FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
雄飛の滝線歩道で”素連・舞姫・雄飛”の3滝めぐり(in 那須塩原市)
2012-08-24-Fri  CATEGORY: 景勝地(滝めぐり)
24/08/19 【せっかく八方ヶ原まで来たので足を延ばし、雄飛の滝とやらへ】


        隠れた”おしらじの滝”は40分で終了

     2時間と見込んでたので時間が余っちゃった
 (事前に電話で確認すれば良かったが、山の駅で聞けば充分と思って...)

  この空いた時間...迷ったが”雄飛の滝”に決定!

      本来であれば”ぐるりと滝めぐり(6~7個)”を

    したかったが、途中通行止で道が分断されているし

     咆哮霹靂の滝や雷霆の滝も捨て難かったが...

P1110090.jpg

 場所は、おしらじの滝の駐車場(路駐)から数㌔塩原寄り

      スッカン沢に架かる雄飛橋(塩原側)の袂の

  階段を降りるところから”雄飛の滝線歩道”がスタート!

     歩道はスッカン沢の流れをBGMにして歩きます


【スッカン沢という名の由来】ネットから

スッカン沢は場所によって青白く見えることがあります。これは、スッカン沢が
高原山のカルデラ跡を水源とし、鉱物や炭酸等の火山の成分が多く含まれる
水が流れているためです。

かつては、この沢の水が辛くて飲めないことから「酢辛い沢」等と呼ばれ、この
呼び方がなまって今の「スッカン沢」になったと言われています(栃木県)。


P1110091.jpg

           木々の間から見えるスッカン沢

    コバルトブルーではないが色合いが良いですね~
    (何方かが、ブログで”ブルーの少し濁った色”と表現してたが...)

P1110095.jpg

      この辺一帯に”オオシダ”が群落しています

P1110101.jpg

    雄飛橋から約500㍍で”素連の滝”が現れました

            標柱の指差す方向を見ると

   スッカン沢の色の付いた流れと大きな岩が目に付く

P1110102.jpg

             でも、コレは滝ではない!

    どこにあるのか...周辺を見ても姿が見えない?

P1110098.jpg

   おぉ~ スッカン沢に流れ落ちる一本の水流が...

          素連の滝とはこれのことか? 

   でも”素連”から連想する”スダレ”のような滝がない

P1110163.jpg

   やおら顔を上げると、林の中に滝らしきモノが見える
    (写真の真ん中の上の方です...他は木に隠れて見えないらしい)

       この時期は葉が茂って見るのは難しい?

   一度は見てみたい気がしてきた...どんな滝だ~


【素簾の滝】ネットから

歩道の対岸の岩肌をいく筋にもなって流れ落ちる滝で、まるで白い糸が岩を
覆いつくす簾のように見える事から"すだれ滝"とも言われる。


           P1110167.jpg

        素連の滝から数分、今度は”滝だぞ~”と

      言わんがばかりの”水の落ちる音”が耳に響く

      スッカン沢に目をやれば”元気な滝”が見える

P1110105.jpg

         仁三郎の滝...変わった名の滝です

    どうやら最初に見つけた人の名だそうです>笑<

               別名を”舞姫滝”という

       仁三郎と舞姫? イメージが全然違います


【舞姫滝とは】ネットから

舞踏場のような滝壺に流れ落ちる滝が,白いスカートをまとった乙女が
舞を舞っているように見えることからそう呼ばれている。


P1110108.jpg

           正面から見るとこんな感じの滝に

   本日の”舞姫の滝”は舞い姿には見えませんでした

           P1110111.jpg

         舞姫の滝の奥には細い糸を引くような

   滝とは言えない”たき”が数えられないほど落ちてる

              写真では見辛いですが...

           P1110109.jpg

        そしてコース脇に突如として現れたのが

                  何やら展望台?

        そうです もう”雄飛の滝”に到着です...

P1110157.jpg

【雄飛の滝(別名:夕日の滝)】ネットより

塩原10名瀑のひとつで、岩に囲まれた薄暗い場所に差す一筋の光のように見え、
夕日が暮れるのも忘れるくらい美しいと言われることから名前のついた滝です。
滝の上にある観瀑台からその流れを観賞できる。(栃木県観光物産協会より)


            観爆台からみた”雄飛の滝”

P1110115.jpg

     観爆台からだと小さな木々や枝などで見辛い!

         少し降りて撮ったがイマイチの眺めです

             滝の上半分しか見えません! 

           P1110121.jpg

         更に一段降りたが...あまり効果なし
    (結構、ケン坊的にはかなりのリスクを覚悟して降りてますが...)

              後で判ったことですが...

   滝壺のほうへ行くルートがあるらしい>ガ~ン!<

            次回は滝壺に挑戦してみたい

P1110118.jpg

     駐車場近くに咲いていた”キツリフネソウ”です

           今年は初めてのご対面でした...

P1110172.jpg

     往復で1時間35分で駐車場へ戻ってきました

    ”おしらじの滝”が40分...両方で2時間15分

 まだまだケン坊の脚には若干の余裕があります>笑<

    どこか無いかな~って迷うこと無く”県民の森”へ

P1110170.jpg

        次回は”県民の森”からの報告になる?



【最後にコースの説明を】一部ネットから

矢板市から塩原に抜ける県道56号がスッカン沢に架ける橋を「雄飛橋」という。
橋手前の駐車場に車を駐め、橋の脇に設けられた遊歩道の階段を下りて行く。

途中迷う所はなく起伏もさほどでないから安心して歩ける。観瀑台までの途中には、
素連の滝や仁三郎の滝などがあり、気持ちの良いハイキングが出来るので、割と
人気がある。

遊歩道は桜沢(雷霆の滝や咆哮霹靂の滝など)に通じていて、やや長丁場になるが
健脚向。更に、登りが結構きついが山の駅にも行ける。

但し、今はスッカン橋の先で通行止めなので、山の駅へは行けませんのでご注意。

スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント11
<< 2012/08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.