ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
速報! 割り込みネタ... 魔女が”那須・三本槍岳”へ初挑戦!
2013-06-30-Sun  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/06/28撮影 【途中小雨だったが迷わず強行突破! 結果、思い掛けない結果に】


           久しく山に飢えていたケン坊...

 天気の具合で行き先を決めるというのは荒っぽく危険だが

        梅雨時期は雨が降らなければ”御”の字

  3つに絞った候補地(足尾、会津、那須)はいずれも曇り
     (足尾:庚申山  会津:駒止湿原  那須:峰の茶屋経由清水平)

     朝の天気予報で”那須・清水平”に決定~
            (往復で(モデルでは)4時間弱のコース)

        那須町に入るとポツリポツリと雨が...

   次第に”視界不良”になり諦めることも頭を過ぎったが

    前回の奥日光行きを断念した時を思い出し決行!
      (手前の今市で雨に降られUターンしたが目的地は快晴だった)


    やった~ 山の上は ピーカンだぜ~

峠の茶屋駐車場にて
P1220832.jpg

峰の茶屋を経由
P1220862.jpg

朝日岳への岩場から見る雲海
P1220877.jpg

           朝日(岳)の肩を経由して
           P1220883.jpg

熊見曽根の先から見る三本槍岳
P1220887.jpg

あれ? 目的の清水平を横切った
P1220898.jpg

予想外の地”三本槍岳山頂”に到着
P1220931.jpg

    速報のつもりだったのに...写真を掲載し過ぎ!

        本番が貧弱になっちゃう心配が>笑<



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント16
つがの里の蓮は”淡いピンク”が主流...咲き始めてます
2013-06-29-Sat  CATEGORY: 花紀行(ハスの名所)
25/06/26撮影 【先日の情報に続く詳細編です...二度目はインパクトが無い?】


    ”弾よりも ハンター師匠よりも 地元紙よりも早く”

        先日、こんなキャッチコピーで掲載したら

同日の下野新聞に全く同じ内容の記事が掲載されビックリ!
         (淡いピンク色のハス、5分咲き、7月中旬まで見頃)


      恒例の”つがの里のハスの花”です

       ハス池は約2200㎡ 約3千本のハスが

P1220752.jpg

     以下、手抜き足抜き頭抜きのブログの始まり~

P1220728.jpg

                淡いピンクのハスの花

             葉脈のような筋が印象的です

P1220741.jpg

             開花したばかりのハスの花

       何となく恥らいながら...って感じがします

P1220746.jpg

  今朝、開花したばかりの若い花の中を覗いてみた...

P1220735.jpg

           蕾も多くまだまだ見られます...

       って言うよりも、これからが見頃になります

P1220749.jpg

                     満開です!

P1220753.jpg

                ハスの花の水中花

P1220756.jpg

               ハスの花の背比べ...

    昔、”半鐘泥棒”ってあだ名の同級生を思い出した

            一人だけ飛び抜けて背が高い

           P1220767.jpg

                  ハスの花と外灯

P1220773.jpg

            綺麗なハスが次々と開花します

 ぜひ”つがの里”へ足を運んで見てください

P1220774.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
山が遠ざかる...近くを”ケン散歩”するも俄か天気でアヂ~
2013-06-28-Fri  CATEGORY: 日記
25/06/16撮影 【山へも行けず旅行にも行けず...そんな時の捌け口がココ?】


        今日も繋ぎのブログになりましたが...

           俄か天気で暑く 思わずアヂ~

          木道 せせらぎ 林の中

  こんな雰囲気の良い場所がケン坊の近くにはありません

少し離れた”磯山緑地公園”を中心に掲載!
P1220436.jpg

              せせらぎ広場の一コマです

P1220441.jpg

                   ドクダミの群生

P1220445.jpg

                   ホタルブクロ

P1220448.jpg

                    ゼニアオイ

           P1220455.jpg

  白い変な形はヒバの実? 紫の小さいのは花ですね!

6/28判明:”コノテガシワ” 長さんありがとうございます

P1220698.jpg

              終盤を迎えたビヨウヤナギ

P1220701.jpg

      一重咲きクチナシ...一瞬、タコに見える

P1220706.jpg

  見辛いが、八重咲きのクチナシの中も一重と同じ模様が
      (気付かなかったが、小さな虫が付いていて申し訳ないです)

P1220726.jpg

    コチラは八重のクチナシですがタコの形に見える?

P1220724.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報! 今回は”つがの里の蓮”の開花状況です
2013-06-27-Thu  CATEGORY: 花紀行(ハスの名所)
25/06/26撮影 【昨年より10日も早い訪問で...少し不安でしたが結果OK!】


  弾よりも ハンター師匠よりも 地元紙よりも早く掲載!
   (6/27:今日の下野新聞に”つがの里の蓮”が掲載...全く同日です)

         あははは ケン坊がまた勇み足か?

            少し早いと思いつつ気が逸る

  気の早い人は居るんですね~ 既に6~7台の車が...

         もちろんケン坊と同じような年代です

     あわてん坊のケン坊! 行き先を言わなくちゃ

 恒例の”栃木市(旧都賀町)のつがの里”です

P1220778.jpg

  決して早くはありません 蓮の花は既に開花しています

           ケン坊の見立てでは5分咲き!

        まだまだ蕾も多く暫くは楽しめそうです

P1220729.jpg

                  ご覧の通り...

P1220732.jpg

   この花は今朝開花したのかな? 音は聞こえません!

P1220734.jpg

               幻想的な花にも見えます

P1220744.jpg

       多分、7月中旬くらいまでは見られるのでは?

P1220775.jpg

       ”つがの里”へは自己責任でお出掛け下さい
           (詳細は後日、ゆっくりとご報告します(予定))

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
小さな”花しょうぶ園”と、心に響く”野州轟一番太鼓”の演舞
2013-06-26-Wed  CATEGORY: 公園・栃木県総合運動公園
25/06/8撮影 【時には手抜きも必要かも...それが連続掲載のヒケツ?>笑<】


  今回はブログ継続のためのネタかも知れません>苦<
   (まだ敬老会ご一行様の旅が未整理のためこんな身近なネタで繋ぎます)

       さて数時間の合間を利用して行った先は...

    近くの”栃木県総合運動公園”で茶を濁す?


 多くのブロガーさんのネタとして取り上げられている花菖蒲


   公園の一角に猫の額と言われるほどの花ショウブが

P1220251.jpg

P1220253.jpg

P1220254.jpg

P1220256.jpg

P1220258.jpg



       ついでに公園を散策して出合ったイベント?

           太鼓の音に足を止めて聞き入った

     県北(矢板・西那須野等)を中心に活躍している

              ”野州轟一番太鼓”

         大人に混じって多くの子供が熱演中!
              (子供の多くは小学高学年かな?)

    まさに”心に響く和太鼓の演舞!”でした

P1220260.jpg

P1220263.jpg

P1220265.jpg

P1220267.jpg


 今年のヒマラヤ杉・ぼっくりは相対的に少なめです...が

P1220274.jpg

         狙い不明のブログでした...>苦笑<


ページトップへ  トラックバック0
今年も”磯山神社の紫陽花”へ...敬老会の旅は続きます
2013-06-25-Tue  CATEGORY: 敬老会御一行様
25/06/19撮影 【先日の上三依水生植物園に続き”敬老会の旅”からです】


    前日”雨の水生植物園”で疲れてる筈の敬老会ご一行

       今日は何処へも行きたくないだろうと思ってたが

    声だけ掛けてみようと”紫陽花はどうか?と聞くと

       素早い反応で”見たい”という返事にビックリ!

             年寄りは元気ですね~

P1220662.jpg



    以下、ご一行が訪ねた”あじさい祭り”の詳細編です

 この時期は多くのブロガーさんから紫陽花が満載ですね~

      ケン坊も情報として掲載済なので...地味に!

           磯山神社のあじさい祭り

        ”あじさい祭り”は6/15(土)~7/7(日)

P1220574.jpg

  参道や社殿周囲に植栽された25種2500株の紫陽花

       青・白・紫のアジサイが咲き始め5分咲き?

            夕刻(午後6時~午後8時)には

       提灯(今年からLED使用)に灯りが燈され

 淡い光に映し出される紫陽花が幽玄な雰囲気は一見の?

P1220638.jpg

   立派な二の鳥居(一昨年建立なので震災で倒れた?)

           P1220579.jpg

    拝殿と本殿...もう少し紫陽花を入れたかったが

P1220620.jpg


          小さな小さな園児 そのつぶらな瞳に

    紫陽花”アナベル”は大きな大きな花に見えたかも?

