ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
日光・千手が浜のクリンソウと千手堂...+わん?
2018-06-07-Thu  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H30/06/02撮影 【一度訪れてみたいと思っていた千手堂...思いがけず】


  高山を経由して”千手が浜”のクリンソウ群生地へ向かう

P1690912.jpg

今年のクリンソウ開花は他の花に並んで早いのか?

事前情報によれば見頃というブログや5~6分咲きの情報も

恒例のネットに囲まれた群生地に入ると...

早過ぎ? それとも株数が減ってる? 何だか少ないぞ~!

P1690919.jpg

そう言いながらも敷地内へ入り一周するがイメージと乖離?

綺麗処を撮るも...何とボツ写真の多いことか😞

P1690920.jpg

P1690921.jpg

P1690931.jpg

P1690934.jpg

P1690942.jpg

ここまで来たら行かなくちゃ...と少しだけ足を延ばす

歩いて5分強? そう黒檜岳登山口へ向け西岸と南岸の境?

橋を渡ったところに...

目的は朽ちた”千手堂”が1年前に復元されたと知り

本当にピッカピカの堂が復元していました

2年前に栃百・黒檜岳登山で来た時に建設予定だと聞いた

P1690946.jpg

P1690948.jpg

2年前に撮った写真で振り返ると

ここが”千手堂跡”です
※2年前の写真
P1570984.jpg

勝道上人が「千手院」を創建したとのこと(詳細は案内板を)
※2年前の写真
P1570986.jpg




さて、千手堂を拝見出来て一応は目的を果たし...

前回通った時に周辺にクリンソウがあったのを思い出した

何気に周囲を見渡すとソコココにカメラを抱えたハイカーが?

人の気配を追って林の中に入ると(@_@)

P1690952.jpg

先程の”管理地内のクリンソウ”とは違う”自生”と思われる

クリンソウ群生地がありスクワットするカメラマンが>笑<

P1690954.jpg

株数は管理地程ではないが新鮮な気分だけ綺麗に見える

P1690956.jpg

P1690960.jpg

P1690963.jpg

魔女は体力温存というか足を休めるため”千手堂”はパスで

この新地のクリンソウ光景を見ることは出来ず

あまり待たせると本当に魔女になっちゃうため早々に帰還

P1690952.jpg

思い掛けず”新クリンソウ群生地”が見られて\(^_^)/

昨夜(7日)、千手が浜のクリンソウが見頃とのTVレポが...

そうか~ ケン坊は少し早過ぎたらしい

皆さん 今週末が良いらしいですよ!  レポ待ってま~す



レポが中断...申し訳ありませんが続報は後日

P1700009.jpg

P1700026.jpg




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
晴れる筈の日曜日...行く先々を雨に邪魔されて
2018-04-14-Sat  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H30/04/08撮影 【やっぱりレポの速度が遅い! 以前は速攻だったのに】


   県内はおおむね晴れマークの日曜日だった筈でしたが

           花を求めて県北へ向かうことに...

   ところが新4号で北進するとなんだか北の方の空が変?

           その変な雲がケン坊目掛けて近づく

 そして遂には雨がケン坊のセカンドカー?の屋根を叩きだす

         強くなる雨に氏家あたりで県北を諦め...

      空の明るい県東方面に行先変更することにした

     結局、旧小川町”カタクリ山”に甘んじることに

※修理の終わった(鳥居、灯篭)三和神社
P1680889.jpg

P1680888.jpg

もちろんカタクリの終焉は百も承知...

せめて”ショウジョウバカマ”と”水芭蕉”が残ってたらと逆回り

残念ながらショウジョウバカマも水芭蕉も旬は過ぎ

今にもこの世にお別れをしようと身繕いしているような...


以下、証拠写真として掲載...見苦しいのはご容赦ください

P1680858.jpg

P1680859.jpg

P1680864.jpg

まさかの青空に...方向転換して正解だったのかな?

P1680867.jpg

この後は”水芭蕉エリア”で...ショウジョウバカマも

水芭蕉は葉も大きく育ち純白の花(萼)も霞みがち?

P1680873.jpg

P1680874.jpg

P1680876.jpg

P1680879.jpg

P1680880.jpg

P1680881.jpg

P1680883.jpg

大変失礼しました...掲載を迷ったが

最後まで精一杯咲いている花に敬意を表し掲載しました

今週末は何処(山か花か)へ行きましょうか>笑<





ページトップへ  トラックバック0
ブロ友の強烈な花レポに背中押されて...やっと腰上げた
2018-03-18-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H30/03/18撮影 【行ってきました...思い切ってセリバオウレンの群生地へ】


 天気も曇り予報だしお彼岸の入りだし...どうしようかな~

    でも ”リンゴさん” の花レポに背中を押され>笑<

  3年前に得た情報を活かす時が...行くなら今でしょ!



