ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
豆水撰の加工品が”平家一色”なのは何故!
2011-11-30-Wed  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
23/11/09撮影【折角の情報...掲載を遅らせたために、地元新聞にスッパ抜かれた!】


川治からの寄り道で

    三度? 羽黒山麓”豆水撰”でお買い物
         (このお店は”こいしや食品”の工場敷地内にあります)


”こいしや食品”と言えば、

”納豆、豆腐”等の大豆製品が有名です

画像 570


なぜ豆水撰に寄ったかというと...

前に買った時、豆腐のネーミングに関心があって

ぜひ確かめたくて...単独行動の強みですね>笑<

P1010282.jpg

あぁ~ 今日も目的の商品が並んでました~

これもあれも...みんな平家縁の名前が付いている

↓ ”平家きぬ”豆腐です

P1010279.jpg

↓ コチラは”あつもり”よせ豆腐です

P1010280.jpg

↓ コッチも”平家清盛”のもめん豆腐

P1010281.jpg

”平家納豆”で有名な「こいしや食品」なのであり得る

光景ですが...ここまでヤルかと思うほど?



でも何故だろう! 不思議に思ったケン坊...

単刀直入! 店員に聞いたら話はいたって簡単!

       ”マサカの情報入手”にビックリ!


貴重な情報は”タイミング”を見ながら掲載しようと

思ってたら、今朝、地元紙にスッパ抜かれちゃった


【ケン坊が得た情報とは】
女性店員に聞いた情報では、同社の2代目社長は湯西川出身で”平重盛”と縁があり、
平家にはかなり熱を入れているとのこと。

特に来年はNHK大河ドラマ「平清盛」なので余計になんですよ...って

マサカの展開でしょう? コレを聞いたケン坊は、最初、眉唾ものかなと思いつつも、
ブログネタには充分だと思って...温めちゃったんですよね~



【地元紙の情報によると】
2代目社長”小池久男氏”が、清盛の長男・平重盛直系の子孫といわれるなど、平家
とは縁深い。


2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」に因み、豆腐と納豆で「平家清盛」シリーズ
の販売を始めたというのだ。



確かに良く見れば、納豆の陳列下に

”NHK大河ドラマ平清盛に決定”と書かれていた。

P1010278.jpg

そして、この日のお買い物は...

   ”ジューシー大豆ハンバーグ”を中心に

   ”あつもりよせ豆腐”と”金平のガンモ”

ヘルシーな食べ物で、ケン坊はダイエットへ一直線!

P1010283.jpg
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
”シクラメン”と”ポインセチア”の花キューピット(戴き編No4)
2011-11-29-Tue  CATEGORY: 戴きシリーズ
23/11/25撮影【制度が変わって無期限が有限に...折角の好意を早く形にしないと...】


                  ”要・注意!”

             花キューピットの有効期限

     危うく12月末で無効になるハメに!


期限無し”花キューピット”がそのままに机の中に

    何が良いか迷っているうちに”数年が経過”



  その後の制度改正で、突如、有効期限が出現?

             期限は今年の12月末に...

     ようやく 季節感ある花と交換してきました



シクラメン(1鉢)3態

P1010773.jpg

P1010777.jpg

P1010779.jpg


ポインセチア(1鉢)3態

P1010776.jpg

P1010775.jpg

P1010780.jpg

残った分でパンジーを数株...

我が家の花も冬モードです
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
2年半振りに”大小山~大坊山一周コース”を(in足利市)
2011-11-28-Mon  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
23/11/26撮影【このブログを見て行かれる方のために丁寧にと思いつつ、やっぱり雑に】


大小山は双耳峰なのか

右の妙義山左の鷹巣山  総称が”大小山”?


今回のコースを参考までに...

 先ずは、案内板右端のオレンジのコースで上に”現在地(阿夫利神社)~妙義山”へ

 次いで、案内板右上のブルーのコースで”ピークを数個越えて~越床峠~分岐”へ

 そして、案内板中央左のグリーンのコースを下って”大坊山~大山祇神社”へ

 さらに、ケン坊が書き込んだブラックのコースで”大山祇神社~(舗装)~大小山”へ

 最後は、案内板大小山からオレンジのコースで”大小山~見晴台~女坂~駐車場”へ

つまり、ぐるりと一周するコースです。距離は書いてありましたがモデル時間は不明?
(最初の時に聞いた話では6時間コースだと...)

本来は3個のコースに分かれていて、一つひとつのコースは1~2時間程度です。しかし、
宇都宮から往復2時間半かけて来たケン坊には、2時間の山歩きで帰るのは勿体ない!

ただ、最後に書き加えたブラックコースの半分(大山祇神社~大小山登山口)は、完全な
舗装道路歩き(双方の登山口を繋ぐ区間で2㌔)となるので足には辛いです

山に慣れていない方には、先ずは単体のコースを歩かれることをお薦めします

P1010860.jpg

前置きが長くなってしまい申しわけありません...

妙義山への道は、下山に一度使った経験あるが(09:22)

結構な急登なのに...魔女は忘れてるらしい?

歩き出して1~2分(身体が温まる前)で急登に変身

左に”大小”の文字がくっきりと見えます...
(字の大きさは、ひとつが四間(約7.27m)四方もあるそうです)

P1010785.jpg

随所に素晴らしい景色が眺められる...

後を振り返れば、雲の上に薄っすらと”筑波山”も

急登の連続、足利特有の岩むき出しのコースは続く

P1010791.jpg

妙義山(大小山)に到着。標高は313㍍で一番高い

駐車場から45分もかかってしまった(10:07)

狭い山頂には人が絶え間なく次々と登ってくる

視界360度のパノラマ

正月は”初日の出”登山客で大いに賑わうとか...

P1010801.jpg

北を見れば日光連山

P1010796.jpg

南を見れば”富士山”が大きく見えました

ケン坊にとって富士様は”心”で見るものらしい

足利のほうが富士山に近いので一際大きい...

P1010798.jpg

西を見れば赤城山

P1010800.jpg

このピークは、これから向う”けとばし山”
(最初に登ったとき地元のオバさんたちに教えてもらったが...真偽のほどは不明
 ケン坊の推測:妙義山は大天狗の住む山、妙義山をけとばして出来た山かも...?)


P1010805.jpg

”けとばし山”へ行くには、尖った岩の上を歩き

時には痩せ細った尾根、身の丈2倍位の↓場所も

低山なのに変化があって面白いコース?

P1010808.jpg

”けとばし山”から見る上毛三山の一つ”赤城山”

P1010812.jpg

けとばし山から向うピークも”名無し山” 

このコースには名の無いピークが多すぎる?

一瞬コースを見誤る場面もあったが...冷静に対応

P1010815.jpg

反対側に見える”大坊山”

大坊山までにピークが、まだまだ3~4個はある...

P1010817.jpg

喘ぎながらついた場所は”お休み処”

この御仁が”緊急非難小屋”を作ったという

北側が切り開らかれ見晴らしがあって休憩には良い

P1010823.jpg

”無事カエル(帰る)神”も鎮座してます

場所は”足利鉱山(この奥側)”のところです

P1010822.jpg

P1010824.jpg

ここが”大坊山”です

ここを登れば...後は大小山に戻るだけ?

いま立っている場所も360度のパノラマです

絶景ポイントで食事...例のお握りと珈琲ですが

P1010826.jpg

エネルギーも補給し、一気に大坊山を攻めます

意外にあっけなく大坊山の山頂...標高285㍍(12:18)

ケン坊達の後から100名近くの子供たちが

この大坊山へ押し寄せて...直前に退却です

P1010827.jpg

山頂に”奥の院”があったが、火災で焼失...

ここが”大山祇神社”です

ここから舗装道路が...大小山への登山口まで続く
(ここでいう大小山登山口は別の登山口です)

P1010833.jpg

山百合学園の施設脇から、最後の大小山へ...