P1220581.jpg

             は~~い 並んで並んで~

  意味も判らずに大人の誘導で智の輪くぐりするのかな?

P1220582.jpg

       こっちの足あげて~ 高くて越えられない~

             ボク 智の輪をくぐれたよ~

P1220584.jpg

         今度は手を合わせて神社にお参りだね~ 

                何をお願いしたのかな?

P1220592.jpg

     梅雨の申し子”あじさい”に晩酌は似合わない?

 それでも男は黙ってビールを飲み紫陽花の写真を愛でる

        そう 昔の男は減らず口は叩きません!

P1220594.jpg

P1220598.jpg

P1220624.jpg

P1220588.jpg

           P1220614.jpg

P1220637.jpg

P1220654.jpg

P1220580.jpg

P1220679.jpg

      ハグロトンボかな~ 背筋をピーンと伸ばして

   体操のあん馬なら”10.000(昔の採点法)”かな>笑<

P1220622.jpg

 アマガエルが紫陽花の布団に座って花見してる?>笑<

P1220696.jpg

      振り返るとちっとも地味じゃ無かったみたい?

   我が家の”敬老会の旅行”は順不同で掲載してます

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
あれから一週間 今度は”敬老会”で雨の上三依水生植物園を訪ねてみた
2013-06-24-Mon  CATEGORY: 敬老会御一行様
25/06/18撮影 【何時の間にか恒例に? ”老人クラブ旅行会”からの報告...】


先週下見した”上三依水生植物園”へご一行ご案内

    雨に打たれた”ヒマラヤの青いケシ”が良い感じ!

P1220515.jpg

    前回は気付かなかったが、植物園入口の真正面に

              ”五代目・ニュートンのリンゴ”

           P1220516.jpg

 大きな案内板が...ケシを追いかけて通り過ぎちゃった?

P1220517.jpg

     ミヤマウツボグサが可愛らしい顔を覗かせて...

P1220524.jpg

         クリンソウは完全にピークを過ぎました

   上の方だけ花が付いて下は実のような丸いモノが...

   写真下部の大きな葉は”ミズバショウ”の成れの果て?

P1220531.jpg

P1220555.jpg

        モリアオガエルの卵がいくつも見られました

           白い泡のような卵から”ポターリ”と

池に落ちる様は観られませんでしたが...珍しい光景です

P1220532.jpg

    一般的に池の上の木の枝(葉)に産み付けられるが

          木道の横にあの白い泡のような卵が

     姉がちょっと押したら当然”ふわっ”としてて凹んだ

P1220548.jpg

         さて我が家の老人クラブのご一行様は

    傘をさす羽目になりましたが至って元気です>笑<

P1220538.jpg

          池にはクリーム色のスイレンが...

P1220545.jpg

    つゆ草も種類が多すぎて...特定できませんが

              観れば観るほど奥の深い花

  何時の日にかいろんな露草を撮ってみたいですね...

       アジサイと梅雨 つゆ草も梅雨でしょうか?

           それとも”露草”が語源なのかな~

P1220549.jpg

 スリムなトンボが大きなミズバショウに挑んでます>笑<

         あの”オオカワトンボ”に似てますが...

P1220551.jpg

       今、まさに”ケシの花”が開花するところ

P1220561.jpg

  色合いといい何とも言えない気品の高いケシの花ですね

P1220519.jpg

    ケシの花を見納めして植物園を後にしました...

           P1220566.jpg

        観光が続いたご一行様はこの後は直帰!

    ご一行様のネタは順不同で掲載しています>笑<
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
コレは何? 枯れた木株の根元からニョキニョキとキノコのような?
2013-06-23-Sun  CATEGORY: マイナーな面々
25/06/15撮影 【ケン坊も歩けば...何だろう? こんなキノコ見たこと無い?】


      貴方は”ナニモノ”? ちょっと自己紹介して~


            キノコ図鑑等 ネット検索するも

       ”コレ”と思われる本命に出会えなかった...

                    こうなったら

     我がブログ訪問者のご教授を期待するしかない


         もしかしたら”木根(キコン)”なのか?

P1220456.jpg

     周囲を見回したがこの木株以外には見当たらず

P1220457.jpg

       赤茶けた根部  黄色の茎  上部が平ら?

P1220458.jpg

     チョッと指で揺らしたら 簡単に取れちゃった!

          もちろん根なんかもありません...

P1220459.jpg

 どんな情報でも結構です ご教授をお願いします(^ペコリ^;)


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
県内のプロスポーツチーム...今回は”栃木SC”で~す
2013-06-22-Sat  CATEGORY: 県内プロチーム
25/06/15撮影 【今年は”栃木SC”が注目を浴びる番? 県内プロスポーツ動向】


       一週間遅れの古新聞となってしまったが...

      栃木県内のプロスポーツチームは次の4種目!

”アイスホッケー・バスケット・自転車・サッカー”

      ①アイスホッケー:日光アイスバックス
        :以前”古河電工”の名で一世を風靡した業界の名門

      ②バスケット:リンク栃木ブレックス
        :結成2年目でリーグを制覇した新進気鋭

      ③自転車:宇都宮ブリッツェン
        :昨年、個人&団体でも優勝に輝いた今が旬のスポーツ



         今年は”サッカーの年”の予感...?

      そう! 栃木SC前半戦のひとつの山場

     昨年J1だった強豪”神戸ブリュッセル”との試合


栃木SCは”J2”に属し”J1への昇格”に期待がかかる

           P1220423.jpg

       6月15日は栃木県民の日(栃木県政140年)

    県グリーンスタジアムに神戸を迎えての大事な一戦

           ケン坊もサッカー観戦は初めて! 

     入場券をしっかり握り締めて イザ スタジアムへ

         の筈だったが...急用で観戦を断念!

P1220421.jpg

  現在、栃木SCは第5位、神戸は2位(前年J1)の強豪だ
 (J2の上位6位までがJ1昇格に向けプレーオフに出られるので最低でも6位!)

        この厚い壁を乗り越えないと明日は無い!

           P1220422.jpg

キックオフ後 わずか3分で見事な”ゴ~~~ル” 先制点!

P1220461.jpg

  でも~ 疑オウンゴールなどで失点! 逆転を許す...

      後半40分過ぎ、誰もが負けたと思った時間帯

      思わず歓喜の声が...栃木SCのゴ~~~ル

 終わってみれば引き分け! まぁ負けないで良かった?

             結果”勝ち点1”ゲットにホッ!

           P1220463.jpg

         この調子で6位以内をキープしてくれ~

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報! 鹿沼・磯山神社で”あじさい祭り”が開催中
2013-06-21-Fri  CATEGORY: 花紀行(あじさいの名所)
25/06/19撮影 【今年は紫陽花のブログは止すかなと思ってたが...やっぱり?】


   あぁ~ ケン坊が一番に情報発信しようとしてたのに

        昨日の地元紙にスクープされた~>笑<



   色とりどりに咲き誇るアジサイが見頃を迎えています

       鹿沼・磯山神社のあじさい祭り
         (鹿沼市磯町66  お問合せ:0289-60-2507)

       期間:6/15(土)~7/7(日)

  花は日一日 刻一刻 変化しています 磯山神社へGo

P1220574.jpg

   期間中「茅の輪(ちのわ)」も設置され、それをくぐると

        無病息災が得られると言われ ています

           P1220583.jpg

    地元紙の記事によれば”8分咲き”となっているが

         ケン坊の感じでは”5分咲き”だと思う!

           P1220595.jpg

         色とりどりのアジサイが咲き始めてます

P1220580.jpg

   最近、市民権得たようにアチコチで見かけるアジサイ

P1220585.jpg

     スカイブルーというか 何とも言えない澄んだ色

P1220594.jpg

こちらも多く見かける種類...オオデマリより大きい>笑<

P1220612.jpg

          詳細なブログは後日掲載します...

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
塩原渓谷ハイク等で時々利用する道の駅”農村レストラン 関の里”
2013-06-20-Thu  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
25/06/11撮影 【寄り道に失敗したの巻? 今日はお昼もその後の寄り道も外し...】


 今日はブロ友:亀三郎さんの後追いで”やま吉”でお昼~

     と思い、わざわざ遠回りして訪ねたが定休日!

   尾頭トンネルを潜り塩原温泉街を抜けて来たのに~

     残念だが休みじゃ怒っても始まらないと諦め...

1時を回ったので...近くの”道の駅アグリパーク”へ飛び込む

P1220419.jpg

 午後1時過ぎの中途半端な時間...道の駅のお客は疎ら

P1220417.jpg

      でも”農村レストラン 関の里”には十数人...