ところが情報を得たのが3年前...たかが3年なのになのに

   されど3年です~~~目の前に広がった景色に(@_@)

 想定の”林道”が無く  まさかの砂防ダム工事現場に変身

※県央部某所という指令なので道標は...
P1680443.jpg

数年前のゲリラ豪雨? 関東・東北豪雨? 

大きな被害を受けてアチコチの林道や登山道に爪痕が

P1680440.jpg

初めて見る”セリバオウレン群生地”に対する執念か

ケン坊の花に対する嗅覚がここで発揮

周囲の山並みや木立の具合、鉄塔の位置見ながら進むと

感激の”群生するセリバオウレン”との出会い\(^_^)/

P1680404.jpg

リンゴさんの写真と比べたら雲泥の差...比較しないでね

P1680408.jpg

P1680411.jpg

P1680424.jpg

P1680429.jpg

P1680432.jpg

P1680433.jpg

P1680401.jpg

P1680412.jpg

今まで花之江の郷で数株と出合ったのが最高でした

やはり外に出ないと...リンゴさん背を押してくれて有難う!




ページトップへ  トラックバック0 コメント6
春を求めてのドライブはどこ?
2018-02-11-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H30/02/10撮影 【今年も春を求めて彷徨うケン坊...義兄にもレポします】


   少し寒い日々が続いたので今年は咲いて無いかな?

      と思いつつ、もしかして...と立春の花を求め

                      その前に

 節分を終え初午を迎えると県内はシモツカレ一色>笑<

※栃木のグルメ? シモツカレ
P1680217.jpg

彩りが”イマイチ”と言われる栄養満点のシモツカレを食べて

今年も栃木の”花之江の郷”までドライブしたら

おぉ~ラッキー 目当ての”セツブンソウ”が咲いてた~

※例年、この時期は無料だが今年は200円>笑< これだけ咲いてたから?
P1680219.jpg

P1680220.jpg

P1680225.jpg

P1680229.jpg

P1680234.jpg

P1680237.jpg

バイカオウレンも少ないですが顔出し...\(^_^)/

P1680226.jpg

P1680227.jpg

錦糸玉子? シナマンサクも出迎えてくれた

P1680238.jpg

そして早春の花といえばコチラの”フクジュソウ”ですよね

P1680222.jpg

P1680223.jpg

最後に”セツブンソウ”をもう一度

P1680218.jpg

雪山が苦手なケン坊はしばらくは”春恋しレポ”かな?





ページトップへ  トラックバック0 コメント8
これって本当の”おきな草”なの? それとも仲間?
2017-05-16-Tue  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H29/04~05撮影 【昨日(15日)、再びケン坊の身体をメスが2ヶ所も襲った...】


通勤時、駐車場から会社の(徒歩)コースは日によって変更
      (通勤時間は道路事情で毎日異なることから少し早めに...)

つまり駐車場に着いた時間によって歩くコースを変えている

    4月の下旬、この日歩いたのは市営住宅団地の中

このコースは何度も歩いているのだが、目の前に何だろう...

        見ると”おきな草(翁草)”の大群でした

    翌日、カメラをバックに忍ばせて出勤しパチリ>笑<

P1630543.jpg

見た目は間違いなく”おきな草”だと思うのだが

一方で、最近は花壇でも数厘見かけるがこれだけ纏まると

本当にあの”絶滅危惧種”のおきな草なのかと疑問も湧くが

P1630540.jpg

P1630544.jpg

P1630545.jpg

P1630546.jpg

P1630548.jpg


そして”翁”の姿を待ち続けること3週間が経過

もう少し早く見られると思ってたが、マサカのGW越えで漸く

P1640305.jpg

おぉ ナイスミドル!  ケン坊にもこんな時があった?

P1640306.jpg

ナイスミドルの中に一部、ケン坊のような”翁”もチラチラと

P1640308.jpg

コレ(↓) まさに現在のケン坊ですね>笑<

P1640309.jpg

P1640312.jpg

3週間に渡っての観察?  またやオーバー会会長ですね

今年は”翁草の塩谷”へは行けなかったが

思いがけず近場で”おきな草”が見られて良かった\(^_^)/




ページトップへ  トラックバック0 コメント2
続く花レポは定番の”三毳山・カタクリ”です...こちらも寄り道で
2017-04-01-Sat  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H29/03/30撮影 【速報というより情報...あくまで自己責任でお出かけください】


三毳山カタクリの里ではピークを越えたという説もあるが?

             寄り道なんだから成り行き任せ

       今年も我が家はカタクリ詣でとなってしまった

    開花状況はまずまずの状態...良いんじゃないの?

