ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
宇都宮・羽黒山のロウバイは見頃です
2016-01-18-Mon  CATEGORY: 花紀行(ロウバイの名所)
28/01/16撮影 【冬将軍が近くにきているので雪の降る前に...後追いです】


あぁ 里山限定と言っても、どこか山歩き出来る所ないかな~

年内には、雨巻山も三毳山も大小山も...

そして年明けてから、古賀志山も大平山も筑波山も登ったし

すると魔女から”羽黒山だったら付き会うよ”と声がかかる

※道路を挟んで鳥居反対側に数台分? Pではありませんが...
P1540133.jpg

う~ん 羽黒山じゃロウバイだよね  

リンゴさんの素晴らしい写真を見ちゃった後だけにな~ 

”ケン坊 迷っちゃう”と言いながら準備する>笑<

栃木の山150を見ても、この時期に登れる山は限られてる

風もなく暖かいので、駐車台数も何時になく多い?

P1540135.jpg

世間話をしながら歩いているうちに20分で車道に

後はこの”カラッソ坂”を登り切ればロウバイが待つ展望台だ

P1540136.jpg
※カラッソ坂の案内板
P1540155.jpg

駐車場じゃなかった...空き地から約30分弱で

条件が整えばスカイツリーが見えるロウバイの香る展望台に

この先は”何方かのブログ”で見た光景ばかり>笑<

※今日は条件が整わず筑波山さえ見えず(晴れているんですが)
P1540139.jpg

※満月蝋梅みたい?
P1540142.jpg

※素心蝋梅?  それとも満月蝋梅?
P1540141.jpg

※基本種?  知ってる名前を適当に並べただけ>笑<
P1540146.jpg
※羽黒山神社三の鳥居
P1540150.jpg
※羽黒山神社
P1540151.jpg
※日光連山
P1540153.jpg
※無名の祠
P1540157.jpg
※だいだら坊の岩
P1540162.jpg

だいだら坊の岩から200㍍も下ったら車道へ

ここが”だいだら坊の岩”と”祠”への正規の参道のようです

P1540164.jpg

参道入口から1.1㌔の車道歩き...空き地までだと約2㌔

車道歩きよりも山道を歩きたかったと魔女からの一言

”だいだら坊の岩”からユッピーの森へ向かえば良かったか?

P1540165.jpg

1時少し回り...お昼は”ゆるりや”が良いという魔女の要望

1:30、店は”営業中”だが新たには入れない状態に...

結局はいつもの”めん小町”でお昼となってしまった>苦<

P1540166.jpg

コレで(↑)500円は安いので懐には優しかったが...

ネタ的には取り上げられませんね>苦<




さて、2/3の羽黒神社”ろうばいまつり”まで待っててくれる?

           P1540134.jpg




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
もう蝋梅が咲き出した...ケン坊は狼狽してカシャ>笑<
2015-12-25-Fri  CATEGORY: 花紀行(ロウバイの名所)
27/12/23撮影 【水曜日が休日だと身体が楽ですね~ 気分的にも...】


今年は春先から花の開花が平年よりも早い現象があったが

いつもは年明けに見かける”ロウバイ”を見て狼狽(*_*)

P1530685.jpg

通常は葉を落とした状態で咲くのに

このロウバイは葉を付けたまま咲く種類なのかな?

P1530688.jpg

ロウバイのあの香りがケン坊の鼻をくすぐります...

P1530689.jpg

来年の花便りも今年と同じように早いのかな?

今年は”紅白ヤシオ”は完全に観賞時期を見失ったが...

P1530690.jpg

今年の花レポは”ロウバイ”で打ち上げです...また来年!


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
甘くフルーティーな”ロウバイの香り”の誘惑に負けて...
2015-01-19-Mon  CATEGORY: 花紀行(ロウバイの名所)
27/01/18撮影 【羽黒山のロウバイは5~60本と言われ、多くはありませんが...】


 フルーティで甘い香りに誘われ午後になって慌てて参戦だ!

