ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
迷ったが行っちゃった! Cランクの筈がまさかの”Aランク”に...
2015-07-26-Sun  CATEGORY: その他の山々
27/07/26撮影 【今日もアヂー】


       数日前までは”台風12号が直撃”だった筈が

           速度が遅くなりラッキーな展開に...

     でも「てんきとくらす」は”Cランク”の烙印のまま?

           予報は何でも結果が良ければグー

                         
P1490471.jpg

      風が時おり涼しさを運んでくれるが”アヂー”

P1490480.jpg



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
遅報! 新規開拓に向かった山...行きは良い良い帰りは?
2015-03-20-Fri  CATEGORY: その他の山々
27/03/14撮影 【山日和ではありませんが贅沢は言ってられません>笑<】


       アイゼン・デビューしてから1か月強が過ぎた

           身体は鈍っているが山が恋しい...

      そしてようやく今週末に天気が戻ってきてくれた

         何処かで見た山容ですが何処でしょう?

P1440373.jpg

          駐車場はこちらの神社にお願いしました

P1440379.jpg

  いよいよ登山開始...この鮮やかな神社が一合目です

P1440385.jpg

         そして山頂手前の拝殿...間を登れば

                  400㍍で山頂です

P1440442.jpg

          こちらが山頂に鎮座する”本宮”です

     勘違い? この後も”本宮”が現れるんですが...

P1440471.jpg

   長い急な(下り)階段...枝間から見える巨大な風車!

P1440487.jpg

              そして”自由の楷”の祈念碑

            P1440491.jpg

           帰りに選んだコースは最悪でした...

P1440499.jpg

      詳細は早めに掲載したいんですが時期不明です


ページトップへ  トラックバック0
呆気なく”アイゼン・デビュー”しちゃった
2015-02-13-Fri  CATEGORY: その他の山々
27/02/11撮影 【ようやくデビュー。その日は心の準備もないまま突然に...】


  あれはちょうど2年前...小山のmont・bellで買った

      ”COMPACT SNOW SPIKE”
              (通称、アイゼンと言って良いのかな?)



             【買った時のブログから抜粋】

   基本は雪が降ったら登らない...コレ家訓ですが?

          降ってないと思っても残雪や凍結は

       登ってみないと判らない山って沢山あります

    基本が里山だから頻度はそんなに多くないので...

           携帯し易い”軽量アイゼン”にした

P1170266.jpg


      そして建国記念の日(11日)は雪は無いだろうと

              思って出掛けた里山だったが

       駐車場で”アイゼン”を持った方に出会った

 まさかと思いつつ、様子を聞けば山頂付近は凍結していて

   もしアイゼン持ってるいるなら利用した方がベターだよ

        買ってもコレまで一度も使ったことは無いが

             いつもバックには忍ばせていた

*ここの斜面は凍結して無かったが...
P1430922.jpg

           山頂近く...確かに凍結個所が...

                いよいよデビューです

P1430930.jpg

         効果のほどは...言うまでもありません

             滑らないという安心感が一番?

        もちろん過信は禁物ですが効果を発揮です

            P1430943.jpg

         デビュー戦は山頂付近の数百㍍だったが

            効果は数㌔だったような>笑<

P1430951.jpg

                    詳細は後日に...


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
本当に低い山”御止山”と”ざるらーめん”のランチ
2014-02-22-Sat  CATEGORY: その他の山々
相当前の撮影 【幕繋ぎネタを苦し紛れに掲載! かなり前の話ですが...】


      ここは大谷石で有名な宇都宮市大谷地区です

           ケン坊のブログでも2度目の登場

  前回は単独行だったが今回は魔女も帯同です>クスッ;<
             (わざわざ断りを入れなくても良いですよね)

P1200985.jpg

            御止山(おとめやま)への入り口は

         最初に登った時は判らず難儀したが...