P1620909.jpg

お昼過ぎたのでほとんどのカタクリがカールしちゃいました

P1620880.jpg

これだけに見られれば御の字!  駐車場料金は500円

P1620885.jpg

数年前から”カタクリの里”には「アズマイチゲ」も満開

カタクリまつりに便乗したのか? いや競演でしょうね>笑<

P1620886.jpg

P1620900.jpg

あははは ケン坊は”アズマイチゲ”に便乗です

P1620890.jpg

P1620892.jpg

P1620893.jpg

以下、似たようなカタクリの羅列ですが...

P1620898.jpg

P1620911.jpg

P1620913.jpg

P1620914.jpg

新緑も顔見世興行?  この一本で雰囲気が変わります

P1620905.jpg

三寒四温が続く自然界...カタクリはいつまで見られる?

さて今回は天平の丘から三毳山、更なる寄り道は...



ページトップへ  トラックバック0 コメント4
この時期はハシゴもしちゃう”元気な花咲爺さん”に化ける?
2017-03-30-Thu  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H29/03/25撮影 【花のレポは早いほうが良いが...最近、速報ならぬ遅報に】


    イワウチワは3/25撮影ですのでご注意下さい


 開花が始まったばかり...見頃には程遠いので躊躇した

          ”那珂川・富山イワウチワ”

 この後の日程が定まらないため”行った”という実績作り?

※A4サイズ(表裏)のパンフレット
P1620828.jpg
※健脚コースは一番左の③から下へ延びる茶色の部分↑

初めて知った”いわひめちゃん”が可愛い!
               (イメージキャラクター)

P1620829.jpg

茂木のミツマタ群生地から約30㌔? 入口駐車場まで車で

入山料400円(200円×2)払っていよいよイワウチワの観賞

だが行けども回れども”イワウチワ”の姿は見えず?

諦めようとした矢先...遠くにカメラマンのスクワット姿

P1620765.jpg

下山に使おうとした”健脚コース”が唯一の撮影場所だった

まったくの”オケラ”じゃ無くて良かった

P1620775.jpg

P1620776.jpg

P1620787.jpg

P1620784.jpg

P1620790.jpg

P1620798.jpg

P1620815.jpg

ところが健脚コースはイワウチワだけでは無く

ケン坊と魔女のような”ジジババ”の宝庫でもありました

階段状に現れる”シュンラン老夫婦”に歓迎され

P1620800.jpg

P1620803.jpg

P1620812.jpg

入り口付近にく開花が始まろうとしているショウジョウバカマ

P1620818.jpg

色とりどりのユキワリソウが入山者の目を惹きます

P1620821.jpg

P1620824.jpg

我が家の定番となってる”ミツマタ&イワウチワ”の観賞会

来年からは趣向を変えないと...>笑<


ページトップへ  トラックバック0
この時期は花粉症も何のその”花咲爺さん”に成りすまし...
2017-03-26-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H29/03/25撮影 【ミツマタの開花状況は速報で...本レポはその他の情報を】


    今年も”妖精の森・ミツマタ群生地”を散策

 開花状況は2日前で2~3分咲きとの情報なので迷ったが

          だって...来週行けるという保証なし

P1620707.jpg

年々観光客を受け入れる体制を調える地元の方

ついに立派な”ミツマタガイドマップ”も作成しました

P1620831.jpg

P1620836.jpg

そして新たにミツマタ群生地から1㌔手前に駐車場を整備

※昨年、ケン坊が停めさせてもらった空き地 ↓↓
P1550140.jpg

今回はこの(↑↑)空き地に35台が駐車可となりました

P1620640.jpg

週末等の混雑時はこの先進入禁止(指定日以外は進入可)

そのかわり群生地までは”マイクロバス”で送迎するとのこと

P1620642.jpg

駐車場の奥(ミツマタ群生地寄り)に歩行者用の出口も...

もちろんトイレ(簡易ですが)も設置されてます

P1620644.jpg

ミツマタ群生地まで約1㌔は未舗装道路を歩きます

道路も年々整備していましたが今年は道路脇も何となく

車幅が広くなったように感じる 町活性化の一助に

P1620646.jpg

今日は土曜日、マイクロバスが奥の駐車場まで送迎です

※平日は、ミツマタ群生地300㍍手前のこの駐車場が利用可
P1620651.jpg

この駐車場の手前と奥の2ヶ所に登山口が...

案内板には「焼森山・鶏足山(新ルート)」とありました

新ルートと知ったら歩かなくちゃなるまい?

P1620652.jpg

でも今日は”ミツマタ群生地”が目的...先ずは群生地へ

P1620653.jpg

以下、3分咲きのミツマタをご覧ください

満開のミツマタの写真は他のブロガーさんのレポで...