あと1.1㌔ですが、相変わらず山あり谷あり

P1010843.jpg

奥にある山(左)が大小山です

その手前に、大きなピークが待ち受けています

P1010839.jpg

ようやく”大小山(鷹巣山)”に到着(標高282㍍)(13:47)

足腰にやや疲労感が...後は下りだけです

P1010847.jpg

展望台の東屋、急な鉄梯子を経由して

ここは”女坂(急坂だが土なので足に優しい)”を選択
(男坂は岩場がコースにあり、疲れた身体には厳しいかなと思って...)

P1010852.jpg

間もなく駐車場です...

手前に”石尊の滝”があります

P1010854.jpg

そして4時間45分経過...駐車場です(14:09)

無事到着に流石にホッとしました

P1010856.jpg

もっと丁寧に書くつもりでしたが...粗くなってゴメン! 限界です...
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
早くもこんな季節なんですね
2011-11-28-Mon  CATEGORY: 日記
時を刻む針の速さは、人に寄って長くもあり...短くもあり...


       今週末には12月突入します!

 年々、1年という刻が早く過ぎているような気が...


      年末でケン坊も節目の歳に 早過ぎる!

P1010782.jpg

P1010647.jpg
ページトップへ  トラックバック0
速報! 里山(足利)の紅葉もそろそろ見頃を
2011-11-27-Sun  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
23/11/26撮影【常に百名山を追いかけてる訳では...。低い山でも充分に楽しめる!】


そろそろ 里山が人気の季節!

足利の里山にもハイカーが押しかけてる



     里山の紅葉はモミジと違って地味ですが!

  その分、ジックリと味わえる紅葉に出会えます!


ハイクして10分も経つと...景色が歓迎してくれる

P1010793.jpg

↓ ヒントの写真! 超アマなヒントです

あぁ~ ヒントじゃなくて正解をみせちゃった!

富田駅から西に入ると”大小山”が(駐車場は”阿夫利神社”です)

P1010794.jpg

↓ 遠くに見える(薄い)山は”両毛三山の一つ”

P1010825.jpg

連峰一周すると、こんなピークを2桁も越えることに

登っては降り...降りてはまた登る...の連続!

P1010839.jpg

こんな景観(日光連山)も...肉眼ならバッチリ!

P1010796.jpg


詳細は後日です!
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
三浦半島から届いた”みかん”プラス2(戴き編No3)
2011-11-27-Sun  CATEGORY: 戴きシリーズ
23/11/20撮影【頂き物は重なるときは重なるんですね~ 種類が違うのがあり難いです】



三浦の”みかんオーナー制度”を利用してる甥から

        採りたて”みかん”が贈られてきた


いかにも”採りたて新鮮”というイメージ

P1010652.jpg

みかん園に宅配用?の専用箱が...

オーナーの方のニーズが多いんでしょうね

P1010651.jpg

粒も不揃いで”みかん狩り”した証拠がありあり

P1010653.jpg


さて、プラス2とは?(知人から)

           ”ラフランス””甘露煮”です

P1010645.jpg

”ラフランス”...山形が産地で有名です

ケン坊は”買ってまで”は食べないが...
P1010667.jpg

”鮒の甘露煮”は古河と共に”藤岡町(県南)”も?

やや甘過ぎる感はあるが、魚類は好きなんでね~

P1010649.jpg

ごっつぁんで~す!
ページトップへ  トラックバック0
情報! ステーキ専門店”杣(そま)”の創業祭(in宇都宮市)
2011-11-26-Sat  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
23/11/25撮影【ケン坊は”杣”の回し者ではありません...あくまで情報の提供です】

ちょっと前なら”はな金”ですが...午前中、野暮用があって今日は休みです


        ステーキ専門店”杣(そま)”

  25日~27日まで創業祭を開催してます
        (開店26年の恩顧に感謝して”創業祭”を開催するもの)


一例ですが...

期間中は”特選サーロインステーキ200g”が

            サラダ・ライス付で998円(通常2,447円)

営業時間 昼:11時~3時
       夜:5時~9時半ラストオーダー


P1010769.jpg

12時半到着、案の定駐車場は一杯だった?

が、ケン坊のスペースを確保しておいてくれました。

P1010763.jpg

早くも飾り付けはクリスマスモード...

P1010768.jpg

外だけではありません

店内も...何だか気持ちが浮かれてしまいそう

P1010761.jpg

注文は決まっているが、手順どおりメニューを
(通常日のメニューも一緒に出てきたが、全く眼中になく...創業祭メニューだけ)

初めての店、様子見で”特選サーロイン200g”

P1010744.jpg

注文したら急に気持ちが落ち着いて...

店内を見渡す余裕が!
(早く入店した人が帰り始めたこともあり、空きはあるが次の客を案内できないで...)

P1010745.jpg

サラダが出てきました...

P1010748.jpg

続いて”特選サーロイン200g”登場

さすがに大きいです。鉄板からはみ出そうだ~!

P1010751.jpg

量が同じなら大きい分だけ厚みがないかも...

そりゃそうだね。厚ければ小さい筈>笑<

厚いほうがステーキらしい思うケン坊は素人?>笑<

P1010757.jpg

コチラは魔女注文の”Bランチ(ハンバーグ250g)”

もちろん、サラダとライス、さらにコーヒーが

P1010754.jpg

魔女曰くハンバーグが”ふわふわっ”て感じ...

P1010756.jpg


お腹も満たされ満足です

次は極上和牛ステーキにするかな?

P1010758.jpg
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
蓬莱山神社の紅葉は早すぎたが...(in佐野市作原)
2011-11-26-Sat  CATEGORY: 花紀行(紅葉の名所)
23/11/17撮影【熊鷹山&根本山&十二山を踏破したあとに寄った場所は...】


来年のための情報登録...そうです! 

ブログの目的に”備忘記録機能”もあるんです
        (ケン坊的な考えなので一般的ではありません...)


三滝手前”蓬莱山神社”紅葉の穴場かも?

P1010585.jpg

P1010575.jpg

P1010581.jpg

P1010584.jpg

P1010586.jpg


なぜ こんな写真(↑)を掲載したのかって?

ビューポイントのアイテムが揃っているんです
(歴史を感じる神社・枝振りの良いモミジ・上流の雰囲気のある川・さり気ない橋)

       ここは紅葉のポイントに違いない!

 そう信じて、忘れないためブログ・メモです...



23年は、11月25日ごろが紅葉のピークか?

来年の参考です>鬼が笑いませんように<
ページトップへ  トラックバック0
今市にも秋の装いが着実に(in日光市今市)
2011-11-25-Fri  CATEGORY: 公園・その他の公園
23/11/23撮影【思わぬ青空に心は動揺したが...山を諦め、今市の紅葉を確認!】


湧水庵の蕎麦を食べる前に

   今市杉並木公園で紅葉を観賞です


紅葉は”杉並木の杉”に日を遮られてましたが

まぁ~ コレだけ見られれば”良し”ですね

P1010669.jpg

方角が判らなくなってしまいましたが、

朝一番(7時頃?)なら日が射すのかな?

P1010687.jpg

水車も日陰での仕事は寒そうです

P1010673.jpg

ここの古民家も、紅葉がイマイチ早かったので...

コラボは良いが、”わたしゃ もすこし 陽が欲しい”

P1010676.jpg

何処までも吸い込まれそうな青空が...

P1010683.jpg

赤や黄色に緑...

紅葉が綺麗に見えるアイテムが揃っているが

P1010690.jpg

さて~10時半か、 蕎麦屋へ急がなくちゃ...!
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
今市の”水無 湧水庵”で新そばまつり(in日光市今市)
2011-11-24-Thu  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
23/11/23撮影【21日まで、日光そばまつりに参加していたのに...更に独自の感謝祭を?】


第12回 新そばまつり

         そば処 水無”湧水庵”で開催!


