報を耳にした

        そうか~ 今日の新聞に掲載されたか~
     (今日とは8月21日のこと。そして22日はTVで放映されました)

P1240633.jpg

          まぁ そんなことはどうでも良いこと

    生憎の曇り空というか今にも降り出しそうな雨雲が

           P1240648.jpg

   少し暗く写ってしまいましたが花に責任はありません!

P1240650.jpg

       一段目の花を咲かせ...二段目の準備を

           P1240652.jpg

   そして、3段目4段目と咲かせるために頑張っている

           そう ホテイアオイは一日花なので

    その日のうちに全ての花序が咲き終わりを告げる

        稀に全体が咲き揃わず翌日に跨ぐことも!

P1240647.jpg

     なかなか思うタイミングで電車が通過してくれず

          俄かカメラマンの不満も爆発直前!

       ですが、この健気な花に免じて許しちゃおう

P1240644.jpg

          定番ですが...電車とのツーショット

            P1240657.jpg

       もちろん スペーシアとのコラボも撮りましたが

             上り電車が似合うポイントなのに

       どうしたことか、この時間帯は下りしか通過せず

P1240659.jpg

  まだまだ勢力を拡大中...9月末までOK


【関連コーナー】

  24年のホテイアオイ

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
鹿沼の”いたが せせらぎプール”...子供にとって最高の穴場かも!
2013-08-22-Thu  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/08/17撮影 【天然のプール、川遊び、トンボにバッタ...自然を満喫できる!】


大概は孫達を遊ばせる場所を事前にケン坊も下見してたが

    今回はママちゃんが友人からの情報で飛び込み!

  地図を見たら”火戸尻山”へ行く途中なので迷わず到着


”鹿沼市河川公園 板荷リバーサイドランド”

      通称”いたが せせらぎプール”という
        (少し古いHPのようで...ブログの中で一部修正します)


              さて案内板による概略ですが

        駐車場に隣接した木陰スポットを抜けると

              小さな”せせらぎ”があり

     それを渡ると芝生広場のある(中)土手?があり

          その内側に”黒川(黒くない)”が...

P1240547.jpg

      後で聞いた話だが、隣接して宿泊施設もあり

鹿沼市内の学校では”体験学習”にここを利用しているとか

          話は戻って”せせらぎプール”ですが

            駐車場もほぼ満車に近い状態で

  利用者の多いことが窺える...でも人は混雑してない

             それだけ広いということかな?

P1240575.jpg

       さっそく潜入...おぉ~ 自然がいっぱい!

  これは子供達も喜びそうなロケーションが広がってる~


     先ずは黒川から水を引いた”せせらぎ水路”
     (水深は20㌢くらいで危なくないが雑草も...まぁ自然で良いか!)

P1240570.jpg

        昆虫網を持って早速二人が飛び込む...

P1240512.jpg

 下流には大きなトンネルが3つあり(上は通路)往来可能

       子供たちにとって、ここも立派な遊び場です

     トンネルの下に”目玉の人工プール”があったが

    暫く使われてない? 水面にゴミなどが浮いていて

        とても泳げるような状態ではありません

使われないから手入れしない? 手入れしないから使わない?

     それとも、たまたま今回だけだったのでしょうか?

             (写真撮る気にもならず...)

P1240517.jpg

    そしてコチラが”天然の黒川”で奥の山も自然だ~

           方角的には”笹目倉山”ですが...

P1240526.jpg

   中土手(ケン坊の名付け)にはテントが数多く見られ

           ココだけが静かさを奪ってる感じ!

因みに公園内は、バーベキュー、キャンプ、花火は禁止です
   (時おり警察が巡視しています。この日もバーベキューを注意された方も)

P1240524.jpg

    間もなく”せせらぎ水路”に物足りなさを感じたのか

        孫たちは黒川の本流へとフィールドを移す

    まさに”天然プール”で水深も60~80センチくらい

    川底は石や砂利です...場所によってはヌルっと

        川遊び用のサンダル(靴)をお薦めします

P1240531.jpg

    泳ぐというより生き物(魚や沢蟹)が狙いのようで

P1240530.jpg

         すずちゃんも最初は恐る恐るだったが

               徐々に本領を発揮して...

P1240529.jpg

     写真では見えませんが”小さな鮎”が沢山います

P1240532.jpg

  アチコチで鮎を探してるが”獲ったど~”の声は聞こえず

P1240534.jpg

      小さな小さな魚? メダカの稚魚のような...

        これが精一杯か?(見知らぬ方から戴いちゃった)

P1240537.jpg

        そして沢蟹...それなりに大きいですが

   地元の子供が獲った沢蟹を撮らせてもらった>笑<
        (ケン坊は真面目でしょ! 自分で獲ったとは言わない)

P1240515.jpg

  ところで、黒川に降りるには階段も何ヶ所かありますが

                 結構な急坂です...

          すずちゃんはこんな場所を昇り降り

P1240538.jpg

      一方、芝生広場にシートを広げ陣取りました

         ケン坊は暫しの休息...横になり?

P1240561.jpg

        黒川の下流に吊橋のような橋が架けられ

           子供のような団体が渡って行く?
   (つり橋の先は鹿沼市の宿泊施設”自然体験交流センター”だそうです)

P1240565.jpg

      さすがに、せせらぎプールも4時近くになると

            少しずつ利用者が減ってきて

    徐々に静かな田舎の風景に戻っていくようですね

         こちらの山は”二股山”方面ですが?

P1240572.jpg


   ところで、周辺にはスーパーもコンビニもありません

           駐車場近くに軽トラが一台...

    カキ氷(@300)&やきそば(@400)を販売してました

P1240549.jpg

         まさに”昭和のカキ氷”といったところ

P1240550.jpg

我が家も忘れずに”カキ氷”を購入、地域の活性化に一役!

    カキ氷も300円(一般的)ですが6人だと1800円

          懐も馬鹿になりませんね~>笑<

P1240554.jpg

    宇都宮での夏休みは何処(何)が良かったか~?

                   問いかけたら

    三人揃って”せせらぎプールでしょ”と言う

   大人3人が顔を見合わせ”やっぱり~”の表情で会話


   ここは凄いお薦め穴場の川遊びスポットです!

プールや川に飽きたら芝生広場でトンボやバッタと遊べます


【関連情報】

  自然体験交流センター

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
孫たちと”黒川・ふれあいプール”で初泳ぎ
2013-08-21-Wed  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/08/14撮影 【今年の初泳ぎ...と言っても自由に泳げる状態ではないですが】


   今年の一万人プールはリニューアルオープンにつき

          相当な混雑が予想されると推測し

    事前に、近くに別な施設は無いかと探していた...


   そして6月”黒川ふれあいプール”を見つけた
          (以前に掲載済みなので施設等は割愛です...)


   1時近い時間帯に入場...駐車場は隣接の運動場へ

       ラッキーにも木陰のエリアにスペースを確保
        (その後、何度か太陽の陽射しに合わせて移動>笑<)

P1240451.jpg

       施設は一万人プールと比べるまでもないが

          先ずは”流れるプール”で準備運動?

   猛暑の続く中では比較的楽な日となったが暑いです

  多少の混雑はあるものの十二分に楽しめる混雑でした

P1240446.jpg

    流れるプールの先は”幼児用プールとスベリ台”が

         パラソルの感じでは混んでそうな...

P1240444.jpg

   待てない? 男たちは走って流れるプールへドボン!

