ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
宇都宮に待望の”道の駅 ろまんちっく村”が誕生(県内21番目)
2012-09-30-Sun  CATEGORY: ○○の駅
24/09/25撮影 【過去ろまんちっく村で掲載したが、道の駅としてリニュアル登場!】


        なぜ宇都宮に道の駅が出来ないの?

    要望に応え9月22日 21番目の道の駅 

満を持して”うつのみや ろまんちっく村”で登場!

    かなり遅れて登場だが...今までも実質的には

     道の駅の機能を一部持っていた施設の転換!

P1120865.jpg

  46㌶の滞在体験型ファームパーク!

            ”うつのみや ろまんちっく村”!


”ろまんちっく村”は、宇都宮市の市制施行100周年記念・

農政事業の一環として農林業の振興、地域の活性化、市民

の余暇活動の充実を目的に事業化され、平成8年9月14日

開園したもの”正式名称:宇都宮市農林公園ろまんちっく村”


     現在は”㈱ファーマーズ・フォレスト”が管理運営

           P1120927.jpg


        もともと”農林業の振興、地域の活性化、

      市民の余暇活動の充実”を目的に作られたので

             道の駅へ転換するとなると

     従来の道の駅なんかと比べ異色の存在となりそう!


     広大な敷地に、従来の道の駅には無かった施設が

       点在し、更に人気を集めると思われますが...



            ここが道の駅の表玄関ですね

P1120810.jpg

   表玄関を入って最初の建物が”あおぞら館”です

          以前はお土産物産コーナーでしたが

      情報センターの機能を兼ね備えた施設として

P1120813.jpg

        今回は屋外で販売していた野菜等も合体し

          一般的な”道の駅スタイル”に...

P1120811.jpg

    もちろん”食に関するコーナー”も充実です

     以前には無かった”ラーメンや餃子店”

      もちろんステーキや蕎麦、バーベキューもあり

      グルメにうるさい人も満足して頂けるかと...
  (因みにケン坊は”ろまんちっく村の営業マン”ではありません! >笑<)

P1120816.jpg

        農村薪窯のっぽさん...3つの温度帯で

   いろいろなバリエーションが焼ける日本初の3連薪窯

P1120815.jpg

           おいしい地ビール処”ブルワリー”

      麦太郎に麦次郎、麦っ娘の3銘柄(愛称)で...

          P1120849.jpg

               焼きたてパン販売所

     お店は狭いですが人気のあるパン屋さんです

P1120847.jpg

       中でもブルーベリー&ヨーグルトが大人気

P1120858.jpg

         やはり欠かせない蕎麦屋さん”くにや”

     平日ということもあって”年配者”ばかり>笑<

P1120850.jpg

             ケン坊が選んだお昼はココ

       でも今回は”うどんと蕎麦の合い盛り”です

     大きな(2枚重ねの)かき揚げ天も美味しいです

P1120853.jpg




             こちらは”ローズハット”

  昔は入ると”熱帯植物園”のエントランスホールがあったが?

P1120846.jpg

    そんな微かな記憶ですが...久しぶりに入ったら

              中はガラガラで誰もいない
      (うそです! 清掃のおばさんが一人いました...>笑<)

      室内アクティビティの立て看板に描かれたのは

        卓球にバスケット、バドミントンにダーツ?

                  もちろん無料です

       魔女の”やってみない?”のお誘いに乗って

           P1120817.jpg

                    先ずは卓球!

        久しぶりですが...何とか様になってます

     魔女? いや、様になってるのはケン坊ですよ!

      軽く魔女を一蹴しちゃった(男らしくないって?)

P1120818.jpg

         卓球で身体がうっすらと汗をかいたが

      次はバスケット勝負したいと魔女が言い出す
(たぶん、卓球でのリベンジを目論んでいるのかも...飛んで火に入る夏の虫?)

   ところがいきなり魔女が3ポイントシュートを決めた!

       まぐれ! 絶対にマグレだと思ったが...

            その後も入ったり外したり
        (入らないまでも惜しいシュートが...何本か続く)

                魔女にこんな才能が? 

   因みにバスケにも自信あったケン坊は一度も入らず

P1120821.jpg

        さてローズハットを出ると”ドックラン”

        敷地には他にもドックランがあるようです

    ペットブーム対応でこういう施設も必要なんですね

P1120825.jpg

               ケン坊のチョンボが!

         日帰り温泉施設を撮るのを忘れてた

 中にはプール施設や、宿泊施設、研修施設などがあります




参考までに県内にオープンしている道の駅

1. もてぎ:国道123号 栃木県芳賀郡茂木町大字茂木1090-1
2. にのみや:国道294号 栃木県真岡市久下田2204-1
3. 湯の香しおばら:国道400号 栃木県那須塩原市関谷442
4. 那須高原友愛の森:那須高原線 栃木県那須郡那須町大字高久乙593-8
5. 明治の森・黒磯:黒磯田島線 栃木県那須塩原市青木27
6. ばとう:国道293号 栃木県那須郡那珂川町北向田字宮内183-1
7. 東山道伊王野:国道294号 栃木県那須郡那須町大字伊王野459
8. きつれがわ:国道293号 栃木県さくら市喜連川4145-10
9. どまんなかたぬま:佐野田沼線 栃木県佐野市吉水町366-2
10. はが:宇都宮茂木線 栃木県芳賀郡芳賀町大字祖母井842-1
11. 那須与一の郷:国道461号 栃木県大田原市南金丸字馬場1584-6
12. 那須野が原博物館:塩原街道線 栃木県那須塩原市三島5-1
13. みかも:国道50号 栃木県栃木市藤岡町大字大田和678
14. 思川:国道50号 栃木県小山市大字下国府塚25-1
15. 湯西川:国道121号 栃木県日光市西川478-1
16. みぶ:羽生田・上蒲生線 栃木県下都賀郡壬生町大字国谷1870-2
17. にしかた:国道293号 栃木県上都賀郡西方町大字元369-1
18. しもつけ:国道4号 栃木県下野市薬師寺
19. やいた:矢板那須線 栃木県矢板市矢板114番地1
20. 湧水の郷しおや:国道461号 塩谷町大字船生字上桜3733番地1

21. ロマンチック村:国道293号 宇都宮市新里丙254

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
冒険家・朝倉さんが50㏄ミニカーで日本一周ゼロ円の旅?
2012-09-29-Sat  CATEGORY: 日記
24/09/26撮影 【本人に行き会えたら良かったんですが、も抜けの車じゃ...ね】


25日の地元紙に冒険家・朝倉さんが本県滞在の記事

       (冒険家”朝倉”って誰だ? 全く知りません)

 ただ”お金掛けず日本一周”の文字が目にとまった

        24日に本県に入り26日まで滞在だという


             内容は写真拡大(↓)で辛うじて読める?
           P1120926.jpg

      そんな新聞記事のことなどすっかり忘れていた

     26日 久しぶりに太平山へ足腰訓練に出かけた

  歩き始めてすぐに”目立つオープンカー”が...

          どこかで見た車だが思い出せない!
    (すると魔女が、新聞に出てた冒険家の車じゃないの? だって...)

P1120873.jpg

            興味本位に近づいてみると...

         おぉ~ 間違いなく新聞掲載の車です

   周囲を見回したが冒険家らしき方はいません 残念!

P1120872.jpg

       本人には断わることなく何枚か写真を...

  確か仕事をしながら全国行脚してたという微かな記憶

        もしかして大平山で”労働”をしている?

    取り敢えず大平山を登ってから次の展開に期待!

P1120874.jpg

                    残念です! 

   14時頃に戻った時には既に”も抜けの殻”でした

      多分 今頃は茨城県を走っているのでしょうか?


【新聞記事等から抜粋】

50CCのミニカーで日本一周の「0円旅行」をしている東京都目黒区の冒険家・
朝倉くみこさん(34)が本県入りし、24日に栃木県庁や下野新聞社を訪れた。

移動手段にしようしている50㏄の四輪ミニカーは満タン5㍑で200㌔走行可能。

地域活性化を目的に、各地で隠れた食べ物やスポットなどの情報を発信。
昨年10月8日に東京をスタートし、本県は45番目だとのこと。

旅に必要な現金は各地で働いて補充。震災被災地での物資調達も労働資金を
使うという。

旅先で仲良くなった人の家などに宿泊し、女性ならではの度胸と愛嬌で悲願の
全国制覇を目指す。

地元の人しか知らない情報を自分のブログで発信し、地域の活性化につなげ
たいと旅しているとのこと。
栃木県の後は、茨城~千葉と周り10月7日に東京へゴール。間もなくです。

旅の詳細はパソコンなどで「朝倉くみこ」で検索可能...です。


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
奥日光にある秘境の名瀑”赤岩滝”に別れを告げて!(下巻)
2012-09-28-Fri  CATEGORY: なかまとの出会い
24/09/22撮影 【”赤岩滝”の素晴しい光景にもう少し浸っていたいが...】


       こんな青空が顔を出すとは...大感激です

  秘境の滝”赤岩滝”の情報を教えてくれたY氏に感謝

     そして今回も誘ってくれたM氏・N氏ありがとう!

           P1120763.jpg

      コレ(↓) 四段目の滝を上から見たところです

      岩肌(写真真ん中より下の右側)に白い花が?

           シロヨメナ? ではなさそうです!

P1120756.jpg

ダイモンジソウ

  その白い花は、まさかの”ダイモンジソウ”でした
  (体を乗り出して手をいっぱい伸ばし、第四の滝の岩壁に咲く花をパシャ)

P1120751.jpg

イワオトギリ

  誰も気づかない場所にひっそりと咲いてました...

  第三の滝から飛び散る水しぶきを浴びてます

P1120765.jpg

アザミの蕾

  アザミの棘は痛い...パンツの上から触れてもイタッ!

P1120770.jpg

            往路では急な岩場を登ったが

      復路は第四の滝下を渡渉して対岸から下山

P1120772.jpg

        これが往路で一番下の滝と思った場所

      対岸から見ると間違いなく”第五の滝”でした

  この第五の滝も含めて総落差が120㍍になるのかな?

P1120775.jpg

     第五の滝の下を渡渉し往路のコースへ戻るが

                ここでハプニングが!

 毎回、話題を提供するN氏が今回もやってくれました...

             第五の滝下で渡渉する際に

      足が”着石”じゃなく”着水”しちゃった>笑<

      すっぽりと沢に...もちろん靴の中は水が~

      新聞紙を入れたり靴下を履き替えたり>笑<

P1120773.jpg

    そんなこともあって、みんな渡渉には慎重だが...

        またもN氏が本日2度目のチャポ~ン
       (笑っちゃいけないところだが皆で大笑い...しちゃった)

P1120787.jpg

      川の狭い支流でも水量は多く低い段差もある

  そんな場所では”植物の根”が冷たい水に晒されて...

