ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
やっぱ古賀志山へ
2008-04-29-Tue  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
【古賀志山を単独縦走】
朝、目が覚めたらいつも隣に寝ている筈の魔女の姿が無い。直ぐに、魔女は昨夜外泊だったことに気が付く。さ~て今日は何処へ行こうかな。とうとう昨夜は決められなかった。

一応、トレックの仕度に着替えお風呂の準備もして車を走らせた。途中二転三転、着いた駐車場は今シーズンは終わりを宣言?した筈だった森林公園(古賀志山)。
          画像 066
          ↑ 古賀志山の山頂(583M)
GW最初の祝日なのに思ったより車の数が少ない。今日は一人トレックなので、オーソドックスに北階段から頂上を目指した。車の数から想像したよりも多くのトレッカーが歩いていた。良かったと内心思った。

富士見峠から古賀志頂上、そして御岳まで足を延ばして東稜見晴しに逆走、富士見峠に戻り今度は中尾根を見ながら559へと快調なペースだ。
          画像 067
          ↑ トウゴクミツバツツジ(御岳付近にて)
お昼にはちょっと早い。559で呼吸を整えていたら、先客夫婦の会話が気になった。既に散った筈の日陰つつじが満開だと。そんなバカなと思って聞いたところ今見てきたばかりという。しかも今年の見納めだからもう一度見に戻る(3~4分のところ)とのことだったので、ケン坊も後をついていった。本当でした。2枚岩のほうは既に終わっているが559は少し遅れて咲くらしい。新しい情報を聞いた。
          画像 068
          ↑ トウゴクミツバツツジ(古賀志山と御岳の中間にて)
日陰ツツジは結構厳しいところに咲く花で、足場を固めながら一歩ずつ歩を進めてやっとの思いでシャッターを。ところが2枚目を撮ろうとしたら何とモニターが真っ暗になりバッテリー充電してくださいのメッセージ。あふぃー。折角のポイントを逃してしまうのか・・・ いつもアナログカメラをバッグに入れておくのに、よりによって今日バッグから出して置いてきてしまった。
          画像 069
          ↑ 日陰ツツジ(559山頂北側:山頂から徒歩3~4分)
この後ケン坊の足は、この前魔女と北尾根に行くときに間違えた道を検証すべく弁天岩のほうに向かっていた。ところが現場に行ってみると間違ったほうの入口には直径10cm程の倒木が通行を防ぐように置かれていた。きっと話をしながら跨いで入ってしまったのかな~・・・そんなバカな。

検証後は戻る筈なのにケン坊の足は戻るところかドンドン進んでしまう。そうです。しばらく遠ざかっていた鞍掛山に向かっていました。一人でというのが何となく不安。特にこれからは枝葉が密集してくるので見通しが利かないことと道が狭くなって歩きずらくなるからだ。

なかなかトレッカーと合わない。この広い山中を一人で歩いていると思うと寂しく不安になる。熊は出ないが何かあったらどうしようとか余計なことを考えてしまう。530で4人組とすれ違った。人影を見るとさすがにホッとする。

さらに進んだところで何やらガサガサと妙な音が。耳を澄まし慎重に辺りを見ながら歩を進めてると、林の隙間から何かが動いているのが見えた。良く見ると人間でした。山菜を採っているような仕草にみえる。ここでもホッとする。

スタートして3時間が過ぎて鞍掛山に着いた。大岩の手前で落ち葉がガサガサといやな音を発した。見ると蛇ちゃんでした。色鮮やかな’やまかがし’が・・・今月2回目(通算3匹目)だ。

あと残り1時間程度で駐車場へつくポイントだ。角度のある下りを一気に降り、最後の急登もあえぎあえぎ上り切り、あと少しの場所でまたもやガサガサ。案の定’山かがし’。今度はこちらを見てチョロチョロと舌を出している。不気味さを感じ落ちていた枝を投げたら少し動いたので足早に離れようやく駐車場へ。4時間15分のトレックでした。多分、古賀志山も10月下旬までは来ることは無いかも。
以上
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
今夜はひっさびさの独身で~す
2008-04-28-Mon  CATEGORY: 我が家の光景
【魔女が外泊】
いまケン坊は名実ともに我が家の家主です。誰もいない居間でグロブを書き込みながら、明日は何処へ行こうかななんて考えている。

