FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
春シーズン最後?の古賀志山
2008-04-21-Mon  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
【日陰つつじ】
日陰つつじの見頃にはタイミング的に数日遅れた感があるが、足場の関係(数日、雨と風でトレックは危険)で、平日の今日魔女と古賀志山へでかけた。(平日でも毎日が休日の人たちの車?が多い)
          画像 022
          ↑ 駐車場の八重桜(森林公園)
今朝の新聞に「昨日、古賀志で女性が10㍍滑落しヘリで救出された」とあった。それもあってか、入口は慣れたところから入り中尾根コースへ出た。陽気が暖かくなり’へび’が出現する季節となったこともあり、いつもは魔女が先導することになっているが、今日は最初からケン坊が先を歩くことになった。

魔女の感は鋭く、10分から15分登りあと数十㍍で中尾根に到達するという場所でケン坊は’ながいもの’を見てしまった。色が何かいつもと違い「緑と茶色と黄土色が混じったような縞模様」だった。種類は判らないが魔女もしっかりと見てしまった。その後2匹めを見たが、いつも見かける色だが、頭のほうは草木に隠れて後ろ半分だけだったので大きさも判らなかったが太さから結構大きかったように思う。

そして歩くこと1時間20分。2枚岩に到着し目的の日陰つつじとご対面。やはりピークは過ぎていてケン坊のイメージとはちょっと違った。でも折角のトレックなのでパチリの連続。久し振りでゆっくりと見入った。
          画像 016
          ↑ ↓ トレックの目的だった’日陰ツツジ’
          画像 014

途中「イワカガミ」の群生があちこちにあることに初めて気が付いた。これまでピンク~赤は見ていたが古賀志のイワカガミは「しろ」だった。まだ開花直前で今後1~2週間が見頃かも。
          画像 019
          ↑ 古賀志山の至るところに群生している’イワカガミ(白)’
久々に559で昼食できた(平日なので入山者が少ない)。帰路(ルート)は春シーズン最後になるかも知れないということから北尾根コースを感謝トレックすることにした。
鞍掛方面に向かって間もなく急な崖を降りるルートにでてしまった。いつもと違う景色に2~3度後戻りして確認したが、結局前進あるのみとばかりに(過去、何度も失敗しているのに)進んでしまった。

微かに残る足跡(誰かが通った形跡)を頼りに何処に出るのか不安な気持ちで下りきったところで第三者を発見。下りきったところから再び登っている。見失わないようにケン坊と魔女は疲れた肉体にムチ打って追いかけるようにして登った。

途中のピークで第三者に追いついてしまったので声を掛けると、何とその登山者も道に迷っていたらしく逆に道を聞かれてしまった。その頃のケン坊は周囲の景色からいつものルートに向かっていることを確信?していたので先を歩き出した。最初は自分が迷っていたのに何時の間にかその登山者に道案内をする形となった。結果オーライで思ったとおり530の頂上に出た。そこで富士見峠を目指す登山者と別れた。我々もいつものルートに戻ったことから元気に北尾根に向かったとさ。
          画像 020
          ↑ そろそろ見頃を迎えようとする’とうごくみつばツツジ’
以上
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/04 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.