  寒さで根が赤くなっちゃって(冷麦ソーメン状態)>笑<

P1120780.jpg

    青空の広がる最初の渡渉河原まで戻ってきました

        この先は柳沢林道をひたすら戻るだけ...

           P1120785.jpg

                    倒変木です

   雌木馬の尻部分に牡木馬が跨ってるように見えたら

            あなたの目は正常です>笑<

P1120789.jpg

             ようやく滝から帰ってきました

         食事タイムを含め往復で約4時間でした

            バス停から見る西の糊方面...

     出発時点ではどんよりしてたのに今は青空です!

           P1120790.jpg

ゲンノショウコ

  バス停の近くに数厘咲いてました

  花は綺麗ですね 滝と同じく癒されます

P1120793.jpg

             赤沼駐車場へ戻ってきました

      男体山も山頂に少し雲がかかっているが...

          朝とは全く違った景色になってました

P1120794.jpg

                湯元まで車を飛ばし

          足の湯で疲れたあんよを癒しに...

   いまは外国人も多いです(写真では一人ですが四人いましたよ)

P1120796.jpg

          これは年配者の足です...>爆笑<

P1120801.jpg


       足湯で身体が火照って...ビールが旨い!

   帰りの車中は恒例のビールで反省会!
     (言い遅れましたが、ケン坊はドライバーにつき麦茶です>笑<)


【振り返りコーナー】

  奥日光の隠れた名瀑”赤岩滝”(前)

  奥日光の隠れた名瀑”赤岩滝”(中)

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
奥日光にある秘境の名瀑”赤岩滝”が威風堂々と姿を現す!(中巻)
2012-09-27-Thu  CATEGORY: なかまとの出会い
24/09/22撮影 【遂に隠れた名瀑”赤岩滝”に出会えた...聞きしに勝る名瀑!】


      バス停から90分...ほぼモデルタイム通り

        しかし”隠れた名瀑 赤岩滝”

 ”数段の段漠”ですが段数不明(まさに隠れた名瀑?)!

   しかも努力無しでは簡単に全容を見せてくれません


        赤岩滝の詳細はネットによってマチマチ!

          でも、ここ(↓)が一番下の滝かも?

           P1120776.jpg

       赤岩滝の全容を見渡せる場所に出るには

   この滝を挟んで左右どちらかを登ることになるが...

           ケン坊たちは右手の岩場を選択!

   角度のキツイ(6~70度に感じる)岩場登りにビビる

P1120696.jpg

   岩場の先に黄色い花が咲いているが近づけない!

          アキノキリンソウのようですが...

        写真を撮っている余裕などありません

  が、この景色・光景はその場限りと思うとツイツイ...

P1120693.jpg

         岩場を登りきったと思われる場所から

       下を見るとこんな光景...足が竦みます! 

           P1120700.jpg

     この後、下って滝に近づくコースを選択したM氏

       この下る様子をハラハラして見ていた3人は

   少しでも楽なほうを選択? 足が竦んでますが>笑<
   (写真を撮る余裕なんかありませんでした。今にして思えば残念ですが...)

P1120702.jpg

    ようやく滝が見渡せる場所にたどり着きました...

       ここからは”4段の赤岩滝”が見えます

        普通、数段に亘る滝は奥行きの関係で

  滝全体を見ることは難しいが赤岩滝は素晴しい眺めに!

    青空が欲しいところですが...贅沢は言いません
   (出発する時は、雨さえ降らなければ良いと言っていたのに...欲が?)

     想像をはるかに超える光景をここで見つけました

           P1120711.jpg

                  情報によっては

     この滝より更に上に(見えない)3段あるというが

 見える範囲を”赤岩滝の全容”と思い込むしか>笑<


   以下、この4段の段瀑”赤岩滝”を中心に掲載します




【一段目の滝】

  豪快に飛び出した水が岩肌に当って砕ける光景に迫力!

P1120713.jpg


【二段目の滝】

  一段目と違って岩肌を勢いよく滑り落ちる姿が印象的!

P1120706.jpg


【三段目の滝】

  一般的に見られる滝の光景! 滝壺も見えます

P1120707.jpg


【四段目の滝】

  姿を”半ひねりして着水” 岩に砕け散る水飛沫

P1120708.jpg

  そして、滝をより近くで見られる場所へと進むメンバー

P1120716.jpg

    突然に青空が...一番待ち望んでいた青空が!

  これ以上 何を望むのか? 罰が当りますよね>笑<

           P1120723.jpg

      一番上の滝から見下ろしたい気持ちもあるが

    巻き道があるのか無いのか...時間の関係もあり

    ここ3段目の滝壺付近で昼食タイムとすることに...


         狭いですが休憩に適したスペースには
    (狭いとは言っても滝つぼ前のスペースには15人?は楽勝でしょう)

  あのシロヨメナ以外の花が顔を見せてくれました>笑<



ミソガワソウでしょうか?

P1120725.jpg

カメバヒキオコシ

P1120727.jpg

テンニンソウ

P1120329.jpg

        3段目の滝壺のまん前でいつものポーズ?

           P1120732.jpg

          そして見上げれば...この青空です

                  素晴しいでしょ! 

       華厳にも竜頭にも湯滝にも負けてません...

P1120736.jpg

        そして11時”お昼モード”に そうです!

    M氏自慢の山頂(今日は違う)での”ラーメン”です

          暑くも寒くも”ラーメン”最高っす!

P1120743.jpg

        そして滝壺から汲んだ水でコーヒー...

               気持ちの問題かも?

      熱いコーヒーが美味しい! 雲舞い(旨い)!

P1120761.jpg

            予想しなかった青空が顔を出し

   当日の雨模様の予報を跳ね返したのは誰でしょう!

                陽の光が滝水を照らし

        滝全体が輝き美しい姿を見せてくれました

     素晴しい秘境の赤岩滝に出会えて感謝感激です



   旅は更に続きます...が、滝の余韻を残し次回です


【振り返りコーナー】

  奥日光の隠れた名瀑”赤岩滝”(上)


【複数のネットからの抜粋】

滝で濡れた石が赤く見えることから、その名がついたと言われる。

滝下から見えるのは4段で約70mですが、日当たりが良く青空が似合う爽快で
雄大な素晴らしい滝です。

この滝の上には更に3段で約50mの滝が続いているらしく、赤岩滝の総落差は
約120mとのことです。

段瀑で水量はとても豊富。豪快に岩盤を滑り落ちています。段瀑は近づくと上段が
見えなくなったりと物足りなく感じるのが多いのですが、この赤岩滝は段と段の間
が狭いので、どこも隠れる所がなく全てを見せてくれます。


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
奥日光にある秘境の名瀑”赤岩滝”を目指して!(上巻)
2012-09-26-Wed  CATEGORY: なかまとの出会い
24/09/22撮影 【山行きは天気であって欲しい。百歩譲っても曇り止まりです...】


         いわゆる”日光三名瀑“といえば

          華厳の滝・竜頭の滝・湯滝



          2年前から始まった仲間との山紀行

      前回(8月)はN氏の膝の関係で3人だったが

  全員揃って”隠れた名瀑・赤岩滝”を目指します

    揃い踏みは昨年12月(篠井連峰)以来9ヶ月振り


    数日前までの予報は最高の天気の筈だったのに

    今朝まで雨が残り しかも今日も一日中 雨模様!

       中止の文字も浮かんだが...催行します

P1120606.jpg

      今回は目的地(赤岩滝)までの距離を考慮し

    バスを利用して西の湖入り口まで行っちゃいます

        8:45発のバスまでしばし時間調整...

P1120609.jpg

        バスに乗るのは今回が3回目です...

  西の湖からが本番なので時間を稼ぐには有効な手段

    しらかば号は西の湖入り口に向け低速で走ります

  時おり戦場ヶ原や小田代ヶ原の案内テープが流れる

    紅葉には早いし雨模様なので乗客は5割程度?

P1120610.jpg

    バスの中から見た”小田代の貴婦人”です

       色づき始めた草紅葉は未だ早いですね

P1120613.jpg

        赤沼車庫から”しらかば号”で20数分

      スタート地点となる”西の湖入り口”で下車

P1120615.jpg

   外山沢川に架かる橋を渡るところからスタートです

P1120616.jpg

          我々の前に2人組が...ご夫婦?

     服装から見た感じでは”西の湖コース”ですね

        朝方まで降っていた雨が水溜りに...

     コースは果たして大丈夫なのか不安がよぎる

            と同時に空模様が心配だ!

    晴れなくて良い! せめて雨よ持ち堪えてくれ~

P1120618.jpg

         バス停周辺から続く”白い花”の景色

          たぶん”シロヨメナ”だと思うが

      このシロヨメナの大群はこの先も延々と続く!

P1120622.jpg

            バス停から6~7分で分岐点が

     左は西の湖、そして右が赤岩滝へ4.3㌔の表示
         (案の定、ご夫婦は西の湖方面へと向きを変えた)

P1120623.jpg

        道標板は小さいがちゃんとしていて安心

       今回はY氏の経験(去年)に頼りっきりです

P1120626.jpg

        滝に向かって”柳沢林道”を淡々と歩く

    柳沢川の砂防ダム工事用に作られた林道らしい

         両側は相変わらずシロヨメナだけ...

       逆にシロヨメナ以外の花を全く見かけない
(平家を揶揄した言葉では無いですが、シロヨメナ以外は花にあらずって感じです)

P1120630.jpg

      突然に木の鳥居が...山の神を祀っている?

             奥に祠のような石が見えました

           P1120632.jpg

              バス停から40分が経過

      少し前から川を流れる水音が聞こえていたが

   今日の水量はどうなのか? 靴のまま渡渉できるか

  雨も2度ほどパラパラとしたが...空も落ち着いてきた

P1120640.jpg

 ここの分岐は判り難いが左折(直進)。右カーブが本道だ!

   今回のコースで一番判りにくい場所だったような...
  (悩む事は無かった 数分歩くと合流です...つまりショートカットでした>笑<)

P1120645.jpg

     シロヨメナ以外の花を目を皿にして追ってますが

               なかなか見つかりません 

          やっと見つけた花は名前が判りません

  9/27 判明:ナギナタコウジュの白(珍品?) 長さんありがとうございます

P1120648.jpg

        そして最初の渡渉河原に着きました...

     ここまでバス停から3㌔強を50分...順調です

      水量を見ると...どうやら飛び石で渡れそう

        浮石もあるので慎重に石を選ばなくちゃ

P1120649.jpg

   実に上手い 山育ちのような身のこなし...>笑<

     Y氏(2回目)とM氏は早くも渡渉を終えました

P1120653.jpg

  復帰初戦のN氏は慎重に足を乗せる石を選んでます

     ココの渡渉場所が一番川幅の広い場所です

P1120660.jpg

    柳沢川の水は冷たい! 1分も入ってられない?
        (少し前だったら冷たくて気持ち良かったのにね...)

P1120661.jpg

          この渡渉で柳沢林道に別れを告げ

       これから柳沢川沿いのガレ場を歩くことに

  この先、赤岩滝まで約1.5㌔(3~40分)ありますが...

