ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
低山”男抱山”を見参!(in宇都宮市)
2011-02-28-Mon  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
【以前から面白い名前の山だなと思っていたが...百山なので後回しにしていた】2/25

宇都宮北西部にある低山”男抱山(おただきやま)”

男抱山は”東峰の男抱山””西峰の富士山”双耳峰の総称

↓ 表示のピークが富士山(330㍍)、表示が男抱山(338㍍)。遠近法で逆に見えます。
画像 726

”おとこだきやま”って変わった名前だな~と思っていたら、正式には”おただきやま”と言う
らしい。

標高は338㍍と低い山ということもあり栃木百名山にも入ってない”無名の山”です。

さて、登山の入口は~何と墓地? 駐車スペースは5~6台分...近くにファミマがあり、
そちらに駐車したほうが良いかも(もちろん断ってからですよ)。

また、ろまんちっく村は登山入口から500㍍の距離にあります。駐車には適しているかも。

今日は、登山口~男抱山~富士山~登山口という周回コースで、モデルでは1時間強程度。
魔女の足の調子をみながら古賀志山へ移動して少し歩く...という計画でしたが?

↓ お墓の隣に入口がありました。道はしっかりとしていそうです。
   表示版も新しく付け替えられたようで安心感が漂います。
画像 571

↓ 登山入口から5分? 早くも分岐点に到着です。
   右折:男抱山  左折:富士山  直進:半蔵山  我々は右折で”男抱山”へ...
画像 572

↓ 右折し数分で石段の上に鳥居が見えます。どこの神社があるのかな?
画像 576

↓ 近づいてみると”鳥居の柱のそばに”額”が置いてあり「金比羅」の文字が...
   あの四国にある金比羅様のこと? 理由も判らず鳥居を潜って
画像 631

↓ 暫く急登が続くが、足元はそんなに悪くはありません。コースもシッカリしてます。
   時々、大きな岩に赤ペンキで左折する矢印があるのが気になりますが...
   想像では、最初の分岐を直進すると”神社”があるので、そちらへ行くコースかも...
   そうこうしているうちに、こっちのコースにも立派な祠が...金比羅様らしいです。
画像 578

↓ 祠から5分も歩いたろうか。目の前に大きな不安定な岩が現れました。ナニコレ?
   この写真では”女性の横顔”に似てませんか? そう思うと「女性」以外に見えない。
   この岩が”男抱山”の由来? この女性が好きな男のことを胸に抱いていた???
画像 582

↓ 細いトラロープが一本垂れてますが、この上が山頂です。ロープの脇にまた祠です。
   この祠は「縁結びの社」とされ、女性が秘かに詣でて、かなわぬ想いの相手方の方向を
   望めば、不思議にその恋の想いは届くと伝えられ、いまなお信仰が絶えない山と。

画像 583

↓ 山頂は岩山でした。
   その岩に”男抱山頂”の文字が...奥に見える山は”篠井連峰”のようですね?
画像 623

↓ 双耳峰の一方、西峰・富士山が見えます。
   これから富士山に向います。多分、10分程度で行けるかと...
画像 587

↓ 山頂は360°のパノラマだったんですが...
   この日は朝から靄が漂っていて、残念ながら見晴らしはあまり良くありません。

   奥に見える三角錐のような山は何という山かな?  
   山頂にいた人が”日光の外山だよ”と教えてくれたが、宇都宮に日光の山が何故?
   ケン坊もいい加減だけど、この方もかなりいい加減な人だなと思ったよ...
   (家で調べたら鞍掛山の先端ですね。見る角度でこんなにも変わるんですね)
画像 600

↓ 山頂は岩だらけの男抱山。
   その岩のほんの少しの割れ目から松が芽をだし...自然界の生存競争は素晴らしい!
画像 590

↓ そして男抱山頂から約10分で富士山頂へ。標高:330㍍
   岩には消えかけて読みづらい文字ですが”西峰 男抱山 富士山”と辛うじて...
   こちらの山頂も大きな岩がある。その上で何組も食事が出来るくらいの広いです。
画像 601

↓ 富士山から見る”東峰 男抱山”です。
   先ほどまで休憩していた山頂です。中央の白っぽく見える岩が山頂です。
画像 597

グルリと一周しても1時間ちょっとです。こんな身近な山の山頂が360°のパノラマなんて、
これは快晴の日に、もう一度登る価値がありそうです。
コースもハッキリしていて...一部急登のところもありますが、ガマンできる範囲です。


【悲恋物語】ガイドブックより
江戸時代元禄ののころ、白沢宿に美しい乙女が住んでいた。ふとしたことから恋仲となった
西根部落の青年に毎日三里の道を通い続けた。
最後は恋かなわず、男抱山の山頂の露とはかなく消えたという悲恋物語が語り継がれている。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント11
しっとり”バームクーヘン”の店 レミール
2011-02-27-Sun  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
【バレンタインデーに魔女からプレゼントされた店! 評判のバームクーヘンです】2/13

菓子工房 レミールさんの

     手創り とろけるなめらかさ 

             しっとり バームクーヘン

画像 295

この看板は何度か見ていたが、TVで取り上げられていたとは知らなかった。近くなのに!

画像 297

初めてのお店なので遠慮気味にそぉ~っと入ってみた。厨房にややふっくらした男性が2人。
店内には女性はいません。

女性がいないお店じゃ帰ろうかな? でも目が合ってしまって帰り辛い雰囲気になりつつ。
店内にはバームクーヘンが所狭しと並んでる。あれもこれも...うわ~高いぞ~

画像 299

取り敢えず、選んでいる振りして店内を歩き回り>笑< 安いものは無いかと目を光らせる。

画像 298

ありましたありました。バームクーヘンにも大根やキャベツと同じようにハーフサイズが。
いや、クォーターサイズもありました。おぉ~マドレーヌも美味しそうだし...

↓ 以下、2/14のブログで掲載済みです。

画像 301
画像 310

そしてバレンタインデーで手渡されました”バームクーヘン”と”マドレーヌ”。
噂に違わず美味しかったのは言うまでもありませんでした。ちょっと高いですが...
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
星野・セツブンソウ&ロウバイなどの開花速報
2011-02-27-Sun  CATEGORY: 栃木・大平・都賀・岩舟
【2月26日(土)午前の開花状況です】


星野のセツブンソウロウバイ見頃です



四季の森のセツブンソウ満開です
画像 639

画像 638

画像 636


四季の森ロウバイピークです
画像 640

画像 641


GOSAROレストラン

セツブンソウ黄花セツブンソウ満開


黄花とのコラボ、10枚近く撮りましたが全滅でした。
アングルの良くないのが、辛うじて2~3枚が見られる程度です。逃がした魚は大きい
画像 676

画像 677

画像 688

GOSAROレストラン

店主から原種シクラメンを見せて貰った

画像 678

画像 679


GOSAROレストラン

珍しいフキタンポポも見せて戴いた

画像 682

画像 680


以上、星野のセツブンソウ関係の開花状況を取り急ぎ報告しました。

陽射しの関係から、午前中が良いですよ
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
小さな小さなパン屋さん(in宇都宮市)
2011-02-26-Sat  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
【突然に現れた赤い窓枠の建物は何者? レストランなのかパン屋さんなのか?】2/20

        小さな小さなパン屋さんGet

              COULIS ☆ ROUGE

ロマンチック村の近くを通ったら赤い窓枠の建物が見えた...
魔女っ子が目ざとく”小さなパン屋さん”って書いてあったと言うと、すかさず魔女が
どんなお店か寄ってみたいねだって...暫く進んでからUターンです。逆らえません。

車がお店の両側に計7台くらい停まっていて賑わっているの? こんな田舎のパン屋が?

↓ お店手前の板塀の中は庭を造成中のため土盛り道具がありました。見えないようパチリ!
   洒落た建物ですが... 
画像 538

↓ あぁ~ 確かに”小さな小さなパン屋さん”って手書きで書いてある。
   瞬間的に この看板を見たのか~ 女の目って凄いな~
画像 539


お店の名前は「クーリ☆ルージュ」と読むようです。(フランス語?)

