ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
釜川の水源を探して(in宇都宮)
2009-07-15-Wed  CATEGORY: 歴史探訪(うつのみや)
【釜川の水源は東西の弁天沼】
7月12日(日):

魔女が悪友たちと岩盤浴にでかけ、取り残された体調不十分のケン坊は山を諦め、思い出したように切り抜きを広げて・・・よし!釜川を探索しよう・・・もちろん山の代わりだから、当然「歩き」だよ。

前日に街中から田川の合流地点まで1㌔歩いたので、今日は逆に水源(源流)まで行くことにし、市内の地図とペットボトルを入れたバックを背負って・・・街中までは東武デパートの無料シャトルバスをチャッカリ利用することに。

いよいよオリオン通りから水源に向けてスタート。片道約6㌔位なので水源まで1時間半程度だろう。
先ずは釜川の謂れが書かれた大時計台が釜川の上に忽然と現れた。場所は大通りに近い。
画像 514
↑ 高さのある時計の塔。この正面の銅版に釜川についての説明書きが書かれている。
画像 513
↑ 正面の説明書き。「釜川について」と「釜川の名のいわれ」が書かれている。

街中を流れる釜川は幅も狭く水量もそんなに多くない。これが一級河川なの?と疑問が湧くが・・・それはさておき、川に沿ってひたすら歩く。
画像 520
↑ 見える川幅は狭い。道路の半分から三分の一程度の幅の川が道路下に隠れています。
   街中は殆どがこんな感じです。

川の中には大きな鯉が悠々と泳いでいる。真鯉に緋鯉も・・・こういう時は緋鯉に限るね。真鯉は全く写らない。その他にも小さな(10㌢位)魚が沢山見える ハゼのようにも見えるが何だろう。
画像 518
↑ 川の中には真鯉や緋鯉が数多く・・・小さな魚も

河川の手入れは地区によって異なっていて、草が伸び放題の所もあれば刈り込んでいる場所もある。そんなことを考えながら上流へ向う。
画像 522
↑ 公園風に整備された区間もある・・・が、手の全く入って無いところもあり様々だ。

宇都宮に本社を置く”コジマ”も釜川沿いにあった。これまで反対側から見ていたが、川側から見るとまた雰囲気が違う。
画像 525
↑ 以外にひっそりしていたコジマ本社。

突然、川が消えた・・・そう、川に蓋をして上を花壇にして多くの花を咲かせている。これは地元の要望なのか、行政の計らいなのか判らないが・・・
画像 530
↑ 釜川の上が突然にお花畑にヘンシ~ン。

競輪場通りを過ぎて間もなく、数百㍍くらいの区間は川沿いに遊歩道ができていて、川面と同じ目線で歩くと、今までとは違った空間が現れ景色が一変する。
画像 534
↑ ここから数百㍍だけ遊歩道が・・・。何となく周囲(道路を含め)が広々としてきた。

子供が犬が元気に遊歩道を歩く。遊歩道にはアップダウン(階段)があり適度な変化を味わうことが・・・時に笹舟を浮かべているお孫さんづれの年配者も。
川には鴨の親子2組がいた・・・餌付けしてる老人もいた。鴨と会話しながらズボンのポケットからえさを出して与えている。その姿がなんとも言えない。
画像 537
↑ 鴨の餌付けに余念ののない老人。しきりに鴨と会話が弾んでいる
画像 539
↑ 八羽の子鴨を連れた母鴨。泳ぎ方の訓練か?

県庁前通りを渡り、競輪場通りを横切り、宇都宮環状線が見える地点まできたぞ。ここまで約1時間が経過。
河川敷を有効に利用しているのか花や果樹が・・・川幅の何倍もの敷地を使っている。
画像 549
↑ 河川敷はもちろん許可をとっているんでしょうが果樹や花で一杯だが手入れは今ひとつ。

この続きは次回に・・・

【参考】
 釜川を上流にたどって行くと、二つの水源に行き着く。野沢町の農業試験場と宇都宮北道路の間にある東弁天沼がその一つで、奥の杉林と手前のアシに覆われた池になっている。
 また、ここから西に、北道路と日光街道を越え、宝木本町に入り、「やすらぎ荘」の南の裏側の雑木林のなかを辿ると、もう一つの水源、西弁天沼がある。
 沼への入口はわかりにくい。畑を越えて林に入ると、神社があり、少し下って、突然、下の写真の沼が出現した。ひっそりとして、雑木と竹やぶに囲われ、草木が水の中まで伸びている。
 二つの池は、手入れをすれば、憩いの散策地になると思われるが、訪れる人が少ないのか、隠れた自然の沼のままだ。

 釜川は古くから市民に親しまれ、懐かしい故郷の風景がありました。しかし昭和40年代ころから上流域の開発から、市街地を中心に度重なる増水氾濫が生じたため、今小路橋から西田橋までの約1.9㎞の区間を全国初の2層式河川としています。
 市街地中心部は釜川プロムナードとして遊歩道は石畳、時計搭、ベンチが設置され夜にはライトアップもされます。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2009/07 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.