          一周また一周...何回と無く回る

             まさに水を得た魚のごとく

P1240447.jpg

   スライダーのスタート地点から見る眺めはこんな感じ

P1240470.jpg

  スライダーは大小3本ありますが120㌢以上が利用可!

P1240460.jpg

     身長制限では”みっくん”は全く問題なかったが

           ”りゅうくん”は2~3度滑った後

  交代した係員に身長を測られ...以後は利用不可に!

      話によると1センチ足りないという 厳しい~

   見事なスラーダージャンプを見せてたのに残念です!

P1240458.jpg

 隣のスベリ台ではダイナミックな飛び込みで大きな波を立て
    (この方は知らない方です...大人達が大きな波立てを競ってます)

P1240459.jpg

          30分毎に一斉に休憩時間があります

    売店に駆け込む人、トイレに向かう人 マチマチです

P1240481.jpg

        我が家の”陣地”も2度目のお引越し...

              今度は階段が空いたので

   ひな壇飾りの毛氈のようにシートを敷き陣取りました

           P1240461.jpg

  売店が近いため? ケン坊の懐は孫達の餌食に>笑<

           P1240477.jpg

     最後にもう一度...ケン坊も何回周回したろうか

          孫達の”あと一回コール”にツイツイ!

P1240483.jpg

     最後にスライダー...チューブの中は誰だろう?

             みっくんじゃ無いことは確か!

P1240456.jpg

     初めてのプールで最初は勝手が判らなかったが

        孫達には楽しかったようで...成功か?


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
25年夏・孫たちの夏休み(ダイジェスト版)
2013-08-20-Tue  CATEGORY: 孫たちとの日々
25/08/10~18撮影 【魔女が代役を務めてくれたが残念ながら写真は無し!】


     25年・孫たちの夏休み(in宇都宮)

 と言ってもケン坊は殆ど仕事だったので魔女が代役...

      そう! ケン坊の役割を魔女が見事にカバー
           (やはり、魔女は魔女だった...感謝です)




  以下、ケン坊家での”25年夏・8泊9日”のダイジェスト版


●8/10(土):夕方、ケン坊家へ到着

*地域の小さな小さな盆踊りに参加

  ・カキ氷や光ブレスレットを貰いご満悦の”りゅうくん”
P1240366.jpg

           P1240363.jpg

P1240385.jpg



●8/11(日):ケン坊は出勤

*那珂川水遊園へ孫たち親子だけでお出かけ

  ・新しい遊びを覚えた? 兄弟で将棋を指してる
P1240394.jpg



●8/12(月):ケン坊は出勤

*壬生わんぱく公園

  ・毎日、その日に行った場所を絵に描く”すずちゃん”
P1240511.jpg



●8/13(火):ケン坊は出勤

*上三川の蓼沼親水公園

  ・今年は特にバッタにご執心の”みっくん”
P1240555.jpg



●8/14(水):ケン坊は実家での初盆で休み

*午後、壬生の”ふれあいプール”へ

  ・詳細は別途掲載します
P1240445.jpg



●8/15(木):ケン坊は出勤

*宇都宮子供総合科学館

  ・虫捕りに興じて楽しかった様子
           P1240410.jpg

  ・以前から昆虫は好きだったが...トカゲとも仲良く!
P1240401.jpg



●8/16(金):ケン坊は出勤

*ととろの森&姿川アメニティパーク

  ・夜、庭先で花火に興じる孫たち
           P1240505.jpg

P1240491.jpg



●8/17(土):ケン坊は休み

*鹿沼のせせらぎプール(黒川)

  ・詳細は別途掲載します
P1240567.jpg

P1240508.jpg



●8/18(日):ケン坊は出勤

*ケン坊も苦手だった”宿題”をやり

 夕方、ケン坊が帰宅する前に帰っちゃった...


                今年の夏は早くも終了!

       次は幼稚園の敬老会で孫たちと再会出来る?




ページトップへ  トラックバック0 コメント10
男体山に絡んだ”途轍もない情報”...2題(ケン坊は赤子です)
2013-08-19-Mon  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/08/10撮影 【世の中には”いろんな挑戦”があるんですね~ 開いた口が...】


    ケン坊の男体山登山は休憩を含んで往復6時間

            足を痛める”甘さ”を露呈し

     ヤットコサの帰還という惨めな登山だった...



   しかし人間業とは思えない人が世の中にはいます!

        この記事を見て”仙人か?”と思った


    一日で男体山を5往復? 信じられませんよね~


            山岳マラソンで鍛えたとはいえ

   2~4時間で1往復し、夜8時20分に達成したという

         一往復4時間なら有り得ると思いますが

             僅か2時間は考えられません!


    因みに、この記事には6~7時間が一般的とあった

      つまりケン坊の6時間は平均範囲ということ!

P1240354.jpg


   ついでですが...こんな記事も掲載されてました

      コチラも凄いです! 何と1222回登拝!!

P1240357.jpg

       ケン坊も弱音を吐いてちゃ笑われますね!

           これからは精進します...



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
日光の夏山”男体山”を歩く(8合目から山頂、そして”完”です)
2013-08-18-Sun  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/08/09撮影 【男体山登頂の報告と言うより、日記として後日読み返すため...】


   何だかんだ言っても”男体山の八合目”を越えました

           あと二合分...1時間弱ですが

    ここから山頂は”大変だった”という記憶が残ってる


                体調にもよりますが

    足を痛めた今回はココから山頂までが厳しい戦いに

          立ちはだかる男体山と意地の勝負!


      八合目を過ぎ、数分も歩くと...急登は終わり?

       急登ではないが、それでも傾斜はあります...

                ゴロゴロ石は無くなったが

         赤褐色の土が現れ多少滑る感じがする

P1240206.jpg

      花探しでよそ見して何度か赤土に足が縺れる

         苔の花でも飢えてるケン坊には貴重!

P1240208.jpg

     反対側には那須中腹で見た”イオウゴケ”を発見

       この頃になると、立ったり座ったりがキツイ!

         間違いなく”攣る”現象とダブるでキター

P1240212.jpg



  少し進むと左右が土嚢で補強されたコースに変身です

       土嚢が動かないように杭が打ち込まれてる

 土石流でコースが抉られちゃうのを防止するためですね!

見た目よりも傾斜があってケン坊には厳しい 息も上がる~

           P1240217.jpg

       真っ直ぐ登るのを嫌いジグザグに歩いてると

  ケン坊は”2㌢”程度の花を発見 さすがケン坊でしょう?

       数枚撮って気分良く歩くと、もっと大きな花が

そう...成長した”マルバイチヤクソウ”が姿を見せてくれた

P1240223.jpg

       座って下を向きながら撮っていたら...あぁ~ 

         止むを得ず5分程度の休憩することで

 ザックを降ろし足を揉んだり深呼吸し体力の回復に努める
          
           P1240222.jpg

間もなく九合目の標識...そしてその先の階段が目に入る

         また階段か~ 足に負担がかかりそうだ

P1240227.jpg

          歩くこと約5分  突然に前が開けた

     まるで森林限界のような光景が展開されている

P1240230.jpg

             赤褐色の火山礫帯になると

          ザレ場を歩いているように足が滑る

    今度は景色も中禅寺湖だけではありません>笑<

              右半分は”戦場ヶ原”です
       (肉眼では良く見えたんですよ...そして少し元気を頂いて)

P1240233.jpg

              森林限界から歩くこと15分

        ようやく目の前に奥宮の鳥居が見えました 

             何だか急に足が軽くなり>笑<

  開山1200年記念の一環で建てられた御影石の鳥居は

       あの東日本大震災の影響で倒壊したという

  昨年、日光市内の男性によりヒノキ材で再建されました

          先ずは無事の登頂に感謝して参拝!