          今日はここで食べるしかない>笑<

P1220408.jpg

          ここのところ蕎麦が続いたので敬遠し

 ケン坊は”きのこご飯とうどんセット(@1100)”で憂さ晴らし

P1220409.jpg

  刻み海苔が邪魔して肝心のご飯の様子が不明>^_^;<

P1220410.jpg

            天婦羅も極々普通の野菜天です

P1220411.jpg

            デザートにはリンゴゼリー...

P1220412.jpg

     魔女は遠慮してかシンプルに”天婦羅うどん”

P1220413.jpg

   そう 二人とも今回は”うどん”になっちゃった>笑<

P1220414.jpg

      こちらの天婦羅はシンプルに”かき揚”だけ?

P1220415.jpg


   この後、大田原への寄り道を試みましたが見つからず

           全くガソリンの無駄遣いでした!


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
日光上三依の”七滝(七段の滝)”と”道祖神”...?
2013-06-19-Wed  CATEGORY: 景勝地(滝めぐり)
25/06/11撮影 【植物園を見終えて次はお昼~と思ったが七滝案内板で思い出し?】


 上三依水生植物園の入口手前で尾頭沢(橋)を渡りますが

      尾頭沢は右手の男鹿川(おじかがわ)へ合流


   そう! 今回のネタは左手に見える沢が主役です...


            沢の手前に”七滝”の案内板

     この周辺に7個の滝があるのかなと思ったら...

          案内板によれば”7段の滝”だという
 (以前、井戸湿原の”五段の滝”で懲りているので期待しないで見学です>笑<)

P1220393.jpg

  この写真が沢を渡る橋に手前から撮った七滝の全体像

           P1220389.jpg

      アップで撮ってみると数段の滝が見えます...

P1220390.jpg

案内板に書いてあった

        ”滝の中央のくぼみの奥に水神を祀った像”

                                     は見当たらず

P1220394.jpg

       植物園入口手前を林道に沿って左折すると

            間もなく分岐が...林道は直進

       林道から離れて滝に近付くような支線があり

        更に支線の石垣の下の笹藪を分け入ると

               滝の途中に出られそう?

P1220397.jpg

      そして滝の中段にある平らな部分に出ました

          この逆光景はなかなか見られない

  ケン坊のマナー違反?(進入禁止とはなっていないが)

P1220396.jpg

        さて、支線へ戻って更に奥へ進むと...

  ”文政六銘石造道祖神”という指定文化財の案内版が
  (リンゴさん、黙って後追いしちゃいました...滅多に見られないモノなので)

           P1220387.jpg

          その道祖神の案内板はコレ(↓)です

道祖神は、路傍・村境にあって邪悪のカミの村への侵入をふさぎとめる「ふさぎ」
が祖形である。
その起こりは奈良時代に求められ、全国的な民俗信仰の一態様である。

この神体は、娘が男根を胸にいだいた姿をいやみなく陽刻したものであって、
この姿態の道祖神は栃木県内では全く他に類例をみない。のみならず群馬県や
長野県などに散見できる男女抱擁像などに対比できる全国的にも珍しく貴重な
ものである。

文政年間の本町では、天明期以来の連続的な飢餓を経て、流通商品の輸送力の
低下の問題を抱えた問屋を中心とする旧来の運輸体系に、いっそう苦悩の色が
深くなってくる。

相対的に全国的な身分制のゆるぎや政情不安の中で、経済的に優位に立つ
商人層と結んだ仲附が、尾頭道などあらゆる限りの方向に人馬輸送をおこない、
その活況が極に達した時期である。

こうした時代背景の中で、上三依村の活況や尾頭峠越え塩原郷との盛んな交流が
あったこと。さらには、六地蔵など他の石像の建立と併せて幅広い信仰の世界が
存在したことを裏づける貴重な一資料といえる。

このように「文政六年」と本体の建立年代が判然としていることが、本町史上の
背景的なことがらと併せて、本体の資料的価値を高からしめているといえる。


P1220386.jpg

          この道祖神はかなり珍しいものらしい

  娘が苔生した男○を胸に抱える道祖神は見たこと無い!
      (ケン坊は恥ずかしくてさすがにアップでは撮れなかったっす!)

           P1220384.jpg


          次回は何がターゲットになるのか?

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
今年も恒例となった”茨城産・アンデスメロン”の季節が...
2013-06-18-Tue  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
25/6/8&17撮影 【箱を開けると甘~いメロンの香りが漂って...早く食べたい!】


 この季節はご近所に住む魔女の友達の甘~いお誘いが

    恒例の”茨城産・アンデスメロン”を購入!


        美味しそうなので孫たちにも宅配で...

P1220275.jpg

         6玉入りだと少し小振りに見えるので

            見栄をはって5玉入りを指定!
           (孫たちは5個より6個のほうが喜んだかな?)

P1220276.jpg

    メロン特有のネット模様が高級感を醸し出します

P1220277.jpg

             何時ごろが食べごろなのか

         単純に”今でしょう”とは言えない

  毎晩のようにメロンの尻に手を当て感触でタイミングを

P1220279.jpg

       孫たちは待ちきれずに食べちゃったかな~

      慌てない あわてない...>笑<

            我が家はカウントダウン開始!

          6月17日(月) ようやく1個目を...

P1220470.jpg

                    あま~い!



そして今年の父の日は?

   娘たちからの現実的なプレゼント...これが一番!

 気持ちが嬉しいね! 飲み過ぎないようにしなきゃ>笑<

P1220467.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
年1回の人間ドック結果報告!
2013-06-17-Mon  CATEGORY: 我が家のイベント
25/05/29&06/13撮影【人間ドック、歳ですから何も出ない筈がない...臆することなく】


      早期発見 そして早期治療 早期の社会復帰!

                国の財政健全化のために

        年に一度は人間ドックを受診しましょう!
  (特にケン坊は厚生労働省の手先ではありません...って去年も言ってた?)

P1210854.jpg

     今年も季節がきました そして審判が下された...

         5月末に一年振りに「人間ドック」を受診

       健保の制度利用での検診に懐は大助かり!
      (来年からは国保になるので、懐に優しい検診は今年が最後?)

      7時20分受付、順調に?進み10時に全て終了

    あれから2週間”人間ドック成績表”が届きました...

           P1210856.jpg

      直前の対策が功を奏して”メタボ”の対象外に!

         残念ながらLDLコレステロールだけが範囲外

P1220425.jpg

      骨密度...歳相応で同年代比 101%にホッ!

  前年よりも少し改善されている様子です...ルンルン?

           P1220428.jpg

               頭部のMRI検査結果...
 
         全く異常は認められないの文字にホッ!

P1220427.jpg

 その他”結果”は昨年と何個か項目が入れ替わったものの

         5~6個が”はみ出し”ちゃいました...

  歳だから何が出ても驚かないように言い聞かせてますが



検診後のひと時は飲み放題食べ放題?
P1210859.jpg


↓ 恒例のお土産セット
P1210868.jpg

  11時、ようやく食事にありつけました(完食です)>笑<

     ここ数年”和食”だったので”洋食”に変えてみた

カロリーは和食に比し少し高いがマンネリの脱皮です>笑<

P1210861.jpg

     こちら魔女注文の”和食”です...が、予想通り

             相も変わらずのメニューでした

P1210866.jpg

↓ コチラは、昨年(24年)の和食

P1070950.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
上三依水生植物園は”花の楽園”状態です
2013-06-16-Sun  CATEGORY: 公園・その他の公園
25/06/11撮影 【植物園だから花の種類が多いのはあたり前、それにしても...】


  上三依で天空に一番近い”青いケシの花”を見たが...

          水生植物園はケシの花だけではない

           あの花 この花 その花 どの花?

        聞いたこと見たことのある花が咲き乱れ!

P1220405.jpg

 上三依水生植物園のケシ以外の花で綴るケン坊のブログ

   今回も”男は黙って写真で語る”なんちゃって

       詳しくは”上三依水生植物園”をご覧ください


上三依水生植物園の特徴は約22,000㎡の園内に植栽された約300種(約3万本)
の植物観賞や周辺に点在する野仏群等の歴史散策が楽しめます

そして園内は八つのゾーンに分けられています

*和風庭園ゾーン *乾生高木林ゾーン *乾生草原ゾーン *湿生草原ゾーン 
*湿生植物池ゾーン *水性植物池ゾーン *ロックガーデンゾーン *高原お花畑ゾーン



          園内に造られた池に架けられた木道

P1220301.jpg

コウホネ:他にスイレンやアサザ(花未確認)も

P1220304.jpg

ショウブやキショウブ

P1220305.jpg

フウロソウ

P1220310.jpg

チョウジソウ:ややボケ気味です

P1220297.jpg

クリンソウの群生

P1220317.jpg

キバナクリンソウ:キバナは初めてかな~ 葉が小さい!

