ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
田川のサイクリングロードを走破(残り片道7㌔)
2008-08-31-Sun  CATEGORY: 宇都宮・河川敷の風景
【田川サイクリングロード 完結編】
先週サイクリングデビューしたケン坊は、今日、残りの田川サイクリングロードを走破すべく、田川を反対側へハンドルをとって北上した。でも今日は一人旅だ。

この3日間もバイクリングしたので足が多少はダルいような感じはするが、気持ちは田川サイク完結に向けて万全。魔女っ子から中レベルのママチャリを拝借して出発。
  画像 794          ↑ 田川サイクリングロードの案内図。

川の状態は依然として濁流で川幅も両岸の草木は完全に埋没。別名コスモスロードと言われるこのコースに色とりどりのコスモスの花が咲き始まった。ススキも所々に姿を現し秋が確実に近づいていることを感じる。
  画像 792          ↑ 相変わらず濁流「田川」。流れる木に羽を休める?「しらさぎ」。飛び立つ瞬間を待つが

一方で、ロードの両側を覆うように雑草というかツルクサ類が幅を利かせている。特に「葛の木」の生命力には困ったものだ。所構わず誰彼なく抱きつき、押さえつけ、絡みつき、押しのけて蔓延っている。時にはコースの半分を占領し道幅を狭くしている個所も。
  画像 798          ↑ 今や雑草の主にでもなったかと思われる「葛の木」。根は食料や薬になるとか。

そしてコースの北端(城東橋)に到着。その先も行けそうな感じ(歩けるように整備されている)だが、どうやら歩行者専用で自転車はダメらしい。残念ながら宇都宮城と市役所の周囲を一周して帰途につく(ブログに紹介されていた美味しいお店も確認できた)。
  画像 795          ↑ ここが「城東橋」、田川サイクリングロードの北端。橋の西方300㍍の所に「宇都宮城」。

  画像 799          ↑ 今日のコースの半ばにある銭湯「宇都宮の湯」。魔女や魔女の悪友達の準本拠地だ。

一応、田川サイクリングロードは2回に跨ったが走破したことになる。次なる目標は???

今日で8月は終わり今年も残り4ヶ月となった。月日が経つのは本当に早いな~。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
倒れてもなおサービス精神を
2008-08-30-Sat  CATEGORY: 自然の芸術・とう変木
【とう変木 001】by 戦場ヶ原
以前から考えていた「とう変木」というカテゴリー。これからも興味をひくような「とう変木」に出会ったら掲載しますので・・・。 意外におもしろ~いシリーズができるかも?
会社へ四切に拡大した写真を飾ったら「これ見たことがある」と仲間から反応あり。やっぱり「とう変木1号」に認定だな。

  画像 179          ↑ とう変木(第1号に認定)。根を木道側に向けて、まさに芸術的な姿をハイカーにサービス。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
雨情の住居がありました
2008-08-30-Sat  CATEGORY: 歴史探訪(うつのみや)
【鶴田沼緑地(通称:ひょうたん沼)】
昨日に続いて変な天気。予報は相変わらず一日雨だが9時頃になると薄日が射して来た。山は今朝まで降っていたので無理だし、那珂湊の海鮮丼も食べたいが遠いしということで、昨日に引き続いてバイクリングしようかなと言っていたら、魔女が何時に出かけるの?と行く気マンマン。

もちろん目的は、昨日のぶらり旅で寄れなかった場所の一つである「鶴田沼(通称:ひょうたん沼)」。家から6~7㌔のところにある筈だが、これまで何度か挑戦して見つからなかった沼だ。今日もケン坊銀輪部隊は近くまでは順調にペダルを漕いだ。が、この辺の山の中だな~と思って、らしき道を入るとみんな行き止まり。

結局は80歳くらいのおばあさんに聞くことになったが「すぐそこだよ」と判り易く教えてくれた。やっぱり傍まで来ていたのだ。沼は林のなかに隠れるように佇んでいた。昨夜来というか数日来のゲリラ豪雨のため足場はよくない。数十メートル進んで引き返してしまった(すずめバチに注意の張り紙に恐れをなして退散というのが本音かも)。
  画像 787          ↑ 鶴田沼周辺の案内板。隣接の自然こども体験の家では今月イベントがあったようだ。

この沼は宇都宮大教授がとんぼの調査で「ハッチョウトンボ」の生息地として発表してから知るひとぞ知る状態になった。沼の水面をヤンマやシオカラなどが飛んでいたが、残念ながら「ハッチョウトンボ」の姿は見えませんでした。生息する雰囲気はありましたが・・・。
  画像 788          ↑ 何となくボンヤリしている映像だが、実際もこんな感じで「佇む」という言葉がピッタリ?


【雨情の住居を発見】
早々に沼を離れてバイクリング。時間的に未だ早いので更に家から離れる方向へハンドルを切る。間もなく「雨情の歌碑」の反対側へ到着。何気なくお菓子やさんの駐車場を通過しようとしたとき、魔女が「雨情の家があったじゃん」と指さす方向をみると、何と目の前に「雨情の住居」ののぼり旗が・・・。

なぬっ!何と昨日の歌碑と道路を挟んだ反対側に住居を移したらしく、何となく見覚えのあるような無いような家がありました。これで心のモヤモヤが消えました。だって雨情の住居を駐車場にするなんて飛んでもないと思っていたので・・・。
  画像 789          ↑ 雨情の住居。畳の部屋が4室、広い玄関に部屋の周囲を取り囲むように廊下が。
  中には何枚かの写真が飾られている。
  画像 790          ↑ 雨情がもっとも愛でたという松。あの町この町の歌碑と、ここに住んでいた証の碑が・・・

ところで住居に隣接するお店は、昔から「雨情詩集」という和菓子を売っているお店とどんな関係なのかな? 道路拡幅工事で雨情の住居を移転するに合わせて出店したような感じがする。