   周囲の景色は変わりませんが足場だけが様変わり

P1120671.jpg

            柳沢川の流れは元気が良い 

水量・水音とも迫力があります(写真は滑べり落ちるような川面ですが)

P1120676.jpg

  ようやく”シロヨメナ”以外の花が目に飛び込んできた

 アザミです...褪めた色なので綺麗さはありませんが?

  9/27 ナンブアザミまたはトネアザミではないかと 長さんありがとうございます

P1120679.jpg

          2度目...3度目の渡渉かな?

  上流なので川幅は狭いですが石が濡れて滑りやすい

    おっとっと...思わず腰も引けちゃいます>笑<

P1120684.jpg

      渡渉が終わるたびに安堵の顔が見られます

P1120686.jpg

         まだまだ渡渉箇所はこの先もあります

    大きな石を避けながら足元にも注意を払って...

P1120689.jpg

     出発から1時間30分 一番下の滝に到着です

         まさに計算されたような歩きです...

P1120692.jpg

      天気は? 青空も時おり顔を...嬉しい誤算

   晴れ男集団(決して色男ではないが!)の威力かも?

  天気より心配だった”森の熊さん”に出会うことなく
       (最近、熊に襲われて怪我をした人がいたと耳にしたが...)

   無事に到着! でも中段の滝壺まで登ってみたい...


      さて、目的の”赤岩滝”の報告は次回です


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
”海山亭 いっちょう”のランチは群馬盛りの流れ?
2012-09-25-Tue  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
24/09/17撮影 【ファミレス。利用制限案内を見た時は今日は厳しいかと思ったが】



      初めて”海山亭 いっちょう”に潜入です

P1120448.jpg

    どの位待つのか順番待ちの名前を記入した紙を

          入り口周辺を探したが見当たらない

        すると受付カンターにタッチパネルが...


    近づき画面を見るとタッチパネルで受付するらしい

店員に誘導されながら

  *エントリー画面をタッチし

  *人数は?  えぇ~と魔女と魔女っ子と3人

  *テーブルか和室か?  早ければどちらでも良いや


    エントリが終了すると”受付番号53番”と印刷され

       画面には”いま15人待ちです”と表示された

 これは良いシステムです(名前を書かないのがミソか?)

P1120439.jpg

           15人待ち...意外と早いじゃん?

   それから20分? いや30分後に部屋へ案内された

           テーブル席かと思いきや個室です

        足元は掘り炬燵風で...足に優しいです

P1120453.jpg

        おぉ~ 部屋の中にもタッチパネルが...

    部屋のタッチパネルはメニューを注文するらしい!

P1120474.jpg

        部屋担当の店員から操作指導を受ける

     もちろんメニュー全てに商品番号が付られてます

       テスト発注操作を経た後に正式に発注...

           P1120455.jpg

             ファーストフードで注文すると

    大きな声で”ご注文の品を確認させて戴きます”

       店内に聞こえる(オーバー)ような声で繰り返す

   あの光景が無いだけ良いかも(操作ミスは自己責任)

P1120449.jpg

       メニュー以外の注文(呼び出し)もできます

 追加注文や店員の呼び出し、取り皿の追加、箸・スプーン

   面白いのは”眼鏡”も注文できる?(年寄り用ですね)

       食べ物や飲み物をこぼしたSOS...等々


  年配者同士で利用した場合はどうか...操作が判らず

          廊下へ出て店員さんを探すことに?

  便利な世の中...裏を返せば不便に感じる人もいます!

           P1120451.jpg



  折角なので、今回の注文メニュー写真を掲載しときます

                   コチラ ↓ です



魔女と魔女っ子は?

     本日30食限定という”日替りレディースセット”

          990円(消費税込みで1039円)

      品数は多くボリュームも満点です

    流石に食べきれず...最後はケン坊が尻拭い?

P1120467.jpg

P1120464.jpg

P1120468.jpg

P1120470.jpg


ケン坊は何を?

      限定ではないが”海鮮とソースカツ丼トリオ”

      こちらも990円(消費税込みで1039円)です

          こちらもボリュームも満点!

 女性陣に回せず全てケン坊の胃の中に納品です>笑<

P1120465.jpg

P1120461.jpg

P1120462.jpg

P1120473.jpg

          料理が出るのに少し待った以外は

              味も量も満足です

    このボリュームは群馬盛りの影響なんでしょうか?

     メニューに幅の広~い”あのウドン”がありました

      桐生まで行かなくても食べられます 次回は?


           先に魔女から”ご馳走様”と言われ

      毎度のことながら今回もケン坊の奢りに>^^;<



    酒は飲んだら乗るな 乗るなら飲むな!

           P1120454.jpg


【関連コーナー】

  海山亭 いっちょうの建物編
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
目立つ長い塀に蔵風の建物...ついに”いっちょう”が鹿沼に進出!
2012-09-24-Mon  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
24/09/17撮影 【開店から1ヶ月...祝日なので程よく混んでますが試食を?】


      前から広い敷地が工事用塀で囲われていて

            何ができるのか気になっていた

   8月12日”海山亭 いっちょう”が鹿沼へ進出



    このなが~い塀...♪粋な黒塀 見越しの松に♪

        塀だけ見ると何屋さんだろうと疑問です

P1120436.jpg

    駐車場から見ると左に白壁(漆喰?)の蔵風建物

     右は長~い瓦屋根の建物が..ドンだけ広い?

P1120442.jpg

        道路側から見ると完全に蔵(倉庫)です

         郷土資料館のような雰囲気も...?

P1120445.jpg

     いよいよ暖簾を分けて中へ入ってみます...

P1120426.jpg

            塀に中に入って左右を見ると

   幅は広くはないが植え込みと犬走り...ウダツも?

P1120431.jpg

           P1120432.jpg

                  真正面を見ると

    混んでいる?  ”入場制限中”の立て看板が...

P1120430.jpg

          どのくらい混んでいるのか覗こうと

               玄関を開けてみます...

   この扉の中はどんな光景が待っているのでしょうか?

P1120433.jpg

   蔵の白壁にかけられた”丸に一銚の文字”が屋号?

P1120434.jpg

       その”いっちょう”が鹿沼にオープンしました

  オープン時は混んでいたので1ヶ月経過したこの時期に

     様子を伺いに...駐車場は150台分もある?

P1120440.jpg

           次回は”発注システム”を報告!


【いっちょうとは?】ネットから

社名:フジタコーポレーショングループ
   株式会社 萬 家(よろずや)

本社所在地:群馬県太田市

設立:平成15年11月11日

事業内容:レストラン&居酒屋チェーン店の営業

関連会社
 :株式会社フジタコーポレーション
  ・生鮮食品、加工食品主体のスーパーマーケットチェーン

 :株式会社ファミリーブック
  ・書籍の販売及びDVD・CDレンタル複合店チェーン

 :株式会社グローバルキッチン
  ・お惣菜及び食品の販売

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
予告! 日光の隠れた”名瀑”へ初挑戦
2012-09-23-Sun  CATEGORY: なかまとの出会い
24/09/22撮影 【初めての場所は胸がワクワクします...仲間の情報で実現!】



     先月初め、仲間と”一切経山(福島)”へ行ったが

  その時、次回は”日光の隠れた滝”に行こうと...

          さぁ~て その滝とはどこでしょう?




            どこまでも続く白い花の集団

   奢る平家ではないが...白い花以外は花じゃない?

   奥日光の雑木林の中は一面真っ白い花が咲き乱れ

P1120621.jpg

            そして渡渉は5回だったかな?
               (小さな沢を含めると倍くらい?)

     この位の渡渉ならなら靴を脱がなくても大丈夫?

P1120689.jpg

             おぉ~ ♪見えた見えたよ~

        素晴らしい滝が目の前に現れました...

P1120704.jpg

        写真の整理が終わり次第掲載します!

                もうお判りですか?
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
さすけ亭のランチ”びっくり弁当”ってどんな弁当?
2012-09-22-Sat  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
24/08/29撮影 【出流ふれあいの森のシュウカイドウを見る前に腹ごしらえを...】


少し前の話です...

          地元紙の情報を糧にアチコチ探訪?

            いや”ケン坊の意思”です

     今日は栃木市の”さすけ亭”でランチに挑戦!

      情報誌によれば”びっくり弁当”がウリとか...


    長屋スタイルの建物の一角で営業する”さすけ亭”

     入り口は狭いです...夜は焼肉屋でしょうか?

P1110565.jpg

      入ると小さなカンター席とテーブル席2個あり

          ケン坊たちは畳の部屋へ通された

       3組目だったのでまだガラガラですが...

           帰る頃には、ほぼ埋まってました

P1110542.jpg

      畳の部屋から壁越しにテーブル席が見える

P1110543.jpg

                 早速メニューで選択!

     見る前からオーダーは決まってます...>笑<

        今日のお勧めはコレ↓”名物弁当”です

      食材数が多く、しかも基本的に毎日違うとか

P1110544.jpg

        もちろん、他に定食ものも豊富にあります

P1110551.jpg

     更に”ランチタイム・セルフサービスコーナー”

  ドリンクにサラダ...今日のサラダはセンキャベだけ?

P1110553.jpg

            ジャジャジャ~ン 遂に登場!

          コレが”びっくり弁当”だよ~ん

P1110560.jpg

     刺身はもちろん、揚げ物、煮物、漬物、果物...

           厚労省の勧める”一日30品目”も

     この”びっくり弁当”だけでノルマを達成しそう?

P1110556.jpg

      ドリンクサービス...ケン坊はアイスコーヒー

P1110563.jpg

  バランス取れた”びっくり弁当は合格”でしょう!

          コスパもかなり良いんじゃないかな~

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
初秋の塩原渓谷歩道...花を愛でる編?
2012-09-21-Fri  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
24/09/14撮影 【渡良瀬遊水地のログで失敗したばかりなのに...またです!】


 今回は”塩原渓谷・やしおコース”で花を散策!

         と言っても学習効果のないケン坊

    毎回、皆さんのお世話になるばかり...今回も!

          ご存知の方にはご教授を賜りたく
          (写真に番号を付しておきましたので...>笑<)

       いつもの通り写真を並べておきます>謝<

P1120309.jpg

1【タマゴダケ(幼菌)】

  いきなりキノコでゴメン...入って1㍍のところに

  ネットに幼菌とあったが種類なのか不明?

  もし成菌というのがあるとすればその次の写真↓か?

P1120312.jpg
 ↓ 成長するとこんな形になるの?(昨年、県民の森で撮影したもの)
画像 943

2【オオマムシグサの実?】

  これから真っ赤になるのでしょうか...

P1120314.jpg

3【ウワズミザクラに似た花】

  でも葉が全然違うので...名前も違います

P1120316.jpg

4【不明ボタンクサギ】 9/21判明 長さんありがとうございます

  花はどこかで見ているんですが思い出せず...

