ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
彼岸花レポも新鮮味はありませんが...
2017-09-23-Sat  CATEGORY: 花紀行(彼岸花の名所)
H29/09/18撮影 【タイミングも最悪? まだ彼岸ウィークだから許容範囲?】


今さら”ヒガンバナ”ですか?  の大合唱が聞こえますが...

         その上、掲載するような写真が撮れず

迷った挙句、掲載する背景はあくまで「〇〇〇の日記」だから

P1660846.jpg

明け方まで台風で家の周りが...後片付けを済ませ

向かった先では...曼珠沙華まつりの真っ最中だった

雨も風も止み、主催者は胸を撫で下ろした...と思う

P1660823.jpg

場所は小山市の”乙女かわらの里公園”です

P1660839.jpg

以下、公園周辺に咲く”曼珠沙華”写真(ピント外れですが)

P1660826.jpg

P1660822.jpg

P1660830.jpg

P1660831.jpg

P1660827.jpg

P1660832.jpg

P1660842.jpg

P1660847.jpg

突然のシラサギ飛来  慌てて彼岸花とのコラボを求めて

一瞬のうちに周囲を見渡すも...な~い

シラサギを撮ったが何か変! 主役でも無いのに>笑<

P1660848.jpg

これで今年のヒガンバナは卒業!  さて次の花は?






スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
花情報...”高根沢・グリーンパークの秋桜”の開花状況は
2017-09-18-Mon  CATEGORY: 公園・その他の公園
H29/09/16撮影 【那須のレポを飛び越して...まぁこれも鮮度が命なので?】


そろそろ秋を代表する花たちの出番が近付いてきましたね

こちら(↓)”秋”という字を冠に戴く”秋桜”のポイントです

       レポは”高根沢グリーンパーク”から

    未だ2~3分咲きでしょうか  でも気分は5分咲き?

P1660785.jpg

いきなり変わったコスモスに遭遇...いや普通のコスモス?

P1660782.jpg

コスモスには陽射しというか青空が似合うが自然は厳しい

残念ながら台風の影響に空もどんより

まだまだ咲き具合は疎らですが比較的ピンク系が多いです

P1660786.jpg

種類も多種で、こんな縞々の花びらにも目を惹かれます

P1660787.jpg

今の時期にしては少し涼しすぎましたが多くの貸ボートが

P1660790.jpg

このひょろひょろとした花は昔”あかまんま”と言ってた記憶が

正式には何と言うのかな~  イヌタデに似てますが

P1660792.jpg

色の濃い鮮やかなコスモスも綺麗ですね

P1660801.jpg

白い花を見ると...思わず合掌してしまいました...

P1660793.jpg

土手の片隅に真っ赤な線画のような秋の花が

ポツンと咲いてた彼岸花に思わずブログの虫が>笑<

P1660802.jpg

P1660803.jpg




その後、車は”道の駅 きつれがわ”に向かうが

臨時駐車場脇の田んぼのあぜ道で彼岸花が出迎えてくれた

P1660804.jpg

ケン坊はリニューアルオープン直後に訪れているが

魔女は初めてと言うのでドライブ?

P1660819.jpg

一通りリニューアルした施設を見終えて

温泉パンで美味しそうなパンをゲットし帰ろうとしたら

魔女の目の先に”あさの牧場”のお店

P1660808.jpg

お昼にと買ったパンは夕飯に回すことにし>笑<

道の駅でランチすることに...魔女の作戦勝ちかな?

人気のソースかつ丼と特製豚丼を注文しシェア
(人気のカツカレーは売り切れでした)

薄いハムカツのような”かつ3枚”がピラミッド型に

P1660809.jpg

ソースかつ丼の”かつ”は、せめて1㌢の厚みが欲しい!

まぁ 530円じゃ仕方がないのかな? ガッカリ😞

           P1660810.jpg

こちらは”特製豚丼”です...彩りはイマイチですが

道の駅のランチですからこんなもんでしょうね

因みにこちらも530円  汁ものは150円(別注文)です

P1660812.jpg

台風前の3連休...雨が降らないのはこの日だけ? 

この後もアチコチと買い物ツアー?>笑<



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
たまには息抜きで”那須フラワーワールド”を散策
2017-09-15-Fri  CATEGORY: 我が家の旅行
H29/09/10撮影 【いろんな花が時間差で咲くように植え付けも大変ですね】


    古賀志山&雨巻山...2週続けて山歩きしたので

           時には”飴玉”をあげないと>笑<

今日は天気も良さそうなので那須へ...でも山じゃ無いよ!



