FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
四季の森・星野で”セツブンソウ”が見頃!
2020-02-16-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
R02/02/15撮影 【足を伸ばして正解!  山歩きも良いけど単独行じゃ...】


  天気の影響もあって1ヶ月遠ざかっている山も行きたいが

        季節を感じる”花”を見てみたいですよね

 花もいろいろあるけど”セツブンソウ”が一番ですかね  

IMG_2058.jpg

花之江の郷でお茶を濁すかなとも思ったが...足を伸ばして

一気に定番の”四季の森”へ向かう

遠くから、散策する人影や這いつくばる人影が小さく見える

この時期だけ駐車可の駐車場もかなりの台数が出入り

IMG_2049.jpg

少し早いかなと思いつつ、春のような陽気が続いているので

一気に咲きだしたようで...もう見頃です

IMG_2059.jpg

IMG_2053.jpg

いつ見ても健気に咲くセツブンソウは好きですね

IMG_2055.jpg

紅梅と蝋梅のコラボ...さすがにロウバイは終盤ですね

IMG_2057.jpg

IMG_2061.jpg

IMG_2062.jpg

”短い前へ習え” ってか?  一列に並んでます>笑<

IMG_2064.jpg

もちろん、敷地内には”フクジュソウ”も元気な姿を見せてます

IMG_2068.jpg

IMG_2071.jpg

あははは また撮っちゃいましたね

IMG_2070.jpg

昨年発生した豪雨の爪痕はココにも現れてます

土が掘られ割れ目が何筋も...この割れ目は比較的軽度?

もちろん多くのセツブンソウも流されてしまったようだ

割れ目の側にも仲間を失ったセツブンソウの元気な姿があった

自然の中で生きることの厳しさを目の当たりにし

人間も自然災害に加担してることを反省せねばいけませんね

IMG_2072.jpg

今年も多くのセツブンソウの姿を目にすることができました

IMG_2075.jpg

IMG_2073.jpg

IMG_2078.jpg

IMG_2084.jpg

IMG_2081.jpg

IMG_2088.jpg

IMG_2091.jpg

ありがとう!  今年も元気な姿に安心しました

また来年だね~


スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0
野暮用が無くなり残った時間で行ける場所は...ポピーまつりにレッツゴー
2019-05-20-Mon  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
R1/05/18&19撮影 【勿体ない時間を費やしてしまったが...人生です】


    結局は貴重な時間を野暮用の未遂で費やしちゃった

      過ぎた時間は戻らない!(ケン坊って前向き~)

   ならば、今日の残された時間で行ける場所ってどこだ?


 数日前の地元紙を思い出し...ポピーでも見に行こうか

※場所は、旧喜連川町・荒川沿い(道の駅・きつれがわ 手前左折)
IMG_0072.jpg

だが、残念ながら少し早かった...3~4分咲き?

今週末が”ポピーまつり”だが、もう少し咲いてるかと期待を

河原は風が吹き抜けるので柔らかな花弁はヒラヒラと揺れる

IMG_0076.jpg

でも...ほんの一瞬だけ風が止んでくれた

IMG_0086.jpg

これだけ蕾が多いと今週末が楽しみですね

IMG_0082.jpg

IMG_0098.jpg

数は少なかったがピンクのポピーも顔を見せてくれた

IMG_0096.jpg

今週末は”喜連川のポピーまつり会場”へ集合!

IMG_0099.jpg



【ついでに家庭菜園の近況です...】


※ミニトマト(中玉) × 4本  小玉 ×6本
IMG_0108.jpg

IMG_0107.jpg

※茄子 × 2本
IMG_0111.jpg

IMG_0109.jpg

※ピーマン × 2本
IMG_0112.jpg

IMG_0110.jpg

※キュウリ × 3本
IMG_0113.jpg

IMG_0114.jpg

※インゲン × 8本
IMG_0115.jpg

※トウモロコシ × 5本
IMG_0117.jpg

※エダマメ × 16本
IMG_0120.jpg

今のところ順調ですが...収穫は随分先で一寸先は闇?




