ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
里山”妙義山から西場富士”へ...ランチは空振り😞
2018-01-27-Sat  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
H30/01/21撮影 【レポする頃は白い大小山に変身? それとも融けてる?】


  相変わらずの里山歩き...雪の降る前の駆け込みハイク

選ぶ必要なし? あははは”大小山”しか浮かばん>笑<

       今回は(ケン坊にとっては)いつもとは逆回り

   今年に入って”マンネリ脱皮ハイク”に目覚めたのか?

P1680092.jpg

相変わらずコースは中央部が掘れてて歩き辛いが

里山によく見られるような”側道”が直ぐに出来ちゃってます

           P1680093.jpg

いつもとは反対側に”大小”の文字を見ながら・・・

P1680094.jpg

青空のなか”妙義山直下”の岩場に休まずに着いた

これまでは大きく右に迂回してから岩場登りをしていたが

今回は迂回せず”真ん前の岩場”を登ることに初挑戦!

           P1680099.jpg

P1680101.jpg

岩場の上から数分で”妙義山”の山頂に立つ

予定通り”大小山”周回か”西場富士経由”とするか迷ったが

新鮮な出会いを求めて”西場富士”を歩くことに決定!

P1680102.jpg

山頂は先客がいたので少し往路を戻ったところで小休憩

岩に隠れた(テーブル付きの)良い場所があった

P1680108.jpg

阿夫利神社駐車場へはココを右折ですが

今日は変更して真っ直ぐ進んで”西場富士”へと向かいます

以前に西場百観音~西場富士~妙義山を歩いたが

逆歩きなので景色も感覚も異なり新鮮さもあるが不安も?

P1680109.jpg

多くのアップダウンを歩きあの”キレット”まできました...

やはり2度目は鮮度が落ちますね

陽射しの関係で写真の鮮度もかなり凹んでます>笑<

P1680112.jpg

振り返ると”大小”の文字のあるピークが遠くに...

基本的には尾根歩きで気持ちの良いハイクコースです

P1680115.jpg

何個かのピークを越えてようやく”西場富士”の山頂に

一応、三角点がありました>笑<

こんな所で写真を撮ってるのを見て先客が(・∀・)ニヤニヤ

P1680117.jpg

西場富士から一気に下り...”これでもか”と言うくらい

足腰がガクガクした頃に漸く平坦な林道(分岐)へ

P1680119.jpg

分岐から数分で”稲荷神社”に到着

P1680121.jpg

稲荷神社の参道(階段・石畳)を降りて...振り返ると

あぁ~これが”西場富士”ですね~  確かに富士の山です

P1680125.jpg

駐車場から休憩を含めて2時間の里山ハイクはお手頃でした

最後は車道を駐車場まで10分ほど...

P1680122.jpg

この翌日には大雪が...暫くは里山を歩くことは無いかな?

ところで、お昼用に狙ってた”さるやのパン”を見落とし

ならば帰りに佐野ラーメン目指すが、どこも長い行列にパス!

とうとう家の前を通り過ぎて...ランチに有り付いた>笑<





スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
やはり”羽黒山”だけじゃちょっと物足りない?
2018-01-21-Sun  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
H30/01/20撮影 【週明けの大雪の予報が不気味だと思いながらも...その前に】



  土曜日、魔女から野暮用でケン坊には付き合えぬという😞

       ならばケン坊も野暮用を済まそうかと思うが

  月曜~火曜にかけ大雪の恐れとの予報に...里山優先?
       (つまり、雪が降ったら来週末の里山は歩けない可能性大だから)

     今回も市内の里山 しかも往復しても90分程度だ

  いつもは車道そばの僅かな隙間に数台だが今日は11台!

P1680013.jpg

そして鳥居からスタート?  そうそう場所は”羽黒山”です

P1680014.jpg

数分歩くと朱塗りの鳥居...前回とあまり変化のない参道

P1680017.jpg

さらに数分で”だいだらぼう岩”分岐ですが

今まで気付かなかった? 七福神の恵比寿様のような置物?