P1120320.jpg

5【ゲンノショウコ】ネットから

  生薬のひとつで名は「(胃腸に)実際に効く証拠」意で、ドクダミ、センブリと
  共に日本の民間薬の代表格です。

  根・茎・葉・花などを干し煎じて下痢止めや胃薬とし、また茶としても飲用する。

  飲み過ぎても便秘を引き起こしたりせず、優秀な整腸生薬でありイシャイラズ
  (医者いらず)、タチマチグサ(たちまち草)などの異名も持つ。


  可愛いらしい清楚な花です

P1120328.jpg

6【不明テンニンソウ】

  一度調べ書いたのにPC不調で...再現せず!

P1120329.jpg

7【ムラサキニガナ】

  何とかニガナという花とは形状が全く違う

           P1120331.jpg

8【ミゾソバ】

  似た花”アキノウナギツカミ”と間違いそう!

P1120333.jpg

9【ドクゼリ】

  よく見れば判別できるかも?(ハクサンボウフウ、シシウドと)  

P1120334.jpg

10【ホツツジ】

  もう少しピンクっぽい気がしたが...真っ白です

P1120343.jpg

11【アンズダケ?】

  キノコの名前は花以上に判りません

P1120351.jpg

12【ヤマジノホトトギス】

  これは間違いないと思いますよ~

P1120353.jpg

13【不明】

  ネットで名前が判りそうで判らない花

           P1120355.jpg

14【不明】

  花が散ったあとの”細いシベ”でしょうか?

           P1120356.jpg

15【ミズヒキ】

  カメラマン泣かせ? ケン坊だけですね

P1120379.jpg

16【キバナアキギリ】

  アチコチで見かけるようになりました

P1120384.jpg

17【ハギ】

  ハギにもいろいろあって”総称”で報告

P1120412.jpg

18【オクモミジハグマ】

  カシワバハグマにも似てるんですが...

P1120415.jpg


       塩原渓谷歩道も決して涼しくありませんが

       いろんな植物が顔を見せてくれました【完】



【関連コーナー】

  塩原渓谷歩道・景色と温泉
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
初秋の塩原渓谷歩道...景色と温泉編
2012-09-20-Thu  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
24/09/14撮影 【この時期の里山歩きは厳しい...せめて塩原渓谷で避暑気分を】



            避暑目的で塩原へ向かったが

    今回は渓谷歩道”やしおコース”を歩きます

                  やしおコースは

     ”ビジターセンター ~ 箒川ダムの3.7㌔”です



最近はビジターセンターの駐車場から渓谷歩道へ入ります

P1120309.jpg

  5分で林を抜け車道を歩いて”福渡橋”から上流を見ると

            一昨年行った”天狗岩”が見える
          (山の中腹に見える三角形した白い岩肌部分です)

           P1120319.jpg
  福渡橋から見る箒川下流の眺めです(この後、箒川の左岸歩道を歩きます)
P1120318.jpg

       福渡橋を渡った場所から川沿いに降りて

    素晴らしい眺めの箒川渓谷遊歩道をテクテクと
           (多分、紅葉も良い景色になるだろうな~)

P1120324.jpg

      不動吊橋の右手前に”岩の湯(露天風呂)”が
     *町内会が管理する混浴の露天風呂で200円で自由に入れます

         遊歩道から丸見えなので遠慮してると
      (これ見よがしにコチラに前を見せて?...おぉ~恥ずかしや)

       仕方なく?吊橋を渡りきったところでカシャ!
 (対岸からは丸見えですが橋からは目隠しがあるのであまり見えません...)

P1120327.jpg

    少し川沿いに歩くがいつの間にか木立の中へ...

        更に5~6分歩くと”不動の足湯”があり
  (以前、ベンチ式の足湯があったが、六角形の足湯に作り変えられていた)

            奥方が一人で浸っていました
          (近づいたら木の陰からご主人が...>笑<)

P1120335.jpg

        不動の足湯から見る”不動の湯”の風景
   (真ん中左に赤茶けた水が流れ落ちているが”不動の湯の掛け流し”です)

P1120393.jpg

                こちらが”不動の湯”
   *↑岩の湯と同じで混浴可で200円(お金は箱に入れるだけです)

         石垣の上がコースになっているので

     露天風呂はまさに露天(歩道から丸見え)です
   (往路では数人が入浴中だったため撮れず復路で...まさに混浴でした)

P1120391.jpg

     不動の湯から数分歩いたところに小さな滝が?

          これが”不動の滝”ですか?(不明)

P1120338.jpg

  少しずつ登って行くと先ほどの不動の湯が見下ろせます

     ちょうど混浴の光景(ご夫婦)が見えたので...
 (丸見えで他の客も入り女性の姿は殆ど見かけませんが、今日はいました!)

P1120340.jpg

  途中、崩れた個所があって迂回路を余儀なくされたが

           5分も歩くと元の歩道へ合流...

     更に歩くと白い橋? 何かがチラチラ見えてきた

      こんな場所があったかな~ 思い出せない!

P1120358.jpg

        近づくとやはり橋を架ける工事の真っ最中

     工事の責任者らしき人がいたので聞いてみたら

 ”橋の手前の山にトンネルを掘り、既に利用開始した新しいトンネルに接続する”

     という...来月から始まり2年後には完成とか

           う~ん トンネルで時間短縮か~

    でも渓谷美を堪能する機会を失うのは勿体無い!

       多分、旧道も利用できるとは思うのだが...

           P1120360.jpg

             厳しくないアップダウンを歩くと

     コースから少し離れた場所に”布滝の展望台”が
     (名前の由来は未確認ですが、多分布を広げたような...違う?)

  展望台を囲む木々が邪魔でこれが精一杯の布滝の姿

P1120366.jpg

    90分! 今回の渓谷歩道”やしおコース”の終点へ

              そう! やしおコースは

     ”ビジターセンター ~ 箒川ダム(3.7㌔)”です

P1120375.jpg



     この先歩こうと思っていたが寄り道の都合もあり

              箒川ダムで引き返した...

                 往復で7.4㌔の歩き

   猛暑下の歩きを覚悟してたが、渓谷ということもあり

           心地よい汗を流すことができました


    復路では”不動の足湯”で魔女と遊んじゃった...



           【不動の足湯:源泉かけ流し】

真ん中から温泉が噴出しています...温度も熱いくらいだが気持ちが良い
P1120394.jpg

直ぐ下には箒川が流れ、森林浴にも温泉浴気分にも気持ちの良い足湯です
P1120405.jpg

そう! この穴から湯が流れ落ち、パイプの先から川へ...
P1120408.jpg

足湯の底には黒い丸みのある小石があり”足のツボ押し”感覚 気持ち良い
P1120404.jpg

いきなり”ニュッ”と出た魔女の足 足でジャンケンしてます>笑<
P1120407.jpg

人目も無いので魔女と”足の合体ショー”を展開(段々とエスカレート...?)
P1120403.jpg

     魔女に見つかったら削除です...時限制あり?


     次回は塩原渓谷歩道で出合った花を掲載予定!

ページトップへ  トラックバック0 コメント7
ラムサール条約登録:渡良瀬遊水地の炎天下で見た花は
2012-09-19-Wed  CATEGORY: 渡良瀬遊水地紀行
24/09/13撮影 【期待した花に会えず少し残念だったが景色に恵まれたので...】


 ラムサール条約登録地”渡良瀬遊水地に咲く花”です

      一週間~10日ほど早ければ良かったが...

       清掃兼除草のためか? コースの両側が

  草刈機で刈られてしまって本来見たい花々が消えた?

P1120174.jpg

       写真を撮ろうにも新鮮味がない花ばかり?

     撮っても名前が判らない!  推測と独断で...

          ご存知の方にはご教授を戴きたく
          (写真に番号を付しておきましたので...>笑<)

       いつもの通り写真を並べておきます>謝<



1【メドハギ】

P1120191.jpg

2【調査中?】

  *実の周りに小さな花が咲いていて散ったら青い実が顔を出す?

P1120195.jpg

3【ムラサキツメクサ】
P1120200.jpg

4【イヌゴマ

  *名前には自信ありません...9/19:長さんよりOKサイン!

P1120202.jpg

5【ツユクサ(水色)】

  *水色のツユクサはあまり見かけない?

P1120207.jpg

6【ヤブガラシ】

P1120219.jpg

7【ノブドウ】

P1120204.jpg

8【カタバミ】

  *カタバミで良いのかな?

P1120225.jpg

9【コシロノセンダングサ または コセンダングサ】


  *どちらでしょうか?・・・9/19:長さんよりの判定で結論です!

P1120214.jpg

10【アレチヌスビトハギ】

  *普通のハギかも知れません

P1120220.jpg

11【ヒメシオン】

  *ケン坊の独断です

P1120238.jpg

12【キバナコスモス】

P1120241.jpg

13【ヨシ】

P1120242.jpg

14【アキノウナギツカミ】

  *似た花(ミゾソバ)があって...自信なし

P1120248.jpg

15【クズ】

P1120249.jpg

16【ワタラセツリフネソウ】

  *新種のツリフネですが...ボケちゃったので写真なし



17【セイヨウアケビ?】

  *違ったかな?

P1120292.jpg


   次回は機会みて”谷中村史跡ゾーン”を報告


【関連コーナー】

  渡良瀬遊水地・施設景色編
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
ラムサール条約登録:渡良瀬遊水地は初秋でも炎天下(案内編)
2012-09-18-Tue  CATEGORY: 渡良瀬遊水地紀行
24/09/13撮影 【どう見ても消化不良のブログです 何を伝えたかったのかな~】


     今年”ラムサール条約”に登録された湿原

  4県にまたがる”渡良瀬遊水地”を表敬訪問です

P1120174.jpg


【ラムサール条約とは】

昭和46年にイランのラムサールで開催された「湿地及び水鳥の保全のための国際
会議」において「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」が
採択されました。

この条約は開催地にちなみ、「ラムサール条約」と呼ばれています。日本国内では、
37か所の登録がされていましたが、今回の締約国会議において、渡良瀬遊水地を
含め、9か所が新たに登録になり、日本国内での登録地は46か所となりました。



【ラムサールの3つの柱】

保全・再生 水鳥の生息地だけでなく、私たちの生活環境を支える重要な生態系と
して、幅広く湿地の保全・再生を呼びかけています。

賢明な利用 ラムサール条約では、産業や地域の人々の生活とバランスのとれた
保全を進めるため、湿地の「賢明な利用(ワイズ・ユース)」を提唱しています。

賢明な利用とは、湿地の生態系を維持しつつそこから得られる恵みを持続的に活用
することです。

交流・学習 ラムサール条約では、湿地の保全や賢明な利用のために、人々の交流や
情報交換、教育、参加、啓蒙活動を進めることを決議しています。


P1120173.jpg

【渡良瀬遊水地の概要】

渡良瀬遊水地は東京から約60kmに位置し、4県(栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県)
の4市2町(栃木県栃木市、栃木県小山市、栃木県野木町、群馬県板倉町、埼玉県加須市、
茨城県古河市)にまたがる本州最大の遊水地です。

遊水地には、渡良瀬川、思川、巴波川の3つの川が流れ込み、約4k下流で日本一大きな
利根川に合流しています。

渡良瀬遊水地は南北に約9k、東西に約6k、周囲の長さが約30kで堤防や台地により
囲まれています。その広さは、約3,300haです。また、緑豊かな広大なヨシ原が
特徴で、貴重な動植物が数多く確認されています。

これは、遊水地の機能を保持するために、ヨシ原や沼を自然に近い形で残してきたことに
よるものであり、かつ、低地における広大な自然環境が保全されている渡良瀬遊水地は、
まさに「自然の博物館」ということができるでしょう。


P1120308.jpg

  今日は渡良瀬遊水地の”谷中ブロック”を周回する形で
            (ハート型の谷中湖のうち真ん中部分)

            ぐるりと散歩?してきました

      中央エントランスの駐車場に車を止めて...
              (写真↓中段左端にあります)

P1120425.jpg

      先ずは”谷田川に架かる下宮橋”を渡ります

  欄干に彫られたヨシと野鳥が遊水地のシンボルです!