           そう”大谷寺・大谷観音”の境内から

     拝観料(資料館の入場券付)300円払って境内へ

         山と言っても公園風に手入れされており

P1200986.jpg

         もともと低い山なので5分?も歩くと山頂へ

              あの下から見た”絶壁”の上へ

(前回の写真につき拡大しません)
画像 271

   景観は素晴らしいが柵も何もなくてホントに怖いです

        身を乗り出して写真を1枚撮るのが精一杯

P1200987.jpg

            大正天皇がお出でになられた時に

      大谷の景観を賞賛されたことを記した石碑です

P1200989.jpg

               遠く”多気山”が見えます

            1~2年前に山頂を伐採したので

      初日の出等の人気のスポットになったようです

P1200992.jpg

           今回停めた市営の無料駐車場...

一寸した異変? こんなに駐車している光景見たこと無い?

            何かイベントがあったのかな~

P1200994.jpg

        そして”ランチ...らんち...Lunch”は?

              道の駅”ロマンチック村”で...

                 おぉ お店が変わってる?

        以前は焼肉系のお店だったような記憶が...

P1200995.jpg

”にっさと”というお店で”ざるらーめん”が新登場?

P1200996.jpg

            これが”ざるらーめん”の姿です

              見た目は出汁が薄い感じ

           実際は麺に絡んで意外と美味しい
               (魔女はイマイチと言うが...)

P1200998.jpg

               まぁ つけラーメンですね

  県内産小麦粉”珠泉(たまいずみ)”が自慢の麺だという

            中細麺でケン坊好みの固めです

P1200999.jpg

   今回は駆け足だったがゆっくりと食べてみたいです!

ページトップへ  トラックバック0
標高298.4㍍・一等三角点のある稲荷山は公園だった
2014-01-15-Wed  CATEGORY: その他の山々
26/01/10撮影 【笑ってください...こんな小さな目標にガソリン代が勿体無い!】


  この日は初めから一等三角点のハシゴを決めていたが

         雲の様子がおかしいので躊躇していた

   行けるところまで行こうと、さくら市から那須塩原市へ


  目指すは”東那須野公園にある稲荷山”です

      午前中に登った”御富士山”とはエライ違いだ

P1290953.jpg

        寒い! 風が強い! さぁ山頂を目指せ!

    入口には9日現在の放射線量が表示されていたが

          数値は”0.27マイクロシーベルト毎時”に

   新聞で見る倍の数値になってる(測定地点の違い?)

           P1290954.jpg

  冬季限定? 凍結防止のための対策には幼稚>笑<

P1290955.jpg

  大きな木々がかなり伐採されていて違和感を感じたが

        あの震災の時の影響(倒木等)なのかな?

       公園なので〇〇広場が何カ所かあるようです

           ここは”冒険広場”となっていたが?

P1290956.jpg

         ピークを目指し遊具の奥へ歩いて行くと

    左:花の小径 右:記念碑広場、展望広場との分岐

      左はピークらしきところに東屋が見えるが...

 歩くのも本日の目的なので一旦は左(記念碑広場)へ進む

P1290959.jpg

  なだらかに登るとわずか1~2分で記念碑が現れました

                ここが記念碑広場か? 

           文字が読めず全く分かりませんが

 一部”東那須野村”の文字 村の時代に建立された碑かと

           P1290964.jpg

何げに見た記念碑の反対側前方に魔女が発見(大袈裟?)

    山頂だ! 稲荷山の山名板と一等三角点補点

   標高は298.4㍍で御富士山よりも約90㍍も高いが

      駐車場の標高が高いため登った感は全くなし

P1290961.jpg

  記念碑広場の先にも展望広場や芝生広場があったが

               風も強く寒い陽気なので

       次回、春の日差しの時にでも花見を兼ねて...

         反対側の花の小径を経由して帰ります

  高原山方面は吹雪いてそうな光景が見えたが実際は?

P1290966.jpg

  今日は一等三角点を2個もゲットしちゃいました>笑<

          さくら市から那須塩原市への移動中

  風花が舞う矢板で魔女が気になるというお店でランチを

      そう、ケン坊に似合わないランチ第三弾です!
              (後日、機会があれば掲載します)



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
標高206.1㍍の山・御富士山で一等三角点(シリーズに昇格か?)
2014-01-14-Tue  CATEGORY: その他の山々
26/01/10撮影 【急に一等三角点シリーズに昇格したかのような勢い...?】


      磯山・八幡山と続いた低山一等三角点めぐり?