今日も2時間ちょいのバイクリング(ぶらり旅)だったが、湿度が高く結構汗をかいてしまったが良い運動です。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
バイク(ママチャリ)で宮環を「だらり旅」
2008-08-29-Fri  CATEGORY: 宇都宮・河川敷の風景
【マウンテンバイク購入に向けてのデモンストレーション?】
先週、ママチャリで田川サイクリングロードを約30㌔走ったばかりだが、今日(休み)、一日雨という予報をかいくぐって強行(魔女は雨を理由にお休み)。最初の1時間くらいは雲っていたが、その後は雨どころか青空に変わって気分は爽やか、湿度が高かったせいかちょっと蒸し暑い。
今朝までの豪雨で、バイクから眺める全ての河川や用水路はもちろん、くぼ地までが濁った水で溢れんばかり。
  画像 773          ↑ 田川もご多分に漏れず、濁流が両岸まで幅を広げ水量も普段と比べてかなり多い。

少し進んだところで大きなカボチャが目に止まった。そう「おばけカボチャ」です。最近アチコチのイベント会場で大きさ(形状や重さ等)比べなんかもやっているのを見かける。でも目の前にするとその大きさにビックリだ。
  画像 774          ↑ おばけカボチャ。小さいのが普通スーパーなどで売られているカボチャです。

ところで栃木県の木はトチノキ(栃の木)だが、宮環の街路樹にも多くのトチノキが植えてあり、季節的に栃の実が落ちている。が、拾ったような跡も多少あるが大半はそのままか車の餌食となっている。
栃の実を使った菓子類(栃もち、栃の実まんじゅう、栃の実ゆべし 等々)は、観光地の売店に並んでいる。県が植えた街路樹なんだから、実の利用方法も考えれば良いのにな~と思いながらペダルを踏む。
  画像 776          ↑ 実をつけたトチノキ。そろそろ生気を失い、葉っぱも色褪せてくる季節。

  画像 785          ↑ これが栃の実です。ちょうど栗を上から少し押したような形でこげ茶色してます。

田んぼの稲穂もそろそろ頭を垂れてきましたが、そんな田んぼのあぜ道に不似合いな花が咲いていました。トランペットエンジェルらしいが。
  画像 777          ↑ トランペットエンジェルのようです(似てる)が・・・。多分そうでしょう。

環状線も半分を少し越えたあたりに「長岡百穴古墳(ながおかひゃくあな)」が見えました。以前は田畑の中にあったが環状線が開通したために今では環状線から丸見え状態。休憩を兼ねてパチリ。
埼玉県の吉見百穴と比べたら規模が小さいですが、穴の奥にひとつひとつ観音様(らしい)が彫ってある。穴も像も長い年月で風化した様相。
  画像 781          ↑ 長岡百穴古墳。百穴といっても実際は52個で100個は無いようだ。
  画像 779          ↑ 見学者用に案内板(小さくて読めないかな?)。持ち帰り用のパンフレットの在庫ゼロ。

距離も3分の2経過したところで昔を思い出して寄り道。ケン坊が結婚して最初に借家住まいした思い出の場所だったんですが、既に建物は壊され整地されていた。ガッカリです。ちょっと前までは屋根が見えていましたが・・・。
当時はヒッソリとした良い意味で閑静な場所も、環状線が開通したためガラリと雰囲気が様変わり、いろんなお店(郊外型)が並んで賑やかな町並みとなってしまい昔の面影はない。子供達の故郷がひとつ消えてしまいました。ケン坊夫婦にとっても思い出深い一ページだったのにと当時に思いを馳せる。
  画像 782          ↑ 奥の角地にケン坊家が住む一戸建ての貸家(6・4.5の2K)。最近壊したのかな?

残り7~8㌔地点に「野口雨情」ゆかりの地があったのを思い出してまた寄り道。ところが歌碑はあったものの家が無くなっていました。というより「駐車場」になっていました。それらしい雰囲気のあった家は雨情とは関係なかったのかな? ここは「野口雨情 永眠の地」という柱碑はありましたが・・・。
  画像 783          ↑ 「あの町 この町」の歌碑。思わず口ずさんでみたが家が無いのが不思議?

出発して3時間。環状線一周のぶらり旅も終わりに近い。まだ寄ってみたい場所もあったが、次回のために残した(言い訳?)。いつの間にか空は真の青というか本当の青空に変わっていた。今日も晴れ男の面目躍如といったところ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
プロのバスケを観戦
2008-08-23-Sat  CATEGORY: 県内プロチーム
【リンク栃木ブレックスの試合 初観戦】
バスケと言うと、中学・高校の体育でやった程度で、その後は殆どボールも触ったこともない。数年前に栃木県に「ブレックス」というプロチームが出来たことは知っていたが、それほど興味を持っていなかった。(県民として不謹慎な発言かも)

昨夜、魔女っ子がオープン戦の招待券をもらってきた。無駄にしても・・・と思い急遽観戦することに。実は近所のお嬢さんがブレックスのチェアガール(ブレクシー)に入っていて、魔女は親御さんから何度かお誘いを受けていたし実際に観戦をしたこともある。

会場内は想像以上に騒然(主催者?それともブレックスの応援?なるものが盛り上げるために70~80ホン以上の騒音となるようにマイクの音量をあげわーわー言っている感じ)。思わず耳を塞ぎたくなる感じだ。

魔女曰く前回もこんな感じだと。ということはバスケ会場は何時もこんな騒然とした中でやっているのか。予想外の雰囲気のなかで試合が始まった。
  画像 770          ↑ 相手のシュート。試合の雰囲気が伝わりますか? ケン坊もだんだんその気に!!!