聞くところによると、何でも”西荻窪で開業していた美味しいフレンチ”が、今年1月にシェフの
故郷(宇都宮)に越してきて、ろまんちっく村の新里街道出入り口そばにオープンしたのだとか。
まだ1ヶ月チョットです。

フランスで修行し西荻窪で6年もフレンチレストランを経営されていたとの情報にビックリ。
知らなかった筈ですね~。

パン屋さんかと思ったが、本流は”レストラン”で、ついでにパンも扱っているというのが実態の
ようです。


↓ 恐るおそるドアを開けたところに、いきなりレジがありパンも置いてあった。
   奥には厨房でしょうか。男性が2人くらいチラチラ見えましたがハッキリとは不明?
画像 540

↓ レジ担当されている方は奥様なんでしょうか?
   しかも狭いカウンターに試食も置いてあって...小さなカケラを口にしました。
画像 542

↓ レジ前の壁際に置かれたフランスパン。
   クマかブタかは判りませんがアィディアパンも。
画像 544

↓ レストランがメインのお店。ランチが1890円か。独身だったらな~
画像 543

↓ レストランのほうも少し覗いてみましたが...雰囲気も良さそうです。
画像 545

↓ 初めてのお店だし、ランチは”ゆるりや”で済ませてきたので...
   取り敢えず今日は”パン”を買ってきました。真っ赤な袋...ROUGEだから?
画像 555

↓ 今日の戦利品は、フランスパンと「ノワ(くるみ)」「トロ・レザン(干しぶどう)」
   もう一つは何だったかな? 確認する前にお腹の中に入っちゃった。
画像 548


【クーリ・ルージュ】ネットからの転載です

クーリ・ルージュからお客様へのお知らせ
いつもご来店いただき、ありがとうございます。

東京 西荻窪で6年間ごひいきに与りました、フレンチレストラン クーリ・ルージュは、
移転のため2009年7月16日をもって一時休業いたしましたが、
2011年初頭より、シェフの故郷、宇都宮にて念願の開店を果たすことができました。

これも、お客様を始め、皆様のお蔭と感謝しております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

クーリ・ルージュ
 住所:栃木県宇都宮市新里町丙33-2
 Tel:028-678-8848
 レストラン営業時間: 11:00-15:00 18:00-22:00(21:00オーダーストップ)
 パン屋営業時間: 11:00- 売り切れ次第終了

 ※ご予約はお電話でお願いいたします。


オープンしたばかり。現在はランチは前菜・メイン・デザートなどが選べるコースが1種類で
1890円。近い将来はバリエーションを増やしていかれるとのこと。
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
益子で”かわり雛”を探検してきました
2011-02-26-Sat  CATEGORY: イベント(まつり)
【焼き物の街の雛まつり...やはり想像する範囲のものが多かったですね。】2/19

               益子の”ひなまつり”

2月の声を聞くと、アチコチで雛まつりのイベントが流行です。

県内も、益子以外に鹿沼や氏家(さくら)が力を入れているようですが、それ以外の市町でも
歴史的な”お雛さま”を見ることができる。ピンポイントで撮ることも良いかも。

県外では、千葉の勝浦や茨城の真壁などが有名ですよね。もちろんケン坊が知ってる場所だけ
並べちゃいました。アハハハ...それ以外の地域の方にはごめんなさい。

さて、前置きはその位にして...益子の中心部の「道祖土、城内坂、本通り」が祭の中心。

↓ 益子の雛めぐりの幟がアチコチに...
   雛飾りを見られる家の目印になってます。軒並みです...賑やかです。
画像 447

↓ そう、紅白の繭玉も雰囲気を盛り上げてますよ。
   お雛様を飾った家の前の電柱に、家によって異なった”繭玉飾り”が彩を添えてます。
画像 478

↓ ここは益子駅そばの観光協会内の階段を利用して飾られた”お雛さま”です。
画像 471

↓ 遊び心で作られた”ふくよかな益子焼きの陶雛人形”ですね。
画像 492

↓ 雛人形というよりも”老夫婦?”の焼き物。色合いも焼き物色で良いですね~
画像 444

↓ 吊るし雛って昔からあったんですかね。昔を思わせる部屋の風景にも馴染んでいます。
画像 454

↓ 「中にも飾ってあるので見ていってください」の声に釣られて...
   かなり立派な雛壇飾りです。歴史を感じるお雛さま飾りでした。
画像 455

↓ 大谷石の倉庫のような場所に、益子焼と一緒に飾られた雛壇飾り。昭和モノでしょうね。
画像 461

↓ おぉー、昭和初期の雛人形だって...懐かしい雛人形です。飾りが少ないでしょ。
画像 464
↓ 少しアップにしました。平成の雛人形とは面立ちが全然違います。
画像 465

↓ ハート形の”益子焼き雛”?  やはり1万円を越えるんですね 
画像 480


益子観光協会で益子の有名なスイーツ(3ヵ所)を教えてもらった。が、ロールケーキが
売り切れてしまってゲットできず...残念です。

【戦利品 1】赤羽まんぢう

*この”赤羽まんぢう”は、往年の「濱田庄司翁」が一番好んで食べられたという

↓ 歴史を感じる店構えです。
画像 476
↓ 店内も小奇麗になっていて、いかにも”和菓子屋さん”って感じです。
   もちろん売っているのは和菓子だけではありませんが...
画像 475
↓ これが”赤羽まんぢう”です。
画像 514



【戦利品 2】益子”やまにさんちのラスク”

*益子焼窯元共販センター近くにある”やまに大塚”で販売している”益子ラスク”。
 種類が豊富で、観光客から人気があるという...@525円だって。とても全種類は無理!

↓ 店内の一角に陣取った”ラスク”関係のコーナー
   奥にはガラス越しに、ラスクを作成する現場が見えます(見えそうで?)
画像 489
↓ 限定(期間&季節&1日)表示もいろいろ...
   なぜか限定の文字に弱いケン坊ですが、やはり2種類買っちゃいました
画像 513
↓ メープルとゴマ どちらが美味しいかって? 
   人それぞれ違うので何とも言えませんが、ケン坊と魔女は”メープル”に軍配!
画像 560
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
真岡の井頭公園もマンサク盛り?
2011-02-25-Fri  CATEGORY: 公園・井頭公園
【マンサクの花を見たさに寄り道をしてみましたが...数本しか見かけませんが】2/19

マンサク種類が豊富なんですね。

マンサクシナマンサクニシキマンサク は良く耳にしますが...

でも、その他の種類も含めて、ケン坊が撮ったマンサクは”何マンサク”なのか不明です。
以前、長さんに教わった筈なんですが...>苦<

間違うと恥ずかしいので、今回は写真だけ...3種です。
*長さんのアドバイスにより
 :1番目(1・2枚目)と3番目(5・6枚目)がニシキマンサク
 :2番目(3・4枚目)がマンサク


1個の蕾から4枚(本)の紐状の花弁(で良いのかな)が...色は違いますが似てます

画像 496
画像 498



画像 499
画像 402



画像 502
画像 503


【ついで情報】
紅梅はピークを過ぎてました...色褪せたピンクの花が
遠くから見るにはソコソコに見られますが、そばで見ると...です。
画像 506

白梅は蕾もまだまだあり、今週末~来週まで見られるかも?
でも、ここ2日くらいの気温が4月の陽気らしいなので、無理かな~???
画像 509
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
葱料理 ア・ラ・カ・ル・ト
2011-02-24-Thu  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
【葱を使った料理? いろいろありますね...葱三昧です】


       を使ったメニューは思った以上に多い


葱を使った料理は実に幅が広いですね。そして思った以上に美味しいです。

有名な深谷葱を大量に入手したので、日頃、お世話になっている方にもお裾分けし、あとは
じっくりと味わうことに...

さて、改まって葱のレシピを考えても、ケン坊には味噌汁の具以外には鍋物くらいしか思い
浮ばない。まぁ~魔女が何とかするだろう!  

それでも無い頭で思い出すが...焼き葱・ねぎぬた・すき焼き(含む鍋物)・薬味 程度。
まぁケン坊が頭を悩ますこともないのだが...

恥ずかしながら、我が家の葱を使ったメニューを並べてみた。もちろん味噌汁は対象外に。
ブログも数日がかりです>笑<

↓ 先ずは代表的な葱レシピ”鍋物”です。スキ焼風ですが...ねぎ鍋です。アハハ!
画像 248

↓ 焼き葱を2種。
   細めの葱を焼いてウインナを付け合せて...普段はこの太さですが
画像 304

↓ こちらの葱は何とも”ぶっとい。実にご立派な葱です。カラシ醤油で...
   これも焼いて戴いてみました。”葱の姿焼き”です。歯応えもあって美味しい。
画像 191

↓ これもイケますよ。”葱のシバ漬け(もどき)”...
   葱の「きゅっきゅっ」とした歯ごたえと、甘酸っぱい味が口に広がりおススメ品です。
画像 562

↓ メニューを増やすため?
   普段は玉葱を入れてましたが、今日は”葱入り焼きうどん”というレシピにしてみました。
画像 567

↓ 続いては”葱のベーコン巻き”です。
   軽く火を通し、甘さを引き出した葱がベーコンとマッチしてとっても美味!
画像 568

↓ 最後は...これは美味しかった”ねぎきんちゃく”
   葱の青い部分を刻んで...ビールのつまみに抜群です。お好みの問題ですが。
画像 559

葱にはいろんな料理方法があるんですね。ここ数週間は葱料理に明け暮れ?満喫しました。
使い道が多いです。本日掲載できなかったメニューにはごめんなさい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント9
海鮮の”ゆるりや”で誕生会(in旧・上河内町)
2011-02-23-Wed  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
【あの”ゆるりや”に再び登場です...】2/20

    今月2回目の誕生会は海鮮の”ゆるりや”

もう誕生会をする歳でもないが、先日も言ったように外食する口実が欲しいだけ???

2月は二人の魔女っ子が誕生月。既に”ナポリの食卓”で済ましてる筈なのに、もう一回
誕生会をすることに...前回は魔女っ子2号の分で、今回は1号の分だそうです>?<

それにしても今日は混んでましたね。30分待ってようやく部屋に案内されました...
ランチの1000円は、ケン坊たちには有難い料金設定です。さて、今回も入口からご案内!

