FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
古賀志山のセリバオーレンとの再会
2019-03-17-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
H31/03/17撮影 【相変わらずの写真ですが...写真展ではないのでご愛嬌!】



    多くの方から”セリバオーレン”の花レポが続き

          一電車二電車乗り遅れたケン坊ですが

       今日は登山は止めて花撮りオヤジに徹した?

※西登山道入口
P1720480.jpg

先ずは実績のある群生地でひっそりと咲くセリバオーレン

P1720481.jpg

P1720483.jpg

P1720487.jpg

P1720488.jpg

テーブルと丸太の椅子が新調されていた

P1720485.jpg

その先にもパラパラと咲いていたが...

もう一ヶ所の群生地探しに周辺をブラブラしたが見つからず

P1720489.jpg

もう一ヶ所、可能性のある場所があったが来年に...

一厘だけ咲きだした”ミツマタ”を撮って大人しく引きあげる

P1720490.jpg

そういえば”ミツマタ群生地”もそろそろかな~  まだ早い?

春先は花が重なって咲きだすので...熊ったな~>笑<




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
へ~ 今年初めてだったんだ...古賀志山
2019-02-17-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
H31/02/16撮影 【降雪の影響を案じて先週3連休は山をパスしちゃったが】


結局、先週の3連休は3日間ともジョグで計35㌔走る結果に

              さて今週は何処の山?

足利じゃ連荘だし 茨城の里山か? どうしようか床で悩む

      目覚ましに促され布団から這い出したが...

PCの前に座り”ケン坊の日記”で最近の山歩きを振り返る

  れれれ...今年は古賀志山を歩いてないじゃん?

いくら正月登山がV10で終了したとしても不義理はいけない

   前夜、念のため準備したモノは全て仕切り直し>笑<



定番の赤川ダムに写る逆さ古賀志を確認してからのスタート

※9:25
P1720221.jpg

ようやく定着した「北コースの登山口」ですが落石の不安も?

P1720223.jpg

最近の山道でのケン坊は下を向いて歩く姿が多くなっている

木の根や石などによる躓きや転倒防止が最大の理由だが

この日は前行く御婦人のリズミカルな鈴の音をBGMに歩く

P1720226.jpg

所々に、雪が降ったことの痕跡はあったが

歩きも佳境になる頃にはコンな景色も...まさかの冬景色に

これで驚いてちゃ、県北の山も滝も見に行けませんね>笑<

P1720228.jpg

P1720230.jpg

今回の周回コースは久々に”時計回り”で歩くことにした

北コースで東稜見晴し~古賀志山~559P~ベンチ広場

東稜見晴しから...雲上の筑波山が微かに

P1720236.jpg

返す刀で”古賀志山(旧名:東ノ鳥屋山)”の山頂をクリア

P1720237.jpg

最近、マナーが問われている女性陣への苦言も

そういうケン坊のマナーは大丈夫? 反省してます!

P1720238.jpg

一路 ”559P”を目指し...

弁当岩、松島の岩肌とコラボする日光連山の雄姿が眩しい

P1720244.jpg

間もなく”559P”に到着  先客が6人、後から3人の計10人

最近、古賀志山のいたる所の表示板が置き換わっています

”通称:559P”は地元の人には”班根石山”と呼ばれている?

P1720248.jpg

そして今回の歩きで多く見られたのが”倒木”です

結構な太い樹が無残な姿に...これも自然のことなのかも

P1720249.jpg

そして11:45 無事に駐車場へ到着...2:20の歩き

先週の走りこみが功を奏したのか苦しむ場面はなかったよ

いやいや 走りこまなくても里山だから...ね>笑<




ページトップへ  トラックバック0
遅くなったが...ご無沙汰してた古賀志山にご挨拶を
2018-11-25-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
H30/11/25撮影 【一番身近な里山に...復帰する意志を伝えなきゃ>笑<】


何だかんだ言って一番お世話になっている山は古賀志山...

       少しずつ復帰のステップを踏み出す中で

早くご挨拶しなければと思いつつ大小山、筑波山の後塵を?