           P1220314.jpg

旬のクリンソウが一大勢力?

P1220371.jpg

白のクリンソウもキバナに負けじと数で圧倒

P1220373.jpg

モモバギキョウ

           P1220293.jpg

ヒメサユリ:今年は駒止湿原は止め?

P1220294.jpg

P1220296.jpg

エンレイソウ

P1220332.jpg

フタリシズカ:ヨニンシズカ?じゃないの?>笑<

P1220334.jpg

シラユキゲシ

P1220343.jpg

ウスユキソウ

P1220344.jpg

コマクサ:ピンクは遠かった

P1220360.jpg

コマクサの白

P1220345.jpg

ハナケマンソウ:初めて見る花かな?

P1220356.jpg

イワベンケイ

P1220361.jpg

イブキジャコウソウ

P1220363.jpg

アサギリソウ:どんな花が咲くのかな?

P1220365.jpg

マツムシソウ(ケン坊の好きな花の一つ)

P1220368.jpg

P1220367.jpg

         親と逸れてしまった飛べないヒナ鳥...

    この後、鳴きながらヒナ鳥を探す親鳥?がいました

              親子の再会は出来たかな~

P1220377.jpg

              次回は?  この近くから...

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
小さな小さな農園ですが...お花がいっぱい咲いてました
2013-06-15-Sat  CATEGORY: 栃木・大平・都賀・岩舟
25/06/08撮影 【車で見た看板に、魔女が今はどんな花が咲いてるのかな~って】


     続くときは続く またまた花ネタになっちゃった

           壬生町にある極々小さな場所


        ”中島あやめ園(中島農園)”

    通りすがりに寄ったが”軽”でもぎりぎりの道あり



           以下、代表的な花を掲載しました

純白のカラー

P1220239.jpg

素晴しきカラー

P1220240.jpg

何の実でしょう?

P1220228.jpg

P1220248.jpg

ニゲラの実でした

P1220235.jpg

アスチルベ

P1220229.jpg

農園の真ん中に作られた晴れ舞台(文字通り”花道”)

P1220245.jpg

カラオケ大会や歌謡ショーが...(6/9実施済み)

P1220244.jpg

キバナノノコギリソウ

P1220231.jpg

チドリソウ

P1220230.jpg

京鹿子(キョウガノコ)

P1220233.jpg


        ここのところ”花めぐり”が増えてる?

             少し方向転換も必要かな~


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
次は”花農場あわの”へ寄り道しちゃった
2013-06-14-Fri  CATEGORY: 鹿沼・粟野・塩谷
25/06/03撮影 【久し振りに寄った”花農場あわの”は知らない花が咲いていた!】


    井戸湿原からの帰りに立ち寄った最後の場所は?

       以前掲載した”花農場 あわの”です

            どんな花が咲いているかな~ 

          って軽く考えて立ち寄ったのに...


 名前の判らない花が沢山? 誰か教えて~

P1220037.jpg

【キッチン花農場ミントハウス】

花農場あわの内にある『キッチン花農場ミントハウス』は、ガーデンのそばにある
洋風の建物です。 ここではお食事・イベント・お買い物・体験・教室などを楽しんで
いただくことができます。
テラス席もご用意しております(ワンちゃんもご一緒にどうぞ)。
200種を超えるガーデンのハーブや草花を眺めながら、ゆっくりとおくつろぎ下さい。


P1220036.jpg

バラのトンネル

            手前右側にはオオキンケイギク

P1220014.jpg

ハーブ:カモミール

P1220016.jpg

チェリーセージ? (一般的に紅白の可愛い花を想像しますが不安です)

P1220018.jpg

不詳 No1 アザミの仲間か?

  :NAOさん、亀三郎さん、長さん ご教授ありがとうございます。
   ・オオアザミ(マリアアザミ)のようです
   ・アーティチョークはもう少し花が大きく顎の部分も何段にも...


P1220030.jpg

           P1220023.jpg

ラベンダー

P1220026.jpg

クリスマスホーリー

P1220027.jpg

???不詳 No2

  :NAOさん、長さん ご教授ありがとうございます。
   ・ラムズイヤーで決定ですね


P1220031.jpg

???不詳 No3

  :長さん ご教授ありがとうございます。
    アカンサス・モリスで決定ですね


           P1220032.jpg

           P1220033.jpg

         今回は”消化不良”の寄り道でした


【振り返りコーナー】

  ”キッチン花農場 ミントハウス”:23年5月


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
小さいながらも”奥深沢不動の滝”には趣を感じた
2013-06-13-Thu  CATEGORY: 景勝地(滝めぐり)
25/06/03撮影 【井戸湿原の帰り道、ドライブインで入手した滝情報に寄り道を!】



  前日光・井戸湿原からの寄り道...第二・第三弾は?


  先ずは山ノ神ドライブインで得た情報で滝を見ることに

           場所はお店の直ぐ裏山でした...

        滝の名は”奥深沢不動の滝”です
                  (おふかざわ ふどうのたき)

  お店の先数十メートルの右側に大き目の案内板があり


P1220007.jpg

       その直ぐ先に右に入る細い林道(車通行可)

  案内板を見る限りどこかに通り抜け出来そうですが...

           P1220013.jpg

   初めての林道なので不安を感じながらも数分で滝に!

      車は滝の案内板から数十㍍先の路肩に駐車
       (駐車場ではありませんが道路がかなり広くなっています)

P1210992.jpg

                  案内板によれば

        高さ:7㍍  幅:3㍍ と小振りですが...

    この山ノ神付近で”思川(小山を流れる)”へ合流!
    (因みに、思川の源流は”足尾の地蔵岳”で以前に探検済みです...)

【案内板の内容】

奥深沢にかかる滝で、高さ7m、幅3mあり、標高約700mに位置しています。
前日光高原に降った雨や雪どけ水が集まって奥深沢の流れとなり、山の神で
思川に合流します。思川の流れは、黒川、姿川の水を集め渡良瀬川に合流し、
利根川へと続きます。


P1210991.jpg

            これから滝に向かいますが...

     熊笹がチョロチョロと生えた杉林の中へ入るのは

            億劫だが”ネタ”に弱いケン坊!

       恐るおそる 一歩一歩また一歩と進む...

   いつでも戻れるよう後ろ足に重心を置きながら>笑<

P1220005.jpg

        下りを進むこと数分...滝が見えてきた

            あれが”奥深沢不動の滝”か~

       小さい滝ですが今のケン坊には満足です?

P1210993.jpg

     怖いながらも滝壺まで降りられる場所は無いかと

           周辺を見回したが...自信が無い

   反対側なら可能そうですが反対側へのルートが...

P1210996.jpg

   目を凝らすと反対側に”道祖神”らしきものが見えた?

       アップに失敗しコレで判断するしか無い...

                     ケン坊には

      地蔵の後ろがヤツデのような葉団扇に見えるが

      まさか”天狗の石仏”ってことはアリですか? 

【判明!】

天狗の石仏に見えたのは、奥深沢の滝に祀られている”不動明王像”とのこと


P1220002.jpg

        下に降りてみたい気持ちが再び起きたが

    ここは”グッ”と堪えて...素直に滝を後にしました

P1210999.jpg



  お店ではもう一つ(第三弾)情報をもらってましたが...

          単独での掲載はさすがに憚れるので

    不動の滝とセットで掲載することで手を打ちました!

          その情報とは”石割桜”です...

             ちゃんと案内板も立ってます!
  (場所は、不動の滝へ入る林道の入口です...直ぐなので通り過ぎそう)

P1220008.jpg

正面からの写真

    下側の岩には右から”石割桜”と彫られてます

P1220010.jpg

こちらは右側からの写真

    岩の裂け目に枯れた桜の木(大木?)が無残な姿で

        そう 桜の木は枯れてしまいました...

P1220011.jpg

    今回の寄り道もコレで終わりにしようかなと思ったが

          もう一件...掲載させて頂きます!

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
山ノ神ドライブインでのお昼はお蕎麦です
2013-06-12-Wed  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
25/06/03撮影 【何処で食べても良いが、どうせなら初めてのお店でと思って...】


  横根山&井戸湿原を散策しロッジに戻ると12時過ぎた

             今日のお昼はどこにしよう...

    もちろんロッジにも”鹿沼ニラ蕎麦”などがあったが

         県道15号を”山ノ神”という地まで戻り
      (山ノ神ってお店の名前と思ってたら地名だったんですね...)

以前から気にしてた”山ノ神ドライブイン”へ向かった

P1220012.jpg

    ドライブイン周辺にはバンガロー等の施設もあるが

             最近は渓流釣りが主役なのか? 

