ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
新春”里山ハイク・第三弾”は...太平山
2017-01-15-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
H29/01/14撮影 【センター試験...今年は豪雪に見舞われる地域もありそう】


      「ネタつなぎ目的の山行は止めよう」の文字に

          果たして今日のハイクはネタ繋ぎ?
                        
                        
                        
   小寒過ぎて日本上空には厳しい寒波が南下してきた

     ケン坊が歩ける里山を襲ってくれるなと切に願う

よし! それなら降る前に登っちゃえ~と太平山へ向かう

         先ずはいつもの”あじさい坂”から登るが

   ケン坊の人生もこんな階段を登るように厳しかった?

P1610738.jpg

人生もとっくに折り返し過ぎて...残りはこの位?

これからも続くイバラの階段か~

P1610740.jpg

昨年の感謝と今年一年のお願いを込めて二礼二拍手一礼

十何年振りかで引いたおみくじは「末吉」...微妙か?

”健康”は徐々に良くなるっていうから、まぁ良いかな>笑<

P1610741.jpg

今日は太平山&晃石山をピストンハイク予定

そして3~4年振りに太平山山頂を目指し分岐を浅間神社へ

※写真右が「浅間神社・太平山山頂」、左が晃石山方面
P1610743.jpg

分岐から100㍍程度で”浅間神社”に到着

前回と変わらない静かな光景...裏手に回って山頂へ

P1610744.jpg

ん?  山頂はココだったよな~ 何度も周辺を見渡したが

高台の高木に山名板が見当たりません

少ない記憶を辿っても三角点は無かったと思うが山名板は

P1610745.jpg
※家に戻って過去を見たら...間違いなくこの樹に山名板が
P1280954.jpg

予報では黄色いマークの風もなくまずまずの天気に

遠く筑波山が見える  ただ埼玉方面には真っ黒な雪雲が?

P1610749.jpg

黄金色に輝く”何とかの実”が唯一の被写体?

P1610751.jpg

多少の汗ばみを感じる頃には”晃石山山頂”へ到着

いま、晃石山周辺の上空は青空が全開ですが

寒波襲来に伴う黒い雪雲が埼玉から東京方面に爆走中

P1610756.jpg

もちろん日光連山は雲の中

P1610755.jpg

青空の下ですが気温は「0度」...やはり空気が冷たい!

P1610757.jpg

帰路、コース外れて太平神社の上へ出ようと尾根歩き

どうも尾根は逆方向に向かってた?

お蔭で初めての光景(↓)に出会うことが\(^_^)/―

今年はチャレンジの年? 新しい出会い発見のために!

P1610758.jpg

下山途中で良い香りが...ロウバイですね~

P1610760.jpg

新春 里山歩き第三弾も無事に終了! 次は何処の里山?





スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
大平山で...今週末のために足の確認?
2016-07-22-Fri  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
28/07/18撮影 【3連休なのに山歩きは大平山だけとはトホホホ...】


  大平山? 久しく登ってないな~ 今年の1/9以来かな~

        折角の3連休なのに天気予報は芳しくない

  身体を休めるには良いが、公園のブラ散歩だけじゃ...

     魔女も6/4の日光以来で、またもや様子見ハイク
     (調子に乗って、ついつい歩き過ぎてまたまた足を痛めちゃった)

    今回はそんな背景もあって、謙信平Pまで車で登り

             数分で大平神社に参拝して...

P1580647.jpg

境内社の右手の登山道へ...ゆっくりと登ります?

ココにこんな手摺があったかな~ 前回は気付かなかったが

木の階段も...完全に転倒事故防止ですね

※最初の登りの部分4~50㍍くらい
P1580648.jpg

今日も湿度が高くて直ぐに全身が汗ばむような感じだが

晃石山までのピストンなので何とか頑張れそう

足元を見れば”シロオニタケ”が...今年は初めてです

P1580650.jpg

途中、ベンチのある展望から見る下界も暑そうです

P1580651.jpg

パラグライダーもココから飛び出しますが今日は誰も居ない?