ルールがいまいちの魔女とケン坊だが、試合が終わる頃には何となく判ってきた。そして、騒然とする会場の雰囲気にも慣れてきた。が、それでも入場券を買ってまでは観にこないだろうなと思う(今の気持ちとしては)。
  画像 772          ↑ 試合の前後やハーフタイムに活躍のブレックスのチェアガール(ブレクシー)
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
サイクリング デビュー
2008-08-23-Sat  CATEGORY: 宇都宮・河川敷の風景
【田川サイクリングロード】:宇都宮市城東橋~下野市坪山橋の全長22.7km
天気は下降気味で折角の土日は雨模様。かろうじて今日は午前中くらいは持つ?予感。午前中で出来る運動は?と探した結果が「サイクリング」。

魔女も多少乗り気のようだ。低レベルのママチャリにケン坊が、そして中レベルのママチャリに魔女が乗ることにし麦茶を持って出発。ジョギングしてる時は、サイクリングは楽そうに見えてチョロイものと思っていた・・・。

まもなく田川サイクリングロードの途中からコースへ。ひたすら南へ南へと今にも降り出しそうな空を見ながらスピードを上げた。田川の流れに沿ってペダルを漕ぐので僅かながら下っており楽に進んだ。やっぱりサイクリングは走りに比べ軽いなー。やっぱり楽勝だと実感した。
  画像 768          ↑ ここ2~3日は涼しいが未だ8月。早くもコスモス(キバナ)が咲き始めている。

30分から40分経過する頃には、お尻付近が痛いような感じがしてきたが、魔女も同じだったようで、1時間のところで休憩することにしたが、自転車の1時間というのは結構進むもので、サイクリングロードの南側終点が間もなくのところまで来ていた。地名で言えば小山市の東方(茨城との県境)。「思えば遠くへ来たもんだ」と。

反対側に休憩できる東屋があるが終点まで行ってからUターンして休むことにした。
終点はあんまりハッキリしてなくて(ケン坊の記憶違い?)、いつの間にか鬼怒川と田川が合流する地点まで走っていた(帰宅後に調べたら、合流前の「坪山橋」が終点とのこと)。

Uターンして先ほどの東屋で小休憩した。途中、パラパラと降ってきたが濡れるほどではなかった。やっぱりケン坊は晴れ男? 何とか家まで降らないでもって欲しいな。

  画像 767          ↑ 休憩所に「川の一里塚」の碑が。近くに「田川分水路」があるがその説明書も別にあった・・・

ここまでは時間的にも比較的に順調にサイクリングできていた。が、ここからが結構、ケン坊にはキツイということを思い知らされた。体力的というよりも、初めてのサイクリングで遠出したこともあるが、最初に書いたように帰りは僅かに上っているのだ。

ママチャリは結構足(膝)に来ますね。平らに見える場所でさえ時々立ち漕ぎして弾みを付けないとスピードが落ちる。コースを横切る一般道が頻繁にあり、その部分は殆どが高くなって交差している。立ち漕ぎしても止まってしまうくらい。本当につらいなと思うことも度々。

その点、魔女は凄い。キツイと口では言いながら休まずにスイスイ?と。途中、自転車を交換してあげるなんて言われちゃった。実際に交換してみたが結果は同じで、魔女のスピードは変わらず、ケン坊は魔女に遅れをとってしまった。ケン坊にとって屈辱な光景である。
  画像 766          ↑ マイペース?で走る魔女。でも傍目からみるのと違って結構厳しいんですよね、魔女!

サイクリングを甘く見ていた自分が恥ずかしい。以前、マウンテンバイクを買ってサイクリングを始めるなんて言っちゃったけどどうしようかな。こんな筈ではなかったのに・・・。

兎にも角にも家に辿り着いた。3時間10分の初のサイクリングが終了。雨も何とか持った。早速サロンパスをシューシューと噴きつけたら家の中が匂うと魔女や魔女っ子に非難され換気扇を回されてしまった。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
オクラ ホ(ン)マ? 
2008-08-23-Sat  CATEGORY: 花紀行(夏)
【こんなに綺麗だったの? オクラの花】
数日前から通勤途上の畑で気になっている花があった。離れた場所から見た感じは「綿の花」のような「ムクゲ」のような可憐な花びらに見える。ただ葉や茎が全然ちがっているので・・・気になっていたのだ。

今朝、家から歩いて5分程度だったのでデジカメをもってサンダルで出かけた。ちょっと小高くなっている野菜畑に登って目当ての花が咲く野菜を探すと時間が早かったせいかまだ「蕾」。多少、脹らみかけたのもあったが諦めて自宅へ帰って待機。

8時に再挑戦。今度は咲いていたが車の中から見たイメージと少し違っていた。花の形はラッパのようで先が開いている。そう、ノウゼンカズラのような感じです。離れて見ていた時は花びらだけが見えていたので花の長さ(奥行き)が判らなかった。

  画像 763          ↑ 淡い黄色した花びら。その中心部奥が赤紫色の模様が・・・。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
節目の献血
2008-08-21-Thu  CATEGORY: 我が家のイベント
【50回目の献血】
年2回の献血。時々1回の年もあったので約30年かけて50回の献血達成。以前にも書いたが、今回の手帳以前にも10数回の献血があり、実際は50回を越えているがそれはそれ。

なのに、前日に飲み会が入ってしまったので献血を止めようかと思った。献血で行ってくれる血液検査の結果が気になるからだ。節目の献血でマイナスの結果が出ては悔いが残るから。

生ビール3杯と焼酎水割り1杯。少々少なめに抑えたつもりだが・・・。料理も本当は意識して食べないといけないが、手当たり次第というか割り当て的にというか次々と口にしてしまった。最悪は献血を止めようと。
  画像 761          ↑ 献血の前夜に懇親会が・・・ 明日の献血に一抹の不安がよぎるが、まっ! 良っか。

果たして献血当日、念のため受付の人に聞いてみた。前日に飲んでも体調が悪くなければOKとのこと。事前のチェック項目で5月に犬に噛まれて3ヶ月が経過したことを思い出した。その後の検査で異常が無かったので問題ないが・・・。

チクリと針が刺さった。何時もは右手で献血するのに、今日の看護婦の勧めで左手で献血することになった。握力が右手に比べてないため時間がかかったように感じたが無事に400CCの献血が終わった。
年齢も60を過ぎ、50回という節目を達成したことから今回が最後のつもり。もし次回があるとすれば献血というより検査目的(不謹慎)か?
  画像 762          ↑ 50回目という節目の献血となって、取り敢えずは記念品(ガラス製品)をいただいた
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
だらだらだらりの日曜日
2008-08-17-Sun  CATEGORY: 日記
【だら~り だらり~こ】昔の時代劇:笛吹童子の主題歌の一部に引っ掛けて(白黒時代:しゃら~りしゃらり~こ だったかな?)

