ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
速報! 日光・湯西川温泉の紅葉は見頃です
2012-10-31-Wed  CATEGORY: 花紀行(紅葉の名所)
24/10/30撮影 【まだまだ見られます...というより今が最高の紅葉かも?】



          リンゴさんの情報で姉たちを連れて

     湯西川温泉へ”紅葉狩り”に行ってきました

            今週末ごろまでが見頃かも!
     (霜に3回当たると色がくすんでくるとの事...この日も霜降が)


           ここは(↓)お馴染みの場所です...

P1140337.jpg



P1140379.jpg



P1140395.jpg


          詳細は気が向いたら...にします

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
没後100年! 田中正造の”生家と墓所”を訪ねて
2012-10-30-Tue  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
24/09/19撮影 【歴史とくに偉人を伝えるのは難しい! 従って観たままを...】


    最終回は郷土の英雄”田中正造の生家”編です

        いつも渡良瀬遊水地だけで終えていたが

      一歩踏み込んで関連する土地の一部分を歩こうと



     場所は小中町で佐野郷土博物館から車で10分弱?

           月・水・金・お盆と年末年始が休館日



            こちら(↓)の道路に面した家は

   田中正造翁が”親たちに建てた隠居所”です

  家の前に案内板があり”生家”と勘違いする人も多そう?
             (案内板をよ~く読まないと勘違いです)

P1120557.jpg

              隠居所の案内板です...

P1120558.jpg

          隠居所の表門を裏側から見ると...

      一間一戸の腕木門と呼ばれる形式だそうです

    門の右側に男子便所(その右は女子)が見えます

        便所は間口2間、奥行き1間の大きさで

     屋根切妻造りの小さな建物になっているとのこと
        (右手の桜の木が邪魔して全体が見えませんが...)

P1120573.jpg

     道路拡張の関係で、4㍍奥に移動したとのこと

   翁の生家は、この隠居所の裏側に...後ほど紹介!


        最初は隠居所の引き戸を開けると...
          (もちろん入館料は有料(@300円)です)

P1120559.jpg

        年配のボランティアの案内人が出てきて

     ”宜しかったら生家全体をご案内します”だって
         (何も判らないケン坊...もちろん依頼しました)

       隠居所へ入って直ぐの土間からみた床の間

     部屋には翁ゆかりの品々や資料が飾られてます

P1120568.jpg

          ”本日休業”の看板に《遺品》の表示

     翁の直筆の看板...何のお店だったのかな~?

             油を扱う商家だったようです

           P1120595.jpg

    奥の土間と左手の板の間はお勝手のようです...

     その更に左奥の部屋はボランティアの詰め所に

       詰め所奥から狭いですが階段がありました

↓は2階から階段を見たもの(結構急です)
P1120592.jpg

   2階には床の間や納戸も含め5部屋も...広いです

                でも天井は低いです

P1120591.jpg

    部屋には翁や友人の縁の品々や写真等の資料が

P1120593.jpg

        隠居所の裏口を開けて外に出ると...

   そこには”翁の生家”が手入れされた庭の奥に

P1120586.jpg

↓ 正造翁邸 母屋の案内板
P1120584.jpg

        母屋の屋根は、本来”藁葺き屋根”だが

       管理上と防災の観点から藁葺きを型どった

       銅板葺きにして往時の姿を再現したという



            ボランティアの方が言うには...

     ただ、翁が”足尾銅山の生産に反対”した”銅”で

    翁の生家の屋根を葺くことは如何かという抵抗も...
       (翁も草葉の陰で、何も判ってないな~と嘆いているかも...)

↓ 母屋を裏側から見たところです
P1120581.jpg

   庭に翁を見ていたとされる”サルスベリ”の木が...

     他の庭木は樹齢を全うして若木に交代したが

     この百日紅は、今でも夏に花を咲かせるという

   ピークは過ぎたが見事に百日紅の花が咲いてました

P1120587.jpg

              そして母屋に入ると...

       土間と板の間、そして畳の部分に分かれ

           どの部屋にも翁の資料が飾られ

     翁が使ったと思われる椅子も そして囲炉裏も

P1120582.jpg

   ザシキの間の手前”板の間”部分は竹で編んだ天井

P1120576.jpg

           奥のザシキの部屋には肖像画や

       翁が好んで書いた(直筆?)”愛”の額が

P1120578.jpg

    母屋の裏には”土蔵”もあったが今回は掲載パス!


          隠居所の道路を挟んで反対側には

    ”義人 田中正造翁 生誕の地”の標柱


P1120560.jpg

 翁の5分骨の1つがここに葬られている(面積は400㎡位)

    樹木が植栽されており手入れも行き届いています

P1120561.jpg

P1120567.jpg

      翁の墓碑は屋根付きの囲いで守られています

           P1120564.jpg

  石碑トップの”義人 田中正造君碑”の文字は読めるが

          同郷の小堀鞆音の筆により表面に

       田中正造翁の姿が彫られていましたが...

        長い年月、風雨に晒されて風化が激しく

       墓碑に描かれた文字や彫刻は見えません

           P1120596.jpg

         コレ(↓)が生誕地墓碑(↑)の拓本です

           P1120569.jpg

            ”生誕地墓碑の拓本”の説明板

           P1120570.jpg


    詳細は割愛します...とてもケン坊には無理です!

  各自で”田中正造の歴史を紐解いて”ください



【振り返りコーナー】

   田中正造の眠る惣宗寺

   田中正造ゆかりの佐野郷土博物館



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
勝利を...  リンク栃木ブレックス(JBL)の今期第7戦の結果は?
2012-10-29-Mon  CATEGORY: 県内プロチーム
24/10/27撮影 【一瞬、観客総立ちとなり盛り上がった...残り”魔の2秒”!】


      プロバスケ(JBL)のシーズンがやってきた

  県内には”リンク栃木ブレックス”のプロチーム

   結成2年目でまさかの優勝で一気に盛り上がったが

            その後、2年間Bクラス...

    一昨年は震災で尻切れトンボの6位、昨年も6位



   今シーズンもスタートダッシュに失敗し

             これまで1勝5敗の6位!

   ケン坊が応援して流れを変えなくちゃ...の想いで

      今日は小山市の県南体育館まで出張応援!

  今日の相手は”日立サンロッカーズ”で、ただいま5位



         ”開運のまち”として知られる小山の地

      江戸幕府成立に道筋をつけた小山評定の街で

  今夜はブレックスが”優勝”への足掛りを

  この橋が優勝への架け橋になってくれ~

P1140315.jpg

    マスコット”ブレッキー”もスタンドで愛嬌を振りまき

P1140314.jpg

        コートでは”シュート”に挑戦したが...
          (残念ながら2投とも入らず? いやな予感が!)

P1140318.jpg

           そして”ブレキシーのお嬢さん”も

     ダンスの合間に応援グッツの販売に精を出し...

           P1140311.jpg

    ご近所のお嬢さんとバッチリ目が合ってしまい...

       グッツの”タオル(@2000)”を買った!

  これも良いご近所付き合いを保つ一つですから>笑<

P1140332.jpg

          試合前やハーフ、タイムアウトでの

            華麗なダンスで観客を魅了! 

      近所のお嬢さんもセンターで活躍してますが

                うまく写真に撮れず

P1140319.jpg

       今回は小山の県南体育館ということもあり

       ゆるキャラ”おやまくま”くんが応援に

       顔のパーツが”小山”の文字に>笑<

P1140323.jpg

          たまには選手の近い席で見ようと

       いつもとは反対側の観覧席に座ったが...

  イベントは反対側に向かってが多く失敗でした>苦笑<

P1140327.jpg

    試合前の練習ではスリーポイントがバシバシ決まり

     今日は勝てる試合が見られると期待が膨らむ!

P1140312.jpg

        結果は...勝てた試合を落とした>悔<

       栃木:日立
 ○1P  9:20 

   ★パスミスが多く相手のボールを取られ 

 ○2P 20:14  累計29:34

   ★徐々にペースは掴むもファールで失点も!

 ○3P 23:20  累計52:54

   ★ようやく2点差まで追い詰めて逆転も可能だ!

 ○4P 20:18  累計72:72

   ★残り2秒まで1点リード...”魔の2秒”

   ★ここで痛恨のファール...相手に1点献上し同点に

 ○延長 6:13  累計78:85

   ★延長では相手のチビに掻き回されファールの連続

    遂には>涙<



 ベンチで気を落とすメンバーに冷めた視線(ケン坊だけ?)

       何しろ、パス回しやリバウンドの処理が悪く

       しかもファールが多い(審判の誤審も?)...

P1140329.jpg

         明日(28日)は勝ってくれよ~

                  そんな願いも空しく

        ブログ掲載前に負けちゃった~~~7敗目!

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
早くも”益子・生田目のコスモス祭り”は今日が最終日
2012-10-28-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
24/10/27撮影 【ハンター師匠・ひばらさんの足元にも...秋桜の終末情報です】


       2012” 益子のコスモス祭りは

    10/13(土)~10/28(日)で今日が最終日


        ケン坊が訪ねたのは最終日前日の27日

          もう咲き具合は諦めてましたが...

      どうですか この一面見渡す限りのコスモス畑

        とても最終日のコスモスには見えません!

P1140238.jpg

         現地へ行くまでは曇りがちだったのに

   俄かに陽が射す秋晴れ...コスモス色が目の前に

          何と広さが15ヘクタール!

       行けど歩けど どこまでもコスモスの花です

P1140242.jpg


P1140245.jpg


P1140247.jpg


P1140279.jpg

         コスモス=秋桜 とは上手い表現ですね

P1140264.jpg


P1140249.jpg

      ”山じゃ無い”というのに何を勘違いしてる?

   いやいや 前方に”根本山”が見えたので...つい!

P1140252.jpg

  全部コスモス畑と思いきや”赤そば”が田んぼ一枚あり

P1140256.jpg


P1140265.jpg


P1140269.jpg

       コスモス畑の中で戯れる中年のご夫婦?

P1140267.jpg

              遠くで電車の走る音が...

   ナニー SLか? 不味いぞ! と思いながら見ると

    一両編成の気動車でした...SLじゃ無かった~
        (逆サイドに居たのでアングルは良くなかったが...)

P1140276.jpg


P1140273.jpg

         地元の方々のお骨折りに敬意を表して

   お昼はコスモスを愛でながら”けんちんうどん”を...

         具沢山で美味しかったです(@300円)

P1140281.jpg

           こんなに綺麗に咲いているのに

         祭りは今日(28日)で終わりなんです

                 ということで...

  そう 恒例の”花摘みプレゼント”実施中でした

               何本でもお好きなだけ? 

P1140243.jpg

       摘み放題! 採り放題! 持ち帰り放題!!

P1140287.jpg


                     悲しいかな

       11月には耕運機で根こそぎ処分されます

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
没後100年! 田中正造ゆかりの”佐野市郷土博物館”と”まんが”
2012-10-27-Sat  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
24/09/19撮影 【田中翁について知りたくて...先ずは”まんが”で勉強!】


 田中正造の葬儀を行った惣宗寺の墓所で手を合わせた後

     近くにある”佐野市郷土博物館”を訪ねた

            惣宗寺から車で5分位の場所

     博物館に”田中正造ゆかりの博物館”の冠がある

  全体の色調がグレーで統一され落ち着いた感じの建物

P1120551.jpg

          ”田中正造の銅像” (製作者は本郷寛氏)

      道路から門を入ると左手に田中正造の銅像が

    ブロンズ像のような立派な銅像です(”等身大”かな)

           P1120553.jpg

                  と、その前に...

