ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
途中下車の”氏家・雛めぐり”も途中下車しちゃった?
2015-03-03-Tue  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
27/02/27撮影 【途中下車ならぬ寄り道が縁日とは...とんだ雛めぐりに】


          前回のブログで言い忘れましたが...

  10時過ぎてたのでJR氏家駅に近い無料駐車場は満車

          係員に離れた駐車場を案内されたが

            P1440252.jpg

   途中で公共トイレのある駐車場を発見して急ハンドル

        塀に契約者の名前が...賃貸か~ダメだ!

  諦めて出ようとしたら無名のスペースがあることに気付く

        何と無名の場所は市所有で駐車可だって~

  本当? まさにラッキーとしか言いようがありませんね~

          街中に”雛めぐり”の幟やポスターが...

ところでこの真っ赤な幟旗もやたらと目に付く...何だろう?

               ”感満不動尊御縁日”

            P1440224.jpg

  先ず”雛めぐり”して最後に縁日でも覗いて見ようかな?

                 *雛めぐりの前編は報告済*

      そして次の会場へ移るべく歩いてたら行列が?

  ここが御縁日会場”光明寺”の参道↑・山門↓でした

*写真は最後に撮ったので行列は境内の中だけに
P1440227.jpg

                光明寺で行われる縁日?

    でも幟旗には”感満不動尊”と書いてあった筈だが...

            境内の”感満不動尊”の縁日らしい

【ネットによると】

   「縁日とは一言で言うと神仏との縁を深める日。神仏のゆかりのある日を選んで、
  祭祀・供養が行われる日であり、この日に参拝をすると普段以上の御利益がある
  といわれています」

            P1440228.jpg

   こちらが900年近くの歴史を持つ古寺”光明寺”です
      光明寺は真言宗智山派で、総本山は京都にある”智積院”という

P1440211.jpg

              そして本日の主役はコチラ

      敷地内のお堂の上に”氏家感満不動尊”が鎮座

           高さ3㍍、横幅も1.8㍍と大変に巨大で

   栃木県指定有形文化財彫刻としても認定されています

【ネットから】
この像は氏家宿の人々など、多くの浄財を集め、宇都宮藩御用鋳物師戸室卯兵衛が
宝暦9年(1759)71歳の時に制作した傑作です。
氏家は昔から不動の霊地と言われ、江戸時代になると庶民の不動信仰が一層盛んに
なり、現世利益、氏家宿の繁栄と人馬安泰まで願って建立されたのが本像である。

P1440216.jpg

             そうそう 縁日の状況ですが...

        境内に入り良く見ると3つの列が出来ていた

一つは”お赤飯”を配る列  二つ目は”お餅”を配る列

            そして最後は”福引”を引く列だ

P1440215.jpg

         雛めぐりを途中下車したケン坊と魔女...

              先ずは”お赤飯”の列に並び

     そして「お赤飯と切干」のパックを戴いちゃいました

         思ったよりも多く腹六~七分目程度に...

P1440213.jpg

   次いで搗きたての”餅パック(餡ときな粉)”もチョイス?

         さっきのお赤飯と合わせると満腹かな~

P1440223.jpg

         そして最後の長いなが~い福引の列は

 原則”氏家感満不動尊”をお詣りした方が対象ですが...

        監視が居る訳じゃないので見て見ぬ振り?

  福引テントには”氏家観光協会の法被”を着てる担当者

        うん? 縁日は氏家観光協会と協賛なのか
            (実際のところは確認していないので不明)

  ケン坊の推測:2月の縁日は”雛めぐり”と重なるから?

*氏家感満不動尊のお堂の内部
P1440220.jpg

             お堂へは数段の階段があり

    その石の階段の真ん中に”感満石”があります

  この石は古来よりお不動様の前に置かれていたもので

             「感(思いが)満(満たされる)石”

   参拝者が思いを込めて石を撫でると良いとされている

            P1440219.jpg

    福引抽選会のテントまで...順番が未だ先ですね

               境内はまだまだ混んでます

P1440221.jpg

             そして”福引抽選”に挑戦したが

    う~ん ケン坊は外れで箱のティッシュと納豆3個入り
              普通の福引じゃ精々ポケットティッシュだが

        魔女は一つ上のランク? 緑のたぬきと納豆

   縁日なのに買い物無しで福引できるって凄くないかい?