             P1010705.jpg



日光街道を宇都宮から今市方面に進むと

やたらと赤紫の幟旗が目に付く...
(今日は”まつり”なので特に多いが、通常の日でも目に付きます)

カーブミラーを左折2~300㍍先にお店があります

P1010695.jpg

11時開店、10時半に行ったら駐車なんかとても...

狭い農道も離れた場所まで片側路駐している

ケン坊は諦めて...でも帰りません!
(数百㍍離れたコンビニに”帰りに買う”という気持ちをもって無断駐車しちゃった)

P1010713.jpg

玄関前にある”受付名簿”に記入...39番目か~

1時間待つ覚悟だって大根と柚子が無料なので!

P1010704.jpg

隣では無料の”きのこ汁”が...もちろん戴きました

田楽(有料)は、これから蕎麦を食べるから遠慮?
(表向きは、お腹が一杯になっちゃうからですが、実は有料が理由?>セコイ<

P1010707.jpg

今日は、こんな青空になるとは思いませんでしたね~

完全に”山日和”です。百名山を一つ逃したか?

ブラブラ周辺を(写真撮りながら)歩いて順番待つ...

P1010708.jpg

食べた人に”無料配布”の大根を袋詰めするスタッフ

お揃いのジャンパーを着ています...

”日光そばまつり”で着るので作ったんですかね~

P1010706.jpg

このパンフレット、親切な方がケン坊にくれた?

1枚目の写真撮るのに手間取ってたのを見てたらしく

別なのを探しておいてくれたようです>笑<
(最初のパンフレットは玄関に貼ってあり、暖簾が邪魔で何度か暖簾を掻き揚げて...)

行動を見られているんですね! 恥ずかしいです...

P1010718.jpg

”ケン坊さ~ん お一人様” 相席になりますが?  

東京から来たという少し若いご婦人と相席...新鮮!

P1010716.jpg

店内の様子です

P1010717.jpg

畳の間もありました

混んでいる割に店内は比較的整然としています...

P1010719.jpg

1時間10分で”もりそばとかき揚げ”にご対面

かき揚げは無くて良いんですが、ブログ用に体裁を?

中太麺、やや堅めに茹でてあってケン坊向き!

”美味し~い~”  コレで650円は安い!

P1010720.jpg

帰りに”大根一本と柚子1個”を無料で頂戴しました

大根を下げて”コンビニ”までテクテクと...>笑<
(一応、コンビニでは金額は少ないですが気持ちだけ(何点か)買いました)

P1010724.jpg
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
畑から届いた”根菜類”(戴き編No2)
2011-11-24-Thu  CATEGORY: 戴きシリーズ
23/11/22撮影【日記なので...野菜を戴くのは消費者にとってありがたいことですね】


今度は畑から...

        新鮮な”野菜類”がどっさりと



         まるで”鍋物の具”が揃ったみたい

       大根・ミズナ・ホウレンソウ・里芋・白菜

           今夜は鍋料理が出るのかな?

P1010655.jpg

P1010656.jpg

P1010659.jpg

P1010661.jpg

P1010663.jpg
ページトップへ  トラックバック0
横浜から届いた”シウマイと月餅”...(戴き編No1)
2011-11-23-Wed  CATEGORY: 戴きシリーズ
23/11/05撮影シュウマイと思っていたら”シウマイ”が本名なんですね...】


波止場町(横浜)から

   大好きな”シウマイと月餅”が届いた


長期保存できる”真空パック”が贈りものの主流とか

P1010093.jpg

こちらも好きな”月餅”です

特に”ゴマ”が好きで、我慢できず撮る前に失敬し!

P1010090.jpg

横浜を代表するお土産

”シウマイと月餅”をセットで戴いちゃっていいのかな

P1010098.jpg

おぉ~シウマイが6パックも入ってた~...

P1010100.jpg

これが真空パックです 紹介することも無いですよね>笑<

P1010665.jpg

今回の戴きシリーズ第一弾でした

不思議ですね~ 重なる時は重なるんですね!
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
熊鷹山・H23年度-14(in佐野市:田沼)66/100
2011-11-22-Tue  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
23/11/17撮影山頂は360度のパノラマ...富士山が日光連山が赤城山が筑波山が


             遂に”熊鷹山”を征服!


根本山を休む間もなく引き返して分岐に戻ってきた

P1010514.jpg

いよいよ目指すは”熊鷹山”

歩き始めるとコレまでのコースとは景色が一変した

ササ原の景色? あんなにあった落葉が少ない

P1010532.jpg

歩くのも比較的楽だ 熊鷹がこんな楽な筈はない!
(気が抜けたか、魔女が後でズッコケてる。まるで猪が寝そべってるように>笑<)

あれは? まさか展望台? エッ! 山頂なのか!

分岐道標から20分も歩いてないのに?

P1010533.jpg

ヤッター 間違いなく熊鷹山山頂です~...

ケン坊の右に”白根山”が見える筈なのに外れた

相変わらず天気は素晴らしい!

P1010551.jpg

写真には見えない富士山 心霊写真!

右の丸い山(丸岩岳?)の上を”心”で追えば見える?

P1010538.jpg

日光連山。中央に男体山、両側に女峰山と太郎山

P1010541.jpg

根本山(中央右寄り)の奥の奥に薄っすら見えるは

もしかして”赤城山”のような気がします

P1010543.jpg

そして真っ白な日光白根山

P1010548.jpg

魔女と二人占めの熊鷹山もちろん展望台だって...

超~青空の中の展望台贅沢なひと時...です

何もかも忘れて”まったりとコーヒー”を!

P1010544.jpg

360度のパノラマに満足した二人、帰りはどうする?

駐車場のことを思えば三滝だが落ち葉を考えると...

やはり、新しいコースにも興味があるし~

ということで、西沢口(学林口駐車場)へ向うことに

P1010546.jpg

下山コースもチョッピリ紅葉に恵まれました

登りの時と比べるとちょっと負けてますが...

P1010553.jpg

P1010556.jpg

鬱蒼としてたであろう樹林帯も

かなり伐採が進んでいる。え!全部伐採か?

伐採対象の木に白いテープが巻かれている

P1010557.jpg

逆コースは登りたくないと思うほどの傾斜面が続く

小走りに降り続けたら、早っ! 間もなく出口に...

美味しそうなわさび田が青々としていた

P1010560.jpg

遂に佐野の山奥に楔を入れたぞ次は”氷室山”

来春のアカヤシオの季節にでも挑戦してみるかな~
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
根本山&十二山・H23年度-13(in佐野市:田沼)65/100
2011-11-21-Mon  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
23/11/17撮影佐野地区の百名山に挑戦。ここを皮切りに一気に攻めるか


幻の三滝を中心に聳える山は

栃木百名山の”氷室山・根本山・熊鷹山”


P1010504.jpg


”熊鷹山”...これまで二人が避けていた山ですが、

百名山も60山過ぎるといずれ越えなきゃならない


迷うケン坊を今日の天気が強烈に後押し!


新湯富士と南平山の山歩きが自信になってる?

”熊鷹山”は名前からして怖いと拒んでいた魔女

あの手この手で説得して、ようやく挑戦することに!
(魔女の説得:熊や鷹ではなくて”熊鷹”という鷹だと...>笑<)


前置きが長くなったが...その熊鷹山へ向う(10:58)

井戸小尾根取付分岐の紅葉に見送られていざ出陣!

P1010505.jpg

コースモデルは、次の分岐点(十二山)まで70分だ

厳しいが周囲の紅葉が気持ちよく登山させてくれる

P1010508.jpg

どこかで観たような景色が続く 新湯富士?南平山?

青空も満開! 環境はバッチリです...

P1010509.jpg

落葉が凄い! 景色に見惚れてると”ツルリンコ”
(エネルギーも普段の2倍必要です)

よそ見厳禁。(教訓)景色は立ち止まって観ましょう!

坂 また坂 そして二人の足を引っ張る落葉の集団 

腰が落ち、顎が出てしまうエンドレスの上り坂...

直登はキツイっす!

