ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
GW(5/3-2) 寄り道は新緑詣で? 花も良いけど新緑も外せない
2017-05-09-Tue  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
H29/05/03撮影 【GWのよもやま話...順不動で何とか次週までネタ繋ぎ?】


       アカヤシオの月山で花見に山行に興じた帰路

  それは魔女の”新緑も良いよね”の一言で始まった

        もしかして月山だけでは歩き足りなかった?

 ならば、帰りに”龍王峡”を覗いてみようかとなった次第

P1630906.jpg

お店の呼び込みには耳を貸さず、取り敢えずは虹見橋まで

月山後の足(脹脛)が張ってる感じ...やはり来てるかな?

おぉ~ 新緑が一気に進んでいます 目に優しい新緑です

P1630910.jpg

今回は河原まで降りてみようか(意外に魔女は初めて?)

橋の修理は終わったようだ(橋梁部分の塗り直し?)

P1630915.jpg

新緑も水面も良い感じ...

P1630916.jpg

さて”虹見橋”まで行ってみようか...

P1630917.jpg

橋からの景色は予想通り? まぁ何度も観てるので>笑<

P1630920.jpg

P1630922.jpg

このまま”ムササビ橋”まで散策する? やっぱり止めよう!

歩けない距離じゃないが...自制しなくちゃね
(この自制が良かった? その後も魔女から足腰が痛いという話は無し)

”竪琴の滝”をみながら駐車場へ

P1630926.jpg

P1630928.jpg

今日は無事に歩き通したので”天然氷・かき氷”で祝杯!

久し振りの早出の山歩き”お疲れさん”って言ったかどうか

GWなのに”かき氷”が欲しくなるような陽気でした

P1630931.jpg

↓↑ 少しずつ味見を兼ねてシェア  美味しい~~~

P1630933.jpg

GW後半戦はアカヤシオと龍王峡の新緑で開幕しました

忘れてました  日光天然氷のかき氷もアイテムでした>笑<



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
クールダウンは”大沼園地”で...
2016-08-01-Mon  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
28/07/30撮影 【やはり夏は暑いですね クールダウンのつもりだったが...】


 先週の日留賀岳から1週間...ゆっくり歩きの10時間山行

   全く影響ないと思ってたら全治4日間の筋肉痛>笑<

クールダウンに那須塩原まで...行く必要は無かったか?

P1580754.jpg

そう 今日は大沼園地です 梅雨明けと同時にこの天気

気分爽やかにハイキングが汗を拭きながらのウォーキング

P1580755.jpg

ヨシ沼上空も夏空に 木道も綺麗に修復され気分良し

P1580756.jpg

振り返えると素晴らしい”新湯富士”の山容がヨシ沼の奥に

P1580758.jpg

大沼を見るとかなり水量が減って...規模が縮小してる

P1580762.jpg

ミソハギは咲き始め?  探すのが大変でした

P1580761.jpg

さざ波が立って大沼に富士は映らず

P1580765.jpg

今回は初めて”赤沼~大沼自然観察歩道”を歩いてみた

P1580767.jpg

マイナーで人気が無さそうなのでラヂオのボリューム一杯に

P1580768.jpg

P1580769.jpg

歩きだして15分 歩道脇に枯れ草?

いやいや”ツチアケビ”が...今日はコレも目的の一つでした

P1580772.jpg

P1580774.jpg

P1580780.jpg

1株は残念だが枯れ草と勘違いされて? 倒されていた

P1580775.jpg

三つの沼があるということで期待していたが

今年はココも水量不足の影響で全く水は無く中を歩けそうです

※夏沼
P1580791.jpg
※刈場沼
P1580789.jpg
※赤沼
P1580787.jpg

初めてのコース  秋口は雰囲気が変わるかも知れませんね

大沼まで戻り〆はこの景色です

新湯富士から放射線状に放たれる筋雲? 逆に集合?