     今年は”羽黒山のロウバイ”から情報発信

 県内最大? ”粟野・蝋梅の里”は他のブロガーさんに一任

*羽黒神社本殿と昨年11月の梵天祭りで奉納された梵天
P1430640.jpg

    折角だから羽黒山頂まで歩こうという案もあったが

        午後2時半になってたので車で山頂へ...

 ドアを開けると”フルーティな甘い香り”が全身を覆ってきた

P1430648.jpg

       以下、写真の羅列となってしまいますが...

P1430631.jpg

P1430611.jpg

P1430612.jpg

P1430622.jpg

   ロウバイの花に混じってぶら下がっている黒いモノは

        ロウバイの実で、この時期はカラカラ状態
             (大きさは3~4㌢くらいでしょうか?)

  ケン坊的には自然と実が落果してくれれば良いなと...

P1430626.jpg

           逆光状態で撮ったロウバイですが...

P1430632.jpg

     家の近くで見たときは真っ白な日光連山でしたが

        1時間経過し太陽の位置がずれたため?

  陽射しを受ける山自身が作る陰で雪の白さがイマイチに

P1430616.jpg

      先日登った筑波山もやや霞んでしまっているが

P1430633.jpg

  まるで黄色い雪が青空から降ってくるような錯覚に...

        それはオーバー? オーバーでしょうね!

P1430628.jpg

    まだまだ蕾も多く暫くはロウバイの主役が続くかも


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
情報! 大平・清水寺(せいすいじ)の”蝋梅”が見頃を迎えた?
2014-01-22-Wed  CATEGORY: 花紀行(ロウバイの名所)
26/01/20撮影 【旬モノに乗り遅れまいと出かけた先は大平山麓の清水寺...】


   みなさんのブログで”ロウバイ”が見られる季節に

ケン坊も遅れまいと(既に出遅れですが)様子を見てきました

    数年前から敷地の一部にロウバイを植樹したのは

      大平山麓の”清水寺(せいすいじ)”です

           P1300279.jpg

     やや大きめのロウバイは総じて5分咲きかな?

P1300262.jpg

               やや若いロウバイですが

    去年のロウバイの(黒い)実がそのまま残ってて

               少し見栄えは劣りますが

           P1300258.jpg

ひとつの花をアップで捉えてみましたが...イマイチでした

P1300248.jpg

        観音堂へと続く階段の両側にロウバイが

P1300267.jpg

             その中の一本にこんな光景が

         敢えて写真を掲載することも無いですが

             一番下の花の先端に蜂の巣?

P1300270.jpg

         まだまだロウバイの木は低い(若い)が

            花数が多く結構花見ができます

P1300293.jpg

              逆光気味に撮ってみました

                 意外に良かったです

P1300295.jpg

         淡い黄色のロウバイが青空に映えます

P1300260.jpg


          清水寺はロウバイだけではありません

   スイセンも咲きます...今年はまだ咲き始めですが

P1300251.jpg

         可愛いらしい花を見ることができました

P1300252.jpg

   種類は何だか分かりませんが、先日TVで放映してた

             ニホンスイセンに似てます...

P1300300.jpg


      なお清水寺については後日の報告とします...

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
情報! 清水寺のロウバイとスイセンの見頃は?
2012-01-19-Thu  CATEGORY: 花紀行(ロウバイの名所)
24/01/14撮影【ここ数年、花の咲き具合が気になり...毎年のように足が向きます】


        晃石神社から馬不入山へと思ったが

 強烈な風に遮られ”花の清水寺”へ向うことに



清水寺は晃石神社の鳥居から一気に下るコース

コースの三分の二はゴロゴロした岩と石で歩き辛い

それでも3~40分も歩くと見慣れた風景に出会う

P1030077.jpg

清水寺の”ロウバイ”もようやく大きくなり

見栄えも香りも充分に...