P1010510.jpg

ケン坊は写真撮りながら休息できるが、魔女が追い

つくと歩き出してしまうため、魔女は青息吐息です...

↓こんな感じの坂の連続です。紅葉は綺麗ですが
(楽じゃん? と思う方はど素人です>笑<)

P1010512.jpg

水分補給と称して小休止の連続

魔女の休憩に便乗するケン坊も内心はシメシメです
(後で知ったが、ここは上級者コースなんだって...でも、一般コースはありません)

ようやく熊鷹山と十二山の分岐点に到着(11:47)
(上級者コースなのに、モデルより10分近く早い! 疲れた筈だ)

P1010514.jpg

ここで恐る恐る...ダメもとで無茶な提案をしてみた

  ”熊鷹山”登る前に”根本山”へ寄り道しない?


思案後、出直すのは大変だから行っちゃおう!だって...

ヤッター 言って見るもんですね~ 往復で75分?

日が短いからと、休む間もなく根本山へ...


雑木越しに日光連山が見える。冠雪した白根山も

P1010515.jpg

反対側の案内板の奥に、これから登る”根本山”が

P1010516.jpg

少し下って数分後? ”十二山”の山頂が???

そうか、さっきの分岐のほうが高いんだ~

あっけない展開で百名山ではないが一つクリアです

P1010517.jpg

十二山からグゥーンと下りてまた登る...

おぉ~凄い”落ち葉風呂”?

風の悪戯でここの尾根一帯に集まってる感じです

P1010529.jpg

少し歩くと”十二山根本山神社”が...

やや傾き気味の鳥居があり奥に壊れた祠もあります

P1010520.jpg

【ネットから】
注連縄が張られた一段高いところに石祠があり、脇に新しい説明碑があったが光の関係で
見づらい。
祭神は大山祇命で、明和8年(1771)小野霊雲が小石祠を建立、寛政元年(1789)講社が木造
本殿、拝殿を建てた。
文化3年(1806)本地仏薬師如来を守る十二神将を納めた。ここから十二山と呼ばれた。


なるほどフムフム...十二山の名前の由来が判明

大きなマサカリのようなものはナニ?
(一部では金太郎伝説もありますが...まさか~リ)

P1010523.jpg

十二山から30分で根本山山頂に到着(12:22)

根本山頂の眺めはよくない。百名山クリアしただけ?

P1010526.jpg


とりあえずエネルギー補給にお握りを口へ...

さぁ~ 十二山へ戻って

本日の最終目的の山”熊鷹山”へ向かいます
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
情報! 紅葉の名所 真岡の根本山はあと4~5日かな?
2011-11-21-Mon  CATEGORY: 花紀行(紅葉の名所)
23/11/20撮影【昨年、初めて知った根本山の紅葉...雨模様が一転して晴れ間が】


  根本山(真岡市)の紅葉は真っ盛り

↓薄曇でもこんなに綺麗です
P1010599.jpg

たまに”シキザクラ”を見に出かける根本山ですが、

今年は最初から桜より目立つ”紅葉”を目的に

今年はタイミング良かったが、生憎雨が降っていて

P1010612.jpg

晴れの予報だったのに...何故だ! 

もしかして、ケン坊が行けば晴れるかな?

P1010610.jpg

あら不思議...

見る見る黒い雲が流れて、おぉ~太陽が出てきた~

P1010621.jpg

場所は、真岡市役所前の道を真っ直ぐ東に7~8㌔。

シキザクラの案内板が随所に出てます。

入口には”根本山自然公園”なる標識も出ています。

P1010623.jpg

駐車場も上に何ヶ所かありますので大丈夫です

P1010603.jpg

P1010607.jpg

P1010617.jpg
↓ シキザクラと紅葉でのコラボ
P1010635.jpg

P1010624.jpg

P1010627.jpg

⇒⇒⇒去年の紅葉

今年の紅葉は根本山で見納めかな?

いやいや! まだまだありますよね...
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
雨の日の結婚披露宴も乙なもの?
2011-11-20-Sun  CATEGORY: 日記
23/11/19撮影【サプライズの連続...最初から最後まで盛り上がった披露宴でした】


サプライズを次々演出する

    雨の日の”結婚披露宴”は笑いの渦に!


DSCN0154.jpg

披露宴会場となった駅前ホテルの一室...円卓は

DSCN0100.jpg

司会挨拶~主賓の挨拶~乾杯へと恒例のパターン

乾杯は升酒 もちろん”地元の銘酒 四季桜”です

DSCN0115.jpg

いよいよ料理が運ばれてきました  宴の始まり!

長~い名前のお料理からスタート...

↓ ”ヤシオマスのスモーク 小海老とパパイヤ 那須白美人葱のジュリエンヌ添え”

続々と運ばれる料理、ケン坊は全部平らげちゃった>笑<

DSCN0121.jpg

サプライズは、司会者の突然のご指名で始まります

内容が判らないままに司会から名前を呼ばれる...

出席者は戦々恐々!  俺は絶対に無い 私は~ 

と、名前を呼ばれないことを祈るだけ? 



一例ですが...

①乾杯に先立ち、鏡開きは上司や先輩がご指名に

②ご夫婦で出席していた一組は”ケーキ入刀”を



司会者が”ここで~”と声を発する度にみんなの顔が

一斉に司会者のほうに向けられる>笑<

隣に座った女性がサプライズでもらった”温泉パン”

DSCN0163.jpg

宴もたけなわだが...時間も間もなく3時間に

お開きが近い? その時”ケン坊”の名前が...

マサカの展開! 壇上に上がる初老のケン坊!

全員が”何だろう”状態 みんなの熱い視線を感じる

以前、ブログで触れたので省略しますが...

ケン坊が”二人のキューピット役?”だった理由で

花束と食事券を戴いちゃった!(サプライズの演出 ありがとう!)

DSCN0188.jpg

新郎新婦さん ご結婚おめでとう! 

     月並みですが”お幸せなご家庭を築いてね”

DSCN0189.jpg
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
初めて見る”紅葉の三滝”へ(in佐野市:田沼)
2011-11-20-Sun  CATEGORY: 景勝地(滝めぐり)

23/11/17撮影三滝は二度目の訪問となるが、今回は単なる”通過点”です...


三段45㍍の高さを誇る

    幻の滝と言われる”三滝””紅葉”
 (残念ながら三段の滝は一望するのは不可能?...全容が見えないので幻の滝と言う)

            P1010490.jpg



今日はこの上ない素晴らしい天気(澄んだ青空)

真岡で紅葉三昧と思っていたのを、急遽方向転換!


北関東道で”田沼IC”へ...そして一気に西へ向う

着いたところは佐野市作原(熊穴橋)...山奥です
  (”学林口駐車場”の先は通行禁止の看板? でも1㌔先の終点まで進入しちゃった)

やはり平日に山へ入る人は居ません...ブルッ!

ここから20分、舗装された落ち葉の道を歩くことに
P1010469.jpg

多少は紅葉(黄葉)した木々を観ながら淡々と歩く

P1010477.jpg

25分も歩くと第一ポイント”白ハゲ口広場”に...

P1010478.jpg

ここからが本格的な山歩きに...

直ぐ朽ちかけた丸太の上を歩く。先行きが不安です
(下は渓流...まだ高さは5㍍弱しかありませんが、5分ほどこんな場所を歩きます)

P1010480.jpg

丸太の橋を渡るとこんな道標が...

山のコース:一般向  川のコース:健脚向 

ケン坊と魔女の選択は? そう”健脚向コース”です
(前回、山コース~川コースを周回して、川コースが厳しいことは承知してるが...)

P1010483.jpg

所々に紅葉(黄葉)はあるが、鮮やかさに欠けます

P1010484.jpg

川コースは肩幅より狭い絶壁コースが数ヶ所あります

P1010485.jpg

↓ ”タイコオロシの滝” どこが滝なのか不明
(やはりケン坊は素人です。滝が見つけられず...)
この奥の山に登らないと観られないらしい(断念!)