P1580783.jpg


さて、今日は世の中は”土用の丑の日”ということで

年に1回だけ鰻が食べられる日>笑<

今年はスーパーの鰻で我慢(年1回だから奮発したいが)

※国産は高いね~2030円
P1580794.jpg


【参考:本宮前のなまずのかば焼き】2年前で1300円
P1230814.jpg


【参考:穂づみのうな重】3年前で3000円
P1230613.jpg


      こうして今年も”鰻の日狂想曲”も無事に終わった



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
那須塩原に”田んぼアート”が出現...寄り道も楽し
2014-06-23-Mon  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
26/06/15撮影 【最近、こんな企画が増えてきたような...休耕田の影響かな】


   朝日岳からの帰り道...W杯の敗戦で傷心のケン坊

          セブンのお握りを無造作に頬張り...

 何の当てもないまま珍しくR4号線へと向かうことにしたが

     県道55号線の標識を見て急ハンドルを切った!

           ”県道55号”で思い出したんです

 なにを? 数日前の新聞で知った”田んぼアート”

P1360607.jpg

    場所は記事を読んだ時にネットで確認はしていたが

         逆向きなので感覚が違い一度は諦めた

   二度目の似たような交差点で再度挑戦してみたら...

              場所は那須塩原市西遅沢です

         展望台もしっかりとした造りで3階構造に

P1360591.jpg

      栃木県のゆるキャラ”とちまるくん”はテニス姿で

P1360593.jpg

   地元のゆるキャラ”与一くん”は那須与一ばりの弓矢を

P1360594.jpg

         隣には”W杯公式ボール ブラズーカ”と

                 キックオフの文字が...

   まさに旬のアートだが敗戦を思い出しちゃった>苦<

P1360596.jpg

       同市一区町の”中野登喜男さん”が製作者で

                今年が4年目だそうです

       13種類の稲で表現する田んぼアートですが

            設計書に合わせた田植えも大変

            P1360602.jpg

               この見事な田んぼアートは

      収穫予定日の10月12日まで見られるとのこと

P1360600.jpg

   秋には違った”とちまるくん&与一くん”に逢えるかも!

ページトップへ  トラックバック0 コメント18
初秋の塩原渓谷歩道...花を愛でる編?
2012-09-21-Fri  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
24/09/14撮影 【渡良瀬遊水地のログで失敗したばかりなのに...またです!】


 今回は”塩原渓谷・やしおコース”で花を散策!

         と言っても学習効果のないケン坊

    毎回、皆さんのお世話になるばかり...今回も!

          ご存知の方にはご教授を賜りたく
          (写真に番号を付しておきましたので...>笑<)

       いつもの通り写真を並べておきます>謝<

P1120309.jpg

1【タマゴダケ(幼菌)】

  いきなりキノコでゴメン...入って1㍍のところに

  ネットに幼菌とあったが種類なのか不明?

  もし成菌というのがあるとすればその次の写真↓か?

P1120312.jpg
 ↓ 成長するとこんな形になるの?(昨年、県民の森で撮影したもの)
画像 943

2【オオマムシグサの実?】

  これから真っ赤になるのでしょうか...

P1120314.jpg

3【ウワズミザクラに似た花】

  でも葉が全然違うので...名前も違います

P1120316.jpg

4【不明ボタンクサギ】 9/21判明 長さんありがとうございます

  花はどこかで見ているんですが思い出せず...

P1120320.jpg

5【ゲンノショウコ】ネットから

  生薬のひとつで名は「(胃腸に)実際に効く証拠」意で、ドクダミ、センブリと
  共に日本の民間薬の代表格です。

  根・茎・葉・花などを干し煎じて下痢止めや胃薬とし、また茶としても飲用する。

  飲み過ぎても便秘を引き起こしたりせず、優秀な整腸生薬でありイシャイラズ
  (医者いらず)、タチマチグサ(たちまち草)などの異名も持つ。


  可愛いらしい清楚な花です

P1120328.jpg

6【不明テンニンソウ】

  一度調べ書いたのにPC不調で...再現せず!

P1120329.jpg

7【ムラサキニガナ】

  何とかニガナという花とは形状が全く違う

           P1120331.jpg

8【ミゾソバ】

  似た花”アキノウナギツカミ”と間違いそう!