    林業イメージの粟野地区は今は何がメインなのか?

P1210983.jpg

     上の駐車場に車が見えたので入ることにした...

P1210984.jpg

    入口にあった山ノ神ならぬ”石の神”のような...

      お店の方に聞こうと思ってたが忘れちゃった!

           P1210985.jpg

  中では一組の老夫婦が食事しながら店主と話をしてた

            どこかで見たことが? 訊ねたら

     何と、井戸湿原でケン坊の前を歩いていたご夫婦
    (この後、ケン坊は横根山へ... ご夫婦は間もなくUターンしたらしい)


         広い店内に老夫婦とケン坊の3人...

      さっそくメニュー...何とシンプルなメニュー表


        ケン坊もシンプルに”もりそば”と思ったが

   老夫婦の天婦羅が気になり”天もりそば”に昇格!

P1210986.jpg

 店主から”薬味の意味”を読んでくださいと渡された...


    「お蕎麦を食べるときに使う薬味には意味があります」

わさび:昔は生水で腹をこわしたりしたため、水でしめるお蕎麦に腹痛防止で
     殺菌作用のあるわさびを添えたのが始まりです

ねぎ :ねぎは香りが強いので、お蕎麦と一緒に食べてしまうとお蕎麦の味や
     香りがわからなくなってしまいます
     本来はねぎはつゆに入れず、お蕎麦で冷えた体を最後に蕎麦湯で温
     める時に、蕎麦湯の薬味としてねぎを使います


     なるほど~と思いながら実践をイメージしてた?

P1210982.jpg

             いよいよ”天もりそば”の登場

      見た目は合格? 980円は止むを得ないかな

P1210988.jpg

         蕎麦は見た目よりも食感は細麺でした

           ケン坊は蕎麦通ではないので...

  薬味? 最後はいつもの食べ方になっちゃった>笑<
    (というか、ケン坊には出汁が薄かったので薬味でカバーしようと?)

P1210989.jpg

                  そして天婦羅...

  店主が持ってきた”天婦羅の素材”を説明してくれたが

      ふきのとう・蕎麦の芽?・ヤマウドの葉 等々

 確か全部で6種類だったが以外は記憶喪失です>笑<

        今はお腹の中なので永久に不明です!

   それにしても天麩羅は、かなりボリューミィーでした

         変わった天麩羅も食べられました!

    結果として”山ノ神ドライブイン”は平均的な評価?
       (多分、出汁がケン坊好みだったら”上”の評価だったかも)

P1210990.jpg

 ケン坊の後からは大きなバイクに乗った中年風男性たち

       そして、いでたちはプロ級の自転車の二人

        この店はバイカーが好むお店なのかな~ 


     そうそう! お店を紹介するのを忘れてました...

           お店は親子で切り盛りしてるようだ

    ご子息が蕎麦をうち、おばあさんがロビーウーマン?

         如才ない話しぶりにツイツイ引きこまれた

   まさに林に囲まれた山奥の雰囲気がお店の雰囲気に!


山ノ神ドライブイン
 栃木県鹿沼市上粕尾1069
 0289-82-3518

ページトップへ  トラックバック1 コメント6
情報! 天空に一番近い花”ヒマラヤの青いケシ”が見頃!
2013-06-11-Tue  CATEGORY: 公園・その他の公園
25/06/11撮影 【速報兼情報! 青いケシの花...ケン坊も突然の彷徨転換です】



  今日はマスコミの影響の大きさ・偉大さを思い知らされた


     昨夜と今朝”上三依水生植物園”がNHKで紹介

  もちろん、今朝の地元紙(下野新聞)でも写真入りで掲載


    天空に一番近い花というキャッチコピーが似合う花

            ズバリ”青いケシの花”です


      いつが旬ですか?  ”今でしょう!”

P1220288.jpg

        今日の天気は今にも雨が降りそうな...

          でも何とか曇り空が持ちそうな予感? 

    そんな天気で誰が遠い日光・上三依まで出かけるか

       ケン坊家から1時間50分...やっと到着!

P1220405.jpg

       せいぜい、駐車場も2~3分の入りかな~と

            甘く見てゆっくりと参上した...

      ところがギッチョン! 正規の駐車場は満杯で

        反対側の臨時駐車場(草むら)へ誘導!

P1220402.jpg

  突然の情報で動ける年代...リタイヤ組ですね>笑<

      前を見ても後ろを見てもケン坊より先輩が多い

             みんな大きなカメラを抱えて

   普段は静かな植物園も、この日は敬老会で大賑わい!

       今週末は天気が悪いが混雑が予想されます

P1220398.jpg



  以下、今回は”高根のケシの花”に限定して報告です!

P1220282.jpg

P1220283.jpg

P1220323.jpg

P1220324.jpg

P1220325.jpg

P1220328.jpg

P1220331.jpg

P1220381.jpg

P1220330.jpg


   駐車場の混雑振りは上三依水生植物園でも予想外?

             出口に向かうにも列ができてる

   特に高齢者の運転なのでスムーズに出ません>笑<

P1220407.jpg


 飛び込みネタですんまそん 次回は何にするか迷ってます


【下野新聞の記事から】 25/6/11付

日光市上三依の上三依水生植物園で「天空に1番近い花」と言われるヒマラヤの
青いケシの花が見ごろを迎え、来園者を目を楽しませている。

青いケシは、標高3500~5千メートル級の山に生息する植物で、株の状態や
天候などの条件がそろわないと生育は難しいという。同園は約10年前から植栽を
始め、現在は約500株を育てている。

同園によると、花の大きさは直径10~15センチで、ことしは例年よりも10日ほど
早い5月下旬から咲き始めた。6月いっぱい観賞できる。


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
前日光ハイランドから”山つつじの咲く横根山”へ
2013-06-11-Tue  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/06/03撮影 【日光の旬ネタに負けて掲載が遅れてしまったが...再登場!】


       前回報告の”井戸湿原”と同じハイクコース

           分けて掲載することも無かったが

    一応”栃木百名山・横根山”に敬意を表して



  前日光ハイランドロッジから未舗装コースをトコトコ歩く

       青い空とズミの白さ、そして赤いヤマツツジ

        気分も最初からハイテンションに>笑<

P1210907.jpg

   5~6分砂利道を歩くと途中から横根山コースへ入る

P1210908.jpg

        新緑に薄日が射して明るい中でのハイク

  コースにはヤマツツジが咲いていて新緑に融和してます

P1210909.jpg

     コース途中から牧場の柵付近に近付きパチリ!

           なかなかの展望にケン坊も満足

    山並み中央の三角に尖った山は”皇海山”かと

P1210913.jpg

      林の中は”エゾハルゼミ”の合唱で賑やかです

              蝉の抜け殻もアチラコチラに

         しばらく耳から鳴き声が離れず難聴に?

P1210915.jpg

     出発して20分弱で山頂です あっという間でした

           標高は1373㍍なんですが...

   発光路あたりから数時間かけて登れば感動したかも?

           P1210917.jpg

      俄かな陽射しに写真もイマイチ(技術不足!)

P1210916.jpg

    ケン坊の気持ちは井戸湿原の景色に向いていて

            山頂には長居せず即下山...

     ズミとヤマツツジのトンネルを潜って下山します

P1210918.jpg

     井戸湿原の領域は鹿から守るための防護ネット

  この柵の中は井戸湿原です...前回報告へと続きます

           P1210919.jpg



         さて、井戸湿原への取り付け道路には

        ヤマフジがアッチコッチ他の樹木に絡んで

            綺麗な紫の花を咲かせています

P1210977.jpg

    道路まではみ出して...思わず車を停めてパシャ

P1210980.jpg


       さて、井戸湿原からの報告は終了ですが...

         次回以降は寄り道先から掲載で~す

ページトップへ  トラックバック0
日光遠征の最後は久し振りに”栃木百名山・高山”を登ってみた
2013-06-10-Mon  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
25/06/06撮影 【帰りは花より高山登山が主役! 竜頭の滝からの登山はキツイ?】


 千手ヶ浜のクリンソウを後にして湖岸を歩いて竜頭の滝へ

      そう思って出発した筈なのに...それなのに?

   高山への分岐近くでkimichanのブログ話に急変した!



        千手ヶ浜から竜頭の滝への湖岸コースは

           所どころにヤマツツジが鮮やかに

P1220176.jpg

    新緑も深まりつつありますがヤマツツジが映えます

P1220177.jpg

               間もなく高山への分岐に

      ”熊窪”の景観の良い湖岸を眺めてから高山へ

P1220179.jpg

        ここから先ずは無名峠へ向けて出発です

     定番の”クワガタソウ”がしばし楽しませてくれた

P1220181.jpg

P1220180.jpg

        何か変? ”無名”という名の峠なのか?