今日は寒いと感じる陽気。昨日や一昨日のような暑さから一転しての寒さ。今にも雨が降り出しそうな空。昨日の段階では日光方面(男体山登山か切込湖・刈込湖のハイキング)に行く予定だったが、天候の関係とオリンピック女子マラソンを見る関係から外出禁止令。

ところが早々に日本選手がメダル争いから脱落し興味も半減。小雨が止んだら久々にジョギングでもしようかな? 魔女も飽きてたみたいで自転車で伴奏することに。ところが雨は降り止まず結果として一日雨模様の日曜日となってしまった。

ただ、家にいてテレビ見てると「メタボ」を助長する環境となり易い(お菓子などをついつい口に運んでしまう)ので、インターパークへ行って歩くことにした。目的が歩くことなので、ウインドウショッピングならぬウォークショッピング(歩きながら眺める)を約1時間した。

こんな日曜日は年に何回かあるが、今日はこれまでの疲れが出たのか時折り睡魔に襲われた。魔女が運転する車の中や、テレビを見ながらとついつい舟漕ぎをしてしまった。

今日は何の収穫の無い一日。明日から1週間が始まります。では週末までごきげんよう。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
やっぱり夏は・・・向日葵
2008-08-16-Sat  CATEGORY: 花紀行(ひまわりの名所)
【ひまわりとケン坊家の花だより】
孫が帰って再び大人だけの家が戻ってきました。各々が自分のペースで生活するパターンだ。孫の生活に合わせたパターンからの切り替えはビシっとしないで何となくダラーダラという感じ。

15日はお盆で親兄弟にお線香を手向けに出かけたが、今日は久々に魔女と出かけることにした。しばらく山から遠ざかっていたので、来る日のために足慣らししようと例の井頭公園を歩くことになった。昨日も暑かったが今日も暑い。

行く途中で夏の花の王様である「ひまわり」を見に回り道をすることに。そんなに広い会場ではないが、今まで見たよりも葉が大きい。
フェスティバルは19日から開催というが、7万5千本の花は結構咲き揃っている。
久々の花紀行。ケン坊家に咲く花と併せてみてね。

  画像 753          ↑ 休耕地を利用した7万5千本の「ひまわり」。これだけまとまって咲くと豪快だ。
  画像 749          ↑ 私を見て-とばかりに大輪を向ける「向日葵」。水も欲しいと訴えているような・・・
  画像 754          ↑ しかし、向日葵の咲き方は面白いねー。みんな同じ方向(後ろ)を向いて咲いてる。

井頭公園に隣接する「真岡一万人プール」は満員の様子。子供の声や歓声が聞こえてくる。本当は孫を1万人プールに連れてくる考えもあったが、ここは超高~いスベリ台があり、もし滑りたいと言われたらケン坊達が困るので意識して避けたのだ(年齢制限があり出来ないのだ)。
そして公園内を2周(80分)してお風呂(兼温泉)へ直行。温泉も久し振りだな~。

  画像 706          ↑ ケン坊家の庭に咲いた「リコリス」。今年は数が少ないな~。球根が腐ったか?
  画像 707          ↑ ケン坊家の庭に咲いた「さるすべり」。花は綺麗だが、翌日は花びらを掃除するのが大変。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫のひとり旅7(最終回)
2008-08-14-Thu  CATEGORY: 孫たちとの日々
【長男の冒険7日目:再びのプール】
孫のひとり旅も今日で終わりです。8日にきて一週間。幼いという点でもう少しグズられたりして大変かと思ったが意外とシッカリしていた。とても初めてのひとり旅とは思えない。

今日は全国的にお盆です。ケン坊は14~15日の2日間休みをとりましたが、今日は孫との時間に使って、仏様へのお線香は15日に3軒一気に廻ることにした。

今日は孫が帰る日なので、一番行きたいところに連れて行く約束をしたら「プール」だって。プールは結構疲れるんだよね。でも気にいっているようなので近くのプールへ出かけた。
  画像 741          ↑ 先ずはひと泳ぎという感じで、早速水の中に飛び込んでいきました。

咳が出るのが気になるが、そんなことはお構いなしプールに入ると元気一杯で身体を動かしていた。午前中は混んでいなかったが、お昼くらいから集まりだし結構な賑わいをみせた。
お盆の帰省客の関係からか、見るからに”じいじ”や”ばあば”と思しき(身体)年齢の方も前回よりも多かった。
我が孫は、潜ったり、ボール投げしたり、浮き輪で遊んだりと大忙し。そのお相手を一人でするのは大変なので、ケン坊と魔女は6:4くらいの感覚で交代して相手することに・・・。
  画像 742          ↑ じいじ亀の背中に孫がめ乗せて♪♪こんな感じのギャグ(歌)?が昔ありましたね
  画像 748          ↑ 浮き輪にボールを入れるゲームをしたりして遊ぶプールの中の魔女と孫。

やっぱり今日も4時間コースとなってしまった。家に戻ってシャワーを浴び小休憩してから孫の帰る仕度を整えた。

夕方、来た時と同じように途中の駅まで車で送っていった。朝は帰らないとグズっていたが、やはり子供だなと思う。パパの顔みたらニコニコ顔に。どんなに可愛がっても親にはかなわない。

この一週間、大変だったような気もするが充実していたようにも思う。これで「孫のひとり旅シリーズ」は一件落着です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫のひとり旅6
2008-08-13-Wed  CATEGORY: 孫たちとの日々
【長男の冒険6日目:へんしん ゴーオン レッド 合作】
今日はどうしたのかな? ケン坊が帰ってくると孫は珍しく寝ていた。魔女曰く 今日はそんなに疲れるようなことはしてなかったとのこと。

一人旅も明日で一週間近くなるので、子供ながらに(精神的な)疲れが出ているのかな? それとも体調が悪いのかな? でも8時頃起きた時にはケロッとしていて心配することはなかった。

昼間、魔女と作ったという「へんしん ゴーオン レッド」の仮面とベルト。魔女にしてはかなり丈夫で精巧に出来ていた。昼寝から覚めた孫から「じーちゃん、ゴーフォンを作って」と頼まれた。