 仕事も今が重要な時期なのでリスクを避けたいと思いつつ

     この天気には勝てず...歩いちゃいました>笑<

P1710591.jpg

先ずは登山口までの取り付け道路の紅葉を見ながらスタート

P1710518.jpg

P1710516.jpg

新しく出来た登山道...復帰第一歩を記します

P1710523.jpg

真っ赤なダイヤ”フユイチゴ”がアチコチでお出迎え

P1710524.jpg

約30分でベンチ広場へ  入山者も多く、前後の見える範囲に

P1710527.jpg

P1710545.jpg

そして休まずに一気に”古賀志山山頂”を征服!

P1710539.jpg

東稜で休憩とも考えてたが満席なのでピストン下山

呆気なく終わっちゃいました...559峰経由とも思ったが

徐々に身体を慣らそうと自分で自分を制御しちゃった!





下山後、赤川ダムを周回して駐車場へ...ネライは紅葉

何となく期待できそうな雰囲気を醸し出す釣り堀近くの黄葉

P1710552.jpg

対岸の秋もなかなかの雰囲気\(^_^)/

P1710556.jpg

周回コースで一番の紅葉スポットは果たしてどうか?

遠目ではバッチリ  近づいてもまぁまぁ 写真写りがイマイチ

正直のところ3~4日遅かったかも ね?

P1710557.jpg

P1710562.jpg

P1710566.jpg

P1710567.jpg

P1710569.jpg

P1710571.jpg

P1710572.jpg

P1710580.jpg

P1710585.jpg

どちらかと言うと山歩きより紅(黄)葉を楽しんじゃった>笑<






ページトップへ  トラックバック0
再びブロ友の後押しで”古賀志山で3(サン)フラワー”ゲットの幸運
2018-04-01-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
H30/04/01撮影 【またまた”リンゴさん”のブログで行動することが出来ました】


2ヶ月半振りの山”古賀志山・花旅”に行ってきました~  

※シンボル的な枝垂れ桜
P1680690.jpg

あれれれ 景色が激変?  セリバオウレンの時も驚いたが

今度は”新道”が出来てる...右が従来の登山道

左が新道で、百㍍先の中尾根登山口まで(許可車両のみ可)

※岩盤が削られ樹木が伐採されて新しい道路が出現
P1680822.jpg
※2年前の写真  カラーコーンが従来の山道で橋の左が仮の山道
P1570854.jpg

先ずは”カタクリ”に挑戦...従来の山道を入っていきますが

東屋のある登山口からですが、いきなり急登が待ってました

P1680693.jpg

久し振りということもあり”ゆっくり焦らず”歩を進めます

小さなスミレにも挨拶忘れず...厳しいスクワットで>笑<

P1680695.jpg

ゆっくり歩き過ぎて”カタクリの園”まで40分も費やしてました

何度もカタクリの園は観ているが今年は最高の状態!

残念ながら写真はスクワット不足で没の山の連続でした

P1680708.jpg

P1680701.jpg

P1680720.jpg

P1680734.jpg

P1680699.jpg

カタクリに満喫したケン坊御一行(二人ですが)

尾根で得た情報に元気を貰い...先ずは中尾根を散策?

目的の一つだった”アカヤシオ”が視野に入った

P1680738.jpg

P1680750.jpg

P1680753.jpg

アカヤシオに心を癒され中尾根に別れを告げて支尾根に...

支尾根でもアカヤシオは見られますが日陰なのでイマイチ

紅白ヤシオの揃い踏み?  散り際にしてはシッカリした花

P1680757.jpg

そうそう支尾根の先にはこんな岩が...そう”二枚岩”です

P1680762.jpg

目的は何?  もちろん”ヒカゲツツジ”ですよ

だって情報で「七分咲き」だって聞いちゃ行きたくなりますよ

P1680772.jpg

P1680768.jpg

P1680783.jpg

でも残念ながら実際には1分咲きかな?

すれ違った方の情報では”松島”の方は満開になってるって
(昨日撮ったという写真を見せて貰ったので間違いない)

悔しいですが”松島”まで歩く自信がないので断念!