 門の外に”田中正造の歌碑(和歌)”がありました

   ”世をいとひ そしりをいミて 何かせん

       身をすててこそ たのしかりけれ”

           P1120550.jpg

        もう一度あの”田中翁”の銅像をドアップで

          いかにも気骨の据わった御仁(失礼!)

        さすが明治の偉人! 威圧を感じます...

     平成の世に居たなら...とても残念です

P1120554.jpg


  残念と言えば博物館内は撮影禁止でした

    ---- 翁の展示に関する報告だけ ----



【田中正造特別展示室】

【展示物等】ネットから

博物館の玄関を入ると正面には、明治期にこの地方に起こった足尾鉱毒事件
(公害問題)に命をかけた田中正造翁を顕彰する展示室が設けられています。

田中正造翁が政治家を志してからの足跡を関係資料で展示。

また展示室には黄金に輝く田中正造の像があり、この像の足元には、足尾銅山
から旧谷中村まで続く渡良瀬川の地図が記されており、鉱毒被害の流域を見る
ことができる。

このブースでは、正造の活動がビデオ放映されており、7分間と短い時間だが
良くまとめてあり、理解しやすい内容だ。


◆直訴状

1901年(明治34)12月10日、正造61歳(満年齢では60歳)。正造の考えを元
に幸徳秋水が起草し、さらに正造が加筆訂正した謹奏文(直訴状)が展示され
ている。

直訴状を現代語にすると「足尾銅山の鉱毒被害を解決するためには、渡良瀬川
の水源を清め、流路を自然に戻し、被害地の毒土を除去し、沿岸の天産と衰弱
した町村を回復させ、銅山の操業停止が急務」と訴えている。
(下野新聞 田中正造物語-24)


◆直訴当日のこと

その日は朝から晴れていたという。第十六回議会開院式を終えて皇居に帰る天皇
の馬車は、前後に百人を超える警護隊を従えて貴族院(現経済産業省別館)を
出た。

道路両側は群衆で埋まっている。馬車はスピードを緩めながら交差点を左折した。
その時、衆議院議長官舎(現中央合同庁舎第五号館別館)前から人込みをかき分
けて駆け出す男がいた。正造だった。

 「お願いでござります、お願いでござります」

外套、帽子、襟巻きを脱ぎ捨て、右手は「謹奏」と書いた直訴状を掲げている。
だが馬車の手前で足がもつれひざをついた。

道路沿いで警護していた警官二人がとっさに手を掛け、正造はあおむけに倒さ
れた。近衛騎兵がやりで突き刺そうと近づいたが、馬が暴れて振り落とされた。

この間に正造は取り押さえられていた。天皇の乗った馬車は何事もなかったか
のように走り去っていた。(下野新聞 田中正造物語-22)



   【まんが 田中正造~渡良瀬に生きる】が発刊された

    原 作:水樹涼子

    まんが:文星芸術大学

    発 行:下野新聞社

まんがは、来年没後100年を迎える正造の顕彰事業として、市と下野新聞社
が共同制作。正造の偉業や人物像が子どもにも分かりやすく描かれている。


P1120867.jpg

         ページを開くとシロ・クロの漫画ですが

             読み出すと面白いように判る

       ”田中正造”に関する本は数多くあるが...

  なかなか理解するのは容易ではないので受けるかも!

P1120870.jpg

   そのうち”直訴状を持ったしょうぞうくん”

        ゆるキャラが出来るかもしれない???

           P1120869.jpg


       次回は”田中翁の生家訪問編”です


【振り返りコーナー】

   田中正造の眠る惣宗寺
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
没後100年! 田中正造が眠る”惣宗寺(佐野厄除け大師)”へ
2012-10-26-Fri  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
24/09/13&19撮影 【今回は旧谷中村から飛び出し、田中翁の関係地巡り...】


   今年の9月”田中正造の100年忌”が行われた

                  そしてケン坊は

      9月、ラムサール条約登録・渡良瀬遊水地で

     毎度お馴染みの”旧谷中村”を訪ねていた
  (「渡良瀬遊水地=旧谷中村=田中正造」という構図が頭から離れられない)

*旧・谷中村役場跡です
P1120258.jpg

  旧谷中村の案内版(いくつかあるが今回は...コチラ)

           P1120259.jpg

 訪れる人の少ない細道は(静か過ぎて)何となく不気味!

   この先に”雷電神社跡・延命院跡・共同墓地”が...

P1120226.jpg

 延命院へ続く”延命橋” 両脇は伸びた葦が生い茂り...

P1120228.jpg

       左手の高台に”雷電神社跡”がありますが

      田中翁が村民と寝食を忘れて談義した場所

P1120229.jpg

       田中翁が最後の静養を志した地ともいわれる

  この雷電神社跡地こそが日本公害の原点地・谷中村の

         存在を証する貴重な遺跡のひとつである!


   ケン坊も田中翁を偲び、今の葦原を眺めて見ました

        いまでは休憩用でしょうか? ベンチも

P1120230.jpg

       雷電神社跡の隣りにある”延命院跡”です

【ネットから】

延命院に架けてあった鐘が、幸手市の火の見櫓で使われていることが判明し、
関係者の熱心な交渉により平成14年に戻ってきた。

延命院跡の鐘はレプリカだが、本物は藤岡町歴史民族資料館に展示してある。


    小さな鐘突き棒が下がってたが...今回はパス!

P1120233.jpg

     道挟んで反対側に”共同墓地”が大木の周辺に

         時おり縁者が手入れしているようです

P1120234.jpg




       そして来年(平成25年)、佐野の惣宗寺で

    田中正造の没後100年が催されます
            (たぶん、命日の9月4日でしょうか?)


 今更ですが【惣宗寺(佐野厄除け大師)の概要】ネットから

惣宗寺の創建は天慶7年(944)平将門の乱を平定した藤原秀郷が開基となり
宥尊上人が開山したのが始まりと伝えられています。

その後一時衰退しましたが永仁年間(1293~99)に俊海(藤原氏一族)が
再興、伏見天皇の勅願所として、転法輪院の号を賜り、領主である佐野氏(藤原
秀郷の子孫とされる一族)の庇護もあり寺運が隆盛します。

佐野氏の居城唐沢山城は慶長7年(1602)幕府から廃城を命じられ惣宗寺の
あった春日岡に佐野城を築城する事になり現在地に移されます。

佐野氏は慶長19年(1614)に突然改易となり松本へ配流されますが元和3年
(1617)に家康の遺骸を駿河国久能山から日光東照宮に移す際宿所となった
事で幕府から庇護されるようになります。

江戸時代を通して御朱印50石を拝領し、三代将軍徳川家光が参拝、文政11年
(1828)には幕府が東照宮を境内に造営しています。

また、惣宗寺は比叡山延暦寺中興の祖とされる良源を祀る佐野厄除大師として
多くの参拝者が訪れてます。境内には田中正造の分骨された墓があります。


   そう 惣宗寺には田中正造のお墓があるんです

P1120547.jpg

    ここは”佐野水子地蔵尊”としても有名です
   (また右肩さがりになっちゃいました。ケン坊家の家計と同じです...)

P1120509.jpg

         この日も花を手向ける人が絶えません

     またお堂の中には数人の方が読経されてました

P1120514.jpg

         コチラ(↓)が”春日岡山惣宗寺”です 

         田中翁が自由民権運動を始めた頃の

      演説会場などに使ったゆかりの場所でもある

P1120517.jpg




   境内の駐車場奥に”田中正造のお墓”がありました
   (ケン坊は境内を逆周り...何処にあるの?って探しちゃった>笑<)

P1120527.jpg

                 墓所の説明板です

P1120528.jpg

【なぜ惣宗寺が分骨墓所に選ばれた?】ネットから

惣宗院は田中正造の五カ所ある分骨地の一つである。生前、正造が自然石を
こよなく愛していたことから、墓石には渡良瀬川流域産の石を使っている。

その墓石の前面には「嗚呼慈侠 田中翁之墓」と国会議員時代の盟友であった
島田三郎が書いた文字が刻まれている。

なぜ分骨地の一つに惣宗寺が選ばれたのかを探ると、正造の自由民権運動当時
「中節社」の事務所がここに置かれていたことや、正造の本葬が営まれた場所
であるということが、その理由として考えられている。


【田中翁の葬儀も惣宗寺で】 ネットから

翁はここを自由民権運動の本拠地として活躍した。大正2年10月12日に
正造の本葬が当寺で執行され、渡良瀬川両岸被害地はもちろん全国各地より
関係者が葬儀に参集、その数は数万人となり、正造の終焉にふさわしい葬儀
であった。


P1120530.jpg


           なお、翁の遺骨は惣宗寺のほか

 佐野市小中町、栃木市藤岡町、館林市雲龍寺及び埼玉県加須(北川辺町)の
 5か所へ申請により分骨埋葬されているそうです。



      田中翁のお墓の前に石川啄木の歌碑が...


    夕川に葦は枯れたり

             血にまどう民の叫びの

                               など悲しきや

 
           なぜ啄木が正造の歌を?ネットから

近代日本の先駆者田中正造翁は 明治34年12月10日第15議会開院式から
帰る途中の明治天皇に足尾銅山鉱毒被害による渡良瀬沿岸農民の窮状を直訴する。

当時盛岡中学三年在学中の啄木は、この感動を三十一文字に托したと...



    啄木歌碑を建立したのは同寺住職の旭岡聖順氏

旭岡氏は昭和27年から48年まで、県立佐野高等学校で教鞭を執っていた。
そこで、同校の生徒たちが啄木の歌を通していっそう田中正造の研究を深め、
かつ社会奉仕の精神を継承していってほしいとの願いを込めて、この碑を建立
したという。



           次回も田中翁ゆかりの地から?

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
那須町指定の史跡”芦野の遊行柳”を訪ねる
2012-10-25-Thu  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
24/10/11撮影 【彼岸花を見るつもりが、思いがけない標柱が気になって...】



   県内の彼岸花で見たことの無い場所を探してたら

        蕎麦の白い花とのコラボの良い場所が

    芦野地区にあるとの情報が地元紙に掲載された
              (彼岸花は既に掲載済みです)

   残念! 彼岸花は既に盛りを過ぎてしまいガッカリ!
   (彼岸花は来年も花を咲かせるので...楽しみを先送りしたと思えば!)

そこで目にした”遊行柳(ゆぎょうやなぎ)”の標柱

        なんと那須町指定の史跡だそうだ...

P1130527.jpg

   そんなに興味がある訳ではなかったが気になって...

             神社へ続く田んぼの中道

     数十㍍先に大きな木が参道の左右に見えます

P1130529.jpg

  湯泉神社(上の宮)石鳥居の所に”遊行柳”がありました

        新しい”遊行柳”の碑や説明の石碑も...