P1120306.jpg

      下宮橋を渡ると遊水地が前面に大きく広がる

     そして遊水地を分けるように真っ直ぐな滑走路?

           道路が青空が・・・どこまでも続く!

P1120176.jpg

           道路を挟んで左側が”北ブロック”

   ☆ウインドサーフィンやカヌーなどの利用ができる

P1120175.jpg

           道路を挟んで右側が”南ブロック”

      ☆ルアー・毛ばり釣り場として利用ができる

P1120177.jpg

          西橋の先に”中の島”があります...
               (写真は中の島の一部です)

      中の島から左に行くと”子供の広場ゾーン”へ

           ケン坊はひたすら真っ直ぐに歩く

P1120180.jpg

           バードウォッチングの場所? 

     以前からあったんでしょうが気付かなかった!

P1120183.jpg

        刳り貫いた窓から見る光景はコチラ↓

   写真のアングルはイマイチですが夫々が絵になります

P1120186.jpg

        中の島を後にしてひたすら東橋へ...

 後ろから一気に追い抜いていった自転車!(あっぶね~)

  近々、遊水地でイベントが行われるので練習みたい?
      (間もなく東橋です...写真中央の白いのが欄干です)

P1120187.jpg

             東橋から見る前方の景色...

              写真中央に見える煙突は?

     そう ”野木レンガ窯の煙突”と周辺の施設です

P1120178.jpg

     そして西側を見ると”北橋”と”浮島”が見えます

        浮島は野鳥の住処として数多くあります

P1120190.jpg

          そして対岸に到着したケン坊は...

  左折し湖岸に沿って”谷中村史跡保存ゾーン”へ向かう

       炎天下を淡々と歩きます>汗・水・汗・水<

           そして谷中村史跡保存ゾーンは

        両側は”ヨシ”でビッチリと囲まれてます

P1120227.jpg

       谷中村って”養蚕”で生計していたのかな?

               遊水地の道路沿いには

        とてつもない大きな桑の木が見られます

          ↓この桑の木も高さ10㍍はありそう

             幹の太さもご覧のとおり...

           P1120244.jpg

  今年は猛暑のせいかアチコチでこの看板に出会います

              そう スズメバチの巣です

       怖いので”君子危うきに近寄らず”です>笑<

P1120255.jpg

      この変わった構造物は”ウォッチングタワー”

     ”ヨシ原浄化施設”の管理棟です(高さ15.7㍍)

    屋上では自然観察もできるし遊水地が一望できる

P1120266.jpg

          ウォッチングタワーからの眺めです

           一面が緑(ヨシ)に包まれています

P1120268.jpg

     この広い空間をケン坊が独占?(そんな事ない)

P1120272.jpg

       炎天下を歩き通して90分...アヂーっす!

    ウォッチングタワーから北橋経由で中の島に向かう

          往路で渡った”東橋”が見えます

P1120278.jpg

        天気が良すぎて日光連山の姿も見えず

     空と湖の青さだけがどこまでも広がるだけ...
            (写真右の白い建物?は”北水門”です)

P1120279.jpg

         関東の水瓶のダムが水不足する中で

   渡良瀬遊水地は満々と水を貯えて緊急に備えてます

          しらさぎ?が優雅に飛び回ってます

     やはり渡良瀬遊水地は”野鳥の楽園”ですね!

P1120300.jpg

   反省! レンタサイクルを利用すべきでした


     次回は”渡良瀬遊水地に咲く花たち”を予定?


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
高倉健主演の映画”あなたに”...随分と考えさせられた
2012-09-17-Mon  CATEGORY: シネマ観賞
24/09/15撮影 【映画も時に気分転換になるが、でも今回は考えさせられた...】



         孫との映画を除くと今年4本目となる

  高倉健が”あなたへ”で6年ぶりに銀幕へ戻ってきた



   ケン坊の青春時代は”高倉健=網走番外地”だった

        その高倉健も81歳に(信じられない!)

   雨の日が映画鑑賞日なのだがあまりに暑いので...

P1120420.jpg

【映画の大筋】ネットから抜粋

映画は、高倉健演じる富山刑務所の指導技官・倉島のもとに、ある日、亡き妻・洋子
が残した絵手紙が届き、その一通に、白い灯台を一羽のスズメが見上げる絵をバック
にして「あなたへ 私の遺骨は故郷の海に撒いてください」と書かれている。

もう一通は平戸の郵便局への「局留め郵便」であり、期限は10日間...それまでに
洋子の故郷平戸へ向かわねばならない。

堅物で通っていた倉島が、慰問に来て歌を披露していた洋子と結婚し、穏やかで幸せな
結婚生活を送っていた筈なのに、何故、妻は自分の思いを直接伝えてくれなかったのか、
自分は一体妻にとって何だったのか、その妻の真意を確かめたくて、苦しい思いを胸に
秘めて、自家製のキャンピングカーに乗って1200㌔の道を、洋子の故郷平戸へ向う
男の話...

写し出された日本の風景が、実に美しくて印象的。それと道中で一期一会で遭遇する
人々との数奇な出会いと運命の触れ合いが、胸を締め付けるほど強烈な感動を呼ぶ。

乗鞍スカイライン、飛騨高山、朝来の竹田城址、大阪の道頓堀、下関の火の山や唐戸、
門司港レトロ地区、そして終着地の平戸・薄香港と玄海の海。美しくて懐かしい日本の
風景が展開されて行く。

天空の城と呼ばれている兵庫県朝来市の竹田城址では ~中略~ 中国山脈の山並みを
バックに真っ白な雲海に巨艦のように浮かび上がる城址が映し出され実に美しい。

この映画で興味深いのは、非常に芸達者で素晴らしい演技を披露している脇役陣の活躍
であるが、まず、地味だが、倉島の同僚塚本和夫夫妻を演じる長塚京三と原田美枝子

次に、旅の途中、飛騨高山の板蔵ドライブインで出会うビートたけし演じる杉野輝夫
更には草彅剛のイカメシ弁当の実演販売人・田宮と同僚の佐藤浩市演じる南原...




             この先は映画をご覧ください

    いろいろと考えさせられました...”夫婦観”も

             ストーリーもなかなか面白く

       何と言っても高倉健の演技は感動ものです!


   あの朴訥とした語り方が...この映画を締めている?

           P1120418.jpg




            さ~て 次回の映画観賞は...

               コレ コレ コレ↓ですよ

       130万部突破の大ベストセラーの映画化!


                でくのぼうの城”


       昨年完成したが水攻めのシーンがあるため

    東日本大震災に配慮し延期したという背景が...

       行田市の”忍城”を舞台に繰り広げられた戦

                11月2日 封切り

P1120421.jpg

P1120422.jpg

       今年の7月に訪れた” 忍 城 ”です

P1090726.jpg



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
グリーンカーテン”フウセンカズラ”のおまけ編
2012-09-17-Mon  CATEGORY: 我が家の光景
 種蒔から始めた”緑のカーテン”による省エネ作戦!

   9月に入り”フウセンカズラ”も茶色く色づいた


           こちら↓は8/14の状態です

P1100840.jpg


    いよいよフウセンカズラも収穫の時期を迎えた!


          写真の実柄は極々一部です...

P1110640.jpg

         一つひとつ袋を破り取り出した種子は

   小さな”ハートマーク入りの種子”を収穫!

P1110643.jpg

          猿やミッキーマウスを連想する種子

P1110646.jpg

          当初、戴いたのが30粒の種子...

   今年はケン坊が”フウセンカズラのファン”へ配布!

           果たして何人に配布できるかな?

P1110897.jpg

以上で完全にこのコーナーは終了です


【振り返りコーナー】

  24フウセンカズラ・その1

  24フウセンカズラ・その2

  24フウセンカズラ・その3

ページトップへ  トラックバック0
女性に人気の果実? ”いちじく” (浣腸ではありませんよ!)
2012-09-16-Sun  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
24/09/07撮影 【近所にもいちじくが見事に生ってますが...レシピはどんな?】


            ケン坊の子供の頃(百姓)には

     どこの家の庭先でも”いちじく”は見掛けたが
                (いまも見られますが...)

           買ってまで食べようとは思ってなく

   したがって何十年と口には入れてなかった(オーバー?)
    (埼玉の騎西だったか、まんじゅうが有名? 通りに看板を見かけます)


       先日、道の駅で”7個入り315円”で購入!

P1120089.jpg

           熟してたので早々に食べようと

               先ずは2つに割り...

     何して食べたら美味しいのか思い出せない!

P1120099.jpg

        取り敢えず小さく切ってから考えよう?

    一切れパクっと口に入れたが 想定の範囲です

P1120100.jpg

      そうだ! ブロ友”亀さん”の真似しちゃおう

      たしかヨーグルトをかけてたような記憶が?

         おぉー 想像以上に”いけるじゃん”

P1120098.jpg

       でも全部同じパターンじゃつまらないからと

     冒険して”メープルシロップ”をかけてみたら...

       これが”イマイチ”でした(不味くは無いが)

  熟し過ぎたのかも知れません もう少し早い方が良い?

P1120104.jpg

    今度、騎西で”いちじく饅頭”でも買ってみるかな?

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
那須烏山市で”寿しランチ”を食べることになるとは
2012-09-15-Sat  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
24/08/26撮影 【ブロ友ハンター師匠が☆5を...そんなお寿司屋さんが烏山に?】


   まさか那須烏山でお寿司を食べることになるとは?

        熊田棚田のヒマワリを観賞した帰り道

         目に入った”寿し 松栄”の看板

  思い出しました...ブロ友ハンター師匠推薦のお店!

P1110433.jpg

  駐車場に車が2台 従業員の車? それともお客??