P1580652.jpg

約1時間...本日の目的地”晃石神社”へ到着しました

足の方も順調です(ケン坊&魔女の足)>笑<

アレ~魔女が駒T? 駒Tシャツは魔女へのお土産でした

P1580659.jpg

緑濃い樹々に”緑の駒Tシャツ”が溶け込んでます

P1580661.jpg

往復で2時間チョイ...今週末の山歩きの準備体操?

ケン坊の足も捻らなければ問題無しを確認できたし

後は天気予報...登山指数”Cランク”だけが気掛かり


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
大中寺起点に”ぐみの木峠・晃石・桜峠”経由で...ロウバイと水仙
2016-01-10-Sun  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
28/01/09撮影 【ロウバイを求め山歩きを兼ねた今回のハイク...順調です】


ロウバイは、ケン坊の中では勝手に決めてる場所がある

北の羽黒山 南の清水寺 西の星野&粟野

P1530974.jpg

既に羽黒山と星野&粟野はブロ友さんからレポ済なので

残る南の”清水寺”のロウバイを追いかけて見ることにした

ストレートに清水寺に向かうのも何だかな~と

大中寺Pから、ぐみの木峠へ直登し晃石山へと向かうことに

※大中寺境内への階段の脇をぐみの木峠へ
P1530977.jpg

太平山でもコースが荒れていたが、コチラも同様の荒れ模様

P1530979.jpg

歩いて20分で”ぐみの木峠”へ...今日は山歩きの人が多い

内容が判らない程度に話し声が前後から聞こえる?

もちろん、ぐみの木峠のベンチは占有されていて休めない

P1530981.jpg

疲れもないので、ココは休まず晃石山へと向かう

”駒形石”の標柱は新たに設置? それとも気付かなかった?

P1530982.jpg

途中、開けた場所(新しくベンチができた)で休憩

霞んでいて全く展望は無いが晴れている分だけ気持ち良い

P1530983.jpg

駐車場から1時間弱で晃石山へ...満席どころか立見席

ココも居場所が無いので早々に引き上げ...

魔女の足の具合では、ここから清水寺へ直滑降も考えたが

違和感が無いというので”桜峠”経由で下山することに

P1530984.jpg

晃石神社を経由せず桜峠へ直接向かうことにした

晃石神社コースとの合流地点でツツジ3本が満開状態に

P1530985.jpg

一枝程度が咲いているのは見かけるが...ビックリポンです

旬のような”艶やかさ”はありませんが見られますね

P1530991.jpg

約90分、ようやく長い手摺りのある階段を降りると桜峠です

※桜峠から降りてきた手摺の階段方向を見る
P1530998.jpg

ここは伐採が進んで西側の展望が素晴らしくなった場所です

伐採して桜の木を植樹...文字通り桜峠になる日が?

                             ↓浅間山
P1530996.jpg

桜峠で少し長めに休憩して...いよいよ清水寺へ下山です

20分もかからずに清水寺へ到着

う~ん ちょっぴり期待していた”水仙”は花数が少ないです

早かったかな?  でも蕾を持ったのもあまり無い?

P1540011.jpg

じゃ~と言うことで、今日の目的のロウバイを...

ところで、すっかり忘れてました...午後は日陰になることを

陽射しがあれば十一面千手観音堂下の眺めも一興なのだが

P1540013.jpg

P1540003.jpg

P1540020.jpg

花を見ると何となく”旬を過ぎた”ような気がしなくもないが...

前回よりも2週間早いのに?

約2時間半の山歩きを兼ねたロウバイ&水仙の偵察も

何だか”イマイチ”だったような気もするが

コレも現実なんですね  常に良い時ばかりではありません

P1540025.jpg

ところで、清水寺から大中寺方面への車道は通行禁止に

ここも昨年9月の集中豪雨の影響なんですね...

P1540026.jpg

さて、明日も天気が良いらしい...お出掛けモードになる?



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
省エネ”太平山(晃石山)から清水寺・大中寺”の周回コース
2015-01-29-Thu  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
27/01/24撮影 【一週休んじゃうと身体が鈍っちゃう? 葛藤の末の選択は...】


  週一で山歩きすれば身体が鈍らない? そんな気がして



          出発が遅くなると選択肢は限られるが

  取り敢えず太平山へ...詳細は車中で決定すれば良い?

