ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
JR雀宮駅西口整備完了式典&イベントが行われた...
2012-10-21-Sun  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
24/10/13撮影 【駅名は”雀宮(すずめのみや)”ですが、地名は”雀の宮”です】


   思えば去年の3月にJR雀宮の新駅舎が完成した...

     東日本大震災の直後だったので祝賀会は中止

           静かなるスタートを切りました!

                  あれから1年半 

 西口駅前広場の整備が終了、ささやかな記念式典が...

P1130727.jpg

P1140125.jpg

  ↓↓↓ 昨年3月まで使われた”旧・JR雀宮駅舎”です

P1130800.jpg

        西口広場の片隅に紅白の幕に囲まれて

  ”雀宮駅西口駅前広場完成記念式典”で市長が挨拶!

P1130736.jpg

駅前広場の一角に埋め込まれた”祈交通安全”の文字

P1130748.jpg

  文字の書き順に沿って清め酒を掛けてお浄めをします
  (交通安全祈願に清め酒は少し違和感も? まぁ硬いことは抜きにして...)

P1130747.jpg

      知事や市長によるテープカットとクス玉割り

    ミヤリーちゃんもテープカットで式典に花を添えて

P1130758.jpg

            式典をサポートする音楽隊?

  駅東に移転の”宇都宮工業高音楽部”によるファンファーレも

P1130730.jpg

        式典後も愛嬌を振りまくミヤリーちゃんに

     子供が次々と握手したり写真に納まったりして

           P1130743.jpg

 西口広場の南側敷地では地元自治会主催のイベント開催

  何しろスペースが狭く、場所に見合った規模のイベントが

   県知事も祝辞を述べられ小さいながらも箔が付いた?

P1130764.jpg

   ちゅん鍋の無料提供  ところで”ちゅん鍋”って何だ? 

  どうやら”雀=ちゅん” つまり洒落で命名したちゅん鍋!

P1130766.jpg

 見た目はとん汁に似てるが、葱や大根などの具に混じって

         地元産の”かんぴょう”も入ってました

P1130769.jpg

 焼そばや田楽、野菜や果物、漬物やお米等も安値で提供

    楽しみに訪れた地元市民 やはり年配者が多い?

P1130773.jpg

      そして地元”すずめのみや幼稚園児”による

   鼓笛隊...駅前広場が使用できれば良かったのに

  その場での演奏...親たちやジージ、バーバで混雑!

P1130776.jpg

           次いで”雀宮中央小生徒”による

 ”南中そうらん”の舞が披露...小学生とは思えない迫力

P1130795.jpg

    中学生を飛び越えて”宇工生による生バンド”演奏

P1130799.jpg

 さて広場は整備されたが、駅前通り(R4号線~駅西口)が

     昔のまんまで道路が狭くすれ違いも厳しかったが

         ようやく道路拡張工事が始まりました

 R4号線の道路も一部拡張工事が行なわれ右左折車線が

   作られるようで交通渋滞が少しは解消されるかも...

P1130725.jpg



【振り返りコーナー】

  JR雀宮駅がリニュアルオープン
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
JR雀宮駅と市立南図書館に続き、県立宇都宮工業高校が開校
2011-09-03-Sat  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
23/09/02【駅東口の三番目のイベント 高校の移転が終了しました。9月から開校です】

ようやく雀宮駅の東口に登場

  9月から”県立宇都宮工業高校”が移転!

 (結局は高校名は変えず、元の名前を継続使用することに。OBの強い要望に屈折?)


数年前から、駅の東側で始まった大掛かりな工事が終わり、これで三大イベント工事が
完了しました。無事に、今回の報告で終了です。

 23年3月 :”JR雀宮舎の建替えと東口通路の新設” 

 23年7月 :”宇都宮市立南図書館”

 23年9月 :”県立宇都宮工業高校の移転”


コレまで見渡す限りの水田だった場所が、見違えるまでに変貌してしまいました。

駅前広場から道路を挟んだ場所に高校が出来ました。至極便利な高校ですね。

画像 538

チョッピリ遠回りでも、ちゃんと信号機のある横断歩道を渡りましょうね! 

画像 541

駅側(西)が正門のようです。正門を入って直ぐの築山に”校章”が...