↓ ゆるりやの昼間の顔です。(夜は居酒屋?になるらしい)
画像 367

↓ メニューをみて注文を決めるフリをするが...既に決まってる?
画像 370

↓ ケン坊は”日替わり丼セット”です。乳茸の入ったハーフうどんが付いてます。
   大きな乳茸と程よい茄子がいくつも入っています。
   出汁がかなり出ている雰囲気で...予想通り美味しかった。

   小鉢も量がハンパじゃありません。その他に、サラダも お新香も 
   そしてデザートにコーヒーが付いて、これで1000円は正直言って安いです

画像 520

↓ 魔女も”日替わり丼セット”ですが、こちらは乳茸の入ったうどんを主役にしました。
   そして、海鮮丼はハーフで...。
   ケン坊とは主役と脇役を逆にしました形です。組み合わせ自由ってことかな?  

画像 523

↓ この日の名目上の主役? 魔女っ子1号の注文はコレ↓1300円。主役だから>笑<
   ハーフ&ハーフ。主役と脇役が共にハーフですが、海鮮丼の具の種類が少し多い...
   一瞬、物足りないかな?と思ったが、食べ終わる頃には”お腹がいっぱい”だという

画像 525
画像 526

↓ 最後にコーヒーが出てきました。ケン坊はアイスコーヒーですが...。

画像 532

↓ 店内にはこんなチラシが貼ってあった。
   ”生うに定食”の文字がヤケに気になる...うん! これは3度目があるということだ!
   シッカリと目に焼き付けて? いや! カメラにも焼き付けてきました。

   「北海道産 はだての 生うに」の”はだて”ってなに?
   疑問です...函館? それとも「北海道産は だて」と読むの? 
   レジのお姉さんに聞いてみました。やはりお客さんに聞かれるそうです。やっぱりね~

   説明によると「はだて」という仲介業者の名前らしい。仲介業者の名前に期待外れ!

画像 535


↓ コレは数日前に、ささやかな誕生祝と言って魔女が買ってきた...
   さて、誰がどれを食べたでしょうか? 
   何だか今年は何回も誕生会をやってしまったな~って感じがします。

画像 092
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
新幹線を跨ぐ北関東道路の光景
2011-02-22-Tue  CATEGORY: 日記
【珍しい光景って聞いてたので写真撮ったら、何処にでもある光景なの?】1/28

  新幹線を高速道路が跨ぐ光景! コレって珍百景ですか?

    その高速道路とは? 北関東自動車道路です


当時(キタカンを作っているとき)、新幹線を跨ぐ高速道路って日本で初めてという情報を
耳にしたことがあったが、いまネットで調べたら結構ありそうです。な~んだガッカリです。

ただ、ネット検索に無理があり正しい情報かどうかは疑問ですが...まだ可能性も?

↓ 宇都宮市寄りの下野市を通っている”北関東自動車道路”は高架を走っています。
   奥に見える塔は”茂原(宇都宮)の清掃工場”です。

画像 876


高架になっているJR上り線を跨ぐために、新幹線の高架橋はかなり高い位置にあるのだが、
さらにその上を北関東自動車道が跨いでいく。

画像 877

画像 879

JR石橋駅から宇都宮方面に少し走ると、宇都宮線の東側に広大な貨物操車場が見えてくる。
宇都宮貨物ターミナルだ。(旧石橋町にあるのに”宇都宮操車場”という名前が付いている)

画像 242

そしてJR線の反対側にぐるりと回りこんでみた。
おぉー 偶然にも新幹線が通過です。Maxが滑るように宇都宮へ向って行きました。

画像 934
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
嵐が番組で取り上げた”もちもちロール”を発見(in 宇都宮)
2011-02-21-Mon  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
【有名人のPRには敵わない...大野・櫻井・相場・二宮・松本 豪華なメンバー】1/29

        クリオネのもちもちロールが人気です

ここは、以前”金子電気”だったはずだが...何時の間にか違った看板に書き換えられて。
これも栄枯盛衰なのか、世の常とは言いながら益々厳しい社会になったもんです。

↓ 英文字? 何て読むのかな? 
   やっと”クリオネ”に辿り着きました>汗;~~<
画像 945

? ウィンドウに貼られた”嵐”の文字に...立ち止まり見ると、やはりあの”嵐”だ。
   嵐が取り上げた”もちもちロール”とは何ぞや。
画像 943

↓ 自動ドアが開いて中に入ると、和菓子がショーケースに並んでいる。
   後ろはガラス越しに菓子の製造工程が見えるようになっている。正に製造直売だ!
画像 941

↓ おぉ~ これが”もちもちロール”か
   まさに衝動買いですネタ買いです(アハハハ)。全部で8種あるようですが4種だけゲット。
画像 947

↓ 早く切って~  美味しそうでしょう。
   本当だ 皮の部分がもちもちしてる~ 一気に腹の中へ消えちゃった
画像 983
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
星野のセツブンソウは2月下旬が見頃かも
2011-02-21-Mon  CATEGORY: 栃木・大平・都賀・岩舟
【今年も来ちゃいました四季の森。でも久し振りに明るい雰囲気の中で花見です】2/19

         四季の森星野のセツブンソウ

今はロウバイが見頃です。紅梅は少し見頃を過ぎたかな? マンサクはバッチリでした。

↓ そう、四季の森の入口...ロウバイがお出迎えです。
   魔女ではありません。思いも寄らない行動でケン坊のカメラに入ってきました。
  (カメラ構えてるのを見てたので、まさかアングルに入ってくるとは...これも自然)
画像 385

↓ ロウバイと紅梅が何ヶ所もコラボってました。紅梅がピークを越えてましたが
画像 387

↓ 昨年よりも1週間早かったので、セツブンソウの花はやはり少なめでした。
   それでも清楚な姿を見せてくれました。
画像 388
画像 389

↓ 一番の集団でした。花も見頃になっていて...ケン坊に似て恥じらいで俯き加減です。
画像 391
画像 392

↓ 写真では判り辛いですが、マンサク・ロウバイ・紅梅が早春を演じてます。
画像 404


↓ ロウバイもそろそろピークを過ぎて...その前に青空をバックに撮ってあげましょう!
画像 405

↓ 福寿草もまだまだ蕾。
画像 394

↓ ようやく開き始めた福寿草。
画像 396

↓ こちらの福寿草は満開です。 写真は1㌔先の御嶽山神社境内で撮ったもの。
画像 407
画像 409
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
”黄花セツブンソウ”は初めてです(in 星野)
2011-02-20-Sun  CATEGORY: 栃木・大平・都賀・岩舟
【思いがけず黄花セツブンソウを見ることに】2/19

オープンガーデン・Gosaroで見た黄花セツブンソウ

節分も過ぎ少し早いかと思いつつ、栃木と粟野の境にある”星野”へセツブンソウを探しに
出かけた。

四季の森は午後になると太陽が三峰山の裏側に回ってしまい、ここ数年暗い景色に甘んじて
いたので、今回は午前中を選んだ(もちろん早いときは単独です)。

9:20、駐車場には既に数台の車があり、反対側の四季の森には人影が見えた。やはり、
これまでとは明るさが全く違ってました。よしよし...

↓ 道路を横切ろうとしたら、↓この看板が目に入った。
   ”黄花セツブンソウ咲きました 無料 ここから350㍍” これは近いぞ?
画像 384

セツブンソウ...白く地味で目立たない花しか見たことが無かったケン坊、早速、矢印方面へ
向った(四季の森とは反対で、星野遺跡の方向です)。

↓ 途中、永野川を渡るが、橋に”セツブンソウ”の陶板が貼ってありました。新しいです。
画像 361

↓ 更に250㍍くらい先に、見えてきた”Gosaro(五三六)” 
   手作りのレストラン。看板には”蕎麦と田舎洋食”と書いてありましたが...。
画像 364

建物の左手に3台くらいの駐車場がありますが...50㍍先には広い駐車場が見えました。
Gosaroの駐車場かどうかは不明です。
さらに、お店の手前左手には”星野遺跡”があり、そこの駐車場からも近いです(100㍍弱)。

で...肝心のオープンガーデンへの入口が判らない。お店は準備中で閉まっており聞くに
聞けないし、困ったぞと思いながら細長いお店の建物を見ていると、真ん中付近が分かれて
1㍍くらいの”隙間”があった。

そこを恐るおそる入ると、右手の部屋が半開きになっていて、中でご主人が蕎麦を打ってた。
入口を尋ねると、その(2㍍先)格子戸のような扉の先だという。
言われるままに格子戸?を開けると、そこが”オープンガーデン”でした。

↓ 広く無い空間に出ると、真っ先に目に飛び込んできたのが”黄花セツブンソウ”です。
   やはり初めて見る花。福寿草にもリュウキンバイ系にも雰囲気がソックリ...
   外来種のようで、従来のセツブンソウと比べても元気がありそうです>笑<
画像 372

画像 370

画像 366

↓ そして足元の反対側には、見慣れたセツブンソウが、数は少なかったが咲いていました。
   このセツブンソウを見ると心が安らぎます。黄花もいいですが...
画像 374

画像 378

画像 375


思いがけず、黄花セツブンソウを見ることができ、久々に”早出は三文の徳”となりました。
ただ、黄花セツブンソウは存在が派手で、どちらが好きかと聞かれると...ハテ困ったな!