           ガイドブックには”無名峠”とある

P1220184.jpg

  シロヤシオの木が多く”大入道”の花回廊に負けない?

        今度はシロヤシオの旬に歩いてみたい

P1220185.jpg

       山頂に近付くとシロヤシオが咲き誇っている

P1220191.jpg

      そして2度目の高山・山頂で三角点にタッチ!

              高山の標高は1667㍍...  

 湖面の標高が1269㍍なので湖岸との標高差は約400㍍だ

           P1220195.jpg

       山頂には平日なのに4組が休憩してました

  もちろん登山中も十数組とすれ違ったので寂しくないです

      異口同音に”クリンソウ”を見るためという

P1220197.jpg

 いよいよ下山...逆コースを降りても下りはきついです

     木々の間からチラチラと”戦場ヶ原”も見え隠れ

P1220199.jpg

          色が褪せつつある大きな”アオダモ”

P1220201.jpg

         アズマシャクナゲの群生がありましたが

           ピーク過ぎ全体的には見苦しい?

P1220202.jpg

    高い所に未だ観られるシャクナゲがあったので...

P1220205.jpg

   何度もアップダウンを繰り返えすが基本は尾根歩き

   横に踏み跡があったので(眺望期待)辿ってみたが

   全く展望はなし...戻る途中ギンリョウソウを発見

    転んでもタダでは起きないケン坊の執念>笑<

P1220209.jpg

          かなり下山して山歩きも楽になった頃

              ”ルイヨウボタン”を発見!

         別の花を撮ろうとして偶然に目に入った

P1220212.jpg

P1220211.jpg

     最後の厳しいアップダウンを過ぎると出口でした

           P1220214.jpg

    赤沼駐車場へ向けて最後のハイクで見かけた花?

       名も無い(名前が判らないだけ)蕾? 実?

P1220227.jpg


赤沼駐車場~戦場ヶ原~小田代ヶ原~千手ヶ浜~(熊窪)~
  (8:00発)

       高山~竜頭の滝~シャクナゲ橋~赤沼駐車場
                                     (14:00着)

休憩入れて約6時間の花旅・山旅は終了です


           次回は少しカレンダーが戻る予定

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
日光の湿原(戦場ヶ原&小田代ヶ原)に咲く花
2013-06-09-Sun  CATEGORY: 日光・今市・湿原
25/06/06撮影 【花の名前は難しいですね~ 一応、候補名を記入しましたが】


戦場ヶ原・小田代ヶ原は初夏から秋にかけ高山植物も豊富

                今回の湿原歩きでは

        目新しい植物は見つかりませんでしたが

  以下、植物の名前は暫定で候補名を記載しましたので

         ご存知の方...お手数でもご教授を!



シロバナヘビイチゴ?

P1220100.jpg

ウマノアシガタかな?

P1220102.jpg

      青木橋を過ぎ、小田代ヶ原との分岐で発見?

         何度も通過してるのに気付かなかった

    初めて見る”エンレイソウ”の仲間の姿に感動です

  ブロ友:亀さんのブログへのコメンティータさんの情報では

         多分”ミヤマエンレイソウ”かも
      (花が完全に横を向いているのが特徴だとのことなので...)

P1220106.jpg

       こちら(↓)やや薄紫がかったピンク系の色

P1220107.jpg

    こちら(↓)は完全に”白色”ですが姿は同じです

P1220108.jpg

     周囲を見わたしたら直ぐに数本見つかりました

          写真撮ってると後から4人組がきて

     これ凄い!と言いながらポジションを取られた!

P1220109.jpg

お馴染のマイヅルソウ

P1220112.jpg

ツマトリソウ(花弁7枚)

P1220116.jpg

ツマトリソウ(花弁8枚)

P1220121.jpg

             ツマトリソウ(開花直前か?)

           P1220117.jpg

        戦場ヶ原から小田代ヶ原へ移動すると

             風景も少し変わります...


スダヤクシュの密集

P1220123.jpg

ミヤマツボスミレのようですね

P1220125.jpg

ミツモトソウにも似てるが...違うかな?

P1220130.jpg

   湿原の中にシラカバが林立する光景が目立ちます

P1220126.jpg

          もちろん”貴婦人”も健在です!

P1220131.jpg

       次回の予定は”日光・高山”から???
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報! 日光・戦場ヶ原では”ズミの花”がピークです
2013-06-08-Sat  CATEGORY: 日光・今市・湿原
25/06/06撮影 【前回の千手ヶ浜:クリンソウに続き、今回は戦場ヶ原のズミ!】



     いま 日光の戦場ヶ原はズミの花のオンパレード

         真っ白い花が戦場ヶ原を席巻してます

  開花直前の赤い蕾や開花間もないピンクの花が綺麗!



  赤沼の駐車場から戦場ヶ原へ...いきなりズミの大木が

P1220040.jpg

 男体山をバックにズミ...白い花は写真では目立たない!

       ケン坊の肉眼では結構満足なんですが...

P1220065.jpg

      湯川に沿って木道を歩くと川辺に真っ白なズミ

P1220043.jpg

        戦場ヶ原のワタスゲも負けてはいません!

P1220047.jpg

         前夜の雨で心なしか少し萎んでるような

P1220070.jpg

   木道には...今日はヘルメットを被った作業員が多い

      何の工事?  ズバリ”木道の工事”でした

     朽ちている場所が多く全面的に架け替えるみたい

P1220050.jpg

P1220058.jpg

      おぉ~ これって”展望デッキ”でも造るのか?

          これまでワタスゲは近くに見えたが

  ズミや白樺などの木々が邪魔して撮りづらかったため

 勢い木道から湿原に分け行って...そんな輩が多かった

        こんな場所が数ヶ所も出来そうな感じ?

P1220048.jpg

    上半分が淡いピンクで下のほうが白い木もあります

P1220051.jpg

    ズミの咲き始め(蕾)は赤...徐々にピンクになり

          ピーク時には真っ白に変化するズミ

         こんな咲き始めの木は少なくなってます

P1220068.jpg

P1220052.jpg

P1220073.jpg

        そして湯川とのコラボも魅せてくれます

P1220060.jpg

            青木橋の袂に咲く名物のズミ?

P1220085.jpg

P1220089.jpg

P1220088.jpg

           P1220096.jpg

        これはまるで”オオデマリ”のようなズミ!

P1220103.jpg

             ズミの花の正体はコレです...

P1220104.jpg


   次回は戦場ヶ原・小田代ヶ原に咲く花です!

ページトップへ  トラックバック0 コメント9
情報! 日光千手ヶ浜のクリンソウは?
2013-06-07-Fri  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
25/06/06撮影 【少し早いかな? と思いつつ車は日光・赤沼駐車場へ向かう!】


 天気は悪いが休みだったので日光へ開花状況を確認に!

     この時期、日光と言うだけで感づかれてしまう?

   そう ”日光・千手ヶ浜のクリンソウ”です!



           結論!  3~4分咲きかな?

      少なくても1週間程度早かったかも知れません

P1220171.jpg

          それでも一部では綺麗に咲いていて

   それなりに見られました...あくまで”それなり”

P1220137.jpg

    株数が少ないです...成長過程にある株も多数!

P1220139.jpg

            咲いてる花はまずまずでしょ?

P1220143.jpg

             タイミングが早かったせいか

       どの株も元気一杯で花も葉もハツラツです

P1220147.jpg

       大きな株もあります いろんな紋様の花も

P1220154.jpg

           クリンソウは水辺が似合うのか?

P1220155.jpg

       水辺にはこんな花も顔を見せてくれました

P1220166.jpg

            こちらはニリンソウでしょうか?

P1220169.jpg

お出かけの際は最新の情報をご確認のうえ

          あくまで自己責任でお願いします

P1220175.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
ブログ”ケン坊の日記”が1461日(丸4年間)連続掲載記録を達成!
2013-06-06-Thu  CATEGORY: あいさつ
【ブログ4年・1461日連続掲載(ブログ数1743件)を達成!】


                   継続は力なり  

 1461日連続はケン坊にとって金字塔です!


            振り返れば21年6月6日がスタートでした。


       これも皆様の暖かい訪問・コメントのお陰です

                  ありがとうございました

          もちろん、この4年間には体調の関係で

            途中かなり厳しい時期もありました

    ネタ不足もさることながら機器による危機もありました

   何はともあれ、4年続いたことは事実で自信になりました

  今後は継続を意識せずケースbyマイペースで対応します!


         ケン坊としては連続掲載には少し疲れた

          4年の区切りで卒業と思っていたが...