P1440243.jpg

                 いやいやビックリ...

        その上に”パンジー”を1ポット戴けるなんて

              途中下車も悪くないですね~

P1440242.jpg

     この後、ケン坊御一行は高根沢へと向かいます


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
途中下車?して ”氏家(さくら市)の雛めぐり”へ...
2015-03-01-Sun  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
27/02/28撮影 【まさかの途中下車! 伊王野道の駅は遠すぎる...】


   今年の雛飾りは”真岡・久保講堂”で観たので終わり...

        と思ってたが芦野の予定が急遽、途中下車

 芦野は遠いので”氏家の雛めぐり”で下車します>笑<

             3月8日(日)まで開催しています

            P1440171.jpg

  街中に飾られたお雛さまを多く見ようと意気込んでたが

       先ずはオーソな”お雛さま飾り”から掲載します

          その前に...お雛祭りのウンチクを少々

P1440197.jpg

P1440175.jpg

P1440185.jpg

              昔ながらの段飾りも立派ですが

   最近の傾向は”魅せる吊るし雛”が主役になってます

        気軽に参加できる”吊るし雛”が火付け役?

            P1440173.jpg

           もちろん変わり雛も次々と出現します

*赤ちゃん雛
P1440176.jpg

*干支雛
P1440183.jpg

          今回は童話・民話シリーズをご紹介?

*十五夜とウサギさんの収穫祭?(違ってるかも)
P1440177.jpg

*花咲爺さん
P1440178.jpg

*干支のお話し
P1440179.jpg

*桃太郎
P1440181.jpg

*かぐや姫
P1440182.jpg

*貝合わせ雛
P1440186.jpg

*珍しい雛壇飾り(源氏物語の構図から屋根の無い御殿)
P1440195.jpg

           *最後は”ケン雛と魔女雛”で〆!

P1440200.jpg

      さ~て 次なるお雛さまは...と歩いていたら

          目の前に”石田屋のたいやき”のお店

     何度か挑戦していたが休みで食べられなかった

P1440203.jpg

       老夫婦が丹精込めて”たいやき”を作り上げる

P1440204.jpg

        小振りですが評判通りの美味しいたいやき

                 ようやく食べることが...

             青空の下で恥ずかしの撮影会?

P1440208.jpg

        さて、この後の雛めぐりはどうなった?


ページトップへ  トラックバック0 コメント10
高根沢町・安住神社の節分祭へ初めて行ってみた
2015-02-03-Tue  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
27/02/01撮影  【節分祭に参加するのは初めてかな? 面白かったです】



   最近、曜日を配慮して節分祭を開催する神社が多い

        暦では今年も2月3日が節分なんですが

近くでは”羽黒神社”・”医王寺”・”安住神社”等が1日(日)だ

   ケン坊は”高根沢町の安住神社”の節分祭へ

  安住神社では1日の他に、3日(火)にも実施するという

P1430796.jpg

    そう 関東一大きな朱塗りの鳥居で有名な神社です

P1430785.jpg

    暮れに奉納した”八俵の大鏡餅”も砕いて撒くという

            詳しくはコチラ(↓)をご覧ください

               安住神社の大鏡餅奉納式

*写真は暮れに行われた奉納式の時のもの
P1430116.jpg

     風が強く、時間ギリギリまで皆さん車の中で待機?

           拝殿で護摩祈願を行ってからなので

    実際に”福まき”が行われるのは3時20分ころでした

P1430793.jpg

     神社へ着くまでは写真に徹してと思っていたのに

            その場になると拾うのに夢中で

   気が付いた時はまくのが終ったタイミングでした>笑<

P1430798.jpg

                 久し振りに”童心”に返り

        空中キャッチしたり足元を探したりと夢中です

            スナック菓子は魔女中心に10数個

P1430799.jpg

   奉納された鏡餅”無病息災餅(福餅)”を二人で12個も

            ”福まめ”も同じく12袋、ティッシュ8個

    良く拾い 良くキャッチしました 我ながら感心>笑<

            いや7割近くは”魔女”が拾ったんです

P1430802.jpg

  ”無病息災餅”は相当に固くなって”焼き餅”には不向き?