もう立派に一人前(早いか?)...感じがする

P1030067.jpg

日当たりの良い場所では6~7分咲き

日陰でも3~4分? でも香りは負けてません...

P1030068.jpg

中にはこんな黒ずんだ”ロウバイの実”が付いて

無粋な感じもするが、これもロウバイの一部です>笑<

P1030071.jpg



清水寺のもうひとつの花は”スイセン”です

スイセンは派手さはありませんが、一斉に咲くと

見応えある光景に! 例年1月に訪ねてしまうので

満開状態は見られませんが...多分~ 綺麗かと

P1030075.jpg

今年は咲き方が少し遅い? まだ2~3分かな~

P1030081.jpg
ページトップへ  トラックバック0
今年も”上粟野の蝋梅の里”から情報発信...
2012-01-06-Fri  CATEGORY: 花紀行(ロウバイの名所)
24/01/05撮影【ケン坊主観の情報ですので...2月に入れば原種も見られるかも?】


鹿沼市上粟野へ

   今年も”蝋梅の里”がケン坊を呼んでいる



  ”蝋梅の里”が有料になって5~6年経つかな?

P1020561.jpg

 早いと思ったが蝋梅情報が賑わってきたので...

 居ても立っても...あぁ~来ちゃいました(300円です)

P1020514.jpg


ここの”ろう梅の里”は何が良いかと言うと、日本に

3本しかないという”基本種”が3本ともあるから...


 でも、ケン坊には正直言って区別はできませんが

限定とか希少価値とかの文字(言葉)に弱いんです
           (今日、基本種に数個の花が咲いているという)

        さぁ~ 今年も早速入園してみます


先ずは入口の写真で確認です。基本種と原種!

P1020513.jpg

↓ 基本種です

  :花の中央部が一重だけ赤くなっています
   →そう言われれば赤味を帯びてます?
P1020539.jpg

↓ 満月蝋梅かな

  :素心より花の色が濃いとのことです
   →並べると確かに違いが判ります
P1020523.jpg

↓ 素心蝋梅だと思う

  :一般的にロウバイといえば...素心かな
   →残念だが素心と満月はほとんど見分けられず

P1020526.jpg



    園内は約4000㎡、約600本の蝋梅がある

  陽射しのある高台は3~4分咲き(甘いかな?)

P1020530.jpg

↓ これも満月蝋梅と思いますが...

P1020531.jpg



  ここでは園の人が説明してくれます(無料)...


蝋細工のような梅の花に似た花を咲かせるという説と、原産地の中国では12月を蝋月と

言い、その月に咲く花で梅に似た花であるという説...も。


今回は開花状況が早かったため? 蝋梅の咲く枝を

1本戴きました。小さい花ながらも蝋梅の強い香りが

    車中の加齢臭を追い払ってくれました>笑<
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
羽黒山の蝋梅の開花状況です(上河内町)
2011-01-23-Sun  CATEGORY: 花紀行(ロウバイの名所)
【蝋梅は1週間早かったかな~ やはり節分の頃が良いかも...】1/21

羽黒山ロウバイの見頃は”節の頃かも


折角なので、雪の羽黒山神社へお参りに行ってきましたので、情報をお届けしましょう。
【羽黒山】ネットから
稲倉魂命(うがのみたまのみこと)を祀る羽黒山神社は、多くの信者から長年にわたって
崇敬されています。

創建については諸説ありますが、康平年中(1058年~1065年)に藤原宗円が宇都宮城
の築城に際し、祈祷修法中に出羽三山との関連を意識し勧請されたものとされています。