P1130530.jpg

     左側の柳は玉垣に囲まれていたが...何故?

            実は玉垣に囲まれた柳が

  長年にわたって植え継がれてきた”遊行柳”だという

      いまは一対の柳を”遊行柳”というのかな?

   こちらは本流”遊行柳”らしく旧来の標柱や案内板が

P1130548.jpg

          そもそも”遊行柳”とは何ぞや?

    案ずるなかれ 史跡の脇には案内板がありました

【遊行柳とは】ネットから

芦野八景の一つとして知られている中に有名な遊行柳があります。この柳は別名
”朽木柳”とも呼ばれ、その昔遊行上人が
「朽ち残る 芦野の柳末の世も おとなう法の みちはありけり」
と呼ばれた事から遊行柳と云われるようになりました。

又、謡曲の遊行柳では、その昔、諸国巡歴をしていた遊行上人が奥州「東北地方」
白河の関の辺りにさしかかった折、老翁に呼び止められ「道のべに清水ながるる
柳かげ」と西行法師が詠んだ柳の木のところへ案内されたが、あまりにも古びた
様子に遊行上人が十念を授けると、いつのまにか老翁は消え去ってしまった。

夜も更けた頃、烏帽子狩衣姿の老翁が再び現れ、遊行上人が再び十念授けると、
その回向によって「草木ながら極楽往生が出来た」と喜び、幽玄の舞で応えたと
いわれています。


      どうも学のないケン坊には難し過ぎます>笑<

P1130532.jpg

       湯泉神社側からみた”見返りの遊行柳”...

P1130547.jpg


   芭蕉の”田一枚植て立去る柳かな”の句碑

   句碑は寛政11年(1799年)4月建立、碑面下部に「江戸 春蟻建立」とある

           P1130531.jpg

       蕪村の”柳散清水涸石処々”の句碑
               (柳散り清水かれ石ところどころ)

               昭和23年(1948年)に建立された

           P1130537.jpg

  西行の”道のべに清水流るゝ柳かげ

       しばしとてこそ立ちどまりつれ”の歌碑

           P1130550.jpg


       この辺は”芦野八景”と言われるという

      機会があったら”芦野八景”を尋ねてみたい!

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
日光の”元祖 ゆばそば”は風味が違う?
2012-10-24-Wed  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
24/10/16撮影 【何度も歩いてる日光の街です...まだまだ知らないお店が】



  日光の街を歩くと羊羹以上に”ゆば”の文字が目立つ

          もちろん「ゆばそば」の看板も...


     山仲間から「ゆばそば」の情報を得たので寄り道

  おぉ~ケン坊の弱い”元祖””ゆばそば”が合体!

P1140008.jpg

     大きな”手打ち生そば 魚要”の看板が目に付く

      いよいよ”元祖 ゆばそば”の暖簾を潜る
    (時間は11時半...少し早いが”流鏑馬”観光との関係で止む得ない)

P1140010.jpg

     車が1台だったのであまり期待していなかったが

     数組がテーブルで食べていた(何となくホッ!)

P1140024.jpg

    テーブルは分厚い一枚板(重厚感のある)が5個

          座敷席が2卓...既に帰った人も

P1140022.jpg

          こちらは”そば粉挽き機”です

     魚要では店内でそば粉を(観賞兼?)挽いてます

           P1140019.jpg

       そうそう メニューを忘れちゃダメですよね

         やはり”元祖 湯葉そば”は高いか~

 でも今日は(単独行だから←意味不明)自分にご褒美だ!

P1140018.jpg

      ”元祖ゆばそば”と”湯葉の由来”の説明書き

         読むと ふむ ふむ ふむ です

P1140011.jpg

        思ったより早く”ゆばそば”との出会いが

          揚巻ゆば2個、長寿揚げゆば1個と

       ぜんまい巻きゆば1個に味付け煮たものを

          暖かいそばの上に載せるんです...
            (もちろん冷たい”元祖 湯葉そば”もあります)

P1140015.jpg

    食べる前に”ゆばそば”から受けるイメージと違い

やはり”蕎麦生地に湯葉が練り込んである”訳では無かった

*長寿揚げは食べちゃったので写ってません>謝<
P1140017.jpg

      そば生地に湯葉が練り込んでありませんが

    蕎麦を口に入れると湯葉の香りがふわーっと漂い

            ”ゆば”と”そば”の相性も良し

       しかも蕎麦はやや硬め、出汁もケン坊好み

  (値段は少し高いが)納得のいく”元祖ゆばそば”でした

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
新たなイベントに! ジャパンカップもうひとつの華”宇都宮クリテリウム”
2012-10-23-Tue  CATEGORY: 県内プロチーム
24/10/20撮影 【日曜日に掲載すべきでしたが、その後に飲み会があり...】



ジャパンカップ・サイクルロードレース2012


    前日に”宇都宮クリテリウム”が開催される

   今年で3回目のクリテリウムだが着実に定着してきた

        レース参加者も見物者も...楽しみです


                  と、その前に...


         宇都宮は”ぎょうざ”が有名ですが

      シンボル”餃子の像(宇都宮駅西口)

   このたび”宇都宮地域安全運動広報官”

           P1140127.jpg

        宇都宮クリテリウムのスタートは15時半

            13時じゃまだまだ早過ぎる

        特別桟敷席も最終点検の真っ最中です

P1140132.jpg

     それならばと...頭変僕さんオススメの県庁へ

  土日開催の”食と農 ふれあいフェア2012”へ>笑<

P1140140.jpg

  何処もかしこも混んで...まさに猫も杓子も宇都宮へ

            多分、相乗効果なんでしょうね

P1140138.jpg

       再び宇都宮クリテリウムへ...まだ早い!

        久し振りに”オリオン通り”へ行ってみた

    こんな賑やかなオリオン通り見たこと無いってか?

ジャパンカップに因んだショッピングエリアが所狭しと並ぶ!

P1140141.jpg

     世の中にはいろんな才能の持ち主がいるが...

     今回の”ジャパンカップ”のイメージを描く青年!

P1140144.jpg

      さて、会場へ戻ってみるか? でも14時だ...

  どこも観客が場所取り始めていて二重三重は当たり前?

     クリテリウムにこんな集客力があるとは信じ難い!

           P1140153.jpg

        そして15時、大通りの交通規制が行われ

 会場は”スポンサー企業社員”によるボランティアで運営?

P1140155.jpg

         土日のレースに参加する選手による

               デモンストレーション

   この日、森林公園周回コースで”オープンレース”に

       参加した選手も顔見世? 華やかです...

P1140159.jpg

  地元のプロチーム”宇都宮ブリッツェン”も堂々と

P1140160.jpg

       もちろん自転車レースにも女性が進出です

    女性陣も”森林公園周回コース”で疾走したばかり

P1140167.jpg

       外国人のサイドカーからは観客を逆撮影し

   盛り上がるクリテリウムの光景を収めているのかも! 

P1140168.jpg

            本番のジャパンカップでは

 替えのタイヤ等を積んだこの種の車が一緒に周回します
  (バスタしたタイヤ交換や接触での車体トラブルに対応...チーム毎に?)

P1140182.jpg

   先導車がスタンバイしました いよいよスタートです

          一周1.55㌔のコースを20周します

      時速換算で60~70㌔のスピードがでるとか?

     ケン坊は西側のUターン場所に陣取りますが...
   (なぜ? Uターンのためスローになるから選手の顔が見えると判断...)

P1140185.jpg

   15チーム(@5人)の約75名が目の前を駆け抜ける

     スピードと駆け引き! 銀輪と人波!

P1140187.jpg

        ケン坊が陣取ったすぐ後ろのお店では

            生ライブで放送している...

      目の前を通り過ぎたら後ろ向きで観戦です!

P1140194.jpg

         色とりどりの選手のユニフォームも

 観客の中に溶け込み街の景色に馴染み目立ちません?

P1140195.jpg

          先頭集団は毎周とも数人ですが

  後はダンゴ状態で走るので見ていてハラハラドキドキ!

銀輪同士の隙間は殆どなく、いつ接触しても不思議じゃない

          抜くも抜かれも出来ないほど...

P1140206.jpg

                さて...場所移動?

      同じアングルではブログに不向きと思ったが

                これが命取りに...

      二荒山神社前が”スタート&ゴール”地点です

        もちろん特別観覧席も設けられています

P1140210.jpg

     フィニッシュしたが肝心の部分が全く見られず...

         観客の頭や応援グッツに邪魔されました

P1140218.jpg

        多分ですが、写真(↓)左から2人目が

      優勝した”マリチャ(ポーランド)”と思われます
      (写真はレース前のデモンストレーション時に撮ったものです)

P1140170.jpg


       選手の皆さん 感動をありがとう 

    素人でも”宇都宮クリテリウム”楽しめました

主催者側の発表で

   ”宇都宮クリテリウムが3万8千人”

   そして”ジャパンカップが7万8千人”

   経済効果...大いに宇都宮の街は潤いました?


 ケン坊も応援グッツを手に頑張りましたよ~

P1140233.jpg

   選手が観客に投げ込んだカードを見事にキャッチ!

P1140232.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント5
栃木県産のこんにゃくと言えば...鹿沼が有名?
2012-10-22-Mon  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
24/08/14購入 【こんにゃくゼリーも冷凍すると、夏の水菓子代わりにベター?】


   車で外出するときは”クーラーボックス”が必需品!

       最初は何を入れるという予定は無くても

  どこへ行っても道の駅が...つまり買出しが始まる?


     この日は高野山・医王寺(粟野)へ行った帰り
        (かれこれ2ヶ月以上も前の話になっちゃいました)

 トイレ休憩は口実で”にしかた 道の駅”へ寄り道?

P1100912.jpg

     西方(新栃木市)は”いちご”の産地として有名

      ゆるキャラ”キララちゃん”がお出迎えです

           P1100913.jpg

       通路のテントで”鹿沼のこんにゃく”を販売

   何気なく前を通りかかったら美味しそうな臭いが...



 栃木県産こんにゃくの消費拡大のためPR?

 といっても知識がないので買った商品を掲載するだけです


       最近では健康食として”こんにゃく”が人気

 ケン坊も衝動買いで3種類のこんにゃくを購入してみた...



        うち”そうめん&さしみ”のこんにゃくは

     そのまんま”加工しない”で食べられます>笑<

        ケン坊の腕を振るう場面がありません!


【こんにゃくそうめん】

      *野菜を載せてサラダ感覚で召し上がれ!

P1100916.jpg

P1100926.jpg


【ゆず入りさしみこんにゃく】

     *こんにゃくにゆずが練り込まれゆずの香りが

P1100918.jpg

P1110885.jpg


【手造りこんにゃく】

      *食べたい人の好みで加工(料理)して...

P1100922.jpg

   我が家では、試食してきた”こんにゃく炒め”

        鷹の爪と七味を入れて味を調整...

      旨い! 美味い! 酒のつまみに最高です

 お酒の味が判らないケン坊でも酒の量が増えちゃった?

P1130013.jpg

 そう 道の駅のテント販売所でもらった”レシピ”を参考に!