       躊躇したが思い切って暖簾を分けて...

   那須烏山というイメージと違う雰囲気? (失礼!)

P1110431.jpg

    ドアが開き一歩踏み込んで足が止まってしまった

 目の前に”のれん” お店と思われる方向が通路のよう

    そしてマジックミラーのような光景に”アレ~”状態
   (写真右のカンター窓のような部分は左側が鏡に写っているんです...
    つまり、靴が見えますが、個室が何個か奥に並んでいるようです)


P1110430.jpg

   突然、目の前の暖簾を潜るよう案内されカウンターへ

      なるほど! ここがカンター席なんだと理解した
        (カウンターはゆったりと6席あります ケン坊が一人...)

         中で60代の初老が元気に握ってました

P1110420.jpg

       ケン坊が目の前の通常メニューを見てたら

    ご主人が”ランチがお得ですよ”とランチメニューを

 急だったのでハンター師匠は何を頼んだのか想いだせず

          流れで”Aランチ”を注文しちゃった
  (今日は一人だし、Aランチでも支払いは何時もより少ないし>アハハハ<

           P1110421.jpg

              しばしご主人と会話...

   話の流れで、写真が上手く撮れたらPCに掲載...

   なんて言ったら、以前も息子がPCに載ってたぞって

    教えてくれたことがあった...良く判らんがとも?


    奥さんと思しき方が前菜や味噌汁に茶碗蒸しを

            次々に運んで並べていたが

    タイミングを見計らってか”ヘ~ィ お待ち~”と

       メインの握りがカウンター越しに登場...
  (最近、回らない寿司屋に出かけることが減り何となくリッチになった気分!)

P1110426.jpg

        それではとマグロを口に入れたところで

    ”揚げ出し豆腐→変更⇒揚げ出し茄子”が登場!

      つまり勢ぞろいの写真が撮れなかったが...

          やむを得ず単独で登場です>笑<

P1110428.jpg

           ここで写真が途切れてしまった...

         中途半端なログで申し訳ありません!


     話し込んでいて撮るのを忘れたと言うのが本当!

      後でハンター師匠のブログを回顧してみたら

           AランチとBランチを...両方?

   そうだ”まぐろいか丼”が美味しそうと思っていたのに

 忘れてた!  次回は魔女と行って個室で食べてみます?





        なお、待っている間も食している間も次々と

    お客さんが入ってくる...そんなに人家があったかな

          みんな個室へと消えていっているようで

        ケン坊みたいな(単身族)は最後まで現れず




【振り返りコーナー】

   那須烏山市熊田:棚田のひまわり
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
今年も見ちゃった! 川連のホテイアオイとスペーシアのコラボ
2012-09-14-Fri  CATEGORY: 花紀行(ホテイアオイの名所)
24/09/12撮影 【すんまそん! またホテイアオイの登場...今回が最後?】


  今年は埼玉の道の駅で見たので意識してパスしてたら

     先日TVで”栃木のホテイアオイ”が放映
           (場所は栃木市大平町川連の東武線沿い)

        ついその気になってしまった...>笑<
    (ケン坊って単純ですね~ そして後悔したりするパターンが多い!)

P1120134.jpg

        いつ見ても清楚で可愛いらしい花です

P1120143.jpg

   これもTVの影響か? 見学者がこんなに沢山...

  ケン坊が到着したときは5~6台の車が農道に路駐

       その後”歩け歩け”の方が20名弱...

  小さなホテイアオイの田んぼも見学者で大賑わいに

P1120145.jpg

    東武日光鬼怒川線の傍なので電車が通過します

         電車とホテイアオイのコラボが目的?

             先ずは普通車(準急)です

P1120147.jpg

       次の電車が来るまで花を撮ったり眺めたり

    踏み切りの警報機がキンコンカンコンと鳴り出した

        ところが予想に反して下り電車がキタ~
          (単線なので上り下りが交互に通過と思ってた)

   折角のスペーシアなのにケン坊がチョンボ...です

   走って場所取りしたが望遠に切り替えるのを失念!



     今回 東京スカイツリーの開業に合わせて登場した

    東武鉄道の自慢の”スペーシア”3タイプをゲット!



”サニーコーラルオレンジ”

  :東武鉄道の日光鬼怒川特急の象徴

P1120115.jpg
(コレ↓が昨年の写真です)
DSCN8079.jpg

”雅(Miyabi)”

  :優雅で気品のある江戸紫

P1120122.jpg

”粋(Iki)”

  :隅田川の水をモチーフにした淡い青

P1120168.jpg



       ホテイアオイについてはご存知でしょうが

        一応 撮った写真を順番に並べてみた

1枚目:むかし、金魚鉢や池などで見た~浮き草です

P1120135.jpg

2枚目:開花です...1個 2個 どんどん増えて

P1120169.jpg

3枚目:ほぼ満開? あと一輪 蕾があります

P1120170.jpg

4枚目:やっと全開...じゃなかった満開!

P1120118.jpg

5枚目:満開のホテイアオイが群落 見応えあり!

P1120148.jpg

6枚目:咲き終わると花茎は曲がり水中に潜ります

P1120132.jpg


      今年のホテイアオイへの挑戦は終了です!


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
干瓢(かんぴょう)が壬生に伝来して300年
2012-09-13-Thu  CATEGORY: イベント(伝統歴史)
24/09/01撮影 【最近では”かんぴょう”は健康食として見直され徐々に販路が...】



  今年は”壬生が干瓢伝来300年”の年という!


   以前に”干瓢の皮むき機”の歴史は展示会で知ったが

       何時・誰が・何処へ”かんぴょう”を伝えたか

P1110742.jpg

【ミニコミ】ネットから

かんぴょうは、1712(正徳2)年に近江国水口藩(現滋賀県甲賀市)から
壬生藩に国替えになった鳥居忠英公が伝えたとされる。

今年は”かんぴょう伝来300年の節目”に当たるとのことで、壬生では
「とちぎ・かんぴょう伝来300年記念大会が、町中央公民館と町城址公園で
開催された。

多彩なイベントを通じ、家族連れなど来場者約7千人が本県特産の干瓢の
魅力を満喫した。



  残念ながらケン坊は事後に知ったので...不参加!



    さて、干瓢の生産には”ゆうがおの実”が必要だ
             (当たり前ですが...念のために)

P1110741.jpg

  工程で何が一番大変って”かんぴょう剥き”でしょうね!

        早朝3時~3時半頃から生産農家では

      家族総出で”かんぴょう剥き”に大忙しとか

P1110728.jpg

    そして剥いた”ひも状の生かんぴょう”

  庭先や畑などに設けた”ビニールハウス”で天日干し!
         (ビニールハウスの外からビニール越しに...)

P1110729.jpg

      僅かに開いていた隙間からカメラを忍ばせて

  熱気がムンムンしてます...送風機で風を送って乾燥

P1110730.jpg

             太いビニールのダクトが5本

      送風機から離れた場所へも風を送っている?

P1110735.jpg

      いまや農家は機械化なしでは経営できず?

     昔は納屋の軒下にビニールを張ってその中に

  干したり、自然天然の”外干し乾燥”が主流だったが

     最近は送風機付きのビニールハウスが主役!

P1110734.jpg

      今年の”かんぴょう干し”もピークを過ぎました

  栃木県は”かんぴょう生産日本一” 地味>笑<

P1120094.jpg





【振り返りコーナー】

  かんぴょう剥き機の展示会とレシピ


  夕顔の花と実
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
家の中を覗かれている?  彼岸が近いのでご先祖様が催促!
2012-09-12-Wed  CATEGORY: 我が家の光景
24/08/30前後 【お盆にお線香を手向けなかったという負い目がどこかに?...】


        何となく視線を感じ...ふと目をやると

  網戸にセミが止まって中の様子を伺っているみたいだ

         何度か追い払う仕草をしても逃げず

           セミだから良いかとそのままに
          (翌朝にはどこかに飛んでいったようです...)

P1110334.jpg

           数日後、またもや視線を感じ...

      見れば今度はお隣さんの庇の下で野良猫が

            ジィーっと茶の間を見ています

       雨がパラパラしていたので”雨宿り”かな?

    シィーと追いやっても無視されバカにされた感じです

      しばらく睨みあったがケン坊が根負け>笑<

   その後もしばらくケン坊の家の中を覗いてたみたい

P1110768.jpg

     そして今度は、セミと同じ場所から”カマキリ”が

             家の中を覗いています...

  正直カマキリは好きじゃない(孫たちは手で掴みますが)

         一度は網戸を軽く叩いて追い払ったが

      翌朝、(同じ?)カマキリが網戸に止まってます

          手(前足)を伸ばしたり縮めたり...

             今度は半日くらい...長い!

P1120090.jpg

   以前、亀さんが”お父様がトンボに姿を変えて”という

               話を思い出した...


   我が家はご先祖様が”セミ・ネコ・カマキリ”に変身?

      そういえば、今年のお盆には仕事の関係で

    お線香を手向けられなかったので...様子見!
   (お盆に行けないので、7月末に仏壇に手を合わせてきたのだが...)


  そうだ 秋の彼岸には墓参りしなければ!

ページトップへ  トラックバック0 コメント10
孫の通う幼稚園の”敬老会のイベント”に招かれて...
2012-09-11-Tue  CATEGORY: 孫たちとの日々
24/09/07撮影 【1年が経過するのは早いです...4月には琉くんは小学生!】


     孫たちから”敬老会”に来てねと言われれば

  行かざるを得まい...”敬老”の対象に異論はあっても



   おじいちゃん・おばあちゃんを幼稚園に招待するのは

     ”敬老の日”しかない  園児との交流は必要と

     毎年イベントを企画しているという(園長の方針)
     (この時期は運動会もあり、他の企画を入れるのは至難だとか?)

    P1120050.jpg

                  P1120051.jpg

  10:15 受付開始  同年代とは思えない敬老の方も

P1120007.jpg

       園長先生の挨拶で”敬老会”が開会です!

P1120014.jpg

           年長の”琉くん”はピアニカ演奏

      何時の間に覚えたの? 子供は器用ですね~

P1120022.jpg

       年長さんのピアニカで園児が全員で合唱!

       年中の”涼ちゃん”も元気一杯にお歌を...

       年少・年中は競争して大きな声で歌います

    正直言って怒鳴っているようで歌詞は不明>笑<

P1120023.jpg

           引き続いて”涼ちゃん”の出番...

        書いた絵を披露です(逆光だったですね)

P1120025.jpg

              もともとイベントは1時間

      いくつかの歌と合奏のプレゼントがあり...

     園児と敬老の合同による手遊びも無事終了!


       そして孫からの”プレゼントタイム”です

       園児が”おじいちゃん・おばあちゃん”へ
         (写真はケン坊の孫とは関係ありません...)