         と言いつつ構想は既に頭の中に>笑<

  謙信平~”晃石山~清水寺~大中寺”~謙信平


             10時半 太平山の謙信平に到着

     多くは”アジサイ坂”から、最近は”大曲駐車場”だが

       今回は謙信平から直接”晃石山”へ向かうことに

P1430660.jpg

           駐車場からお土産屋さんの前を通り

    最後のお店の前をスルーして鳥居の手前で左へ...

          このルートは復路では何度も歩いたが

    往路で利用するのは多分ですが...初めてかな~

P1430661.jpg

    いつものコースでは大平神社境内の登山口から入り

        奥の院や浅間神社を経由することになるが

 まさにショートカット...ここで何時ものルートに合流(右へ)
        (駐車場から15分程度(いつものルートだと45分?)です)

       もちろん、合流せずに先に進む選択もあるが

   やはり山へ来たら山道が恋しくなりますよね~>笑<

P1430662.jpg

        合流地点から15分も歩くと木立の合間から

              雪を被った日光連山がきれい!

       多分、多くのブロ友があの山を歩いてるかも?

P1430664.jpg

      コースを歩くと前回には無かった休憩ポイントが

          前方の木々を伐採して展望にも配慮!

P1430666.jpg

                間もなく晃石山への分岐...

        ケン坊は迷わず右方の登りコースを歩きます

P1430667.jpg

         晃石山分岐から約200㍍で山頂に到着

P1430673.jpg

  山頂からの日光連山(男体山・大真名子・女峰山...)

P1430671.jpg

  お隣は足尾周辺の山々(皇海山・袈裟丸山・庚申山...)

P1430669.jpg

   山頂で真岡から来たというご仁としばし山談義をした後

        一気に下山...そう”清水寺”へまっしぐら

P1430676.jpg

          スイセンとロウバイで春を堪能した後は

        舗装道路を大中寺までテクテクと約20分強

  驚いたことに”大中寺の駐車場”は登山者?で満車状態!

P1430717.jpg

           ココでも”ロウバイ”の甘い香りが...

P1430719.jpg

    そして大中寺からしばし山歩き...謙信平へ帰還!

              トータル3時間の周回コースは

         青空と春の陽気に恵まれ手頃な山歩きに

      あははは  報告まで”省エネ”になっちゃった?

ページトップへ  トラックバック0
里山・晃石山で腕試しならぬ”足試し”を...
2014-12-11-Thu  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
26/12/07撮影 【今月は多忙で厳しい...ケン坊もイッチョ前に言っちゃった!】


 先日、捻挫した足首の腫れは引き平地歩きはOKなのだが

      山歩きが出来るか出来ないかを確かめるため

  魔女(老教官)による一次試験が”晃石山”で実施された

                  駐車場に10:55分着

        既に終わっていたと思ってた紅葉が残ってた
                 (日陰だったのは残念だったが)

P1420791.jpg

    いつもは”あじさい坂”をスタート・ゴールとしていたが

     以前に歩いた”巾着山~太平山”の復路を参考に

あじさい坂手前の売店脇を(右折)大曲駐車場へ向かうことに

            P1420787.jpg

     スタートは残る紅葉に見送られ...意気揚々と?

P1420711.jpg

しかし、こちらのコースは”大曲駐車場”までひたすら登ります

    でも、あじさい坂(石段)よりも山歩き気分で気持良い

            P1420712.jpg

          12~3分も歩けば大曲駐車場へ到着

  太平山神社に一番近く、参拝者利便のためか結構な広さ

P1420714.jpg

       駐車場から車道を横切って少し階段を登れば

             太平山神社境内への近道かな?

            P1420715.jpg

     太平山境内からは何時ものコースを歩くことに...

          何回かに一回は”奥宮”にも参拝します

 今回は捻挫を押しての山歩きなので無事をお願いしました

P1420718.jpg

  この時期は落ち葉が多くてこんな(↓)隠れ石や根があり

             一次試験真っ最中のケン坊は

      慎重に歩いたので結構神経を使いました>苦<

P1420720.jpg

      そんな苦労を癒すようにツツジの狂い咲き...