P1010486.jpg

落ち葉で隠れた狭いコースを足で探りながら進む

ようやく”三滝”の文字が...よし 滝壺へ行くぞ!

滝壺へ行かないと滝が見えないのに、魔女はパス 

一人朽ちた丸太橋の強度を確認しながら渡ります

P1010495.jpg

魔女を置いて5分、ようやく滝の一部が見えてきた

これは二段目と三段目?

いや途中で屈折しているが...三段目なのかも

P1010493.jpg

滝全体が見えると判るのだが...

不完全燃焼のまま魔女の待つコースへ戻ります

P1010492.jpg

更に狭くて登りのきついコースを歩くと

おぉ~展望台に到着。三滝の全景が見えるかな?

僅かに滝の一部は見えますが...木の影が

残念だが”幻の滝”は幻のままにしておきましょう!

P1010497.jpg

展望台から観る↓三滝を抱える山の名前は不詳!

P1010499.jpg

この後も難行の連続だったが、山コースに合流です

紅葉も少しだが癒してくれます...

P1010502.jpg

さて紅葉に別れを告げ、今日の目的地へ向かいます
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
皇帝ダリア...背が高くてケン坊には苦手な花ですが
2011-11-19-Sat  CATEGORY: 花紀行(秋)
23/11/17撮影【山の写真が整理できなくて...箸休め”ネタ”で申し訳ない】


      いま”皇帝ダリア”が盛りです!


陽射しが山に遮られ、残念だが明るさが足りない

                     しかも、

同系の素晴らしい青空が反って逆光現象に!


P1010588.jpg

P1010590.jpg

P1010592.jpg

この日は最高の天気でした

山を登る前に撮れば”素晴らしい皇帝ダリア”が...






皇帝ダリアだけじゃ寂しい...山歩きの番外編を


山歩きを終え駐車場に戻る際”雨乞の滝”

P1010566.jpg

この周辺には何ヵ所かの”ワサビ田”があります

P1010567.jpg

そして”遮断の滝”の紅葉を...滝上からです

P1010573.jpg
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
季節料理の店”せせらぎ”が意外にも人気?(in鹿沼市)
2011-11-18-Fri  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
23/11/12【紅葉の後は”蕎麦の本場”で...蕎麦すいとんを初めて食べました】


大芦渓谷の紅葉散歩のあとは...

    手打ちそば”せせらぎ”で決まり!


              大芦川の清らかな流れ 

         古峰ヶ原が織り成す美しい四季

      くつろぎの空間”せせらぎ”へようこそ


大きな看板がアチコチにあったが完全に見落とし
       (県道14号線から中に入るので...危うく見過ごして)



P1010378.jpg

いかにも”田舎のお店”って雰囲気です

駐車場は”広場状態”俗にいう駐車場ではなく...

↓ この写真は帰りに撮ったものです(来たときは車が3台だった)
P1010379.jpg

いよいよ”せせらぎ”へ。入口は普通です

P1010374.jpg

鹿沼の”まちの駅”指定店になっていました...

P1010376.jpg

建物の脇に回ると、

たくさんの”干し柿”が吊るしてありました

P1010375.jpg

入口に近い壁際には、有名人の色紙が数多く...
           (殆どが知らない人、読めない人も随分多かったが)

P1010359.jpg

時には宴会場にも変身するようで...

小さいですがステージも?  カラオケなら充分に

P1010358.jpg

節電に協力して電灯の数を制限...

天井の明り取りを有効利用してました>笑<

P1010360.jpg

ケン坊が入ったとき(1時過ぎ)は3組で寂しかったが、

古峰神社の紅葉帰りと思しき客が次々と入ってきた

P1010372.jpg

魔女が注文の”ニラソバ”です

本来の色ではありません...

P1010362.jpg

魔女曰く! 

ニラがシャキシャキして蕎麦と絡めて食べると

これが”雲舞(うまい)だな~”だって

味見するため物々交換...おぉ~美味しいじゃん!

P1010364.jpg

いよいよケン坊の注文の品が登場です

”せせらぎ”オリジナルの「そばすいとん」...

スモークした鴨のスープに”そばがき”を入れたもの

P1010365.jpg

”そばすいとん”です。量も満足、モチモチ感も充分!

P1010367.jpg

肝心の写真がモヤちゃって...未熟だな~

鴨肉のオーラ(湯気)で、昔の写真になっちゃった?

P1010370.jpg
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
日本最初の駅弁は? JR宇都宮駅に決まってるのに!
2011-11-17-Thu  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
【写真が古いので...クリックしても拡大しません。悪しからず!】


峠の釜めしにケン坊は闘志むき出して?

    ”駅弁発祥の地 宇都宮”を後押し!


えへへへ~ 横川の”峠の釜めし”に拘ってます...
      (10月初め、馬籠妻籠へのバスツアーの際に買った峠の釜めし)

だって”おてもと”に日本最古の駅弁屋の文字が...

P1000413.jpg

駅弁発祥の地は”宇都宮駅”に決まってるじゃん!
          (旅館 白木屋が宇都宮駅開業にあわせて…)

後に、群馬高崎や現大阪駅等が名乗りを挙げて...

画像 046

この”松廼屋”の写真、去年の初夏に取り上げようと

準備してたが、他のネタに追いやられて陽の目が?

今回、峠の釜めしを手にして...チャンス到来?

でも、また紅葉ネタに追いやられ、危うく没ネタに?

↓ 宇都宮駅西口の駅前広場左手に入ったところに”松廼屋”の店舗はあります
画像 066

JR宇都宮駅のコンコースにお馴染みのお店が..

駅舎内(2F)に商店街の一つとして店舗を構え

画像 049

ときおりお客さんが品定めしている姿を見かけます...

画像 050

もうひとつは改札の中、キヨスク的な位置づけかな!

がんばれ! ”駅弁 発祥の地 宇都宮” 

画像 367

【参考】ネットから

日本最古の駅弁がどこの駅で発売されたのかについては諸説あり、確定されていない。
1885年7月16日、旅館「白木屋」がこの日開業した日本鉄道宇都宮駅で握り飯2個と
たくあんを竹の皮に包んだものを発売したのが最初とする説が広く流通している
がその後の
調査研究によってもっと早く駅弁を売っていた駅があるという複数の指摘が提出されており
宇都宮駅起源説は現在では事実上否定されている。
例えば高崎弁当は1884年に高崎駅でおにぎり弁当を発売したと述べているし、他に1877年
頃の梅田駅(現大阪駅)説、同年神戸駅説、1882年の敦賀駅説、1883年の上野駅説など。


ケン坊が思うに”駅弁屋”としての最古はわからんが、

”駅弁”としては宇都宮で良いのではないのか?
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
「とびこみや」というお店の”田舎うどん”(in日光市)
2011-11-16-Wed  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
23/11/09【ブロ友ハンターさんの後追いです。もちろん狙うはハンターの奥様メニュー】


日光市高徳の三叉路にある

     ”とびこみや”田舎うどんを...



ありそうな名前だが”珍名さん”に近いかな?

”とびこみや”って?

目立つので思わず飛び込むお店という意味? 

誤って車が飛び込むという意味? う~ん微妙だ!

P1010275.jpg

南平山&道祖神スタンプラリー終えて時間は午後1時

お腹にはお握り1個入っているが...

さて”とびこみやの田舎うどん”は間に合うかな? 

P1010276.jpg

2時少し前...

店内にはお客さんが1人でした。平日だしね~

P1010267.jpg

早速メニューに手を伸ばし..これだ!”田舎うどん”

550円だ~

うん? ハンター妻さんは天婦羅が付いてたかな~?

P1010266.jpg

え~い! 野菜天を付けちゃおうっと。750円か~

見るからに”手打ちうどん”です ケン坊好みの腰?

薬味の葱とゴマは判るが、辛味噌か豆板醤?