 一度は生の”那須フラワーワールド”を見たかった

  那須フラワーワールドの”ウリ”は季節の花と那須の山


”チューリップ・ルピナス・ポピー・クレオメ・サルビア・ケイトウ”

                まだまだありますが...


今日は”ケイトウ・ダリア・マリーゴールド・サルビア”が主役

P1660650.jpg


P1660662.jpg


P1660688.jpg


P1660694.jpg


           P1660699.jpg


P1660747.jpg


P1660665.jpg


           P1660680.jpg


P1660676.jpg


P1660727.jpg


P1660733.jpg


P1660696.jpg


P1660716.jpg


P1660654.jpg


チューリップも良いけどケイトウもなかなかなもんでしょう

花の引き立て役は”那須連山”かな

それとも那須連山の引き立て役は”季節の花々”?

どっちが主役?  それは見る人の判断にお任せ!






ページトップへ  トラックバック0 コメント6
本番前の第2ラウンドは”雨巻山”で...でもチョッピリ反省!
2017-09-11-Mon  CATEGORY: 未分類
H29/9/9撮影 【慣らし山行の第2ラウンド...前回よりも身体が軽くなったと言う】


 先週の古賀志山を”試歩”した後遺症も無いと言う魔女に

        次なる試歩に選んだ山は”雨巻山”...

  天気に恵まれた週末...里山とはいえ汗を掻くのは必至

       今回の雨巻山は「三登谷山⇒雨巻山」コース

 駐車場では”クリーン作戦”で草取りが...頭が下がります

     ”のんびり夫婦さん”も参加されていたんですね👏

※11:07
P1660606.jpg

被写体に逢うこともことも無くいきなりの急登を黙々と

いや黙々と言うのは正解では無い?

孫たちの話や”ブロ友さん”のレポ、週末の行動等...

P1660608.jpg

P1660609.jpg

駐車場から45分...まずまずのペースかな?

P1660611.jpg

恒例のアングルで”芳賀富士”と鉄塔群を証拠に>笑<

P1660612.jpg

三登谷山から45分程度で漸く”岩の道と階段の道”の分岐

ココまで来たら後5分程度で山頂だ

P1660616.jpg

そして 12:41 (1時間34分) 雨巻山山頂へ

P1660617.jpg

久し振りに”セブンで買ったお握り”の登場です

被写体が少ないので枚数稼ぎです>笑<

P1660619.jpg

展望は...山の一番左が”仏頂山” ”高峰”はかくれんぼ

P1660620.jpg

さて下山は周回と思ってたら魔女から注文?

林道を歩いたことが無いからと...気乗りはしなかったが

これも魔女孝行だと思って...往路を途中まで戻ることに

往路では”階段の道”だったので、下山は”岩の道”を

樹に括り付けられた”ジャンダルム”の看板(標高521㍍)が?

ピークの名前?  どんな背景のある山名なのかな?

P1660623.jpg

林道に出るには16番が良いと思ったが今回は13番から

初めてのコースだったが予想外の場所(沢コース)に出ました

この花(↓)の名前が知りたかったが...未だに調査中

P1660627.jpg

P1660629.jpg

P1660634.jpg

P1660636.jpg

林道沿いにある家の庭先の樹が、まさか早くも紅葉か?

P1660639.jpg

ダラダラと下る林道  何の展開も期待出来なかった林道

さすがに魔女も”周回コース”にすれば良かったと反省!

出発が遅かったので14時過ぎてしまい”雨巻茶屋”はパス

P1660640.jpg

休憩含めて3時間4分の山行  起伏も適度にありまずまず

陽射しは強かったが予定通り  コレで本番は大丈夫?

でも魔女は”来週、もう一回里山で調整したい”と言い出す

因みに1回目は足腰とも問題無し、今回は太腿が筋肉痛!

後は魔女のモチベーションを如何に上げさせられるかだね







ページトップへ  トラックバック0 コメント11
復帰できるか魔女! 里山”古賀志山”で試し歩き
2017-09-07-Thu  CATEGORY: 栃木の里山(古賀志山)
H29/09/03撮影 【久し振りに魔女と山行...山行と言うにはおこがましいって?】


   退院して1ヶ月超、ケン坊の山行はまだ2回だけしか...