画像 537

正門入って直ぐ右側にある”全面窓”の教室? 
何だか判りませんが、その下の部屋では何やら授業が始まっていました。

画像 536

正門から左手方向の光景です。左奥には自転車置き場が...

画像 549

建物の南側に回ると何方かの肖像が、校章をあしらった碑の中に組み込まれ...

見ると、初代校長”安美賀先生”とありました。

画像 545

そして、安美賀先生の”教育方針の原点”と思われる言葉が碑に...

        ”一人は一校を代表す”

画像 546

そして広い校庭ですが、まだ放課後になってないので学生は見られませんでした。

画像 544

でも、東口に図書館と学校が出来ましたが、お店が一軒もありません

コレってチャンスなのでは? 

コンビニでも始まろうかな? それとも小さな食堂(古!)? 惣菜屋さん? カフェか?
(人家は離れているので、図書館関係者と学校関係者しか見込めませんが...) 



前回のブログ ⇒ JR雀宮駅

前回のブログ ⇒ 宇都宮市立南図書館

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
宇都宮南図書館がオープン(in宇都宮市)
2011-07-29-Fri  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
23/07/17【オープンして10日も経ったら、もうニュースでもなんでもありませんが。】


JR雀宮駅東口に”宇都宮南図書館”がオープン



              ようこそ南図書館へ!

育む 子供や家族連れが読書に親しむ空間

調べる調べものに役立つ地域の知の拠点

集う  :市民が集い交流の輪がひろがる図書館

繋ぐ  :図書館から学校へ、子供と本を繋ぐ



          工事中に紹介したブログはコチラ⇒仮称:第三図書館


田園風景の中に見える建物が”宇都宮南図書館”です。この右奥が雀宮駅東口です。

画像 034

この交差点の手前角に図書館があり、斜め前が”雀宮駅東口”です。
図書館側の道路の反対側には”9月開校の宇都宮工業高校”が最後の追い込みです。

画像 032

そう、↑ の位置から後を向くと、この光景...そうオープンしたばかりの図書館です。
誰も居ません? 休みか? そんな筈はありません。オープン2日目ですから...ね。

画像 012

駐車場も500台分。本当に停められるのかな~
3時間まで無料です。嬉しいことに、施設内で延長手続きをすれば6時間まで無料です!

画像 027

ここが”正面玄関(南側)”です。

画像 013

玄関を入ると左側に”本の広場”があります。右側にはホールが...

画像 014

中に入るとやっぱり混んでいました。
受付カウンターは、図書の貸出と返却、新規のカード作成と何やら忙しそうです。

画像 026

一般開架。
スペースは広すぎるのか...一般の開架図書冊数が7万冊。閲覧席80席。
ケン坊のお抱えになりそうな園芸関係コーナー...これで本屋さん通いは卒業!

画像 017

児童コーナー。
児童用の開架図書冊数は6万冊。閲覧席が40席。

画像 022

館内には、持ち込みパソコンに対応したインターネット環境が整備されています。
もちろん備え付けのパソコンもあり、検索(調べ物)の効率も上がります。

画像 020

おはなしの部屋。
児童コーナー内にある子ども向けのおはなし会や紙芝居等を体験できる部屋。
親子での読み聞かせにも利用できます。

画像 023

多目的ホール。
収容人員400名。地域のイベントにも利用されそうです。

画像 031

この他、ボランティアルーム・グループ学習室・オブジェ・中高生コーナー・ワークスペース・
家庭生活支援コーナー・授乳室
 等々、至れり尽くせりの施設ができあがりました。

これからは大いに利用させていただきます。

帰りの撮った”図書館”の西側です。緑をふんだんに取り入れようと...