さて、次回は、四季の森(星野)を紹介します。
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
運が無いです・夢を絶たれた高速道路マラソンへの道
2011-02-20-Sun  CATEGORY: 日記
【練習もしてたのに...なんという運の悪さ。初詣のお賽銭が少なかった?】2/17

”二度とできない大マラソン大会”(変わった大会名ですね)

    北関東自動車道の全線開通を記念したマラソンです。

          足利ICをスタート・ゴールにしたコース(トンネルもあるよ)です

画像 823

十数年ぶりにマラソン大会に参加しようと申し込んだ。参加料が3000円はちょっと高いと
思いつつも、高速道路を走るのはナカナカできないしチャンスかなと...

多少は練習しないと...ハガキを投函したのが1/27。練習も6回、一応10㌔という
距離もクリアした。後は「参加決定」の朗報を待つのみだった。これから追い込みの練習!

↓ 2/17 家に届いたハガキ。なんと”落選”のお知らせでした。
   何故だ~ 当初、5000名の枠が応募者多数につき7500名まで増やしたという。
   なのに、それでも外れたケン坊の立場はどうなるの? 全くブルーな日となってしまった。
画像 318


参加を拒否されたケン坊。寂しく昔を偲んでみました...

過去の栄光”白河の関ロードレース”10㌔コース。

何と、タイムは”39分28秒”。後にも先にも40分を切ったのは1回きりです。

画像 320

足利の高速道路はどのユニフォームで走ろうか? 準備万端だったのに
どちらのユニフォームにも、いろんな思い出があります。

画像 348
画像 349

そして、これまでアチコチのマラソン大会に参加してきましたが...

右上が群馬の「上州玉原てんぐマラソン」...記念品はTシャツと天狗の文鎮
左へいって栃木は「宇都宮マラソン」...やはり地元のマラソンは外せません
続いて茨城は「牛久マラソン」...帰りに寄った牛久シャトーの鴨肉が美味しかった
その下が東京の「青梅マラソン」...初めての30㌔ 市民ランナー夢のコースに
そして右へ群馬の「あかぎ大沼白樺マラソン」...真夏のマラソンにヘトヘトに
さらに右は福島の「羽鳥湖マラソン」...爽やかな高原での走り

画像 353

ちょっとシツコイですかね。
真ん中が「北軽井沢マラソン」...記念品にTシャツと「高原キャベツ」>笑<
一番下が「白河の関ロードレース」...南湖周辺を一周。風の強いレースでした

画像 357

当時、マラソンは100回を目標にしてましたが、後、十数回で目標に達成しますが、何とか
走って見たいです...夢のままにするのも良いかな~
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
♪ 灯りをつけましょ 雪洞に...すずちゃんの「お雛さま」は?
2011-02-19-Sat  CATEGORY: 孫たちとの日々
【すずちゃんのお雛さま飾り...1年経つのは早いですね~】2/11


    女の子の”ひなまつり”良いですね~

アチコチで観光客を目当てに”おひなまつり”が開催されています。真壁・鹿沼・氏家・真岡
等々...歴史的なお雛様もあれば、最近ブーム?となっている”つるし雛”あり...

魔女っ子の家でも飾りました。そう すずちゃんのお雛さまです。
もう3歳になって今年の4月から幼稚園です。早いですね~

五段飾り 七段飾り 豪華な雛壇飾りはありますが、最近は住宅事情もありますんで...
内裏雛に人気があるようです。

もちろん、裕福なご家庭は違うでしょうが...以下、すずちゃんのお雛さまで~す。

画像 171

画像 172

画像 175

画像 177

画像 176

画像 178

画像 174
ページトップへ  トラックバック0 コメント11
これは霧氷? 樹氷?  早朝のインターパークで
2011-02-18-Fri  CATEGORY: 休日
【霧氷と樹氷はどう違う? 映画の上映時間を1時間も間違えるなんて...】2/13


これは霧氷でしょうか それとも樹氷


MOVIX(宇都宮インターパーク)で映画を観ようと出かけたが、なぜか1時間も違っていた?
もちろん上映を早めてくれる訳が無く...止むを得ず周辺をウォーキングすることにした。



↓ インターパークの隅にある調整池。
  雁が南の空に飛んでいかぁ~ ケン坊の足音に驚いてかバタバタと飛び立つ...
画像 268

↓ 調整池の存在は知っていたが...
   こんなにキレイに調整されていました。渡り鳥の楽園に?
   水面から朝靄がモヤモヤと湧き上がって、春の訪れを予感させますが...
画像 263

↓ 何の木だったか忘れましたが...
   キラキラと光る木の枝に吸い込まれるように...カメラを構えてました>笑<
画像 285

↓ 近くにあった公園の低い植物には明らかに樹氷が...
   樹氷のイメージとは離れていますが、樹氷の子供? 孫?
画像 274

↓ 植物の名前は判らないが、枯れた穂先に”ハート型の氷玉”が...
   こんなとき、デジイチがあったらな~と思う。
画像 280

朝の1時間、思いがけない有意義な散歩となりました。


♪ 霧氷~ 霧氷~ 想い出は帰らない~ 

    ♪ 遙か~な 遙か~~な 冬空に消えた恋   

コレ、橋 幸夫のレコード大賞曲? だったと思いますが...またもや古い!
ページトップへ  トラックバック0 コメント9
太平洋の奇跡・フォックスと呼ばれた男(MOVIX宇都宮)
2011-02-17-Thu  CATEGORY: シネマ観賞
【今回は、天気が良いのに映画へ...そう、山がダメなら映画があるさ】2/13

    太平洋の奇跡・フォックスと呼ばれた男


↓ 11日に封切られた映画「太平洋の奇跡」...竹野内豊主演です。
画像 286

↓ 朝もやの立ち込めるインターパーク(MOVIX)の駐車場。
   上映時間を1時間も勘違いして...あぁー朝の5分は貴重というが、60分は何と言う?
画像 250

↓ 今日のお昼は”餃子 正嗣”です。
   映画を思い出しながら...なんて雰囲気ではありません
画像 293

↓ 2時近いのに店内は混んでます。
   狭い駐車場、先客が出るのを待ってやっと停めることが出来ました...
画像 288

↓ ケン坊はトリプル...多いかな?
   すると、隣の太目のお兄さんも同じトリプル。このお兄さんと同じか? 
   と思ったらダブルの水餃子を追加しました。凄い!5人前だ。同じでなくて良かった
画像 291




サイパン島中部にそびえる最高峰タッポーチョ山を中心に繰り広げられた凄まじい生き様...

日本人は太平洋戦争で祖国のために戦い、天皇陛下バンザ~イと言って散っていった同朋。
そんな光景は、いまでは映画を通して見るしか術がない。

人間って、極限まで追い込まれたときにどんな判断をしてどんな行動をとるのかな?
敵に”フォックス”と恐れられた”大場大尉”の言動に、感動しながらの2時間でした。

あとは映画館でご覧になってください。


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
パスタとピッツアの店”ナポリの食卓”は(In 宇都宮)
2011-02-16-Wed  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
【本人不在の誕生祝? 理由は何でも良いんです...食べられれば>笑<】2/4


    今夜はナポリの食卓というお店で誕生会?

2月は魔女っ子たちの誕生月。つまり今月は誕生祝月間だ...ワケは何でも良いんです。
食べられれば...>笑< 

我が家では改まっての誕生会はしませんが。
それでも自然と、今月は誕生日だな~と言いながらチラシを見ては店選びする>ウフフ<

以前ブログ見てて、”お腹一杯になったら「ピザ」をストップするというシステム”の店に
行ってみたいと言ってたら、そんな店を宇都宮に発見...その店の名は「ナポリの食卓」。

花瓶山と萬蔵山を歩き終えた夜、魔女達が開拓したという”ナポリの食卓”へ出かけた。
名目は”誕生祝”。何でも良っか...

↓ ナポリの食卓。この店なら知っていたが...
   あぁ~ この場所は何度も変わっている。最初は和食処だったと思ったが...
画像 055

↓ メニューも何枚かあったが、みんな灯りが反射しちゃって...これ1枚だけ
画像 059

↓ コレコレコレ...ピザの量を勝手に決められるアイテム。
画像 060

↓ メインのパスタが出る前にいきなりのピザです。(映りが悪いが悪しからず)
画像 063

ピザを何枚か食べたところでパスタがお出ましです。

↓ ケン坊が注文のパスタ
画像 064
↓ 魔女が注文のパスタ
画像 065
↓ そして、これが魔女っ子が注文のパスタです
画像 066

↓ そして、サラダバー...モードを違えちゃったので映りが最悪です。
画像 068

↓ 最後のピザ...この時にモードの違いに気付いて修正したが後の祭りです
画像 071

↓ そして、ピザを5枚も食べたでしょうか...
   お腹一杯です。これでストップ! これがやりたかったんです>笑<
画像 061


写真を「夜景モード」のまま撮ってしまいました(最後から2枚目だけが建物内モード)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
念願だった報徳庵の蕎麦(in 日光市今市)
2011-02-15-Tue  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
【蕎麦を食べられる環境が整いました。お陰で4度目の挑戦で蕎麦にありつけました】2/12


二宮尊徳の住居(移築)で食す”そばの報徳庵”とは?