しかも”賽銭箱”まで...あら不思議ですね>笑<

P1680021.jpg

鳥居から23分でカラッソ坂を登りきった

P1680024.jpg

茶屋の先 左手からロウバイの香りが”ぷ~~~ん”

でも先ずは羽黒山神社詣でが先! いや山頂踏破が先!

           P1680054.jpg

ロウバイに目もくれず神社へと続く階段を登り続ける

残り三分の一...真直ぐに伸びた御神木の”夫婦杉”が

           P1680055.jpg

程なく”羽黒山神社”に到着  参拝者もいます...

P1680060.jpg

更に山頂目指します...そう神社の裏200㍍?先が山頂!

           P1680066.jpg

山頂手前の展望台には”覗き穴”があり

こんな”富士山”も見えたらしい(飾ってあった写真をパチリ)

P1680067.jpg

さて羽黒山は既にレポ済...いやロウバイもレポ済ですが

ロウバイは生き物なので”開花状況”をレポしよう!

本数的に4割程度が開花してるが、全体としては3分咲き?

P1680027.jpg

まだまだ蕾も多く、ロウバイ祭り(2/3)頃が見頃かもね

P1680026.jpg

P1680032.jpg

多分”満月”か”素心”だと思います

丸みがあるのが「満月」で、やや尖っているのが素心」です

P1680031.jpg

P1680041.jpg

素心のような気もします...断定できないケン坊>苦笑<

P1680043.jpg

P1680078.jpg

シベの部分が赤いのは”基本種”って以前に教わったが?

他の樹はみんな似た種だったが一本だけ違ってた

何だか赤い目をした大群がケン坊を襲ってくるように見える

P1680049.jpg

襲うではなく”話しかけてくれてる”と思えれば詩人なんだが

P1680080.jpg

P1680030.jpg

この写真、まさに”蝋で作った花”ですね

P1680053.jpg

暖かな陽射しを受けた花に...親心で葉影を作ってました

P1680072.jpg

さて日曜日は...どうするケン坊!



ページトップへ  トラックバック0
大小山ハイク...ついでに赤見の”さるのパン”で初めてのお使い!
2017-11-21-Tue  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
H2/11/19撮影 【最近、佐野方面が多い? 唐沢山、両崖山 そして大小山...】


   近くの里山 かつ 単独で登れる山 それがキーワード

        その時点で”奥久慈男体山”は三度落選!

   ケン坊でも比較的簡単に歩ける”大小山”に朝決定

         最近、北関東道で行くケースが多かったが

   本日は地味にR293で西方、葛生、赤見経由で向かう

    途中、赤見を走っていると庭先に数台の車が...?

 何気に見たらコノ(↓)お店  そうです何度も探してた店だ

 ブロ友のレポで”美味しいパン屋さん”があると知っていたが

   名前も場所も不明で何度か探していたが判らなかった

 探す時は見つからず...これが人生なんでしょうね>笑<

※平屋建て民家の玄関脇を増改築したパン屋さん
IMG_20171119_094117.jpg

前置きが長くなっちゃいましたが...

お店の名前は”さるのパンや”と言うのかな?

※なぜ”さる”なのか?  興味深々で探ってみたら...
IMG_20171119_093242.jpg

お店はお世辞にも広いとは言えません...

店内は3人で一杯って感じで、4人目からは外で待機>笑<

IMG_20171119_093623.jpg

商品もハード系中心で選ぶのに迷ってしまう(特に初めては)

”ハード系パン”は食べ応えがあり噛むたびに味が出る~

まぁ 少し値は張りますが、それ以上に美味しいです>笑<

※写真は一部です
IMG_20171119_093732.jpg

結局、ケン坊が手に入れたのはコレ(↓)を含めて5品

目的の大小山を歩く前に少し懐を軽くしちゃった...

P1670449.jpg



さて、本命の大小山ハイク...大小の文字が青空に映える

実はこの日は”バッテリー無しのカメラ持参”だったため

今回、”さるのパンや”も含め、スマホの写真を初めて使用

IMG_20171119_100152.jpg

阿夫利神社手前の駐車場の紅葉は枯れ葉も出て終焉か?