           この機会に一気に挑戦してみようか

      そんな企てが頭を擡げ、魔女の了解で実行に!


  そこで今回向かった先は(↓)県人ならお判りでしょうか?

      さくら市・お丸山公園のタワーが見える場所です

   その名を”御富士山(おふじやま)”という里山

P1290890.jpg

赤い鳥居(浅間神社)が目印の”御富士山”の場所が判らず

          近くで聞き取り調査をしたのに...

  地元民すら知らない御富士山であり浅間神社だった?

       今日は諦めて別の山へ行こうと戻る道で

          思いがけない光景が目の中に...

       これが探してた”浅間神社”の赤い鳥居だ

           竹林に囲まれた立派な鳥居です

P1290892.jpg

  手入れの行き届いた鳥居ですが一歩足を踏み入れたら

             いきなり道が途絶えている?

   どこを歩くのか不明だが、勘で急な斜面を登ってみる  

           P1290893.jpg

    こんな状態...とても登山道(参道)とは思えない

P1290894.jpg

       急な斜面を5~6分掛けてやっと登り切り

                なだらかになった先に

        浅間神社の本殿らしき建物が見えてきた

           P1290896.jpg

           間違いなく浅間神社の本殿でした

    コースと比較したら本殿は多少手入れされてます

P1290898.jpg

   伝説と書かれた碑がありますが意味が今ひとつ不明

          碑には

             1.浅間神社(富士山)

             1.木花咲耶姫命

             1.約八百年前

             1.中坪守護神

                     祭日 7月15日

           P1290899.jpg

            本殿の前とコチラの碑の前には

                みかんと盃が無造作に

           氏子の方が正月にあげたのかも?

P1290907.jpg

       本殿の左側が開けていて踏み跡も見られる

            取り敢えず行ってみることに...

      1分も歩かないうちに眼下にゴルフ場が見える

             ここは”セブンハンドレットC”だ

P1290900.jpg

        この後も踏み跡があるような無いような

            道なき道を1分も歩くと前方に

 紅白の棒を発見...目を凝らして周囲を見ると山名板も?

          遂に発見! 一等三角点補点です

                標高 206.1メートル

P1290902.jpg

             間髪入れず魔女が登場して

    三角点ではタッチするものと決めてのポーズ>笑<

           P1290903.jpg

         登るときは心臓バクバク状態でしたが

            下りは慎重...滑り易いんです

  所要時間は25分弱という非常に短時間の登山でした

           P1290910.jpg

         更に一等三角点への挑戦は続きます?

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
今度は標高158㍍の”八幡山”の一等三角点を
2014-01-10-Fri  CATEGORY: その他の山々
26/01/08撮影 【行くか行かないか迷ったが、磯山に背中を押されて...】


    だははは~ 今度は158.7㍍の一等三角点を紹介

        県庁北側の小高い丘が”八幡山”です

八幡山公園と呼ばれ、桜やツツジの季節は賑わいます

         先ずは、県庁東側の道路を北に向かい

     蒲生神社の脇をすり抜け(塙田)八幡宮へと...
     (八幡山の山頂へは手前の分岐を左側(スロープ)を進むのが近道)

P1290845.jpg

       ケン坊としては珍しく八幡宮にお参りもせず

        鳥居の手前を素通りし動物の檻を見学?

 あまり種類はいないが(10種前後)管理していそう>笑<

P1290846.jpg

P1290847.jpg

P1290848.jpg

    スロープ状のコースと合流地点の手前に案内表示

      展望台(一等三角点・天測点)まで20㍍とある

           P1290854.jpg

   標識に従って右手を見たら手すり付きの階段が...

              鳥居のようなものも見えます
       (鳥居を潜ると碑らしき石が折れ? 重ねてありました...)

