ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
あしかがフラワーパークのイルミネーションも最後の夜を迎えた
2014-01-27-Mon  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
26/01/25撮影 【26日(日)がイルミの最終日 魔女に見せたくて山とセットに】


   あしかがフラワーパークは昨年末に孫たちと訪問済

         あのイルミを一度は魔女に見せたくて

 今回、県南の山歩きとセットで尋ねることを企画してみた

”あしかがフラワーパークイルミネーション”
         (県南の山歩きは後日タイミングを見て報告します)


        イルミはXmas前後が混雑すると思ってた

今夜はゆっくりと魔女と夜の散策を楽しもうと思っていたのに

           最後の土日に暖かさが後押しして

凄い人出で駐車場も混雑、西ゲート手前へ駐車するハメに!

P1300446.jpg

    イルミネーションだけなら夜の帳が降りてからだが

            折角なので少し早めに到着して

      風物詩の”冬牡丹の雪囲い”を見てきた

           P1300448.jpg

           P1300450.jpg

           P1300444.jpg

           P1300460.jpg

      そしてイルミネーションは26日が最終日です

   ここのイルミネーションは人気度は2位にランクイン

         1月なので”正月モード”が多く見られた

P1300465.jpg

           P1300467.jpg

               ”みんなの地球号エリア”

P1300488.jpg

         離れた池に映る”レインボーマジック”

           P1300461.jpg

                   ”光のピラミッド”

P1300469.jpg

                    ”星降る滝”

           P1300482.jpg

          遠くから見る”きばな藤のトンネル”

P1300476.jpg

              日本の四季”こころの故郷”

P1300472.jpg



                  少し早い夕飯を...

    イルミネーションを見る前に腹ごしらえをしました

          園内のある”ウェステリア”で軽く?

P1300456.jpg

P1300459.jpg

     予想外の人出でしたが最後の夜を楽しみました
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
あしかがフラワーパーク・裏方さんの苦労に日の目を!
2013-02-04-Mon  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
25/01/29撮影 【イベントで喝采を浴びるのは陰で支える裏方さんのお陰です!】


        関東三大イルミネーションに認定された

           あしかがフラワーパーク

  関東最大級180万球イルミネーションは圧巻


  そのフラワーパークで目にした光景に思わず釘付け?

       昨年10月末から来園した方を癒してくれた

 イルミネーション”光の花の庭”は1月27日が最終日

       何事も”始まりがあって終わり”が訪れます

           P1170417.jpg

              こんなイルミネーションも

P1170428.jpg

              あんなイルミネーションも

P1170399.jpg




   多くの来園客で賑わいを見せていた冬の夜の調べ

     催しが済んだ2日後には早くも撤去作業が...

P1170430.jpg

   こんな場所でも作業員の方が...藤の季節に向けて

           P1170440.jpg

 さすがに池の中は寒そうです...風も冷たく>ブルッ!<

P1170431.jpg

    さつきやツツジにもイルミネーションは飾られてた

P1170435.jpg

              近所のパートさんでしょうか

    花芽を傷めないように注意してコードを外してます

  ”ご苦労様”って声をかけたら”ありがと”だって

P1170437.jpg

     場所によっても電気コードの量は違うでしょうが

              大体がこんな感じだった?

P1170433.jpg

   次回のために回収した場所を箱に記入し保管へ...

         イベントの前後は作業が大変ですね!

   お客様に喜ばれるイベントの裏側では

       見えないご苦労があるんです!

          みなさん ご苦労様でした

P1170436.jpg


           最後はまたまたロウバイの花です

P1170441.jpg

P1170424.jpg




  あしかがフラワーパークのイルミ
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
情報! あしかがフラワーパークの”雪囲い冬牡丹”は旬です
2013-02-02-Sat  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
25/01/29撮影 【最初は迷ったが...寄り道して良かった 雪ん子に逢えたし!】



   一月中に巡ってみたいと思って出かけた足利ですが
           (目的の内容については後日報告します?)

帰り久し振りに”あしかがフラワーパーク”へ寄り道

        もちろん花は端境期なのは知ってるが...

    今回は”雪囲いした冬牡丹”が唯一の目的!

           P1170412.jpg

              雪囲いの姿を見ると何故か

    東北の子供の”雪ん子”を連想しちゃうケン坊

 可愛いらしい雪囲いの冬牡丹が園内に鏤められてます!

P1170446.jpg

P1170401.jpg

        消し忘れたイルミネーション(ライトアップ?)