P1120032.jpg

    ケン坊と魔女が戴いたプレゼントの集合写真です

      琉くん (年長):写真立てとお菓子セット

      涼ちゃん(年中):小物入れとお菓子セット

P1120062.jpg

         そして”孫たちとのお食事時間”です

     ホールや教室、園庭...思い思いの場所で!

       外は暑いのでホールでの食事が多かった

P1120049.jpg

          ママちゃんが作ってくれた”お弁当”

        敬老会イベントなので親たちはいません

            基本は”園児とジジ・ババ”です

P1120043.jpg

               まるでピクニック気分! 

        食が捗ります...ケン坊と魔女が>笑<

        どうも孫たちは果物系に目を奪われて...

P1120052.jpg

         親がいなくても何の不安もないですね

       今の園児は昔の子供とは違います>笑<

P1120056.jpg

       戴いた”写真立て”に写真を入れてみました

              結構”サマ”になってます

P1120078.jpg

         そして”小物入れ”にも入れてみました

          さすがにハサミは重過ぎです>苦<

P1120081.jpg


        琉くん・涼ちゃん ありがとうね!


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
初めて花乃江の郷”自然荘”でランチを
2012-09-10-Mon  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
24/08/17撮影 【何度も売店まで入りますが、食事するのは今回が初めて...】

かなり前になりますが...


            オミナエシとミソハギのコラボや

        目的の”レンゲショウマ”を観賞した後は

   園内の”自然荘(じねんそう)でランチ”を戴きました
   (自然の植物園なので、雰囲気を壊さないよう建物も配慮されている?)

P1110055.jpg

P1110054.jpg

                本体の南西部には

     屋根&ガラス戸付きのデッキのようなスペースが

P1110041.jpg

       店内はこんな感じ...意外に小奇麗です

               午後1時少し前ですが

        思った以上にお客さんが入ってました

P1110042.jpg

       歩く距離は無くても炎天下に1時間もいると

         もう暑くて暑くて...汗が吹き出てます

       美味い! 水が一番のご馳走!

P1110043.jpg

       魔女注文の”おから入りハンバーグ定食”

          ”おから”は身体に良いからと...

    でも一食くらいで健康になる訳ではない!>笑<

P1110044.jpg

          でも見るからにヘルシーでしょう?

     これで千円...高いか安いかは各々の判断?

     *もちろん デザート&コーヒー付きの料金!

P1110045.jpg
デザートはレアチーズケーキ
P1110052.jpg
飲み物はアイスコーヒーに
P1110053.jpg



     ケン坊は相変わらず”もり蕎麦&天婦羅”です
     (海苔付きですが、器が”ざる”ではないので”もり蕎麦”と表現)

           こちらは950円だったかな?

P1110048.jpg

              天婦羅は塩で戴きます...

       カボチャ・ピーマン・茄子・舞茸・サツマイモ

P1110049.jpg

                ごちそうさまでした!


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
続報! 那須岳周辺から秋の便りが届きそう
2012-09-09-Sun  CATEGORY: 花紀行(秋)
24/09/05撮影 【当初の目的とは違ったが、やはり那須岳周辺は素晴らしい...】


   ようやく那須岳周辺に秋らしい景色が訪れてきました

        那須の初秋の顔は”リンドウ”ですよね

    濃い紫・スカイブルーのような澄んだ紫のリンドウ

          登山道沿いや少し中に見られます

P1110905.jpg

    家を出発5:30~(高速利用)~ 駐車場着6:40 

     天気予報(ネット)では15時にだけ晴れマーク

    あまり期待もできないが...案の定 雲が多いが

       眺めとしては雲海も見えて決して悪くはない

         懸念は”ゴォーゴォー”と音をたてる風だ

   空気が冷たく初秋を通り越し晩秋のような陽気に...

 ジャンバーを着込む人もいたが歩けば何とかなるかな?
   (結局、ケン坊はいつものスタイルで腕をさすりながら歩き始めた...)

P1110901.jpg

      登山者の心を癒すように”リンドウ”がお出迎え

           P1110914.jpg

        登山道の岩の隙間からも顔を覗かせます

P1110919.jpg

     登山道から少し中に入ると鮮やかなリンドウが

P1110928.jpg

      辛うじて茶臼岳をバックに撮ることができた

P1110927.jpg

     朝日岳に向かう剣が峰登山道にも花は豊富です

           P1110953.jpg

         駐車場からズーーっと吹いていた風が

    峰の茶屋付近では最高に強く、朝日岳に向かうも

    剣が峰の奇岩の先は風もピークで行く手を遮る!

   カメラ持つ手は風に流され衣服もバタバタ音をたて

P1110983.jpg

    三本槍は雲の中という状況から早々に諦めたが

   まさか朝日岳まで風で断念することになろうとは...

   朝日岳の山頂を見れば人が立っているのが判る...

   行けたか? でも萎えた気持ちは二度と奮い立たず!

P1110985.jpg

  潔く朝日岳も諦めて”峰の茶屋から牛ヶ首”へ向かった





   以降、リンドウ以外の那須岳の初秋を彩る草花を!



ホツツジ

  何ヶ所か集団で咲いてたがピークは過ぎたようで

P1110909.jpg

アカモノの実

  剣が峰登山道付近に多く目を惹きます

P1110951.jpg

シラネニンジン

  若々しい白と成熟した赤紫のコントラストが妙だ

P1110952.jpg

シラタマノキ

  峰の茶屋と牛ヶ首の中間付近に数株だけ見られた

P1110957.jpg

ウラジロタデ

  那須岳周辺で一番繁殖している植物?

  至るところに生えていて茶臼の山頂に向う岩場にも

P1110958.jpg

    先日歩いた”流石山・大倉山・三倉山”が見える

     写真 中央左の山頂に雲がかかってるが...
     (左が大倉山、右奥が三倉山...右のなだらかな山が流石山!)

P1110959.jpg

        依然として風は収まらず気温も涼しい...

   歩いて多少は背中も汗ばむが...冷えてピヤピヤ!

       そんな牛ヶ首ではナナカマドが色づき始めた

P1110963.jpg

トリカブト

  牛ヶ首から日の出平へ向かう途中に

  見るたびにドイツ兵の昔の鉄兜を想像しちゃう

P1110971.jpg

P1110973.jpg

オオカメノキの実

P1110967.jpg

?(調査中)

P1110987.jpg

イワオトギリ

  ピークを過ぎ花も疎らで良さそうな花はコレだけ?

P1110989.jpg

ヤマハハコ

P1110995.jpg

アキノキリンソウ

  登山道入り口に群落してたが...掲載順が逆でしたね

P1110910.jpg

        駐車場に戻ったのが9:10... 早っ!

     高速使って来たのに2時間20分の山歩きでは

    ちょっぴり消化不良ですが...リンドウに免じて!

     駐車場は(平日?)7~8割だったでしょうか?

    この日も福島から小学生がバス5台できてました

P1120002.jpg


     那須高原は徐々に秋の装いが進んできました

             間もなく秋本番突入へ...
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
犬も歩けば...ケン散歩で見つけたブログネタ
2012-09-08-Sat  CATEGORY: 公園・井頭公園
24/09/01 【普段は何気なく見過ごしていますが、時には目を向けてあげたい...】


            中途半端に時間が空き...

         家に居られない性分のケン坊は?

  真岡の井頭公園を”ぶらりとケン散歩”してみた


        残念ながら花は端境期で何もなく...

       目に付いたモノを撮ってみました>笑<




ハクモクレンの実

  何とも見た目がグロテスクで異様ですね~

  こぶしとの違いがイマイチ不明です?

P1110651.jpg

P1110650.jpg

シロオニタケの成菌???

  似たようなキノコは沢山あり名前の特定は不可

  結構な大きさです レンズキャップで比較?  

P1110684.jpg

P1110685.jpg

カワウとシラサギ

  カラスと思ったら”カワウ”のようです

  黒白の鳥が止り木を同じくし何とも奇妙な光景

P1110688.jpg

P1110690.jpg

ヘクソカズラ

  誰が名付けたのか...可哀想な花ですよね

  名前で損してる花ってまだまだあります...が

P1110693.jpg

P1110695.jpg

トチノキ...一足先に紅葉します

  一瞬、病気かなと思ったが紅葉ですね

  でもトチノキの紅葉はあまり綺麗じゃありません

P1110699.jpg

P1110698.jpg

ニラの花

  ニラの花もじっくりと見ていると可愛いです

P1110744.jpg

P1110739.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
初めて観る”オニバスの花”が自生地で開花中(in 加須市)
2012-09-07-Fri  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
24/09/03 【足利フラワーパークのオオオニバスをイメージしていたが...外れ!】


         以前から”道の駅おおとね”へ向かう際

   道路脇の”オニバス自生地”の看板が気になり

             今日は思い切って行ってみた
          (場所は埼玉県加須市飯積(旧北川辺町)です)
P1110781.jpg

オニバス(案内板より)

 :スイレン科・巨大浮葉(直径2㍍前後)の一年草

 埼玉県では絶滅したとされるオニバスが、この水路に自生していることが
 平成5年頃発見されました。

 この水路は、昭和32年に埋め立てられた越中沼跡地で、水路工事により
 沼底にあった種子が掘り起こされ、発芽したものと思われる。

 国および県のレッドデータブックでは絶滅の恐れがある植物に指定されて
 います。

 関東地方の自生地は、当地と東京(葛飾)の2ヶ所しかありません。
                       H15.7.7 北川辺町天然記念物指定



【オニバスと名の由来】ネットから

全体に大きなトゲが生えており、「鬼」の名が付けられている。特に葉の表裏に
生えるトゲは硬く鋭い。

葉の表面には不規則なシワが入っており、ハスやスイレン等と見分けることが
できる。

またハスと違って葉が水面より高く出ることなく、地下茎(レンコン)もない。


P1110780.jpg

             *案内板でいう”水路”とは↓コレです
           P1110774.jpg

       そして水路の反対側の田んぼ2枚には...

      オニバスが密生しています(↓全体イメージ)

P1110809.jpg

              アップだとこんな感じです

P1110796.jpg

        水路に幅一杯に広げたオニバスの浮葉

   カエルも安定した葉の船に乗ってケン坊にご挨拶!

P1110775.jpg

      まだまだ駆け出しのオニバスの葉ですが...

    何とも”しわ”の多い葉です...多分、伸びしろか?

P1110776.jpg

              これが”オニバスの花”です

              スイレンに似た花です...

P1110783.jpg

   全体的に生えている棘は、見るからに硬くて痛そう

P1110784.jpg

            葉と葉の間に隙間があれば

      ”葉も花も”お互いに幸せだと思うのだが...

P1110793.jpg

         隙間が無いと葉を突き破って花開く?

          何とも凄まじい花があったもんです

      力強さを感じると同時に”オニ(鬼)”を想像!

P1110810.jpg

        葉の裏が公開されてました...>笑<

           多分、強風で煽られたのかな? 

      仰向けになった葉をも突き破り...花が咲く

        まるで弱肉強食? それとも下克上? 

P1110794.jpg

            こんな光景も見られました...