もちろん、10時頃のこのこ出掛けてもスペース無し

さて今日はどのコースを...前を歩く人に従うことに>笑<

IMG_20171119_100712.jpg

結局”滝コース”から大小山、妙義山を周回するコースに決定

最初のピークを過ぎたあたりから見えた富士山

若干、雲がかかっているが眺望は良い

里山の紅葉はこげ茶系が多く、綺麗さには欠けるが想定内

IMG_20171119_102838.jpg

絶壁にかかる”大小”の文字がクッキリと見える

IMG_20171119_102917.jpg

ただひたすらに歩き続け大小山を越え早くも”妙義山”に到着

IMG_20171119_104639.jpg

下山途中の展望台から...定番の場所です>笑<

IMG_20171119_105506.jpg

そしてスタートしてから65分で駐車場に到着

我ながら少し早く歩き過ぎた? 山を楽しめば良いのに...

IMG_20171119_105814.jpg

持参の”柿やリンゴ”も全く手付かず、帰りの車中でパクパク

何とも中途半端な時間で下山しちゃった...どうする?






ページトップへ  トラックバック0 コメント8
古峰ヶ原高原にも少しずつ秋が来てるかな~
2017-10-01-Sun  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
H29/10/30撮影 【家に居られない性分の我が家の夫婦! どうしようもない?】



 那須の紅葉が見たい...でも午前中は野暮用で13:30に

           時間的に行けるところは何処かな?

 秋探しに”古峰ヶ原高原&井戸湿原”へドライブ!

      お出かけには何たって青空が気持ち良いよね~

P1660943.jpg

もちろん”秋の気配は感じても”本番までには数週間?

予想通り...判っちゃいるけど家に居られないケン坊だから

駐車場には車が3台  チョコチョコ出入りもあって

P1660950.jpg

あれは鐘?  いつの間にか鐘が出来てる?

P1660945.jpg

それは「高原の鐘」と命名され昨年の山の日に設置された

P1660947.jpg

もちろん魔女は高らかに鐘を鳴らしました 熊除け?>笑<

P1660949.jpg

秋の準備をしているのでしょうか?

P1660951.jpg

もう少し先に歩いて秋を探そうと

ん? 何だろう 青っぽい花が見えるが...トリカブト?

P1660967.jpg

そうです トリカブトが咲いててくれました

もう既に咲き終わっていると思ってたので嬉しさが倍増!

P1660957.jpg

P1660958.jpg

P1660960.jpg

P1660961.jpg

P1660969.jpg

P1660977.jpg

P1660982.jpg

P1660984.jpg

P1660994.jpg

P1660997.jpg

あぁ歩きたかったな~  紅葉の頃に出直そうか?

P1670004.jpg

折角だから一の鳥居にご挨拶だけしようと魔女に言われて

次回は鳥居を潜らせて下さいねとお願いして帰ります

P1670005.jpg

明日は日曜日...那須は混むだろうな  今年は諦めよう!



ページトップへ  トラックバック0
新春”里山ハイクの第五弾”は...ブロ友さんの露払いだった?
2017-01-28-Sat  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
H29/01/28撮影 【リンゴさんたちの露払いになるとは想像もしてなかった...】


    新春5週目となる里山ハイク...候補が多く悩んだ

  三床山、両崖山、筑波山、篠井連峰、諏訪岳、大小山etc

    でも訳あって最初から”大小山”に決まっていた?

いつものように阿夫利神社脇から歩こうとする魔女を制止し

      逆回りで歩くと景色が変わるよと言いながら...

※11:10 駐車場は満杯だったが下山者がいたので辛うじて1台セーフ
P1610819.jpg

逆コース...つまり妙義山から大小山という周回

コースの真ん中が掘れるなど荒れてます

急登なので最初キツイですが、ココ辛抱すれば後は楽勝?