冷蔵庫を漁っておつまみになる物を探し出し一人でテレビを見ながらビールを飲む。こんな光景は約1年振りかな~。そうか魔女が海外旅行(オランダ他)で10日ほど家を空けたのは1年前になるんだね。当時は魔女っ子もカナダに留学していたので全くの独身だった。

?今回、魔女っ子は昨日から北海道の旅(と言っても、カナダで知り合った友達から誘いがあったようで宿代が助かると喜んでた)に広義のGW以上(27日~7日)の日程で行ってくるらしい。何とうらやましいな。

話を戻さないと。いざとなれば結構何とかなるもので、出かける前には「洗濯機やレンジ、ガスレンジ等々の使い方」について魔女から教育的指導を受けたが・・・それなりに生活できていたし、ましてや今回はたったの1泊。前回と比べたらほんの一瞬の出来事だ。

ところで明日はどうしようかな。明日の朝起きてから考えるか。山も良いけどジョグも良いし山野草を見るのも良いかな~。 さ~て風呂が沸いたし続きは出てからにしようか。

とうとうお風呂の中でも明日の計画が決まりませんでした。無計画という計画も良いかな。そうしよう。

以上
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
市貝の芝さくら
2008-04-27-Sun  CATEGORY: 花紀行(春)
【芝さくらが満開になりました】
数年前から公開された市貝の芝さくらが見頃を迎えたとの新聞記事。2年前に行った時は、芝さくらが密集してなくて地肌がところどころ見えて、お世辞にも見場が良くなかった記憶がある。

数年前に羊山公園(秩父)に魔女と見に行ったが、初めて見る光景ということもあり圧巻でした。何でもそうですが、最初に見るもの聞くものは驚きというか感激というものが大きいが、2番煎じ以降となると気持ち的に新鮮味に欠けるせいか、同じかそれ以上のモノを見ても多少落ちる。

今日は魔女が所用のためケン坊は一人で出かけた。市貝の会場まで45分と意外に早くついたが、駐車場は離れた場所に止められてしまった。皆の出足が早かったようで・・・。ウォーキングを兼ねての花見なので多少歩くのは歓迎。
          画像 059
          ↑ 駐車場から会場へ行く途中の水晶湖
はたして今年の芝さくらの出来は?予想よりは綺麗になっていたが、やはり地肌が見えるのは止むを得ないか。既に会場は多くの見物人でいっぱいで人物の入らない写真は絶対に無理。
          画像 058
          ↑ 広大なスペースに咲き誇る芝さくら(全体像)
          画像 054
          ↑ 白い芝さくらのなかに紛れ込んだむらさきの芝さくら
          画像 064
          ↑ 芝さくら(赤)のアップ
          画像 063
          ↑ ゆきやなぎ
          画像 065
          ↑ はるリンドウ???だったかな(たてやまリンドウにそっくり)
町起しのためにはじめたイベント。展望台も整備し駐車場も広く確保し人出は地元のボランティア?かも知れない。それにしてもマスコミの力というのは大きいですね~。かなりの田舎なのにケン坊が帰途についたとき(10時頃)には延々と車の列。当然に観光バスも渋滞したなかにかなりの台数がつかまっていた。

以上
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
山の主役は桜からツツジに
2008-04-26-Sat  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
【大平山⇔⇔⇔馬不入山】
1ヶ月ちょっと振りで大平山へ。桜が有名な大平山だが今年は時期を外して今日魔女と訪れてみた。天気予報があまり良くなかったためか駐車場に車は少なかった。