P1130015.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
JR雀宮駅西口整備完了式典&イベントが行われた...
2012-10-21-Sun  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
24/10/13撮影 【駅名は”雀宮(すずめのみや)”ですが、地名は”雀の宮”です】


   思えば去年の3月にJR雀宮の新駅舎が完成した...

     東日本大震災の直後だったので祝賀会は中止

           静かなるスタートを切りました!

                  あれから1年半 

 西口駅前広場の整備が終了、ささやかな記念式典が...

P1130727.jpg

P1140125.jpg

  ↓↓↓ 昨年3月まで使われた”旧・JR雀宮駅舎”です

P1130800.jpg

        西口広場の片隅に紅白の幕に囲まれて

  ”雀宮駅西口駅前広場完成記念式典”で市長が挨拶!

P1130736.jpg

駅前広場の一角に埋め込まれた”祈交通安全”の文字

P1130748.jpg

  文字の書き順に沿って清め酒を掛けてお浄めをします
  (交通安全祈願に清め酒は少し違和感も? まぁ硬いことは抜きにして...)

P1130747.jpg

      知事や市長によるテープカットとクス玉割り

    ミヤリーちゃんもテープカットで式典に花を添えて

P1130758.jpg

            式典をサポートする音楽隊?

  駅東に移転の”宇都宮工業高音楽部”によるファンファーレも

P1130730.jpg

        式典後も愛嬌を振りまくミヤリーちゃんに

     子供が次々と握手したり写真に納まったりして

           P1130743.jpg

 西口広場の南側敷地では地元自治会主催のイベント開催

  何しろスペースが狭く、場所に見合った規模のイベントが

   県知事も祝辞を述べられ小さいながらも箔が付いた?

P1130764.jpg

   ちゅん鍋の無料提供  ところで”ちゅん鍋”って何だ? 

  どうやら”雀=ちゅん” つまり洒落で命名したちゅん鍋!

P1130766.jpg

 見た目はとん汁に似てるが、葱や大根などの具に混じって

         地元産の”かんぴょう”も入ってました

P1130769.jpg

 焼そばや田楽、野菜や果物、漬物やお米等も安値で提供

    楽しみに訪れた地元市民 やはり年配者が多い?

P1130773.jpg

      そして地元”すずめのみや幼稚園児”による

   鼓笛隊...駅前広場が使用できれば良かったのに

  その場での演奏...親たちやジージ、バーバで混雑!

P1130776.jpg

           次いで”雀宮中央小生徒”による

 ”南中そうらん”の舞が披露...小学生とは思えない迫力

P1130795.jpg

    中学生を飛び越えて”宇工生による生バンド”演奏

P1130799.jpg

 さて広場は整備されたが、駅前通り(R4号線~駅西口)が

     昔のまんまで道路が狭くすれ違いも厳しかったが

         ようやく道路拡張工事が始まりました

 R4号線の道路も一部拡張工事が行なわれ右左折車線が

   作られるようで交通渋滞が少しは解消されるかも...

P1130725.jpg



【振り返りコーナー】

  JR雀宮駅がリニュアルオープン
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報! 2012 JAPAN CUP CYCLE ROAD RASE in UTUNOMIYA
2012-10-20-Sat  CATEGORY: 県内プロチーム


  今週末 自転車の街 宇都宮市が燃える

P1140122.jpg

      宇都宮市森林公園に世界のトッププロが集う

   アジア最高位の自転車競技大会が開催

      10月20日(土):クリテリウム(市街地を疾走)

      10月21日(日):ジャパンカップ(森林公園周辺)


   宇都宮市森林公園コースは

                  世界的な名山岳コース!


P1140124.jpg


P1140120.jpg


                     も う 一 度 

       宇 都 宮 を 赤 く 染 め ろ!

           P1140123.jpg


       トッププロのレースが無料です! 

この機会に宇都宮へ 森林公園へ 行こう! 



      【写真は地元紙&口コミ紙を撮影したものです】
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
日光東照宮の”秋季大祭《流鏑馬神事》”を初めて見学!
2012-10-19-Fri  CATEGORY: イベント(伝統歴史)
24/10/16撮影 【最近、計画性のない行動が...今回の流鏑馬も前日に決定!】



      日光東照宮の秋季大祭が16~17日で開催

   16日:流鏑馬  17日:千人武者行列
  (因みに春の大祭は5月17日~18日。若干規模は異なるようですが...)


  毎年日程は決まってて今年は平日(人出は少なめか?)

  千人武者行列は観たので今回は”流鏑馬”を見学に...



*日光をイメージするために神橋を掲載!
P1140005.jpg

   駐車場を考慮して早めに日光へでかけ会場を下見?
        (カメラアングルなどを考えながら会場を一周してました)

*約2時間前の会場(東照宮表参道)です
P1130995.jpg

              いよいよ神事が始まります

     先ずは流鏑馬神事に係わる人馬の行列の行進

P1140034.jpg

          馬上の人たちは何の役目なのか?

   放送で説明されていたが...記憶に残らず>笑<
  (神事が進むにつれて判明しました...それぞれにお役目がありました)

P1140035.jpg

   この装束・いでたち武者は本日の主役”射手”の勇姿

P1140037.jpg

           古式に則った凛々しい騎馬姿に

      カメラのシャッター音がアチコチから聞こえる

P1140041.jpg

    本日の射手は3人? 少な~ 前触れは10人と?

P1140050.jpg

        ケン坊が陣取った場所の近くで儀式が...

 どうやら射手に対し”流鏑馬”を開始せよとの指示らしい?

P1140052.jpg

      指示を受けた射手の代表が他の射手に対し

    始めの指示があった旨を一礼し射手仲間に報告?

        何とも”勇ましい武者のいでたち”です

P1140053.jpg

      コレが的です...バックは水色の布が張られ

       多分、的が見易いように配慮したのだろう

   その手前には、先ほどの行列で乗馬していた方々が

     的の手配、セット、判定等々の役割のようです?

P1140095.jpg

         そして第一の射手が向かってきました

      拍手が起きたということは一の矢が当たった?

          ケン坊の陣取った場所が良くなかった

P1140072.jpg

            アチコチからカメラを持った手が

  ニョキニョキとケン坊のアングルに容赦なく飛び込む!

       アチャ~ 全てが良い訳にはいきませんね

P1140073.jpg

          勇ましい武者のいでたちで馬に跨り

  掛け声とともに鐙矢を放ち馬場を約15秒で走り抜ける

P1140074.jpg

           あっと言う間に目の前を走りぬけ

           第三の的に向かってまっしぐら...

  あぁ~レンズ交換しておけば良かったが...後の祭り

        写真が小さくて迫力が感じられませんね

P1140075.jpg

            走り抜けた後をカメラが追うが

    コチラはタブレット? 画面が大き過ぎて迷惑かも

P1140076.jpg

           第三の的にも見事に的中です!

 三つとも的中することを”皆中(かいちゅう)”と言うらしい?

P1140081.jpg

                ? 何か変だな~ 

   後で写真見てたら被っていた筈の陣笠がありません

        多分、途中で外れてしまったんでしょうね

P1140090.jpg

        正規の射手3人による流鏑馬が終わり

      コチラは招待選手(他流試合)とでも言うか

              3人が次々と登場です

        ケン坊も場所を変えて参戦しました...

  イギリス人です 弓暦6年? 衣装が様になってます

P1140102.jpg

 残念ながら的は外したようですが...格好良かったです

     少し体格が良すぎて馬も厳しかったかも>笑<

P1140104.jpg

            こちらは”何でしょう”か?

    春の流鏑馬で準備した的板に”的中”の文字が

         これを”一枚千円”で販売です

   疑問なのは、的中と書かれた木札の量が多いこと!

 (推測)神事に際し、的板を大量に準備し一緒に御祓い

     実際に流鏑馬で使われた板は限られているので

      御祓いした木札を流鏑馬を観にきた観光客に

       ”縁起物お札”として販売する 一石二鳥?

P1140061.jpg

            ケン坊も買っちゃいました>笑<

       《的中 日光東照宮流鏑馬神事》

           P1140117.jpg

         ただし実際に流鏑馬で鐙矢が的中した

    正真正銘”的中”のお札 (鐙矢で割れた証拠のヒゲが...)

           P1140119.jpg

         さて、この縁起の良い的中のお札...

   ことしは”年末ジャンボ”に挑戦してみます>笑<


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
金精山(紅葉編)・平成24年-06(in日光)74/100
2012-10-18-Thu  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
24/10/14撮影 【奥日光の紅葉と称して掲載...ケン坊が出会った紅葉ですが】


       計画性の無い”金精山登山”でしたが

   天気や入山者、紅葉や交通事情にも恵まれた登山!

 ”案ずるよりも生むが易し” ←この考え危険です

   山は舐めたら危険! あくまで今回は結果オーライ!

           P1130855.jpg


【コース行程】(写真時計より)
 
金精山登山口(9:00)~金精峠(9:25~9:30)~折れたはしご(10:00)~

金精山山頂(10:15~10:40)~折れたはしご(10:50)~金精峠(11:15←昼食

→11:40)~金精山登山口(12:05)~湯元(12:30←あんよの湯→13:10)~

竜頭の滝(13:20~13:45)




        後編は奥日光の”紅葉”を中心に報告です


          金精山の紅葉も山頂近くは殆ど無く...

  山腹から駐車場までの紅葉が見ごろ(好みで異なるが)




              金精山と紅葉の写真5枚は

         金精峠から山寄り5~7分程度の場所

P1130878.jpg

        登山道の左手(山頂に向かって)の景色

          奥に見えるのが菅沼・丸沼ですね...

P1130881.jpg

          紅葉は色合いがあまり良くありません

   まぁ~ この辺りは赤系の紅葉が中心の紅葉ですね

P1130885.jpg

  いま降りてきた金精山ですが、見るからに険しそうです

   多分、途中から右の方に回り込んで登ったものと...

P1130890.jpg

      やはり青空と山と紅葉がセットが良いですね

P1130893.jpg

            金精峠~~駐車場の紅葉です

P1130903.jpg

           P1130909.jpg

P1130912.jpg


        金精山トンネル駐車場からの光景です

P1130916.jpg

P1130920.jpg



          早々に”湯元温泉”へ移動です

    ”あんよの湯”で金精山登山で疲れた足を癒します
P1130925.jpg

    車窓ならぬ”浴窓”からの紅葉ですが...早い!
P1130924.jpg

P1130929.jpg




        今度は”竜頭の滝”へ移動しました

     竜頭の滝の紅葉は報告済みにつき写真のみ
P1130939.jpg

P1130946.jpg

P1130954.jpg

P1130976.jpg

P1130943.jpg


           以上で奥日光の紅葉は終了です


【振り返りコーナー】

  金精山(登山編)への挑戦

  竜頭の滝の紅葉(24年)
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
金精山(登山編)・平成24年-06(in日光)74/100
2012-10-17-Wed  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
24/10/14撮影 【7月末の大倉山以来の栃木百名山...ようやく74座目です】


  この時期、日曜日しかも家を7時過ぎに出かけるなんて

     わざわざ渋滞に巻き込まれに行くようなもの...



     ところが予想に反してどうしようもない渋滞も無く

            目的地に9時に到着できました!