           P1170421.jpg

         水上(何ヶ所かの池)に浮かぶ冬牡丹

P1170422.jpg

     数年前(に見た時)よりも花がしっかりしてます

P1170413.jpg

        寒さの中でいまが盛りと咲き誇る冬牡丹

P1170390.jpg

          白い冬牡丹も清楚で目を奪われます

           P1170391.jpg

         ばっさりと切った前髪のような冬囲い?

P1170388.jpg




     ついでですが...ロウバイが見頃を迎えてます

         やはり足利は宇都宮と違って暖かい?

*飛翔するロウバイ
P1170411.jpg

*日の光を浴びるロウバイ
P1170408.jpg

*アップに必死に耐えるロウバイ
P1170443.jpg

入園料:時期によって異なりますが

 大人300円(200円引の再来園割引券付)

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
間もなく花盛りの春を迎えます...なぜか今年は素直に喜べない
2011-03-15-Tue  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
【足利の花たちです...西渓園の帰りにフラワーパークへ立ち寄り】3/10

 地震の被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます

   亡くなられた方々には衷心よりお悔やみを申し上げます


            多少の慰めにでもなれば...見慣れた花を掲載します


見慣れたご存知の花ばかりなので説明なしです...

画像 201
画像 202


画像 199
画像 200


画像 197
画像 183


画像 191
画像 190


画像 188
画像 189


画像 192
画像 193

今日まで、コメントは閉じさせていただきました。
ページトップへ  トラックバック0
西渓園の観梅はピーク越え(in足利)
2011-03-13-Sun  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
【東北地方太平洋沖地震と命名された大地震の爪痕が映像に流れてますが...】3/10

 地震の被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます

         高波の怖さをまざまざと見せ付けられました

           災難は突然に...常に準備って難しい

                こんなときにブログは心苦しいですが...


梅の名所 西渓園・白梅が煙のようにたなびく

いつもは金曜日を休みの指定席としておりましたが、同僚の休みとの関係で木曜日に...
休み慣れていない木曜日。どこへ行きましょ...

思い出したように車が向った先は”足利の梅の名所である西渓園”だった。ちょっと遅いかも
知れないと思いつつも...


↓ 織姫神社境内の上にある駐車場から足利市内を展望。真ん中に”わたらせ橋”が見える。
画像 120

↓ 両崖山から見る”西渓園”。白梅がまるで白雲たなびくという雰囲気ですが...
画像 128
画像 142

↓ 帰路は西渓園の中を歩いて...まさに観梅です。
   西渓園の梅の枝振りというか、同じように丁寧に剪定された梅の幹です。
画像 146

↓ 青空をバックに見頃を迎えた白梅。
画像 148

↓ 梅の花数が多く、雲海のように咲き誇ってます。
画像 149

↓ ちょっとアップで...
画像 145
画像 150

↓ 奥に見える山は、先ほど登ってきた”両崖山”です。
画像 159

↓ 西渓園の入口(中学校側)です。
画像 160

ページトップへ  トラックバック0
30万本?の”アメジストセージ”が満開に(in足利市)
2010-10-21-Thu  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
【アメジストセージの花が30万本(約2万株)。一面がむらさき一色に】10/16

ブレックスの敗戦で気分もかなり落ち込んだが、気分転換に

フラワーパークを覗いて見ようと”寄り道”です...

それでも@600(実質400円)の入場料なので、それなりに

見られる状態なのか? と、淡い期待を持って入園です。
画像 029

一面が紫の花で覆われている感じ。遠目では紫のサルビア

にも見えましたが、最近見かける”アメジストセージ”でした。
画像 064

園内に約30万本が咲き乱れ、いよいよ満開の時期を迎える。

見頃は25日の周らしいですが、11月中旬までOKです。
画像 041

セージの仲間はアチコチで見かけますが、”サルビア属”と知

って納得の花です。

蜘蛛も生きるためには、安心できる場所、獲物の獲れる場所と

いうことで、自分に合った場所に生活拠点を設けるんですね。
画像 036

この花は初めて見るような気がします。蕾のように見える塊

から、一枚また一枚と花弁が剥がれるようになり、その間か

らサルビアの花のような花が咲き出します。多分、セージの

一種なんでしょうね。
画像 037

そして、園内のいたるところに咲いている ↓ この花。

名前を知っていたつもりでしたが、思い出せない。

以前、何かで知って覚えていたのに加齢のせいなのか?