P1240237.jpg

            ”御神像 二荒山大神”

          ちょっと見 日本武尊に似てるような

    二荒山大神は

       父:大己貴命   (おおなむちのみこと) =大国主命

       母:田心姫命   (たごりひめのみこと)

       子:味耜高彦根命 (あじすきたかひこねのみこと)

                                 の親子3神のこと

        御神体である”男体山、女峰山、太郎山”を

             親子三神に充て祀っています

          ここは男体山なので大己貴命ですね

P1240241.jpg

P1240255.jpg

    そして奥宮の右方に進むと山頂ですが、その前に

       この鐘は”縁結びの良縁の鐘”だそうです

P1240243.jpg

   男体山の三角点に”神剣”が天に向かって聳え立つ

        130年もの間、親しまれてきた神剣は

    風雪や雷など山頂の厳しい気候により腐食が進み

       昨年(H24/3月)に折れたことが確認され
       (当時の大きさは高さ約4.55㍍、幅約20㌢ だそうです)

     再建された”新・神剣”は3㍍でステンレス製とか

   前回出来なかった”切っ先から放つ光”の神剣の撮影

        今回は期待したが...またも返り討ち!

           P1240248.jpg

       コレが男体山の山頂を示す一等三角点です

             標高は”2486㍍”です 

   周りを石に囲まれた三角点...何処かで見たような?

P1240249.jpg

        山頂近くに咲いていた”ウスユキソウ”です

P1240253.jpg

         二荒山神社奥宮の左へ2~3分行くと

             日光二荒山・太郎山神社です
      (神社の真後ろに太郎山が姿を現してましたが撮影を失念...)

P1240259.jpg

      太郎山神社前にシラネニンジンが咲いていた

P1240258.jpg

        そして楽しい?”独りランチ”はコレ...

       お握り(2個)と凍らせたグレープフルーツ
        (写真にはお握りが3個あるが、1個は持ち帰り...)

   新発売”キムチチャーハン”のお握りはソレナリでした

P1240266.jpg

             ケン坊が独りランチしてると

シャッターを押してと声掛けられ...逆に撮った写真がコレ

P1240268.jpg

    奥宮の屋根に”大国の目(ライブカメラ)”があった
            (屋根の右端にカメラが見えますよね)

P1240239.jpg

P1240269.jpg

P1240271.jpg


     復路で見かけた花...ミヤマアキノキリンソウ?

P1240273.jpg

       今回の夏登山・男体山は1200㍍の標高差

             かなり苦しんでの登山だったが

 睡眠不足! 休憩不足! 足慣らし不足! が影響した?

       下山では多少の違和感は感じたものの快調に

           休むことも忘れ一気に登山口へ帰還


【総決算】

   往路 3時間30分

   復路 2時間30分  計6時間(休憩、お昼含み)




【関連コーナー】

  男体山・登山口から四合目(№1)25年

  男体山・四合目から八合目(№2)25年


ページトップへ  トラックバック0 コメント14
日光の夏山”男体山”を歩く(4合目から8合目)
2013-08-17-Sat  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/08/09撮影 【足に不安を抱えつつ、それでもブログを考えて>笑< 続けます!】


       日光の夏山”男体山登山”再スタートです

 四合目の鳥居を潜り男体山はココからが本格的な登山?

P1240149.jpg

      やはり三合目までのコースとは何かが違う!

 三合目までもケン坊にとっては厳しいコースだったのに~

         段差も厳しく完全にワンランク上だ!
         (ケン坊の背丈を越えるような段差が何ヶ所も...)

    大きな石や木の根が現れて一層歩き難くしている

           P1240150.jpg

段差のコースのせい? ケン坊の足に忍び寄る異変が...

     右膝上が何か変! 思わず手で掴むと少し固い

      コレが魔女の言う”足が攣る”という始まりか?

  水分は小まめに摂っていたが、慌てて梅干を口に入れる

      五合目を前にして...今日は登頂は無理か?

        ダメ ダメ そんな弱音を吐いたらダメ!
   (人間弱気になると一気にダメになることはマラソンで嫌というほど経験済)

            気を取り直して五合目に到着
*7:20
P1240151.jpg

           五合目には避難小屋がありました

   今回は単独ということもあり立ったまま休憩で済ます

         足の具合は更に悪化?(固さが増して)

P1240152.jpg

    五合目を過ぎると”観音薙”に入り石もゴロゴロ...

           一歩一歩着実に歩を進めるも厳しい

おぉ~振り返れば中禅寺湖の眺めが疲れを癒してくれます

P1240154.jpg

     相変わらず花はケン坊の前に現れないまま...

               ついに六合目に到着!

  足の具合は? 今度は左足膝上に同様の違和感が走る

    七合目・八合目・九合目・山頂...まだ先は長いぞ!
*7:35
P1240158.jpg

      ところで六合目を過ぎるとコースが一変した

大きな岩石が折り重なり洞穴のような光景が随所に見られた

         もしかして”ヒカリゴケ”があるかも?

   ピッタシカンカン! 最初に覗いた洞穴にありました
     (実際にはケン坊が見た洞窟の数ヶ所でヒカリゴケが見られました)

    全くの偶然で我ながら勘の良さに気分を良くした

       ココは絶対にカメラに納めなければ...

気負いすぎたのか何枚か撮ったのにみんなボケちゃった!
*あ~~ガッカリ(家で再生して落胆です)
P1240161.jpg

           大きな石がゴロゴロして歩き辛い

   落石防止の堰堤ができコメツガ林を迂回しながら歩く

 やはりケン坊の足は完全におかしい?  少し痛みも... 

             ケン坊に戻る勇気はあるか?  

  無い! 魔女の手前、戻る訳には行かないのだ!>ウソデス<

P1240162.jpg

 両足の面倒見ながら樹林帯を抜けると開けた場所に出た

       すると黄色い花や赤系の花が目に飛び込む

  気持ちは脱兎のごとく...実態は牛歩以下です>笑<

*アキノキリンソウ
P1240169.jpg

*イタドリ
P1240165.jpg

      花を撮るのは良いが座ったり立ったりする度に

          足に加えて立ち眩みのような症状も?

           *こちらのイタドリは色が濃い
           P1240173.jpg

   撮り終えコースに戻ると大きな石がゴロゴロしてて...

      段差の少ない場所を見つけてジグザグに進む

           P1240175.jpg

      またしても中禅寺湖...クドイですよね>笑<

つまり、コースは基本的に直登なのでアングルは殆ど同じに

P1240177.jpg

天気に恵まれ青空は良いが夏の陽射しが容赦なく照りつけ

           時おり頬を撫でる風もあるが...

P1240182.jpg

           ヤマハハコはまだまだ早かった?

P1240185.jpg

P1240194.jpg

        アチコチで落石注意の看板を見かけるが

 大小の石を踏み登ると”ロープに繫がれた落石”が...?

P1240186.jpg

   ロープの先を辿ると樹木に縛り付けられていた>笑<

P1240188.jpg

       落石岩から3分も歩くと”七合目”に到着...

             六合目から30分強かかった
*8:06
P1240190.jpg

             七合目にも避難小屋はあるが

     あまり利用されているような形跡は見られない?

   ここもケン坊はパス! 水分補給と梅干で塩分補給!

P1240189.jpg

     こうなったら徹底的に中禅寺湖を掲載しちゃうぞ!