↓ 相変わらず”鮮やかな朱塗りの鳥居”が迎えてくれました。
画像 513

↓ 拝殿です。本殿はこの裏側になります。
画像 527

↓ 去年11月の梵天祭りに奉納された”梵天”が立てかけられていました。
   今年の11月まで?飾られているようです。
画像 521

↓ この富士見の穴から覗くと”富士山”が...今日が残念でした。
   実際には、もう少し角度を上げて覗かないとダメでしゅ~
画像 530

↓ もちろん富士山だけではありません。
   日光連山は穴からじゃなくても普通に見えます>笑<
画像 528

↓ アチコチからロウバイの花便りが聞こえてきたので、羽黒山の情報も流そうかなって
   思って来て見ましたが...1週間程度早かったようです。蕾が多いので今年は綺麗?
画像 538

↓ まだ1分咲き程度です。2/5に”節分祭り”と”ロウバイまつり”が開催とのこと
画像 539

↓ いつも上河内町の県道を走っていて、この植木文字をみてますが...
   宇都宮水道局の施設だと思うんですが...中を一度も見たことがないので、
   今回、思い切って見学させてもらおうと向ってみましたが...
画像 544

↓ 一般の方は立ち入り禁止という表示板がありました。
   市民(利用者)なんだから、場所くらいは見せてくれても良いんじゃないの? ケチ!
画像 545
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
梵天まつり  風景2
2009-11-27-Fri  CATEGORY: 花紀行(ロウバイの名所)
【もう一つの梵天まつり・・・大賑わい】
11月23日(祝):

そして梵天まつりの会場となる旧:上河内町は「ゆずの里」なんです。このチャンスを逃すまいと、民家の庭先には「一袋、粒揃いは500円、不揃いは300円」の柚子が並べられたり吊るされたり。俄か露天商が庭先で店開き・・・余計に賑わいを煽っている感じがする。

どの家にも柚子の木が植えられていて、大きな黄色い実が・・・アチコチに。摘んでも摘んでも減らないといった感じだ。

画像 822
↑ 柚子の大木。一本でどのくらい実をつけるのだろう?
画像 728
↑ 会場から少し離れた家でも、この梵天まつり見物人を当て込んで、少しでも小遣い稼ぎ?
   軒先の物干し竿にネットに入れた柚子をぶら下げ一ネット500円なり~とは長閑だね~
画像 752
↑ 少し道が広がった場所では「軽トラ」に柚子を載せて・・・段ボールには手書きで値札を

今里地内の目抜き通り(何処に目抜き通りがあるの?)を練り歩く。道路の両側は露天商が所狭しと店を並べ、柑橘系の植木もイヤ~と言うほど並べられていた。
まさか羽黒山神社まで出店するとは・・・なんと商魂逞しいと思ったが、山頂まで歩けない人のためという「優しい」配慮のようでした。
画像 742
↑ 普段は車がすれ違うのがやっと。両側を露天商が並ぶので歩行者の肩と肩がぶつかる・・・
画像 748
↑ 山頂へ行けない人のために「羽黒山神社」が里に降りてきました~>笑<・・・
画像 749
↑ 露天商と同列。公民館の駐車場?を借りて「御札に御守り」を売る巫女さん ご利益は?
画像 759
↑ これ、蝋梅の実です。梅干が乾燥したような感じです。梅干にはならないのかな?
DSCN2528.jpg
↑ これは今年2月に見た羽黒山の蝋梅です
画像 776
↑ この行列は何? 訳も判らず並んだがどうせ数が足りないと思って一度は離脱した・・・
画像 777
↑ 駆り出されたお嬢さんたち? つきたての餅を千切っては黄な粉にまぶしてハイどうぞ・・・
画像 789
↑ ケン坊がゲットした「きなこ餅」。何人ですかの声に思わず二人! 4個も入っていた。
   今日はケン坊単独行動、つい癖で2人です~と言っちゃった。昼食代が浮きました>笑<
画像 766
↑ 最近のイベントに必ずといって良いほど「○○太鼓保存会」が和太鼓を叩く姿が多く見られる
   今回は宇都宮にある「柿の木幼稚園」の保護者(女性だけ)が出演です
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.