           でも試しに焼いたら普通に焼けました

    まかれた袋には”揚げ餅”がおすすめとありましたが

*写真はそれぞれ一袋の中身です
P1430805.jpg


  ”無病息災餅”をコレだけ食べたら今年は大丈夫>笑<

         プラス”福まめ”ですから...鬼に金棒!



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
ことしも”バレンタインデー”がきちゃった>笑<
2014-02-15-Sat  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
26/02/14撮影 【こんなイベントは要らないと思いつつも世の中の流れは...】


    今年も商売人に踊らされる季節がきました>笑<

              バレンタイン・チョコ

              景気の実感を感じないのに

     安倍政権下の”アベノミクス”という言葉の影響か

        売れ筋は2~3千円で前年より高価らしい

P1310036.jpg

              ケン坊も頂いちゃった...が

            女性の団体戦略には敵いません

 ホワイトデーもあるんですよね~ お返しの儀式の日が?

      お返しは一人一人に? 男って損だな~>笑<

P1310037.jpg

P1310030.jpg

P1310032.jpg

           そんな世の中のマスコミに踊らされ

    魔女も”孫たちに贈るんだ~”と買ってきたチョコ群

        本来のバレンタインデーとは趣旨が違う?

P1310029.jpg

                 と思いつつ今年もまた...


ページトップへ  トラックバック0
22日は二十四節気”冬至”...ゆず&カボチャの出番です
2013-12-23-Mon  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
25/12/22撮影  【一年で一番日照時間が短い? 日没は着実に遅くなって...】


        昼間の時間が一年で一番短い日と習った

    つまり”日の出が一番遅く、日の入りが一番早い”と

             勘違いしている人が多いかも?
P1290259.jpg

                 栃木の今年の場合は

      日の出が一番遅いのは26年1月11日前後で

      一番早い日の入りは25年11月30日頃となる


    そう、今年の冬至は、日没はピークより2分程度遅く

     日の出の時刻はこれから4分も遅くなっていきます


【参考】
       因みに栃木の日の出日の入りは...

    月 日   日の出   日の入り   日照時間

   11/26   06:29    16:26    09:57

   11/30   06:33    16:25    09:52

   12/13   06:43    16:26    09:43

   12/22   06:49    16:27    09:38

   01/11   06:53    16:44    09:51

   01/12   06:52    16:45    09:53




        さて、冬至と言えば”柚子湯”と”カボチャ”が

         ヒーローの如く食卓やお風呂に出没する

P1290268.jpg

◆ゆず湯(ネットから)

ゆず湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、冷え性やリュウマチにも
効くし、体が温まってカゼをひかないとも言われています。

こういう尤もらしい優等生の話はさておいて、

何故、冬至に風呂なのでしょうか? 
この答えは「とうじ」という言葉にあるのです。

冬至の読みは「とうじ」。というわけで、湯につかって病を治す「湯治」にかけてます。
更に「柚(ゆず)」も、「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」という、願いが込められて
いる。

5月5日に「菖蒲(しょうぶ)湯」に入るのも、「(我が子が)勝負強くなりますように!」と
いう、ゆず湯と同じ「願かけ」なのです。


P1290263.jpg

◆かぼちゃ(ネットから)

現在は野菜が季節に関係なく供給されていますが、西洋野菜が日本に入るまで、
この時期に取れる野菜は少なく、保存できる野菜も少なかったのです。

かぼちゃは保存がきき、保存中の栄養素の損失が他の野菜に比べて少ない。その
ため、冬至の時期の貴重な栄養源でもありました。

日本かぼちゃは、16世紀中頃ポルトガル船によってカンボジアからもたらされ
「かぼちゃ」の名は、このときの伝来先に由来しています。

江戸時代に普及しましたが、江戸時代中期から風邪や中風の予防に、かぼちゃを
冬至に食べる風習が根付いたといわれています。

これは当時、冬場に野菜がとぎれてビタミン類が不足することからで日本かぼちゃ
しかない時代に始められた風習です。


P1290269.jpg


ページトップへ  トラックバック0
消防出初め式・その4 ”分列行進(パレード)”
2012-01-12-Thu  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
24/01/06撮影【消防職員や団員、幼年消防クラブ、県警機動隊等1600人の分列行進が】


消防出初め式のメニューのひとつ

消防関係者による”分列行進”を忘れちゃダメ!