P1240197.jpg

        あははは 7.5合目って表示がありました

               なぜココだけに表示が?

         でも表示って良いような悪いような...

       ”まだか~”  ”もう” で気持ちが全然違う 
     (今回、ケン坊は後者に近い感じだったが...でも足取りは重い!)

P1240198.jpg

    そしてコースは依然としてこんな(↓)状態が続く

P1240199.jpg

     相変わらず足元(コース)はゴロゴロ石主体だが

             一時のピークは過ぎたような

      いや コースの雰囲気が変わるような気配が?

P1240200.jpg

                  そして間もなく

 八合目の”登拝祭用仮事務所兼避難小屋”が見えてきた

P1240201.jpg

              おぉ~ 着いたぜ八合目!

      両足の張り具合もかなりパンパンになってきた

       降りてきた人の”あと1時間弱くらい”の話に

         一瞬気持ちが萎えそうになったが...

    ここで戻ったらブログに掲載できないと自らを鼓舞し

                > 笑  笑  笑 <
*8:35
P1240202.jpg

                 大きな岩の隙間に

  二荒山神社の別宮”瀧尾神社”の小祠が祀られている

               軽く手を合わせ一礼...

     垂れ下がっている鎖はナニ? 上を見たが不明!

P1240204.jpg

      またまた 八合目の少し上からの眺めです!

P1240205.jpg

      次回は”何とか山頂へ”...の巻のはずです



【関連コーナー】

  男体山・登山口から四合目(№1)
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
大谷観音と大谷の磨崖仏...(GWは安近短で)
2013-08-16-Fri  CATEGORY: 歴史探訪(うつのみや)
25/05/04撮影 【男体山ネタが纏まらず繋がらず申し訳無い! 古いネタで繋ぎを】


 今年のGWは”安・近・短”と洒落込んだと見栄を張り
             (と言うより、何処へも行けなかった?)

         その中で未報告ネタがあったので...
           (以前、単独行のときに一度掲載はしてますが)

            まずは平和観音の全体像から

           P1200963.jpg

                   そして後姿です

P1200969.jpg

                  こちらは横顔です

           P1200968.jpg

 魔女が見たことが無いという”大谷観音”を見学することに

P1200972.jpg

     コチラが大谷観音です...まさに大谷石の下に

       大谷石の洞窟に見事に合わせて作ったお寺

           P1200974.jpg

     家紋は”葵”です...徳川家康の長女”亀姫”が

     時の住職で天海大僧正の法弟・伝海僧正による

     中興を援助し現在の大谷寺の基礎を作ったとある

P1200973.jpg

P1200976.jpg

        この鬼面のような鬼瓦?は何でしょうか...

           P1200978.jpg

     境内の(大谷石)壁面にはぐるりと祠と像が...

  興味深そうに端から端まで食い入るように見る? 魔女

P1200975.jpg

            撮影禁止のため掲載できませんが

       大谷観音の”大谷の磨崖仏”は特別史跡です

【大谷の磨崖仏とは】 ネットから

大谷磨崖仏(おおやまがいぶつ)は、栃木県宇都宮市大谷にある磨崖仏である。
千手観音像、伝釈迦三尊像、伝薬師三尊像、伝阿弥陀三尊像の4組10体の
石心塑像が4区に分かれて彫出されている。

このうち千手観音像は現在大谷寺の本尊である。大谷磨崖仏は大分県臼杵市の
臼杵磨崖仏と並んで学術的に非常に価値の高い石仏とされ、1926年(大正15年)
2月24日に国の特別史跡に指定され、1961年(昭和36年)6月30日には「彫刻」
として国の重要文化財に指定されている。


            大谷寺の手前左に宝物館があり

     その奥に庭園のようなエリアが広がっています

  むかし毒蛇の住む池があり・・・今は清浄の蓮池として

          毒蛇をまつり弁才天と崇まれている

P1200980.jpg

P1200981.jpg

           P1200982.jpg

           若い女性が弁財天にお賽銭を...

              何をお祈りしてるのかな?

P1200984.jpg

             そういうケン坊もお賽銭を...

       もちろん 願いは”一攫千金”のこと?>笑<

ページトップへ  トラックバック1
日光の夏山”男体山”を歩く(登山口から4合目)
2013-08-15-Thu  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/08/09撮影 【ブログを始める前に登って以来の男体山...ブログは初登場!】


   時間が取れず書き殴り...しかも見切り発車 誤字脱字は大丈夫かな?
       男体山は盆明けに掲載と思ってたが他のネタが纏まらず...

 男体山は約10年程前に仕事仲間8人で登ったことがある

     ”男体山を一度は登ってみたい”と魔女は言うが

        最近の魔女は足腰に不安を抱えて弱気

    一方でケン坊は”もう一度登りたい想い”が益々募る



           猛暑が戻ってきたが天気も回復し

         珍しくケン坊の休みと合致した9日(金)

    単独で朝4時半に家を出て5時40分に駐車場着!


”二荒山神社中宮祠”鳥居前 (この鳥居の右側に駐車)
P1240073.jpg

    鳥居を潜り階段を登って二荒山神社へと向かうと

            男体山が”いらっしゃい”と言う

     少し雲もあるが徐々に晴れ上がる気配が...

           P1240078.jpg

    先ずは境内の”男体山登拝受付所”で受付する...

          6時前でしたが既に6~7人が次々と

P1240079.jpg

            安全登拝祈願料500円を納めると

    お守りの他に登山コースに注意事項の書かれた紙が

P1240341.jpg

           P1240342.jpg

    本殿右側にある”登拝道&二荒山上奥宮登拝口”

大きな鳥居を潜ってケン坊は再び男体山へ足を踏み入れた

P1240084.jpg

  なかなか本番のコースへ辿りつくにはハードルがあって

         これが最後の”登拝門”らしい?>笑<

     前後に登山者が見え隠れし単独でも不安はない

*6:03
P1240091.jpg

                一合目に向けてGo!

   最初は階段歩き...石と木の階段が81段もあるが

          身体が慣れる前の階段は足が重い

P1240096.jpg

        登拝道だから仕方無いが注連飾りも...

P1240101.jpg

               約10分で一合目に到着

           ココは”一合目遙拝所(1300㍍)”で

   山頂奥宮に登拝できない方は中宮で祈願を籠めた後

          ここで遙拝することになっているという

*6:13
P1240106.jpg

                    良縁の鉄鐸

P1240104.jpg

P1240107.jpg

             一合目表示の大きな石と鳥居

         前掲の遙拝所に接し(裏側)てあります

     いよいよココから階段に別れを告げ山コースです

P1240108.jpg

     階段歩きは少し厳しかったが山歩きはもっと...

         少し離れてても喘ぎ声が聞かれちゃう

     抜かれそうで抜かれない...みんなもツライか?

P1240111.jpg

           本日、初めて花に遭遇...ボケ!

        ネットではタマガワホトトギスに似てるが?

P1240118.jpg

            男体山ってこんなにきつかった? 

        三合目でこんな状態じゃ先が思いやられる

   ようやく三合目に到着...そうまだ三合目なんです!

         そして山コースから今度はいきなり車道へ

*6:40
P1240119.jpg

   三合目~四合目は”約2㌔の車道歩き”なんです...

P1240122.jpg

     少しの間(モデル30分)整理運動タイムです>笑<

P1240124.jpg

  少し歩くと最初の”中禅寺湖”を望むビューポイントが

P1240128.jpg

     ケン坊は被写体探しで速度がガタンと落ちて...