P1010270.jpg

天婦羅はこれで200円だからしょうがないかな?

いや~意外に(失礼!)美味しかったんですよ天婦羅も!

P1010272.jpg

うどんの上の”ナルト”が気になってしょうがない
    (ナルトはラーメンという先入観から未だに抜け出せないケン坊)

そんなことはどうだって良い

うどんが美味しく食べられれば良いんですよね!

ぉお~ぉお~ ウマ! ”田舎うどん”確かに旨い! 

P1010271.jpg

奥で赤ちゃんの声がする~ 若奥さん頑張ってね!
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
雀宮地域文化祭・収穫祭に飛び込み参加(in宇都宮市)
2011-11-15-Tue  CATEGORY: イベント(まつり)
23/11/13【コレまで数回しか参加していない地域の文化祭...思いがけず参加です】


   ”雀宮地域文化祭・収穫祭”に参加!


地区は同じでも、

会場から離れてると参加意識が薄くて...ごめん!


青空の筈が...紅葉を諦めて自転車でぶらぶらと

あれ~ 今日は地域の文化祭だったのか? 

久し振りに、ちょっと覗いて見ようかな

P1010380.jpg

野菜販売は9時オープン3分前なので準備も大変

買う人(テントの所)もスタートダッシュの様相!>笑<

P1010381.jpg

こちらは”地域内の史跡めぐり”の集団か?

ん? これは面白いかも...飛び入り参加しちゃった
      (少ないのかと思ったら、40人くらい同士が集まっていました)


P1010382.jpg

”史跡めぐり”参加のため暫しお休み!報告は後でね
   ・
   ・
   ・

12時! お待たせ~史跡めぐりから帰ってきました


女性陣によるフォークダンスが軽やかに?
P1010454.jpg

人気の”フラダンス”が次々に登場!
P1010456.jpg

のど自慢が民謡を披露し...なぜか女性が多いです

歳とともに女性はますます強くなる一方ですね!
P1010460.jpg

小学生の絵画を初め、

手先の器用な方の作品が所狭しと飾られています
P1010458.jpg

花もズラリと並んで、野菜の次に売れるのは植木類!

連鎖反応か? 一人が買うと次々に...

P1010462.jpg

行列はやはり”蕎麦”ですね

でも”すずめ和楽の会”なんて初耳だが...
P1010463.jpg

雀宮地区市民センターの門の所に、こんなものが?

 陽光(ひかり)ありて(↓製作意図)
  :太陽の光そのものを主題として、その反射や影・隙間から差し込む光線等を表現
   しようとするものです。
   また、鏡面部分には、平面・曲面それぞれに周囲の環境を写しこみ、面白い効果を
   生むと考えます。
   この作品は、太陽に捧げた鳥居です。

P1010457.jpg


史跡めぐり(約6~7㌔)で空いたお腹...

匂いに鼻が敏感に!   

並ばずに食べられるテントを目で追って

ソコソコ売れている”けんちんうどん”に決定です!

P1010455.jpg

家で待ってる(と思う)魔女に”あんころ餅”をGet

P1010468.jpg
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
川治温泉の”道祖神めぐり”スタンプラリー(in川治温泉)
2011-11-14-Mon  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
23/11/09【川治温泉に用事があったというのは”道祖神めぐりスタンプラリー”です】


去年の鬼怒川温泉の”七福邪鬼めぐり”に続いて

川治温泉の”道祖神めぐりスタンプラリー”

     (川治温泉のパワースポットを散策しよう!)

P1010285.jpg

テレビで”くもじぃ”が、日本の上空から各地を訪ねる

番組があるが
、こちらは”かわじぃ(川治爺)”です。



以前、政界では”しおじぃ”が喋り捲っていましたが

○○じぃという語呂が良いのかな~



↓ いきなり”かわじぃ”です(好々爺の道先案内人)
        (益子在住の陶壁作家「藤原郁三先生」が考案製作されたものです)
P1010207.jpg

”かわじぃ”の住まいは?  

川治ふれあい公園にある”かわじぃ ふるさとの駅”

いかにも”かわじぃ”の住まいって感じです>笑<

P1010205.jpg

川治温泉めぐりに先立って...さっそく道祖神めぐりを

紹介しましょう!
(説明内容はパンフレットからです。興味のある方はどうぞ)


①川治金精神
川治金精神は上流にある五十里湖の決壊時に埋没してしまったが、その後再度発見されて
以来、川治温泉の土地や温泉の守り神として多くの人々に親しまれてきました。


P1010219.jpg

P1010220.jpg


②~腕組型道祖神~「薬師の湯」
川治温泉の起源は享保8年に五十里湖の決壊時に、男鹿川のほとりに温泉が湧いていた
のを、木材搬出の作業時に発見されたとされています。
川治温泉に浸かり、いつまでも健康で仲良く幸せにとの願いをこめて、この道祖神は男女が
仲良く腕を組んでいます。


P1010223.jpg

P1010224.jpg


③~酒器持ち型道祖神~「南平山」
ここ南平山には、今から800年程前の源平の合戦で敗れた平家の大将「米沢淡路守」が、
この地に逃れてきたが追っ手に追われる際、黄金や財宝をこの山のどこかにうめたとの
伝説が言い伝えられています。
この道祖神は、土地や黄金の守り神として安置され、平家の盛衰を偲ぶと共に、今後の
繁栄を願い酒器を交わしています。


P1010229.jpg

P1010230.jpg


④~川治温泉神社~「浅間山」
川治温泉の中心に聳える浅間山は多くの神様が祀られ古くから紙の山として崇められて
きました。
また、川治温泉の源泉は全てこの山の麓から湧き出ていることから、温泉の守り神として
この温泉神社が祀られています。


P1010239.jpg

P1010241.jpg


⑤「おなで石」
川治温泉で昔から親しまれている御神石で、なでると子宝や安産にご利益があるとされて
います。
地元の人々はもちろん、遠方から訪ねる方もいる隠れたパワースポットです。


P1010246.jpg

P1010245.jpg


⑥~合掌型~「新男鹿橋」
江戸と会津を結ぶ主要街道として栄えた「会津西街道」ですが、重い荷物を背負った馬が、
怪我や命を落とすなど、幾多の難所がありました。
その当時の人々にとって馬は家族同然であったため馬を供養し、旅の安全を願うため馬力神
がこの新男鹿橋の近くに多く祀られています。
この道祖神は当時を偲び、旅の安全を願って合掌しています。


P1010254.jpg

P1010255.jpg

⑦~合川石道祖神~「川治ふれあい公園」
ここ川治温泉郷が鬼怒川と男鹿川が合流する地点に位置することにちなみ、出会いや縁結び、
子孫繁栄の願いを込め、それぞれの川の石(右が鬼怒川、左が男鹿川)を抱き合わせた
自然石の道祖神です。

*お詫び:肝心の写真を撮り忘れてしまいました

↓のマップ④のところにある石です(実際には⑦ですが)


これが川治温泉道祖神めぐりスタンプラリーMAPです(全部回っても1時間程度?)

P1010286.jpg

道祖神めぐりが終わると(↓)開運お守りが貰えます

P1010289.jpg

”かわじぃ”ありがとう...川治温泉めぐりでまた会いましょう

南平山登山道祖神めぐりも無事に終了しました! 

P1010251.jpg

鬼怒川のスタンプラリー七福邪鬼めぐり
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
情報! 古峰ヶ原の紅葉も今が旬...雲にも負けず(in鹿沼市)
2011-11-13-Sun  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
23/11/12【大芦渓谷が雲にやられてしまった...多分、古峯神社もダメだろうな~?】


大芦渓谷の紅葉を見たら

そう!”古峰ヶ原の古峯神社”の紅葉もセット


大芦渓谷の紅葉から車で15~20分で移動!

近い駐車場は満車。でも大駐車場は余裕です...

相変わらず、曇り空に虐められてるが期待は大きい。

P1010318.jpg

陽が射さなくてもこんなに素晴らしい紅葉が...