P1620655.jpg

P1620658.jpg

P1620660.jpg

P1620662.jpg

P1620682.jpg

P1620686.jpg

P1620695.jpg

P1620706.jpg

P1620723.jpg

P1620721.jpg

P1620747.jpg

P1620748.jpg

P1620754.jpg

P1620759.jpg

駐車場奥(マイクロバス乗降)に小っちゃなテントが建った?

案内小屋かなと思ったら...そんな筈はない>笑<

商魂逞しく”甘酒・お握り・飲み物・こんにゃく玉など”を販売

P1620761.jpg

駐車場利用も無料なのでお礼も兼ねて購入?

こんにゃく玉(1本3玉150円)を2本、アツアツを食べました

P1620764.jpg

今年は早過ぎたミツマタ観賞でしたが新たな出会いもあり...

次回は”焼鶏山(焼森山&鶏足山)”を新ルートで歩く?



ページトップへ  トラックバック0 コメント4
花咲爺さんの”花はしご情報”は茂木と那珂川から
2017-03-25-Sat  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H29/03/25撮影 【花情報...と言っても見頃は1週間から10日ほど先ですね】


 週末は...日曜は雨、土曜日だけがお出掛け日和らしい

        彼岸過ぎると”あの花・この花”が気になる

今年は開花が例年より遅い?...でも来週行ける保証なし


  やっぱ今日行っちゃおうぜ  と、車を茂木へと走らせる


     目的は”黄色いぽんぽん・ミツマタ”です

P1620707.jpg

今年は開花が遅いようです  去年は3/22で満開だったのに

咲いてる樹を探すのが大変! 全体的には3~4分咲き?

P1620655.jpg

咲いてる花の大半は外輪だけ咲いていて中心部はまだ蕾

P1620658.jpg

でも、これはこれで可愛いですよね  慰めてます>笑<

P1620699.jpg

P1620723.jpg



   そして花のハシゴ...茂木町から一気に那珂川町へ

  そう花旅は”ミツマタ⇒いわうちわ”へバトンタッチ

P1620765.jpg

いわうちわは殆んど咲いていませんでした

P1620775.jpg

唯一咲いていたのは健脚コースのみ

そう言えば今朝の新聞に”咲き始め”とありました

P1620791.jpg

さすがに2ヶ所目となると足腰が怠くなっていて

スクワットが厳しい状態ですが...

P1620798.jpg

P1620815.jpg

取り敢えず情報です...詳細は後日にレポします



ページトップへ  トラックバック0
開花が早過ぎて”市貝町・観音山梅の里”のイベントが心配?
2017-03-20-Mon  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
H29/03/18撮影 【今年”梅林めぐり”になるとは予想だにしなかった...】

        今日のお出掛けは...まだまだ我慢の山

  結果的には消去法で”観音山梅の里”が勝ち残った

          何の根拠もない消去法が裏目に...

 マサカまさかの梅林めぐり...佐野梅林・筑波梅林 そして

※そろそろミツマタも...
P1620569.jpg

1時間かけて着いた駐車場...白い山肌の筈が

待っていたのは”信じられない景色”にケン坊はあんぐり!  

梅の花に生気が感じられない  あの白さが無い

P1620572.jpg

それでも”折角出掛けてきたんだから”と歩くことにした

突然けたたましいエンジン音が響く?

音の方を見たら...ドローンが宙に浮いていた

P1620573.jpg

遠目で見れば白っぽく梅林には見えるかな?

P1620575.jpg

それでも人間と同じで”良い所を探せば”あるんですよ

P1620577.jpg

斜面に植栽されている梅林を抜け

P1620579.jpg

観音山山頂に植えられた”オーナー梅林”へ向かう

P1620583.jpg

前回は階段を登ったが、今回は真直ぐに空掘を進む

P1620584.jpg

土塁を登ると一本だけ目立つ白梅が...

斜面の梅がこんな感じだったら良かったのにな~

P1620585.jpg

P1620587.jpg

観音山の標高は172.2㍍  三等三角点は土塁の上でした

P1620589.jpg

可愛らしいピンクの花  斜面と比べ見られる樹が多いが

P1620590.jpg

そして気になっていた花が咲いてました!  

筑波梅林では散り始めてた”緑萼梅”です

P1620595.jpg

萼が緑だと花びらの白色も見た感じも少し違います

清楚な雰囲気が漂うような気がする

P1620591.jpg

これが”緑萼”です  これが見たかったんです

P1620600.jpg

蕾の”緑萼”が何とも言えないくらい可愛いでしょ! 

P1620599.jpg

遠出した「梅の里」の開花はピークを過ぎたが

”緑萼梅”が見られて満足...この日は寄り道も無く直帰

P1620597.jpg

心配なのは今週末に”梅まつり”行われることだ

う~ん花の無い花まつり  自然相手のイベントの難しさよ!




ページトップへ  トラックバック0 コメント4
<< 2018/06 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.