ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
身体を動かすのが好きなケン坊だが...時には(@_@)
2017-07-04-Tue  CATEGORY: なかまとの出会い
H29/6/4、7/1撮影 【やはり梅雨ですね~ コンな時には変わったところに出没?】


  雨がしとしとの土曜日...雨でも家に居るのがキツイ?

       どこか出掛けられるような場所が無いかな~

そうだ”あるじゃん”と栃木県立美術館の招待券を思い出す

久し振りの”栃木県立美術館”は雨なので脇入口から

P1650406.jpg

この日は”まなざしの洋画史”という企画展が開催中

【企画の背景】栃木県立美術館のHPより抜粋
近代ヨーロッパから現代日本までの絵画。茨城県近代美術館・栃木県立美術館
所蔵品による展示だそうです
2018年に開館30周年を迎える茨城県近代美術館のリニューアルオープンを前に、
茨城県近代美術館と栃木県立美術館の所蔵する洋画の名品の数々を結集します。
ルノワール、モネ、シスレー、ピサロら西洋絵画の名品からはじまり、明治時代に
日本洋画の礎を築いた高橋由一や黒田清輝、激動の大正・昭和に国家と自己の
間で揺れ動いた中村彝、佐伯祐三、松本竣介、戦後の画壇で活躍した斎藤義重、
白髪一雄ら日本を代表する洋画家たちによる約100点の作品を通じ、自己と社会、
人生と世界を見つめ続けた洋画家たちのまなざしを追いかけます。

美術には縁遠いケン坊ですが800円が無料は魅力です

P1650407.jpg

雨の中に佇む栃木県立美術館...

P1650409.jpg

今回は茨城県近代美術館と栃木県立美術館が所蔵の美術

約100点を見させて貰ったが約半分は何の絵か不明>笑<

P1650410.jpg

P1650411.jpg





           さて、美術の観賞で思い出した...

職場の先輩が演ずる”吹奏楽演奏会”レポが未だでした

  宇都宮音楽集団の第25回記念コンサート

          6/4 栃木県総合文化センターで開催

P1640973.jpg

先輩はテナーサックス...楽器演奏できるって格好いいね

休憩時間を挟んで3時間弱 10数曲聞いたが素晴らしい!

P1640974.jpg

もちろん演奏中は撮影禁止なので休憩中に3階から

因みに本日のメインホールは7分の入りだったでしょうか

P1640976.jpg

時には体力使う以外に脳に違った刺激を与えるのも良い?

明日から週末にかけての天気は...エッ台風が???


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
28年”仲間との山歩き”を振り返るの巻に異変が!
2016-12-30-Fri  CATEGORY: なかまとの出会い
28/12/30 【仲間との登山を回顧してみました...果たして来年は?】


   回顧してみました?  11月...10月...9月...8月

暦を戻しても仲間との山歩きの記録が出てきません あれ?

      どうしたんだろう  遂に1月まで遡ったが無い!

 振り返れば今年は一度も山を歩いて無かったことに気付く

     それぞれが節目の年を迎え山どころでは無かった

お孫さんの誕生、ご子息のご結婚、自分の結婚、転職 等々


 人生 こんな年もあるさ さて来年は何処の山でラーメン?




【そんな時は写真で振り返えれば良いのさ】


平成27/10 第15回:栃木百名山”鶏頂山”を歩く

    駐車場反対側の”赤い鳥居”を潜って登山開始...

P1520763.jpg


平成27/7 第14回:栃木百名山”田代山”を歩く

      天上の楽園をゆったりと楽しみながら歩きます

P1490632.jpg


平成27/5 第13回:シロヤシオの”高原山”を歩く

       ブロ友のオフ会に計画的(飛び込み)参加

*リンゴさん提供・八海山にて(拡大しません)
P1470622.jpg


平成26/10 第12回:日本百名山”安達太良山”を歩く

       奥のお椀が”乳首(山頂)”ですが順番待ち

  手前の人だかりは”乳首”をバックに記念撮影する行列

P1410180.jpg


平成26/7 第11回:マドンナと行く”尾瀬ケ原&至仏山”