           P1290849.jpg

            十数段の階段をゆっくりと登る

         そう”大人の階段”を登るように>笑<

    すると呆気なく”一等三角点・天測点”がありました

P1290850.jpg

    山じゃなく公園の三角点でも魔女は決めポーズを

           P1290851.jpg

      もちろん”山名板”も近くの木に括りつけられて

   八幡山は栃木百名山でも栃木の山150でもありません

          やっぱり”八幡山公園”なんですね

P1290852.jpg


【天測点とは】 ネットより

天測点とは天文測量を実施するために設けられた基準点です。 天測点自体は
測量機器の重量に耐えうる単なるコンクリート製の観測台で、四角柱や八角柱
などさまざまな形をしています。
ただし、どの点にも台上部に指標鋲、側面に銘板「第何号 天測点 地理調査所」
が取り付けられています。

天文測量を実施した目的は、三角測量で求められた位置座標を規正するため
でした。 昭和29年から5年間、天測点を利用した天文測量が一等三角点のすぐ
そばで実施されています。 全国48箇所で設置・観測がなされましたが、その後は
機器の軽量化により天測点を設置することはなくなりました。 また、天測点の
数km以上離れた真北あるいは真南には、測量機材を正確な方位に設置するため
子午線標という目印の石柱が設置されています。



因みに、八幡山の銘板記載番号は第16号で形状は四角柱




ページトップへ  トラックバック0 コメント4
標高104.8㍍の”磯山”にまさかの一等三角点?
2014-01-07-Tue  CATEGORY: その他の山々
26/01/04撮影 【思いがけない山に一等三角点がありますね~ まさか磯山に】


  我が家の無線LANが不安定でいつ接断するかヒヤヒヤ!

          昨夜から対応しててイライラしっ放し

   13時、気分転換に山へでもと思ったがさすがに遅い

         そこで真岡の”磯山”を狙ってみた

   畑の中にポツンと小高くなった丘(↓)のような山です

          事前調査なしで無謀にも即本番!

P1290777.jpg

    標高100㍍ちょっとなのでナビで近くまで行き後は...

            登り口は足と感で探すしかない

      たまたま近くに”東大島公民館”を見つけて駐車

            以前、学校だったような場所?

         二宮金次郎の像、遊具、そして名木が

           コレ(↓)は”ハナキササゲ”という
        (花の時期は5月下旬らしいので咲いた頃に見に来たい)

P1290749.jpg

          公民館から見える”磯山”ですが...

               登山口を求めて右往左往

     結果、推測で向かった左のコースが正解だった!

        山登り(道なき道)を覚悟していたのに...

山全体が”いそやま ふれあいの森”となっていた

       そして”磯山自然教育園”の看板も?
     (真岡ふたば幼稚園・真岡めばえ保育園・真岡児童館の共同運営?)

P1290752.jpg

          山方向に向かって木の階段が続く

   階段の左側は”芝スキー”ができるような芝生公園?

P1290751.jpg

        芝生公園の上から見るとこんな感じです

 間違いなく芝スキー(スピード感)が楽しめそうです>笑<

P1290755.jpg

                  芝生広場の上には

  魔女が乗ったら小ちゃな(短い)滑り台が壊れそう>笑<

P1290779

   そしてターザンロープも...(完全に園児・児童用!)

           P1290778

      さ~て遊んでないで一等三角点を探さなくちゃ

         そう 磯山には一等三角点があるという

   芝生広場から”それらしき場所”を目指し歩いて2分?

              立派な三角点がありました

 な~んだ 簡単にたどり着いちゃったので探検気分は無し

         かなりの部分が地中に埋もれてますが

             ”一等三角”の文字が見える

P1290765.jpg

    100㍍級の山ですが”山名板”が掛けてありました

         整備された山頂なれど展望は全く無し

           P1290758.jpg

              山頂で恒例のタッチの後は

       葉が落ちて明るくなっている磯山を散策...

           すると中腹に”キウイ畑?”があり

P1290762.jpg

        コースがアチコチにあり山全体が公園化?

   周辺の人たちのハイキングコースになっているのかも

P1290764.jpg

    歩き足りず磯山をアチコチのコースをハイクしてたら

                  ”爆弾三勇士之碑”

     初めて見る”爆弾三勇士の碑”に遭遇しビックリ!

   変わった名前の碑ですが何のことだか判らずお土産に

犬(ケン)も歩けば棒(坊)にあたる...新しい発見・出会い?

           P1290768.jpg

     何故か近くに異質の碑もあるが...意味不明!