      竜頭を過ぎ、戦場ヶ原や湯滝を通り過ぎて...

 湯の湖の奥に小さく見える山が今回の目的の山(帰りに撮影)

P1130937.jpg

 もう判っちゃった? ここは金精峠トンネル手前の駐車場!
   (今年7月(温泉ヶ岳&根名草山への登山)に続いて2回目の利用です)

   駐車場は満車でした でも半路駐状態で身支度です
(歩き出すと同時にマイクロバスが出た~ 慌てて駐車、これで安心して金精山へ!)


     そう! 今日はあの”金精山”に挑戦します

駐車場の標高があり写真を見ると簡単に登れそうな低山?

P1130804.jpg

    金精峠までは前回も歩いたので報告済みですが

        一応順序だてて...お付き合いください

            駐車場奥の登山口から登ります 

P1130808.jpg

          いきなり傾斜のある上りが続きます

   丸太階段の段差が通常の2倍? 足が上がりません

      ケン坊の足が特に短い訳ではありませんよ!
   (写真はケン坊とは関係ありません...入山者が意外に多かったです)

           P1130819.jpg

       途中から見る景色...色づき始めた木々

        その奥に形を変えた金精山が見えます

P1130811.jpg

  金精峠が近づくと男体山や湯の湖が眼下に広がります

P1130823.jpg

        そして金精峠の奥に鎮座する金精神社

    その左奥に見える三角錐のような山が金精山です

P1130898.jpg

                  こんな看板も? 

        ケン坊たちだけではチョッと不安ですが

    数人が金精山へ登るようで後から付いて行きます

P1130828.jpg

     情報では、金精はかなりの急登ヶ所が多くあり

            厳しい山登りになると...

   ココ(↓)は神社から数分、まだまだ余裕の歩きです

P1130830.jpg

      紅葉も楽しめますが遠くの景色も楽しめそう

  見辛いですが遠くに菅沼か丸沼が小さく見えます...

P1130832.jpg

      振り返ると7月に登った”温泉ヶ岳”の勇姿が

P1130839.jpg

      それから程なくコースは厳しくなってきました

          というより厳しい上りの連続です! 

P1130846.jpg

   急登を何個も登っていると寒さなんか感じませんが

          世の中は冬に向かってまっしぐら?

            霜柱が何ヶ所かで見られ...

      霜解けで滑りやすい個所もあり要注意ですね

P1130847.jpg

   ハシゴも鉄製あり木製ありトラロープや木の根っこも

ここの木製ハシゴは途中で折れ曲がっていて何だか怖い!

  結局は脇にあるロープを利用したが...泥濘んでます

           P1130849.jpg

      喘ぎ喘ぎながら山頂へ近づいている雰囲気が

  途中で見え隠れしていた菅沼&丸沼が大きく見えます

P1130852.jpg

      その後はあっけなく山頂へ上り切りました...

    山頂にはご夫妻と、ケン坊たちの先導役?の方が

           P1130855.jpg

         栃木百名山第9座 金精山をバックに

  ご夫妻に写真撮ってもらったが、ちょっと短足で太めに?

P1130862.jpg

      魔女がいきなり”誰かさん”の真似して>笑<

        男体山に向かって何やら叫んでます...
          (この時、山頂はケン坊と魔女の二人占めでした)

P1130864.jpg

        山頂奥の樹間から西方に”燧ヶ岳”の勇姿

  一度は会津駒ケ岳と同じく登ってみたい山のひとつです

P1130869.jpg

     そして南方には”日光白根山”が近くに見えます

    左側に”五色山”があるので次回は行ってみる?

P1130871.jpg

   北方下には湯の湖から金精峠へと続く120号線が

P1130861.jpg

   もちろん日光連山(男体・女峰・大真名子・太郎等)も

  天気が良すぎて靄がかかったように写っちゃいましたが

P1130866.jpg


    上りは足元注意の連続で落ち着いて写真も撮れず

 下山時に紅葉中心に撮りました...後編で少し掲載です

         なお、コースタイムは後編に掲載予定!

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
孫娘”すずちゃん”の誕生日
2012-10-17-Wed  CATEGORY: 孫たちとの日々
24/10/06撮影 【幼稚園の運動会当日が孫娘すずちゃんの誕生日...一緒に!】


     先日、幼稚園の運動会があった日(10月6日)は

         孫娘”すずちゃんの誕生日”です

         運動会が終わった後に一緒に祝うことに


   おめでとう! もう5歳になったんだね~


P1130460.jpg

              アンパンマンが好きで...

   ケーキの上にもアンパンマンのトリオが並んでます

P1130462.jpg

            終始ニコニコ顔のすずちゃんです

           P1130464.jpg

     今日の主人公はすずちゃん...さぁ 消してね!

           P1130465.jpg

    朝、運動会を見るために行ったら、すずちゃんから

  さっそく”誕生日のプレゼント持ってきたの?”と聞かれ

     運動会が終わったらあげる...と待たせていた

P1130474.jpg

    ケーキそっちのけで”プレゼントの開封”に真剣です

   お兄ちゃんたちも”何がでてくるか”関心事なんですね

       事前にママから欲しいものを聞いていたので

  プレゼントの品には”これが欲しかったんだ~”と大喜び

P1130481.jpg


11月は長男坊の誕生日だ!

             準備しなくちゃ>笑<


ページトップへ  トラックバック0
実は一週間前に筑波山頂からも締め出しされてました?
2012-10-16-Tue  CATEGORY: 茨城の里山(筑波山)
24/10/08撮影 【那須は風で強制退去、一週前の筑波山では渋滞で退散してた!】


    どこの山に登ろうか~ 益子の雨巻山が良いかな?

         百名山で簡単に登れる山は無いの? 


  その結果”今回は筑波山で我慢するか”という

     失礼な決め方が筑波山のご機嫌を損ねたらしい!



     今年の一月に筑波山を登ってから9ヶ月が経過...

          突然”筑波山への登山”が決まり


               数多い登山コースの中から

          久し振りに”白雲橋コース”を選択
    (何故? 車の渋滞状況から比較的空いていると思われるコースを...)



【白雲橋コース概要】

  コース :筑波山神社~女体山頂間2.7㌔

  標高差 :620㍍

  タイム :登り110分、下り90分




        今日は体育の日...しかも3連休の最終日

    最近の学校は二学期制導入も増えているという...

               ここに落とし穴があった?

 紅葉には早く人気の筑波山も混まないと判断したのだが!

P1130487.jpg

      9時半...筑波山を車が登り始めて間もなく

    ノロノロ状態に...混んでるのか? 当然です!

        何とか市営第一駐車場まで辿り着いた

     満車だったが偶然にも一台出たので駐車可に!

          咄嗟の判断が良い結果を生んだ~

      身支度を整えて筑波神社まで15分弱歩いた

P1130491.jpg

  筑波神社を詣で、樹齢800年の大杉の脇を通って...

        いよいよ”白雲橋コース”へと向かう

  神社の東側を流れる千手沢にかかる橋を渡ったところに

    ”是より女體山”の立派な道標石がありました

           P1130492.jpg

      女體山への道標石から100㍍ほどで石の鳥居

    どうやらココが”白雲橋コースの登山口”のようです

P1130493.jpg

          だらだらとした杉林の上り坂を歩き

   登山口から約500㍍で迎場コースとの分岐点に到着

          左:白雲橋コース  右:迎場コース

P1130494.jpg

  少し汗ばんできた...周囲はスギやモミが茂ってます

           間もなく”白蛇弁天”の祠が 

       少々休憩してから更に先を目指します...

P1130495.jpg

      更に少し歩くとコースが段々と歩き辛くなって

            大きな岩や石ころ 泥濘も...

       泥濘はこの後も弁慶茶屋跡まで続きます

P1130497.jpg

        それからは何度も水を口に喘ぎながら

            やっと弁慶茶屋に着きました

   このコースも何度か歩いてますが今回が一番キツイ
         (湿度が高いせいだったのかも...知れません^^;)

       弁慶茶屋跡の樹間から女体山が見えます

           P1130501.jpg

            静かなコースを選んだと思ったのに...

    この弁慶茶屋跡で”おたつ石コース”と合流!

            失敗! 合流を見落としていた...

         完全に茶屋跡はラッシュ状態そのもの

      しかも子供連れ(低年齢層)が多く賑やかです

P1130507.jpg

      我が家も休憩場所を探し魔女は腰を下ろすが

         ケン坊は相変わらず周辺探索>笑<

       新装なった聖天神社の祠がありました

P1130502.jpg

      その近くに”トリカブト”が少し咲いてます

P1130509.jpg

 呑気に茶屋跡を探索をしてたために...失敗の上塗り?

      育成会のような団体さんが出発してしまった

    本当はその前に出かけねばならなかったのに...

         この先、ただでさえ泥濘で足場が悪く

       小さなお子さんが多いため殆ど停滞状態

    ”弁慶七戻り岩”を何とか潜り抜けたものの???

         こんな(↓)状態でしばらく動きません

P1130508.jpg

        この先まだまだ岩場や急登の場所もあり

        女体山へ辿り着くには相当な時間を要す

      ここでケン坊の決断が...”退却”の二文字

            マサカの敵前逃亡です

  弁慶七戻り岩の手前で戻れば弁慶と同じで格好良い?

 でも過ぎてから戻る...往復したので弁慶よりも強心臓!

*弁慶七戻り岩の写真を失念したので前回の写真を掲載(拡大ならず)
画像 014



行き先を決定する段階で

  ”気持ちが入って無かった”ことを大いに反省!

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
速報! 日光”竜頭の滝の紅葉”は今が真っ盛り
2012-10-15-Mon  CATEGORY: 花紀行(紅葉の名所)
24/10/14撮影 【栃木百名山の帰りに寄った場所が竜頭の滝...混雑してました】


 那須・姥ヶ平の紅葉狩りは、昨日”強風”に肘鉄された

      ショックで何をしたら良いか思い付かない?

          矢板の八方湖も候補だったが...

    急遽、栃木百名山にチャレンジすることに決定!
 (百名山の名前や内容は後日の掲載までお預け...帰りに寄った紅葉を報告)


   紅葉で有名な”竜頭の滝の状況”を速報で紹介
     (撮影時間は13時前後でした。本当は11時くらいが良いかも...)

           P1130971.jpg


 天気も紅葉の具合も良く近年に無い紅葉が撮れた と思う?


     速報なので写真だけ掲載です(詳細は後日?)

     決して那須のリベンジをした訳ではありません


お決まりの場所です 1時過ぎたので半分影が...

P1130970.jpg


P1130985.jpg


           P1130955.jpg


P1130947.jpg

コチラも定番”滝上の橋”からです

P1130987.jpg

          竜頭の紅葉は今週末まで見られる?

            少し色落ちするかも知れません

               自己責任でお願いします


【参考】:湯元温泉の紅葉(↓)も一部鮮やかになってます

P1130930.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
残念! たったの一時間で”那須の紅葉狩り”は強制下山命令?
2012-10-14-Sun  CATEGORY: 花紀行(紅葉の名所)
24/10/13撮影 【ケン坊の”那須紅葉狩り”は短時間で終了...笑って下さい!】


       ↓昨年の紅葉(姥ヶ平)は曇り空でしたが

   今年は天気(青空)が期待できそうなので再挑戦?