       この辺りは”キンコウカ”の群生地のようです

P1370750.jpg

平成25/9 第10回:いつかは登りたかった”女峰山”

P1040882.jpg

平成25/5 第9回:”八海山&あかやしおのミツモチ山”

P1210488.jpg

平成24/9 第8回:日光秘境の名瀑”赤岩滝”

P1120716.jpg

平成24/8 第7回:人気の山”一切経山と吾妻小富士”

P1100589.jpg

平成23/12 第6回:宇都宮アルプス”篠井連峰”

P1020142.jpg

平成23/10 第5回:紅葉の名所”那須(姥ガ平)”

DSCN9417.jpg

平成23/9 第4回:関東以北の最高峰”日光白根山”

画像 737

平成23/7 第3回:墨絵の里山”古賀志山”

画像 842

平成22/10 第2回:素晴らしき景色”日光社山”から

画像 434

平成22/7 第1回:天空の楽園”鬼怒沼”

画像 566



ページトップへ  トラックバック0
今年も名人の”手打ち蕎麦”で越年しました
2016-01-02-Sat  CATEGORY: なかまとの出会い
27/12/31撮影 【毎年、同じネタでスタートすることをお許し願って...】


今年もケン坊の日記は”年越し蕎麦”からスタートです!

山仲間の打った”手打そば”を今年も戴きました

Yさん 今年も美味しいお蕎麦をありがとうございました

P1530875.jpg

ご覧ください 今年は包装紙が”グレードアップ”しました

”手打そば”の文字と”ソバの花”の写真
(その下に、小さくお店?の名前...)

コレだけでもワンランクもツーランクも違うのに

「手打ち蕎麦のゆで方」と「蕎麦に含まれる成分と効能」まで

P1530876.jpg

ケン坊は”少し硬め”が好みなので魔女にお願いするだけ~

やっぱり茹でたてが一番美味しい!

P1530884.jpg

天婦羅は魔女が...ケン坊は海老天の買い出しだけでOK

これで年越し蕎麦の準備完了!

今年も楽して美味しい年越しそばを食べながら紅白です

P1530888.jpg

戴いた拘りの出汁も、いろいろと試してみましたが

薬味など何も入れないシンプルが一番美味しかったかも??

P1430216.jpg

今年の蕎麦も とっても美味しかったです  
(今年の玄蕎麦は、壬生町稲葉地区の蕎麦と北海道のぼたん蕎麦のブレンドとか)





ページトップへ  トラックバック0 コメント8
27年”仲間との山歩き”を振り返るの巻
2015-12-29-Tue  CATEGORY: なかまとの出会い
27/12/30 【仲間との登山を回顧してみました...果たして来年は?】


平成27/5 
第13回:シロヤシオの群生地”高原山(大入道)”を歩く

前座は大間々のレンゲツツジ

P1470540.jpg

ブロ友のオフ会に計画的(飛び込み)参加

*リンゴさん提供・八海山にて(拡大しません)
P1470622.jpg

カメラの先には”本日一番”のシロヤシオが
(今年は暖かく、平年よりも約10日ほど季節が早まったようです)

P1470579.jpg



平成27/8 
第14回:真夏の”湿原の田代山&虻の帝釈山”を歩く

山頂の湿原...雰囲気は”鬼怒沼湿原”に似てますね~

P1490629.jpg

季節は真夏ですが天上の楽園をゆったりと楽しみながら歩き

P1490632.jpg

帝釈山頂も暫くは我が登山隊の独り占め

P1490704.jpg



平成27/10 
第15回:栃木百名山の”鶏頂山(高原山)”を歩く

駐車場反対側の”赤い鳥居”を潜って登山開始...

P1520763.jpg

曇天で展望もなかったが山頂での証拠写真

P1520896.jpg

諦めていた”釈迦が岳”の全容が見えてきた瞬間!

P1520900.jpg



        仲間との山歩きも通算で15回

         来年は何処の山へ行けるでしょうか?