P1120333.jpg

9【ドクゼリ】

  よく見れば判別できるかも?(ハクサンボウフウ、シシウドと)  

P1120334.jpg

10【ホツツジ】

  もう少しピンクっぽい気がしたが...真っ白です

P1120343.jpg

11【アンズダケ?】

  キノコの名前は花以上に判りません

P1120351.jpg

12【ヤマジノホトトギス】

  これは間違いないと思いますよ~

P1120353.jpg

13【不明】

  ネットで名前が判りそうで判らない花

           P1120355.jpg

14【不明】

  花が散ったあとの”細いシベ”でしょうか?

           P1120356.jpg

15【ミズヒキ】

  カメラマン泣かせ? ケン坊だけですね

P1120379.jpg

16【キバナアキギリ】

  アチコチで見かけるようになりました

P1120384.jpg

17【ハギ】

  ハギにもいろいろあって”総称”で報告

P1120412.jpg

18【オクモミジハグマ】

  カシワバハグマにも似てるんですが...

P1120415.jpg


       塩原渓谷歩道も決して涼しくありませんが

       いろんな植物が顔を見せてくれました【完】



【関連コーナー】

  塩原渓谷歩道・景色と温泉
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
初秋の塩原渓谷歩道...景色と温泉編
2012-09-20-Thu  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
24/09/14撮影 【この時期の里山歩きは厳しい...せめて塩原渓谷で避暑気分を】



            避暑目的で塩原へ向かったが

    今回は渓谷歩道”やしおコース”を歩きます

                  やしおコースは

     ”ビジターセンター ~ 箒川ダムの3.7㌔”です



最近はビジターセンターの駐車場から渓谷歩道へ入ります

P1120309.jpg

  5分で林を抜け車道を歩いて”福渡橋”から上流を見ると

            一昨年行った”天狗岩”が見える
          (山の中腹に見える三角形した白い岩肌部分です)

           P1120319.jpg
  福渡橋から見る箒川下流の眺めです(この後、箒川の左岸歩道を歩きます)
P1120318.jpg

       福渡橋を渡った場所から川沿いに降りて

    素晴らしい眺めの箒川渓谷遊歩道をテクテクと
           (多分、紅葉も良い景色になるだろうな~)

P1120324.jpg

      不動吊橋の右手前に”岩の湯(露天風呂)”が
     *町内会が管理する混浴の露天風呂で200円で自由に入れます

         遊歩道から丸見えなので遠慮してると
      (これ見よがしにコチラに前を見せて?...おぉ~恥ずかしや)

       仕方なく?吊橋を渡りきったところでカシャ!
 (対岸からは丸見えですが橋からは目隠しがあるのであまり見えません...)

P1120327.jpg

    少し川沿いに歩くがいつの間にか木立の中へ...

        更に5~6分歩くと”不動の足湯”があり
  (以前、ベンチ式の足湯があったが、六角形の足湯に作り変えられていた)

            奥方が一人で浸っていました
          (近づいたら木の陰からご主人が...>笑<)

P1120335.jpg

        不動の足湯から見る”不動の湯”の風景
   (真ん中左に赤茶けた水が流れ落ちているが”不動の湯の掛け流し”です)

P1120393.jpg

                こちらが”不動の湯”
   *↑岩の湯と同じで混浴可で200円(お金は箱に入れるだけです)

         石垣の上がコースになっているので

     露天風呂はまさに露天(歩道から丸見え)です
   (往路では数人が入浴中だったため撮れず復路で...まさに混浴でした)

P1120391.jpg

     不動の湯から数分歩いたところに小さな滝が?

          これが”不動の滝”ですか?(不明)

P1120338.jpg

  少しずつ登って行くと先ほどの不動の湯が見下ろせます

     ちょうど混浴の光景(ご夫婦)が見えたので...
 (丸見えで他の客も入り女性の姿は殆ど見かけませんが、今日はいました!)

P1120340.jpg

  途中、崩れた個所があって迂回路を余儀なくされたが

           5分も歩くと元の歩道へ合流...

     更に歩くと白い橋? 何かがチラチラ見えてきた

      こんな場所があったかな~ 思い出せない!