P1680786.jpg

P1680799.jpg

P1680803.jpg

”カタクリ・アカヤシオ・ヒカゲツツジ”が揃い踏み

まさに”3(サン)フラワー”ゲットに満足

以下はオマケで掲載...

あははは ラッキーなキクザキイチゲとニリンソウですね

P1680808.jpg

P1680816.jpg

そうそう 冒頭で説明した”新道”はこんな感じに整備

約百㍍先の最初の中尾根登山口まで続いてます

P1680821.jpg

更にオマケで駐車場へ戻る途中で撮ったものを掲載>笑<

P1680823.jpg

P1680824.jpg

P1680826.jpg

漸く駐車場まで戻ってきました...

ランチを含め4時間もかかりましたが復帰の山歩きも無事に

山中での大きなクシャミ連発はケン坊です>笑<





ページトップへ  トラックバック0
3年振りに歩いた古賀志山(559峰)コースは新鮮だった
2018-01-07-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
H30/01/06撮影 【何度も歩いてたコースですが間を空けると新鮮ですね!】


 この10年、元旦にお世話になった古賀志山にお礼参りに

       できれば松飾りのあるうちにと思っていた...

 大平山から中4日、魔女は無理かなと思いつつ声かけたら

    まさかの”一緒に行きたいんでしょ”との返事に(@_@)

※古賀志山に登る前の儀式?
P1670802.jpg

いつものように北コース...歩きだしたら

下山する人に”工事のため仮橋が外されている”との情報に

案内板通りに”迂回コース”を素直に歩くことにした

※工事中の重機も入ってます
P1670803.jpg

正規の北コースに出て歩くこと数分、中尾根コースの登り口
(北コースから中尾根へは登り口が複数ありますが)

通称”カモシカ岩”へのコース...(ケン坊が第3入口と勝手に命名)

急に魔女が”今日はココから登ろう”と言い出した(*_*)

約3年振りのコース...何だか今日は魔女が乗ってる感じ?

P1670851.jpg

この時期は🐍が留守なので安心して歩けます>笑<

数年前に何回も”ヤマカガシ”に遭遇して避けてたコース

でもね~ このコースにはロープや鎖場があるんです

魔女はそれを承知の上でこのコースを選んだのだ

P1670809.jpg

多気山の奥に”筑波山”が雲上の山として見える

”宝篋山”は雲の中...リンゴさんの雄姿は見えず>笑<

P1670812.jpg

久し振りに鎖場を登ります  山での魔女のお尻も久し振り?

P1670814.jpg

雪を被った”高原山”も樹間から見えましたが

やはり雪の山はケン坊には永遠に憧れの山ですね

P1670816.jpg

そして”軍艦岩”に...今日は乗ってる”魔女”は

普段は怖がって乗らないこんな軍艦岩の先端でこのポーズ

P1670819.jpg

そして赤川ダム...遠く筑波山、加波山、離れて雨引山?

P1670832.jpg

今日は古賀志山頂ではなく”559P”をゴールにします

ピーク手前の開けた所の日光連山(特に女峰山)が眩しい

P1670837.jpg

古賀志山...正月...やはり”正月気分”を味わいたいと

戴いた”すずらん本舗の豆大福”をメインに

P1670842.jpg

途中で見た”高原山”も良かったが559P手前も(`・ω・´)b

P1670847.jpg


ところで今年はインフルエンザ予防のワクチン不足で

例年11月に接種していたが...年越して漸く予約が出来た

今日、古賀志から帰ってきてから接種してきました

もちろん古希を過ぎたケン坊は市の補助対象で

懐に優しい1500円でOK  これで何時流行しても大丈夫?

P1670855.jpg

ブロ友のみなさん...インフル対策はお済みですか?

楽しい山行も健康な身体があればこそです



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
復帰できるか魔女! 里山”古賀志山”で試し歩き
2017-09-07-Thu  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
H29/09/03撮影 【久し振りに魔女と山行...山行と言うにはおこがましいって?】


   退院して1ヶ月超、ケン坊の山行はまだ2回だけしか...

     以前とは比べ物にならないほどペースダウン!