             後から女性二人組みに抜かれ

       山頂まで二度とケン坊には姿を見せなかった

P1240129.jpg

   四合目の鳥居に着いたが、その前に絶景ポイントを

    肉眼ではバッチリですが写真は霞んでしまって...

  上の写真と同じようですが...こんな景色に励まされ

*7:02
P1240146.jpg

          二荒山神社・男体山・四合目社務所
            (最近作ったのか...基礎も建物も新しい)

P1240137.jpg

                今頃”タンポポ”か? 

      端境期なのでタンポポも貴重な材料です>笑<

P1240141.jpg

           いよいよ四合目の鳥居を潜ります

              五合目に向けて本格登山?

*7:05
P1240147.jpg

            続きは...いつ掲載できるか?
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
宣伝効果大&売上増に貢献?  こいしや食品の”豆水撰”が新築移転!  
2013-08-14-Wed  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
25/06/28撮影 【約1ヶ月半前のネタで...情報提供とはなりませんでした!】


    矢板・塩原方面からの帰りには必ず?寄り道してた

         羽黒山下にある”豆水撰”という売店

    場所は「こいしや食品」の敷地内で道路に面した所

*写真右端に少し見えるのが旧売店
P1220964.jpg
*コレが以前の売店です
P1010282.jpg

          新しい売店には手作りのベンチもあり

      更に車椅子でも入れるようにスロープもあって

             お客への配慮がなされてます

P1220966.jpg

店内も広く、以前はお客3人も入ると身動きできなかったが

   新店舗(いや売店です!)は商品の数も数倍に増え

       店内を見ながら品選びできる状態に拡張!

P1220961.jpg

レジスペースも広々としてて伸び伸びと支払いできる>笑<

P1220962.jpg

            そして毎回買うのは豆腐系...

      今回は”ざる豆腐・もめん豆腐・油揚げ”です

P1220970.jpg

P1220968.jpg

P1220969.jpg

        なおコチラが”こいしや食品”の工場です

*写真は前回寄り道した時のものです
画像 570

            何しろ安くて美味しい豆製品です

 特に今回はパスしたが”ヘルシーハンバーグ”はグーです


ページトップへ  トラックバック0
今年も戴いた”でんすけスイカ”...でっかい!
2013-08-13-Tue  CATEGORY: 戴きシリーズ
25/07/31撮影 【今年も大きなスイカを戴きました...孫が来るまで持つかな?】


     今年も実家の兄貴(81歳)が丹精込めて作った

            スイカ”でんすけ”を頂戴した
      (スーパーでは”ダイナマイト(北海道産)”の名で出ていたが?)

   春に連れ合いを亡くし今年は作らないと思ってたので

              思い掛けない戴き物でした
   (約1時間かけ自らの運転で持ってきてくれた...交通事故が心配だが)

*今年も3種のスイカです...
P1230830.jpg

          大きさは両方とも似たり寄ったり...

                正直言ってデカイです!

         とても丸ごとでは冷蔵庫には入りません

      半分に切って辛うじて(場所取りますね>笑<)

P1230833.jpg

        まず、一番小さいのから切ってみました

            初めての試み”輪切り”に挑戦

             色合い的にはちょっとですが

          甘味は”よろしゅうございました”...

P1240060.jpg

                そして”でんすけ”...

    我が家の包丁では届かないので両側から切ったが

        ...あははは やはりピッタリと合わず...

         こちらは”色合い&甘味”もバッチリでした

           ケン坊の写真では伝わりませんが!

P1240347.jpg

      ケン坊も3個を一気にパクリ...頂きました!

P1240388.jpg

    間もなく義姉の初盆...お線香を手向けてきます

   なお、シマシマのスイカは孫たちが来たら...です!
ページトップへ  トラックバック0
久々の戴きシリーズ  ”千房のお好み焼き&たこやき”を!
2013-08-12-Mon  CATEGORY: 戴きシリーズ
25/07/20撮影 【久し振りに”戴きシリーズ”...今回は”お好み焼き”です!】


     初めて食す”千房のお好み焼き”が主役!

            千房と書いて”ちぼう”と読む?

   みんな知っているでしょうがケン坊は初めて知りました

P1230464.jpg

        今回、関西に住む姪っ子から届きました

P1230627.jpg

      箱から出てきたお好み焼きは3種類×各2個

            豚玉・いか豚ミックス・豚モダン

P1230467.jpg

         あれ? たこ焼きも入ってました...

P1230470.jpg

     食べ方などが書いてある案内も入ってましたが

            正直言って読んでません>笑<

           P1230472.jpg

      見よう見真似で調理(焼くだけ>笑<)しました
               (しかも、焼いたのは魔女です...)

       ちょっと焦げ過ぎ? まぁ食べられるでしょ!

     しまった! 指が5本になっちゃった...>笑<

P1230590.jpg

    ソースにマヨネーズ、カツオブシ...準備完了!

P1230592.jpg

     肝心の写真がピンボケに...ご愛嬌ってことで

P1230595.jpg

       次回も”戴きシリーズ”でお会いできるかな?

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
速報!  日光の男体山も猛暑に包まれ...登山は無茶だった?
2013-08-11-Sun  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/08/09撮影 【やはり夏山を登るには”それなりの覚悟”が必要...速報です!】


   日光の山といえば男体山と日光白根山が双璧ですが

       今回は猛暑の中”男体山”へ挑戦してみた

          ケン坊も人の子 疲労で夏バテ気味?

              取り敢えず速報のみ掲載!

 本番は整理ついた分から何回かに分割して掲載するかも?



     登山口となる二荒山中宮祠と待ち構える男体山

        ここから見る男体山はなだらかですが...

P1240077.jpg

   ケン坊は”登拝”...先ずは受付してお守りを手に

P1240341.jpg

    苦しみながらも振り返れば随所でこの景色が登場!

        天気晴朗なれど...良過ぎて霞み気味?

P1240128.jpg

      男体山はケン坊に楽しい登山をさせてくれず!

P1240199.jpg

       喘ぎながら 苦しみながら...登りきった~

             山頂のこの剣を見るために?

           P1240247.jpg

  詳細は写真の整理と文章の構成&校正が終了次第です

ページトップへ  トラックバック0 コメント14
いざ 出陣! ”キューロク館のSL”が走ります
2013-08-10-Sat  CATEGORY: 撮り駅(真岡線)
25/08/03撮影 【今回はSLの走る姿もお見せします...と言っても写真です!】


       SLキューロク館と真岡駅舎が並んでパチリ

             昨日、既に報告済みですが

    今年の4月”キューロク館”が駅前広場に建設され

           新たな観光スポットができました

   写真左下に黒い煙が見えますが下りのSL(本物)です
   (SL運行ダイヤ(上り15:20頃?)に合わせればシャッターチャンスが...)
P1230978.jpg

        早速、キューロク館へ入ってみます...

           力強いSLが館内に鎮座してます

   やはり近くで見ると大きな鋼材の塊に威圧を感じます

P1230981.jpg

      ケン坊は”SLファン”でも”撮り鉄”でもないので

             あまり詳しくは判りませんが

 真岡の井頭公園に展示されていたのをキューロク館に移し

   整備し”圧縮空気を動力源”として走行させたようです

        9600形SL(496711号機)の概要板

P1240017.jpg

     SLの車輪を見ると、まさに鉄の塊って感じです

    黒光りしたSL...現代の車両とは趣が違います

 動輪に主動輪、主連棒や連結棒...どこ見ても頑丈そう!