落ち着いた佇まいで、日光杉並木と世界の水車を見ながらの食事は格別です。と書きたい
ところでしたが、残念ながら今日は雪降るなかでの報徳庵の蕎麦です。

ケン坊の日記・H22.5.29付のブログでお約束したことがやっと実現です。

画像 217


いつも大行列のこのお店、これまで3度訪れても蕎麦にありつけなかったが、11時20分、
大雪の予報...普段よりお客が少ない条件が整ってます。

画像 229

入口に掲げられた看板に”金次郎”の文字。あの二宮尊徳先生のことと直ぐ理解しましたが、
尊徳先生が何故?と思ったら...ナンとなんと”杉並木公園”そのものが、二宮尊徳先生を
奉った公園だったんです。まったく知りませんでした。

つまり、尊徳(金次郎)は晩年、今市に住んでおり終焉の地になったようです。
二宮堀と呼ぶ38の用水路は、尊徳の偉業で現在も使われているとか…。

↓ これも多分、尊徳先生の作られた”二宮掘”なんでしょうね?
画像 236

あちこちに苔むした萱葺きの復元古民家が建ち、水車なども配されていて雰囲気満点です。
その中でいちばん奥に建つ、濡れ縁付きの萱葺き様の古民家が”報徳庵”です。

↓ メニューも歴史を感じる表紙に黒い綴じ紐...まさに倹約の祖を実感。
画像 219

↓ 店内は、土間と畳の部屋がありましたが、案内されるままに畳の部屋に...6人×6個。
   靴を脱いで上がると珍しい”囲炉裏””自在鉤”に古い鉄瓶が下がっていました。
   魚の形をした”横木”もありました。  
画像 221

↓ やはり、有名人も来ていますね...想像はしてましたが。
   森末やオセロ その他大勢?
画像 225

↓ テーブルに座って入口方面を見ると...こんな感じです。その先に土間が
画像 222

↓ そして部屋の周囲には二宮金次郎の生い立ち・経歴がマンガチックに描かれてました。
   もちろん、二宮尊徳先生の偉業・経歴も額に...
画像 223

↓ あまり待たずに蕎麦が出てきました。見た目は素晴らしいです...
画像 226

↓ 麺はやや短めです。急いで出したんでしょうか? 水が切れてませんでした
   固さは普通。ケン坊は固めが良いんですが。まぁ一度食べたかったので...
画像 228



【報徳とは?】:ネットから

先ずは「報徳」の由来。10年に及んだ桜町復興の成果報告を、二宮尊徳から受けた小田原
藩主大久保忠真は「そちの方法は論語にある『徳を以って徳に報いる(以徳報徳)』という
やり方だな」と評しました。
わが意を得た尊徳は、その後自分の仕法を「報徳」と呼ぶようになったとのことです。


尊徳の言う「徳」とは万物に備わる徳、すなわちそれぞれの長所、潜在的な力を意味します。
尊徳は「荒地には荒地の徳があり、借金には借金の徳がある」と言っています。

少年時代、捨て苗を拾い荒地の水溜りを耕して米を収穫し、成人してからは借財の問題点を
整理して財政再建に導きました。

”災いを転じて福となす”一見の災いも捉え方によっては徳に変わります。それぞれの徳を
掘り起こし、連係させ、生産性を高め、循環性を効率化し、生活・生業の創造性と安定性を
追求する作業が、報徳仕法の基本です。


報徳は「勤労、分度、推譲」の三原則が基本。

【勤労】は生活の基本であり自助努力の大原則ですが、同時に知恵を働かせて労働を効率化
し、社会に役立つ成果を生み出すという自覚を重視します。

【分度】は経済的には、収入の枠内で一定の余剰を残しながら支出を図る生活、経営の確立。
    計画経済の基本です。この余剰が、明日の、来年のそして未来の生活、生産の発展と
    永安のための基礎資源となります。

【推譲】は、分度生活の中から生み出した余剰、余力の一部を、各人が分に応じて拠出します。
    これが報徳資金になり、相互扶助、公共資本あるいは弱者、困窮者救済に宛てられ、
    家政再建、町村復興、国づくりが進められます。
    尊徳は桜町領復興に当たり、小田原の田畑家屋敷、家財を全て売り払い、それを仕法
    の資金として推譲しました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
ささやかなバレンタインデー
2011-02-14-Mon  CATEGORY: イベント(まつり)
【今年も2月14日がきました。1年って早いですね...1ヵ月後が怖い!】2/14


        変わってきたバレンタインデー事情?

今年もバレンタインデーの真似事でしょうか? ケン坊も縁の人から戴きました>笑<
昔はチョコレートが定番だったバレンタインデー...

いまは贈る相手も変わってきているとのこと。義理チョコもピークを過ぎて下降気味とか。
台頭してきたのが”友チョコ”や”自分チョコ”。

贈るモノも変わってきて、チョコレート一辺倒からかなり変わったモノまで店頭に並ぶ時代。

まぁ~ 形はどうであれ、バレンタインデー通じて景気が良くなれば良いことですが...
今年はどうなんでしょうか?


↓ メタボ予備軍を突破して”メタボ状態”のケン坊と魔女。
   なのにコレは輪をかけてしまうじゃないの?
画像 302

↓ しっとりした”バームクーヘン”。
   贈りたい人の”食べたいモノ”で選ばれた? >笑<
画像 310

↓ ストロベリー・ホワイトチョコレート(イチゴがすっぽり入ってます)と
   ショコラブル(洋酒の香りが...ケン坊は少しで酔っちゃいました)
画像 307

↓ ”せんべい”で有名な草加では、ハート型せんべいをバレンタインデー用に...
   幸せの”クローバー”になるかな?
画像 313
ページトップへ  トラックバック0
杉並木公園の杉並木街道と日本一の水車...雪景色第3弾
2011-02-14-Mon  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
【雪乞いしたケン坊は、罪滅ぼしに雪降る今市に出かけて雪景色を報告】2/12


380年の歴史を物語る日光杉並木の雪景色

画像 232


今日の空模様もハッキリとしない...朝から雪はチラついているが道路には積もってない。
さて、今日の罪滅ぼしは何をしたら良いかなと悩んだ末に、雪降る日光(今市)へ...

そうです、雪道が大の苦手のケン坊が、清水の舞台から飛び降りる勇気をもって、今市にある
「杉並木公園」から、雪を被った”日光杉並木街道の杉”を報告することに。

でも残念ながら、杉並木は思ったほど上手く写真に納まってくれません。まぁ、証拠写真程度
の位置づけで掲載します。

↓ R119沿いの公園駐車場に車を停め、杉並木街道に一歩足を踏み入れると雪国だった。
   しばし雪積もる空間を歩いてみることに...時おり、観光タクシーや他県ナンバーが。
画像 235

↓ 杉並木街道の中では大きな枝が落ちてきて、運転手らが降りて片付けていました。
   普通、杉並木の西側を通行しますが、杉並木街道の雰囲気を味わいたい方が通行します。
画像 205

↓ なかなか雰囲気があります。
   こんな雪の中を歩くことが少ないし、日光杉並木街道を歩くのも数十年振りです。
画像 231



そして杉並木公園と言えば、以前に報告した”日本一の水車”の公園でもあります。
杉並木街道のさらに東側に水車群がありますが、雪の深さは20~25センチくらいありました。

こちらは一人分の足跡がついていて、ある意味残念だがある意味では安心です。この足跡は、
先ほど折れた杉の枝を片付けている場所で、写真を撮っていたカメラマンかも知れません?

↓ 足元を確かめながら先に進むと雪を被った水車が現れました。
   残念ながら、この時期は水車は動いてません...凍ってしまうから仕方ないですね。
画像 210

↓ 日本一大きな水車。
   ここも先ほどのカメラマンのカメラに収められていたようです。足跡が続いてました
画像 213

↓ 反対側から撮ってみました。
   雪深いなかでの水車景色に満足です...
画像 214

ページトップへ  トラックバック0 コメント7
厳寒の中で花たちは健気に...雪景色第2弾
2011-02-13-Sun  CATEGORY: 公園・栃木県中央公園
【予報どおり雪が降る...前回とは違って今度は直ぐには溶けないのでは?】2/11


日本列島に大雪警報が...中央公園の花たちは? 