画像 033
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
JR雀宮駅 新駅舎がオープン
2011-03-27-Sun  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
【また雀宮駅舎ですか~と言われそうですが...見たいという人もいるかも?】3/26


           JR雀宮駅が新しくなりました

新駅舎については3月22日でも掲載してます。今回、特に説明することもありませんので、
写真だけ掲載します。今回は駅舎内の写真ですので、22日分と合わせて見ていただけば。

多分、以前に雀宮駅を利用した事のある方は、その駅舎の変貌振りに驚かれると思いますが、
現実なんです。


↓ JR雀宮駅西口からみた駅舎(今度は東口もできたので、西口と断らないと...ね)
画像 400
↓ おぉ~ エレベーターが設置されました
画像 401
↓ 橋上駅なので階段で上がりますが...上り専用のエスカレーター
画像 402
↓ KIOSK。旧駅舎の時はプレハブで駅舎と切り離されてましたが待遇がアップです。
画像 403
↓ 券売機コーナー
画像 404
↓ 改札口(中から)です。(中から? そう入場券@140で改札を入ってみました)
画像 416
↓ ホームから見る景色はあまり変わりませんが...アーチ型の屋根が見える程度
画像 410
↓ この線路は、この先東京まで続いているんです。いや九州まで 線路は続くよ~
画像 417
↓ 西口ですが、まだ未開発状態。農協の倉庫がようやく撤去され、駅前開発の動きが...
画像 418
↓ コンコースで東口に...途中、2回も直角カーブを経て新幹線の下を潜って東口へ
画像 437


↓ これが、旧駅舎西口(西口と言わなくても西口しかありませんでした)です
   左手前にKIOSK...壊す前の写真を撮ってなかったので、写真の写真ですが
画像 436
↓ この鋳鉄柱は貴重なものらしい。(明治45年)
   旧駅舎の時にも見たことがあったが...たしか上り線へ渡る階段のところに。
画像 411
↓ この説明版をみてビックリです。日本には、雀宮駅と京浜東北の大森駅東口のみとか。
画像 4123月22日
ページトップへ  トラックバック0 コメント12
JR雀宮駅の新駅舎...大震災の影響で催しは無いでしょう
2011-03-22-Tue  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
【被災地の早い復旧・復活を期待して...身体には充分に注意してくださいね】3/12