このイベントだけ除け者にしたら...怒られちゃう

宇都宮市民の防災・治安担当のトップが勢揃い!
         (中央が福田知事、その左側が佐藤宇都宮市長です)

P1020637.jpg

鼓笛隊を先頭にパレード(分列行進)開始!

P1020638.jpg

残念ながら4車線の大通りの中側2車線使っての

イベントなので、一般車両が外側車線を通行します

と言うことは見物席からはイベントが遮断されるw

P1020640.jpg

渋滞すればその時間帯だけ隠れて行進が進められ

おめかしした出席者にとっては何とも可哀そうです

そんな中”消防団員募集中”の幟は笑っちゃいました

P1020641.jpg

小型自動車なら良いが、バスやトラックには閉口!

この時間帯だけでも交通規制出来ないのかな?

P1020643.jpg

TVで見る宇宙人のような格好した行進も...

これを利用する機会が来ないことを祈ります

P1020645.jpg

宇都宮鳶木遣保存会も行進します...

P1020647.jpg

幼年消防クラブは車が途切れ見えて良かったです

P1020648.jpg

マイクで所属や人数等を紹介しているが耳に入らず

P1020649.jpg

もちろん、この他に各分団の消防車もパレード!

来年は、もう少し消防の勉強をして見学を...>完<
ページトップへ  トラックバック0
消防出初め式・その3 ”梯子の上の曲芸”
2012-01-10-Tue  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
24/01/06撮影【消防職員や団員、幼年消防クラブ、県警機動隊等1600人の分列行進が】

出初め式と言えば”梯子乗り”

    梯子乗りは”梯子の上の曲芸”ですね

   (場所は二荒神社前の広場。昔は大通りで何組かが行っていたようですが...)




出初め式の最後を飾る”梯子乗り”(毎年同じ?)

宇都宮鳶木遺保存会によるもので、高さ7㍍です


特に”背亀”という高難度の技にはヒヤリです

コレは特に多くを語らずとも雰囲気が伝わるかと...

P1020680.jpg

P1020664.jpg

            P1020656.jpg

P1020675.jpg

P1020660.jpg

            P1020662.jpg

P1020663.jpg


女性も頑張ってます

P1020665.jpg

P1020668.jpg

P1020669.jpg


再び男性が...はしごの上で

P1020678.jpg

P1020670.jpg


ケン坊には”梯子の上の曲芸”は無理です!!!

わざと落ちそうに演ずる場面は”冷や汗”です...
ページトップへ  トラックバック0
消防出初め式・その2 ”救助隊はしご車”の操作訓練
2012-01-08-Sun  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
24/01/06撮影【消防・防災の一環としての訓練を身近に見て、関係者(隊員)に感謝!】


最新鋭?の”はしご車が3台”勢揃いしました


     宇都宮城址公園の”放水訓練”に次いで

                 ↓

      大通りで”救助隊はしご車”の操作訓練
          (二荒神社の真ん前の交差点がメイン会場です)


     これは何度か見たことがありましたが...



先ずは救助隊が整列するシーンから開始!

この先は、説明不要ですよね...

写真だけでご勘弁を!(一応、ケン坊の日記ということに免じて)

P1020618.jpg

はしごがアップします...徐々に徐々に

P1020633.jpg

今日は天気が良く...青空に向って更に伸びます

P1020620.jpg

4車線の内、中央2車線を使っての操作訓練なので

バスやトラック、車が通るたび映像が遮ぎられる

見物人から期せずして不満の声がブツ!ブツ!

P1020622.jpg

かなり高くなってます。下からでは、

隣のシティビルとの高度感がイマイチ不明ですが

P1020626.jpg

うぉ~ 高いな~

宇都宮には4台のはしご車があるようです

真ん中が、中央消防署に配置の40㍍級はしご車?

P1020627.jpg

左右はしご車のクスダマが割れたが...

ちょっとガッカリ  五色のビニテープと紙吹雪だけ?

            P1020628.jpg

訓練の終了と同時に平和のシンボル”鳩”が上空を

旋廻しはじめた...今年は平穏な年に?