P1010323.jpg

これで陽が射したらどれだけ綺麗に思うと残念だが

P1010328.jpg

池に舞い落ちた様は”まるでモミジの宝石箱や~”

P1010325.jpg

常緑樹とのコラボも良い感じです

P1010333.jpg

今年は大芦渓谷よりも古峯神社が見応えありました

P1010339.jpg

濃淡ある紅葉が目の保養に...綺麗です

P1010345.jpg

まさにモミジの絨毯...モミジは落ちても死なず!

P1010348.jpg

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報! 大芦渓谷の紅葉は今が旬...思わぬ雲に負けた!(in鹿沼市)
2011-11-12-Sat  CATEGORY: 花紀行(紅葉の名所)
23/11/12【以前にも堪能した大芦渓谷の紅葉。今年は魔女にも見せようと強引に...】


鹿沼の紅葉スポットの一つ

  大芦渓谷・白井平橋周辺は見頃です!
           (古峯神社一の鳥居手前を日光方面に右折して数㌔)


昨日の雨模様から一転して朝から青空が...チャンス到来か?

ただ、湿度が高いのに気温が20度というのが気になる(靄ってなければ良いのだが)
青空のなかに雲が浮かんできました。徐々に雲が広がり陽射しをも遮り始めた...ナニ~

昨日の天気のためもあってか今日は人出が多い。路駐はもちろんですが・・・ケン坊は
ラッキーにも(帰る車があり)近くに停められました

紅葉は微妙ですでもタイミングとしてはまぁまぁでしょうか?
ただ、完全に陽射しが無くなってしまったので、紅葉本来の綺麗さに欠けます

晴れ男の面目もなく”れば たら”で魔女に言い訳を言いっ放し
以下、紅葉写真を掲載しました...想像分も加味して見てください。

明日(13日)は、青空の下で素晴らしい紅葉を楽しんで!

河原から見上げる”白井平橋と紅葉”です
P1010303.jpg

同じ河原から上流を見渡すと...
P1010300.jpg

白井平橋から下流を眺めるとこんな感じ!
P1010306.jpg

下流の河原に降りて、白井平橋を見上げてみれば...こちらは人がいません?
P1010310.jpg

白井平橋...陽射しを欲しがってます
P1010313.jpg

白井平橋から紅葉越しに上流方面を望むと...
P1010307.jpg


くどいようですが、陽射しがあれば絶対にビューポイント間違いなしの場所です!

県外からの車が多いです(多分、古峯神社とセットで訪れてくる場所なのかも...)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
南平山(なんだいらさん)・H23年度-12(in日光市川治)64/100
2011-11-12-Sat  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
23/11/09【川治の紅葉は終わっているだろうと思いつつも”ついで”に山へ登って...】


平家の黄金埋蔵伝説の山

夢多い”南平山(なんだいらさん)”を登頂!
        (標高は1007㍍と、栃木百名山の中では59番目です)

休みをとるなら金曜日と思っていたが、仲間の休みの関係から今週は水曜日に変更です。

そのせいで、今回は単独で川治温泉方面へ...現地で仲間がいたら”南平山”へ登る?
 (誰もいなかったら絶対に登らないでね! と、魔女に念を押されて家を出たが


↓ 川治温泉駅から見る”南平山”...何となく山頂付近は紅葉は終わってるような?

P1010202.jpg

川治温泉駅に無断駐車。小網ダムを横切り...登山口に10数分で到着

             魔女との約束:登山口で仲間が来るまで登らないこと

話には聞いていたが、この山は平家の埋蔵金が眠るという伝説のある山だ。
いきなりの(↓)案内板。5分待ったが誰も来る気配がありません。

そうだ、埋蔵金を探そう! 独り占めできるかも? 

なに~山頂往復で5時間ってか? ガイドブックでは3時間40分とあったが...

まぁ 山を楽しんでゆっくり歩けという意味なのかな? 

そうか? 埋蔵金を掘り出す時間が入っているのか!

P1010130.jpg

魔女との約束を破って山に足を踏み入れてしまった魔女から借りた鈴で熊にご挨拶です

5分も歩いたろうか? 親切な道標が現れました...あと3キロ! 

砂金のマークが気に入った。200㍍ごとに道標があり道に迷うことは無さそう!

しかも、思った以上に落葉が進んでいるのと山林の手入れが行き届いているお陰で、一人で

歩く山としては申し分ありませんこれなら山頂まで行けるかも?

P1010133.jpg

紅葉も、標高が上がるに連れて色づきが良くなってきました...期待できますね!

P1010137.jpg

鉄塔のある鞍部に着きました。山頂まで2.6㌔のポイント?

毎度のお茶目なアングルで...一枚遊んでみました。青空に蜘蛛の巣が~映える?

P1010140.jpg

ガイドブックのイメージでは、もっと樹木が混みいっているのかと思ったが...

アッサリした樹木の紅葉が綺麗です。この空間がケン坊は好きだな~

それにしても急登の連続ですう~ん! 休んだほうが良いかなと思いつつ先へ...

P1010147.jpg

”段々良くなるホッケの太鼓”って言いませんでしたか? 

紅葉がますます見事な光景を演じて、それでいて、大人の紅葉の雰囲気ですね~

P1010148.jpg

これでもかっ! と、紅葉が次々と展開してくれます。
いちいちカメラをしまうのが面倒です。もう出しっ放しに...

P1010155.jpg

そして中腹から、見たことのある山の形が...

もしかして”高原山”じゃないかな~ 何度も目を凝らして見つめちゃいました

間違いなく高原の山々です鶏頂山・釈迦ヶ岳・中岳・西平岳...

P1010162.jpg

一枚くらいは縦のアングルも良いんじゃない?

             P1010165.jpg

ホッケの太鼓が益々良い感じ...あぁ~魔女に見せたかったな~

P1010166.jpg

ついに埋蔵金を掘り出す場所に到着。東屋の左手に巨石を積上げた塚が...

財宝の埋蔵場所を解き明かすカギとして

”朝日さす 夕日輝くこのおかに 漆千杯、黄金千杯”
という歌が伝えられている。

詳しくは(↓山頂)の写真を見て、理解したうえで挑戦してみてください!

P1010190.jpg

その後も紅葉三昧に明け暮れて...静かな空間でのご馳走! 贅沢?

P1010176.jpg

おぉ~ 間もなく山頂が近付いてきました。でもおかしいな~ 時間が早過ぎる?

まだ1時間しか経っていません。あんなに写真も撮ったりしてたのに...

P1010177.jpg

何はともあれ山頂に着いちゃった。 70分です

P1010179.jpg

新湯富士の二の舞はしないために...一応、山頂の証である三角点を探した

探すって大袈裟な...。だって案内板の直ぐ傍にあるじゃん>笑<

誰もいないので、ケン坊のザックとグローブを撮ってみました。

P1010186.jpg

誰が遊んだのか? 落ち葉が苔むした石の上に並べてありました。

登りの時は気付かなかったが、ケン坊もお裾分けに一枚撮らせていただきます。

P1010198.jpg

下りは、気を許すと転げ落ちるくらいです...早いはやい40分で下山です。

こんな素晴らしい山、ケン坊が往きも帰りも独り占めって、ブログに

書こうかなって思った矢先、年配者が一人登ってきた~ あと400㍍の地点です

残念だったが 往復1時間50分の素晴らしい山歩き!
ページトップへ  トラックバック0 コメント14
黒磯で益々広がる”SHOZO”ブランド(in那須塩原市)
2011-11-11-Fri  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
23/10/23【あはは~、巻狩祭の寄り道ネタがまだありました>笑< 誰かさんを笑えない】


      黒磯の街中に”SHOZO通り”が出現?


P1000610.jpg


この辺に”SHOZOのコーヒーショップ”がある筈と車を走らせる...