  魔女から”4年は半端、5年にしたら”との助言?


 無責任な魔女の言葉ですが出来る範囲で頑張ってみます!





                   ついでですが...

      ブログ訪問カウンターが150,000件に!

    カウンターセット(21/7/12)から3年と10ヶ月余...

            ケン坊には早すぎる”15万件”

 (最初の1万件に10ヶ月を要したのを考えると...想像を遥かに超えたスピード)

P1210700.jpg

          ケン坊の日記ではいろんなネタ?を

    ネタというよりも”ケン坊家の暴露版”ですね!

 山あり 花あり グルメ?あり そしてイベントに孫...等々


               【訪問者カウンター記録】

               :カウンターセット開始 21年 7月12日
               : 5万件達成が 23年 8月18日
               :10万件達成が 24年 7月14日
               :15万件達成が 25年 5月24日

     皆さんには他愛も無い数字かも知れませんが...



  今年も新しい訪問者に恵まれました。新しいコメ仲間にも恵まれました。
  コメ仲間のブログを見させていただくことで多くの知識・情報を得ることができ、
  初めての場所やグルメに出会うことが出来ました。

  懇意にして頂いているブロ友さんや、影から応援してくれる皆さんのお陰です。
  大いに感謝感謝です!
  もう少し頑張ろうかなと思ってます...孫たちが判るようになるまでは>笑<



     これからもお付き合いのほど宜しくお願いします



ページトップへ  トラックバック0 コメント14
湿原の中に”シロヤシオ”が咲くとは知らなかった
2013-06-05-Wed  CATEGORY: 日光・今市・湿原
25/06/03撮影 【井戸湿原でこんな光景見るのは初めて! マサカのシロヤシオ!】


    天候がまずまずとの予報に(魔女にフラれ)単身で

 向かうは”井戸湿原(前日光牧場)&横根山”

P1210951.jpg

   ”五大湿原”という特集記事(地元紙)の対象湿原は

                 コ ↓↓↓ レ

尾瀬・鬼怒沼・井戸湿原・駒止湿原・沼原湿原

        一番少ない鬼怒沼も5~6回行ってるので

自分では”グランドスラム・V5”を達成してると自負?

    今回はその中から敢えて”井戸湿原”を指名した

P1210924.jpg

  トウゴクミツバツツジは既に終焉との情報で諦めてたが

       シロヤシオもピークは過ぎたという情報も?

  どうしてどうして...まだまだシロヤシオは見られました

P1210926.jpg

   しかもアチコチでヤマツツジとのコラボに酔いました~

P1210929.jpg

     今回は陽射しとの駆け引きに負けてるケン坊!

           カメラを向けると薄い雲に遮られ

      歩き出すとサァ~っと陽が射すという繰り返し

       何故か”湿原”の中にシロヤシオが群生?
 (湿原に咲くシロヤシオは初めて? シロヤシオは山の花のイメージしか無い)

P1210931.jpg

   レンゲツツジ(手前の濃い花)もチラホラと咲き始め?

P1210936.jpg

     紅白のツツジが織り成す光景はもう堪りません!

P1210937.jpg

     見上げるシロヤシオ...未熟なので恥ずかしい

P1210939.jpg

P1210942.jpg


      もうこの先は写真だけでご勘弁を願うしか...

P1210945.jpg

     と言いつつ、またまた出しゃばって...>笑<

P1210947.jpg

      井戸湿原の中を一本の木道が走ってます...

           P1210950.jpg

       平日なので訪れたハイカーは少ないですが

    皆さん、この光景には満足して歩かれたと思います

P1210960.jpg

  これまで十数回も訪れているが今回見る光景は最高!

     多分ですが、かなり伐採した跡がありました...

          つまり不要な雑木を伐採したことで

 ヤマツツジやシロヤシオが群生(密集)した光景に変身?

P1210961.jpg

   井戸湿原周回コースには目立たない花も少しだけ?

     これは”マイヅルソウ”の花 咲き始めです

P1210963.jpg

          コチラは”ズミとヤマツツジ”です

P1210966.jpg

     最後はズミの花...いまズミの花も真っ盛り!

P1210974.jpg

    いや やっぱり最後はコチラ(↓)で報告完とします

 ヤマツツジも真っ盛りで湿原周回は楽しいお散歩コースに!

P1210932.jpg

               次回は”横根山”か?


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
日光二荒山神社境内で”日光三山”を踏破出来る?
2013-06-04-Tue  CATEGORY: 寺社仏閣(世界遺産)
25/04/17撮影 【思い切って掲載しちゃいます...内容的には見るものは無し!】


 1ヶ月半前のネタも...ブログ継続のために貴重かな?

      勤務が立て込んでネタの仕入れが不足気味

  ネタにならない写真も無理矢理に登場させないと...


      今回は”日光二荒山神社”で見た光景
           (何回か訪れているが、ここは気付かなかった)


        二荒山神社境内の数あるパワースポット

 その中の一つ”二荒霊泉”の鳥居を潜らず左へ進むと...

P1200258.jpg

       前からあったのか? 古くもない石の鳥居

P1200250.jpg

 鳥居を潜ると? お賽銭箱の奥に賑やかな立て札群...

   大きな立て札は大きな木の名前だったと思います?

P1200251.jpg

                傍らの案内板によると

    ここは”日光三山を遙かに拝む場所”とある...?

    登山出来ない方のための場所かも知れませんね

           P1200253.jpg

          主祭神  大己貴命   ・・・男体山

          妃神    田心姫命   ・・・女峰山

          御子神  味耜高彦根命・・・太郎山


         仲睦く寄添う三柱の御祭神にあやかり

           皆様の家族円満をお祈りしましょう

P1200252.jpg

      女峰山は未だ未踏だけどココで登ったことに?

         う~ん それはケン坊の心が許さない!

P1200254.jpg


       さて今年は”女峰山”を征服できるかな~

            何とかクリアーしたいのだが...


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
江戸と日光の新たなつながり... ”東照宮五重塔心柱特別公開”
2013-06-03-Mon  CATEGORY: 寺社仏閣(世界遺産)
25/04/17撮影 【いつかは見たいと思っていたが、弥生祭のついでに寄り道を!】



   あれは4月中旬だから~ 1ヶ月半も前のことでした!

        日光弥生祭のときに立ち寄った場所...

オーバーですね 二荒山神社の隣なので通り道でした>笑<


        ”東照宮五重塔心柱特別公開”


           P1200176.jpg

          今さらですが、スカイツリーの関係で

    俄かに脚光浴びたのが”五重塔(東照宮)”でした

         4月末で特別公開が終了するので...

   ところが後日、更に公開を延長する報道がありました
     (しかも入場料が300円から200円に値下げ...失敗したかな?)

           P1200292.jpg

    公開は入口の反対側一ヶ所、数段登って見学です

           心柱...もちろん撮影禁止でした

              コレは案内板を撮ったもの

           P1200284.jpg

            見学を終えて脇へ回ったら...

       1層の床下部分から中がすけて見えました

         心柱が浮いているのが確認できます!

P1200288.jpg

    一層目には多くの彫刻が...十二支の彫刻なども

P1200289.jpg


【日光東照宮五重塔】 ネットより

日光東照宮五重塔は、塔の中心に心柱(しんばしら)が据えられ、その優れた
耐震構造は高く評価されています。

昨年グランドオープンの東京スカイツリーもこの耐震システムを応用して設計
されたものと言われています。

また五重塔の建つ場所の標高は、奇しくも東京スカイツリーとほぼ同じ高さで、
今回、日光東照宮により、東照宮400年祭(2015年)のプレ企画として、特別
公開が行われています。

五重塔の初重(一層目)の内部の金に彩られた心柱等がご覧になれます。また、
初重外回りの十二支の彫刻がご覧になれます。

平成24年5月22日(火)~当分の間
4~10月:8:00~17:00、11~3月:8:00~16:00(最終受付は30分前まで)



   特別公開の入場記念に”クリアファイル”がもらえます

           P1200604.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
足利の大坊山歩きでお世話になった”長林寺”
2013-06-02-Sun  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
25/01/05撮影 【自分が理解しないままの掲載は違反? ですよね~ でも...】


  あれから5ヶ月弱...随分と月日が流れてしまいました

      写真に撮ったもののケン坊のネタには無理?

 ブログの多くをネットから引用し今回の報告とします>謝<


                      さて

   長林寺...足利には同名のお寺が2ヶ所ありますが

          今回は”山川の長林寺”です

    先日の七福神巡りでも同じ名前のお寺があったが

  今回は、大坊山の山歩きで駐車場をお借りたお寺さん!