               一輪二輪咲きなら判るが

     こんな冷たい寒空にツツジがまるで満開のように

P1420724.jpg

     そして以前から工事中だった”消防緊急無線”だが

           前回まで無かった鉄塔が姿を現した

  この工事も来年の3月まで...ようやく先が見えてきた

P1420726.jpg

      今日の最高気温も10度以下...7~8度かな?

              まるで”真冬並み”ですね~

P1420729.jpg

     そしてケン坊の足も順調に”晃石山山頂”に到着

             先客でベンチは満席です...

P1420732.jpg

          そして山頂から珍しく富士山が姿を...

  少し見辛いですが雲を纏った富士山もケン坊には貴重?
                           雲の真下(↓↓)
P1420730.jpg

               コチラは日光連山ですが

      連日の冷え込みで白いもの(雪)が見えますね

P1420731.jpg

             山頂のベンチが満席だったので

      晃石神社境内まで降りてお昼兼コーヒータイム

P1420733.jpg

       下りは往路を一気に太平山神社まで戻ります

            時おり顔を見せる紅葉に癒されます

            P1420735.jpg

P1420743.jpg

         さて、神社からあじさい坂の階段を歩くか

              謙信平経由で戻るか迷ったが

    周回コースを選択することに...そう謙信平経由だ!

            P1420746.jpg

        広義の謙信平で過ぎゆく紅葉を愛でながら

   直前でコースを変更したことに自慢するケン坊>笑<

P1420761.jpg

       お店の裏側にある階段を降りると5~6分で

             あじさい坂(隋神門下)に出ます

      ここまで来れば階段の残りは三分の1で楽々!

                    階段の紅葉は

     陽射しがあったら十分に見られたかも知れません

P1420782.jpg

      そして約3時間の歩きも最後はあじさい坂で終了

P1420786.jpg

     一次試験は無事に合格? 二次試験は何処で?

        足首を前後に動かすのは全く問題無いが

             内外に捻ると少し違和感が...

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
軽~く晃石山ピストンで3代目トレッキングシューズの試し履き
2014-09-20-Sat  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
26/09/14撮影 【買いたいという誘惑に勝てず、履きたいという誘惑にも負けた】


       這えば立て、立てば歩めの親心

             ⇒ 早く買え、買えば履きたいケン心?

        昨日買ったばかりのトレッキングシューズ

  翌日には早くもオープン戦というか試着ならぬ試し履き?

      2代目の”太平山”を少し捻って”晃石山”
               (あははは あまり変わりないか~)

P1390797.jpg

      う~ん 履いた時のフィット感はバッチリですが

         少し色的に軽~く見られてしまいそう?

P1390793.jpg



P1390790.jpg

      多くの花たち(↑↓)に歓迎されるマイ・シューズ

           履き心地を一歩一歩確かめるケン坊

P1390795.jpg

              約1時間で晃石山頂へ到着

        階段あり 石や岩場あり アップダウンあり

         ソコソコの変化を実践したマイ・シューズ

P1390811.jpg

      今日の試し履きは順調...晃石山からUターン

             往路では気付かなかったキノコ?

   でも何か変...一旦採ったキノコを立て掛けたようだ

           太平山の”タマゴダケ”は初めてかな

            P1390818.jpg

         こちらは”サンゴダケ?”で良いのかな?

  9/19判明 ホウキダケ (oyaziさんありがとうございました)

P1390821.jpg

               この日は3連休の中日...

         親子連れ? 孫連れ? の姿が多かった

              ケン坊は寂しく単独行>笑<

P1390823.jpg

                でも寂しくはありません

      だって今日は新しい相棒がいるから あははは

P1390785.jpg

      相棒(三代目)よ  本番も頼むぜ!