ページトップへ  トラックバック0
野暮用が入りそう...何時でも戻れるよう安近短で試し撮り
2019-05-19-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
R1/05/18撮影 【半身不随のカメラを諦め...ブログ継続のため安いカメラを?】


安近短...ケン坊は何気に使ってますが最近では死語か?

   地元紙の情報にマンネリ感はあったが腰を上げた...

 今年も根古屋遺跡にニッコウキスゲが咲きだしました

IMG_0030.jpg

咲きだした  まさに咲きだした状態です

IMG_0013.jpg

まだ咲き始め?  花の数も少なく群生地とは言えないかも

IMG_0017.jpg

一日花ですから既に萎んだ花があるのも当然ですが

IMG_0019.jpg

暫くは見られるかも...ネ!

IMG_0021.jpg

IMG_0024.jpg

IMG_0037.jpg



時計を見るとまだ時間はありそう?  行っちゃえ~

向かった先?  そうココも定番ですが

四季折々花が見られる”錦鯉公園”のシャクナゲとアレ!

先ずは”アレ”からです>笑<

なんだあの”白いビラビラ”は?  って判ってるのに!

IMG_0038.jpg

IMG_0040.jpg

池にも飛び込む勢いの”ハンカチノキ”

IMG_0054.jpg

いつ見ても不思議な花...白い部分は花弁ではないですが

IMG_0048.jpg

ケン坊を待ちきれず落ちてしまった花が何かを言いたそうな

IMG_0051.jpg

今年は終焉と思ってたが何とか見られた  青空が眩しい!

IMG_0053.jpg




錦鯉公園といえば”シャクナゲ”も旬の花ですが どうかな?

今日は駐車場に車の姿が無くチョッピリ不安

でも直ぐに不安から解放  だって十分見られる花の姿が

IMG_0041.jpg

まだ蕾だってたくさんありました

IMG_0042.jpg

IMG_0057.jpg

IMG_0062.jpg

IMG_0060.jpg

シャクナゲもご多聞に漏れず青空が好きなようです

IMG_0070.jpg

野暮用が無くなったって?  安近短じゃ無くて良かったかも

山の方が良かったかな~...明日は天気が悪そうな?



ページトップへ  トラックバック0
裏筑波のニリンソウも終焉のときを迎え...発見も?
2019-05-12-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
R1/05/11撮影 【昨年の印象が強かったのか、魔女が望む裏筑波へ】


      平成と令和を跨いだ初めての10連休が終わり

 既に盛りを過ぎている”裏筑波のニリンソウ”ですが

今年は”花の終焉レポ担当だよね”と言われ>笑<

   それじゃ...魔女の歩けると思えるコースを考えて?

と言って、同じ”女の川コース”のピストンじゃ脳が無いと思い

    足の具合を見て判断という条件付きで周回コースに



  家を8時に出発し、運が良ければ男の川橋に駐車できる?

   ダメなら筑波高原キャンプ場に駐車するつもりだったが

   何と!  男の川橋周辺には2台しか停まっていない?

ということは、ニリンソウは完全に終焉と言うことなのかな~

P1730630.jpg

入口からやや急な登り...身体が慣れて無いためキツイ?

直ぐ右手に”大光院大瀧大聖不動明王”様が鎮座

P1730631.jpg

漸く身体が慣れ始め、目的のニリンソウを探すが

なかなかニリンソウに出会えない 終焉も株は残ってる筈!

そんなケン坊の心の叫びが聞こえたか 少しずつ...