        爆弾三勇士之碑(左)・顕智上人碑(中)・聖徳太子?(右)
P1290767.jpg


以下、おまけです

【栃木県の一等三角点は計13座です】

  〇一等三角点本点7ヶ所

   ①三本槍岳 ②八溝山 ③釈迦ヶ岳 ④男体山 

   ⑤松倉山 ⑥八幡山 ⑦晃石山
  
  〇一等三角点補点6ヶ所

   ⑧稲荷山 ⑨早乙女 ⑩羽賀場山 ⑪袈裟丸山 

   ⑫大鳥屋山 ⑬磯山




【爆弾三勇士之碑とは】 ネットより

爆弾三勇士(ばくだんさんゆうし)とは、上海事変中の1932年(昭和7年)2月22日、
蒋介石率いる19路軍の築いた鉄条網に突撃路を築くため、点火した破壊筒をもって
敵陣に突入爆破し、自らも爆死した歩兵第24旅団(久留米)の工兵、江下武二、北川
丞、作江伊之助の一等兵三名のことを指す。

戦死後それぞれ二階級特進、陸軍伍長となる。壮烈無比の勇士としてその武功を称
えられ、映画や歌にもされ、陸軍はじまって以来ともいわれる弔慰金が集まった。

しかし、戦後になって、実際には、導火線の長さ、あるいは導火線の種類にミスが
あったため、帰還に失敗した事故を美談に仕立てたものである、とする説も出ている。
(百科事典による)



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
裏側から登る真岡の根本山(花編&ハイク編)
2013-08-03-Sat  CATEGORY: その他の山々
25/07/26撮影 【東大芦川ハイクで予想以上の満足感! 2匹目の泥鰌を求めて】


 先日の”大芦渓谷ハイク”に気を良くし2匹目のどじょうを!

        今回は”真岡の根本山”を裏側から

今度は渓谷ではなく”田園風景”を楽しみながらハイクします



     先ずは真岡線の北山駅前広場?に無断駐車!

P1230731.jpg

     北山駅から”根本山山頂”まで3㌔くらいかな?

P1230732.jpg

      先ずは駅前から田畑の中を歩き出します...

           スタートから道を間違ったお陰で?

   珍しい花を見ることに...折角なので花編から掲載!


あずき(小豆)の花と実...花が開いて無いのが残念!
P1230736.jpg


コレ↓ ゴマ(胡麻)の花です...久々に見ました
P1230738.jpg


昔ながらの”ツユクサ”を後ろから...シベの形がユニーク
P1230742.jpg


民家近くに”ヤブミョウガ”が咲いてました
P1230743.jpg


畑の一角に咲いていた”ヤマユリ”(散り始めてる~)
P1230748.jpg


同じ場所に咲いていた”ササユリ”か?
P1230751.jpg


         熱い夏を象徴するような花”トリトマ”?
           P1230754.jpg


”フヨウ”(西洋フヨウと米国フヨウの違いが判らん)
P1230755.jpg


コレはどっち?
P1230758.jpg


花編の最後は”オクラの花”で...
P1230761.jpg



        さて、次は根本山へのハイク編ですが...


         北山駅から歩いて5分もすると田園の中

    前方の山に鉄塔が見える...あの山が根本山です

      前回と違って”熊”の心配はありませんが>笑<

          木陰が無いので熱中症が心配です...

P1230744.jpg

              花を愛でながら撮りながら

        前方に見える瑞光寺まで歩くこと30数分

    ようやく”田園ハイク”から”山ハイク”に変わります 

P1230762.jpg

   瑞光寺から先は田園風景から林道風景に一変します

            ダラダラ登り ややキツメの登り

  全区間とも舗装道路なので山歩き感覚とは異なりますが

P1230768.jpg

         そして山頂手前には電波塔があります

             ところで山頂って何処だろう?

    何度か来ているが”山頂”の表示を見たことが無い

         今回も山頂が目的じゃないのでパス!

           P1230769.jpg

          電波塔の下に咲いていたコマツナギ

P1230771.jpg

        ピークは過ぎたもののヤマユリがアチコチに

P1230777.jpg

       そして紅葉の定番スポットの芝生広場ですが

             さすがに紅葉には早いです!