ページトップへ  トラックバック0 コメント12
大中寺を起点に”大平山の一筆書き歩き”に挑戦!
2014-02-03-Mon  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
26/01/29撮影 【今年は古賀志山以外は短距離の山歩きが続き体力に衰えが...】


  今年に入ってのケン坊は”短距離ランナー”になってる

          つまり2時間以内の山歩きが殆どで

      自称”長距離ランナー”のケン坊には歯がゆい

              理由はハッキリしている...

今年に入って一等三角点(補点を含む)に的を絞ったからだ

        そこで今回は長距離ランナーに復帰すべく

 趣向を凝らし”一筆書き大平山歩き”を考えてみた

      これは栃木の山150からヒントを得た企画です

  栃木の山150・大平山~大明神山コース(〇付番号はチェックポイント)
P1300622.jpg

           今回の起点は”①大中寺”からです

     青空の駐車場に車を止め(既に満車状態)出発!

 なお、今回のブログはコースを歩いた証拠写真の掲載です

      おもしろ味はありません...あくまで記録です

P1300512.jpg
   駐車場脇のロウバイが見頃を迎え応援してくれました
P1300510.jpg

10:08 ①大中寺の参道と山門(入口から撮影)

P1300513.jpg

  大中寺の山門を潜り本堂を右へ進むと左側が登山口

     1~2分歩くと急登状態(まるで岩山)が現れる

           身体が慣れてないからキツイっす!

           P1300514.jpg

      大中寺から20分 謙信平奥の土産店に到着

     富士山が姿を見せてくれた この目にしっかりと
           (写真では拡大すると辛うじて見えますが...)

P1300518.jpg
  左手の鳥居を潜って石段を登ると大平山神社の左側に
P1300521.jpg

10:36 ②大平山神社で手を合わせ数十㍍進むと登山口
         (奥宮入口の道標が登山口で関東ふれあいの道です)

           P1300522.jpg

10:50 ③富士浅間神社とすぐ裏の大平山山頂(標高346㍍)

P1300524.jpg
       魔女は大平山頂とは初めての出会いです
           P1300527.jpg

       大平山頂から”関東ふれあいの道”を歩くと

11:03 ④ぐみの木峠
        (大中寺からの直登コースと合流地点で休憩ポイントです)

P1300530.jpg

 ↑ぐみの木峠周辺から ↓↓パラグライダー発進基地まで

東電系の工事でコースに沿って工事用バイパスができてます
              (緑のネット右が山歩きのコースです)

           P1300535.jpg

P1300536.jpg

11:30 ⑤晃石山山頂に到着

             日光連山も綺麗に見られました

P1300538.jpg
        一等三角点も...どっしりと構えてます
           P1300540.jpg

         晃石山山頂からも富士山が見えました

   肉眼ではハッキリですがカメラを通すとダメですね~

P1300537.jpg

       結構良いペースで”青入山”を通過しました

    直前の坂でさすがに息が切れひと呼吸入れて...

           P1300544.jpg
        そして今度は冠雪の浅間山が見えました
P1300545.jpg

12:00 ⑥桜峠に到着

P1300550.jpg
       澄み切った青空の彼方に赤城山でしょうか?
P1300547.jpg

     何方かが”アザミを大切に”の木札を立ててある

             傍にアザミの果穂でしょうか?

P1300554.jpg

12:45 ⑦馬不入山(うまいらずやま)

桜峠では風が強かったので二つ目のピークで食事をしました

       桜峠から45分も費やしたのはそのためです

           P1300555.jpg

 ♪どんな時もこんな時も♪ なり振り構わずハイ ポーズ!

        山頂には他に数人の客人がいたのに...

           P1300556.jpg

     次の目的”大明神山”へ向かうために厳しい下り

直ぐに伐採された場所にパラグライダーの発進地を作った?
               (霞んで見えるのは浅間山です)

P1300558.jpg

     さらに2分も歩くとベンチ付きの展望地があった

            亀さんのお気に入りの場所>笑<

    ここからは日光連山・高原山・那須連峰が望めます

P1300559.jpg

13:05 ⑧長坂峠まで下山(大明神山登山口)

P1300560.jpg

  登山口から6個のピークが山頂...結構足腰にキター!