  現時点の原発事故による災害レベルはR5のまま

 地震・津波被害も甚大、原発事故が更に不安増幅


  19日、外部電源接続工事が終了したようですが

部品交換等、1日も早い復旧作業を望む


 被災者の皆さん 身体に気をつけてね!


  ~~~~~~~~~~~~~

JR雀宮新駅舎のオープンは3月26日
         多分、このご時勢ですからセレモニーは中止になるかと思います

地震の翌日、最後の追い込み工事をしていた「雀宮駅・市立図書館・県立高校」が心配で、
ついつい自転車で様子見に出かけてしまいました。あまり利用しません...>ネタ?<

オープンに先駆けて、ケン坊等の取材陣に”一部”を内緒で公開?してくれました。とは
言っても、駅舎内は最後の追い込みの工事中のため流石に入れてくれません。

何処を公開してたの? 東口のロータリーです。 な~んだ。 でも進入禁止だったんだよ。


↓ JR雀宮駅・西口です。 まだ工事関係の重機車両が活躍しています
   地震の影響で平衡感覚がズレたようで少し(大分)傾いてしまいました。
画像 324

↓ JR雀宮駅の東側の空き地からみた駅舎(右手前に出張ってる部分は後で撤去予定)。
   橋上式になり東西通行が可能に。今はどこでも当たり前になってますが...
画像 255

↓ 東口に向けてコンコースが...途中からクランク状に曲がり新幹線の下を潜ります
   西入り口から東口までの全長は160㍍、幅は4~5㍍
画像 256

↓ 新幹線の下を潜って顔を出したところが東口広場の出入り口です。
   まだ灯りが無いので薄暗いですが...
画像 246

↓ そう、このアングルは”JR雀宮駅東口”の出入り口です。この上は東北新幹線です。
   アーケードも横風・横殴りの雨は防げませんがロータリー・駐輪場まで続いています。
画像 234

↓ 東口は西口と違って、広場がスペースを確保してあります。2600㎡。
   出入り口から続くアーケード。トイレやバス、タクシー乗り場まで続いてます。
画像 247

↓ ここがロータリーの一分で、タクシーやバスの乗降場所です。
   新しいうちは何でも良いですね。いつまでも綺麗に使って欲しいです。
画像 249

↓ ロータリーの更に北側には駐輪場
画像 230

↓ 反対の南側には広い駐車場が作られてます。180台分ですが...利用者は?
   30分以内の送迎は無料です。1日でも上限500円だそうです。
画像 253

↓ 駐車場の周囲に植えられた草木。
   フイリヤブラン、タマリュウ、オタフクナンテン、サツキツツジ等々丈夫そうです
画像 243

↓ 東口から見る”3月オープン予定の市立図書館(中央奥)”と”県立高校(右側)”です。
画像 254

↓ あれ~ 学校名が元に戻ってる? 
   学校名は移転と同時に変わる筈だったのに...「科学技術高校(仮称)」
   何故?(福田知事の母校だったということと因果関係があるのかな)
画像 232



【コンテンツ】ネットから:以前にも一部掲載済み
JR雀宮駅周辺地域において、文教施設などの都市機能の集積や駅機能の拡充、さらには、
駅へのアクセス性の向上など都市基盤の充実を図ることにより、宇都宮市南部の地域拠点に
ふさわしいまちづくりを推進する。

-中略-
駅舎に合わせ東口広場も同日利用開始とする。180台分の駐車場は1日500円で利用
できるなど、通勤客など長時間利用者の利便に応える予定。

新駅舎は「宇都宮市の南玄関口」としての機能が期待されている。鉄骨3階建てで床面積は
734平方メートル。東西自由通路は長さ160メートル、幅4~5メートル。

改札内にエレベーター2カ所があるほか、自由通路の東西にエレベーター、エスカレーター
が各1カ所ある。

新駅舎に合わせて整備している東口広場は広さ約2600平方メートル。バス乗降場、タク
シー乗降場、タクシープールなどがある。

宇都宮市総合計画で雀宮駅周辺地域は市南部の地域拠点に位置付けられている。東口では
科学技術高として宇都宮工業高の移転新築工事が進められているほか、市立第3図書館
(仮称)の整備が行われている。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
来春に完成予定のJR雀宮駅舎(新設の図書館と高校が便利に)
2010-12-31-Fri  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
【三つセットだった工事? 最後の紹介はJR雀宮駅です】12/10

新・JR雀宮駅は平成23年3月26日に利用開始


少し遡って...今日掲載しないと”来春”の文字が使えないので、無理に滑り込ませた。

市立第三図書館、県立科学技術高校、そしてJR雀宮駅が来春から来秋にかけ利用開始です。
第3回目は”JR雀宮駅”の紹介です。

この案内板は西口正面から撮ったものです。ドーム型の屋根になるんですね。ハイカラー?