【山川の長林寺のあらまし】ネットから

寺の名前はもとは金剛山香華院東林寺といい、今から500年ほど前、明応8年
(1499年)に常陸国河内庄小茎郷(いまの稲敷郡茎崎町あたり)に創られました。
寺を開いたお坊さんは天助高順という方です。
天正時代、7代目の源室永高さまのころ、戦乱のために寺を焼かれ、現在地に
引っ越してきました。
寺の再建に全面的に協力してくれたのは、戦国武将として有名な上杉謙信輝虎
公です。(天正19年(1591年)に今のお寺の名前になりました)
謙信公が派遣した川田豊前守・石川主水・安藤帯刀らの家臣はこの地に住みつき、
以来子孫の方々が他のお檀家とともに寺を守ってきました。

小田原の大雄山最乗寺との古くからのご縁で、東大平山の山腹に道了尊が祀られ
ており、毎年5月には盛大な祭りが開かれています。 
建物は宝暦3年(1753年)と文化11年(1814年)、2度の大火に見舞われて焼失
しましたが、弘化4年(1847年)から再造営され、さらに31代目の宗嶽昭文さまの
代に全体の再整備がおこなわれました。
現在の住職は32代目で、古い灌漑用溜池の改修や庭園の整備などの環境保全
事業に取り組んでいます。
寺域の全体(境内地1万坪・山林10ha)が山川長林寺公園として開放され、市民の
憩いの場となっています。


P1170370.jpg

すくいの井戸(おたすけの井戸) HPからの抜粋

長林寺の山門前に”おたすけの井戸”があります。かつてはこんこんと清らかな
水を湛え、涸れることがなかったと申します。
不思議にもこの井戸は寺の本堂裏の瓢箪池と水脈が通じていたそうで、瓢箪池に
水のある限りこの井戸も涸れることはなかったのだそうです。

なにゆえにおたすけの井戸と呼ばれたかというと、この井戸の水で身体を清めて
から山内に入りますと、なんぴとでも命の保証が与えられたからです。

犯罪を許すべきでないことはもちろんですが、むかしは濡れ衣を着せられるものも
多かったようですし、

それでも情け容赦のなく厳しい代官の追及の手は伸び、圧政の封建の世にあっては、
寺は弱き庶民たちにとって、いのちのきわの救いの場所でした。

この井戸の水で身を清めて山内に一歩入ると、その方は安全と安心を得ることが
できたといわれます。

というのも、寺は当時は寺社奉行の管轄で、一般奉行所の権限は及ばないところ
だったからです。



P1170369.jpg

        歴史ある山門...雰囲気が良いですね

P1170371.jpg

                山門を潜ってビックリ! 

        左手に大き目の石(岩)がゴロゴロしてる?

          ナニナニ? 石には”庚申”の文字が

   山や寺社周辺を歩くと”庚申の塔”を良く見かけますが

        こんなに纏まった庚申の塔は初めてです

P1170372.jpg

    多くの庚申塔の一番上(真ん中)に青面金剛が...

          知識がないので多くを語れませんが

   たくさんの庚申塔、交通の要所にもなっていたようです

【庚申塔(庚申塚)とは】 ネットから

庚申塔は庚申塚ともいい、中国より伝来した道教に由来する庚申信仰に基づいて
建てられた石塔のこと。
庚申講を3年18回続けた記念に建立されることが多い。塚の上に石塔を建てること
から庚申塚、塔の建立に際して供養を伴ったことから庚申供養塔とも呼ばれる。

庚申講(庚申待ち)とは、人間の体内にいるという三尸虫という虫が、寝ている間に
天帝にその人間の悪事を報告しに行くのを防ぐため、庚申の日に夜通し眠らないで
天帝や猿田彦や青面金剛を祀り、勤行をしたり宴会をしたりする風習である。

庚申塔の石形や彫られる仏像、神像、文字などはさまざまであるが、申は干支で
猿に例えられるから、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿を彫り、村の名前や
庚申講員の氏名を記したものが多い。

仏教では、庚申の本尊は青面金剛とされるため、青面金剛が彫られることもある。
神道では猿田彦神とされ、猿田彦神が彫られることもある。
また、庚申塔には街道沿いに置かれ、塔に道標を彫り付けられたものも多い。
さらに、塞神として建立されることもあり、村の境目に建立されることもあった。


P1170373.jpg

      正面を見ると立派な本堂がデェ~ンと鎮座!

         福聚山・長林寺、曹洞宗の本堂です

          広い境内も整備が行き届いてます

  手前右の大きな石碑には”南無釈迦牟尼仏”の文字が

P1170375.jpg

                     鐘  楼
   (残念ながら鐘楼のそばに立つお坊さんを確認するのを忘れました)

P1160638.jpg


                 道元禅師救道の像

           P1160715.jpg

              仏陀のことば(慈しみ)です

    碑には”一切の生きとし生けるものは幸せであれ
                      
                      
                      
    この世ではこの状態を崇高な境地と呼ぶ”と...

P1160716.jpg

    本堂の直ぐ近くに”天狗の投げ岩”と書かれた碑?

               何かと思って見てみると

   後に大きな岩がありました...天狗が投げた岩か?


【ここでいう天狗とは】 ネットから抜粋

もちろん寺の鎮守である道了大権現(道了さま)のことです。道了さまの神通力は
まことに偉大なもので、昔から不可思議な出来事がございますと、なんでも道了
さまのお力によるものと、この寺では信じられてきました。

本堂の前に、山石が一つぽつんと据え置かれてますが、これが、かの天狗の投げ
岩で道了さまのお力をしめす動かぬ証拠の品だと言われます。

なんの変哲もない山石ではないか? よく眼を凝らして見ると岩の表面になんとなく
指のあとのような窪みが見えるらしい。

風雪に耐え、幾星霜を経た岩です。それとなく何となく痕が残っている。
そこになんともいえぬ奥ゆかしさが漂っているとも...

 
P1170377.jpg

      長林寺本堂から大坊山ハイクコースを歩いて

           10分もすると朱塗りのお堂が...

              そう”道了大権現”です

P1160645.jpg

【道了大権現とは】 ネットから抜粋

天正の時代、第7世の中興源室永高様がこの地に長林寺を移創された頃は、
関東地方ではまだ血なまぐさい戦乱が続いておりました。

その上に干ばつと飢餓、洪水に疫病と繰り返す天災人災の世に、住民たちは
それこそ塗炭の苦しみにあえいでいたという。

その時分、この地域もちょうど日照りが続いていて山内の水は涸れ、門前の
農家の方々も飢餓に瀕していたという。

何故か、おどろおどろと鳴動を続ける東大平山、修行を行っていた衆僧たち
のなかにも病人が相次ぎ、禅師さまのお心は大変お痛みであった。

ところが、ある夜のことそうした禅師さまの夢枕に道了さまが現われ...

「われは道了大菩薩なり。汝、源室よ 最乗輪番の身をもって我を忘るること
なかれ。汝、速やかに東大平山・岩富士のもと、寺を臨みて我を祀るべし。
しからば鳴動治まりて山下千古の水を湧出せしめん。箱根の水なり」と申さ
れたそうでございます。

またさらに、山内の疫病のために、

 「爾今毎朝、梅干三個を食すべし」と申されて、姿を消されたそうです。

道了さまのお姿は、白髪・白髭・白衣であったとのことですが、これは山川
の地域の鎮守で白髭神社にも通い、また箱根権現にも通う言い伝えです。

箱根権現と申すのは、最乗寺の権現水をくださった神で、恵明禅師の夢枕に
立たれたといわれております。

さて、源室禅師さまは夢より覚め給うや、はたと膝をたたかれまして、早速に
最乗寺に拝登されまして、道了さまを拝請なされたという。

東大平山岩富士のもとに一宇を建立され道了様をお祀りいたしましたところ、
たちまちに鳴動はやみ、山麓より泉が湧き出し約一畝に及ぶ猿ヶ池湿地帯
が現出したのでございます。

以来400年間、どのような日照りにも涸れることなく、また権現池より西の
水が白濁し、鉄分が多く洗濯にも向かない悪水だったが、この水だけは清く
澄みきった水であったとのこと。

この水脈は東大平山沿いに、国道(現在の県道)近くまで清冽な水を流して
いたといわれてますが、寺でも戦前までは、この水を筧で引いて使っており
ましたし、徳川末期にはこの水を本堂裏の瓢箪池に落としていたという。


           P1160646.jpg


        やっぱり長林寺のブログは重たかった~

               ケン坊には無理だった!  

       ネット検索もどれが的を得てるのかも判らず

                ごめんで~す!


【参考】

  長林寺のホームページ

ページトップへ  トラックバック0
<< 2013/06 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.