いつものことだが、ここは恐怖の階段責めからスタートする。トレック開始前に膝がガクガクしてしまう感じ。今日もそんな状態で山への入口に立った。
          画像 024
          ↑ 駐車場から大平山神社まで延々と続く階段で~す
山桜が峠を過ぎて葉桜に姿を変える傍で、ツツジが蕾を膨らませたり我慢できなくて咲き始まるなど、間違いなく世代交代していた。いたるところでピンク・濃いピンク・赤・薄い赤と、まさに色とりどりでアピールしている。
          画像 030
          ↑ 林道と新緑に映える山つつじ
若いというのは何の世界でも共通? 大平のツツジも花びら1まい1まいが瑞々しくシャキっとしていて元気ハツラツ。人間だって動物だって植物だってみんな同じ。でもどんなに年輪を重ねても生き方・考え方ひとつでカバーできるのが人間なんだ。な~んて、そうケン坊も時々悟ったようなことが言える歳になったんだ。(というより、残念ながらなっちゃったんだ)
          画像 027
          ↑ 若々しいツツジの花びら
ツツジだけが花だと言わんばかりに幅を利かせているが、ケン坊はつつじ以外の花にも同じような視線でカメラを向けたよ。どんな花にも一分の魂があるからね。でも名前が判らないというのは花に失礼かな?
          画像 029
          ↑ 誰か教えてください 私の名前を
          画像 026
          ↑ 私の名前はスミレです(右)。でも彼女の名前は判りません(左)
          画像 033
          ↑ 日陰に咲く? シャガ
          画像 034
          ↑ その昔、ドラマにもなった「だいこんの花」です
          画像 035
          ↑ 数年前、魔女が買った姫つつじ? という名前だったかな(ケン坊宅)
          画像 036
          ↑ 毎年増殖し続ける「なるこラン」(ケン坊宅)
以上


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
春シーズン最後?の古賀志山
2008-04-21-Mon  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
【日陰つつじ】
日陰つつじの見頃にはタイミング的に数日遅れた感があるが、足場の関係(数日、雨と風でトレックは危険)で、平日の今日魔女と古賀志山へでかけた。(平日でも毎日が休日の人たちの車?が多い)
          画像 022
          ↑ 駐車場の八重桜(森林公園)
今朝の新聞に「昨日、古賀志で女性が10㍍滑落しヘリで救出された」とあった。それもあってか、入口は慣れたところから入り中尾根コースへ出た。陽気が暖かくなり’へび’が出現する季節となったこともあり、いつもは魔女が先導することになっているが、今日は最初からケン坊が先を歩くことになった。

魔女の感は鋭く、10分から15分登りあと数十㍍で中尾根に到達するという場所でケン坊は’ながいもの’を見てしまった。色が何かいつもと違い「緑と茶色と黄土色が混じったような縞模様」だった。種類は判らないが魔女もしっかりと見てしまった。その後2匹めを見たが、いつも見かける色だが、頭のほうは草木に隠れて後ろ半分だけだったので大きさも判らなかったが太さから結構大きかったように思う。

そして歩くこと1時間20分。2枚岩に到着し目的の日陰つつじとご対面。やはりピークは過ぎていてケン坊のイメージとはちょっと違った。でも折角のトレックなのでパチリの連続。久し振りでゆっくりと見入った。
          画像 016
          ↑ ↓ トレックの目的だった’日陰ツツジ’
          画像 014

途中「イワカガミ」の群生があちこちにあることに初めて気が付いた。これまでピンク~赤は見ていたが古賀志のイワカガミは「しろ」だった。まだ開花直前で今後1~2週間が見頃かも。
          画像 019
          ↑ 古賀志山の至るところに群生している’イワカガミ(白)’
久々に559で昼食できた(平日なので入山者が少ない)。帰路(ルート)は春シーズン最後になるかも知れないということから北尾根コースを感謝トレックすることにした。
鞍掛方面に向かって間もなく急な崖を降りるルートにでてしまった。いつもと違う景色に2~3度後戻りして確認したが、結局前進あるのみとばかりに(過去、何度も失敗しているのに)進んでしまった。

微かに残る足跡(誰かが通った形跡)を頼りに何処に出るのか不安な気持ちで下りきったところで第三者を発見。下りきったところから再び登っている。見失わないようにケン坊と魔女は疲れた肉体にムチ打って追いかけるようにして登った。