※11:30スタート
P1610820.jpg

見慣れた”大小”の文字板が見えてきた

P1610821.jpg

筑波山は辛うじて肉眼で見えたが...カメラは残念

スカイツリーも肉眼だけ?  ゴルフ場の真上に

P1610823.jpg

15分も歩くと「西場富士」からのコース(右手)と合流

※左手が大小山・妙義山
P1610825.jpg

少し登ったところの展望ベンチ

今日は地平線近くが霞んでて富士山は見えず残念!

P1610826.jpg

妙義山山頂への最後の急登だが...

足場がしっかりしてるのでロープを使わずに登れる急斜面

P1610828.jpg

12:03 妙義山山頂に  4組いたので大小山へ移動?

意外に皆さん早目に下山してくれたのでベンチが空いた~~

時間的には早いがコーヒータイム(実際はスープでした)

P1610834.jpg

ケン坊には山座同定は出来ませんが一応ずらずらと掲載

P1610836.jpg

P1610837.jpg

P1610833.jpg

P1610830.jpg

そして次のピークへ一旦下ります...

登って下ってまた登る  傍からみたら馬鹿らしいと思うかも?

P1610840.jpg

12:29 大小山の山頂  あくまで証拠写真?

休憩もしないで大小山はスルー

P1610842.jpg

途中、阿夫利神社への分岐を左手に...

帰りは”滝コース”を歩くことにし

次なるピークへ向けて歩く...ピークからハーモニカの音が

振り返ると「妙義山と大小山」がこんな風に見える

※12:37 ピーク
P1610845.jpg

さて、滝コースは先日登りで歩いたが下りは初めて?

雰囲気が違うのでコース誤りの不安が付き纏ったがセーフ

P1610846.jpg

踏み跡を頼りに道なりに歩いてたら”石尊の滝”へ

多分、滝コースという名前の由来となった「石尊の滝」

P1610847.jpg

13:03 阿夫利神社へ到着  1時間33分の山行でした

P1610848.jpg

家から阿夫利神社Pまで1時間20分かかったが

歩いた時間もほぼ同じ?  コスパの悪い山行でした

ダブルヘッダーじゃないと勿体ない気分>笑<




ページトップへ  トラックバック0 コメント8
新春”里山ハイクの第四弾”は...雪山に挑戦?
2017-01-25-Wed  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
H29/01/22撮影 【ケン坊の里山...古賀志山・三毳山・太平山に続く山は?】


大寒波襲来...北関東は降雪モードだが宇都宮は微妙か?

    田畑は白くなったが道路は融けて車はバンバン走る

自然に敬意を表して一日空けた日曜日に”週一”の山歩きへ

      正月の里山はケン坊の定番で今回は...東へ

 10:20 雨巻山の駐車場に着いた時は路駐に近い状態

P1610797.jpg

まだ駐車場から2分でこの状態...

あちゃ~ いきなり積雪...多少は残ってるとは思ってたが

念の為”軽アイゼン”を持ってきて正解だったかも

P1610798.jpg

でも、ところどころ白いものが全く無い場所もあるが

今日の山行では半分程度がいつもの冬の里山景色

P1610799.jpg

思ったほどの泥濘も無く、いつもと同じペースで尾根へ

でも尾根の雪は消えていなかったが

歩き辛いという程では無く気分的にはルンルン?

P1610804.jpg

一番懸念していた”猪転げ坂”だが

案ずるよりも生むが易し

P1610806.jpg

臆病の魔女だって(慎重の中にも)良いペースで歩いてた

P1610807.jpg

駐車場の満車状態を考えれば山頂は満員御礼か?

みんな何処へ消えちゃったんでしょうか 場所は確保できた!

P1610809.jpg

この青空の下で...開放的な山行

山頂で休憩するハイカーの顔も晴れ晴れと...気のせい?

P1610810.jpg

さて周回コース...先ずは三登谷山へ向かうが

斜面が多いので雪の具合が気になる

登りより下りのほうがリスクが高く神経を使う 

P1610812.jpg

間もなく三登谷山という手前の展望台

前方の岸壁に人影が見える まさかのロッククライミング?