P1120358.jpg

        近づくとやはり橋を架ける工事の真っ最中

     工事の責任者らしき人がいたので聞いてみたら

 ”橋の手前の山にトンネルを掘り、既に利用開始した新しいトンネルに接続する”

     という...来月から始まり2年後には完成とか

           う~ん トンネルで時間短縮か~

    でも渓谷美を堪能する機会を失うのは勿体無い!

       多分、旧道も利用できるとは思うのだが...

           P1120360.jpg

             厳しくないアップダウンを歩くと

     コースから少し離れた場所に”布滝の展望台”が
     (名前の由来は未確認ですが、多分布を広げたような...違う?)

  展望台を囲む木々が邪魔でこれが精一杯の布滝の姿

P1120366.jpg

    90分! 今回の渓谷歩道”やしおコース”の終点へ

              そう! やしおコースは

     ”ビジターセンター ~ 箒川ダム(3.7㌔)”です

P1120375.jpg



     この先歩こうと思っていたが寄り道の都合もあり

              箒川ダムで引き返した...

                 往復で7.4㌔の歩き

   猛暑下の歩きを覚悟してたが、渓谷ということもあり

           心地よい汗を流すことができました


    復路では”不動の足湯”で魔女と遊んじゃった...



           【不動の足湯:源泉かけ流し】

真ん中から温泉が噴出しています...温度も熱いくらいだが気持ちが良い
P1120394.jpg

直ぐ下には箒川が流れ、森林浴にも温泉浴気分にも気持ちの良い足湯です
P1120405.jpg

そう! この穴から湯が流れ落ち、パイプの先から川へ...
P1120408.jpg

足湯の底には黒い丸みのある小石があり”足のツボ押し”感覚 気持ち良い
P1120404.jpg

いきなり”ニュッ”と出た魔女の足 足でジャンケンしてます>笑<
P1120407.jpg

人目も無いので魔女と”足の合体ショー”を展開(段々とエスカレート...?)
P1120403.jpg

     魔女に見つかったら削除です...時限制あり?


     次回は塩原渓谷歩道で出合った花を掲載予定!

ページトップへ  トラックバック0 コメント7
もみじライン傍の”大沼園地”を久し振りに(in那須塩原市)
2011-08-11-Thu  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
23/08/06【ハンタマからの寄り道...この時季何も無いだろうと思いつつ”大沼園地”】


大沼を見下ろす”新湯富士山”は栃木百名山...

     (いつかは征服する山ですが...流石に今日は登る気は起きず)


画像 641



大沼園地のシンボル...新湯富士山の美しい姿が見下ろす中を、大沼に向って
ケン坊は木道を歩き出します。

画像 665

目の前に飛び込んできたのは、黄色い花の”トモエソウ”でしょうか?

画像 683

大沼を横切る木道近くには、”ミソハギ”が群生していました。

画像 639

ミソハギのアップですが、このミソハギは花の間隔が広いです...長花柱花?

画像 645

”ヌマトラノオ”とミソハギのコラボです。

この近くにはヌマノトラノオが群生してましたが、草が邪魔してピントが合わず...

画像 647

新湯富士山をバックにミソハギ。山頂に黒い雲が...でも周囲は明るいので問題なし!

画像 648

センダイハギに似てますが...葉が全然違います
8/11 判明:クサレダマ 長さんありがとうございました(以前、一度掲載した記憶が)

画像 650

いつもは、大沼の縁は歩けるほど水量は少なかったが、この日は木道が沈む場所も...

画像 657

今年の初夏に登る予定だった”新湯富士山とミソハギ(手前の紫がかった色)”

画像 663

名前不詳...似た花はありますが。 図書館にでも行って調べるかな?