DSCN9429.jpg



 前日TVで流れる天気予報...晴れ・はれ・ハレ!

    昨夜9時過ぎに”那須の紅葉狩り”を決断!


  土日の那須の紅葉狩り⇒駐車場確保が問題なのだが

      4時前に家を出れば5時前に駐車場へ着く?

  思惑通り 係員に5時前にロープウェイ傍の駐車場へ誘導

      残り数台分のスペースあり辛うじてセーフ...
   (残念ながら峠の茶屋駐車場は満車、約400㍍余分に歩くことになるが...)

   駐車場から見る日の出直前の東の空も良さそう...

          オレンジに染まる地平線の上には

  山のような黒い雲が横たわって動かないが影響無さそう

P1130678.jpg

ところが ところが である? 強烈な風でドアが開かない!

        駐車も隣合わせの車とは僅かしかなく

     ウッカリすると風に煽られぶつけてしまいそう!


 風が治まるのを待つ? (しばし朝食し様子を伺う)

     茶臼方面(西)は完全にガスっててその上空を

   次々と雨雲が凄い勢いで東へと流れていきます...

(↓この写真は下山時に撮影したものです)
P1130713.jpg

      周囲の動きを確かめながらケン坊も旅支度?

    5:40 やや厚手のシャツにジャンパー引っ掛け風の中へ

       直ぐ上の駐車場で日の出を拝みます...

        と思ったら? 何かの撮影でしょうか?

 アニメキャラのようないでたちの女性をカメラマンが激写?

      ケン坊も意味が判らないまま便乗して>笑<

P1130684.jpg
↑ 暗くて判らないので  ↓ 取り直しました   結局判らず!
P1130688.jpg

   いつもの駐車場まで400㍍...15分程度余計に歩く

     いよいよ紅葉狩りですが依然として風が治まらない

       でもコースは一旦林道に入るので音は凄いが

            風そのものはそんなに当たらない

       寒いけど...耳宛て付き帽子のして大正解!

        今日は紅葉狩り...花は撮らない予定?

     でもリンドウが顔を見せてくれたので思わずパシャ

P1130690.jpg

      しばらくすると樹林帯から解き放たれた...

   途端に”強烈な風のお出迎え”に思わず身を震わせて

     数時間待てば風が治まるという確約があれば

   その気にもなるが、上空は車中での待機時と変わらず

       突風に煽られ身体を持って行かれる場面も

      これまでも下山する人とかなりすれ違ったが...

  (写真は青空のように見えるが何かの悪戯でしょう 霧雨持参した雨雲です)
P1130691.jpg

          紅葉してますが風には敵わない!

           紅葉の悲鳴が聞こえませんか?

P1130695.jpg

   台風のような暴風が行く手を遮るように吹荒れて...

        写真で”暴風”を表現するのは難しい!

     バックに見える筈の鬼面山も完全に消されてます

P1130697.jpg

      風の通り道とも言われる峠の茶屋までの区間

    峰の茶屋と峠の茶屋のやや中間点にある碑の陰に

      女性が”雨宿り(避け)”ならぬ”風宿り(避け)”

P1130698.jpg

              ここでケン坊も一大決心!

 一度気持ちが萎えると脚も腰も重たくなります

   ガソリンを使い、高速を使い、セブンで千円投資し...

     退却するのは”勿体無い”のは判っているが

         退却するも登山者の心得えの一つ?

     判ったような判らない理屈で自分に言い聞かせて

            ケン坊ついに下山す!  

    ここで、登山者の約半数が下山へ向かった感じ?

  紅葉の写真が撮れず紅葉ブログにならないが状況報告

    せめて? 下山時に辛うじて”らしき”場所で一枚

P1130703.jpg

                紅葉から花に変心?

   そんな訳は無いんですが...花を見るとついパシャ

        ホツツジでしょうか 一枝だけ残ってました

P1130706.jpg

         ヤマハハコもそろそろ終わりです...

P1130712.jpg

         もちろんロープウェイは運転中止です!

P1130715.jpg

       ケン坊の今年の那須(紅葉)は終わりです

風に飛ばされケン坊に纏わり付いたモミジを記念に持参!

P1130717.jpg


    9時前には家に到着...どこかへ出直してみるか?

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
情報! 鬼怒グリーンパークの”第23回 コスモスまつり”が開催中
2012-10-13-Sat  CATEGORY: 公園・その他の公園
24/10/11撮影 【恒例の鬼怒グリーンパーク(高根沢)のコスモスまつりが...】


   第23回”コスモスまつり”が今日から開催です

     期間  10/13(土) ~ 10/28(日)

     場所  鬼怒グリーンパーク

     規模  公園を覆う2.3㌶ 100万本のお花畑

    入場料 もちろん無料


           P1130724.jpg

   以下、写真は2日前の視察に訪れた際に撮ったもの!

P1130630.jpg

P1130631.jpg

P1130632.jpg

P1130636.jpg

P1130638.jpg

P1130644.jpg

P1130646.jpg

P1130653.jpg

P1130662.jpg

    コスモス畑の中を変り種自転車で走ることもOK!

P1130670.jpg


    周辺にはこんな花たちも咲き目の保養になります

P1130647.jpg

P1130650.jpg

P1130674.jpg


             視察した時点での印象では

   まつりの初日に”コスモスの開花”が揃わないかも?

ページトップへ  トラックバック0
一人たったの”2900円で箱根の旅”が楽しめる! マサカ? 
2012-10-13-Sat  CATEGORY: 我が家の旅行
24/10/04撮影 【2900円じゃ高速も乗れないですから...割切れば得です!】



       今年オープンの”道の駅 しおや”で応募した

      ”トラベルプレゼントキャンペーン

            日帰りバス旅行(昼食付き)”


  大体が当選するシステム(と勝手にケン坊は思ってる)

       夫婦で応募すると必ず女性が当選する!

     当選すると”無料”だが二人目は5800円になる

       二人で参加すれば一人2900円という勘定

P1130170.jpg

コースは

   宇都宮~首都高~Be-NAS(見学&ショッピング)~鈴廣かまぼこの里~

   昼食(ホテルでのバイキング)~箱根登山鉄道(乗車)~大涌谷(散策)

    最初の見学&ショッピング90分を耐え忍べば>笑<

        一人2900円での箱根観光は超安い!


    バイキングと大涌谷の誘惑に負けて出かけます


         首都高の車中から見たスカイツリー

          ケン坊のカメラに初めて捉えた!

P1130173.jpg

      たぶん、安いバスツアーには必ず裏がある

  バス会社との提携先へ立ち寄ることで売上げ増に寄与
   (つまり立ち寄るだけでバス会社にはペイバックされるシステムなのでは?)

         と言うわけで、今回の立ち寄り先は

    横浜町田にある”Be-NAS(ビーナス)”です

              世界各地に工場を持つ

    日本一のジュエリーメーカーによるアウトレットらしい

P1130183.jpg

  先ず20分間の会社PRとジュエリーの基礎知識の説明

     次は磁気が鏤められたネックレスの体験コーナー

  高額なジュエリー(それでもアウトレットなので安い?)が

    ついつい首に掛けたら...30分ものセールス攻撃

 社長と店員の甘い囁きにも(魔女と二人)頑なに拒み続け

        ようやく開放されました...>笑<

  ここで魔女に数十万のネックレスでもプレゼントしたら

 ケン坊の株も少しは上がるがイマサラ上がっても? ネ!

P1130177.jpg

     やっとのことで抜け出し出口手前の売店へ...

     コチラは我らに味方(数千円未満の)安心価格帯

       居心地が良いので時間まで眺めてた>笑<

P1130181.jpg

          東名から厚木小田原道を突っ走り...

 ココ小田原の”鈴廣のかまぼこの里”へ到着したが

        ジュエリー以外は安いツアーの目的外?

      滞在時間が20分とはあまりにも短か過ぎる!

      P1130193.jpg

            短時間でも買い漁る主婦連...

      もちろん試食も忘れることはありません>笑<

      P1130189.jpg

        我が家の”お付き合い?”で買った戦利品

   これで千円は高いか? まぁ小田原へ行った証です!

P1130294.jpg

    小田原から箱根へ...遅い昼食(1時過ぎ)です

       かまぼこの試食でお腹も空いてないが...

    箱根湯本温泉の”ホテル おかだ”へ到着

           P1130200.jpg

    そう! 昼食は”全30種のバイキング”です

          ツアー客も足早にテーブルを確保し

       早速 好みのメニューを運んできます>笑<

P1130198.jpg

     なるべく多くの種類を...でもお腹が許さない!

         量を減らして種類で勝負するケン坊?

P1130194.jpg
               マサカのケーキも...
P1130197.jpg

            満腹になったお腹を擦りながら

      ホテルの売店コーナーをウロウロと物色中?

  女性は旅に出ると買い物ツアーに変身ですよね>笑<

P1130199.jpg

    箱根湯本駅から”箱根登山鉄道”で強羅まで

P1130229.jpg

       スイッチバック(3回)で有名な登山鉄道!

     その度に運転手と車掌が入れ替わる光景が...

P1130216.jpg

                何度かトンネル入り

P1130217.jpg

   入った回数だけトンネルを抜ける>当たり前か?<

P1130220.jpg

  強羅駅と駅前広場...3時50分なのに乗降客が多い

P1130227.jpg

         この後、バスは先日報告の大涌谷へ...

           P1130235.jpg

          帰りは乙女峠から仙石原を経由...

    そうですね ここ↓5~10分停車して欲しかった!

    ケン坊の気持ちは無視され、御殿場ICから帰途に

  仙石原のススキは車窓からとなってしまいました>残<

P1130266.jpg


【振り返りコーナー】

  空飛ぶ黒玉子の大涌谷

ページトップへ  トラックバック0 コメント16
今シーズン最後の彼岸花を求めて...やはり数日遅かった
2012-10-12-Fri  CATEGORY: 花紀行(彼岸花の名所)
24/10/11撮影 【去年より開花が遅れていると言われたが...流石に遅かった~】


P1130564.jpg

    地元紙の情報を頼りに今年最後の彼岸花を求めて

        車を”芦野&蓑沢”まで走らせたが...

    既にピークを過ぎ、年の頃なら高齢者&後期高齢者

      彼岸花の世界も”少子高齢化”状態でした

         今回は情報&記録として写真のみ掲載!



【芦野・遊行柳周辺の彼岸花】

   芦野の彼岸花は白い蕎麦の花とのコラボがポイント

P1130522.jpg

P1130555.jpg

P1130552.jpg

           P1130563.jpg

P1130558.jpg



【伊王野・蓑沢の彼岸花】

   蓑沢の彼岸花は田んぼの景観とのコラボがポイント

P1130588.jpg

           P1130596.jpg

P1130599.jpg

P1130619.jpg

P1130612.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
思い切って”ウォーキングシューズ”買っちゃった
2012-10-11-Thu  CATEGORY: メタボ
24/10/05撮影 【健康は足元からと言われ...伸びた14年分の寿命対策>笑<】



      魔女は長年”ミズノフリーウォークio2の愛用者

             履き心地が良いというので...