魔女の傑作を見て、負けてはいられないぞと、ついつい熱中して適当な小箱・色紙・ハサミ・のり等を駆使して「らしい」ものができた。孫は「ヤッター」と喜んでくれた。
仮面は孫が、ベルトは魔女が、そしてゴーフォンをケン坊が かくして三つのアイテムが揃い三人の合作は完成したのであ~る。

そして9時、孫の夕飯だ。今日の夜は長いぞ~。覚悟しておかなくては・・・・・・・・・・・・・・・。
 
  画像 740          ↑ 三人合作の「へんしん ゴーオン レッド」を身に付けて大満足
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
孫のひとり旅5
2008-08-12-Tue  CATEGORY: 孫たちとの日々
【長男の冒険5日目:いろいろ2】
今日も早起きした孫。6時半には「おはよう」と元気良く茶の間に顔をだした。でも今日もケン坊は会社なので魔女がお相手することに・・・(ちょっと頭痛だと言っていたが大丈夫かな)。

そんな魔女の状態を知ってか、孫は料理のお手伝いをしたり買い物の手伝いをしたり。またポケモンのDVDを一人で見たりと、本当におりこうさんだったようだ。お駄賃はカキ氷2個。
  IMGP0503.jpg          ↑ 好きなカキ氷を買ってもらって”お・い・し・い~”

外出を控えるのは孫にとっては不本意だったかも知れないが、こういうこともあるんだということを身をもって体現できたことは何よりだったかも。孫にとっては魔女のお手伝いをしたということが自慢らしい。

「今日ね、ばーちゃんのお手伝いしたんだよ」って、ケン坊が帰ってくるなり自慢気に報告。食器を洗ったり、カレーの具を作る手伝いをしたり。手伝ってできた夕飯のカレーらしく、盛ってもらったカレーを残らず「おいしい」と言って食べた。竹輪の入ったカレーが珍しいらしく、何故?って質問された(単純にケン坊が好きなだけなんだけれど・・・)。
  IMGP0507.jpg          ↑ 魔女の手伝いで食器を洗う孫。結構役立ったようですね。

それにしても孫は一人遊びにも長けていて、次から次と(その場限りの)話を作っては実演している。時々クイズを作っては魔女に質問。内容は幼稚でも組み立てがシッカリしている。
夜になって「パソコン」が欲しいと言って、カレーのルーが入っていた箱とテープで作ってしまった。何となくパソコンらしい。マウスも欲しいと言って作っちゃった。

5日目ともなると、もうすっかりケン坊家の住人として何年も一緒に暮らしている感じだ。パパやママのことはどうしたんだろう。サッパリし過ぎて親達が可哀相になってしまう。
もう少し幼児らしさが欲しい気もするが、それは贅沢ですよね(グズられるのは大変だもの)。

  IMGP0505.jpg          ↑ ママと弟との電話。

予定では後2日。素直に帰えるって言うかな。もしかして帰らないーなんて言うかも・・・。14日はケン坊が休みを取ったので最後に遊んであげようっと。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫のひとり旅4
2008-08-11-Mon  CATEGORY: 孫たちとの日々
【長男の冒険4日目:いろいろ1】
ケン坊は出勤。知ってか知らずか孫は今日も6時40分と早起き。今日は魔女と何して過ごすのかな? 興味深々・・・

工作が好きな孫は、紙とハサミとテープがあれば4歳とは思えないビックリするようなものを作る。想像力(創造)が豊かなのか、手先が器用なのか兎に角将来が楽しみだ(親バカならぬジージ馬鹿?)。
  IMGP0495.jpg          ↑ 紙とハサミとテープを自在に使っていろいろな工作をする孫(これは自分だそうで)

魔女はどうやらショッピングに連れて行ったようで幼稚園の本を買ってやったという。そういえば今回は外で遊ぶことばかりで家の中での遊びはピタゴラスイッチだけ?

抽選券は何時も外れの我が家だが、孫が引いたら当ったるかなという訳でガラガラをやったがヤッパリ外れ。孫も我が家の系統を引き継いだらしい。

  IMGP0498.jpg          ↑ ハーイ ガラガラ ポン・・・ 外れで~す。孫の力も通ぜず残念でした。

ミスドでお昼? 美味しそう! 好きなプールには行けなかったが満足している感じ。ケン坊は明日も出勤だから魔女にお願いするしかない。

  IMGP0500.jpg          ↑ ミスドでの昼食に・・・う~ん 満足~。

そうそう 今日はママと次男坊と電話で話をしたとのこと。何を話したのかいろいろ聞いたが無視されてしまった。家が恋しい仕草は全く見せない。(やせ我慢しているのかな? 昨夜は寝返りして目を覚ましたときに「ママー」と魔女に擦り寄ってきた。それ一度だけだったが、やっぱり4歳だからママが恋しいのかなと思った。)
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫のひとり旅3-2
2008-08-10-Sun  CATEGORY: 孫たちとの日々
【長男の冒険3日目-2:我が家の花火大会】
夜7時15分。花火をやりたいというので、何年か前に買った子供用花火を取り出して、100均で買った着火マンとバケツに水を貯えて準備完了。

湿気てないかなと恐る恐る火を着けたらシュワ-と火を噴いた。OK OK。孫に持たせたが、2年前の火傷(ケン坊が付いていながら軽い火傷をさせてしまった)がトラウマなのか子供らしいハシャギ方をしない。ジーが花火というから(断ると何処にも連れていってもらえなくなると思って子供ながらに)付き合うという感じ。

それでも5~6本手に持って遊んでいたが、ジーちゃん、もう終わりにしようと・・・。残念ながら今日の花火大会は短時間で打ち上げ(これシャレだよ。判るかな?)。

  画像 739          ↑ 最後にダブルの花火に挑戦した孫。

今日は眠かったのかな? 花火の後もハシャグことなくケン坊とグダグダしたり、魔女とお風呂に入って一人でパジャマを着ながらグラグラリしていた。歯を磨いたとたんに布団に直行。珍しく9時前に就寝。