【写真で振り返る1回目~12回目の登山】


平成26/10 第12回:日本百名山”安達太良山”を歩く

       奥のお椀が”乳首(山頂)”ですが順番待ち

  手前の人だかりは”乳首”をバックに記念撮影する行列

P1410180.jpg


平成26/7 第11回:マドンナと行く”尾瀬ケ原&至仏山”

       この辺りは”キンコウカ”の群生地のようです

P1370750.jpg

平成25/9 第10回:いつかは登りたかった”女峰山”

P1040882.jpg

平成25/5 第9回:”八海山&あかやしおのミツモチ山”

P1210488.jpg

平成24/9 第8回:日光秘境の名瀑”赤岩滝”

P1120716.jpg

平成24/8 第7回:人気の山”一切経山と吾妻小富士”

P1100589.jpg

平成23/12 第6回:宇都宮アルプス”篠井連峰”

P1020142.jpg

平成23/10 第5回:紅葉の名所”那須(姥ガ平)”

DSCN9417.jpg

平成23/9 第4回:関東以北の最高峰”日光白根山”

画像 737

平成23/7 第3回:墨絵の里山”古賀志山”

画像 842

平成22/10 第2回:素晴らしき景色”日光社山”から

画像 434

平成22/7 第1回:天空の楽園”鬼怒沼”

画像 566



ページトップへ  トラックバック0
今年の”クリコン”は職場の大先輩の演奏で...
2015-12-27-Sun  CATEGORY: なかまとの出会い
27/12/20撮影 【今ごろ山歩きされてるブロ友さん...山頂で鍋ですかね~】


この日も”山日和り”で青空が眩しいですが時には命の洗濯も

毎年、この時期は魔女っ子のクリ・コンに駆り出される筈が
(魔女っ子は暫く活動休止なので今年のクリコンはなし...少し寂しい?)

代わり? 今年は職場の先輩(年齢は娘?)の属する演奏会

宇都宮音楽集団による”14th X’mas Concert”

P1530667.jpg

例年、栃木県総合文化センターで行われていますが

今年の鹿沼は、台風18号の被害もあり”チャリティ”を兼ね

初めて”鹿沼市民文化センター”で開催されました

P1530663.jpg

もちろん、演奏中は撮影禁止...何処でも同じですね

P1530665.jpg

二部構成で、一部は合奏の醍醐味を二部ではXmasカラーを

一部・・・法華経からの三つの啓示、組曲”バミューダ・トライアングル”

二部・・・スター・ウォーズ、ホームアローン・クリスマス、クリソン・メドレー、クリスマス・セレブレーション(合唱付)

何たって今日は”バミューダ・トライアングル”でしょ!

目を閉じて聞き入ると...想像の映像が脳裏を駆け巡る

P1530716.jpg

演奏の合間に繰り広げられる司会者と指揮者の息の合った

絶妙でテンポの良い会話に引き込まれ

最後は恒例の”花は咲く”を演奏に合わせ全員で合唱を

P1530668.jpg

約2時間の演奏会...これで800円(前売り)はお得感!

山とは違った爽快感を味わい、明日への活力感が漲り💪



ページトップへ  トラックバック0
真夏の帝釈山...山頂からの眺望は素晴らしい
2015-08-08-Sat  CATEGORY: なかまとの出会い
27/08/01撮影 【この時期、9時の登山開始は...でも2座を元気に歩ききりました】


ケン坊の頭の中では、今日は田代山ピストンと決めていた

暑さと出発時間を考えると、ましてや夏登山の無理は禁物

そうは言うものの、一方で、帝釈山という選択肢も残しつつ


             ところが ところがである...


ケン坊を除く3人は、初めから帝釈山へ行く気でいたようで

当然のように樹林の中へと足を踏み入れる

慌ててケン坊も帝釈山モードに身体を切り替え臨戦態勢に

*弘法大師堂・田代山避難小屋
P1490649.jpg

H23年に新しく作られたトイレ...裏側に休憩ベンチ

そのベンチには多くのハイカーが休憩中で止むを得ずスルー

P1490652.jpg

弘法大師堂の脇をすり抜けて裏手に出ると

コチラにも休憩用のベンチ? が作られていました

*11:32
P1490653.jpg

さて、前編ではあまり触れなかったが、名物?のアブ問題

6月も虫に悩まされるが、この時期のアブは育ちすぎです

少し肥満気味に見える(見た目、2㌢は優にありそう)

駐車場から付いてきたのかアブにもテリトリーがあるのか

田代山までは煩い”アブ”も我慢の範囲だったが...