         今回はマツケンこと”松平健さん監修”

 《マツケンウォーク》ミズノフリーウォークio2 を購入

            もちろん魔女とペアです>恥<

P1130484.jpg

              突然 何のために買った?

          何を隠そう...グルメネタのために

 何となく”メタボに近づいた”ような気がして>笑<

P1130486.jpg

       以前は千円以下の安い靴で誤魔化してたが

            息の長いウォーキングをするため

              今回は清水寺から飛び降りた

    やはり1万円も出すと足へのフィット感が違います!

P1130519.jpg

         そして黒玉子で14年寿命が伸びた分を

            健康で暮らすために歩きます?


       (注)決してミズノの回し者ではありません!

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
空飛ぶ黒玉子? 大涌谷の黒たまごで寿命が7年延びました...
2012-10-10-Wed  CATEGORY: 我が家の旅行
24/10/04撮影 【箱根って何年振りだろうか...子供が小さい時だからね~】


        ひょんな事から大涌谷へ行くことに?

  もちろん”いま流行の安いバスツアー”です


      大涌谷駐車場から見る煙たなびく大涌谷
  (夕方4時からの見学、何となく薄暗くなって...滞在時間50分弱!)

P1130231.jpg

         僅か50分弱という滞在時間を有効に

  ということで...黒玉子茶屋へ一直線(往復20分強?)

P1130232.jpg

            普通に歩いても10分程度?

      硫黄の臭いがプンプン 煙がモウモウと噴出

           標高1050㍍からの光景です

P1130237.jpg

             ここが”黒玉子茶屋”です

           茶屋はあまり大きくなかったですね

P1130242.jpg

           茶屋の左に”温泉池”があります

        この池で”黒玉子”ができるようです...

          作り方は次の写真参考に願います

P1130240.jpg

            ↓ 大涌谷黒玉子の作り方です

P1130238.jpg

      黒玉子を一つ食べると寿命が7年延びるという

             根拠は全くありません>笑<

           P1130243.jpg

        黒玉子茶屋&温泉池を周回するコース

            この時間でも結構な人数が...

P1130239.jpg

  黒玉子茶屋から○○○ススキの奥に駐車場が見えます

     今日は残念ながら富士山は見られませんでした

P1130244.jpg

        別な迂回路のようなコースがあったので

                興味本位で進むと...

        何と”かながわ景勝50選”の碑が

         う~ん ココからの眺めが良いのかな?

           P1130247.jpg

  復路、とつぜん上空を格子の箱がロープを滑るように

P1130252.jpg

                 後で確認したら...

    温泉池で作った黒玉子を下の売店へ運ぶ仕掛け?
     (逆に、普通の玉子を黒玉子茶屋へ移送するケーブルの役目らしい)

P1130254.jpg

      駐車場の売店はどこもかしこも”黒玉子”です

      店の前には”黒タマゴちゃん?”がお出迎え

P1130257.jpg

         ケン坊も寿命を7年延ばそうと購入

               5個入りで500円です

P1130281.jpg

P1130282.jpg

P1130287.jpg

P1130259.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
孫たちが大きく見えた幼稚園の運動会 ”ハイライトシーン”を!
2012-10-09-Tue  CATEGORY: 孫たちとの日々
24/10/06撮影 【孫の運動会...去年はプチ旅行とダブって見られなかったが】



      家でわがまま言ってても心配ないんですね~ 

         楽しい運動会を見させて頂きました

     ”りゅうくん・すずちゃん 頑張ったね



           今日は秋晴れで運動会日和です

  孫たちと一緒に登園したので30分も前に幼稚園に到着
    (少し早過ぎました? 場所はパパちゃんが確保してあり安心でした)

P1130296.jpg

  以下、レンズの向うで繰り広げられた光景の一部です


       年長になった”りゅうくん”の晴れ姿?

          園児を代表して”選手宣誓”

             ハラハラドキドキですが...

    思わず”上手い”と声を発しそうに(爺バカ?)

*あまりにも遠すぎました...残念です
P1130306.jpg

      そして競技が進み、りゅうくんの障害物競走!

  フープを2個潜り、平均台を2台飛び越え、縄跳び5回

    最後にマットで前転してゴール...もちろん一位

P1130332.jpg

            年長・年中さんによる組体操

        2人同時参加する演技は...迷ったが

    今年が最後の運動会なので”りゅうくん”中心に

      ビデオ&カメラを片手に持つ親御さんたち!

P1130347.jpg

      組体操は全部で10数種を演じてくれましたが

    代表的(写真見て判る?)な演技だけを掲載です

”扇”です

P1130358.jpg

”富士山”です

P1130362.jpg

”シャチホコ” う~ん 言われてみれば...

P1130355.jpg

”人間ドミノ倒し”だって

P1130367.jpg

            最後は定番の”ピラミッド”です

      決まってます...でも孫は何処にいるの?

   正直のところ幼稚園で組体操をすることに驚いてます

P1130373.jpg

             そして楽しい”昼食”です

      子供たちの好きそうなお弁当ができました!
   (もちろん魔女も朝早くからお握りを作ったりして忙しかったです...)

P1130381.jpg

      午後は”鼓笛隊”による演奏行進でスタート

    これも親御さんには人気のプログラムらしいです

P1130395.jpg

             パパだって頑張ってます!

            ”すずちゃん”と障害物競走...
      (段ボールのキャタピラ、ネット、パン食い、最後は二人三脚...)

      二人の呼吸が合って”一位でゴール”です

P1130401.jpg

            続いて”りゅうくん”とのペアで

    パパは続けての出番でしたが頑張ってます>笑<

P1130411.jpg

    今度も年長と年中さんの”パラバルーン”の演技

       演技中、時々”すずちゃん”はカメラ目線?

P1130424.jpg

             プログラムも最後から2番目

        俄かに黒い雲が...通り雨がパラパラと

          年中さんのチーム別対抗リレーです

  運動会で一番盛り上がるプログラムのような気がします

       ”すずちゃん”は2位でバトンを受け取り

         向う正面で先行く男の子を抜き去り

         一位でアンカーにバトンタッチ...

*すずちゃんが前を走る男の子を追いかける第一コーナー
P1130455.jpg

        最後は年長さんのチーム別対抗リレー

      ”りゅうくん”も同じく2位でバトンを受け取り

        第三コーナーで一気にトップに躍り出た

*りゅうくんは前を走る女の子を追いかける第一コーナー
P1130456.jpg

    あぁ~ 今日は何時に無く力の入った運動会でした

          疲れたようなホッとしたような...

      二人ともいつの間にか大きく成長してました

         楽しい運動会をありがとう!
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
大瀬観光ヤナで食べた”鮎の塩焼き”が美味しい!(In旧茂木)
2012-10-08-Mon  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
24/10/02撮影 【こうして見ると、茂木も寄り所が多いような気がします】


        茂木の城山公園で”彼岸花”を見た後の

      寄り道と言えば”大瀬観光ヤナ”でしょうか?

    もちろん”牧野(まぎの)の蕎麦”も寄りましたが



【那珂川に架かる大瀬橋の上から見るヤナの光景】

 :左の青い屋根が”大瀬観光ヤナ”です

P1130145.jpg

【これからヤナへ渡ってみます】

 :果たして鮎がヤナにかかっているかな?

P1130128.jpg

【勢いよく流れる那珂川の水】

 :上流からいろんな物が...名誉のために撮りません

P1130132.jpg

【鎌倉山&大瀬橋をバックに”大瀬観光ヤナ”】

 :まだ11時なので客は一桁くらいですね...

P1130114.jpg

【大瀬観光ヤナのメニューは?】

 :もちろんケン坊は”鮎の塩焼き”を注文です

           P1130118.jpg

【今が旬の鮎の塩焼き:2尾で700円は安い!】

 :大きさは普通サイズですね

P1130122.jpg

【ケン坊は頭からガブリと食べます】

 :魚の好きな人は、残ったお皿を見れば判る?

P1130124.jpg

【誰が食べたんでしょうか?】

 :そうです、下がケン坊です(骨まで食べちゃいます)

P1130125.jpg

【ヤナの食堂から見る那珂川...】

 :長閑な刻が那珂川の水とともに流れます

P1130126.jpg

【ヤナで獲れた鮎が元気に泳いでますが...】

 :生簀に入れられて最後は食卓へ

P1130138.jpg

【そして鰻...これも那珂川産です】

 :那珂川で獲れた天然ウナギ

P1130135.jpg

【前日、ヤナで獲れた鰻 氷が入っちゃって見にくい】

 :丸々太った鰻、通常の6~7人前だそうです

  うち2~3本はケン坊の腕より完全に太い!

P1130140.jpg



【落ち鮎とは?】ネットから

”落ちアユ”は秋が旬です。

アユと言えば、旬の夏にこそ味わう魚というイメージが強い。しかし晩秋に向かう
この時期、各地の河川では地元の人々が、腹に卵を抱えた子持ちのアユに舌鼓を
打つ。

アユは海に近い河口で生まれ、一度海に出て稚魚となり、やがて春になると川の
上流へ向かって上り成長する。

秋風が吹くころになると、産卵するため再び海を目指して川を下り、河口付近で
産卵する。

落ちアユとは、この秋の産卵期に川を下ってきたアユのこと。アユの名の由来には
諸説あるが、秋に川を下る様子から、「落ちる」の古語である「あゆる」が転じて
ついたとも伝えられている。


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
近くの里山”古賀志山”にも再開のため挨拶へ
2012-10-07-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
24/09/29撮影 【ケン坊の近くの里山って”大平&古賀志&三毳ですが...”】


            9月もそろそろ終わりです...

       先日は大平山にご機嫌伺いに行ったので

   今日は地元の”古賀志山”に挨拶をしてきました

       この(↓)風景は4月25日以来になります

P1120995.jpg

      コースは昨年9月の豪雨と台風による被害が

         今もその爪痕を生々しく残しています

   個人所有(一部宇都宮市?)なので補修は難しい?

P1120933.jpg

      標高584㍍ コースは100個もあると言われ

        足腰鍛錬には格好の山として人気がある

    そのため平日でも入山者がいるので土日となれば

         人影の見えない場所が無いほどです

P1120962.jpg

     古賀志山頂もご覧の通り休憩するベンチはなく

       次の休憩地”御岳山”へ向かいますが...

P1120969.jpg

         当然のごとく、こちらの山頂も一杯です

      辛うじて下山する人がいて...ラッキーでした

P1120974.jpg

    孫(長男坊)と同じ小学3年生の男の子(次の写真)

     御岳山からの下山では突然”主役”に躍り出た

           P1120979.jpg

          【以下、ケン坊と子供の行動記です】

お母さんと3度目の古賀志山登山だそうで...帰り道がイマイチ不明という
親御さんの話に、ご一緒することにしましたが男の子なんですね~

親のことなど顧みず、自由奔放に山道を飛んだり跳ねたり...親御さんは
魔女と世間話に花を咲かせてるが、ケン坊は男の子と一緒に下山することに

チョコマカしていて、前を歩いたと思ったら後ろになったり、唯でさえ足元が
危ないのに、ゴロゴロ石の上をピョンピョンと...