途中のピークで第三者に追いついてしまったので声を掛けると、何とその登山者も道に迷っていたらしく逆に道を聞かれてしまった。その頃のケン坊は周囲の景色からいつものルートに向かっていることを確信?していたので先を歩き出した。最初は自分が迷っていたのに何時の間にかその登山者に道案内をする形となった。結果オーライで思ったとおり530の頂上に出た。そこで富士見峠を目指す登山者と別れた。我々もいつものルートに戻ったことから元気に北尾根に向かったとさ。
          画像 020
          ↑ そろそろ見頃を迎えようとする’とうごくみつばツツジ’
以上
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
騙されたチューリップまつり?
2008-04-20-Sun  CATEGORY: 休日
【久々のドライブ】
強風に左右された週末だった。昨日のニュースで宇都宮の風速17㍍は4月の記録だそうです。そんな訳で土曜日(19日)はショッピングで過ごし、本日(20日)はチューリップを見に魔女と車を走らせた。
キッカケはケン坊が昨日行った理髪店のマスターの話で、小貝川のチューリップでも見てきたらという一言。確かあそこは春は「ポピー」で秋に「コスモス」だったと思ったが、ことしはチューリップにしたのかなと魔女と出かけることに・・・。

(車中でしきりに疑っている魔女を乗せ)1時間弱かけてついた小貝川ふれあい公園。不安は的中なんてものではない。花なんか無いばかりか、まだ花芽のないポピーがぺんぺん草に埋もれていて可哀想。
可哀想なのはポピーだけではない。ケン坊だって可哀想だぜ。ストレートには言わない魔女の視線という針にちくりちくり刺される感じ(理髪屋の話をまともに聞いちゃって)。

そうだ。魔女はデジカメの(練習モードの)デビューだということで、花の無いポピー畑を一周しながらパチリの場所を探す。筑波山や小貝川、小さな野草をカメラに納めた。モニターに自分の姿やバックの景色が写ってしまい、被写体が全く見えないと愚痴りながらぱちり。パソコンでの再現が楽しみだな。下妻の道の駅で昼食を購入して魔女の心のふるさとである井頭公園まで戻りウォーキング2周。無駄?に過ごした前半のもやもやを振り払って気分一新して家路に。

今回はケン坊宅の花々も披露しちゃいます。大した花ではありませんが・・・家族公開です。
          画像
          ↑ 小貝川ふれあい公園から見た筑波山
          画像 003
          ↑ ヒメオドリコソウ:花と思しき葉の隙間からピンクの小さな花が顔を覗かす
          画像 005
          ↑ 新緑とトウゴクミツバツツジ(井頭公園にて)
          画像 007
          ↑ 黄花カタクリ(ケン坊宅にて:一株買って5年、やっと5輪になりました)
          画像 008
          ↑ ニラすいせん(ケン坊宅にて:爽やかな淡い水色の花が好きです)
          画像 009
          ↑ 日本さくら草(ケン坊宅にて:寒さに強く毎年咲いてくれます)
以上
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
思川桜と新緑
2008-04-16-Wed  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
【一足遅れて咲く「思川桜:おもいがわざくら」】
78年に小山市の花に指定された「思川桜」。ソメイヨシノから1週間程度遅れて咲く桜で、やや濃いピンクの花びらが特徴。(十月桜の突然変異種)
          DSCN0397.jpg
          ↑ これが”思川桜”です。離れて見ると八重桜にも見える?

県南小山駅の西側を流れる思川の西岸(白鴎大学に隣接)は満開となって見応えがあるが、東側の思川桜はまだ若く里親制度となっているので、徐々に増えていく感じでこれからというところ。

前々から知ってはいたが実際に意識して見るのは今年がはじめてだった。今日は久し振りに魔女と別行動(魔女は昨日、古賀志山を山友と行ったことから、お疲れの様子だったのでお留守番)。
チョッピリ身軽な感じもするが、姿が見えないのが寂しい気もするな~んて・・・。
          DSCN0401.jpg
          ↑ 思川桜のアップ
          DSCN0404.jpg

          DSCN0410.jpg
          ↑ 小山城址公園の八重桜
魔女のためにデジカメのシャッターを押しまくった。(そう、魔女もデジカメを買うことにしたんだって。多分、今ごろは魔女っ子とどれにしようか迷っているハズさ)

【里山に新緑の足音が・・・】
小山から車を飛ばして三毳山へ。三毳山は久々のトレックとなるが、単独でトレックするのもひっさしぶり。魔女がバックに入れてくれた食料に道の駅でおにぎりを追加し、いざ山へ。

300㍍弱の山なので、古賀志からすれば(公園化していることもあり)足許にも及ばないが、それでも端から端まで尾根を縦走すると結構な運動量にはなるし、草木の種類も多く楽しめる山でもある。