     以前とは比べ物にならないほどペースダウン!

 まぁ天気の関係もあるが、皆さんのレポを見てると登りて~

  先ずは山行できる身体を作らなきゃ? と”古賀志山”

  ケン坊のためと言うより魔女の足の状況確認がネライ?

P1660541.jpg

長いこと魔女の山行を苦しめている足(踝や土踏まず周辺)

目標を持つことが一番の近道と...9月下旬に本番を設定

そして身近な”古賀志山”で地道に準備...

この時期の古賀志山は...珍しくもない花のオンパレード?

P1660543.jpg

P1660546.jpg

P1660550.jpg

エッツ 鳳仙花?  鳥が運んできたのかな~

それとも誰かが意図的に?  そう、広場にはこれまでも...

P1660562.jpg

広場から先の北登山道は”石や岩がごろごろ”状態が続く

P1660563.jpg

終わっている筈の”森の妖精・レンゲショウマ”が\(^_^)/

おぉ 魔女に”生のレンゲショウマ”を見せられて良かった

P1660578.jpg

P1660580.jpg

P1660564.jpg

魔女の足を気にしながらも”ゆっくり山行”なので問題無さそう

今回は”東稜”までのピストン

P1660570.jpg

東稜から見る高原山  紅葉時にでも登ろうかな

P1660572.jpg

後半戦もノーマルな花の掲載でレポも終了?

P1660575.jpg

P1660581.jpg

P1660584.jpg

P1660586.jpg

P1660587.jpg

P1660589.jpg

下山後は赤川ダムを周回...シュウカイドウが盛りでした

前回のレポ時に掲載してるので今回は省略

P1660596.jpg

赤川ダム堤防(反対側斜面)に”ツルボ”が群生してた~

P1660605.jpg

以前ならあまり取り上げられなかった花の連続でレポ終了?

魔女の足の調子は何とか無事に...でも疲れたみたい

さて、次週も目標に向かって里山で訓練? 天気は良さそう!




ページトップへ  トラックバック0 コメント4
8年前に願掛けた”石打・こぶ観音”にお礼するために車を走らす...
2017-09-05-Tue  CATEGORY: 歴史探訪(宇都宮以外)
H29/09/02撮影 【あれから8年、漸くこぶ観音様にお礼のご挨拶ができた...】


実は実は...ケン坊の身体にはアチコチ瘤(皮下脂肪?)が

        家族から早期の治療を進められたが固辞

   その代わり? 有名な”こぶ観音”を詣でることで

P1660538.jpg

そして8年前にお詣りして戴いた”瘤願成就御守”がコチラ↓

※肌身離さず...ウソ! 車の中でした
P1660437.jpg

今回は先日の”摘出手術”で大物の瘤も摘出終了したので

その中間報告とお礼を兼ねて再訪問...

出先から漸くナビに誘導されて”こぶ観音”に到着しました

前回も苦労したが、今回も...ウロウロしちゃった

P1660536.jpg

境内に駐車場(10台?)もあるが、↑の右手前に広いPも

P1660537.jpg

門の手前左に一軒のお土産さんがありましたが

何だかお店の中を覗く勇気はありませんでした>笑<

P1660529.jpg

雰囲気を感じる門を潜るとその先に明言寺

そう”こぶ観音”こと明言寺...まさかの”永平寺”が本山?

P1660531.jpg

特に混んでる訳ではない...適度に境内の車が入れ替わる

P1660533.jpg

しっかりと”こぶ観音”に頭を垂れてお礼を言い

まだ残る”小さな瘤群”が騒がないよう香の煙を擦りこんで

画像 582

新たなお守りを手に”こぶ観音”を...ありがとうございました





ページトップへ  トラックバック0
ようこそ 我が家へ...優しく時に厳しく遊んでね>笑<
2017-08-30-Wed  CATEGORY: 我が家のイベント
H29/08/26、27撮影 【運命の瞬間...ようこそ我が家へお出で下さいました】


ケン坊の愛車セレナの後釜に名乗りを上げたのがホンダ車

         隣街の”N-Box(Custom)”が入籍

  10年乗るとして安全運転寿命から逆算すると今かな~

P1660427.jpg

その晩、魔女っ子が”愛車の歓迎会”を企画してくれた

しゃぶしゃぶの”しゃぶ葉”で食べ放題!

P1660426.jpg

P1660430.jpg

納車日は試乗と称して北関東道を使って茨城まで遠征...