暫く見てると、どうやら岩場に生えてる樹を伐採か?
(何本か樹木が倒されていく)

P1610813.jpg

定点チェック?

三登谷山からの景色...芳賀富士と鉄塔群

P1610815.jpg

さて最後の雪の積もった斜面も何とかクリア

結果的に”アイゼン”を使用することなく無事に最終コーナー

P1610816.jpg

駐車場は3割程度減ったが...青空は一層の輝きを増し

正月の里山歩き第四弾も無事に下山

P1610818.jpg

来週、初の正月5週連続の里山歩き...出来るかな?



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
久々の”大小山”は滝コース 新鮮な気分!
2016-12-17-Sat  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
28/12/11撮影 【今回は筑波山に振られた...前回ケン坊が振った仕返しか?】


    暫く山に行って無いので筑波山を久々に歩こう...

           今年は筑波山と相性が悪いのか?

       予報を見ると強風マークで一日真っ赤っか

単独なので行先は自由自在...結局”大小山”へ向かう

エッ 3月以来だって? もう少しリピートしてると思ってたが

P1610397.jpg

今回は「滝コース」を歩きたいと思ってたが...

ところで”滝コース”って何処だ~

判らないまま阿夫利神社脇(右側)からスタート

歩いて数分...左手を見ると”石尊の滝”が目に入る 

そうか 阿夫利神社左手のコースが”滝コース”だったのか~

そう言えば、このコースは最初の頃に2度程歩いたが

これを”滝コース”というとは知らなかった

※9:21 写真中央にパイプから滝が流れ落ちてます...見辛いです
P1610398.jpg

滝から数分でいよいよ傾斜のある山歩きスタート

すると旬に乗り遅れた紅葉がアチコチで姿を見せてくれた

旬は過ぎてても心を癒してくれてケン坊には十分です

P1610399.jpg

いつもとは反対から”大小”の看板をみることに

P1610405.jpg

分岐を右に右に折れると...いきなりのコノ光景が

見えますか?  真ん中左に日本一の山が

※石尊の滝から17分
P1610409.jpg

少し目を東にやると...雲海に浮かぶ筑波山が見えます

P1610412.jpg

滝コースに大小山を望むピークがあったんですね~

2回は歩いてるのに全く思い出せず、今回はむしろ新鮮です

P1610414.jpg

石尊の滝から30数分で”大小山山頂”に到着しました

※10:54
P1610422.jpg

後の予定を考えるとここから下山と思ってたが...

この”妙義山”を見たら「行っちゃえ」と影のケン坊から指示が

調子に乗って判断する前に歩きだしていた>笑<

P1610423.jpg

この紅葉は歳の頃なら”古希”でしょうか?

還暦の紅葉もあれば喜寿や米寿の紅葉も...>笑<

そんな出会いを楽しみながらの里山歩き

P1610425.jpg

あっという間に妙義山山頂に

山頂でカメラを向けると多くの方が写っちゃうので縦パチで

           ※10:00 嘘~ 大小山から6分?(秒が不明ですが)
           P1610427.jpg

振り返れば...再び富士山の姿が見えました

残念ながら群馬の山々は雲に隠れて姿を見ることができず

P1610426.jpg

良き眺めに満足し一気に下山です...

途中の展望台? 大小の看板と富士山のコラボを堪能

P1610435.jpg

この時期の山道は落ち葉でコースが隠れ危険が一杯です

木の根や岩や石、凹凸...何度もこけそうになりました

P1610438.jpg

下山コースも遅れた紅葉に感謝しつつ本日の里山歩きも完!

※下の駐車場で10:28
P1610444.jpg

さて、次なる目的地に向けて出発です



ページトップへ  トラックバック0 コメント10
復帰戦は”雨巻山”で大人しく...結果オーライ
2016-10-04-Tue  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
28/10/02撮影 【山を整備してくださる方に感謝です...歩き易いです】


  二人の復帰戦だからメジャーなコースをと思っていたが

    でもでもでも...結果的には里山で良かったかも?