でもヤッパリ終焉の姿に近いかな~  遠目には観られるが

P1730635.jpg

P1730637.jpg

一輪目も二輪目も綺麗に咲いてる姿もありました

P1730643.jpg

標高が上がるにつれて少しずつ花の群生も増す

本来はこの辺りから”群生地”のオンパレードで圧巻かも

今度は”旬の頃”に訪ねたいねと...顔を見合わす

P1730645.jpg

ひときわ目を惹いた黄色い花の正体は...ヤマブキソウ

P1730646.jpg

そして意外に多く見かけた”ユキザサ”に癒されました

P1730650.jpg

スポットライトを浴びた”ニリンソウとユキザサ”のコラボ

P1730653.jpg

このコースで唯一の? ヤマツツジに遭遇>笑<

P1730654.jpg

そして”薬王院コース”に合流し少し進むと

標高のせい? 今までとは元気さの違うニリンソウが

P1730656.jpg

”筑波山自然研究路”と合流...この後は魔女の足を考え

分岐を左に...直接”御幸が原”へ向かう

P1730659.jpg

おぉ 益々元気なニリンソウのエリアが出現

P1730662.jpg

御幸が原の手前で少し纏まった”ヤマブキソウ”にも出合う

P1730664.jpg

スタートから1時間10分...御幸が原に到着

背負ってきた食材をベンチに広げてランチ?  大休憩!

新緑が眩しい男体山  もちろん青空も最高です

P1730669.jpg

男体山は無理だが折角なので女体山は寄ってみたい!

魔女の足を信じ、御幸が原から女体山へ移動

※トウゴクミツバは殆んどが終焉...唯一?の姿でした
P1730672.jpg

女体山はバカ混みも無く順調に展望の地を確保>笑<

グライダー2機が優雅に飛行してましたが どこだ~

P1730683.jpg

女体山から望む男体山...次回は必ず行きま~す

P1730679.jpg

さて、女体山の近くから”キャンプ場コース”を利用し下山開始

途中から”女の川のニリンソウ群生地”を経由予定

P1730686.jpg

女の川の前半は結構な岩場で慎重な魔女には厳しい?

アチコチに期待のニリンソウが見えたがやはり終焉ですね!

P1730696.jpg

P1730698.jpg

少し纏まって”エンレイソウ”が...花は散り幼い実が

P1730700.jpg

こちらもユキザサが目立ちます

P1730701.jpg

筑波に(まさかの)2本しか無い?  その樹に遭遇できた~

すれ違った旅人がカメラ片手に行ったり来たりの挙動不審?

訪ねると”筑波に2本だけの樹”を探しているとのこと

そして(旅人が)発見!  この(↓)葉が特徴での樹です

旅人は名前を知らず...ケン坊が”ハナイカダ”と説明

P1730705.jpg

P1730702.jpg

そのハナイカダの樹は、太い樹の右側と裏側に隠れて

どう説明したら良いか...コース入口側から四分の一あたり?

P1730706.jpg

その後はコレといった被写体も無く>笑< 入口に無事到着

P1730707.jpg

女の川から男の川橋まで歩いて10分位?

途中の林道斜面には”ツクバキンモンソウ”が散見できたが

P1730708.jpg

駐車時は3台目だったが、さすがに満車状態です

恐るべし”筑波山”ですね  裏筑波も!

男の川橋~御幸が原~女体山~女の川~男の川橋

のんびり歩き、休憩含めて3時間20分...上々の歩きですね

P1730711.jpg

思い掛けない”ハナイカダ”に遭遇し得した気分?

ニリンソウの終焉レポが出き、元気なニリンソウにも会えて

何より魔女が周回コースを完登できたことが一番かな?

P1730717.jpg

P1730713.jpg

P1730715.jpg

道の駅で魔女へのご褒美に”イチゴロール”を購入




ページトップへ  トラックバック0
10連休:10日目・いきなりの雨に”最終日は休めということ”かな? +6㌔ジョグ
2019-05-06-Mon  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
R1/05/06撮影 【そうそう、この時期はクマガイソウが見頃を迎えますよ】



連休最終日は突然の雨で出鼻を挫かれたが魔女とドライブ?

 何処へ行くか当てもなく...空の明るさで南西方面を選択

   さて、結果的には”クマガイソウ”の追っかけでした

       五丈の滝前植物園は過去にも何度か行ったが

今はクマガイソウ(植物園)育ての親の意志を息子さんが継ぎ

            今年も1500株の花が見られるという

【前から】
P1730603.jpg

P1730601.jpg


【横から】
P1730611.jpg

P1730602.jpg


【後から】
P1730608.jpg

P1730609.jpg


エビネのエリアにもクマガイソウが侵食してる?

P1730612.jpg

P1730613.jpg

車のナンバーを見ると東京や埼玉、群馬など遠くから...