そして翌日は我が家のメイン行事? 花紀行3ヶ所

嫁いだ日から我が家の生活パターンを厳しく仕込む>笑<

P1660449.jpg

P1660450.jpg



P1660457.jpg

P1660468.jpg

P1660488.jpg



P1660492.jpg

P1660500.jpg

P1660501.jpg


いきなりアチコチに遠征しちゃって驚いたかな>笑<

P1660525.jpg

ケン坊との出会い、これも何かの縁...これからもヨロシク!

もし乱暴な運転したら反旗を翻して良いからね>笑<






ページトップへ  トラックバック0 コメント8
ありがとう! 我が”セレナ号”よ  16年の思い出は尽きないが
2017-08-26-Sat  CATEGORY: 我が家のイベント
H29/08/26撮影 【車の運転寿命から逆算すると...最後の入れ替え時期か】


 いつかは別れがくるものと...判っちゃいるけど寂しいね~

         いよいよ その日・その時がきてしまった

  ケン坊の愛車”セレナ号との別れのドライブ”は宮環一周

       今朝、早朝にお別れの約34㌔のドライブ実行

P1380779.jpg

      愛車とケン坊の16年間(16万㌔)のお付き合いは

   簡単に語り尽くせないが...その一端を写真でご紹介

       あぁ 聞くも涙語るも涙の16年間でした>涙<

                         💕
                         💕
                         💕
                         💕
                         💕

孫たちにとってケン坊の車はセレナしか知らない

おぉ こんな小さな時もあったね

画像 521

孫の成長とは逆にセレナには年輪が...愛着は深まる!

そう言えば流れる川で遊んだ時もあった

P1240517.jpg

孫とセレナ  兄弟みたいで孫の行くところセレナあり?

冬だって雪のハンタマでスキーに興じたことも

P1180248.jpg



そしてケン坊と魔女の行楽のお供を毎回してくれましたね

そう 混雑する三春の滝桜や花見山...

画像 869

ミズバショウの咲く尾瀬にも付き会ってくれました

P1360022.jpg

野を走り山を越え、高清水公園のヒメサユリだって

画像 033

もちろん谷川岳だって嫌な顔をしないで走ってくれた

DSCN9721.jpg

正月も元旦からこき使ってゴメンね  お蔭でV10を達成!

P1610640.jpg

山だけじゃありません  グルメだってご一緒しましたね

P1610862.jpg

画像 860


数年前から敬老会御一行もアチコチ運んでくれました

みんなが感動した大内宿や上三依水生公園 等々

P1220489.jpg

湯西川は平家の里で紅葉を楽しみ...遠出も苦にせず

P1140375.jpg



そして元職場の山仲間までも遠くまで...文句ひとつ言わず

最初は奥鬼怒沼  いきなり20㌔の山行に後悔の2文字

画像 546

山仲間全員が揃った安達太良山...記憶に残る山行でした

P1410180.jpg





我が家を16年の長きに渡り陰に陽に支えてくれたセレナだが

手入れの下手なケン坊に時として臍を曲げることもあった

まだまだバンバン走れる君の雄姿...16万㌔も走った姿を

ケン坊も、魔女も魔女っ子も...もちろん孫たちも忘れない!

P1660421.jpg

   ありがとう セレナ   さようなら セレナ

         ありがとう セレナ   さようなら セレナ

              ありがとう セレナ   さようなら セレナ

                 ありがとう セレナ   さようなら セレナ

P1660422.jpg

  あぁ 廃車になっちゃうのかな  それとも誰かの許に?

 もう再び会うことも無いんだね  ホントにありがとう!



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
梅雨明け前の最後の山行? 足尾”庚申山”は幻の山頂に
2017-08-25-Fri  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
H29/08/20撮影 【やっと完成...いや 終わりにしちゃいました>笑<】


     今月の”筆者と登る栃木百名山&登山教室”は

 「コウシンソウと奇岩の信仰の山・庚申山」
(男体山と同じ勝道上人によって開山され、庚申信仰の山として崇められてきた山)

  今のケン坊には”距離も時間もコース”も心配だったが

     思い切ってエントリーしちゃった  大丈夫かな?

   調整の事前山行が2時間の古賀志山じゃ効果無いか

P1660282.jpg

懸案される山の天気は?  てんくらは”Aランク”だけど...