 まぁ天気の関係もあるが、皆さんのレポを見てると登りて~

  先ずは山行できる身体を作らなきゃ? と”古賀志山”

  ケン坊のためと言うより魔女の足の状況確認がネライ?

P1660541.jpg

長いこと魔女の山行を苦しめている足(踝や土踏まず周辺)

目標を持つことが一番の近道と...9月下旬に本番を設定

そして身近な”古賀志山”で地道に準備...

この時期の古賀志山は...珍しくもない花のオンパレード?

P1660543.jpg

P1660546.jpg

P1660550.jpg

エッツ 鳳仙花?  鳥が運んできたのかな~

それとも誰かが意図的に?  そう、広場にはこれまでも...

P1660562.jpg

広場から先の北登山道は”石や岩がごろごろ”状態が続く

P1660563.jpg

終わっている筈の”森の妖精・レンゲショウマ”が\(^_^)/

おぉ 魔女に”生のレンゲショウマ”を見せられて良かった

P1660578.jpg

P1660580.jpg

P1660564.jpg

魔女の足を気にしながらも”ゆっくり山行”なので問題無さそう

今回は”東稜”までのピストン

P1660570.jpg

東稜から見る高原山  紅葉時にでも登ろうかな

P1660572.jpg

後半戦もノーマルな花の掲載でレポも終了?

P1660575.jpg

P1660581.jpg

P1660584.jpg

P1660586.jpg

P1660587.jpg

P1660589.jpg

下山後は赤川ダムを周回...シュウカイドウが盛りでした

前回のレポ時に掲載してるので今回は省略

P1660596.jpg

赤川ダム堤防(反対側斜面)に”ツルボ”が群生してた~

P1660605.jpg

以前ならあまり取り上げられなかった花の連続でレポ終了?

魔女の足の調子は何とか無事に...でも疲れたみたい

さて、次週も目標に向かって里山で訓練? 天気は良さそう!




ページトップへ  トラックバック0 コメント4
まだまだ”山歩きは辞めないぞ”...足に身体に教えないと...
2017-08-12-Sat  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
H29/08/12撮影 【よしよし意外に体が動くじゃん? でも暫くは慎重に...】


    少し山歩きから遠ざかって足腰が鈍ってる...筈だ

 先ずは”脹脛や太もも”に山歩きの感覚を思い出させないと

  山の日に登ろうと思ったが空模様の関係で今日に順延

P1660165.jpg

今日の目的は身体に山歩きを思い出させる?

コースもオーソに北コース(北登山道)をゆっくり歩く

P1660180.jpg

北コースは数年前の豪雨被害のままで荒れたまんまです

P1660170.jpg

花も端境期と思ってたら”タマゴダケ”がお揃いでお出迎え

P1660216.jpg

P1660175.jpg

タダでさえ湿度が高いのに陽射しが輪をかけて  アヂー!

P1660179.jpg

チゴユリの実やヤマジノホトトギスが忘れた頃に被写体に

P1660182.jpg

P1660187.jpg

そして今日は”下見”と思ってたレンゲショウマは蕾でした

P1660188.jpg

やはり早かったなと思いながら進むと...

株数は前回よりも増えた?

そのうちの2株に花が...花が咲いてケン坊をお出迎え

P1660192.jpg

P1660193.jpg

P1660211.jpg

そして”東稜”に...陽射しがあると言っても雲は多い!

P1660201.jpg

そして一気に下山(往路をピストンで)

コチラも下見...シュウカイドウの咲き具合はどうかな?

まだまだ咲き始めと言うか、フライングした花がチラホラ

P1660220.jpg

P1660224.jpg

P1660227.jpg


やはり今日の収穫はコレ(↓)かな?

P1660213.jpg

今日は軽く足慣らし...無事に約2時間の歩き終了!

少し自信を取り戻した感じです  ホッ!