8/11 判明:ダイコンソウ 長さんありがとうございました

画像 664

”ツリフネソウ”(または”ハガクレツリフネ”

画像 670

”ウバユリ”ハンタマのゆりとは似てません。

園地内の湿地にも”ウバユリ”は数株ありましたが、コンデジでは限界を感じヤキモキして
いたが、駐車場の傍で見つけました。

画像 681

画像 678

画像 679

”オカトラノオ” これは道路の縁に多く生息していました。

画像 682

何もないと思っていたが意外にも見られました。ブログネタの対象に辛うじてゥフフ
ページトップへ  トラックバック0 コメント9
那須の秘湯! 昭和天皇も行かれた”北温泉”とは
2011-06-08-Wed  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
【”駒止の滝”を見たついでに、数分だけ足を延ばしたら”北温泉”に着いちゃった】6/3

     【被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます】



     那須の秘湯 ”北の湯(北温泉)”を覗いてみた


観漠台の駐車場から山道へ入るところに、こんな ↓ 変わったボックスが...。見ると
”北温泉旅館に御用ある方は電話をしてください”的なことが書いてある。

内緒でボックスの扉を開けると”受話器”がありました。ホットラインのようです。

画像 146

「平成の森」を散策、観漠台の駐車場から山道を下ること数分で、”秘湯”と呼ぶに相応
しい北温泉旅館
の建物が見えてきました。

【北温泉旅館】:名物「天狗の湯」とプールのような「大露天風呂」が有名?
1200年ほど前に天狗が発見したという云われる北温泉。その他にもさまざまな歴史や
伝説の残る温泉である。


画像 127

辺りの様子を覗いながら、そろりそろりと旅館に近づいてみました。山道から見えた建物の
入口部分のようです。イヤ~良い雰囲気ですね~。

北温泉の案内板も良いですが、樹林に覆われた場所にヒッソリと佇む旅館がケン坊の興味を
そそります。

画像 129

ふと、横を見るとプールがありました。うむ! 露店風呂か? 手を入れてみると温泉!

天狗の湯と並んで北温泉のシンボルで、通称「温泉プール」と呼ばれる大露天風呂でした
(大きさは15mX10mだそうで、北温泉の名物のひとつだそうです)

こちらは混浴可だそうですが、残念ながら「水着可」なので現実には期待外れかも>笑<

この脇を通り抜けると”中の大倉尾根”を経由して”三本槍岳”への登山ルートなので、
ここで前泊する人や下山後に入浴する人もいるらしい。

画像 131

そろりと旅館の引き戸を開けて足を踏み入れると...床、壁、箪笥などの黒びかりした
調度品が目につくが、節電のため? 目が慣れないため? うす暗く感じる。

良く見ると先客がソファに座っていたが日帰り入浴の客らしい。目が慣れて徐々に中が
見えてきた。何となく雑然としているが、それがひとつの売りなのかも?

画像 137

壁には昭和天皇の写真が飾られていた。御用邸を散策ついでに”北温泉旅館”に来たのかも
知れない。入浴したかどうかは不明ですが。

画像 140

これ、大露天風呂のそばに咲いていた白い花。”オオアマナ”で良いのかな~

画像 135

そして、どこかで見かけた”斑のある植物”。名前が思い出せません。

6/8:判明です  ”ミズヒキ”です(長さんありがとうございます)

画像 143

風情のある温泉宿のようで、一度は入ってみたいような気もするが...

宅急便のお兄さんが、大きな荷物を持って...坂ですれ違いましたが、山奥に配達とは
商売とはいえ大変ですね。

次回、温泉に入るようなことがあったら、詳細な報告が出来るように写真を撮ってきますね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
龍王峡ハイキングコースの紅葉は?
2010-11-12-Fri  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
【紅葉の状況を早く伝えたいので、写真中心でごめんなさい!】11/10

  龍王峡川治温泉駅紅葉ハイキング

今日は魔女っ子が休みなので久しぶりに山でもと思ったが、去年5月の月山がトラウマに
なっているのか、山歩きの話には乗ってこない。

八ッ場ダムも行きたいし、水上の諏訪峡か照葉峡も良いなと悩んだあげく、”龍王峡”で
ハイクすることに決定。
魔女の足の調整も兼ねて片道5㌔の行程で、帰りは電車で戻ってくることにした。

龍王峡は昨年もブログに載せたので、今年は違った写真をと思ったが、やはり似たような
アングルとなってしまった。

もしかして、これから紅葉に出かける人がいるかも知れないので、情報として載せますね。
龍王峡ハイキングコースの紅葉は複雑な様相(紅葉も枯れ葉もそして青々とした紅葉も)。