今日もいろんな花を写してきました。今日のブログは「文字より写真」ということにしました。
          DSCN0411.jpg
          ↑ いちりんそう? あずまいちげ?
          DSCN0413.jpg
          ↑ やまぶき(東駐車場から数百㍍のところに群生)
          DSCN0419.jpg
          ↑ にりんそう(この山のアチコチに群生しています)
          DSCN0421.jpg
          ↑ やまつつじ(これからは、ツツジの季節ですね)
          DSCN0424.jpg
          ↑ ツツジの蕾(誰が先に咲くか、誰が一番きれいか・・・つぼみの背くらべ)
          DSCN0425.jpg
          ↑ やっぱり里山にはつつじが似合うね
          DSCN0427.jpg
          ↑ 里山に新緑の足音が着実に近づいて・・・
          DSCN0428.jpg
          ↑ ちごゆり(したを向いて咲くところが奥ゆかしい)
以上
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
週休3日
2008-04-11-Fri  CATEGORY: 休日
【雨上がりの青空】
今日は久々の週休3日の休日。
休めるかどうかギリギリまで決まらなかったので、魔女には内緒にしていたし、天気もあまり良くない予報だったせいもあり、何の計画も予定もない休日となってしまった。

いつもの時間に起きて外を見ると、やっぱり雨が降っている。直ぐには止むような予報だが・・・。
仮に止んでも、ここ数日は雨模様だったので、仮に晴れても今日のトレック(山)は足許が滑るので無理と決めている。

そんな時にできるスポーツといえばジョグかウォークだ。ところが気温が見る見る上がる。どんどん上がって20度? 久々のジョグに20度はきつい。そんな言い訳をし家を出るのを午後まで延ばし、3時のトキと同時に思い切って出発した。

今日は1時間走って90分歩いた。午前中も何だかんだ言って1時間ちょい歩いたから良いか?なんて自分に言い聞かせている自分がいた。今日は我が家の風呂で我慢我慢。

明日はきっと約束の山だよね。魔女が山友だちと出かける約束をしていなければ、多分ケン坊と一緒に、先週約束?した「古賀志山」だ。

やしおツツジは満開になったかなー。日陰ツツジは咲き出しただろうか?花は一週違ったら見頃を外してしまうからね。明日また頑張っちゃうので今日は早寝しようーと。 お・や・す・み。
以上
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
やっぱり花の王者は桜かなー
2008-04-05-Sat  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
【お花見日和】
早めにヤボ用を済ませたが時間も中途半端。思い立ったように真岡の桜を観に車を走らせた。
午前中にみた総合グランドの桜は6分~7分咲きだったのだが、
          DSCN0312.jpg
          ↑総合運動公園の桜(今年は枝を剥いたせいかチョッピリ寂しい)
やっぱり真岡も同じような状態だった。いつもの場所に到着。ところがカメラマンが線路沿いを埋め尽くしていた(ちょっとオーバー)。もしかしてとケン坊も路駐しデジカメを持って場所を探した。

そうです。ここ(真岡鉄道)は土・日にSLが走るんです。線路脇には見応えのある桜と菜の花が見事なコントラストを造る。その中を「SL」が通過する。まさにカメラマンが場所取りするほどにアングルが抜群なのだ。ケン坊も一昨年(午前)偶然にもカメラに収めたことがあった。

SLは確か一日1往復だったと思う。つまりSLは無理と思っていたが間もなくSLが通過するとは何と幸運な。それでも待つこと20分? SLが近づいてくる気配と同時にカメラマンが一斉に身構える。

ケン坊の成果は次の写真。前回は写真の片隅におじさんのハゲ頭が写ってしまったが、今回はまあまあの出来栄えかな???
          DSCN0323.jpg
          ↑桜と菜の花の中を力強く走るSL
桜つなぎで夕食後に夜桜も見に行った。といってもウォーキングのコースに桜の名所(総合グランド)を選んで歩いただけ。誰と? もちろん魔女は一緒だが、今日は珍しく魔女っ子も一緒に歩いた。
夜桜見物は毎年賑わうのに今日は土曜日だったせいか人出は少なかった。
          DSCN0327.jpg
          ↑ 総合運動公園の夜桜でーす
以上
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/04 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.