ページトップへ  トラックバック0 コメント8
GW(4/30)は天気晴朗...山行には暑すぎた?
2017-04-30-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
H29/04/30撮影 【今回も古賀志山頂には立たず...二枚岩と三角山だけ】


昨日は天気の急変に注意という情報に山行を諦めたケン坊

      かなりの雨が夜の10時頃まで降っていたので

 山行するにしても泥濘が気になるが一日中快晴の予報に

地元の里山”三角山(古賀志山)”へあの花を求めて

     ゴメンね~ 今日も古賀志山頂へは行きません

※一気に新緑に世代交代をした自然界
P1630716.jpg

いつものように駐車場から北コースで広場(ベンチ)へ

広場にはヒトリシズカが数株ありました

P1630724.jpg

広場から中尾根へと急登を...毎度のことだがシンドイ!

シンドイがスクワットは欠かさず?>笑<  

P1630728.jpg

P1630731.jpg

中尾根を通り越しヒカゲツツジのメッカ”二枚岩”へと向かう

もちろん”ヒカゲツツジ”は終わってるので

今回は”あの花こと「ヒメイワカガミ」”がネライだ

でも本当は三角山の山頂直下がネライなんですが
(直接、三角山を登ることも考えたが...)

二枚岩への途中でも結構咲いてました

P1630739.jpg

P1630740.jpg

P1630742.jpg

トウゴクミツバツツジはピークを越えちゃったかな?

P1630746.jpg

P1630745.jpg

何だかんだしてるうちに”二枚岩”に着いちゃった

2週間前はアカヤシオとヒカゲツツジに浮かれてたケン坊も

P1630748.jpg

今日は少しのヤマツツジとトウゴクミツバが辛うじてお出迎え

正面に見えるのがこれから向かう”三角山”です

P1630749.jpg

少しばかりの休憩をし三角山へGo!

下り始めたら2厘のヒカゲツツジが待っててくれた\(^_^)/

いや ”花の無い二枚岩へようこそ”と歓迎してたのかな?

P1630754.jpg

さて二枚岩からは一気に下ります

樹に摑まらないと転げ落ちそうな感じで怖いですが

花が咲いてれば立ち止まり...ボケ写真が増える😞

P1630761.jpg

P1630756.jpg

二枚岩から10分程度で林道に...更に林道を左に5~6分で

三角山の登山口へ(判り辛いです~)

※山頂まで10~15分ですが結構な急登です
P1630763.jpg

すると山頂手前から”ヒメイワカガミ”が群生してました

魔女に”先に広い群生地がある”と  あぁ撮っておけば...

P1630765.jpg

間もなく三角山の山頂へ...山頂は貸し切り状態です 

魔女が久し振りに店を広げて食卓を賑わす?

P1630779.jpg

ケン坊は相変わらず写真撮りにフラフラと山頂を歩きまわる

P1630766.jpg

↑真ん中の黒っぽいところが ↓先程まで居た二枚岩です

P1630767.jpg

本日のケン坊のランチは? 相変わらずのセブンのお握り!

P1630772.jpg

トマトは丸かじりで...あとは魔女と二人のまったりタイム

P1630773.jpg

山頂直下ではトウゴクミツバツツジが蝶になるところ...

窮屈そうな茶色い帽子を取ってあげたいが

P1630785.jpg

久々に我が家にしては長居しちゃいましたが...下山です

早速、ヒメイワカガミがお出迎えしてくれましたが

やはり感動するのは最初だけ?  慣れって怖いですね~

P1630788.jpg

P1630790.jpg

P1630793.jpg

おぉ~ 皆でケン坊を睨んでいるような気がします

P1630795.jpg

三角山のヒメイワカガミとお別れし10分程で主稜コースへ

P1630796.jpg

そして途中で北尾根コースへ分岐...鞍掛山が見えてきた

ここまできたら山行も終盤戦ですね

P1630797.jpg

この辺りはヤマツツジが群生し蕾もありまだまだ見られそう

P1630800.jpg

この時期、山菜好きな方には堪りませんね  シラキノメ

ケン坊も少しだけ自然の恵み・山の恵みを戴いてきました

P1630804.jpg

シラキノメは早速に天婦羅で...

疲れもあり今夜のネタは一種類で済ましちゃいました

P1630805.jpg

魔女と無事の帰還を語りながらビールで労い

P1630809.jpg

さて明日からはカレンダー通りでブルーマンデーです

GWの後半戦は何を企画したらいいのかな?