明日はケン坊は会社だし、お相手は魔女に任せることになるが・・・孫はどうもプールに行きたいらしい。天気次第となるが、それ以前に魔女が水着姿になれるかが問題だ。

ケン坊は魔女の気持ちを察して「崖の上のポニョ」を観に行ったらと孫に言ってあげたが明日まで覚えていて納得するかどうかだが・・・。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫のひとり旅3-1
2008-08-10-Sun  CATEGORY: 孫たちとの日々
【長男の冒険3日目-1:グリーンパーク】
今日は昨日と打って変わって気温が低くプールに入れるような気温(27度)ではない。かといって遠出は避けたい。朝になっても予定が立てられない状態。
一方、孫は昨夜遅く寝たにも関わらず6時半には起床。もっとも珍しく昨日3時間近く昼寝したせいかも。7時半からポケモンのテレビをみてから朝食。ケン坊は床屋さんで変身(と言ってもいつもと変わらず)

ようやく本日の方針決定。鬼怒川グリーンパークで遊ぶことにし、夜に小さな花火大会を我が家の駐車場で開催することにした。

出かける時間になるまで、恒例となったサッカーとピタゴラスイッチ風ゲームで遊んだ。我が家にきてから3日目。全くパパやママのことは口にしない(パパ・ママはガッカリかも)し、帰りたいことなど一言も言わない。

グリーンパークは然程混んではいなかった。ザリガニ釣りを教えようと竿と糸を用意したが、肝心のエサ(いか)を忘れたため出来なかった。が、広い芝生でボールを思い切り蹴ってサッカーの真似事。
  画像 734          ↑ サッカーもなかなか様になっている孫のキックフォーム

そして二人で変則自転車にのってパーク内を周回。涼しいくらいの風が頬を撫でていく。孫は足が届かないのでケン坊が一人で漕ぐことに・・・ 30分400円。
  画像 725          ↑ グリーンパークの変形自転車に挑戦する孫だが残念ながら足が届かない

公園内では水上アスレチックに結構群がっていた。それにザリガニ釣りが盛んであちらこちらで糸を垂らしていた。浅い水場にも多くの子供が入っていたが孫に言い聞かせて今日は入れなかった。
  画像 732          ↑ 公園ではザリガニ釣りが盛ん。ケン坊達はえさを忘れて残念。結構取れている。

ボートがどうしても乗りたいというので、これも二人で漕ぎ出した(ペダル式)。これも孫の足が届かずケン坊が最後まで漕ぐことに。途中、何度かペダル漕ぎに挑戦し多少は進んだので多少の経験と満足感を味わったかも・・・30分530円。
  画像 730          ↑ ペダル式ボート。足がペダルになかなか届かず真剣になって足を伸ばす・・・
          
今日の魔女は疲れたのか芝生に敷いたシートで留守番を兼ねたお昼寝タイム。少し風邪気味らしく喉に違和感があるとのこと。でも孫とサッカーをしたり飛び跳ねたりして大した事はないかも?

2時を過ぎたころ、孫がお腹が空いた(ジュースやアイス等は口にしていたが)というので、食べたいというラーメン屋さんに向った。
  画像 733          ↑ 孫の希望でラーメン屋さんへ。お子様セットを頼んだ孫はラーメンとチャーハンを平らげた。

お子様セット(残すかなと思っていたのに)のラーメンとチャーハンを全部平らげたのには驚いた。流石にジュースとシュークリームは残したが・・・。サービスのガチャガチャで「恐竜」を手にして一応満足。

家に着くなりケン坊はちょっとお休みタイムをもらって昼寝。約1時間グーグーグー。しかし孫は相変わらず元気でーす。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫のひとり旅2-2
2008-08-09-Sat  CATEGORY: 孫たちとの日々
【長男の冒険2日目-2:花火と盆踊り】
プールで流石に疲れたのか、帰ってきた後2時間半のお昼寝タイムとなった。近くの神社で盆踊りがあるので、花火大会を見に行くのは止めたほうが良いかなと思い本人に聞いたら「ハ・ナ・ビ」というので孫と二人で車で出かけた(魔女はパス)。

電車なら近くまで行けると思ったが、駅から少し歩くのでプールで疲れているから無理しないほうが良いかなということで車にしたのだが・・・。

会場から直線距離3㌔程度まで近づいたところで路上駐車が多くなり、ノロノロ運転となり尾灯も延々と続いてきたので、ケン坊達も農道に路上駐車してハナビを見ることにした。でも、ヤッパリ花火は遠くそれなりに見られたが写真には写ってくれない。時間を掛けてガソリン代をかけてきたのに残念ながらあきらめた。

決断の早いのはケン坊の取り柄(結果、失敗も多いけど)のひとつ。早々に見切りをつけて帰途に。そして、花火から「盆踊り」に切り替えた。
家に着くなり中に入らずに盆踊り会場へ。魔女は花火には行かなかったが、盆踊りには付き合ってくれた(ケン坊は忘れ物があって5分ほど遅れて会場についた)。
  画像 723          ↑ 近くの神社で行われた盆踊り。今年は予想以上に人出が多く踊り手も多く感じた

孫と魔女の二人は「カキ氷とヨウヨウ」を既に手にしていた。光るブレスレッドまでしていたので買ったの?と聞いたら無料で貰えたとのこと。思わず孫に盆踊りに来て良かったねと。
30分もしないうちに盆踊りは終了。帰りにはポップコーンとお菓子の詰め合わせまでもらっちゃった。

もうそろそろ11時です。孫は何かを口に入れてます。今日も就寝は遅いかもね???