突然に大きな(ずり落ちる)音がして、振り返ると男の子の姿が見えない?
すると小さな手がコースの石を掴んでしがみついている...
身体は完全に斜面(通常:ガケ)に...斜面で良かった~

慌てて男の子の手を掴み何とかコースへ引き上げたが...その現場を親御
さんは知らないから

男の子が”あぁ~ 怖かった~”と言っても、親御さんは気をつけてね程度。

そんな危険な目にあっても子供ですね~ 思った方向へ行ったり戻ったり、
相変わらず山道を跳ねてます。

この時点でケン坊はすっかり男の子の保護責任者になっていて、滑落や怪我
でもされたらケン坊の責任になっちゃいそうです。

時おり姿を見失うと、ケン坊も走ったりしながら孫と遊ぶが如く、まるで
山で”かくれんぼ”してるみたいです

今度は急に止まったと思ったら、水が飲みたいと言って、ペットボトルを
取り出すも水が空っぽ! 見かねてケン坊持参の”麦茶”を入れてあげたら
”ありがとう”と言いながらゴクリゴクリ...

とっても美味しそうに飲んでくれたが...残りの歩く時間を計算しながら
飲んでいたケン坊の麦茶が少なくなってしまった>笑<

親御さんは呑気なもんです。全てをケン坊に任せたつもりになっていて
遅れて魔女とゆっくりと歩いてきます。

ようやく水場に着いたところで親御さんへ引き渡し、ケン坊たちは駐車場へ
戻りました...

大変だったが、ある意味、変化ある山歩きとなり男の子に感謝です。




    また、相変わらず花の掲載...飛ばしてください!

ツルニンジンの横顔

P1120992.jpg

ツルニンジンを少し下から覗いて見ました

P1120991.jpg

ツルニンジンの実になるところでしょうか?

P1120944.jpg

大きく膨らんだツルニンジンの実?

P1120942.jpg

キンミズヒキをアップで撮ってみました

P1120929.jpg

ヤマホトトギス(白)

P1120950.jpg

オクモミジハグマまたはカシワバハグマ

P1120952.jpg

ハギのアップです

P1120977.jpg

不明:何度も見る花ですが...

P1120973.jpg

大きな”ハギ”が花を咲かせていました

P1120983.jpg


   最近、山を走るトレイルランが人気です

  古賀志山の富士見峠から古賀志山頂へ向かう急登で

     下を向き喘ぎながら登るケン坊は視線を感じ...

  ふと顔を上げると...数人がジィーとコチラを見てる?

  顔見知りの面々だったが、まさか古賀志で行き会うとは

          そう! 前の会社の仲間でした...

     S氏を先頭に、M氏とT氏、もう一人の名が...

     ゴメン! (退職10ヶ月で)名前が思い出せない

              でも、なぜ古賀志山に?  

   10月下旬開催される”トレイルラン”にM氏が出場!

   (M氏とは”与一マラソン”等で一緒に走った仲です)

   その練習らしいです ご苦労様としか言えませんが

  凄いです 唯でさえ山歩きはキツイのに走るなんて...

   残念! 咄嗟の出来事で写真撮るのを忘れちゃった

           本番では頑張ってね!

【トレイルランとは】ネットから

不整地を走るランニングスポーツとしては、以前からクロスカントリーがある。
欧米では盛んだが日本ではあまり知られていない状態であった。
その後マラソンブームや登山ブームの波にのって、両者の要素を併せ持つ
「トレイルランニング」が知られるようになっている。

日本においては、様々な経緯からか、本来の英語のen:Trail runningの意味から
ずれたものも含めて広くトレイルランニングと表現していることが多くみられるので
注意を要する。



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
標高200㍍弱”みのりの森”をウォーキング(Inろまんちっく村)
2012-10-06-Sat  CATEGORY: ○○の駅
24/09/25撮影 【ケン坊の日記につきお許しください...そんな低レベルのログ?】



        道の駅に登録替えした”ろまんちっく村”は

              すでに報告済みですが...

      敷地の一角にウォーキングコースがあります

           P1120864.jpg

     ローズハットの奥に”みのりの森”という小高い丘

        山頂? ”丘頂”のほうが良いかな>笑<

       標高は199.4㍍ コースは縦横に走ってます

【ムラサキシキブ】
P1120830.jpg

    全体が木陰の中なので夏場に歩くには良いかも?

【ミズヒキ】
P1120832.jpg

          特に取り立てて掲載することもなく

            目に付くありふれた花を掲載

【ゲンノショウコ】
P1120833.jpg

    あくまでケン坊の日記なので記録に残す目的です

【彼岸花】
P1120836.jpg

    この日も、季節感を表現する草花に出会いました

【ヤマホトトギス】
P1120837.jpg


       そして、最近頻繁に遭遇する”きのこ”ですが

              お互いに近くにありながら

     頭の部分にトゲトゲが有るのと無いのが並んで?

           P1120842.jpg

↓↑ どちらも”シロオニタケ”のようです

P1120843.jpg

 これは笠を広げた状態で...これもシロオニタケらしい!

P1120839.jpg

          最近見かける”タマゴダケ”ですね

P1120844.jpg


ろまんちっく村HP

ページトップへ  トラックバック0
佐野ラーメン”万里”で青竹踏みを...
2012-10-05-Fri  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
24/09/19撮影 【佐野ラーメンを久し振りに...混むのが難点でいつもパスしてたが】


   佐野の”厄除け大師”はあまりにも有名ですが

      グルメでは”佐野ラーメン”が全国区!

    最近B級グルメ”イモフライ”も売出中ですが...
  (イモフライは修行の身? B級での評価を糧に...でもB級が定位置か?) 

P1120546.jpg

    今日は厄除け大師を参拝するため佐野へきたが

  やはり”青竹踏み 手打ち 佐野ラーメン”は外せない



           数多い佐野ラーメンの中から

     今回は高荻町の”手打ち 万里”をチョイス
   (正直言うと、以前に昼休みの雑談で上司から情報を得ていたんです...)

P1120545.jpg

          場所は佐野市高萩町の交差点角で

            正直言って入りづらかったです

  混むという情報に平日を...辛うじて駐車場をキープ!
   (営業時間11:00~なので11時10分には入店したが...残りの席をGet)

          お店はお世辞にも綺麗とは言えず

     普通のプレハブのラーメン屋さんって感じです

      家族経営? 見える範囲では5人くらいかな 

 店内はカウンター席と左右に小上がりが...水はセルフ

P1120540.jpg

        お奨めは”チャーシューラーメン”らしいが

   初めてなので素直に”しょうゆラーメン”を注文


【参考】ネットから

佐野ラーメンは、青竹で打った多加水麺で、もっちりとした食感が特徴...。
脂分はほとんどなく、澄んであっさりした醤油スープを基本としている。



         ほどなく”しょうゆラーメン”が目の前に

   麺は”ちぢれ平麺”、薄くて柔らかいシンプルな味付け
      (ケン坊は、どちらかと言えばやや固めの麺が好きですが...)

   あっさり系のスープが麺によく絡み想像以上に旨い!


   スープや麺の固さは好みで評価が分かれますが...

P1120542.jpg


        青竹手打ち麺なので太さや長さはバラバラ

      手打ちらしい不揃いなところが、良いのかも...

            これで600円は値ごろ感ですね!

 お隣の旧藤岡町に”千里”というラーメン店があるという

     姉妹店なのかな? 機会があったら行って見ます

P1120543.jpg


【お店の関連情報】ネットから

ラーメン店”万里”は、元プロ野球選手「小関 竜也(おぜきたつや)」の実家です。

94年のドラフト2位で西武ライオンズに投手として指名され入団。入団後に打者へ
転向。98年には走攻守三拍子揃った外野手としてレギュラーに定着し、同年の
新人王を受賞。

その後も右翼手に定着し、若いながら小技が利く好打者として渋い活躍を見せ、
02年には自身最高の打率.314を記録、松井稼頭央との不動の1・2番コンビで
リーグ優勝に貢献。

西武時代は走攻守揃った選手として3度の優勝に大きく貢献。西武で不動の
右翼手として活躍していた時代は、右翼手でありながら中堅手よりも多くの打球
を処理し、外野手の連続無失策記録も樹立している。


>以下 経歴<

選手歴
  國學院栃木高等学校
  西武ライオンズ (1995 - 2005)
  読売ジャイアンツ (2006 - 2007)
  横浜ベイスターズ (2008)

コーチ歴
  読売ジャイアンツ (2011 - )


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
久々の太平山で足腰を鍛えるも...多くの花や景色に癒される
2012-10-04-Thu  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
24/09/26撮影 【あじさい坂から桜峠まで往復...余りの起伏にギブアップ?】


      秋の彼岸以降、何となく秋めいてきた空模様

           そろそろ近くの里山はどうかな?

    先ずは”大平山(晃石山)”にご機嫌伺いを

          ブログを見てみると何と1月以来?

       嘘だろうと思って調べたら...現実らしい

P1120888.jpg

     あじさい坂から長い階段を歩くが久々にキツイ!

  最近、厳しい山を歩いてないので余計に感じるのかも?



      先ずは”あじさい坂”の両側で見かけた花々



ヤマブキソウのようですが時期が違いますね?

 クサノオウ 10/04判明:長さんありがとういございます

  :坂の奥に一厘だけ...

P1120875.jpg

シュウカイドウ

  :随所に可愛い花を見せてくれます

P1120878.jpg

アキノウナギツカミ?

  :似た花があるので断定はできませんが可愛い花です

P1120880.jpg

ミズヒキ

  :どこの野原・里山で見かけます

P1120884.jpg

キツリフネ(ソウ)

  :時期的には終わりを迎える頃です

P1120919.jpg

ツリフネソウ

  :見れば見るほど舟というより”鮟鱇”に似てます

P1120920.jpg

ヤブミョウガ

  :白い花が咲き終わった後に黒い実が...

P1120921.jpg



      奥の院~晃石山~桜峠 で見かけた光景



パラグライダーがテイクオフする場所からの眺め

  :田園風景が広がって素晴しい景色

P1120889.jpg

いくつかのアップダウンを繰り返すが

  :その内の一つのピーク”青入山”の名が...

P1120893.jpg

コウヤボウキ

  :殆どが蕾です...コレからの花ですね

P1120896.jpg

伐採された”桜峠”から見る景観

  :あまりの変貌にびっくり! 遠くの山々が丸見え 

   鬱蒼とした樹林の中だった桜峠が陽射しを諸に受けて

  :この奥に”村檜神社”があります 5㌔以上先です

P1120897.jpg

キバナアキギリ

  :この花も普通にアチコチで見られますね

P1120903.jpg

      何の花の花穂なのか? 背が高いです...

P1120905.jpg

ヤブラン

  :里山で見かけるのは少ないですが...

P1120911.jpg

もう一度、伐採された”桜峠”から見る景観

  :伐採した目的は何なんだろう? 

   伐採した区域に何かを造るのか? 

P1120904.jpg


暫くしたら再び大平山(桜峠)へ行ってみます

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
<< 2012/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.