葛生の中心地から10数㌔離れた山裾の植物園へ

それにしても面白い花ですね  全員同じ方向を向いてる

P1730620.jpg

しかし不思議な植物ですね~

袋状の花と大きな扇形の葉が特徴のラン科の多年草

乱獲によって全国的に数が減っているらしい

P1730622.jpg

環境省のレッドリストで

絶滅危惧Ⅱ類に指定されているクマガイソウを

1500株も育てる園主さんに感謝です

P1730625.jpg

見頃を迎えたクマガイソウも10日頃までは見られるという

未だの人は”五丈の滝前植物園”へ急いでね  




ページトップへ  トラックバック0
10連休:3日目-2・羽黒山の見える界隈で命の洗濯...翁草を独り占め
2019-04-30-Tue  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H31/04/29撮影 【肘の痺れを除けば...何処か痛いところがあると憂鬱ですよね】


                 【平成最後のレポです】


  第一ラウンドの”上河内緑水公園”を後にして向かった先は

    予想通りの”オキナグサ群生地”でした>笑<

  既に開花している情報は耳にしており遅いかなと思いつつ

      今回も”花たちの終焉レポ”は健在かな?

P1730347.jpg

さすがにシーズンは終わったのでしょうか? 誰もいない

オキナグサを独り占め?  いや魔女との二人占めでした

でもオキナグサは”翁草”と漢字で書くほうがピッタリ!

P1730328.jpg

ウォーキングを兼ね”うわだいら道の駅(風)”に駐車し

土手の上をブラブラ散歩して群生地へ(10分弱)...

最初に訪れたときは群生地まで踏み跡を探してたが

今は逆に荒らされないよう管理が行き届いてる

P1730322.jpg

近づいても翁草の存在感が感じない  終わっちゃった?

いや  好々爺は周辺の景色に溶け込んでいたんですね~

それより何より、ケン爺と魔女婆の目が衰えてた>笑<

P1730327.jpg

それぞれに個性を持った人生? いや草生を表現してますね

P1730325.jpg

翁草の根元には、まだ咲いている花もあります

さすがに蕾は少ないですが...

P1730333.jpg

羽黒山をバックに”翁草”はまさに群生ですね

P1730334.jpg

時に風に揺られ、撮りにくい時間もが続きましたが

良い雰囲気の姿もありましたよ

P1730335.jpg

翁草の花は下を向き過ぎていて、しかも背の低い植物なので

花の中を撮れず、スクワットしても寝転がってもダメ!

P1730338.jpg

これが限界です

P1730340.jpg

それにしても今年のタイミングは決して悪くないね

多分、花を見るか、翁草の名の由来の姿を見るかの違い?

P1730342.jpg

ちょっと失礼して真上から...カッパを想像しちゃって_(._.)_

P1730339.jpg

来る前は”翁草の終焉レポ”と思っていたが

どうしてどうして”翁草の本当の姿”をレポできて嬉しかった!

P1730341.jpg

こんな翁草の群生地を見ることができて最高です

10連休の3日目は曇りの予定だったが青空も覗いて良かった

P1730329.jpg

明日は平成最後となりますが一日雨模様だという

のんびりと”我が家の平成の歴史”を振り返ってみようかな

多分、こんな事(↑)忘れて違うことをしていると思う>笑<







ページトップへ  トラックバック0
茂木・ミツマタから次の花と言えば...那珂川・富山の岩〇〇〇でしょうね>笑<
2019-04-08-Mon  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H31/04/06撮影 【お花のシーズン到来...あぁ孫悟空の分身術が羨ましい】



ミツマタ群生地から車を走らせ烏山を素通りして那珂川町へ

   富山地区(舟戸&金谷)は”イワウチワ”の群生地

   ところが2ヶ所とも「富谷のイワウチワ」を名乗りながら

      入山料300円を別々に設定している()

 群生地を管理し保存するのが大変なのは理解してますが

  提案! 2ヶ所の共通券として発行したらどうだろうか?

P1720758.jpg

旬を過ても、群生地ですから見られるイワウチワも多い!