        久し振りの山歩きはやっぱり疲れますね~

     ケン坊のマイナス思考に二人とも助かった>笑<

                      その里山とは

               ”雨巻山&三登谷山”  

    那須を諦めたので二度寝・三度寝して9時半に出発

※駐車場も満車状態...辛うじて一番端に駐車
P1590819.jpg

前回は三登谷山から雨巻山だったので今回は逆回りに

歩きだして数分で”ツリフネソウ”の群落が

P1590820.jpg

”キバナアキギリ”...被写体不足をカバーです>笑<

P1590823.jpg

歩き始めて5~6分もすると登りに入るが

今まで山歩きから遠ざかっていた影響が出始める?

足尾山・御嶽山との分岐を右折すると左斜面下に”清滝”が

※写真真ん中やや右の暗がりです(いつになく水量あり)
P1590825.jpg

スタートから30分、好調な魔女の足はいつまで持つかな?

P1590830.jpg

今回は意識してスローペース...

殆んどモデルタイムで(足尾山からの)尾根に出た

P1590835.jpg

小さなアップダウンを繰り返し...汗が噴き出る

花は端境期なので何もありませんが”コウヤボウキ”も花!

P1590837.jpg

魔女には”魔の坂”...猪転坂(ししころげざか)です

P1590841.jpg

登り切ったところに一際大きな”シロオニタケ”が待ってた

※直径が30㌢近い大きさ
P1590845.jpg

この山全般で見られ、食用キノコだったら

レジ袋2個位は採れた? いや他の人に取られちゃったな!

P1590853.jpg

”オクモミジハグマ”も端境期には貴重な被写体?

P1590844.jpg

山頂直下のやや急登も無地に通過して雨巻山山頂に到着

山頂には新しいテーブルが2個

”益子いくべ会会員”の方々のお骨折りで...有り難いです

※山頂の写真を撮ってたら座られちゃった>苦<
P1590846.jpg

次に整備されたコースやベンチ  感謝です!

頭が下がります...お蔭様で安全に楽しい山歩きができます

P1590851.jpg

P1590855.jpg

山レポでは久々のお昼の写真...コンビニ版ですが>笑<

P1590849.jpg

さて、復帰戦も順調に”三登谷山”まできました

ココまで来ると基本下り...でもこの下りが結構キツイです

P1590854.jpg

多少息が上がる場面もあったが何とか駐車場へ

問題は魔女...痛みが出なければ良いんですが微妙か?

※振り返って三登谷山
P1590858.jpg

取り敢えず復帰戦は無事に終了しました(今日のところ)

流石は人気の里山...大変気持ち良い山歩きが出来ました

こうなると”復帰第2戦”は何処かな? 天気次第ですね



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
復帰戦はメジャーコースを目論んでいたが...
2016-10-02-Sun  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
28/10/02撮影 【やっぱり...最近のケン坊はミスジャッジが多い?】


 ケン坊は一ヶ月超、魔女なんか二ヶ月半も山から遠ざかり

       密かに復帰のタイミングを先週から練っていた

  二人の復帰戦だからメジャーなコースをと思っていたが

           お天気がなかなか協力してくれない?

   いや 最近弱気なケン坊の判断がマイナス思考に...

  今朝、4時に”天気とくらす”をチェックし那須・尾瀬を諦め

      向かった先はハイカーに人気の里山で復帰戦を

P1590857.jpg

  ところが...尾瀬も那須も山歩きには良かったみたい!

     マイナス思考・ケン坊の完全なミスジャッジでした



ページトップへ  トラックバック0
思いがけず”霧降高原・大山”までピストンしちゃいました
2016-05-09-Mon  CATEGORY: 栃木百迷山(栃木里山以外)
28/05/05撮影 【大山までのピストンで約4時間...我ながらよく歩きました】


   霧降の滝駐車場から隠れ三滝を目指して歩いてきたが

       マックラ滝を目前に”まさかの分岐”が現れた

道標に書かれた”大山 2㌔”の文字が魔女を誘惑したようだ

           迷うケン坊も”心の分岐”に負けた~

     確か、この先の”猫の平”までが急登だった記憶が

途中でダメだったら引き返せば良い...最も危険なパターン

P1560436.jpg

決まれば”霧降・大山への山歩き”モードへ即切換え

でも、歩き出して直ぐに大変なことを...