P1230982.jpg

      開館中はいつでもSL(運転席)に乗れます

P1230988.jpg

           もちろんケン坊も乗ってみました

      運転席から身を乗り出して...こんな展望です

P1230984.jpg

          コチラは燃焼室(石炭をくべる)です

P1230985.jpg

         客車もキューロク館内に置かれていて

             こちらも自由に利用できる?

P1240018.jpg

      客車もキューロクカフェの一部で飲食もOK!

         時間帯にもよるが利用者はゼロでした

P1230983.jpg

        スハフ44形客車(25号機)の概要板

P1230990.jpg




SLキューロクは日・祝限定で、かつ一日3回だけ出動します

            ・10:30  ・12:00  ・14:30

            走る距離は50㍍と非常に短い!

      駅前の広場内だから止むを得ないのかも...

           P1230992.jpg

       いよいよSLが煙を吐いて動き出しました...

            何時の間にか観客が増えてます

P1240029.jpg

               撮り方がイマイチですが

           SLが3両(機関車)揃い踏みです

       運行してるSLが揃うと4両になるんですが
   (前回のブログでは下りのSLが停車中だったので4両揃っていました)

P1240022.jpg

   9600形ですが”496XX”となぜか4が頭部につく?

P1240024.jpg

    ようやく3両?揃い踏みのアングルが撮れました!

       なお、SLキューロクは1回に2度往復します

P1240027.jpg

        SLだけで新しい観光スポットになるか?

            これからが真価が問われる!

        SLキューロク(49671)...頑張れ!

P1240032.jpg

        やはり子供連れの観光客が多いですね!

    恥ずかしい? ケン坊と魔女は大人二人だよ~ん!


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
真岡線真岡駅に新たな観光施設が...SLキューロク館
2013-08-09-Fri  CATEGORY: 撮り駅(真岡線)
25/08/03撮影 【真岡=SL  真岡市に新たな”SL観光スポット”が出現!】



    何度か登場している真岡線・真岡駅ですが...

井頭公園に鎮座していた”SL”が駅前広場に移転しました

       この建物はご存知の通り真岡駅舎ですが

   これ以上下がれなくて全体像がなかなか撮れません
   (駅前広場の前にある道路の反対側に渡っても多分この程度にしか...)

P1240013.jpg

    そして真岡駅前広場には”3種類のSL”の看板が

P1230997.jpg

      真岡駅の連絡橋を渡り西口へと足を伸ばすと

           こんな時計が...初めて観ました

         間違いなく”SL”をイメージした時計です
             (何を隠そう この建物はトイレなんですよ)

           P1240001.jpg

 そして真岡駅舎4階の展望台(SLのヘッドライト部分?)からの展望

       今までとは違った光景が見られました...

    写真左側のかまぼこ型建屋はSLキューロク館です

P1240015.jpg

      ここは真岡駅南側の踏み切りから撮ったもの

         ココのアングルも初めてで新鮮です!

    真ん中がSL型の真岡駅舎 右がSLキューロク館

P1240002.jpg

【守鐵社(しゅてつしゃ)】ネットから

鉄道建設時に取り壊された熊野権現・稲荷明神・八幡宮の3つの祠に代わり、
鉄道の安全運行を祈願するために建てられました。

毎年4月には真岡鐵道と地元の方々で例大祭も行われます。鉄道の守り神と
しての願いを込めて命名された。駅前広場に面して建っている。
鳥居もある本格的な社は珍しいのではなかろうか。


   守鐵社の鳥居は震災で鳥居が崩壊しましたが...

     最近? 新たな鳥居が完成(復元)しました!

P1240014.jpg

    コチラ(↓)が震災で倒壊し2~3日後の写真です

画像 046



 そして真岡広場の一角に新たな観光スポットがお目見え!

        96カフェ”SLキューロク館”が完成

             4月28日(?)にオープンし

       多くのSLファン(撮り鉄も)に連日囲まれて?

P1230996.jpg

             小さな売店があります...が

      偶然か? 狭い売店にお客が並んでました...

P1240003.jpg

          この”キューロク館”を南側からみると

              そうSLを模した建物なんです

   左側が”真岡駅舎”  右側が”キューロク館”

P1230978.jpg

       キューロク館には本物のSLが格納されていて

  間近でSLが見られます 運転席に乗れます 触れます!

P1240005.jpg

      新たな観光スポットとして産声を上げたので

           ケン坊もささやかながら応援を!

  ”記念写真”と”入館記念証”と”真岡駅入場券”のセット
      (@200円なので...もちろん真岡駅への入場はしません)

P1240056.jpg

P1240057.jpg

         次回は、キューロクの勇姿を紹介します


【関連情報】 ネットから

4月28日に真岡駅東口にオープンする市の観光施設「SLキューロク館」で24日、
報道関係者向けの内覧会が開かれた。
“キューロク”の愛称で知られる大正時代の代表的なSL「9600形」が、国内で
初めて息を吹き返した姿などが公開された。

井田隆一市長は「キューロクの動く姿を見られるのはここだけ。子どもたちをはじめ
多くの方に見ていただき、夢やロマンを感じてほしい」と呼び掛けた。

同館は「SLの走るまち」の観光拠点として、市が同駅に隣接する約2800平方㍍の
敷地に新設した。建物は鉄骨平屋約560平方メートル。
真岡駅舎と同じSLの形をした外観が特徴で、真岡鉄道が管理運営する。

館内は中央に線路が敷かれ、井頭公園から移設したキューロク「49671号」と、
昨年新たに購入した青色の旧型客車「スハフ44形」が並ぶ。
ともに北海道の機関区で活躍したという。グッズショップや軽食販売コーナーも併設。

最大の目玉は、37年ぶりに復活したキューロクの走る姿。圧縮空気を動力源に、
館内から屋外へ続く約50㍍の線路を、日曜と祝日の1日3回(午前10時半、正午、
午後2時半)自走する。
来館者は運転席などを見学し、直接触れることも可能で、レトロな雰囲気のスハフ内
では館内販売品の飲食もできる。

同館は火曜定休(祝日の場合は翌日休館)。開館時間は午前10時~午後6時。
入場無料。問い合わせは同館電話0285-83-9600

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
今後が注目される鰻の後継?  ”なまずの蒲焼”...
2013-08-08-Thu  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
25/07/26撮影 【土用にうな重は食べたが、今年は”二の丑”もあるという...】



 ひょんなことから”なまずの天婦羅”が話題になったが...

      最近”なまずは鰻の後継になれるか”の報道

                  ケン坊の頭に

 土用という季節柄”なまずの蒲焼”が急浮上してきた


        県内で”なまずの蒲焼”のお店をググると

               ありました...真岡に!

  お店の名は”和食 本宮前(ほんみやまえ)という
(R408号線沿い 真岡市下篭谷3369-1 ℡0285-83-3200 中心から外れてる) 

           P1230821.jpg

   看板に”天然うなぎ 天然なまず 天然あゆ”の文字!

P1230822.jpg

 完全にお昼の時間を過ぎ先客はたった一人と寂しい限り

       周辺に神社が無いが”本宮前”ってなに? 

 神社の前にあるお店が付ける名前のように思えるが...

P1230820.jpg

      店主に聞いたら、数十年前に道路拡幅した際

  反対側の”八坂神社”が数百㍍南へ移転しちゃったとか

P1230819.jpg

         うなぎとあゆは文字で書かれているが

             なぜに”なまず”は絵で表示?