13:27 ⑨大明神山

      本日、5個目の名前の着いた山頂を征服です
         (大平山・晃石山・青入山・馬不入山・大明神山)

P1300567.jpg
          山頂にはこれ一枚 寂しい山名板です
P1300569.jpg
         真ん中に見えるのは”諏訪岳”ですね
P1300570.jpg

     さて、この後の進む道の選択(下山)に悩んだ!

           一筆書きコースを完成させるには

    山頂から”三谷・岩舟駅”方面へ下山しないとダメ!

          岩舟へ下山すると次のポイントへの

      戻りの舗装道路歩きが1時間になってしまう

                地図の赤◎の地点

迷った末、今回は一筆書きを諦めガイドに従って歩くことに

13:55 ⑩長坂峠へ下山(この後、舗装道路を歩きます)

P1300571.jpg

   ガイドを良く見てなかったため次のポイントがあやふやに

      不安だったが周囲の景色を見ながら歩いた~

14:11 ⑫広戸丁字路(桜峠まで1.3㌔地点)

P1300573.jpg

    錦鯉放養池を右に見ながら砂利道をダラダラ歩き

       この部分をコースに含めるのは如何かな?

           P1300575.jpg
    一筆書きコースの最後の登り かなりキツイです
           P1300580.jpg

14:30 ⑫再び桜峠へ(でも今度は横切るだけ...)

        さすがに疲れもピークになり10分休憩を

P1300583.jpg

14:55 ⑬ロウバイの咲く清水寺へ

P1300588.jpg
               スイセンも咲き出してます
           P1300600.jpg

15:08 ⑭東山道...

 言葉の響きから素敵なコースを想像しましたが...残念!

P1300605.jpg

        フォレスト アドベンチャーの前を通ります
         (以前から気になっていた場所を思い掛けず発見!)

P1300610.jpg
              梅一輪 一輪ほどの暖かさ
P1300611.jpg

11:39 ⑮大中寺へ無事に帰還しました

         休憩時間を含め計5時間31分という

      ケン坊基準では”長距離コース”となりました
(基準...短距離:~2時間、中距離~5時間、長距離:~7時間、超人:7時間超)

P1300613.jpg

  途中”一筆書き”を諦め”0.8筆書き”に終わったので

               ブロ友”まっちゃん流”に

     ブログは”一筆(1回)”で終わらせることに!

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
里山”太平山~桜峠”をピストンハイク
2013-12-14-Sat  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
25/12/09撮影 【今回は太平山山頂を踏破することでした...ついでネタです】


               太平山を歩くということは

 最低でも晃石山 気が向いたら桜峠 あわよくば馬不入山

P1280953.jpg

    ともかく富士浅間神社手前の傾斜ある踏み跡を探し

        本来のコースへ合流することからスタート

  木立の合間を縫いながら滑らないように慎重に下ります

P1280956.jpg

         一人だと自然に足が速くなります>笑<

     10分も歩くと”ぐみの木峠”に...でも何か変?

           周囲を見ると鉄塔付近を伐採してる

    何だろうと思ったら”電気設備の工事中”の案内板

          太平山もアチコチで変貌してきている

P1280958.jpg

P1280959.jpg

       その後、何回かのアップダウンを繰り返し

    ぐみの木峠から20分で晃石山への分岐点に到着

    右:晃石山山頂(晃石神社奥の院) 左:晃石神社

P1280963.jpg

       分岐からは急登となり息も乱れがちですが

           4~5分で山頂に立つことができた

P1280968.jpg

           霞んでますが日光連山も見えます

P1280966.jpg

     この日は空気が冷たく11時現在でたったの6度
       (でも寒くはなく、防寒着を着ることもなく何時ものスタイルで)

             さて これから進むか帰るか?

       ココで引き返すのはちょっと物足りないし...

            え~い”桜峠”まで行っちゃえ~ 

           P1280967.jpg

               里も紅葉は終わりですね

           紅葉を探すのが大変なくらいです

P1280982.jpg

         晃石山から15分、青入山というピーク

  このコースもアップダウンがあり足腰を鍛えるには十分

           P1280974.jpg

       青入山から10分もかからずに桜峠に到着
                (太平山神社登山口から72分)

 ここも伐採が更に進んで...イメージが完全に変わった

P1280975.jpg

  桜峠から西方を見ると諏訪岳から唐沢山へと続く尾根

       前の日に長坂峠から登ってきた亀さん...