実用は来春の3月中旬。ただ、学校は9月開校だから学生は来春は見られません。

ケン坊は東武鉄道の西川田駅とJRの雀宮駅を、目的に応じて利用することにしてます。

↓ 西口から見た完成予想図
   でも、駅舎だけお色直ししても、国道4号線から駅までの道幅が狭く利用者は危険。
画像 465
↓ 上空から見た完成予想図
   橋上改札になるようで、東西も行き来ができるようです。
画像 466
↓ 工事現場の写真(西口から)。やっとドーム型の屋根が確認できます
画像 464
↓ 工事現場の写真(東口から)。半分から右は仮駅舎(現在使用中)
画像 470
↓ 東口正面からの写真。
   雀宮駅からコンコースを歩き新幹線下を潜ってでたところが本当の東口になります。
画像 768


【コンテンツ】ネットから
JR雀宮駅周辺地域において、文教施設などの都市機能の集積や駅機能の拡充、さらには、
駅へのアクセス性の向上など都市基盤の充実を図ることにより、宇都宮市南部の地域拠点に
ふさわしいまちづくりを推進する。
-中略-
整備を進めているJR雀宮駅新駅舎の利用開始を、来年3月26日とすることを決めた。
新駅舎は橋上駅形式で、曲線の屋根とガラス張りの外観が特徴。

駅舎に合わせ東口広場も同日利用開始とする。180台分の駐車場は1日500円で利用
できるなど、通勤客など長時間利用者の利便に応える予定。

宇都宮市総合計画で雀宮駅周辺地域は市南部の地域拠点に位置付けられている。東口では
科学技術高として宇都宮工業高の移転新築工事が進められているほか、市立第3図書館
(仮称)の整備が行われている。
西口では街路事業と区画整理事業を組み合わせた市街地整備が進行している。

新駅舎は「宇都宮市の南玄関口」としての機能が期待されている。鉄骨3階建てで床面積は
734平方メートル。東西自由通路は長さ160メートル、幅4~5メートル。

改札内にエレベーター2カ所があるほか、自由通路の東西にエレベーター、エスカレーター
が各1カ所ある。

総工費は当初27億8千万円を見込んでいたが、地下水対策工事が不要になったことや、夜間
工事が昼間工事になったことなどで約3億2千万円減り、24億6千万円となる見込み。
新駅舎オープン後は、仮駅舎や古い渡線橋の撤去などを行う。

新駅舎に合わせて整備している東口広場は広さ約2600平方メートル。バス乗降場、タク
シー乗降場、タクシープールなどがある。

180台分の駐車場は平面式自動ゲートを設けた無人施設。利用料金は、30分以内に出庫
した場合は無料。

2時間以内の場合は30分につき100円で、JR宇都宮駅の市営駐車場より割安に設定。
さらに駐車時間が2時間を超える場合、1日につき500円を上限とする。

利用料金に上限を設けたことについて、市雀宮駅東口周辺整備室は「東京方面に出掛ける
人や通勤客用の料金体系とした」としている。

ページトップへ  トラックバック0
来春に開校する科学技術高(仮称)です
2010-12-24-Fri  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
【工事現場を歩いた時の情報。ここだけが工事車両の出入りで賑わって...】12/10、23

4月の開校に向け”科学技術高校(仮称)”が急ピッチ

来年(23年9月)供用開始するという「科学技術高校(仮称)」だが、開校は4月という???
ちょっと”こんがらがって”しまいますが、要は、新校舎を使うのは9月ということか?

高校生で賑わう街を想像するのは嬉しいような気もしますが...果たしてどんな高校生が
入学してくるんでしょうか? 

【”新・宇都宮工業高校”は】(一部ネットから)
画像 357

宇都宮工業高校の新校は、現在の宇都宮工業高校をJR雀宮駅東地区(宇都宮市雀宮地内)
に移転・整備し、本県の高校工業教育の中心校としての役割等を継承した上で、さらに新しい
学び方を導入することなどにより、ものづくり県である本県産業の将来を担う技術力に対応
できる人材の育成等を目指す、新しいタイプの工業高校(科学技術高校)です。

栃木県教育委員会では、現在、平成23年9月の供用開始(開校は同年4月)を目途に、移転・
整備に向けた工事を進めています。

整備にあたっては、「科学技術高校整備基本計画」を踏まえ、次の4点を基本コンセプトとして
います。
 1.地域社会の拠点として街に開かれた学校とする。
 2.生徒、教職員等利用者同士の自然な交流が生まれる学校とする。
 3.安全性、機能性が高く、管理しやすい学校とする。
 4.宇都宮工業高校の歴史と伝統を継承し、人と環境に優しい学校とする。



ここは”○○校舎だ” ”体育館だ” ”これは?” と、いろいろと想像しながら見て歩く。
足場を外し始めた場所もあり、いよいよラストスパートって感じがします。

↓ ここは体育館でしょうね。
画像 491
↓ 最後の点検をしているようです。 足場を外している場所もあったので...
画像 349
↓ 校庭側からみた校舎の全体像。