           P1230818.jpg

              失礼な言い方になりますが

     店内はリニュアールしたのか小ざっぱりしてます

       左端の布で囲われた場所が気になりますが

P1230805.jpg

             帰るときに確認してみたら...

       家庭で言う”床の間”のような空間でした

           P1230817.jpg

     店内の片隅(コーナー)にソファー付きテーブルが

   スペシャルゲスト用なのか??? 先客が一人で...

P1230807.jpg

             前置きが長くなりました...

              やっとメニューの出番だ

       注文の品は決まってるのでアッサリと注文

             ”なまず蒲焼定食 1300円”

   でも気になる? なまずは”天然”じゃないのか?

          鰻と鮎には”天然”の文字があるが

       なまずのメニューには天然の文字が無い!

 聞くとガッカリするから今回は確認しないで食べよう>笑<

P1230808.jpg

 ところで魔女は”なまず”はあまり好かないと天ざる蕎麦を

         川魚鮮魚店で”そば”の味は如何か?

              案の定? 蕎麦はイマイチ

   でも天婦羅は揚げたてということもあって美味しい!

P1230810.jpg

           いよいよ本日の真打が登場です

    ジャジャジャ~ン 先ずはなまずの蒲焼(蓋付き)

P1230812.jpg

     あははは 蓋をとってもライスと味噌汁じゃ~ね

P1230813.jpg

           これが”なまずの蒲焼”です

            あたり前ですが魚形は鰻より魚

  むしろ秋刀魚の蒲焼のほうが”鰻の蒲焼”に似てるかも

P1230814.jpg

         味も”うなぎ”と”なまず”は全く違います

      なのに”なまず”が注目されるのは何故だろう?

          先日のTVを観れば判ったのに残念!

ケン坊は”うな重”ならぬ”なま重”を創作です>笑<

                肝心の味は?と言うと

     思ったとおり”淡白な白身魚”の味です...

 ケン坊は大の魚好きで”なまずの蒲焼”も美味しかった!

P1230816.jpg


【参考:うな重】
P1230613.jpg


【本宮前で取り扱う天然...】 ネットより

天然うなぎ
天然うなぎは主に吉野川(徳島)・琵琶湖(滋賀)・小川原湖(青森)のものを
使用しております。
天然ものは養殖に比べ身が引き締まっており 脂質があってもさらっとしており、
香りが独特の野性味にあふれています。


天然あゆ
天然あゆは栃木の清流・鬼怒川産のものを使用しています。 香り高い天然あゆを
塩焼き、天婦羅、フライでご提供いたします。


天然なまず
天然なまずは鬼怒川産のなまずを使用しています。 姿に似合わずに、淡泊な
白身で、非常にあっさりとしています。 天婦羅や蒲焼きでお出し致します。




ページトップへ  トラックバック0 コメント10
義姉の初盆に備え”新盆ちょうちん”を購入することに...
2013-08-07-Wed  CATEGORY: 我が家のイベント
25/07/31撮影 【昔ながらの慣わしも時代とともに変化し、合理的な考え方も...】


             今日は早くも立秋です...が 


       8月に入り月遅れのお盆が近付いてきました

          今年は実家の義姉が他界し初盆です


       そこで初盆用の”盆ちょうちん”を買いに

           県内大手の”浄邦堂”へ行ってみた

P1230885.jpg

  故人が亡くなって初めてのお盆を新盆(初盆)と云います

         土地土地で言い方は違うようですが...

”あらぼん・しんぼん・にいぼん・はつぼん”等々 

         皆さんの土地では何と呼んでますか?
 (49日が終わらない場合、過ぎても幾日も経たない場合は一般的に省略します)

P1230882.jpg

           昔から新盆提灯と言って初盆には

   親戚や生前に縁の深かった知人などから贈る風習が

P1230883.jpg

  盆提灯は家紋入りのものを一対で贈るのが丁寧かな?

         新盆提灯に限り白い提灯を贈る風習も

  しかし最近では、一回限りの白い提灯は無駄と考えられ

     毎年使用出来る色物を贈るほうが喜ばれるとか

  その場合、秋草模様などが無難だと言われてるようです

P1230884.jpg

          ケン坊も兄弟姉妹を代表して購入し

             7月31日に届けました...

  帰り野木のひまわりフェスティバルに寄り道!(報告済)

P1230893.jpg


       黄泉への旅立ち・十三仏がお導き (清水寺)

*節目と十三仏の関係...そして十二支お守り本尊   ↓拡大しません
画像 237

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
久々の”TKG”です...そしてコンビニの”とろりシュー”も
2013-08-06-Tue  CATEGORY: 戴きシリーズ
25/07/25撮影 【おぉ~久々に那須の赤い太陽とご対面! シューともです...】


 久々に”那須の赤い太陽でTKG”を楽しみました

         ご近所さんからのお裾分けでゲット!

P1230715.jpg

           血統証付きじゃありませんが...

   ご丁寧に生産農家の保証書付き?(いや挨拶です)
             (養鶏場は”さくら市”にあります)

P1230716.jpg

          そう これが”那須の赤い太陽”です

            今回は箸で持ち上げません!

P1230717.jpg

      先ずは”パターンA = 溶いてから掛ける”

P1230719.jpg

P1230722.jpg

    そして”パターンB = 茶碗に直接割って落とす”

P1230726.jpg

P1230727.jpg

P1230730.jpg

   お味は如何?  美味しゅうございます!

          久し振りのTKGで満足の朝食でした




               続いてはコチラ(↓)


TVで話題の”ミルクたっぷりとろりんシュー”をGet

             そう セブンアイの商品です...

P1230706.jpg

        お値段は105円(税込み)とリーズナブル  

P1230708.jpg

    正式名称は? 

           ”ミルクたっぷり とろりんシュー”

         名前のとおり”とろ~りとろりのクリーム”

P1230710.jpg

        やはり”コーヒー”と一緒に戴きます!

P1230712.jpg

         たかが”シュークリーム”

                     されど”シュークリーム”


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
山には山の 里には里の 我が家には我が家の 花がある
2013-08-05-Mon  CATEGORY: 我が家の花たち
25/07/31~02撮影 【タイトルほどの花はないが我が家の最後のアガキ?】



   これまで”Web上のオープンガーデン”として報告してたが

        趣が少し異なるので大人しくご案内?...




      玄関前にアクセントに植えた”キャラ(ボク)”が

          いつか主に似て太ってしまった>笑<

P1230876.jpg

   常緑樹でいつも青々としているが花は気付かない?

         何時の間にか赤い実ができてる...

 中に焦げ茶色のタネが見える 花はいつ咲いたのかな~

P1230879.jpg

                   リコリス...

          まるで一夜城のごとくスルスルと伸び

   何時の間にか蕾が...花が咲いたって感じの花です

P1240066.jpg

             そして”みょうが”の花と実

     咲いてる現場の写真はボケちゃって...ボツ!

P1230846.jpg

               これは”キンカン”です

      みかんの花にソックリ  今ごろ咲くのかな?

P1230635.jpg

         ケン坊の好きな”古風のツユクサ”です

  鳥が運んできた? 鉢の中から今年初めて芽を出した!

P1230874.jpg

          ブルーベリーも花はとうに終わり

    実の節ですが...何時の間にか器へ移動>残<

P1240061.jpg

           これは”リュウノヒゲ”でしょうか

P1240063.jpg

             最後は”マツヨイグサ”です

     これは近所の空き地に群生してたのでツイツイ!

P1230866.jpg

P1230870.jpg

     またいつの日にかケン坊の庭から報告します!