P1020634.jpg
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
消防出初め式・その1 ”一斉放水訓練(ショー)”の巻
2012-01-07-Sat  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
24/01/06撮影【正月6日は全国的に出初め式...アチコチで行われるイベントですが】


消防出初め式の第一幕は

  ”宇都宮城址公園での一斉放水訓練”


 この日はまさに晴天・無風の”出初め式日和”です




第一幕は”清明台”側の公園広場から

青空に映える清明台櫓

P1020615.jpg

既に”真っ赤な消防車”が8台集合

P1020565.jpg

早速、取材開始?

放水に使うための水を溜めてます...

P1020567.jpg

と、いきなりの放水! えぇ~ もう始まりでっか?

11時半からだと思っていたのに...

全く逆光...かえってボロが見えなくて良いって?

P1020574.jpg

消防団員も真剣に放水に取り組んでます

P1020572.jpg

清明台に向って一斉放水ショー?

ココから見ると放水は清明台に届いてます!


間もなく放水が終わる...何か変だな~

隊員に聞くと、今の放水は”リハ”だそうで>ホッ<

P1020573.jpg



そして第二幕は清明台の中から


今日は清明台は入れる? 放水があるので無理?

急ぎ(小走り)、清明台への入口へ...

入れましたよ~ 上からの眺めも面白いかも?

P1020596.jpg

火縄銃を撃つ穴からの眺めも乙なもの?

P1020585.jpg

な~んて覗いていると...ようやく放水開始

P1020607.jpg

? なんだ~ 下で見ていた時に比べ全然迫力なし

堀の幅が50㍍あるので...ぜんぜん届きません

P1020609.jpg

慌てて階段を三段跳びで降りる...まだ若い?

お堀に...辛うじて間に合った~

とりあえず一枚撮っておこう...コレが正解!

この後、直に放水は終了となり

P1020610.jpg

隊員も大忙しで後始末...

この後、パレードに参加するとのこと

主賓が遅れたせいで、この後の時間が無いらしい

P1020612.jpg

出初め式の放水光景は初めて...来て良かった

これも”脱サラ(何と強気? 本当はクビだったのに!)”のお陰か?

ケン坊もママチャリを飛ばして次の会場へ Go!
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
22日は二十四節気は”冬至”です。カボチャです。
2010-12-22-Wed  CATEGORY: イベント(習慣の風景)
【一年で一番日照時間が短いと言われてます。でも日没は着実に遅くなっています。】12/22


   冬至は日の出が一番遅く日の入りが一番早い日か?


冬至は、昼間の時間が一年で一番短い日と子供の頃に教わった。
その延長で考えると”日の出が遅く、日の入りが早い”と勘違いしている人が多いのでは?

実は、今年の日の出が一番遅いのは23年1月10日頃です。そして、一番早い日の入りは
22年12月6日頃
だ。

そう、今日の冬至は、日没はピークより1分程度遅くなっています。そして日の出の時刻は
まだまだ遅くなっています。


さて、冬至というと、”柚子湯”と”カボチャ”がヒーローの如く食卓にお風呂に出没する。

画像 758



◆ゆず湯


ゆず湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、冷え性やリュウマチにも効くし、
体が温まってカゼをひかないとも言われています。

こういう尤もらしい優等生の話はさておいて、


何故、冬至に風呂なのでしょうか? 
この答えは「とうじ」という言葉にあるのです。

冬至の読みは「とうじ」。というわけで、湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」にかけてます。
更に「柚(ゆず)」も、「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」という、願いが込められている。

5月5日に「菖蒲(しょうぶ)湯」に入るのも、「(我が子が)勝負強くなりますように!」という、
ゆず湯と同じ「願かけ」なのです。

画像 761


◆かぼちゃ
(ネットから)

現在は野菜が季節に関係なく供給されていますが、西洋野菜が日本に入るまで、この時期に
取れる野菜は少なく、保存できる野菜も少なかったのです。

かぼちゃは保存がきき、保存中の栄養素の損失が他の野菜に比べて少ない。そのため、冬至
の時期の貴重な栄養源でもありました。

日本かぼちゃは、16世紀中頃ポルトガル船によってカンボジアからもたらされ「かぼちゃ」
の名は、このときの伝来先に由来しています。

江戸時代に普及しましたが、江戸時代中期から風邪や中風の予防に、かぼちゃを冬至に食べ
る風習が根付いたといわれています。

これは、当時、冬場に野菜がとぎれてビタミン類が不足することからで、日本かぼちゃしか
ない時代に始められた風習です。

画像 757


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.