↓ 今回も日本庭園の入口からスタートしましょう...
画像 143

↓ 紅梅が満開でしたが、今回は雪を被って”雪ん子”みたいになっちゃった...
画像 115

↓ すぐ隣に咲いていた白梅。長いシベがとっても可愛いです...
画像 120

↓ 寒椿でしょうか? それとも山茶花かな? 雪を被って寒そうですね... 
画像 140

↓ ミツマタも寒がってます。
画像 141

↓ 再び白梅が登場です。
画像 145

↓ そして紅梅も再び登場です。青空だったら映えたでしょうね...
画像 151

↓ そしてそして寒椿? 山茶花? も再登場です
画像 153

↓ 色違いの花? 名前は自信ないので...書きません
   スミレのようでスミレで無い? それは何かと訪ねたら...判らん 判らん 判らん
画像 164
画像 165

↓ シャクナゲの蕾もすっぽりと雪に包まれて寒そうです...
画像 167

山茶花と椿...隣り合っていれば判るかと思いますが、離れているとどっちが椿で山茶花か
判りませんね~。 

花の落ち方はハッキリと違うので...こりゃ、花が落ちるまで待つしかないかな?
ページトップへ  トラックバック0 コメント7
孫に雪だるまのプレゼント?
2011-02-12-Sat  CATEGORY: 孫たちとの日々
【みっくん・りゅうくん・すずちゃん 雪だるま作ったよ~  見てるかな~】2/12


     見栄えよりも速さを求めた孫の雪だるま


脳内のイメージを正確に再現できなかったケン坊の手...不器用は今に始まったことでは
ないが、ちょっと可哀そうな雪だるまに。特にすずちゃんダルマは少し汚れてしまった。

特徴は捉えている積りなんですが...ちょっとゴメンね。朝7時、早いのがポイントです!


三人揃った雪だるま。”りゅうくん・みっくん・すずちゃん”です(左から)

画像 202


↓ みっくん雪だるま(長男坊)
画像 195

↓ りゅうくん雪だるま(次男坊)
画像 204

↓ すずちゃん雪だるま(長女)
画像 203

春休みは遊びに来てね! 待ってるよ...
ページトップへ  トラックバック0
日本庭園の雪景色は墨絵のよう(In 宇都宮中央公園)
2011-02-12-Sat  CATEGORY: 公園・栃木県中央公園
【雪乞いした罪滅ぼしに...降雪のなか朝早く中央公園へ行ってきました】2/11

雪の降る感じからすると明日のほうが良いかな~ どっちかな~ と悩みながら...も、
今日できることは今日のうちにがモットー???
明日は明日の雪が降る。今日の雪は今日だけの雪。なんて勝手な理屈を捏ねて出かけた。


朝5時起きして雪の具合を確かめたが積雪量が足りない(この罰当たりめが!)。駐車場の
門が開く8時?まで待って出かけると、駐車場は既に20台くらい停まっている。早っ!

        日本庭園・雪吊り景色はまるで墨絵のよう


先ずは庭園の入口からご紹介です...と言いながら、本日は黙って写真だけを...青空を
バックに雪景色も綺麗さという点ではベストですが、墨絵のような景色も乙なものです。

画像 125

画像 103

画像 104

画像 105

画像 108

画像 109

画像 124

画像 126

画像 127

画像 128

画像 129

画像 130

画像 132

画像 135

画像 157
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
宇都宮市郊外の何でもない田舎模様
2011-02-11-Fri  CATEGORY: 日記
【歩きながら・走りながらもカメラは離さず】1/29

今朝は今シーズン2度目の雪景色です。先日、ケン坊が”雪乞い”したせいでしょうか? 
少々、責任を感じますが...こんな日は家の中で昔の写真でも眺めて暮らすのも良いかな。

  宇都宮市郊外で出合った何でもない光景

久し振りに大人しいブログを掲載です。たまにはこんな日があっても良いんじゃないかな~

軽くジョギングをしたときに見かけた光景です。大した光景ではありませんが...


↓ ケン坊の実家の方では、むかし”じゅずご”と言っていましたが...最近は珍しい
   正式な名前は...一度、ブログで教えてもらった気もしますが見つかりません。
画像 873

↓ オオイヌノフグリとホトケノザのコラボです。両方がパシッと撮れません。
   何枚撮ったでしょうか...やっと1枚がコチラ。ボケ気味ですが...
画像 886

↓ これはなんでしょうか? 
   蜘蛛の巣ではありません。送電線の鉄塔の真下から見上げた光景です
画像 896

↓ 宇都宮の夕陽です。
   高台から撮りたかったが、あぁ~沈んじゃう...慌ててミラーで我慢です
画像 899
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
皇室ご用達の餃子を見つけました(in宇都宮)
2011-02-10-Thu  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
【やはりありました、皇室ご用達の餃子が...電光掲示板で知ったお店】1/28 & 2/5


 皇室ご用達さすがは日本一の宇都宮餃子

                     小売りもありますよ

          犬も歩けば棒にあたる...ケン坊が走ればネタにあたる >笑<

以前、地元のクチコミ紙か何かで”皇室ご用達の餃子”が宇都宮にあるとの情報を入手して
いたが、陸上自衛隊近くというだけで場所がハッキリしない。

それから少し月日が流れ、忘れかけていた「皇室ご用達の餃子」。だが、この日は何となく
自衛隊周辺を軽く走っていた。

”虫の知らせ”という昔からのことわざを信じざるを得ない光景が目の前に...
道路そばの電光掲示板に”皇室”の文字が...アレレ 続いて”ご用達”の文字が。
掲示板が一回転するのを待ってパチリと...タイミングが合いませんでした>笑<

画像 882

すかさず駐車場の奥の建物を見ると「ジャンボ餃子 ハシモト物産」とある。それにしても、
ここは、これまでも何度も通っている道ではないか...なぜ気付かなかったんだろう?

画像 881

でも、今日は走っているので買う訳にはいかない...出直しするしかない!
場所が判ったし小売もする(掲示板)ので、いつでも買うことが可能なので慌てることはない



そして数日後、車で”ジャンボ餃子”を買いに出かけた。
年中無休だが土日は従業員も手薄。というか...おばちゃんが一人でお留守番。

基本的には「卸売り」中心のようです。中に入るとおばちゃんが出てきた。初めてというと
メニューを見せてくれたというより、「おばちゃん」がいろいろと説明してくれた。

画像 072


ケン坊も初めての店だし、どんな餃子を売っているかも調査せずに飛び込んだので、何を
どれだけ買ったら良いのかも判りません...

初めてを強調して ↓ 買ってみました。判ります? ネタのために買ったのが>笑<  
だって割高なんだもん...そんなに買えないですよね~

4種類(ジャンボ餃子・ひと口餃子・春巻・ワンタン)入ったセット「中華四宝」を買ってみた。
@1400円です。

画像 083

皇室とは常陸宮様や御料牧場とか...県内のゴルフ場はもとより、デパートやスーパー
にも卸しているようです。これまで気付きませんでしたが販路は豊富のようです...
そんな話を聞いているうちにも何本か電話が鳴ってますが、来客中なので折り返しだって。

そして奥から ↓ こんなものを持って来ました。何かと思ったら”ロールケーキ”です。
? 何? 「賞味期限が4日後となってしまったので、よろしかったらどうぞ」だって。

缶コーヒーも飲んでくださいと...遠慮なく戴いちゃいました。おばちゃん商売上手!

画像 079

注文の餃子セットと、おばちゃんから戴いた”ロールケーキに缶コーヒー”
何か得したような気分でお帰りです。

画像 084

早速、ロールケーキを味見です。中にチーズが入った甘さ控えめのケーキが美味しかった。
買えば1000円前後はすると思います。

残念ながら、本命である餃子よりも、ロールケーキのほうが魔女には受けたようです

そうなんです。餃子だけではなく、ケーキなんかも取り扱っているんですね。
HPには載ってませんが...餃子中心に、他にもいろんな商品を卸しているようです。

画像 086

そして、本命のジャンボ餃子とひと口餃子を焼いてみました(魔女が...)。焼き方が書いて
ありましたが、油や水の量がタイミングも含めて今までの餃子と違うようです。

(見た目、いつもの魔女が焼く餃子よりはサッパリしている感じですが...)
焼き具合に魔女はやや不満そうです...さっそく戴きました。ジャンボ餃子は美味しいし、
食べがいがあります。

画像 089

それに引き換え、ひと口餃子はちょっと物足りない感じ。

味が悪い訳ではありません。多分、子供や女性には喜ばれるかも知れませんね。

ジャンボは普通の1.5~1.8倍だそうで食べ応えはあります。ひと口餃子の大きさは逆に
普通の三分の一~半分くらいですね...

画像 090

春巻とワンタンは冷蔵庫の中に眠っていますので、味のほうはご想像にお任せします。
機会を見て食したいと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
マラソン2位...やったぜ! りゅう君  
2011-02-09-Wed  CATEGORY: 孫たちとの日々
【りゅう君 おめでとう!!!  頑張ったね~】2/8

   おめでとう ”りゅう君” マラソン2位

8日、孫が通う幼稚園で恒例のマラソン大会が行われ、”りゅう君”が走ったよ~。
マラソンと言っても園児のマラソンだから距離はあまりないと思いますが...

応援には行けなかったが、ケン坊もパワーを蓮田まで送り続けた?

その甲斐があってかどうかは知らねども...2位になったとの朗報が届いた。

家族が次々とインフルに罹るなか、一人だけ元気で...頑張っているんだね~

画像 007

何ごと前向きに頑張るりゅう君。さすがはケン坊の血を引いたかな? なんて手前味噌か?