帝釈山へ向かう頃は”アブの軍団”が限界を超える状態に

アブの襲撃というかB29の爆撃のような凄い羽音が煩い!

頭に背中に体当たり攻撃...まるで”神風特攻隊”

あまりにも煩いので時おり腕をグルグル回すと

2~3匹のアブが当たる 嘘のようですが本当なんです!

これが山頂まで繰り返される...足場が悪くても容赦なく

マドンナは可哀想に一人で3個所も刺され...悲鳴の連続



さて登山道は一気に下る  下るという事は帰路は登ること!

P1490660.jpg

主役はオサバグサに代わりスダヤクシュでした

P1490707.jpg

あれが帝釈山かな?  樹間から山容が見えました

P1490717.jpg

登山道脇に、時おり顔を出すイチヤクソウですが

かなり傷んでいて撮るのが忍びない状態が多かったが

一ヶ所だけ群生している場所があり、まずまずの状態!

P1490663.jpg

弘法太子堂から約50分...帝釈山への急登が始まる

写真は山頂まで「標高差70㍍ある」と表現しているようだ
          (誰かが”H70M”と書き足している)

この後、間違いなく急登が続いた  アブとの戦いをしながら

暑さの中での急登との戦いも正直言ってキツイですが...

P1490667.jpg

花を撮るため構えると直ぐにアブが手に止まりそうになる

息を吹きかけ追い払いながらの写真なんでブレまくりですが

アキノキリンソウ かな?
P1490668.jpg

少し汚泥はねしたギンリョウソウ(こんな状態は2~3株だけ、後は前編状態)
P1490670.jpg

帝釈山でもツルリンドウを発見>笑<
P1490720.jpg

山頂が近くなるに従い急登も厳しく...あと少しという証明?

P1490671.jpg

眼下に林道が見えてきたが”馬坂林道(栃木県側)”らしい

P1490674.jpg

そして間もなく”帝釈山山頂”に到着しました

暫くは我が登山隊の独り占め

とは言っても相変わらずアブとの戦いは続きます>苦<

*12:39
P1490704.jpg

澄んだ青空と言うには程遠いが”燧ケ岳”が見えました

P1490679.jpg

もちろん”会津駒ヶ岳”も近くに見えます

P1490680.jpg

そして待望の”山頂ランチ”の時間は至福のひと時だ

定番のランチは”煮玉子入り山頂ラーメン”です

もちろん、持ち寄った食料(デザート含め)は全てが美味しい

やはり汗水流した後だけに山頂でのランチは格別です

回を重ねることで自然と持ち寄る担当が決まってきた>笑<

つまり、お互いの領域を侵犯しないようになっている?

P1490684.jpg

P1490686.jpg

山頂に咲いてたイワオトギリ
P1490699.jpg

赤とんぼの大群に負けたのか一瞬、あのアブが消えた?

まさか、あのアブから解放されるのかと僅かな望みも

希望はあくまで希望  残念ながら下山もアブとの戦いが...

P1490701.jpg


山頂の景色に未練もあるが予定時間を遥かに過ぎてて

名残惜しくも(無いか?)下山しなければなりません

ようやくココまで...これを登りきれば田代山頂湿原だ~

P1490722.jpg

田代山湿原まで戻ってきました

まだ周回路が半分楽しめます...旬はキンコウカですね

*14:40
P1490733.jpg

昨夜は送別会で午前様だったと言うマドンナは

そんな欠片も見せず終始元気一杯で先頭を歩きます

P1490734.jpg

また逢う日まで...タテヤマリンドウに別れを告げるケン坊

P1490740.jpg

姿の良いミズギクは遠すぎて...コチラで我慢です>残<

P1490741.jpg

下りは途中バードウォッチングする余裕も見せながら

P1490742.jpg

小田代まで戻ってきました 何となく一安心です

青空もまだ残っててくれて良かったです。雷の心配も無さそう

*15:07
P1490746.jpg

そして唯一の水場でペットボトルに冷たい水を...