明日は日曜日。予定はどうしようか?と魔女。孫に聞いたらすかさず「今日いったプール」という。ケン坊と魔女は思わず顔を見合わせてしまった(どうする? という感じで目で会話)。

明日は明日の風が吹くで行くか~。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫のひとり旅2-1
2008-08-09-Sat  CATEGORY: 孫たちとの日々
【長男の冒険2日目-1:総合運動公園のプール】
朝6時45分、おはようと言って起きてきた孫。昨夜は10時過ぎに寝たのでてっきり遅いお目覚めと思いきや早~い起床。それにしても寝相が悪いね~。8畳間で3人して寝たが、何時の間にかケン坊と魔女の足許に移動。その後もアッチコッチと移動していた。

今朝は8時頃からプールへ行こうとの催促。プールは10時からと約束をして、それまではサッカーや昨日作ったゲームで遊んだため朝から汗ばんでしまった。

そして10時には約束どおりプールに到着。海パンのデビューはケン坊だけかと思っていたら、魔女もシッカリと買って身に付けていた。
  画像 718          ↑ 総合運動公園のプールから「とちのきファミリーランド」が見える

最初深さ30㌢のプールで一緒に遊んでいたが、深いプール(80~90㌢)に行きたいというので、移動して一緒に遊んでいたら監視員から注意されてしまった。何を? ケン坊も魔女も、お互い、あまり人に見せるほどの体型じゃ無いので、なるべく衣類で隠せる所は隠すようにして水に浸っていたのだが、深いプールは水着以外はダメとのこと。

何と、ここで魔女はリタイヤしてしまった。流石に水着にはなれなかったようだ。ケン坊は渋々新調のTシャツを脱いで海パン一丁に。まさかね、この歳で海パン一丁になるとは予想もしてなく、最初は何となく恥ずかしいような気がして周囲を見回したりしていたが、徐々に慣れてきて最終的には孫の水遊びに4時間も付き合ってしまった。
  画像 717          ↑ 夏休みの土曜日にしては少々少なめの利用者か? 我々にしては好都合であったが

孫はプールで予想以上の技を披露してくれた。素潜りはもちろん、水中で連続転回をしたり、潜って浮き輪の中に頭を出す遊びをしたり、足をバタつかせて、いかにも泳いだかのような姿を見せてくれたりと、最後まで疲れを見せずに遊んでいた。
  画像 715          ↑ 孫が披露した「素潜りして浮き輪の穴から頭を出す」瞬間です

  画像 716          ↑ かなりリラックスしてます「浮き輪に揺られ波任せ」状態。

50分毎に10分の休憩。ケン坊の肩や背中、腕あたりが何か火照っているような感じがしたので、慌てて日焼け止めを魔女に塗ってもらったが後の祭りのようだ。プールを上がる頃にはシッカリと赤みがかってきた。

午前中の2時間はあっと言う間に過ぎ、うどんやアイス、焼きおにぎりなどの軽食で昼食を済ませ、午後の部もシッカリ2時間プールで遊んでしまった。水に浸かっているのは疲れるね。何となく全身がだるいような気がする。

帰宅後、早速にシャワーで身体を洗い、目薬を注してケア充分の状態で流石に疲れたのか「お昼ねタイム」となった。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫のひとり旅1
2008-08-08-Fri  CATEGORY: 孫たちとの日々
【長男の冒険1日目:蓼沼親水公園】
今週の日曜日に帰った筈の孫(長男)が、じー&ばーの家にもっと泊りたいと駄々をこねたらしい。嬉しい反面、どうせ一人では泊れないで夜に家まで送りとどけなければならないのでは?と心配だ。でも何時かはこんな時がくるし今回がその時と思って、取り敢えずは受け入れることにした。

今朝、車で途中の駅まで迎えに行って孫をパパちゃんから預かった。車の中では早起きをしたせいか(それとも初めてのひとり旅のせいか)予想以上におとなしかったが、ケン坊の家についたらいつもの孫の姿に戻っていた。

魔女が買った「浮き輪」を抱え早くもプールに行くモードで、じー&ばーを急きたてるが、今日の気温は半端じゃなく高い。日射病にでもなったら大変と抑え、ピタゴラ スイッチもどき工作に汗を流す。
ママちゃんみたいに上手くできないが孫はそれなりに喜んでくれた。
  画像 710          ↑ 孫とじーじの合作。牛乳パックとブロックで作った宝クジ風ゲーム

そして結局は孫に押し切られ、12時には数日前に行った「蓼沼親水公園」に着いていた。
幼児にとって格好の遊び場なので、今日も多くの親子連れが日陰にシートを敷いて場所取りしていたが、辛うじて場所を確保して準備完了。今日は若いママちゃん達が殆どで、じー&ばーは我が家だけ?だった。
  画像 709          ↑ 相変わらず若い家族の多い親水公園。水車が親水公園の雰囲気をより一層醸し出す

孫は数日前と同じ浅い小川で水遊びに興じていたが、一人ということもあってか、今ひとつ喜びが表面に出てこないし何となく寂しそうな感じが漂う。楽しみにしていた浮き輪(持参したのは孫だけ)を使うにも深さが無いので意味をなさないが、孫はそれでも強引に使っていた。
  画像 708          ↑ 魔女に買ってもらった浮き輪を身に付け、胸張って歩く姿は浮き輪を自慢してる?

その後もゴムのボールでサッカーの真似事に付き合ったが、この蒸し暑さの中での動きにジーは早くも多少バテ気味。水遊びとサッカーを何度か繰り返していたが、ようやく遊びに飽き?3時に帰路へ。

途中、魔女の好きなインターパークでケン坊の「水着」を購入。実は明日、プールに連れて行くことになり、じーが水の中に入ることになってしまった。短パンでも良かったが魔女の希望で海パンを穿くことになった。

久々の海パン。なんか気恥ずかしい感じがするが、孫のために明日は思い切って穿くしかない。派手派手しい海パンが多いなか監視役なので普段でも穿けるような柄無しの地味なものにした。でも地味すぎたかな?
  画像 711          ↑ 魔女に買ってもらった「浮き輪」とケン坊の地味ーな「海パン」。

公園で「今夜、グリムの里で花火大会がある」との情報に、孫に見せようと7時に出かけたが、人出はあるものの7時半になっても花火が上がらないので、通りすがりの人に聞いたら、盆踊りの後に花火を上げるとの情報に「ざんねーん」と家路へ。

遠くで花火が打ち上げられていたが場所も判らず断念した。孫は朝が早起きだったせいか、帰りの車の中では眠そうな顔をしていたが、家に着いたら「やる気マンマンパワー」作成に俄然元気になってしまった。今夜はなかなか寝そうもないな。