P1230779.jpg
*去年の紅葉(24/11写)
P1140976.jpg

     その奥にも白いヤマユリが...目の保養です!

P1230780.jpg

   この花は何? 何処かで見たことがあるんですが...

      *8/3判明 ”クサギ”の蕾です :長さんありがとうございました

P1230789.jpg

       この花(↑)の全体像...がコチラです

P1230790.jpg


       根本山の花編&ハイク編は以上で終了です

          次回はどこに出没するかな?>笑<

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
健康的登山でお馴染の”岩崎元朗さんの登山健康講座”に顔出し!
2013-03-01-Fri  CATEGORY: その他の山々
25/02/24撮影 【講演者に恥かかさないため動員? 実際は盛況で会場は満席...】


   アチコチに”ハイキングクラブ”が設立されているが

  今夜は宇都宮ハイキングクラブが主催した
        (ケン坊は会員ではありません。無所属です>笑<)

      『岩崎元朗さんの健康登山講座』


         魔女の悪友達(会員)に声をかけられ

 ケン坊達も”枯れ木も山の賑わい”の一人で参加




【岩崎元朗氏のプロフィール】 チラシより

1945年東京生まれ。
ニルギリ南峰登山隊等参加の後に登山学校”無名山塾”を設立、NHK番組の
「中高年の登山学」に出演。
最新刊『山で失敗しない10の鉄則』他、『山登り作法』、『山で困ったときの
テクニック』、『ぼくの新日本百名山』など著書も多数。


P1180278.jpg

        歩いて健康!  登って元気!

      いよいよ講演開始...司会者も緊張気味です
              (司会者は魔女の悪友のご主人です)

P1180267.jpg

       参加者も中高年? いや高年だけかも...

      もちろん、ケン坊たちも間違いなく高年です!
           (言われる前に自ら宣言しておきます>笑<)

P1180265.jpg

             さて、岩崎元朗氏の講演...

      何と身長148㎝(40㌔台)と非常に小柄です
        (TVなんかで見たときも小さいと思ってたが、ここまで?)

           演台に隠れてしまうと言いながら

      横に出て講演する姿に会場は大爆笑でした

P1180270.jpg

       45分に渡って自分の経験をもとにした話

  笑いを織り交ぜてのスピーチは講演慣れ?してますね




          第二部は栃木の山人との座談会...

 岩崎氏の巧みなコーディネートに他のメンバーもタジタジ

    9月に”栃木の山150”が発刊されるという情報に

      発刊記念の登山でも企画したらと逆提案され

しかも自分の日程から12月が良い?なんて言われちゃった

  ハイキングクラブ会長も前向きに検討することに...

P1180272.jpg

                 最後は抽選会...

      アンケートに答えればという条件付きですが

      ここでもケン坊は無視された(やはり今年はダメか?)

P1180275.jpg

    そしてついにそのときが...キタ~?

               ”キタ~”のは魔女です

               当たったことは嬉しいが

     宿泊ツアー参加時の優待券5000円でした...

      多分、利用しない?から無駄な当たりくじか?

P1180277.jpg


最後に”岩崎元朗さんの安心登山の10ヶ条”を...
(カッコ内の表現は抜粋かつ簡略化してあります)

1.家族の理解を得ておく(ウソをついて家を出ない。家族も山好きに...)

2.装備、服装を整えておく(近郊の低山だといってGパンやスニーカーはダメ)

3.体力を養成しておく(体力あっての安全登山。日常トレーニングの積み重ね)

4.技術を習得しておく(天ハ自ラ助クル者ヲ助ク)

5.知識を蓄えておく(沢は上流からみて右が右岸、左が左岸という。登山用語も)

6.計画は万全にしておく(旅は行き当たりばったりが楽しい、山は計画的に)

7.良い仲間を育成しておく(山登りの楽しさは良い仲間に恵まれてこそ味わえる)

8.リーダーシップを発揮する(緊張も善玉と悪玉。善玉緊張はボケ防止の特効薬)

9.メンバーシップを発揮する(メンバーシップとはリーダーをフォローできること)

10.山岳保険に加入しておく(うちの子に限って。明日はわが身かも知れない)



ページトップへ  トラックバック0 コメント15
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.