ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
日光線で鹿沼へ...街中を散策してからボーリングそして飲み会?
2013-11-20-Wed  CATEGORY: 撮り駅(日光線)
25/11/15撮影 【たまには電車も良いかな? でも一駅じゃ意味無いかも...】


       まさか? 鹿沼でボーリングをする羽目に!

  この日は非番だったが天気が悪くその後のことを考えて
         (その後って...多分、どこかで飲もうってことに???)

             結局、電車(日光線)で鹿沼へ

    鶴田駅(宇都宮駅の次駅)まで魔女に送ってもらった

*駅前は工事中...駅舎は古いです!
P1280087.jpg

     全駅統一した駅名標と日光駅のシンボルマーク

    電車と同じ色”クラシックルビーブラウン”の駅名標

P1280092.jpg

       レトロ調に変身した日光線下りが入線...

           P1280095.jpg

     そして8分で電車は鹿沼駅へ 意外と近いんです

P1280096.jpg

          駅周辺&市内のポイント案内板...

   この表示スタイルも日光線全駅が同じになってます

           P1280097.jpg

        駅から出ると標高の石柱が...164.5㍍

そう言えばあの”真岡・根本山と鹿沼・茂呂山”と同じ位だ!

P1280098.jpg

      駅前広場に隣接した”彫刻屋台”の格納倉庫が

            残念ながら中は覗けなかった...

P1280099.jpg

    鹿沼駅から西(中心街)へ10分も歩くと黒川に到着

       橋の袂に大きな”彫刻のある光景”が現れた

          谷口勇三作”時の位相(風の記憶)”
              (鹿沼東ロータリ^クラブからの贈呈)

           P1280100.jpg

           黒川に架かる府中橋からの眺め?

  右奥に見えるとんがり屋根の建物は”川上澄生美術館”

          その左には薄っすらと日光連山が...

P1280103.jpg

                ここは”掬翠園”です

      今年の2月に”つるし雛”を見にきた場所です

P1280105.jpg

        紅葉もそろそろかなと想像してましたが

残念ながら慶雲郷を含めた園内の紅葉は始まったばかり?

P1280106.jpg

   こちら”観濤居(茶室)”は数寄屋造りの静かな佇まい

      雰囲気はとっても良かったが紅葉は早かった
                
  しかも”どんよりとした天気”と時間帯に足引っ張られた

P1280109.jpg

         この後もアチコチと歩いた(後日掲載)

        そして目的のボーリング場へと向かうが

  さてボーリングは何年振りかな~ 前職のレク以来か?

P1280149.jpg

            少し早かったため誰もいません

P1280152.jpg

        こんな風に投げれば...良いんだよね?

 ボーリングはケン坊たちの2~30代の時が最初のブーム

        当時は180をコンスタントに出していたが

            数年に1回では120が精一杯?

    今回まぐれで140は出たが腕が鈍って...>笑<

*プライバシー保護のため写真は1枚のみ
P1280164.jpg

   案の定、ボーリングの後は...最終目的の懇親会!

        こちらも写真は掲載出来ず(悪しからず)

             料理の一部だけ掲載します!

P1280183.jpg

P1280188.jpg

P1280193.jpg

     ケン坊は終電の関係で22時前に引き上げたが

         残留組はなんと午前様になったらしい

  因みにケン坊以外は全員女性(年齢は40~60代)です

                 女性恐るべし!

P1280202.jpg

    なお、この日は濃霧のために鶴田駅で30分停車

            家に着いたのは23時過ぎた

      でも楽しいひとときを過ごすことができました

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
日光線の旅・車窓からの雪景色
2011-01-21-Fri  CATEGORY: 撮り駅(日光線)
【アイスバックス観戦...日光へ向けた電車の旅にもう一日お付き合いを...】1/16