画像 771
↓ 教室群のようですが、一番手前の建物の屋根だけが”丸み”を帯びています?
画像 335
↓ 実習棟のような感じもしますが...
画像 773
↓ 2階部分が全面アクリルガラスのようで中が丸見えです。正面玄関になるのかな?
画像 767
↓ グラウンドもかなり整備されています
画像 342
↓ スポーツ部の部室のようです
画像 343
↓ そして興味深々だったのは ↓ 地下が全面的に貯水池のような構造に...
   上は”テニスコート”です。まさかグランドの下は全部ってことは無いですよね。 
画像 765



新築工事で、少しでも地元・県内が潤ってくれたら良い...



そして、校舎や付帯設備とは(ネットより)
 ・管理特別教室棟 6,675平方メートル RC造一部S造3階建て
 ・普通教室棟 5,029平方メートル RC造一部S造3階建て
 ・実習棟(機械システム系) 3,099平方メートル RC造3階建て
 ・実習棟(電気情報システム系) 2,822平方メートル RC造3階建て
 ・実習棟(建築デザイン系) 2,260平方メートル RC造3階建て
 ・実習棟(環境建設システム系) 2,475平方メートル RC造3階建て
 ・第1体育館 1,414平方メートル RC造一部S造2階建て
 ・第2体育館 2,496平方メートル RC造一部S造2階建て
 ・弓道場 103平方メートル RC造一部S造平屋建て
 ・プール棟 140平方メートル RC造平屋建て
 ・部室、屋外便所 195平方メートル RC造平屋建て
 ・車庫、体育器具庫 175平方メートル RC造平屋建て
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
来春に開館する市立第三図書館(仮称です)
2010-12-18-Sat  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
【JR雀宮駅周辺が大型工事で...工事関係車両で賑わっています。】12/10


開館に向け”市立第三図書館(仮称)”が急ピッチ


数年前、JR雀宮駅&新幹線の高架の東側にある田畑が整地されて...何ができるんだ
ろうと思っていた敷地に「宇都宮市立の(仮称)第3図書館(面積2.59ヘクタール)」が
建つという。

それにしても広い土地を整地するもんだなと思っていたら、道路を挟んだ反対側には何と
現、宇都宮工業高校が名を変えて”(仮称)科学技術高校(面積7.96ヘクタール)”が
出来るそうだ。

取り敢えず、今回は”図書館”を紹介します。

↓ 完成予想図。敷地的にはかなり広いスペースを確保したようです。
   手前の1Fの屋上は芝生でも植えるんでしょうか? 関心を持って開館を待ちます。
画像 359

↓ 田畑を買収しての建築現場。
   当然のように、周囲は田んぼですから稲を収穫した後の”稲藁”が...田舎です
画像 356

↓ まだまだ工事の真っ最中だが、建物という入れ物の全貌がハッキリとしてきた。
   来年度(23年)には開館するという。
画像 358

↓ コチラは建物の”北側”です。
   玄関がある側です。こちら半分が2階建てになると思うが...
画像 333

↓ そしてコッチが南側。
   素人目には、取り敢えずは”入れ物・器”は出来たように見えますが...
画像 346

↓ 南側には自転車置き場を作ってます。最後の追い込みですね...
画像 347


駅舎・図書館・高校・周辺道路の整備・・・これらの工事現場を見ると、天下の回りものが
地元にも回ってきて、景気が良くなってもいいのになと思うのだが...

でも、地元業者にどれだけ仕事が回っているのか? そして地元は潤っているのか?
 
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
今度は宇都宮駅西口です
2010-08-21-Sat  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
【公平にPRしなきゃね...宇都宮駅西口も徐々に整備されてきましたが】

前回の東口に続き今度は”宇都宮駅西口”の紹介(PR)です。

画像 071

JR宇都宮線の各駅周辺は総じて西口が最初に開発され、その町の顔として街の賑わいの中心だったが、その後は行き詰ったせいもあり、経済の活性化の打開・活路を東口の開発に求めてきたようだ。

どこの駅も東口の開発が盛んです。新たに街を形成するため、道路も広くとり商店街も広い駐車場を確保し、自ずと新興住宅地もできて街を形成してきているようだ。

そんな東口の開発に対抗して、企画はあるようだが西口の再開発は思うようには進みません。古くからの街のしがらみが・地権者が・・・そう簡単にはさせないのだと思います。

二世、三世の「市内の空洞化」「シャッター通り化」というドーナツ現象に対する危機感から、徐々に整備されてきているのも事実。