   思わず亀さんと”エアー・ハイタッチ”しちゃった>笑<

     そして亀さんが利用したと思われるベンチに座り

       諏訪岳...日光連山...赤城方面を眺める

P1280979.jpg

                 桜峠でしばしの休憩...

   そしてこの先の”馬不入山”は亀さんの領空圏なので

                 ここで戻ることを決意!

         亀さ~ん よろしくお願いします>笑<

     帰路に立ち寄ったパラグライダー発進基地だが

         助走路がなく直接斜面でスタンバイ?

P1280988.jpg

   桜峠から30分(意外に早い?)で晃石山に戻ってきた

               珍しく誰もいませんでした

P1280985.jpg

       リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の実がアチコチに

             紺碧の実がとっても綺麗です

P1280989.jpg


     セブンで買った新発売の”オムそばめし”ですが

P1280906.jpg

         山歩きが意外に早く終わったので...

P1280907.jpg

            今回は家に戻って食べました!

       これは美味しい! 完全にリピート対象です

P1280909.jpg


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
初めて”太平山山頂”を征服した! の巻
2013-12-13-Fri  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
25/12/09撮影 【太平山は総称名かと思ったら独立峰でした...恥ずかしい!】



    単独では”危険な山は登らない”が魔女との約束!

              そうだ 太平山へ行こう!

    安・近・短...思い立ったように太平山へ向かった

           また太平山ですか?と言われそう

 何十回も登っているのに何と太平山山頂は未踏なんです

    最近の定番”あじさい坂”の階段からスタートです

           P1280933.jpg

               あじさい坂を登り始めたら

   青空のキャンパスに一本の白い飛行機雲が伸びていく

          画家はもちろんジャンボ機のようです

P1280935.jpg

 最初の階段の中ほどにある”窟神社”というパワースポット

       階段から30㍍なので初めて入ってみました

P1280938.jpg

    巨岩の下がちょうど地底の池のようになっています

 中を覗いてみたが濁ったような水が...中が見えません

   一部では佐野の弁天池と地下でつながってる話も?

       池の左手前には銭洗弁財天が祭られている

    左端に鬼瓦のようなものがありましたが詳細不明?

P1280945.jpg

    標柱も賽銭箱も少し以前に設置されたようですが

             弁天様は少し新しいのかな?

P1280944.jpg

         窟神社の関係の灯篭なのかは不明だが

             直ぐ近くに建立されている?

           P1280940.jpg

    そしてコチラも石碑?には梵字のような文字が...

           P1280941.jpg

          話が逸れちゃった  本題に戻ります

      コースに戻って相変わらず厳しい階段を登る

  階段も中間過ぎると立派な”隋神門”が待ち構えている

【隋神門とは】 ネットから

この随神門は太平山神社の神門であり、享保8年(1723)、徳川八代将軍吉宗公
によって建築されました。表には左大臣・右大臣、後ろに仁王を配しています。

仁王像が配されているのは、太平山が江戸時代までは社寺の山として栄えていた
名残です。

天井の龍の絵は、第14代将軍家茂公の時代の五楽院法眼等随の筆で、雲を起
こして昇天した龍が空高く舞い遊ぶ様子が描かれています。

建築方法は「入母屋造り扇垂木」で俗に傘(からかさ)天井と呼ばれます。


P1280947.jpg

 いつも通り太平山神社の右手から山頂を目指して歩き出す

         奥宮(社)を左に見ながら歩いていると

            やや明るく小高い場所が見えた

   単独行の強み? さっそく入り口を探して登ってみると

      何もなく少し広いスペースがあるだけでした!

           P1280951.jpg

 太平山奥宮から数分で富士浅間神社への分岐点に到着

P1280995.jpg

       分岐からやや傾斜のある坂道を数分登ると

      最後に階段が現れました この上が境内です

           P1280952.jpg

       これまでも何度か見ている”富士浅間神社”

    今までは登山の安全をお願いして素通りでしたが

          実はこの富士浅間神社の裏側に...