        オニバスの花や蕾たちが力を合わせて

            大きな葉を持ち上げています

P1110811.jpg

          うまく隙間を見つけて咲く花もある

P1110797.jpg

        オニバスは他の生物と共生しています

  中でも”タニシ”と”大きなオタマジャクシ”が多かった

P1110803.jpg

         航空写真で山を撮ったのかと思うほど

   葉が山脈のように”シワシワと波立って”に見えます

P1110812.jpg

    最後に、オニバスの保護についてのお願いが...

      みなさん ご協力をお願いします!

P1110819.jpg

P1120073.jpg



【ついで情報】


ヒシ

  幾何学模様にも見えてきれいです...

P1110815.jpg

アサザ

  小さな沼に隔離?されてたが...別の生態系?

P1110816.jpg

オモダカ

  田んぼでも良く見かける花ですが...

P1110787.jpg

【???】

  何の実だったか思い出せません

P1110822.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
我が家の”ブルーベリー狩り”は最盛期?
2012-09-06-Thu  CATEGORY: 我が家の光景
24/08/25 【我が家は入場無料>笑< 摘んだブルーベリーももちろん無料...】


       ”第一回 ブルーベリー収穫祭”
        (赤い実は残したので、第二回の収穫祭もできそう...)

      *追記 9/5 2回目の収穫祭実施...3回目もありそうです



      種類は”ラビット・アイ”だと勝手に思ってます

   今年は昨年の倍くらいは収穫できそう...楽しみ!

P1110379.jpg

   20数年前に購入してから全く手入れなし肥料なし

     鉢に植えたまま(木は大きくならない)ですが

      有難いことに毎年楽しませてくれます...

P1110380.jpg

        第一回は2百粒? 数えてませんが...
        (まだ100粒位は第二弾の収穫祭で採れそうなので)

       半分は孫が好きなので”冷凍”しておきます

          残り半分は”魔女の口”へ消えそう?

P1110392.jpg

大粒も数%ありますが(肥料を含め)手入れしてないので

      大方は普通の粒ですね...止むを得ません

P1110386.jpg

   第一回目の収穫はコレ↓...魔女の目が良くなる?

P1110395.jpg



【関連ログのコーナー】

  23年・初めてのブルーベリー狩り
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報! 那須の山々に咲く花々は もう秋だね~
2012-09-05-Wed  CATEGORY: その他の山々
24/09/05 【景色は初秋、空気は晩秋の涼しさ...そして名物の強風に...】


    ブロ友”リンゴさん”の那須からの素晴らしい報告に

       居ても立っても居られず...アレから数日が

    果たして今日の”那須の山・花”はどんな顔?

      残念ながら強風のため目的地まで行けず!

  那須登山のはずが那須ハイキングに化け...>涙<


       とりあえず今回は情報(速報)として掲載
               (詳細は後日となります)

P1110902.jpg


           P1110904.jpg


P1110963.jpg


P1110940.jpg


P1110917.jpg


P1110969.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
情報! 道の駅周辺の”ホテイアオイ”が見頃です(in 加須市)
2012-09-05-Wed  CATEGORY: 花紀行(ホテイアオイの名所)
24/09/03 【3~4年連続しての敗戦! でも気になる道の駅のホテイアオイ...】


      今年も様子見に加須市(旧大利根町)へ...

  目的は”道の駅おおとねのホテイアオイ”

   ここ数年、あまりパッとしなかったので諦めていたが

       今年は久し振りに完全ではないが復活!

P1110882.jpg

       さすがに埼玉は暑い! 完全に夏の空だ

P1110863.jpg

  今年のホテイアオイ...いつになく元気良いじゃん!

P1110830.jpg

    陽射しが強くて逆に写りがイマイチ?(言い訳です)

           P1110826.jpg

            花の数も多く見応えがあります

P1110836.jpg

        ホテイアオイの水中花を撮ってみました

  陽射しの関係で青空なのに水面の反射で白っぽい...

        透けた水中花の雰囲気が良いでしょう?

              拡大して見てみてください

P1110838.jpg

    道の駅の建物を取り囲むように3枚の田んぼ...

     一番南側の田んぼが一番の見頃を迎えてます

P1110840.jpg

P1110868.jpg

          今年は花もシッカリと咲いているが

      いかにも丈夫そうな濃い緑の葉が印象的だ!

P1110851.jpg

P1110856.jpg

    浮島?に咲くホテイアオイと水面に映る逆さ花

P1110866.jpg

   一羽の白鷺が舞い降り...シャッターチャンス?

       そろりと近づいたが逃げられちゃった!

    慌ててシャッターを切ったがタイミング悪く...

P1110842.jpg

  一本のホテイアオイではなく”一厘”だけ撮ってみた

P1110874.jpg

      一枚だけケン坊の影の中で撮ってみた...

   教訓! 陽射しのある時は傘も必要アイテムだ!

P1110878.jpg



【追加情報】

     この場所に”田んぼアート”があるんですが...

     残念です! 今回は展望台が立ち入り禁止に?

         情報によると”夢”の文字だそうです

P1110865.jpg

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
ひまわりの後は”磯川緑地公園”で恋愛のお勉強?
2012-09-04-Tue  CATEGORY: 公園・その他の公園
24/08/26 【炎天下でヒマワリ観賞した後だけに涼しさ静かさを感じる遊歩道】


         上三川サンフラワー祭り会場の奥に

   静かな”磯川緑地公園遊歩道”の入り口が

P1110457.jpg

   サンフラワー会場の熱気とは違って遊歩道の静けさ

       いつもよりは散策する人も多いですが...

P1110460.jpg

  雨が降らず紫陽花の木も剪定され住み難い環境...

        歓迎するかのように”かたつむり”が

P1110515.jpg

       ヤブミョウガの花も数ヶ所で群落してます

    でもクモの巣も多かったので没にしました>笑<

P1110466.jpg

   入り口から三分の一あたりに”せせらぎ広場”があり

    ”緑地公園に関したクイズ”などのイベントも...

P1110469.jpg

       これまでいろんな”○○駅”を観てきたが

 まさかの”箒の道の駅”? こんな駅は初めて!>笑<

     アングルが悪いが、竹箒が4本立てかけて...

P1110508.jpg

     緑地公園の中にどこから入ったのかミニカーが

   主催者側が”カキ氷”の販売! 200円は高いか?

P1110472.jpg

   シュウカイドウも散見! 相変わらず可愛い花です

P1110476.jpg

    愛の告白が成功! 数分の恋愛ドラマを見学?

        手を差し出し彼女を家に引き込もうと

         モーションかける♂ザリガニ(左)と

      近づいては離れ♂をじらす♀ザリガニ(右)

 ザリガニの世界にも”愛の駆け引きテクニック”が存在?

    5度目くらいにようやく♂の穴へ♀が入りました

  ザリガニの恋愛を観察してるケン坊は変人か>笑<

P1110480.jpg

       鯉の大群...人馴れしているようで...

     木道を歩く音を聞きつけて鯉が近づいてきます

P1110482.jpg

    途中にこんな東屋もあり遊歩道の雰囲気もアップ

    こんな場所でゆったりと読書でもできたら良いな?

P1110499.jpg

    ハグロトンボでしょうか 遊歩道全般で飛び回って

     なかなかシャッターチャンスをくれません>笑<

P1110502.jpg

                通称:サルノコシカケ

     漢方薬としての利用がもっとも知られています

P1110496.jpg

      遊歩道を楽しみながらゆっくりと30分も歩くと

  反対側(南口)の入口へ...立派な”ふれあい橋”です

           橋を渡ると...鳥の声が囀ります

           P1110493.jpg

     ふれあい橋の下には”ガマの穂”がでていました

          そして”サギ草”もあるらしいですが

             見つかりませんでした...

        何だかんだ言っても秋が近づいています



P1110494.jpg

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
情報! 古山の”かかし祭り”が開催中
2012-09-03-Mon  CATEGORY: イベント(まつり)
24/09/01 【また足が向いちゃった。祭りは終わったが作品はしばらく見られます】


  毎度お馴染みの”古山のかかし祭り”の登場です

           今年は例年の倍の作品があり...

       また大人の作品も多く見応えがあります?

P1110704.jpg

    田んぼの稲穂が黄金色に...今年の出来栄えは?

       気になるところですが、今年は県内全地域で

         放射線量のチェックが行われていますが

     今のところ全てクリアされています...良かった!

P1110706.jpg

           かかし祭りで登場する案山子は

   菊人形や羽子板と同じように、その年に話題となった

           人物や光景を真似ることが多く

       案山子を見れば今年の世相が判ります



【オリンピック編】

感動ありがとう 内村選手金メダル
  *団体戦では冴えなかったが個人総合で金メダルを獲得

P1110745.jpg

なでしこ・ジャパン
  *昨年のワールドカップで優勝...一躍脚光を浴びたが 残念! 銀メダル

           P1110717.jpg

水泳選手 キタジマ
  *オリンピック3連覇が期待されたが...叶わず でも頑張った!

P1110726.jpg

古山の愛ちゃん
  *卓球の愛ちゃん 団体戦で悲願の銅メダル獲得 お疲れさん!

P1110738.jpg


【話題性】

緑のスカイツリー with トトロ
  *東京スカイツリー634㍍ 5月開業 予想以上の入場者数

           P1110709.jpg

ワイルドだろう!
  *今年、突如として笑いの看板に...3ヶ月の重症は痛いんだぜぃ?

           P1110723.jpg


【作品性:受賞作品】
(受賞作品?は すぐそばの星宮神社境内に飾ってあります...)

干瓢干し
  *やはり干瓢の本場ですから、この案山子は外せませんね~

P1110702.jpg

ドラえもんとドラミちゃん
  *子供から大人まで愛されるキャラクターですね 案山子の定番でしょうか?

P1110701.jpg

親子の絆 考えよ
  *今の世の中 何か変! 震災をきっかけに親子の在り方を考えよう

P1110703.jpg


【地域性:ユルキャラ】

ぼくらの かんぴくん
  *今年は干瓢伝来300年の年...販路拡大を大いにPR

P1110727.jpg

世界へ羽ばたけ とちまるくん
  *近年、栃木県を代表するユルキャラに認定? アチコチのイベントで活躍中!

           P1110715.jpg



【その他?】

いい湯だな
  *何ともユーモラスな...笑いを狙った案山子でしょうか?

P1110721.jpg

出初式
  *こちらも案山子の定番に入る勢い...出来栄えは今までで最高かな?

           P1110722.jpg

テフテフちゃん
  *う~ん あまり見かけないタイプの案山子が登場...アイディア賞もの?

P1110718.jpg

     皆さん暑いので車の中から見る人が殆どです

       もちろんケン坊は歩きです  暑かった~

P1110737.jpg




【振り返りコーナー】

  第4回 古山のかかし祭り


  第5回 古山のかかし祭りと塀のアトリエ
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
<< 2012/09 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.