あと数日は問題ないかも知れませんが、数日前の強風で葉が散ったことは事実ですね。

↓ 五龍王神社から見る”虹見橋”
画像 008

↓ 虹見橋から振り返ると”虹見の滝と五龍王神社”が。紅葉は早いのか遅いのか不明。
画像 010

↓ むささび橋に近い場所で”鮮やかな紅葉”が人目を惹きつけます。
画像 013

↓ 白岩半島...ようやく半分は歩いたろうか。二人とも順調のようだが...
画像 025

↓ ケン坊がお勧めの場所”浜子橋”。虹見橋も良いですが”ここも”好きです。
   青空が綺麗ですが、橋ゲタの両サイドが気になります。
画像 034

↓ 橋ゲタの両サイドから下が丸見え。魔女っ子と二人して足が竦んでます>笑<
   魔女は平気な顔して、橋の端へ寄って景色を見てます...
画像 036

↓ 思い切って片足だけ乗せて(腰が完全に引けてます) ハハハ~
   1枚だけ写真を撮りましたが、色合いがあまり良くありませんでした。
画像 040

↓ 逆川トンネル3重連。
   トンネルの先にまたトンネル。さすがに3つ通しては見えませんね。
画像 042

ここまでくると、ゴールの川治温泉駅まで500㍍。小網ダムの上を歩いて。
スタートから2時間強、歩きづらい5㌔のハイクコースですから、まぁまぁの完歩です。

↓ 着いたけど電車の発車まで45分待ち...
   電車は1時間に1本なので覚悟してたが、中途半端な時間に着いちゃった...
画像 063



↓ ”フウセントウワタ”。スタート地点の龍王峡駐車場に大きな実をつけてました。
   こんな大きな実は初めて。若いOLがキャーキャー騒いで携帯でしきりにパチリです。
画像 002

↓ ”マムシグサ”が赤い実を付けてました。
画像 031
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
ゆりパーク・500万輪のゆり畑がスキー場に出現(in塩原)
2010-08-13-Fri  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
【ハンターマンテンの”ゆりパーク”が見頃を過ぎようとしています】8/11

画像 540

画像 471


”ゆりパークへ行こう”  見頃は今度の土日まで?

那須塩原市のスキー場「ハンターマウンテーン」が、数年前から夏場のイベントとして”ゆり”でゲレンデ一面を埋め尽くし、話題となり観光客を集めている。

300万輪から開園スタートした企画ですが、今年は地元の中学生達も球根植えに参加するなど、市民と一体となってのイベントにまで成長している。

写真の花は”ゆり”だけに絞りました。というより”ゆり”しか撮りませんでした。ゆりパークは孫たちにはあまり受けませんでしたが、コレだけの花が集まるとさすがに”凄い”光景です。

特に、2~3年前から整備拡張していた”白樺が林立するゆり園”は新鮮で見応えがありました。

ただ、この時期になると枯れ始まる花が出てきたり、枯れ花を摘んだものもあり、本当の意味での見頃というのは8月上旬ですね。今年は孫たちをリフトに乗せる都合があったので遅れてしまったが...

ところで、ゆりの花(種類はメモしませんでしたので不明ということもあり)につき、写真だけを掲載しましたからご覧ください。そして一度は訪れて自分の目で確かめてください。
素晴らしい景色に出会えること間違いなしです。

画像 477

画像 478

画像 479

画像 481

画像 482

画像 487

画像 491

画像 492

画像 495

画像 500

画像 501

画像 514

画像 519

画像 525

画像 530

画像 531

画像 537

画像 539

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
鬼怒川に新名所・鬼怒楯岩大吊橋と展望台
2010-05-23-Sun  CATEGORY: 那須塩原・鬼怒川・川俣
【鬼怒川温泉街の再生に向けて、いろんなアイディアを・・・金もかかりますが】5/15

1年くらい前から「鬼怒川に新しい観光スポットができた」と宣伝してましたが、場所も判らず(調べようとしなかった)月日が流れたが、本日、看板を探しながらノロノロ運転していて見つけちゃいました。

ホテルシャンシャイン鬼怒川横の「楯岩公園」がそれです。先ずは無料の駐車場に車を停めて降りると、いきなり多くの風車が出迎えてくれます。多分、鬼怒川の風を味わってくださいと言うことでしょうか。