コレじゃ、ケン坊も○○マラソンを頑張らざるを得ませんね...カメラ片手なんて言って
られないかな?
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
萬蔵山・H23開拓№04(in 旧黒羽町)57/100
2011-02-08-Tue  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
【低山でも厳しい山はあります。心して立ち向かわねば思わぬ怪我をします】2/4

    藪漕ぎと急登の”萬蔵山(まんぞうやま)”


栃木百名山57番目は”萬蔵山でした。雲巌寺方面から黒羽町に向かい、ゴールデンウッド
ゴルフ場の案内にしたがって右折する。
2㌔弱あたりの右手に登山口が見えた。花瓶山の時と違って登山口は容易に見つかった。

画像 053

入口の雪を被った太鼓橋を渡り、参道の脇には石灯篭があり歴史を感じる一方で、一人で
歩くのは、なかなかの度胸がいることも痛感した...。魔女と一緒で良かった?

画像 030

歩き出して10分も経たないうちに大きな砂防堰があり左に急な階段がある。上がると礫道
の林道で右折して沢沿いに行くと八溝山縦貫林道に出る。

画像 031

舗装された道路の反対側に参道の標識がある。非常に判り易いコースだ...。
林道の正面に石で出来たりっぱな「萬蔵山参道」の石碑があり、その道順にそって登山道に
入ります。

画像 032

やはり10分ほどで苔むした石の階段が現れ、上に山門のような御籠堂(不明)が見える。

画像 034

かなりの階段だったが一気に登り、朽ちてる山門(御籠堂)を潜った。かなり荒れている。

画像 035

山門を潜ると萬蔵山雲光教寺のお堂に出ました。雲巌寺開創の佛国師縁の満蔵山雲光教寺の
お堂で、堂内には安産祈願の「大小のしゃもじ」が奉納されていました。背景が不明...

画像 049

画像 037

お堂の両側に林道らしき踏み跡はあったが、右手に御堂改築の碑があり奥の沢に不動明を
見ながら登ることに。でも、今は伐採中で至るところでコースが寸断されていて...

画像 041

更に進むと下り始めた。花瓶山の失敗を繰り返さないためにも、早々にUターンしてお堂の
左手を進むことにした。今回は10分くらいのロスで済んだかな?

そして踏み跡と赤テープ(オレンジや紫もあった)を頼りに登ったが、お堂の真後ろ付近で
お堂の右から来たと思われるコースに合流?

ハテ! 困ったな~ すると何ということか 踏み跡のない雑木林の中に赤テープが...
これって、この道なき藪の中の急登を歩けというのか?

流石に魔女と相談。登る道が消えて写真の様な赤テープを頼りに、急斜面を枝をかき分け
ながら登ることにした。つまり見知らぬ初めての山で藪漕ぎに挑戦です。

画像 047

倒れた木々の枝はボキボキと折れて頼りにならず、足元もズブズブと沈む場所があり不安
でしたが、10分も歩くというより”よじ登る”と踏み跡に出た。

ルートはイマイチ明瞭ではなく、赤テープも闇雲に藪の中についているようにも見えたが、
初めてのケン坊にとって見れば唯一頼りになる赤テープだ。

特に寺の裏手の登りは杉が鬱蒼としていて、とてもこの時期以外の季節は歩きたくない山だ。
藪漕ぎをクリアした後は、僅かながら踏み跡が急登ながら山頂まで続いていたが、何しろ
登山者が少なく踏み跡が微かなので要注意だ。

ようやく山頂だ。山頂には石の祠と標識があるが三角点はない。魔女も痛い足を引きずって
山頂に辿り着いた。ご苦労さん!  思わず”ハグ”してやりたい気分だった。

画像 042

萬蔵山は標高534㍍です。しかし山頂は花瓶山と同じく全く見晴らしはありません。
山頂には、石の祠と標高の表示板が3~4ヶ所に...。

画像 044

展望は無いものの、一応、百名山の山頂へ到着したという点では気持ちが良かったです。
3時を過ぎたし、山頂で長居する必要もないことから直ぐに往路を下山。

雪道も花瓶山で経験していたし萬蔵山の雪は殆ど影響なくコースは歩けたので良かったです。
トータル1時間20分。無事に今日の全日程は終了しました。後は無事に家に帰るだけです。

正直言って、今日のふたつの山は”百名山”だから登ったという感じで、多分、二度目は無い
ものと思う(魔女は絶対に無いとハッキリと断言)。

コレで県東部の山は終了です。今度は佐野方面の山をターゲットにするかな?
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
野口雨情ゆかりの”羽黒神社”?(In宇都宮)
2011-02-07-Mon  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
【ジョギング中に蘇えった数十年前の先輩達との会話】1/23

    野口雨情の歌碑がある”羽黒神社”(宇都宮市)

数十年前、初めて宇都宮で”羽黒神社”という名前を聞いたときは、てっきり旧上河内町の
”羽黒山神社”のことかと聞き流していた。

一方で宇都宮から鹿沼寄りのバス停に”羽黒下”というのもあった。疑問に思いつつ、つまり
ケン坊は「羽黒神社と羽黒山神社」を混同していて、みんなの話に付いていけなかった...。
(何十年も前の、むかしむかしの話です)

鶴田沼(ひょうたん池)の次に選択した場所は特に無く、ひたすら環状線を北上、工事ヵ所
を避けながら横道に入ったりして走っていたら、前に石の門柱が見え”羽黒神社”の文字が。

前述のとおり、数十年は経過していたが”羽黒神社”の文字が懐かしく思い出された...
そして当時の会話も鮮明に浮かんできた...よし! 行ってみよう

画像 804

宇都宮にある”羽黒神社”です。もちろん羽黒神社は初めての場所です。小高い丘のように
なっていて、なだらかな傾斜の参道が続いています。奥には石の鳥居も見得ます。

でも、参道は荒れていました。多分、昔はこちらが表参道だったと思われますが、手入れが
行き届かないようで、石段が傾斜したり折れていたり、土砂に潜っている箇所も...

それでも山頂? には、子供の遊具が何個か設置されていた。直ぐ西側下には”砥上団地”が
あり、陽気が良ければ子供の声が弾む場所だろうなと思ったりもした。

画像 805

広場の奥に神社と鳥居が見えてきました。あれが”羽黒神社”のようです...
やはり初めての場所です。昔も訪れたことはありません。全く記憶が無いので確かだと。

画像 806

鳥居を潜った右手に大きな石(岩)がありました。表面に何かが彫られています。
どうやら詩のようです...見ると”野口雨情”の「蜀黍畑」の歌碑が刻んでありました。

画像 807

この歌碑の東側下には野口雨情の旧居があるので、この神社との関係はあったのかも?

画像 808

鳥居の奥には、さほど大きくない羽黒神社が...地域住民の神社という感じです。
佇まいは厳かな感じには見えませんね。一般的などこにでもあるようなと言ったらバチが!

画像 809

画像 810


そして、好奇心のつもりで裏側へ回ってみると、何と「三角点」があ~るじゃありませんか?
コレって本物の三角点なの? 羽黒神社はたかだか標高数十㍍の丘ですよ。嘘でしょう...

【三角点のウンチク】ネットから
○設置間隔は約2km。全国に約6万9000点。柱石の一辺は12cm。

○破壊や破損に備えて、柱石の直下には盤石も埋設されている。

○地籍調査又はこれに相当する調査の測量の基準点として、
 「国土交通省土地・水資源局国土調査課」の委任を受け、国土地理院が設置するもの。


ビックリです。そうだったのか”三角点”

画像 811


そしてこちらが西参道です。今はこちらに団地が出来ているので西参道が整備されている?
社務所も西参道にありました。

でも、ケン坊的には昔の参道(ケン坊は知らないが、多分そうだったであろう)が趣を感じる...

画像 813

参考:神社の東側下には”野口雨情の旧居”が保存されています。
   隣接地には”和菓子の乙女屋”が「雨情詩集」なる商品名の和菓子を販売してます。


途中、こんな光景を見つけたので載せておきます。

どろぼうさんへのメッセージ。
 どろぼうさんへ。
 この無人精米機は毎日お金を回収していますので現金はありません。

画像 796
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
花瓶山・H23開拓№03(In 旧黒羽町)56/100
2011-02-06-Sun  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
【ケン坊が嫌う積雪と凍結に行く手を阻まれ...車を諦めて”歩き”ました】2/4

茨城県境の”花瓶山(はなかめやま)”は遠かった

栃木百名山56番目は”花瓶山でした。ガイドブックに林道入口の目印”那須観光自動車”が
ハッキリ記されていたので、登山口までは安心して行けると信じきっていた。

ところが肝心の目印が見当たらず、通り過ぎ探しながら戻ってきたがなお不明。左手に車が
1台通れるような細い道が一本あったので入ったが、直ぐに民家の庭先に入っちゃいそうな
雰囲気だ。

バックしようとしたら、軽自動車が後ろに...あぁ~だめだ、進むしかない。不安のまま、
少し広めの場所まで進み追い越させた。Uターンする場所を探そうとさらに少し進むと?