ケン坊は顔を洗ったが実に冷たくて気持ちが良い!

P1490759.jpg

カラマツソウ
P1490761.jpg

タマガワホトトギス かも?
P1490549.jpg

登山口の沢の縁に白い”センジュガンビ”が咲いてました

最後まで花に拘ってるケン坊です>笑<

P1490765.jpg

午後4時、ようやく駐車場に戻ってきたが誰もいません

いや居ました 大群のアブが車に群がってました>苦<

車のドアを開けると内外関係なく飛び回るアブにはアングリ

流石に4時を過ぎると影も長くなりますね

P1490768.jpg

最初から最後までアブの歓迎を受けた今回の山行ですが

暑さの中での山行に達成感も”有り有り”で満足です

帰りの車中は宴会? 無事に仲間を送り届け8時に帰宅!

真夏の長~い一日が終りました...次回は何処かな?




ページトップへ  トラックバック0 コメント10
8月の田代山は初めて...果たしてどんな光景が待ってる?
2015-08-05-Wed  CATEGORY: なかまとの出会い
27/08/01撮影 【花を愛でるというより仲間と山を楽しむ感じで行ってきました】


ケン坊の頭に”8月の田代山”は全く無かったが

山仲間から”田代山”を登ってみたいとの声に

花は無くても未知の”田代山”に出会えると考え直した

経験から”虫の多い山だよ”と念を押した

この時期、駐車場の心配は無いだろうと思ってたら

登山口の駐車場は満車...隅に変則駐車させて貰った

あっ まずい スズメバチの大群だ!

と思ったら”大きなアブ”だった 車は直ぐにアブの住み家に

それにしても、いきなり手荒い歓迎を受けたものだ

車から逃げるようにして登山口で出発セレモニーを開催!

*9:05
P1490560.jpg

田代山頂まで2kmで約2時間...ピストンで4時間かな?

5月末の高原山・オフ会に付きあってくれたY氏とM氏に

今日は昨秋の安達太良山以来となるマドンナを含めて4人

沢に架かる橋を渡り、いよいよ田代山頂に向け登山開始

P1490562.jpg

M氏が先頭、マドンナを挟んでY氏が続き、ケン坊は殿です

いきなり割と急な登山道...身体が慣れて無いのでキツイ

そう、ココは標高差の割に距離が無いので急登は覚悟です

P1490566.jpg

ノリウツギ
P1490567.jpg

ソバナ
P1490760.jpg

歩きだして直ぐに汗が噴き出るが容赦なく照り付ける太陽

20分も歩くとかなり標高をあげる...こんな景色にホッ

でも直射日光は堪えます  まだまだ小田代までは長い!

P1490571.jpg

途中で見かけた白い花(花弁に産毛のようなものが見える)
*chikoやんのブログから”ツルアリドオシ”と判明

P1490574.jpg

これは”ユキザサ”の赤い実ですね

P1490576.jpg

う~ん イメージが壊れるから掲載したくないですが

これは”ギンリョウソウ”の成れの果てでしょうか?

P1490578.jpg

更に急登が続きます

新しいシカの足跡も...近くでは猿のような声も?

P1490579.jpg

急登では足場に気をつけるため下を向いて歩くことが多くて

こんな小さな”ツルリンドウ”だって気付きます>笑<

急登じゃ無くてもケン坊の目は始終キョロキョロしてますが

P1490585.jpg

ゴゼンタチバナも多くの花に茶褐色の斑点が出てきて終盤

P1490588.jpg

そして”小田代”が近付いてきた

その証拠に登山道近くに”キンコウカ”が出現してきた

P1490592.jpg

間もなく”小田代”に...思わず「ヤッタ―」の歓喜の声!