それとも、最近は「可視化」が叫ばれているので「風の可視化」がテーマだったのでしょうか。

画像 813
↑ 風の可視化がテーマか? 風車の大群が・・・でも一斉には回らず微妙に角度が違う。
   多分、どの方向の風でもどこかの風車が回るように、わざとなっているのかもです・・・


そして、いよいよ新名所の大吊橋へ。

画像 814
↑ 新名所の吊橋「鬼怒楯岩大吊橋」です


やや高所恐怖症気味のケン坊は真剣に渡りたいところなれど、若い連中が面白がって橋を揺らす仕草をするので微妙に揺れる。(魔女がケン坊の姿を見てニヤリと笑う)

橋の上からの眺めは思ったとおり? いや、思った以上に素晴らしかった。紅葉の時期もきっと素晴らしい景色を見せてくれると思います。

画像 815
↑ 大吊橋の中央から見た景色。奥左側に見える大きな岩が”楯岩”なのかな?
画像 830
↑ 吊橋の反対側に設置された「楯鬼」。
   鬼怒川温泉では「七福邪鬼めぐり」が出来たようです。
   「立鬼・思惟鬼・半跏鬼・定印鬼・遊心鬼・鬼怒太像・楯鬼」(読めない名前も)
画像 818
↑ 反対側の高台からみた「鬼怒楯岩大吊橋」の全景です
画像 819
↑ 反対側には展望台まで遊歩道があり、遊歩道の岩肌に咲いていた”ヒメウツギ”かな?
画像 821
↑ そしてロッククライミングの練習場も・・・?


有料道路(トンネル)の上に作られた遊歩道を歩くと、途中、トンネルを潜って抜けたところに展望台へ登る恐怖の階段(歩き疲れで足が上がらない)が。でも登って良かった・・・素晴らしい眺めが待っていました。

画像 826
↑ 大吊橋から5~10分歩くと展望台が・・・ここの鉄の階段が厳しいです。
   は~は~言いながら登った展望台の眺め「高原山」は抜群でした。次回は高原山に。
画像 828
↑ こちらは、いま渡ってきた大吊橋方面を眺めたところ。
   吊橋の直ぐ上、川の真ん中あたりにライン下りの舟が2隻・・・見辛いですね。
画像 827
↑ 年甲斐も無く二人で「縁結びの鐘」を撞いちゃいました。>笑<
   (お互いに別の異性をイメージしていたのかも知れませんが・・・)


【うんちく】ネットより
鬼怒楯岩大吊橋は温泉街の南部と名勝「楯岩」を結ぶ木製床版の人道吊橋で、全長140m、橋幅1.5m、水面からの高さは約37mの歩行専用の橋である。

21年7月19日(日)、鬼怒川温泉に「鬼怒楯岩大吊橋」(きぬたていわおおつりばし)が完成し、鬼怒川温泉に新たなスポットが誕生した。この橋は温泉街の南部(ホテルサンシャイン鬼怒川の脇を入ったところ)と名勝「楯岩」を結ぶ木製床版の人道吊橋で、全長140m、橋桁の幅1.5m、水面からの高さ約37m、中央部にはバルコニーも設けられている。

橋上からは大岩をぬって流れる鬼怒川の渓谷美と緑の山々を眺めることができスリルと相まって最高。橋を渡り、歩道の先の真っ暗な楯岩トンネルを経て行くと楯岩展望台と至る。楯岩は別名「子宝岩」とも呼ばれ、縁結びや子宝のご利益が言われている。

「楯岩」の頂上展望台からは、眼下に温泉街、遠くに鶏頂山をはじめとする高原山系の美しい山並みが一望できる大パノラマを満喫できる。鬼怒川温泉駅前広場と立岩橋・ふれあい橋・くろがね橋・鬼怒岩橋・滝見橋の5橋、さらに新たに完成した鬼怒楯岩大吊橋の袂には福を招くという「邪鬼」をモチーフにした「鬼怒太」の陶像が設置されており、「七福邪鬼めぐり」という散策プランが加わった。
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.