宇都宮駅の広場というかロータリーは2階になっている。何せ、路線バスの乗り入れコースが多く、発着頻度も多いために広場は全部バスに占有されてしまっているためだ。(それもほぼ一社だ)

2階部分にはモニュメントがありました。このモニュメントはもう暫らく経ちますが...改めて見ると新鮮な感じがします。

画像 052


画像 053


画像 054


冒頭で言いました路線バスですが、最近は小型バスが使われ始めましたね。バス会社の経営努力で、小型車を導入することで経費の圧縮を図っていますが、まだまだ大型車が主流です...全部が小型車になれば、駅前の風景も変わるかもしれませんね。

画像 070


画像 055



そして、一般的には、駅前のお店はコーヒーショップ(喫茶や軽食)や、若い人たちの好みそうなお店が主流だと思いますが...。宇都宮は西口も”餃子”の看板が目につきます。 東口に負けじとばかりに。

画像 074


先日報告した”えきの市場”も西口に出来ました。駅の近くを流れる”田川”も整備され、市民の憩いの場となっております。写真を撮り忘れてしまいましたが...。

宇都宮駅西口よ がんばれ!! 東口(餃子口)に負けるなよ。
ページトップへ  トラックバック0
宇都宮駅東口の変貌にビックリ仰天
2010-08-20-Fri  CATEGORY: 宇都宮駅・雀宮駅・西川田駅周辺
【再開発途上の宇都宮駅東口は完全に餃子に占領されています】7/31

宇都宮の新しい玄関とすべく、駅の東口は再開発の真っ最中です。東口への通路も途中までしかできていないので、まだまだ中途半端。公園風の芝生もネコの額程度に確保されているが、全体の最終景が見えない。

完成した時点で報告しますが、先ずは序章の段階で掲載しておきます。

画像 039
↑ 憩いの場なんでしょうか? 子供が喜びそうな小さな彫刻がたくさん置いてありました。

いま、宇都宮駅の東口は再開発中です。どこに何ができるのか知りませんが、暫定的なお店と思われる建物や駐車場がやけに目立つ。

果たして暫定的なお店のままで終わるのかどうかは判りませんが、駅前の一等地に”餃子店”です。いまや宇都宮では”餃子”以外は宇都宮の食べ物にあらずって感じです。

駅の東西を結ぶ長い通路を東口に向うと、大きな扇風機?で噴霧していて少しでも暑さを和らげようとしています。しばし、近くで涼んだあと、未完成のため途中で通行止めとなった通路の手前を...。

画像 035
↑ 駅の東西を結ぶ通路にある”噴霧器”?でしょうか。しばし涼んでしまいました。

通路を右手に降りると「宇都宮餃子館」がありキャラクター(健太の像)がお出迎え。本来ならば一等地のはずが、再開発途上ということからか、未整地の一角? 二角? 三角に餃子館が占めるなんて...。

画像 036
↑ 健太くんの像が出迎えてくれました。
   奥に無造作に立て掛けられているように見える石は、一応、美術的な感覚らしいです
画像 038
↑ 時間が9時なので、まだ開店準備中でした。
画像 037
↑ 有名人のサイン入りの写真がずらりと並んでます。もちろんU字工事も4回も来店!

隣接して駐車場が何ヶ所もありました。そのうちの1ヵ所は餃子店の駐車場で、1人前食べると1時間の駐車が無料になるという。これは売り上げ増に貢献するかも知れないですね~(もちろん、一般の駐車も可能です)

画像 041
↑ 宇都宮餃子館の駐車場。1人前1時間。2千円~で2時間、3千円~で3時間が無料。

さて、通路を左手に降りると「みんみん餃子」が構えていました。宇都宮の餃子を代表する”みんみん”です。こちらも数十台の駐車場が(実際に見なかったので...)。

何度も言っちゃいますが、駅のまん前の一等地に、たかが餃子店されど餃子店が広い駐車場を確保し、で~んと店を構えているんです。俄かには信じられませんよね。1人前2~3百円の売り上げですよ。

画像 042
↑ 時間も経過し10時20分。
   こちらの店にはお客が既に10数名くらい入ってます。朝から餃子ですか? 
   暑さに勝つためにスタミナを...


一時的なのか永住なのかは判りませんが、
宇都宮駅東口は暫らくは”宇都宮駅餃子口”となりそうです。

いま、構想はどこまで進んでいるのか判りませんが、選挙のたびに争点となるのが

”LRT(次世代型路面電車)”です。

宇都宮市の東部にある工業団地と宇都宮駅間を結ぶ公共交通機関ということで自民系議員が推進しています。

もちろん民主系議員は反対で今後がどうなるかは全くの未知です。何しろ、一番押している議員さんは現在”ただの人”なので、LRTに対しては大人しくしているようです。

画像 040
↑ 採算が取れるという推進派。利用率を水増しして試算しているという反対派。
   どうやら、このLRT構想は西口の大通りにも...あの私立高校まで延長する?

ページトップへ  トラックバック0 コメント7
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.