P1280953.jpg

        ついに初めて”太平山山頂”に立ちました

          まさか神社の裏側に山頂があるとは

   うん? 標高が341㍍っになってるが違ってないか?

P1280954.jpg

 太平山の標高は何が本当なんだろう???


  Å:富士浅間神社裏手の太平山頂の山名板には341㍍

           P1280955.jpg

        B:太平山神社右側の案内板には343㍍

P1280997.jpg

      C:栃木の山150(100の時から)では346㍍

P1290012.jpg

   正直言って田舎のマイナーな山の標高が数㍍違っても

              大した問題ではないが...

    メジャーな山(例えば富士山)だったら問題でしょうね


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
いつまで続く慣らし運転...今回は”馬不入山&桜峠”で補講
2013-04-30-Tue  CATEGORY: 栃木の里山(大平山)
25/04/25撮影 【また足慣らしですか? と問われそうですが...ゴメンです!】


   先日、山歩きの足慣らし卒検に合格した魔女ですが

        ペーパードライバーのまま数日経過...

        結局は”足慣らしの補講”するため

 太平山の一部”馬不入山(うまいらずやま)&桜峠を歩いた


 コースは前回知った岩舟側登山口を起点にピストン歩き

P1200499.jpg

           岩舟総合運動公園に車を停めて

    舗装道路を100㍍歩くと分岐...左側に登山口が

P1200561.jpg

     コースに入ると山はもう新緑の装いとなってます

           これからは山歩きも楽しいですね

P1200509.jpg

         花もいろいろと咲き出して...きました

P1200502.jpg

P1200506.jpg

P1200523.jpg

             今回の山歩きのコースでは

       白い花が新緑の中で一番目立ちます...

P1200511.jpg

               何だろうと近くで見ると

       あの野球バットの”アオダモ”のようです

P1200537.jpg

                  登山口から20分

      最初は体が慣れていないからと思っていたが

             結構な傾斜の連続でした...

P1200513.jpg

       一つ目の大きなピークを越え一気に下りへ

P1200517.jpg

   そして二つ目のピークに向けての急登に喘ぎまくり?

           P1200521.jpg

              コースには花も見られます

     特に”チゴユリ”はコース全体で見られました

P1200530.jpg

    登山口から55分 ”馬不入山山頂”へ到着!

           P1200526.jpg

     誰が山頂に植えたのか? スズランの花が...

         そういえば途中に”スノーフレーク”も?

     ちょっと無粋な気が...ケン坊だけでしょうか?

P1200528.jpg

   さて、山頂で小休止しもう少し足を伸ばすことにした

   ?? 山頂から数十㍍...まだ広義の山頂なのに

        新しいルートの標識が立てられている?

         表示板には”立花ルート”の文字

    どうやら大平の”ぶどう団地”へ出るコースらしい?

P1200557.jpg

            こちらは”ガマズミ”です

P1200533.jpg

       山を愛するハイカーが立て札で注意勧告を
            (この周辺には十か所前後ありました...)

           P1200538.jpg

     桜峠まで何度かのアップダウンを繰り返しますが

         新緑が良い感じで疲れを癒してくれます

P1200553.jpg

         ついに大きく伐採された桜峠に到着!

             登山口から90分(含む休憩)

P1200540.jpg

         桜峠に関する謂れ等の書かれた案内板

P1200551.jpg

           ↑の案内板に出てくる山桜↓でしょうか?
P1200548.jpg

          桜峠からの眺め(唐沢山方面を望む)

    伐採した場所には”桜の木”が植樹されています

        文字通り”桜峠”とする計画なのかな?

P1200546.jpg

       この後、往路を登山口まで一気に戻った

  駐車場でタンポポのワタゲが優しく出迎えてくれた...

P1200565.jpg

  今日は3時間の山歩き...心地良い時間を過しました

         次回こそ本番の山歩きを実践したい?


ページトップへ  トラックバック0 コメント16
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.