ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
今年もニッコウキスゲの季節が...”根古屋台遺跡”からレポ
2016-05-14-Sat  CATEGORY: 花紀行(ユリの名所)
28/05/14撮影 【ここの情報を提供するのは宇都宮市に住む者の役目?】


  そろそろニッコウキスゲが咲く季節になったな~と思って

     ケン坊定番の”根古屋台遺跡”へ出掛けたら

P1560803.jpg

花の株数は年々減ってるように見えるが実態は不明です

咲き具合は見頃を迎えてた(数日は大丈夫?)

ニッコウキスゲは一日花なので萎えた花とセットになっちゃう

P1560784.jpg

ニッコウキスゲの自生地としては

ここ”根古屋台遺跡”が南限と言われているらしい

P1560769.jpg

スクラム組んでカメラマンを歓迎してる姉妹かな?

それとも”いちゃいちゃしてる仲の良い恋人同志”かも>笑<

P1560778.jpg

日増しに濃くなる緑...ニッコウキスゲの黄がマッチ

P1560786.jpg

皆さ~~ん 一度、横向いて貰えますか~  蕾も多いです

P1560791.jpg

兄貴の萎えた姿を横目に”明日は我が身かな”と心配そうに

P1560783.jpg

でも花たちは”その時その瞬間”を健気に生きてます

TVで観る”謝罪したり釈明する不貞の輩”の姿が見苦しい!

P1560790.jpg

最も、ケン坊も似たり寄ったりかな>苦<

有名人じゃないので目立たないだけですね  失礼しました!



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
情報! 益子の”一株に90輪咲くヤマユリ”は今年は不作だった?
2013-07-27-Sat  CATEGORY: 花紀行(ユリの名所)
23/07/26撮影 【慌てて確認に向かったが、やはり突然変異で”一年限り”の現象?】


先日のブロ友:ハンター師匠の情報が気になり益子を訪ねた

      場所はココ! 益子陶芸美術館の芝生の広場

P1230804.jpg

  車を止め、縺れそうな足に気合を入れ階段を駆け上がり

           遺跡広場を横目に芝生広場へ...

    時間にして2~3分 ダッシュしたため汗が吹き出た

P1230800.jpg

P1230803.jpg

   今年も90輪咲くのを期待したが...全く面影が無く

          花も散り無残な姿になっていました

  去年、管理人さんの話で”突然変異”かも知れないので

        来年も咲くという保証は無いと言っていた

  そう言えば、今年は地元紙でも取り上げて無かった...

*昨年7月に見た90輪のヤマユリ ↓ 去年の写真です
P1100083.jpg

       広場周辺のウォーキングコースの斜面には

           白いユリが少し残っていましたが

      ピークを過ぎて見られる花の本数は限られて!

P1230798.jpg

       ヤマユリも良いが、この純白のユリも美しい

P1230799.jpg



【参考】

  90輪の花を付けた益子のヤマユリ(24年7月)


ページトップへ  トラックバック0
ハンタマの”ゆりパーク”は今が盛り(in那須塩原市)
2011-08-08-Mon  CATEGORY: 花紀行(ユリの名所)
23/08/06【マスコミで何度も取り上げられているので、いまさらですが...旬なので】


ハンタマの”ゆりパーク”は75万株と豪華!

   (今月20日ごろまでが見頃でしょうか? まだ蕾は多くあります...)

今年も、入場料の半額券を戴いたので見てきました...相変わらず不安定な天気ですが。

現地はどうしてどうして...青空が見えてます。暑いくらいじゃなくて、完全に暑”い~

最初は、山歩きを兼ねて往復徒歩でと思ってましたが、この青空がいつまで続くか判らない
ので、時間稼ぎのため上りだけリフトを利用...

画像 527

入場券+リフト片道で、通常だと1500円ですが、割引券を使って1000円でOK。
2枚持っていたが、一人1枚しか適用にならないのでタダにはなりませんでした>^^;<

1枚は勿体ないので、駐車場で県外の車を優先して探し、”半額割引券”を譲ってあげたら
喜ばれました。

画像 534


リフトを降りて...見る光景は慣れてしまいましたが、恒例の場所から撮った写真です。

画像 544

画像 547

そして奥に向って歩き出します。最近はこんなサービスも充実してきました。大いに助かる
人も居るでしょうね...

画像 549

”ゆりの花”は、控えめな大人しいくらいの色が好きです(ヤマユリ)が、最近では色の
濃いのが場所を占有しています。これも観光目当てですから...世の流れですね。

画像 559

ピンクというより”桃色”という雰囲気のゆりはケン坊の許容範囲ですね...>笑<

画像 551


以下、今年ハンタマへ行かれない人のために、撮った写真を漠然と並べてみました...

因みに、今年のハンタマはケン坊一人旅です。 去年は孫と一緒だったですが。

画像 572

画像 576

画像 578

画像 582

画像 586

画像 589

画像 583

画像 605

画像 612

画像 617

画像 625

画像 628

画像 632

これ? ケン坊の影絵です... 
陽射しがやや真上に近いので、ケン坊が小太りに見えます...言い訳してます。

昔、やりませんでしたか?

影を少しの時間だけ見て、目を空に向けると自分の影が空に写っているのを...

この日は暑かったので”むぎわら帽子”着用です...
周囲の観光客には、ちょっと目立っちゃったみたいです>笑<

画像 633
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
昔、ユリが咲くのは7~8月だったが? 
2011-06-24-Fri  CATEGORY: 花紀行(ユリの名所)
23/06/23【いつの間にか6月がユリのシーズンになって...】


  ”黒羽のゆり園” 一株500円で販売!


黒羽城址公園の”あじさい祭り”を見て、帰りがけに”雲巌寺”を散策(後日報告)し、

更に”寄り道”そう、黒羽から5連発の予定です

2発目は”ユリ”です。アチコチのブログで素晴らしい写真が掲載されているのに、
今さらですが... 遅ればせながら仲間入りさせてください。

品種は残念ながら確認するのを忘れてしまいました。写真だけでごめんなさいね。


大売出しの幟旗が遠くから立ってました...”黒羽ゆり園”力を入れている証拠です。

でも”ゆり園”と名を付けるほど、ゆり畑は大きくはありません。山あいの小さな畑でした。
画像 124

ピンクの花に大きなシベがハッキリと見えて...
ゆりのシベの先にブラブラしてる”あんよ”が、衣服に付くと苦い思い出がありますが。
画像 126

シベのうちの一本が”突然変異?”。シベと花弁が癒着しています(上の右側)...
画像 128

画像 144

変わった色の花です。一瞬、シベが散ったのかと思うくらい。見た目は汚い感じですが...
画像 130

深い真紅のゆり。シベの先にある”あんよ”が可愛いです。
画像 136
赤い花弁の中心寄りが赤黒い感じがします。↑の赤いゆりとは種類が異なるんでしょうね
画像 146

画像 147

純白のゆりの花。何となくホッとします。他のゆりが真夏を代表するような色なので...
画像 138

これも変わった花です。花弁が”ダラリ”と垂れ下がっているのは他のユリと違いますね。
画像 140

しっかりとしたオレンジ色のゆりの花。シベも同系色なので”あんよ”が浮いてるみたい。
画像 133
ゆりも大群だと圧倒されます。
画像 137
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.