ここまで1:20は少しスロー?  いやコンなもんでしょう

青い空に白い雲...雰囲気は(暑さを除くと)最高ですね

*10:25
P1490747.jpg

木道歩きは如何にも湿原歩きって気分になりますね

P1490593.jpg

ワタスゲも時すでに遅しですが、こんな姿がアチコチに散見

P1490600.jpg

サワラン
P1490597.jpg

ヤマハハコ
P1490606.jpg

小田代から7~8分歩いた開けた場所から見慣れた山が

形は何となく高原山? 方向に自信がありませんが

P1490608.jpg

オヤマリンドウはまだ蕾状態でしたが午後は開くかな?

P1490609.jpg

小田代から約20分で田代山頂湿原に到着は予定通り

表示に従って木道を”会津駒ヶ岳”に向かって歩きます

*10:50
P1490612.jpg

いま、イワショウブが旬なのでしょうか アチコチで見られた

P1490636.jpg

こちらの池塘は”弘法沼”ですね...多分

奥の雑木の中に三角点があるものと思われるが諦め!

P1490625.jpg

タテヤマリンドウも全体的にはピークを過ぎたようですが

どうしてどうして...沢山の綺麗な花を見せてくれました

P1490618.jpg

山頂直下の急登に息を弾ませたので

景色を眺めながら少し長めの休憩を取ることにしました

P1490622.jpg

天気が良過ぎて”会津駒ヶ岳”もやや霞んで見えます

花の季節なら残雪の会津駒ヶ岳ですが...

いつの日にか登るぞと心の中で叫びながら勇姿を眺める

山頂の湿原...数年前に登った”鬼怒沼湿原”に似てます

P1490629.jpg

湿原には定番のように”モウセンゴケ”が見られます

P1490635.jpg

登山道では、誰一人会わなかった田代山の登山ですが

山頂は数組のハイカーが散策したり休憩したり

花の季節を外してるので静かな山頂湿原を満喫してる様子

P1490632.jpg

ここが田代山山頂(標高:1926㍍)となっているようだ

P1490639.jpg

湿原で英気を養い湿原周回コースの散策を再開です

P1490644.jpg

*トンボソウ
P1490643.jpg

田代山湿原を半分散策したところで分岐点

そうです  この樹林帯に入ると”帝釈山”への登山道に

*11:30
P1490647.jpg

今回は、この暑さと遅い出発時間(9:05)から判断すると

絶対に無理と思ってたが仲間の勢いに負けた>笑<

そうです まさかの展開で次回は”帝釈山”を中心に報告を?



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
速報! 今週も山へ行っちゃった...の巻
2015-08-02-Sun  CATEGORY: なかまとの出会い
27/08/01撮影 【2か月振りに山仲間と...マドンナもスケジュール合致!】


    老体に鞭打って...真夏の山行・ハシゴ?しちゃった

         しかも登山口まで寄り寄り寄りで3時間弱

P1490624.jpg


P1490645.jpg


P1490632.jpg

          少し整理する時間・休みが欲しい...


ページトップへ  トラックバック0
山仲間とシロヤシオとは無縁の剣ヶ峰~大入道を歩く
2015-06-03-Wed  CATEGORY: なかまとの出会い
27/05/30撮影 【オフ会も八海山まで。その後は山仲間と花の無い周回コースへ】


    高原山オフ会も八海山で休憩後、剣ヶ峰分岐で別れ

          我々は”大入道周回コース”
        (僅か2時間のオフ会参加でしたが雰囲気は味わえました)

大間々のレンゲツツジ、八海山からの展望に満足しつつ...

P1470540.jpg

P1470570.jpg

      さて、休養を十分に取り八海山を後にしました

             小さなアップダウンを過ぎると

   直ぐに「ここは矢板市 最高点」の看板のある小ピーク

P1470574.jpg

     チラホラ残るシロヤシオに撮るか迷うケン坊>笑<

P1470577.jpg

            急斜面を鬼の形相で一気に下る...

     すると目の前にオフ会メンバーの満足げな顔が?

          カメラの先には”本一”のシロヤシオが
        (釈迦が岳コースでは満足のシロヤシオも見られたらしいが)

            P1470579.jpg

       反対側を見やれば...会津駒ケ岳でしょうか

                素晴らしい光景にうっとり

      何時かは(雪の無い)山頂へ挑戦したいと思う!