園内のパンフを見ても載っていません。

↓ランタナでした(長さん、ありがとうございます)
画像 063

まだ花が咲いている”スイレン池”を囲むように植え込み

されている”アメジストセージ”とのコラボ。
画像 044

オオオニバスは既にピークを過ぎてますが、辛うじて大きな

花が咲き残ってました。蕾もまだまだありますが...
画像 045

熱帯性スイレンもシーズンは終わっていると思いましたが、

未だ咲いてました。

花の数はさすがに減ってますが未だ見られます。水面に写る

自分の姿を誇らしげにしているような気がして思わずパチリ
画像 066

園内は”アメジストセージ”に乗っ取られている感があるが、

やはり日本人の心の奥には、秋はやっぱり”コスモス”。

こんな光景を見ると何となくホッとします。一面のコスモス

という場所はありませんでしたが、点在って感じです。
画像 049

初夏には”きばな藤”のトンネルでしたが、いまは足元には

コスモスが咲いてます。

そしてトンネルの枠には数え切れない”発光ダイオード”が

付けられ、”フラワーファンタジー”を迎えようと準備万端。

なお、フラワーファンタジーは、10/30~1/23です。
画像 058

園内には、いたるところで”クリスマスモード”に模様替え

を始めてました。これもフラワーファンタジーの一環です。
画像 040
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
オオオニバス・緑の大皿です(inあしかがフワーパーク)
2010-08-30-Mon  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
【花は夜に開花するようで...朝10時前なら見られるかも】8/27

水上に浮かぶ大きな葉の舟は”オオオニバス”です。

今年の残暑はまだまだ続くらしい。2ヶ月の長期予報(9~10月)でも平年より高めとか。
夏だから暑いのは我慢できるが、暑すぎると人間だけでなく、野菜などの植物も悲鳴をあげ
たくなっちゃう。

本気なのかゼスチャーなのか判りませんが、屋外に業務用のような扇風機が、何台も植物に
向けて風を送っている光景が???  例えば ↓ こんな感じです。
もちろん焼け石に水ですよね~。見物客のほうではなく完全に植物に向けて...

画像 024
↑ あの大藤にも扇風機が3台ありました。そのうちの1台ですが回ってます。

でも暫らくして判明? 多分想像ですが、この扇風機は作業員のためのものではないかと。
たしかに、アチコチで作業員が剪定などの手入れをしていました。

扇風機にあたっている人はいませんでしたが...時々、風を受けにくるのではないかな~。
それなら判るような気がします。何てことはない聞けば済んだのですが。

推測で申し訳ありませんが作業員のための扇風機と断定します。


今日は、大きな葉(丁度、お皿でも浮かべたような形)で知られるオオオニバスを見るため
に足利まできてます。ここでも事前調査が不十分だったことが...

オオオニバスの花は夜に開花するとのこと。したがって、昼間に花を見るのはダメらしい。
朝は、せいぜい10時までが限界らしい。できれば開園直後くらいの時間だったら見られる
らしいのだが(この日、ケン坊が到着したのは11時過ぎでした)...。

今回のブログは、そんな訳で葉の舟だけですが、雰囲気だけを味わってください。


画像 009
↑ 真ん中辺に蕾が見えますが...判りますか? 
   手前のはなは、スイレンですので違います。
画像 020
↑ 葉を開きはじめたところですね。

画像 021
↑ 葉脈が透けてみえますが...子供(30㌔)が乗っても大丈夫とか
   イベントで子供を乗せるらしいですが、どんな感じなんでしょうか、ゴムボート?

画像 022
↑ 今夜開く花なのか、閉じた花なのかは判りませんが、辛うじて花の片鱗らしきものが
   残念でしたね~ あと1時間早ければ見られたかもです。


【うんちく】同園のHPより

南米原産のオオオニバスが直径約1㍍に成長した緑色の葉を広げます。 オオオニバスは
スイレン科で、夜に白とピンク色の花を咲かせる。同園は池と2カ所の水槽で5株栽培。
約1㍍を超えた葉は30㌔程度の重さまで耐えられるといいます。

今年のような暑さを喜んでいる植物が熱帯性スイレンとオオオニバスです。暑さと共に
葉や花を大きくして美しさを増していきます。共に水の中の植物です。

熱帯性スイレンの中には、夜にならないと開花しない品種もあります。オオオニバスの
花は夜遅い時間にならないと開花しませんし、朝の10時から11時頃に花を閉じてしまい
ますので、朝一番の開園時にお出かけくだされば美しい開花をご覧いただけます。
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
熱帯スイレンも見事に開花(inあしかがフラワーパーク)
2010-08-30-Mon  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
【情報ブログにつき写真だけです(コメなし)】8/27