ブロ友”ハンターさん”のブログで見たことのある真っ黒な建物が見えてきた。

P1000605.jpg

駐車場が判らない...でもアチコチに”SHOZO”マークが目に付く。
適当に停め歩き出すとSHOZOの看板が...まさに”SHOZO通り”

もう少し歩いて見たかったが、時間的な制約もあるので、ブティックやアンティークなお店、
ハーブ系のお店だけ覗いてみた
が...。どこも空き家を利用しているような感じ...

当初の目的のお店(↓)に入ります。

P1000596.jpg

1Fはスィーツやコーヒー豆が所狭しと並んでいる。
帰りにでも買おうか...横目で様子を覗いながら...取り敢えずは2Fへ

P1000602.jpg

階段に”MENU板”があり”二階で静かに営業しています”だって?
面白いというか...やはり面白いお店ですね?

P1000599.jpg

2Fは混んでいて、一番奥の壁と睨めっこ状態の場所に案内された...最悪かな?
その後、帰った人がいたので場所替えをお願いし、幾分良い場所に引越ししました

2階は薄暗く目が慣れるまでは手探り状態...←コレ完全にオーバー

ここで見てはいけないものを見ちゃいました...”撮影禁止”だって~
そんなんで、これ以降は写真がありません。ガッカリです。

コーヒーとケーキで千円は(ケン坊には)ちょっと高い? (高いのは判っちゃいるが...)

P1000598.jpg

内訳はコーヒーが580円でケーキが420円千円分を店内で粘ってきました>笑<
そして(魔女は)1Fのスィーツコーナーへ...ケン坊はお店を飛び出してブラリ!

なんでこんなに混むのだろうか? ケン坊には良く判りません...
若い人だけではありません。少し、腰の曲がった昔の若い人もいます。

P1000611.jpg

買ってきたスコーン...早速、コーヒーの飲み直しというか”お疲れさん会”です

一杯580円のコーヒーと飲み比べ無謀ですが...
若干、味(香り)は負けてますがトータルの美味しさは変わりません?

P1000627.jpg

店員さんに断れば”写真はOKらしい”とのブログを見つけました>苦<

これからSHOZOへ行かれる方は、店員さんに相談してみてください...

黒磯は初めて! 那須のSHOZOも雰囲気があります
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
第24回”スポレク エコとちぎ2011”が無事に終了!
2011-11-10-Thu  CATEGORY: 公園・栃木県総合運動公園
23/11/06【スポレクは今年で最後なんですって...まだ全国一周してないですが...】


    ”とびっきり 栃木で いい汗 いい出会い”


                全国のスポーツ愛好者が一堂に会する

     第24回全国スポーツ・レクリエーション祭

       「スポレク”エコとちぎ”2011」


            P1010119.jpg


11月5日(土)~8日(火)まで4日間栃木県内21市町において、都道府県代表参加種目

18種目と、フリー参加種目10種目の計28種目開催された。



その中心となる会場”栃木県総合運動公園”は開会式5万人、翌6日は3万人を集めた。

P1010114.jpg

栃木県のゆるキャラとして認知されつつある”とちまるくん”神出鬼没です!

P1010116.jpg

メインステージでは”とちまるくん体操”で頑張ってました。

P1010111.jpg

この日はフリー参加のスポーツが多かったようですが、県代表対抗の種目も...

応援の幟旗は、市内の小学校が応援する県を決め...県の特徴を出しているようです。

P1010103.jpg

陸上競技場では、走・投・跳 いろんな競技が行われました...

写真は60歳台の短距離走です。ケン坊と同級生? 素晴らしい走りです!

P1010117.jpg

こちらも負けてはいません! 

壮年サッカーでも、いいおじさん(ケン坊よりも若い!)が汗かいています

P1010121.jpg

最近は、いろんなイベントにセットで登場するのが”テント群”です

P1010106.jpg

各自治体や近県からも自分のブースに客を集めようと”B級グルメ合戦”です

P1010107.jpg

陸上競技場の周囲も取り巻いてテントは並んでいます。今までこんなことは無かったが...

P1010108.jpg

中にはこんな光景も...体験コーナーです。

ここは、自転車を漕いで発電する体験...最近はポピュラーな光景です。

P1010109.jpg

7日~8日は、県代表が競う競技種目が中心らしい。

天気も回復します。栃木路での競技を大いに楽しんで欲しいです。

P1010101.jpg



”生涯スポーツの祭典”は幕!スポレク祭は今回の栃木県開催が最後です。

引き継ぐ県がなく大会旗は文科省へ返還された...寂しいですね

*大会開催には1億以上の費用が必要とされ、開催を希望する都道府県が無いらしい。

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
栃木県中央公園に秋を求めて! まだ早いか?
2011-11-10-Thu  CATEGORY: 公園・栃木県中央公園
23/10/29【あくまでケン坊の日記なので...内容の薄いブログをお許しください】

赤城山から戻った翌日、身体が何となくだるい...風邪をひいたのかな?  
だったらケン坊もバカじゃない証拠? アハハハ4連休でダレたか~

少し無理したかな~ いや違う! 原因はコレ(↓)かも知れない!
山歩いたあと、汗ばんだ衣類を取り替えず”着たまま乾燥”させたのが最大の原因か?


そんな日は、身体を休めながら歩く...そう、公園をそぞろ歩きが一番です!
家ん中に一日中いたら、病気になっちゃうし何より”ケン坊らしくない”からね>笑<


そんな訳で、午後、ぶらりと県中央公園に出かけて...山以外の景色も吸収します。

入口近くの噴水のある池に写る、紅葉の始まった”ユリノキ”の高木です
DSCN9906.jpg

公園で良く見かける風景です
DSCN9908.jpg

名のわからない花も咲いてましたが...追求する気も起きません(だるさのせい?
DSCN9909.jpg

今年の紅葉は綺麗ではありませんが紅葉が始まってます...
DSCN9911.jpg

こんな看板が...やはり今年は放射性物質による影響? 
楽しみにしていた家もあっただろうに。こんなところにも影響が出ているんですね
DSCN9913.jpg

お年を召した方で池の周辺のベンチは混んでます...今日は風もなく穏やかなので
DSCN9914.jpg

遠くに紅葉が...と思ったら赤い実が。こんななり方するのは何だろう?
DSCN9918.jpg

アップで撮ってみました...サンザシのような気がします。
DSCN9919.jpg
ページトップへ  トラックバック0
”十月桜”を求めた先で”リンドウ”に(in天平の丘公園)
2011-11-09-Wed  CATEGORY: 公園・天平の丘公園
23/11/03【天気に恵まれず、もやもやな気持ちを変えてくれたリンドウ...】


天平の丘公園をぶらぶら...

菊花展十月桜愛で、リンドウ親しむ


天平の丘公園の菊花展に出かけてみたが、ケン坊のイメージする菊花展とは少し...

一つ一つは綺麗なんですよ! 勘違いしないでね。

DSCN9963.jpg

早々に菊花展を見て、防人街道のある林の中を散策です...

間もなく、林の中に水色の花を目敏く見つけ近寄ると”リンドウ”です。

DSCN9940.jpg

一つ見つけると次々と...あれ~ ここってリンドウの群生地だったの?

DSCN9942.jpg

天気に恵まれず、かつ、林の中なので”綺麗に”撮れませんでしたが...

DSCN9944.jpg

思わぬ場所でリンドウに出会えたことで、菊花展のことも忘れ...>笑<

DSCN9993.jpg

林を抜けたところに”十月桜”が咲いていました...

春の花と違って派手さはありませんが、違った面持ちで十月桜を愛でることができます
DSCN9969.jpg

青空だったらな~ と恨めしそうに天を仰ぐも...期待できそうにありません

DSCN9968.jpg

公園には10数本の10月桜がありますピークを過ぎた? かも

DSCN9984.jpg

林の中には、何ヶ所もカメラポイントがありますが...天気のいい時にしましょう!

DSCN9991.jpg
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
<< 2011/11 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.