まずは”銀山平(備前楯山との分岐)”で準備を整えて

※空模様は明るくなってきて一日持つかも?(路面も乾いてきてる) 8:25出発
P1660286.jpg

いよいよ出発、”一の鳥居の登山口”まで約4㌔の林道歩き

※林道の三分の一程度は舗装道路です
P1660289.jpg

そして林道も舗装道路から未舗装へ...結構、長く感じます

P1660290.jpg

上空は明るさも見えるが山はガスってる感じ...果たして?

P1660292.jpg

花は端境期なのでタマアジサイでも撮っておこう>笑<

P1660293.jpg

法面から滝のような勢いで雨水が林道に落ちるため

泥濘が随所にできて通過に難儀です

P1660297.jpg

銀山平~一の鳥居の中間点過ぎたあたり? 一回目の休憩 

P1660298.jpg

庚申山へのコースは奇岩が多いことで有名だが

最初に現れたのは...奇岩じゃ無くて”天狗の投げ石”でした

天狗だからもっと大きな石かと思ったら意外に小さかった?

P1660300.jpg

出発して約1時間強...実質的な庚申山登山口、一の鳥居

完全にボケちゃいました 赤い鳥居が深緑鮮やかに映えます
※9:29
P1660303.jpg

一の鳥居からが本格的な登山気分になります...

水量が多く渓流と茂る樹々...△イオンがたっぷり(⌒∇⌒)

P1660311.jpg

丁程標もついに”百丁目”...(足尾の磐裂神社が一丁目)

確か、猿田彦神社跡が114丁目で終点かと?
※10:07
P1660314.jpg

これは”鏡岩(孝子別れの処)”です  謂れは次の写真でね
※10:15
P1660316.jpg

P1660318.jpg

実は、5分程前からパラパラと天から落ちるものがあり?

小休憩...リーダーから”ザックカバー装着”の指示が

P1660320.jpg

鏡岩から何度か曲がると奇岩”夫婦蛙石”に到着したが

今度は”雨具(上着)装着”の指令...そんなに強くないが?
※10:32
P1660321.jpg

ケン坊は山行での傘は嫌いだが...使う人が6~7人いた

手が塞がってしまって不自由じゃないのかな?

P1660327.jpg

次々と現れる奇岩 今度は”仁王門” 誰が名付けるのかな?
※10:48
P1660328.jpg

青銅の剣(猿田彦神社への奉納)

P1660380.jpg

勝道上人(庚申山を開山)の碑...真ん中上(樹の手前)

P1660337.jpg

二の鳥居・猿田彦神社跡(神社は昭和21年に焼失)

P1660333.jpg

P1660334.jpg

ようやくチェックポイントの”庚申山荘”に着きました

庚申山はもとより”皇海山や鋸山”への登山拠点ですが...

最近は約9割が”群馬側”から登るが取り付け道路が厳しい?
※11:18
P1660340.jpg

山荘の中を覗くと...玄関に続く奥側は寝室か?
P1660344.jpg

左手の階段奥に談話室?
P1660343.jpg

階段上がって2階には布団が干してあります
P1660349.jpg

山荘の外にはネジバナが...健気に咲いてました

P1660352.jpg

庚申山荘で早めのお昼...雨も上がって\(^_^)/なのに

出発を待っていたのか、出鼻を挫くような降雨量1㍉弱の雨が

ココからが庚申山の山登りが始まると言っても過言ではない

今までとは違った歩行が求められる? 少しオーバー>笑<

間もなく笹に混じって”キツリフネ”...周辺に5~6個あった?

P1660355.jpg

さて、問題のポイントに差し掛かってきた~~

そう、前回は先行者を見失い、結果、コースを外れた場所だ

あの時を振り返ると今でもゾォーッです 滑落しなくてホッ!

P1660354.jpg

本当は写真真ん中の岸壁下を歩くのが一般的なコースだが

今回もリーダーが別ルート(前回のケン坊と違う)へ誘導?

違うよと叫んだが... 先頭から数人はリスクを侵しちゃった

もちろんケン坊は先頭グループだったので再び...リスク!

P1660359.jpg

大した降りじゃないけど...雨具が蒸し暑さを連れ歩く!

こんな(↓)山道ばかりだったらは楽々だがほんの一瞬です

P1660361.jpg

作り直したような真っ赤なハシゴ...

山道の岩も濡れてて慎重さが求められるがココは特に緊張!