                 日光線の車窓から  

むかし、こんなタイトルの長寿番組がありましたね。それと比べるつもりはありませんが。


↓ 宇都宮駅で待機する日光線の車両。この電車に乗って車窓を...
   日光まで往復したのでしょうか  雪が車両にこびりついてます
画像 379

↓ 先ずは前面の車窓からみる雪景色
   日光線は単線です。
画像 385

↓ 実質の初雪で景色は一変。車窓に耐えられる景色になろうと努力してる?
   遠くに見える山(左奥)は古賀志山です。
画像 387

↓ 完全に古賀志山を捉えたと思ったら、電車のスピードを計算しないと...
   鉄塔が中心に入ってしまっちゃった。路線にも慣れてなかったのも原因だったのかも
画像 389

↓ おぉ~こんなに大きな古賀志山が...見る角度で形は全然違って見えます
   良く考えたら、いつも見る反対側から見てました...>笑<
画像 392

↓ これも車窓か? 
   窓にツララの変形が...風を切って走るから寒いんだろうな~
画像 399

↓ ここは下野大沢駅と今市駅の間。 
   そう、この杉並木は”例幣使街道の杉並木”です。
画像 400

↓ 今市駅から日光駅に向っています。
   日光の山々が段々と大きくなってきましたが...吹雪いていそうな景観だが
画像 403


↑ この山は、ぜひとも今年は征服したいと思ってる”女峰山”です(でも険しそうだな~)
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
今さら”JR日光線”のコマーシャル?
2011-01-19-Wed  CATEGORY: 撮り駅(日光線)
【思わず”撮り駅”を思いましたが、今日は車中の人となってしまったので】1/16


   JR日光線は車両も駅構内も大正レトロ調

<レトロ色に変身したJR日光線>
魅力ある観光路線を目指すため、JR日光線が“大正レトロ”をテーマにしたデザインに
生まれ変わったという。

リニューアル工事で、基本色として統一された色は“クラシックルビーブラウン”だ。
「日光の由緒正しさを象徴する、ルビーの輝きのある赤みを帯びた茶色」だという。

また、リニューアルの一環として日光線車両のうち、外装を”アイボリーと茶色”のシックな
装いのレトロ調に塗り替えました。


さて、アイスバックスの試合観戦のチケットを胸に、JR日光線に乗り込みました。何か
いつもと雰囲気が違う。

思わず車両を降りて、構内や車両を見渡すと全体的に模様替えして、目新しく感じました。
今回は、その一旦を掲載です。


↓ JR宇都宮駅の5番線が日光線ホームです。
   日光線への案内版の縁取りが茶系です。何かいつもと違うな?
画像 365

↓ 日光線は、宇都宮駅を出発すると、鶴田=鹿沼=文挟=下野大沢=今市=日光の6駅。
   駅の数は思ったよりも少ないです。これなら撮り駅ができたかな?
画像 374

↓ これが日光線の車両。
   アイボリーと茶色を基調にした車両です。車両によって描かれた絵が違うらしい。
   事前に知っていたら...残念ですが、今回は一部だけ紹介です。
画像 372

↓ 日光線全線開業120周年になるんですね。全く知らなかったです。
   1890.8.1 の開業ですか~ 去年の8月? だったんですね。
画像 369

↓ コレは?
   イメージから”日光駅?”でしょう。
画像 370

↓ こちらはお判りですね...
   そうです、日光の三猿です。
画像 371

↓ この光景は、雪国を走る鉄道らしいですね。
   雪がこびりついてドアが開かなくなるので、全車両ともコツコツと氷を落とします。
画像 373

↓ 日光線ホーム。
   車両だけでなく、ベンチも柱も...”クラシックルビーブラウン”に統一されて。
画像 378

↓ ようやく出発です。
   子供のように先頭車両に乗って...因みに先頭車両には4~5人しか乗ってません。
   運転手はいつもと同じように見えましたが...
画像 382

↓ すれ違う電車も”アイボリーと茶色”のシックな車両です。当たり前ですか?
画像 397

↓ 途中の駅でも気がついたんですが、
   駅名の案内板まで”クラシックルビーブラウン”に。しかも形まで統一されてました。
画像 395


この変化を事前に知っていたらな~ と後悔です。
これは、いつの日か”日光線の撮り駅”を実現しなければ...と意を強くしました。

また出会おうぜ! 日光線...
ページトップへ  トラックバック0 コメント5
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.