9日が小山の花火大会があるのでそれを見せようかな? 孫が疲れてなければの話だが・・・。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫たちの夏休み8
2008-08-03-Sun  CATEGORY: 孫たちとの日々
【孫の来襲9日目:蓼沼親水公園】
孫たちの夏休みも本日限り。パパちゃんのお迎えが午後とのことなので、最後に昨日下見してきた「蓼沼親水公園」へ二人の孫を連れて魔女と出かけた。
今日はかなりの人出で、涼しそうな木陰の良い場所は既に陣取られていて、我が家はやや土の見える場所にシートを広げた。
孫たちは早速に水着に着替えて川の中へ・・・
  画像 694          ↑ 早速水遊びに興じる孫たちは生き生き。

園内には数多くに遊具が芝生の中に設置され、水遊びしたり遊具で遊んだりと色とりどりの衣類を着た子供達が走ったり歩いたりバシャバシャやったりと、時にはケンカしたり泣いたり賑やかだ。
子供の心理なのか、他人が遊ぶ遊具を欲しがる傾向が強い。ブランコにしてもすべり台にしても群がる遊具がある一方で、空いている遊具も結構ある。
  画像 697          ↑↓ 公園内に設置された遊具類。
  画像 696

ビックリしたのは、尾瀬や遊水地にあるような植物があったことだ。「アサザ、コウホネ、ヒツジグサ」など、予想以上の種類があった。次回は魔女とゆっくりとこの場所を歩いてみようと思う。
  画像 701          ↑ 園内に多くみられる「ミソハギ」
  画像 702          ↑ ケン坊が「コウホネ」と勘違いした「アサザ」。良く見ると黄色い花が・・・判らないかも。
  画像 703          ↑ 沼をくねくねと跨る八つ橋。沼にはアサザの他にもいろんな植物や生き物が・・・
  画像 705          ↑ ガマの穂がアチコチに生えていた。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫たちの夏休み7
2008-08-02-Sat  CATEGORY: 孫たちとの日々
【孫の来襲8日目:蓼沼親水公園の下見】
一昨日の地元コマーシャルペーパーで「蓼沼親水公園」のあることを知った。が、場所的にはケン坊家から近いものの、いまいち場所のイメージが湧かない。

孫を遊ばせるに相応しいような記事内容だったので、魔女が孫と野球をやっている隙に下見してきようと車で出かけた。

蓼沼親水公園は車で15~20分くらい?のところにあったが、車は1台しか駐車していなかった。公園は鬼怒川の土手の外側に位置していて、芝生の広場から木立の間を抜けて奥へ入って見ると、人工の小川が原っぱを横切っていて、そこには既に20人近くの子供が水着やティーシャツを着て小川で遊んでいた。

小川の両側も芝生になっていて公園にあるような遊具(すべり台や汽車の置物、アスレチックのような遊具まで)が置いてあり思い思いに遊んでいる。もちろん付き添いの大人達も木陰を探して陣取っている。水車もあり、まさに子供が喜びそうな場所で手入れも行き届いている。

案内図板には近くに「かぶとの森」や「野鳥自然の森?」などがあるらしい。また自然の小川の淵には豊富な植物が生えている。昔懐かしい「ガマの穂?」や名前の知らない花も咲いている。そばの沼にはハスに似た葉に黄色い花(こんな場所にコウホネが?と思って例の図鑑で調べたら”アサザ”だった)が多く咲いていた。

トイレも完備(3箇所くらい)されており、また、土手の内側は何面かのサッカー場があって、こちらは中学生クラスの近県の大会?が行われ賑わっていた。

その隣合わせにも広いスペースに遊具類(タイヤ飛び等)があって、孫たちが遊ぶには充分過ぎるくらい。土手の傾斜も結構あるので「芝スキーならぬ草スキー」も可能なのでは?

木立のところにはトンボやチョウなども飛んでおり、公園全体が我が家の孫も喜びそうな環境。ケン坊も気に入ってしまった。ぐるりと一周して「報告」のため帰宅。

孫たちはこれからママちゃんのお友だちのところへ行くらしく、残念ながら「蓼沼親水公園」行きは明日?ということになりそう。写真はその時まで次の1枚で後はオ・ア・ズ・ケ・・・。
  画像 699          ↑ 蓼沼親水公園とはこんな感じです

以上
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
孫たちの夏休み6
2008-08-01-Fri  CATEGORY: 孫たちとの日々
【孫の来襲7日目:栃の木ファミリーランド】
流石に昨日の疲れからか孫も大人も動きが緩慢に見えるが元気なのはケン坊だけ? 日光へのハイキングを計画していたが、昨夜、魔女の提案で近くの公園で遊ばせることに変更。昨日の状況からして日光のいろは坂は孫には厳しいとの判断だ。

残念と思いつつ、孫の体調を考えれば変更せざるを得ないと納得。予報に反して陽射しがきつく公園に行くのを躊躇い時間を少しずつずらした。

午後1時半、薄日になったのを機にでかけたがやはり暑い。公園の木陰にシートを敷き、魔女に留守番を頼んで目の前の遊園地に孫2人と入った。

乗り物に乗る楽しみからか最初は聞き分けの良い2人だが、徐々に地が出て「あれじゃないとヤダー」とか「これが良い」と駄々をこねるようになる。遊具4~5個は2人が同時に乗れる遊具で遊ばせたが、それ以外は次男坊が小さいため無理。やむを得ず魔女のところに次男坊を届け、長男坊と二人で乗れる遊具を探しながら結局長男坊は11個も乗っていた。

でもここは低料金なので助かる(入場料は無料、乗り物も子供は100~200円)し、小学校低学年までの子供であれば一応満足できる遊具はそろっていると思う。

  画像 691          ↑ 総合運動公園に隣接する遊園地(栃の木ファミリーランド)

日曜日にはパパちゃんが迎えに来るので、実質は明日(土曜日)1日頑張ればお役ご免になる。今回は4日間も休みをとったことで孫と行動を共にする時間が多かったが、寂しいけど多分覚えていないんだろうな(長男坊が辛うじて「微かな」記憶として覚えているかな程度)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/08 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.