FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
紅葉情報!  日塩有料道路(通称:もみじライン)の紅葉は
2011-11-04-Fri  CATEGORY: 花紀行(紅葉の名所)
23/11/04【さすがは”もみじライン”  陽が射さなくてもこの素晴らしい紅葉!】


日塩道路の紅葉は今が最高の見頃かも?

*注意! 日塩道路(通称:もみじライン)は有料!


しかし、料金所の手前は無料です>当たり前ですが<


そんな訳で、ケン坊は(もみじラインの)塩原側の数㌔をドライブしました。

      無料区間でも、紅葉は有料区間と同じ!

   ほんの一部を紹介します ここ数日が勝負かも?

P1000914.jpg

P1000910.jpg

P1000912.jpg

P1000913.jpg

P1000911.jpg

       是非、塩原の紅葉を愛でてください!
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
赤城山を歩く・長七郎山と小地蔵と小沼(この)
2011-11-04-Fri  CATEGORY: 日本百名山
23/10/28【長くなりましたが赤城山からの報告も最後。残る4峰登頂の報告は来春かな~】


赤城山を形成する峰の一つ

      ”長七郎山”と麓に佇む”小沼”を歩く


  覚満淵一周を終えたケン坊と魔女鳥居峠を経由で”長七郎山”へと向います。
   (駐車場~小沼駐車場間は車で移動です>アハハ<だって帰り道なんだもん!



黒檜山~駒ヶ岳~覚満淵~長七郎山・・・いかにも歩いたという印象はありますが...
標高差があまりない(黒檜山で500㍍位?)ので...思ったほどではありません。

と言ってもキツイのは事実ですが。


さて、小沼駐車場に車を移動(結構、車も停まってますね~)、いざ長七郎山へ向うが

その前に、振り返ってみると”地蔵岳”が迫ってました。今思うに地蔵岳も歩けば
良かったな~と。(全然、問題なく歩ける距離と時間でした)


DSCN9883.jpg

歩き出して間もなく左側に展望が開けてきました。大沼が遠くに見えます

右手の山は”黒檜山と駒ヶ岳”が並んで...アレを縦走したんだ(大袈裟!)

DSCN9885.jpg

駐車場から200㍍も歩くと、鳥居峠からのコース(徒歩2~30分)と合流です。

DSCN9886.jpg

魔女の後姿が、心なしか疲れているように見えますが...ところがドッコイ!
意外にも元気一杯なんです足の調子も良さそうです

DSCN9887.jpg

何個のヘアピンカーブがあり、そのカーブをショートカットする踏み跡を、調子に

乗ってショートカットを繰り返し
たら...早いな~山頂に着いちゃったぞ?

山頂表す標柱に”長七郎山⇒”の表示? あれ~ここは”小地蔵岳”だ! 

DSCN9889.jpg

小地蔵岳から気を取り直して長七郎山へ向うこと10数分? 

ついに”長七郎山”も征服! 地蔵岳をバックに魔女も満足顔...です

(地蔵岳の山頂付近は”赤城山無線中継所”があり、国土交通省、群馬県、NHK、TBS等の
 防災無線やテレビの中継などで全部で6基あるそうです。)


DSCN9892.jpg

旧・山頂? 標柱の文字は見えないが、魔女の撮った場所から10㍍離れ..

おぉ~い 早く撮ってくれ~  バランス崩れちゃう...あぁ~~

DSCN9894.jpg

長七郎山の山頂は何の変哲もありません。平らな山頂が広がってます。

地面から湯気のようなものが...単なる水蒸気?(もう1時なのに)

DSCN9895.jpg

山頂から小沼に向って前に進みます。下山口にちょっと迷いましたが...
10分強で小沼にでました。苦労して登った割には降りるのは比較的短時間です。

沼越しに”黒檜山”が見えます駒ヶ岳は真ん中手前に小さく...

手前右上に登るなだらかな山は、小地蔵岳を経由して”長七郎山”へ続く山!

DSCN9896.jpg

小沼の左手には地蔵岳が顔を覗かせています。地蔵岳ってアチコチから見える山ですね

DSCN9897.jpg

このなだらかな山が”長七郎山”と思われます。

DSCN9902.jpg

最後に、大沼と小沼の案内板を...”おの・この”読むんですね。地名は難しい!

DSCN9884.jpg

以上、赤城山の旅(前編?)は終了です。またいつの日かお会いましょう!
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
日光の新たなビューポイント”小田代湖”を求めて...
2011-11-04-Fri  CATEGORY: 日光・今市・湿原
23/10/27【Upする頃は黄葉も完全に終わり、静かな?小田代湖に変身しているかも】

P1000655.jpg

10/28掲載の

       ”日光の観光スポット情報”
          ハイライト ⇒ 日光観光スポット情報(10/27撮影)

     の詳細ですが、どんな光景に変わって...


日光”小田代原・小田代湖”が魅せます


小田代湖今年の台風などの大雨の影響で突然現れたのが9月上旬

あれから2ヶ月が経過しました。それでも今なお”小田代湖”健在です。

原発事故による風評被害もあって、今年、県内の観光客は激減状態が続いたが...
幸か不幸か、この湖の出現が”観光客”を呼び戻すことになり、多少は増えてきたとの
情報が流れているが、しばらくは元には戻らないでしょうね。



氷点下まで冷え込んだ小田代原の木々に”霜降”が光って寒そうです
P1000636.jpg
小田代湖が見えてきました。まだ観られる状態だったことに先ずはホッとします
P1000640.jpg
貴婦人も不動の位置に鎮座していました
P1000643.jpg
TVや新聞で取り上げられる光景ですが...
P1000647.jpg
貴婦人の後ろに並ぶ、通称:金屏風を演ずる黄葉のカラマツもピークを過ぎましたP1000651.jpg
木道から見る”小田代湖と男体山方面”P1000653.jpg
真ん中は”大真名子山”?  その左は”太郎山” でしょうか
P1000654.jpg
木道が数十㍍に渡って”通行止”になっています(10/27現在)
戦場ヶ原方面に向うには、迂回路(1㌔弱)をご利用ください。ご迷惑をお掛けします
P1000656.jpg
この先は、苦労?して迂回路経由で数十㍍先の木道に戻っての写真です
少しは景観が違うでしょう? 同じと言われたら(ケン坊の努力が)悲しいですが...
P1000659.jpg

P1000663.jpg
ページトップへ  トラックバック0
<< 2011/11 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.