団体だと、こういうハシゴや鎖場で時間がかかります

P1660369.jpg

その後も足場の悪い結構な傾斜の山道をクネクネと登り続け

ロッククライミングでもできそうな絶壁の岩場前で小休止?
※12:39
P1660368.jpg

ココから山頂まで団体だと約2時間近くかかる覚悟は必要?

この先も岩場やハシゴ、階段も...それに濡れてるしね

リーダーたちが下した苦渋の決断?  ケン坊達には残念!

安全登山...そうです  庚申山山頂は諦めることになった

やはり”ロングコース”は団体で歩くには向かないですね

P1660367.jpg

コースのアチコチでイワタバコを見かけたが

赤いハシゴを降りたところが一番の群生かな?(ボケ😞)

P1660371.jpg

往路では気づいたものの撮れる環境になく、復路で漸く...

P1660373.jpg

途中で撤退するも、下山は登る時よりも慎重さが必要!

でも、渓流の轟音が聞こえる辺りまで戻ると何となくホッと

P1660382.jpg

滝と言わないまでも段差ある場所の水の音は怖いくらいだ

P1660385.jpg

そろそろ一の鳥居へ到着...と思いきやリーダーの計らいで

山頂の代わり?  一の鳥居周辺の”庚申七滝”へ回り道

P1660389.jpg

P1660390.jpg

残念ながら七滝もアチコチが通行止めで見られたのは一滝!

P1660391.jpg

七滝周辺に咲いてた”クサギ”でしょうか 意外に可愛い!

P1660403.jpg

これは前回(2009/5) 山頂奥の展望からの眺め...回顧!

山始めて2~3年(7年前)、今思うと無鉄砲な山行?

でも振り返ると”あの時、登ってて良かった”と思う山でした

画像 138

先月(7月)の”女峰山”も途中で撤退したとか(ケン坊不参加)

これで2ヶ月連続撤退(雨の影響?)に参加者のテンション⤵

さて来月は参加出来るかな?  日程が折り合えば...




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
約11㌶の田園”益子のヒマワリ祭り”は200万本が咲き誇り...
2017-08-14-Mon  CATEGORY: 花紀行(ひまわりの名所)
H29/08/13撮影 【これまでタイミングが合わず...綺麗なお姿は初めて?】


    梅雨明けまでは猛暑の夏と誰もが思ったが...

 梅雨明け宣言後は”夏は何処へ行った?”状態が

        暑い夏を相手の業者からは悲鳴の声が

いや 個人でも”アウトドア派”にとっては恨めしい夏でしょう

  暑い夏がお似合いのコチラ(↓)のヒマワリはどうかな?

P1660243.jpg

迎え盆の今日、空振りの多い益子のヒマワリに挑戦してみた

P1660232.jpg

ヒマワリには夏の陽射しが似合うが...少し雲が多い!

今年の益子は”ハイブリッド・サンフラワー”という種類がメイン

強烈な”夏カラー”ではなく、何となく”爽やかな黄色”ですね

P1660234.jpg

P1660235.jpg

山頂の鉄塔が目印の”根本山”をバックに...

P1660238.jpg

あははは 仏のケン坊?もヒマワリに嫌われた~>笑<

P1660236.jpg

濃い黄色の”ビンセント”

P1660242.jpg

そしてコチラは赤褐色の”ルビー”...逆光で暗い!

※でも裏側は黄色いです(右下の花)
P1660247.jpg

コチラは淡い黄色の”セーラームーン”...アニメの世界?

P1660260.jpg

200万のヒマワリを同時に咲かせるって難しいだろうな~

これは”大人目線”というかケン坊の目線>笑<

P1660258.jpg

子供(小学生)の目線だとコンな感じ?

P1660259.jpg

折角なので展望台から...登ってみてガッカリ!

これからお出掛けの方へ⇒⇒⇒展望台は午後が良いです

何で午後が良いの?  みんな後ろ向きなんです

顔を見せてくれる方向は駐車場があってヒマワリは遠くて...

P1660263.jpg

P1660265.jpg

P1660264.jpg

順番待ちの”額縁”で...ひっひっひ 魔女も顔出し

P1660270.jpg

ハイブリッドサンフラワーは摘み取り自由だそうです

ただし、奥の方の目立たない所から摘むのが条件らしい

P1660281.jpg

なお”益子のヒマワリ祭りは20日まで”です



ページトップへ  トラックバック0
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.