FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
川治温泉の”道祖神めぐり”スタンプラリー(in川治温泉)
2011-11-14-Mon  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
23/11/09【川治温泉に用事があったというのは”道祖神めぐりスタンプラリー”です】


去年の鬼怒川温泉の”七福邪鬼めぐり”に続いて

川治温泉の”道祖神めぐりスタンプラリー”

     (川治温泉のパワースポットを散策しよう!)

P1010285.jpg

テレビで”くもじぃ”が、日本の上空から各地を訪ねる

番組があるが
、こちらは”かわじぃ(川治爺)”です。



以前、政界では”しおじぃ”が喋り捲っていましたが

○○じぃという語呂が良いのかな~



↓ いきなり”かわじぃ”です(好々爺の道先案内人)
        (益子在住の陶壁作家「藤原郁三先生」が考案製作されたものです)
P1010207.jpg

”かわじぃ”の住まいは?  

川治ふれあい公園にある”かわじぃ ふるさとの駅”

いかにも”かわじぃ”の住まいって感じです>笑<

P1010205.jpg

川治温泉めぐりに先立って...さっそく道祖神めぐりを

紹介しましょう!
(説明内容はパンフレットからです。興味のある方はどうぞ)


①川治金精神
川治金精神は上流にある五十里湖の決壊時に埋没してしまったが、その後再度発見されて
以来、川治温泉の土地や温泉の守り神として多くの人々に親しまれてきました。


P1010219.jpg

P1010220.jpg


②~腕組型道祖神~「薬師の湯」
川治温泉の起源は享保8年に五十里湖の決壊時に、男鹿川のほとりに温泉が湧いていた
のを、木材搬出の作業時に発見されたとされています。
川治温泉に浸かり、いつまでも健康で仲良く幸せにとの願いをこめて、この道祖神は男女が
仲良く腕を組んでいます。


P1010223.jpg

P1010224.jpg


③~酒器持ち型道祖神~「南平山」
ここ南平山には、今から800年程前の源平の合戦で敗れた平家の大将「米沢淡路守」が、
この地に逃れてきたが追っ手に追われる際、黄金や財宝をこの山のどこかにうめたとの
伝説が言い伝えられています。
この道祖神は、土地や黄金の守り神として安置され、平家の盛衰を偲ぶと共に、今後の
繁栄を願い酒器を交わしています。


P1010229.jpg

P1010230.jpg


④~川治温泉神社~「浅間山」
川治温泉の中心に聳える浅間山は多くの神様が祀られ古くから紙の山として崇められて
きました。
また、川治温泉の源泉は全てこの山の麓から湧き出ていることから、温泉の守り神として
この温泉神社が祀られています。


P1010239.jpg

P1010241.jpg


⑤「おなで石」
川治温泉で昔から親しまれている御神石で、なでると子宝や安産にご利益があるとされて
います。
地元の人々はもちろん、遠方から訪ねる方もいる隠れたパワースポットです。


P1010246.jpg

P1010245.jpg


⑥~合掌型~「新男鹿橋」
江戸と会津を結ぶ主要街道として栄えた「会津西街道」ですが、重い荷物を背負った馬が、
怪我や命を落とすなど、幾多の難所がありました。
その当時の人々にとって馬は家族同然であったため馬を供養し、旅の安全を願うため馬力神
がこの新男鹿橋の近くに多く祀られています。
この道祖神は当時を偲び、旅の安全を願って合掌しています。


P1010254.jpg

P1010255.jpg

⑦~合川石道祖神~「川治ふれあい公園」
ここ川治温泉郷が鬼怒川と男鹿川が合流する地点に位置することにちなみ、出会いや縁結び、
子孫繁栄の願いを込め、それぞれの川の石(右が鬼怒川、左が男鹿川)を抱き合わせた
自然石の道祖神です。

*お詫び:肝心の写真を撮り忘れてしまいました

↓のマップ④のところにある石です(実際には⑦ですが)


これが川治温泉道祖神めぐりスタンプラリーMAPです(全部回っても1時間程度?)

P1010286.jpg

道祖神めぐりが終わると(↓)開運お守りが貰えます

P1010289.jpg

”かわじぃ”ありがとう...川治温泉めぐりでまた会いましょう

南平山登山道祖神めぐりも無事に終了しました! 

P1010251.jpg

鬼怒川のスタンプラリー七福邪鬼めぐり
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント12
<< 2011/11 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.