P1470581.jpg

   シロヤシオは見るのは好きだが写真は苦手です>笑<

        どうしても生で観た時の感激が伝わらない

P1470584.jpg

P1470585.jpg

     そしてオフ会のメンバーと別れて大入道周回へ...
 (オフ会メンバーは健脚揃いで、離れ過ぎてて分岐での挨拶は出来ませんでした)

               分岐から1~2分で剣ヶ峰に

       剣ヶ峰という名前には似合わないピークですが

            P1470586.jpg

  花は無くても澄んだ青空と深みを増した新緑がご馳走です

                   (ココで小休止)

      もちろんシロヤシオがあれば最高なのだが>笑<

P1470589.jpg

      本来は気品のあるシロヤシオ(ゴヨウツツジ)も

         今日は心なしか寂しそうなお姿に見える

P1470590.jpg

              小さなアップダウンを繰り返し

     程なく”縄文ヤシオ”に到達...大入道山頂も近い

P1470592.jpg

  コース左手に一緒に歩いている山は”前黒山”のようです

        威風堂々とした前黒山も栃木百名山なので

 挑戦したい気持ちはあるがガイドによれば素人には無理だ

P1470594.jpg

     本来であれば”剣ヶ峰から大入道”の約1時間は

            ”シロヤシオ花回廊”の筈だったが

   既に花は散り緑も濃くなり...初夏? いや夏の様相

            P1470595.jpg

   縄文ヤシオから10数分で二等三角点の大入道山頂に

P1470608.jpg

          山頂下の窪地でランチをすることに...

   やはり山仲間とのお昼には”ラーメン”が欠かせません

         早速、M氏が手際よく準備をしてくれます

P1470600.jpg

            ラーメンが出来るまでの時間...

 Y氏とケン坊は自然に定着した持参の食材を並べ>笑<

    因みに”冷えたグレープと煮玉子”はケン坊の定番

       オフ会・でんさんの”花豆”のような存在に?

P1470602.jpg

   お握りは各自の好みで持参!(ケン坊は新発売狙い)

                〆はM氏のコーヒーです

   一連の流れが山仲間と山歩きしてて最高の至福の時

P1470603.jpg

          相変わらず天気は味方してくれている

この分だと”釈迦が岳チーム”も気分よく登ってるだろうな~

       と、思いはオフ会メンバーの歩く釈迦が岳に

P1470606.jpg

  そんなことを思いながら我々はこれから一気に下山です

       散るのを忘れたヤマツツジが時々顔を見せる

P1470609.jpg

         ようやく沢に...この沢は”桜沢”かな?

   特徴あるカジカガエルの声を聞きながら渡渉を繰り返す 

P1470610.jpg

      登り返しも少しキツイがココまで来れば何とか...

P1470612.jpg

     そして二つ目の枯れ沢を...水は無いが渡渉?

P1470616.jpg

        そして小間々が近付いた光景になってきた

            P1470617.jpg

            ただ今~ 無事に帰ってきました

     そして再び鮮やかなレンゲツツジが出迎えてくれた

P1470619.jpg

   駐車場の片隅に”セイヨウジュウニヒトエ”がひっそりと

            P1470621.jpg


Ps.
  途中で寄った”井出水神社”で湧水を汲んで帰りました


P1470626.jpg

P1470624.jpg

P1470625.jpg


 予想通り”剣ヶ峰から大入道のシロヤシオ”は全くの音なし

       自然はまた巡ってくるので来年に期待します

 山仲間には迷惑かけたがリンゴさんに挨拶できて感謝です



ページトップへ  トラックバック0 コメント14
大間々(高原山)のレンゲツツジが見頃を...少しだけオフ会に参加
2015-05-31-Sun  CATEGORY: なかまとの出会い
27/05/30撮影 【シロヤシオは壊滅状態でしたがレンゲツツジが救ってくれた...】