P1720760.jpg

厳しい傾斜ですがイワウチワも頑張って根を張ってます

P1720764.jpg

少し白いお肌のイワウチワちゃん達が二人を歓迎?

P1720767.jpg

こんな”ふくろう”とのコラボも...

P1720772.jpg

もちろんピンクがかったイワウチワ達が”いっぱい”ウフフフ

P1720774.jpg

陽射しを背から受けたイワウチワ達も一興な雰囲気

P1720775.jpg

まさか”二人羽織”の準備?>笑<

P1720777.jpg

なかなかの”可愛いこちゃん”ですね  来て”正解”です!

P1720784.jpg

ホラ ホラ ほらね  私たちって可愛いでしょ

P1720800.jpg

可愛いこちゃんに見つめられると凸凹コンビも恥かしい!

P1720798.jpg

この後、約4~5㌔離れた金谷の群生地へ...

光景は同じなので割愛?  実はボケボケだったんです>笑<

P1720789.jpg

P1720748.jpg

この後は更に北上して...カタクリ群生地と思いましたが

さすがに凸凹コンビも疲れてしまったのさ>笑<

と言いつつ、ケン坊はこの後10㌔のジョグへ  明日は明日!





ページトップへ  トラックバック0
旬を過ぎた”ミツマタ群生地”にも味わいが... プラス1
2019-04-06-Sat  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H31/04/06撮影 【暖かさに誘われケン坊と魔女の凸凹コンビの花めぐり】


    諸々の情報から想像するに完全に旬は過ぎてる?

 もしかして過去最悪の茂木のミツマタとなるかも知れない

     コレまでは誰よりも早くレポしようと頑張り過ぎて

勇み足もあったが、今回は終焉後のミツマタに出会えるかも

 ところが、シルバーに敬意を表してか全山シルバー一色に

P1720744.jpg

しかも今年は群生の数が凄い!

一方、旬が過ぎたと思ったのか入山者は少なくラッキー

P1720677.jpg

コンなゴールドなミツマタも姿を見せてくれた

P1720678.jpg

順路に従ってミツマタのトンネルを潜りながら撮影タイム

P1720684.jpg

もう蕾はありません  全部が開花しています!

P1720687.jpg

陽射しを背に受けたミツマタが飛び出しそう

P1720698.jpg

まさにミツマタ  どの三椏の枝も三人娘がお揃い

P1720708.jpg

見上げればポンポンダリアのような姿が宙を舞う

P1720711.jpg

P1720680.jpg

どこを見てもどこから見ても”白波のオンパレード”だ

P1720722.jpg

凄い数ですよね~

P1720724.jpg

これ以上丸くなったら”おデブ”になっちゃう>笑<

P1720725.jpg

当初、ミツマタの群生地は別の場所で知ったが

最近では”焼森山のミツマタ”が全国区はオーバーかな~?

P1720726.jpg

今年は当たり年?   旬を過ぎてもこの光景は素晴らしい!

P1720735.jpg

負け惜しみじゃなく、こんなミツマタの群生を見られてラッキー

こんな状態で良ければ”数日”は大丈夫でしょう!