ページトップへ  トラックバック0 コメント7
最近 ケン坊のブログに異変が...どうして?
2013-08-04-Sun  CATEGORY: あいさつ
25/08/02撮影 【まさか”ケン坊の日記”がこんなに読まれているとは光栄です!】


 夏休みの関係?  それともネタによるものでしょうか...

       いや偶然キーワードなる言葉が含まれた?

   そう ケン坊のブログ画面に現れた訪問者の件数が

              200件を越えている~

       これまでも200件越えは単発ではあったが

  1週間以上も続くとは異変としか思えないし信じられない
   (7/26の”レディスランチ”から始まった200件越え...右端の数字は途中です)

P1230971.jpg

     まぁ 直ぐに元の数字(訪問数)に戻ります>笑<

           一時的ですが楽しませて頂きます


ページトップへ  トラックバック0 コメント16
裏側から登る真岡の根本山(花編&ハイク編)
2013-08-03-Sat  CATEGORY: その他の山々
25/07/26撮影 【東大芦川ハイクで予想以上の満足感! 2匹目の泥鰌を求めて】


 先日の”大芦渓谷ハイク”に気を良くし2匹目のどじょうを!

        今回は”真岡の根本山”を裏側から

今度は渓谷ではなく”田園風景”を楽しみながらハイクします



     先ずは真岡線の北山駅前広場?に無断駐車!

P1230731.jpg

     北山駅から”根本山山頂”まで3㌔くらいかな?

P1230732.jpg

      先ずは駅前から田畑の中を歩き出します...

           スタートから道を間違ったお陰で?

   珍しい花を見ることに...折角なので花編から掲載!


あずき(小豆)の花と実...花が開いて無いのが残念!
P1230736.jpg


コレ↓ ゴマ(胡麻)の花です...久々に見ました
P1230738.jpg


昔ながらの”ツユクサ”を後ろから...シベの形がユニーク
P1230742.jpg


民家近くに”ヤブミョウガ”が咲いてました
P1230743.jpg


畑の一角に咲いていた”ヤマユリ”(散り始めてる~)
P1230748.jpg


同じ場所に咲いていた”ササユリ”か?
P1230751.jpg


         熱い夏を象徴するような花”トリトマ”?
           P1230754.jpg


”フヨウ”(西洋フヨウと米国フヨウの違いが判らん)
P1230755.jpg


コレはどっち?
P1230758.jpg


花編の最後は”オクラの花”で...
P1230761.jpg



        さて、次は根本山へのハイク編ですが...


         北山駅から歩いて5分もすると田園の中

    前方の山に鉄塔が見える...あの山が根本山です

      前回と違って”熊”の心配はありませんが>笑<

          木陰が無いので熱中症が心配です...

P1230744.jpg

              花を愛でながら撮りながら

        前方に見える瑞光寺まで歩くこと30数分

    ようやく”田園ハイク”から”山ハイク”に変わります 

P1230762.jpg

   瑞光寺から先は田園風景から林道風景に一変します

            ダラダラ登り ややキツメの登り

  全区間とも舗装道路なので山歩き感覚とは異なりますが

P1230768.jpg

         そして山頂手前には電波塔があります

             ところで山頂って何処だろう?

    何度か来ているが”山頂”の表示を見たことが無い

         今回も山頂が目的じゃないのでパス!

           P1230769.jpg

          電波塔の下に咲いていたコマツナギ

P1230771.jpg

        ピークは過ぎたもののヤマユリがアチコチに

P1230777.jpg

       そして紅葉の定番スポットの芝生広場ですが

             さすがに紅葉には早いです!

P1230779.jpg
*去年の紅葉(24/11写)
P1140976.jpg

     その奥にも白いヤマユリが...目の保養です!

P1230780.jpg

   この花は何? 何処かで見たことがあるんですが...

      *8/3判明 ”クサギ”の蕾です :長さんありがとうございました

P1230789.jpg

       この花(↑)の全体像...がコチラです

P1230790.jpg


       根本山の花編&ハイク編は以上で終了です

          次回はどこに出没するかな?>笑<

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
小山運動公園を”ダイエット散歩?”で初訪問...
2013-08-02-Fri  CATEGORY: 公園・その他の公園
25/07/15撮影 【大和のつけ麺でお腹が一杯になって...少し歩いてカロリー消費】


       麺屋・大和で”太鼓腹”となったケン坊と魔女

          どうしよう 迷いながら車窓を眺める

    ケン坊のナビにやや広いグリーンの区域が現れた

       良く見ると”小山運動公園”だと判った

    良し 行くぞ(吉 幾三!)とハンドルを切って駐車!

         早速歩き始めたら...じぇじぇじぇ~!

               ブロ友:亀さんに遭遇!

と思いきや、入口の管理棟近くの池に亀さんが甲羅干し?

P1230508.jpg

      ケン坊の記憶が違ってなければ、この公園は

 元巨人の江川投手があの空白の一日で巨人入団した時に

    コミッショナーから入団に待ったがかかり...その間

       ここの野球場で個人練習をしていた場所か?

  ケン坊は野球場を左に見ながらウォーキングコースを歩きます

           P1230511.jpg

           10~15分も歩くと池? 沼?...

    真ん中は睡蓮ですがその周囲は”ケシ”のようです

P1230512.jpg

       この池のスイレンの最盛期を外してるらしく

  花数は少なく白が中心で何個かピンクが散見される程度

P1230525.jpg

        こんな自然の残る沼があったんですね~

           多分、池では無いと思うが...

P1230514.jpg

    ヒシが近くにあったので撮ってみましたがピンボケ~

【ヒシの名の由来は?】

実の両端に棘があることを”緊(ひし)”と表現したという
(因みに漢字の「菱」は漢名から、紋所の「菱形」の名前はこの植物からとっている)

P1230518.jpg

         ガマの穂とヒメガマの穂が共生してる?

 雌花は太ってますが>笑< 雄花は先端で痩せ細ってる!

        少なくとも我が家とは違います>^汗^;<

P1230521.jpg

               文字通り運動公園なので

    野球場をはじめ、テニス・サッカー・陸上競技場等々

                  テニスコートでは

この日は、高校生か大学生が小学生を対象に指導してた?

P1230515.jpg

    公園2周目...雲行きが少し怪しくなってきたので

              早めに歩こうと思ってたら

   なにやら採集している高齢者(失礼! 同世代?)が

          何を採ってるのかと袋を覗くと...

      子供の頃に”うさぎの餌”に採ってたオオバコ

         ウサギでも飼育してるのかと訪ねると

       健康のため”乾燥させ煎じて飲む”とか...

             いろんな人が居るんですね~

【参考】 ネットから

●利用部位:全草(葉・根など)種子
●期待される効果:鎮咳去痰、胃腸病、眼病、利尿など
とても解毒作用の強い薬草で車に踏まれても生えてくることから「車前草」「車前子
(種子)」と呼ばれ、その生命力はとても強いです。
オオバコは、鎮咳作用、去痰作用、特に眼病に関係する消炎作用が期待できます。
他に、胃カタル、十二指腸潰瘍、動脈硬化の予防効果があると注目をあびています。


P1230516.jpg

         この木 何の木 気になる 木になる?

P1230522.jpg

             茶褐色に色付いてますが...

       どうやら この(↑)木の花穂らしいが不明!

P1230524.jpg

                 トチノキの実...

  トチモチにするには多くの手間がかかると言われるが?

P1230526.jpg

        一旦 小山からの報告を終了します>笑<

ページトップへ  トラックバック0
<< 2013/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.