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
遂にV10達成...古賀志山・元旦登山 恥ずかしい記念写真!
2017-01-02-Mon  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
29/01/01撮影 【古賀志山登山と書きましたがハイクです...文字数の関係で】



元旦は天気に恵まれ恒例”ケン坊の山開き”は今年も実現へ

          数日前から風邪気味の症状が出始めて

V10リーチの古賀志山、プレッシャー感じながら元旦を迎えた

       魔女には口が裂けても風邪だなんて言えない

朝コッソリ熱を計ると5度5分...怠さはあるが熱無いじゃん!

     定番の初詣をし、ご利益があるようにもう一ヶ所?

P1610652.jpg

今回はV10達成の儀式だけが目的の少し軽めのハイクに

正月なのに家で過ごせない訳あり入山者がいました>笑<

オーソに北コース(北登山道)からゆっくりのペースで

80分後、古賀志山頂に到達...遂にV10達成しました

ケン坊が自撮りをイメージして作ったV10達成の色紙?

P1610657.jpg

山頂に誰も居ないことを願ってたが4組がランチの真っ最中

暫く皆さんの動向を探ってたが下山には時間がかかりそう

自撮りを諦め恥かしさを堪えてシャッターを押して貰うことに

P1610640.jpg

当然、他のパーティの注目の的となり恥かしいやら嬉しいやら

”おめでとう”の言葉と”拍手”を頂戴しました 有り難いです

もちろん、シャッターを押して貰うことも想定内だったので

お礼の品(一緒に喜んでもらうため)も用意していて良かった

P1610646.jpg

別々に撮ることは想定外...同じものを使い回しです

こんなことなら2~3パターン作ってくれば良かったかな?

P1610645.jpg

漸く「古賀志山・元旦登山V10達成」の撮影終了

用意した”おせち料理”を広げて...細やかにビールで祝杯

二人だけの”山頂での宴”もチラリ見され...浮いてた?

P1610644.jpg

日本百名山や栃木百名山踏破記念の色紙なら判るが

ケン坊の場合、低次元レベルなのに恥ずかしい真似っこです

一応、区切りがついたので来年の元旦はフリーハンド>笑<



H28年 古賀志山・元旦登山

H27年 古賀志山・元旦登山(過去分・1回目無し)



ページトップへ  トラックバック0 コメント14
空いた時間で行ける所は”古賀志山”しか無い?
2016-12-15-Thu  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
H28/12/03撮影 【土日が休み。1日が野暮用で潰れても出掛けられるのだが】


      どういう訳か10月に入ってから野暮用?が続く

           一気に片付けちゃえば良いのだが

      手順を踏まなくちゃダメな野暮用も多くてねっ!

  空いた時間を上手く使わないと何処にも行けないことに

     数時間で行ける”古賀志山”という近くの里山

山頂は無理なので”トリムコースの一部”スリム歩き

P1610324.jpg

流石に古賀志山も紅葉というには抵抗ある景色になってきた

P1610329.jpg

孫たちと何度か歩いた”トリムコース”を1時間程度を目途に

※歩く時間は1時間でも往復の時間もあるので...
P1610331.jpg

あははは トリムコースを歩くと言っても単に歩くだけです

遊具(器具)は基本的にスルーです

ゆっくりズムで景色を眺めたり写真撮ったり(被写体無し)?

P1610334.jpg

紅葉擬きの景色が少しだけ見られてラッキー

P1610339.jpg

そして季節は着実に変わり...もう”フユイチゴ”の赤い実が

P1610347.jpg

こんな寒い日にトリムに興じてる方もいました>笑<

何処の誰でしょう どこかで見かけたような?

P1610350.jpg

目立ちがり屋さんは何処にも居るんですね~

P1610355.jpg

今日の約90分のプチハイクはこれで終了です

大した時間ではありませんが

家を離れただけでも気分転換になりました

P1610361.jpg

あぁ明日も中途半端な日程?  ブツブツブツ...(^^;;)


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2019/07 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.