FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
すずちゃんのひな祭り
2010-03-03-Wed  CATEGORY: 我が家のイベント
【ケン坊家では孫娘を想いながら「ひな祭り」を楽しんでます】3/3(水)

3月3日はひな祭りで~す。遠くにいる孫娘のすずちゃんはどうしているかな~。多分、飾ったお雛様の前にチョコンと座って”♪明かりをつけまひょ ぼんぼりに~♪♪♪”と歌っているかな?

そんな「すずちゃん」の仕草を想いながら、ジーとバーとネーの3人の大の大人が「ひな祭り」の真似事をしています・・・が、すずちゃんブログ見てるかな~。

もう直ぐ春休みだから遊びにお出でね~ 待ってるよ。

画像 056
↑ 雛あられを買おうと思ったが、イメージしたものが無くて・・・
画像 059
↑ ちらし寿司でお雛さま祭り
画像 061
↑ もちろんお吸い物は「はまぐり」なんちゃって。でも今年は小さいな~不景気?

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
村檜神社を見ましたが?(岩舟の史跡めぐり No2)
2010-03-03-Wed  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
【歴史ある神社だったんですね~】2/19(金)

歴史に無知なケン坊が歴史を尋ねても何も報告できません・・・単に、山歩きしながら疑問というか関心を抱いた場所を歩いた・観たということを記憶に留める程度ですが?

前にも書きましたが、ここ「村檜神社」は、大平山のハイクコース(桜峠)で見かけた案内版で知った場所。ただ、桜峠から更に5㌔離れているので、ハイクとしてはちょっと無理かな~といつも思っていた場所でもある。

三毳山(北駐車場)からの距離6㌔、平地ですからそのくらい歩かないとカロリーを消費しませんから>笑<・・・所詮、狙いは歩くこと。目的を持たないでただ歩くのは疲れるだけなので・・・村檜神社はそのターゲットに?

歴史のある神社なんですね~。646年(大化2年)に建立だって・・・大化というと思い出すのは「大化の改新(645年)」ですが・・・その時代ってことか?
画像 698
↑ 神社への参道(階段)途中に設置されていた案内板です。


間もなく神社かなと思うところで大きな石の鳥居が道路わき無造作に建ってましたが、ここが参道だったのかどうかは不明です。鳥居の下は空き地のような場所で鳥居を潜ることは可能ですが、今は形だけ?になっています・・・
画像 671
↑ 不思議な光景です。これだけ大きな鳥居なのに道路脇の空き地にって感じがします。
   ここから3~4百㍍先が「村檜神社」。鳥居の左に見えるのが「諏訪岳」です。
画像 700
↑ 高い杉木立が・・・そこに最初に建立されたという木製の「鳥居」がありました。


木々の生茂った参道の先は階段。その上に神門があり、境内の様子は下からではわからない。このような参道を一歩一歩歩いていくと、ケン坊でもちょっとワクワクしますね。
画像 685
↑ 鳥居を潜ると右側に社務所兼郵便局。その先の階段が「いかにも神社」という雰囲気だ
画像 686
↑ 山門から中に入ると「本殿」がデ~ンと・・・ 奥左手方面が「諏訪岳」です
画像 688
↑ 本殿の右側からの写真。屋根は檜皮葦(ひわだぶき)です。
画像 697
↑ 本殿の左側。左甚五郎の作とされる「瓜」は左側の筈ですが・・・見落としちゃいました
画像 689
↑ 境内の左手奥には「西宮神社」。村檜神社には境内内神社が13?もあるそうですが


以下、ハイク途中で見かけた写真を少しばかり紹介します。
画像 661
↑ 村檜神社に向うときに見た梅。ケン坊のイメージで「神社には梅の花」が似合います
画像 665
↑ 少し手前に、雰囲気のあるお寺「住林寺」が目に入り、思い切って覗いてみました。
画像 667
↑ 境内の鐘と奥の紅梅が良い感じでした。写真よりも数段良かったですよ・・・


【うんちく】ネットより
村檜神社本殿は三間社春日(さんげんしゃかすが)造りで、屋根は檜皮葦(ひわだぶき)です。1553年(天文22年)に建てられたもので、室町時代後期の傑作として、1908年(明治41年)に国の重要文化財として指定されました。

車道に新しい鳥居があるが、境内入口には古びた木製の鳥居。鳥居を入るとすぐに簡易郵便局のらしき建物がある。

社伝によると、第36代孝徳天皇の御宇、大化2年(646)9月29日、熊野大神・日枝大神を勧請。第51代平城天皇の御宇、大同2年(807)、皆川村の小野口、八幡沢の八幡宮を合祀。ということで、元々は熊野・山王を主祭神としていたようだ。

また、藤原秀郷が唐沢山に居城を構えたとき、当地は、その鬼門にあたるため、城中鎮護の社として再建。当社には、関東一といわれた大檜があったが、大正末年に枯れてしまった。当時は高さ80m、直径5m、樹齢2000年以上。

本殿は、重要文化財となっている三間社春日造。拝殿はなく、垣の入口の門での参拝。社殿の左手に境内社の西宮神社がある。『式内社調査報告』では、昔は境内社11社だったが、8社を西宮神社へ合祀。住吉神社は小さな祠に祀られている。
他に、織姫神社は火災で、厳島神社は台風で失い、再建されていない。せめて西宮神社へ合祀はできなかったのだろうか。あるいは、すでに合祀されているのだろうか。不明。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2010/03 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.