   高原山でシロヤシオの観賞会等を企画していたが

       10日も早く日本列島を花の風が通り抜け

    ”新緑を愛でる会”に模様替えをしようとしたところ

 お蔭で次なる花”レンゲツツジ”に出会うことができた

P1470542.jpg

  この季節、高原山の駐車場は混むので家を早めに出発

        ところが勘違いで6:15には着いちゃった
    (県道30号の泉交差点から小間々Pまでもう少しかかると思ってたのに)

   リンゴさん企画のオフ会と山仲間との山歩きが重なり

       これまでニアミスが続き消化不良だったので

  この機会に情報提供のお礼方々挨拶しようと時間を調整

    暫くするとリンゴさんを始め次々とお仲間が集まった

*全員揃ってませんが...
P1470528.jpg

         リンゴさんとは数年来のブログ仲間ですが

    会うのは今回が初めて でも直ぐに判りました>笑<

 ray.mariさん、でんさんご夫妻、のんびり夫婦の山遊びさん、ネビルさん、yosiさん
 trekker-kさん、ブルーロイさん、chikoやん、リンゴさん、ケン坊と仲間(2) 計15名

         個々に挨拶したり自己紹介もありましたが

    正直のところ名前と顔は最後まで一致しませんでした

         リンゴさんとchikoやんは判りましたが...

P1470523.jpg

     青空の広がる清々しい山の朝は気持ちが良い!

         レンゲツツジも見頃を迎えているようだ

P1470525.jpg

          しかも昨夜の雨で更に好感度アップ?

P1470527.jpg

          いよいよ7時に小間々駐車場を出発

   取り敢えずは”大間々駐車場”まで約30分の軽い登り

P1470530.jpg

         小間々の林を抜けるとオレンジの花が...

               いよいよ花回廊の始まりです

            P1470538.jpg

     朱色のお花畑...オレンジにも濃淡がありキレイ

P1470540.jpg

      この季節は”エゾハルゼミ”の大合唱が楽しめる

               目の前を横切ったハルゼミが

      レンゲツツジに摑まって”撮って~”と鳴き始めた

            P1470547.jpg

       思い思いの場所で撮影会が行われています

         被写体も自由なら撮り方スタイルも自由 

P1470539.jpg

     ますます冴える青空と緑と朱色の花そして白い雲

P1470544.jpg

           我が山仲間は満足してくれてるかな?

 しかも、ケン坊のブログ仲間のオフ会に巻きこんじゃったし

      場所選定の責任を背負ってるので気になります

            P1470545.jpg

           花付きは少なめで大満足ではないが

  景色も気分も最高! 前黒山と手前右は大入道ですかね

P1470548.jpg

写真を撮りながら大間々駐車場へ...三々五々集まります

    30分のコースもレンゲツツジの撮影会等で40分に

P1470550.jpg

     7時の時点では小間々駐車場は6~7分だったが

           7:45の大間々駐車場は満車でした

P1470556.jpg

       そして”見晴らしコース”で八海山を目指します

            P1470560.jpg

           花が見られなかった林間を抜けると

  一気に目の前が開けてきました...気分が良いですね~

        それにしてもオフ会メンバーは健脚揃い!

P1470562.jpg

 次なる休憩場所”八海山”までもう少し...胸突き八丁です

     休憩所で追いつき、歩き出すと離れるの繰り返し?

P1470565.jpg

           壊滅的だというシロヤシオの情報に

 最初はこんな状態の花でも貴重なので撮ってしまう>苦<

P1470569.jpg

   高原山...左から西平岳・中岳・釈迦が岳が目の前に

P1470570.jpg

 オフ会の集合写真です...我々も仲間入りしちゃいました

*リンゴさん提供・八海山にて(拡大しません)
P1470622.jpg

  当初は小間々P~大間々P~八海山~剣ヶ峰~大入道~小間々Pの予定も

     釈迦が岳へのピストンにコース変更となったが...

         我々は大入道が初めてなので初志貫徹?

  リンゴさんたちとは剣ヶ峰分岐でお別れすることになった

        初めて参加のオフ会は2時間だけでしたが

          オフ会の方々にはお世話になりました

何処かでまた会うかも...その際にはよろしくお願いします



ページトップへ  トラックバック0 コメント14
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.