P1720736.jpg





【プラス1:雷神穴】茂木町HPより抜粋

 逆川地区ミツマタ群生地より100メートルほど登ったところから、さらに50メートル
ほど左手奥に入った沢の右手上に大きな岩があり、そこに3メートルほど奥行きの
穴が開いている。
地元ではこの穴を「雷神穴」と呼び神聖な場として崇めてきたが、山を格好の遊び
場としていた当時の子どもたちにとっては、この沢は山の頂を目指す最短の道で
あり、その中途にある穴は遊びの陣地、あるいは雨宿りの逃げ場であったという。
~~~以下、略~~~

折角なので詣でることに...群生地の入口から200㍍先

従来の焼森山登山口に向かう途中で左折

P1720657.jpg

少し高い所に”しめ縄”が張られている

P1720658.jpg

足場は少し怪しかったが手入れされており注意しながら

近付き過ぎちゃって”木を見て森を見ず”状態に

P1720659.jpg

少し引くと”こんな感じの穴”です

震災の時にこの奥の岩が崩れたためココで行き止まりとか

誰かが呟いていたが男性の魔除けにもなるとか?

P1720661.jpg

今年は”ネコノメソウ”の当たり年? 沢沿いに群生してます

P1720681.jpg

少し遅れたミツマタに続き...次も遅れ気味の花の群生地へ



ページトップへ  トラックバック0
野暮用の合間を縫って...時間的にセツブンソウしかない?
2019-02-23-Sat  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H31/02/23撮影 【野暮用という名の野暮用が続いてます...来週は?】



う~ん  3時間で往復できる場所?  三毳まで行けるかな~

       栃木経由で...渋滞に嵌りあっさりと諦めて

   セツブンソウがピークを迎える星野・四季の森へ変更!

 今年、ケン坊はセツブンソウは見ているが魔女が未だ...

   この時期、臨時駐車場が準備されていました>ホッ<

P1720254.jpg

まさに今が旬とでも言いましょうか

ケン坊の写真ではなかなかアピールできませんが

斜面一面にセツブンソウの群生です

P1720257.jpg

一人だけ仲間と離れ...冒険したかったのかな?

踏まれちゃったら大変だよ  来年は皆のところに戻りなよ

P1720262.jpg

このセツブンソウは何か変だよね~...

でも、仲間外れにならないで良かったね\(^_^)/

P1720264.jpg

コチラは大家族ですね>笑<

P1720267.jpg

おぉ~福寿草が首脳会談でも開催してるのでしょうか?

P1720274.jpg

ロウバイも頑張って...紅梅とコラボしたかっただけです

P1720276.jpg

ここにも大家族  今年は大家族ブームなのかな?

P1720280.jpg

あれまぁ  この子ったら上なんか向いちゃって...

P1720284.jpg

私たち”ピンク・ガールズ”です

って、ケン坊の方を向いてくれません  恥かしいの?

P1720288.jpg

あれ! 一周回ってこの子たちのところに戻っちゃった>笑<

P1720285.jpg

都会のロウバイも良いけどやはり田舎の風景が一番かな

P1720289.jpg

黄色い”マンサク”も咲き誇ってます 私を見て行って~

P1720291.jpg

そして星野遺跡に移動して...フクジュソウの咲き誇る館

P1720294.jpg

更に足を伸ばして”ザゼンソウ”もパチリ!

そうそう来月下旬、カタクリの咲く頃にお邪魔しようかな

P1720296.jpg

ピンクネコヤナギが可愛いって撮ったのに...

銀色したネコヤナギに? いや中途半端なピントですね

P1720300.jpg

星野遺跡の駐車場に戻ってきました

急げ! 早く帰らなくちゃ

P1720301.jpg

明日も野暮用があって...(つд⊂) 

山は来週になっちゃうかな   天気は大丈夫なの?




ページトップへ  トラックバック0
いくらなんでも早い...グリーンパークの秋桜は?
2018-09-28-Fri  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H30/09/24撮影 【近場のコスモスの名所は10月にならないと無理か...】


      例年、秋桜まつり10月だよね~  と知りつつ

       今年は行く所も無いためドライブ( ̄^ ̄)ゞ

   曇り空だが園内は子ども達のハシャグ声がアチコチで

そう 着いた場所は定番の高根沢グリーンパークです

P1710120.jpg

P1710121.jpg

おや?  コスモスじゃ無かった~  ヒマワリが...

P1710128.jpg

本来のコスモスは?  こんな状態の場所もありますが...

P1710130.jpg

未完のコスモスもそれなりに見られる∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…

P1710129.jpg

P1710131.jpg

P1710138.jpg

P1710146.jpg

P1710147.jpg

P1710148.jpg

P1710150.jpg

そうなんです 早いでしょう  

グリーンパークの”秋桜まつり”10/6(土)~21(日)

           P1710158.jpg

まだまだ公園めぐりとランチが続きますヽ( ´_`)丿

山に行けないケン坊に天気が優しくフォローしてくれて?

ゴメン! 天気が悪いのを喜んでる訳じゃ無いです







ページトップへ  トラックバック0
<< 2020/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.