あしかがフラワーパークの”熱帯スイレン”が見事に咲いています。
暑いのが好きということですが、去年より数は少ないような気もしなくもないですが、
咲いている花は綺麗です。

まだ充分に見られますので、暑い中ですが熱中症には充分ご注意のうえご来園してね。


画像 027

画像 001

画像 004

画像 003

画像 005

画像 026

画像 030

画像 038


ページトップへ  トラックバック0
あしかがの大藤を支える脇役たち(inフラワーパーク)
2010-05-11-Tue  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
【主役を引き立てる花も素晴らしい。珍しいものを発見しましたので掲載しました】5/9

何時の世も、どこの世界にも主役がいれば脇役が。生まれる場所や生まれるタイミングが違えば主役のはずの花々も、フラワーパークにこの時期に生まれたばかりに脇役になってしまって・・・

ツツジもシャクヤクも充分に単独で主役になり得る花たちです。そういう目で見てやってください。

画像 547
↑ 西方を眺める。遠くに”栗田美術館”が見えます。中段は大藤です。手前はツツジです。
画像 527
↑ プランターに入ったペチニアです。
画像 528
↑ 大きな鉢に植えられて池に配置された”ルピナス”(通称:昇り藤)。
画像 542
↑ 真っ赤なツツジと真っ白は藤のコラボです。
画像 553
↑ ツツジにも山や空とのコラボだってありますが・・・
画像 565
↑ 藤のブログから選に漏れてしまった藤。半球形のステージ型に藤を咲かせて・・・

画像 533
↑ シャクナゲも負けじと咲き誇ってましたので・・・
画像 534
画像 544
画像 566



【偶然見つけました】:ギンヤンマ? オニヤンマ? トンボが羽化して飛び立とうと・・・

改めて”ヤンマ”の大きさにビックリです。このヤゴ(”ヤンマの子”が短縮されてヤゴというらしい)に、長い胴や尻尾や羽が納まっているなんて・・・

画像 517
↑ 大きな頭と長い胴体と尻尾が抜け出て
   帰る前にもう一度戻って見たら同じ。残念!飛び立つ瞬間が見られるかなと思ったのに。
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
あしかがフラワーパーク
2010-05-10-Mon  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
【今日はGWですか?  天気も良く、朝から延々と渋滞が足利市を襲いました】5/9

画像 558

今年は天候不順で「あしかがフラワーパークの大藤」の開花が遅れ、今週末の土日がピークであるとの予想もあって、車の渋滞や会場の混雑は百も承知で出かけた。(半額のチケットを入手したので思い切って・・・)

案の定、道路は会場から4~5㌔手前から渋滞開始。ケン坊は293号を田沼から旧50号に入り、足利市の北部を迂回して入ったので思ったよりも早めに会場へ到着。もちろん駐車場は会場から少し離れた臨時に準備された田んぼの中。

歩くことには何ら抵抗のない二人は、会場へ向う取り付け道路を足早に・・・チケット売り場では行列。トイレも行列。日本人は我慢強いですね。そして入場料は1600円。半額なので800円です。(入場料は開花状態によって当日の朝に決定される仕組み。今日は上限の1600円でした。)

この時期、藤がメイン(有名な600畳の大藤、白藤のトンネル、世界でも珍しい八重黒龍等々)ですが、盛り上げる藤以外の花たちも精一杯のサポートをしていて、会場はまさに花の万博博覧会状態でした。


【大藤】:樹齢140年超、約600畳に枝を広げた日本が誇る大藤です。
画像 518
画像 521
画像 523


【白藤のトンネルと新たに公開された白藤の滝】:全長80㍍におよぶ白藤のトンネルです。
画像 530
画像 509
画像 537


【むらさき藤のスクリーン】
画像 532


【きばな藤(別名:キングサリ)】:80㍍のトンネル。人が入ってしまってボツです。
画像 564


【八重黒龍藤】:世界でも珍しい八重黒龍の藤棚。樹齢140年、約500畳の大きさです
画像 541
画像 539


【大長藤】:花房が最長180㌢にも成長する。当園屈指の野田の長藤。
画像 507
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.