こんな(↓)分岐に出た。何々? コレが入口だったのか? まさにラッキーな展開です。
ガイドブックに載っていた目印のお店は倒産したのか無かったですが結果オーライでした。
標識には左手が”花瓶山”と指してます。如来沢土場とも書かれてます。確信しました。

↓ もう少し退いて撮れば分岐の様子が判ったんですが...
   前方から軽トラが来ちゃったし、余裕のある状態ではなかったので...と言い訳?
   ようやく林道に続く道と確信でき、心にも僅かに余裕がでてきましたよ。  
画像 001

↓ 入口から約2㌔も狭い林道を走ったろうか ”うつぼ沢出合”の駐車場に到着。数台可。
   ここにくるまでの狭い林道で、木材を搬出するトラックに遭遇。どうしよう...
   結局ケン坊が負けて約百㍍もバックすることに。何? ケン坊はバックが好きだって?
画像 027

↓ 本当は、更に3㌔先の”花瓶沢土場”という場所まで車で行きたかった
   そこまで行けば”登山口”なので、山頂まで往復1時間かからないからだ...
   でも、林道は予想外の積雪と凍結で進めず、魔女の意見で車を諦め歩くことになった。
画像 009

↓ 林道を暫くだらだらと歩いて行くと”スギ伐採林跡地”の光景がしばらく続く...
   こんなに伐採して災害にならないのか? 植林もされているが育つには時間が...
画像 011

↓ 駐車場から45分(モデル1時間)で”花瓶沢土場”への入口に到着。
   この奥数十㍍先が”土場”で10数台の駐車が可能です。ここまで車でこられたらな~
   でも積雪あり凍結ありの林道だったので、ケン坊としては歩いて正解だったのかも。
   ”土場”とは、切り出した木材を一時積んでおく場所のことだという。  勉強になりました。
画像 012

↓ 土場の奥に全く読めない看板が。何となく下方に”登山口”という文字というか形跡が。
   立て札があり、しかも踏み跡の様子から左手の山側入口を選択した。結果オーライ
   中央右の表示板には”花瓶沢”とあり、右手を見上げると沢沿いに上るような雰囲気。
画像 025

いよいよ、コレからが本格的な登山の開始だ。踏み跡を頼りながら雪道を進む...
雪道の山は絶対に行かない主義のケン坊。ここまで来ちゃったら引き返せない。花瓶山が
百名山でなかったら、とうに引き返していたでしょうね。>笑<

↓ コレ何だか判りますか?
   ”シモバシラではなく霜柱”です。あまりの大きさに横倒しにして撮ってみました。5段重ね?
   長さ、30センチは優にあります。ジャンボ霜柱。数十㍍に渡って続いてました。  
画像 015

↓ しばらく下草に邪魔されながら登っていくと、徐々に勾配がきつくなってきました。
   足の具合がイマイチの魔女。土場まで車が入れなかったので、長時間歩くことに...
   ここまできたら歩くしかない。痛いなんて言ってられないと心強いお言葉を吐いて。
画像 016

↓ この先、道なき道の急登に変わり(5分くらい?)...ようやく尾根にでました。
   ホッとするやら、ため息をつくやら。北方面に行けば”兄弟ブナ”が見られるが、
   雪山につき今回はパスです(今回は?は取り消し・・・2度と来ないでしょう>笑<)
画像 017

↓ 尾根を右手に進むと...さらに急登です。でもガイドに数分頑張ればとあったので
   一呼吸おいてから一気に上った...ここが”花瓶山山頂”です。標高692㍍です。
画像 022

↓ 雪山は登りも大変ですが下りはもっと厳しいです。
   心臓への負担は軽いが、全神経を足元に注がなければなりません。
画像 023

↓ それでも急な下りも終わり、顔が自然と綻んできた魔女。
   雪の深さを確かめる余裕さえ生まれた? そう、足首まで潜ってしまう場所も...
画像 024

そして、往路をだらだらと戻る林道を駐車場に向けて3㌔。往復の1時間半が勿体ない。
トータル2時間30分。こうして56番目の百名山”花瓶山”を征服しました。

さぁ~ これから二つ目の山”○○山”に向います。急がなくちゃ...


【参考情報】
さ~て、恥を忍んでこんな話も掲載しておきましょう。どんな低山でも周到な準備が必要。
特に初めて行く山道は登山コースを把握することはもちろん当然ですが、ハッキリとした
正しい登山口から入ることが基本
です。

今回、登山口に辿る過程で大きなミスを犯してしまいました。ガイドブックに頼り切った
ことが大きな原因ですが、結果として1時間15分のロスタイムに。前後の時間も含めると
1時間半のロスになっちゃいました。

林道に入ってハッキリとした分岐が現れました。ガイドブックでは左折すると林道の終点
(花瓶沢土場)まで車で行けるとありました。

ところが実際の分岐は更に100㍍先にありました。ケン坊は知る由もなく、車を左折させて
2~3百㍍も進むと登り勾配のきつい、しかも凍結した林道に変身してしまった。
↓ コレは勾配が治まった時点で撮ったので大した傾斜ではありませんが...
画像 003

止む無く車をバックさせ、凍結した道端に駐車し歩き出した。ここが次のポイントでした。
車で林道終点まで行ける筈なのに...こんな急登じゃ車は無理だと諦め歩きを選択。

ここで疑問に思って確認すれば良かったのだが...その時点ではガイドブックどおりに
分岐を左折したし、コースは正しいという信念がある。迷い無く、凍結した坂道をひたすら
歩くというか登ることにしちゃった。

行けども行けども、ガイドにあった”らしい”場所が出てこない。徐々に疑問が湧き出した。
そのうちに下りに転じ、かなり下がったところで伐採作業している場所に出た...

画像 004

そこで、作業員の方に”花瓶山”へのコースを尋ねたが山は不案内とのこと。もう一人にも。
やはりダメ。ただ判ったことは、現在地が”如来沢ダム”だということ。

如来沢ダムだとすると、完全にコースとは別の所をまるっきり逆方向に歩いていることに!
原点に戻ろうと来た道(アップダウンも多い)を戻ることに。

画像 005

半分も戻った地点で、大きなブルドーザーとすれ違った。すると運転手がワザワザ車を停め、
こちらに話をかけてきた。

⇒ 登山ですか?  
← 花瓶山へ行きたいんですが...どうも道を間違えたようで
⇒ この道は違う。分岐まで戻って分岐を2百㍍も直進すると、2つ目の分岐があるから
  そこを左方向に進めば行けるよ
  ここはよく間違って入ってくる登山者が多いんですよ...(ケン坊もその仲間に)
←(諦めるしか無かった時に、まさに地獄に仏)本当に本当にありがとうございます。

こんなヤリトリ。まさに途方にくれ始めたときに”救いの神”でした。

画像 007

確かに、他の人のブログでマップを見ると分岐が2ヶ所あった。それを見落としちゃった。
このブログは出発する前に見ていた筈なのに...注意が散漫だったと反省です。

ガイドブックだけでなく、最近登山した方のブログで確認することも重要だということを
認識させられた。
皆さん”花瓶山への分岐は2個目”が正解ですよ!

1時間半のロス...先日の鷲子山で思わぬ楽をしちゃったが、その分を、この花瓶山で
取り返されたようです。人生”楽あれば苦あり”ですね。

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
ラーメン”こむさし”(In 宇都宮市)
2011-02-05-Sat  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
【基本を忘れたケン坊...初めてのお店は、先ずはベースとなるモノを食すべし?】1/28

  ラーメン”こむさし”の”チャーシュー麺


宇都宮市兵庫塚街道にある”ラーメン・こむさし”を覗いてみました。何故”こむさし”か?

そう、同僚との昼休みの話で「家から遠いけど、美味しいので時々食べに行く」という会話。
ケン坊の方が近いのに一度も行ったことがない...これはマズイんじゃないか?

確かにお店の前は何度も、いや何百回も通っていてお店があることは知っていたが、暖簾を
潜ることだけしていなかっただけ...

↓ お店はこんな感じ。3軒長屋の2軒分を使っているのか? 
画像 864

休日を利用し、午前11:20(本当は11:30開店)ちょっと時間が早いが「営業中」の看板が...
この後のスケジュールの関係で、思い切って暖簾を潜ってみました...

↓ 駐車場にはまだ一台も停まってません...多分、本日のお客第1号だと思います
画像 866

↓ 店内に入ると...案の定、お客はケン坊一人でした。若いご夫婦のお店でした。
   4人掛のテーブルが3個とカウンターには5人位可能?
   小奇麗に整理されたお店。カウンターもピッカピカ...とっても気持ち良いですね。
画像 868

↓ メニュー。同僚から”塩らぁ麺”が美味しいと聞いていた。
   なのにケン坊が注文したのは”塩チャーシュー麺”。最初から麺食らってしまった!
画像 867

↓ 5分もすると出てきたのが コレ ↓ 完全にチャーシュー麺。
   しまった! 勘違いして注文しちゃった~ が、これは完全に自己責任です。
画像 871

↓ チャーシューが6枚も出てきました。
   正直言ってチャーシュー多すぎます! あぁ~”塩らぁ麺”が食べたかったな~
画像 872
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2011/02 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.