そう コンビニでお握りを買い損ねたことを思い出しちゃった

次、この次と言ってるうちに駐車場へ...

でも隠れ三滝だから終ってから帰りに食事すれば良いや

水は多めにあるし、小さいがアンパンもあるし...GoGoGo

P1560439.jpg

念のため”三滝”の地図を確認したら大山の情報が載ってた

見ると、猫の平まで登り25分下り15分と...かなりの勾配だ

歩きだすと予想以上の急登だったが

他のハイカーに”もう直ぐですよ”と声かけられ元気づく魔女

最後の登りに必死で...写真を撮らないで~と叫ぶ

P1560440.jpg

違うよ ミツバツツジが綺麗だから花を撮ってんの...

P1560442.jpg

急登も遂に分岐から17分で”猫の平”に到着しました

おぉ~ モデル(25分)よりも早いじゃん

P1560448.jpg

天気もまずまず、何たってこの眺望で疲れが飛んじゃった~

頑張っちゃって良かったね  思わずハイタッチ\(^_^)/

P1560444.jpg

猫の平から目指す”大山”はまだまだ先です>苦<

方向的に、この山(↓)が多分”大山”だと思います

P1560451.jpg

そして男体山も目の前に...

↑実際には天気が良かったが思ったよりも写真が暗いね

時々薄い雲が陽射しを遮ってたからその影響?

P1560447.jpg

そうそう、猫の平は霧降牧場の中なんですね~

明るい紫のミツバツツジが、牧場の内外で綺麗に咲いてます

P1560456.jpg

膝位の枯れ気味のクマザサ?の中を歩きます

牧場内を通る舗装道路でも良いが、足に優しい土を選択

P1560458.jpg

P1560459.jpg

何ヵ所かゲートがありますが...大人が通るのがやっとです
(いや、魔女は軽く通れましたが、ケン坊はザックが邪魔...コレ本当です)

最初は、何で狭くしてるのかなと考えちゃいました

結論(推測):牛が通れないような幅ということ...かな

このゲートが通れない方は”牛並み”の体格です>笑<

P1560461.jpg

中央の水色の設備は”牛の水飲み場”のようです

最初は何だろうと思っていましたが牧場内なので多分...

P1560464.jpg

笹原を歩き終えると、一旦舗装道路にでます

この車道歩きが結思ったより長かった...約10分強

P1560466.jpg

三度四度? ゲートを潜り膝上まで伸びてる笹原の中を

少し荒れた場所もあったが数分でまた牧場内へ

P1560468.jpg

山頂には東屋があり3組7~8人が写真撮ったり休憩したり

P1560478.jpg

牧場との境界近くに二等三角点がありました

P1560472.jpg

大山山頂からの眺めです

少し雲が出てますが肉眼では素晴らしい景色が...

※赤薙山、女峰山が...あの天空回廊1445段の階段も
P1560477.jpg
※猫の平が中央に見えます
P1560473.jpg
※遠くに薬師岳、地蔵岳、夕日岳も...
P1560470.jpg

復路も往路と同じ花を見てる筈ですが視点が違うのか

全く別の花にも見えます

P1560482.jpg

P1560485.jpg

ようやく猫の平からの急な斜面(下り)も終わりホッ!

何ヵ所か、有刺鉄線を跨ぐ牧柵がありました

P1560488.jpg

~~ マックラ滝へ立ち寄り ~~

そして、往路を歩いて一気につつじヶ丘へ向かいます

P1560527.jpg

そしてスタート地点に戻ってきました

4時間経過したら何となく開花が2~3分進んだような気が

P1560530.jpg

今回も魔女の変心のお蔭で大山まで歩けました

教訓:今後は”目的地周辺の情報”もシッカリ把握すること



ページトップへ  トラックバック0
<< 2018/06 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.