FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
親子チョコに夫婦チョコ...そしに職場の何とかチョコ
2019-02-14-Thu  CATEGORY: 歳時記
H31/02/14撮影 【今年も商売人に乗せられ踊らされたチョコ市場かな?】


今年もバレンタインデー(2月14日)が来た...来ちゃった!

   正直、皆さんはこのイベントをどう思っているのかな~

 親子チョコ”、”夫婦チョコ”、そして職場での義理チョコあり

 失礼! 職場はコミュニケ・チョコが適切な表現かな?

P1720216.jpg

1か月後のお返しの時を考えると正直言って煩わしいですが

日本経済の活性化のためにお店でも覗いて見ますか>笑<




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
あしかがフラワーパークの”雪ん子たち”は今どうしてる?
2019-02-10-Sun  CATEGORY: 足利・フラワーパーク
H31/02/03撮影 【フラワーパークのイルミネーションは2/5で終了してま~す】


  思いがけず行道山まで歩いたという充実感に浸るケン坊

        ドライビング・テクも順調に帰途に着いた...

途中”あしかがフラワーパーク”の看板が目についた

  時間もまだ早いし...ケン坊の寄り道が復活です>笑<

       待っていた”雪ん子・ぼたん”と再会です

注:”雪ん子”はケン坊だけの呼称で、当園では「雪囲い」です
P1720198.jpg

2/3時点は入園料300円が...JAFカード提示で200円に

売店をすり抜けて園内に入ります

           P1720162.jpg

最初に目を奪われたのは一面に浮かぶ”スイレン”です

直ぐに「造花(イルミ対応)」と判明 イルミは綺麗でしょうね?

この時期は何も無いと思ってた水面...ナイス・アイディア!

P1720163.jpg

コチラの”スミレやパンジー”コーナーにも造花が

P1720169.jpg

フラワーキャッスルもイルミだったら綺麗だったのに

P1720184.jpg

そして藤の花(イルミ)も

P1720170.jpg

P1720177.jpg

園内のアチコチに配置された”雪囲い”です

P1720172.jpg

もちろん中には”冬咲き牡丹”が観光客に微笑んでます

           P1720173.jpg

水上には”温室に入れられた?牡丹”が浮かんでました

P1720183.jpg

P1720194.jpg

P1720166.jpg

           P1720168.jpg

P1720178.jpg

P1720196.jpg

そして牡丹以外にも...寒紅梅はちょうど見頃かな

P1720185.jpg

梅も...ほころび始めました

P1720186.jpg

もちろん”ロウバイ”も満開...寒紅梅とのコラボも

P1720191.jpg

この他にも”福寿草””クリスマスローズ”も見られますよ!

こうして寄り道も無事に終了です

P1720167.jpg





ページトップへ  トラックバック0
今日は我ながら頑張りました>笑< ホップ・ステップ・ジャンプ!
2019-02-03-Sun  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
H31/02/03撮影 【足利方面も良いかな~と...先ず浮かぶのは両崖山?】



      前日は風が強かったので日延べした山歩き...

いつものように”織姫神社~両崖山”のピストンが無難かな?

      と思ったが、気分で足を延ばそうと脳トレ>笑<

    とは言っても現状では”大岩毘沙門天”が限界だろう

 もちろん万一に備えて”剣ヶ峰”の情報も怠りなくチェック?

 前日の10㌔ジョグで怠い? が何とかなると楽観的>笑<

※織姫神社を8:20出発
P1720096.jpg

晴天で風もなく穏やかな日に恵まれ過ぎて少し暑いくらい?

相変わらず足利の山は尖った岩や石が多い

P1720100.jpg

この時期の里山は登山者が多いと思ってたが意外と少ない

ところが大きな露出した岩あたりから大きな話し声が

P1720101.jpg

休憩も取らずスタートから38分で両崖山に着いた

すると先程の話声の主たち7~8人がベンチで休憩中

P1720105.jpg

最低で両崖山...まさかココで帰る訳には行かないっす!

よし! 次の目標2.7㌔先の”大岩毘沙門天”へ行って見るか

P1720107.jpg

”愛宕山~難台山”で厳しいアップダウンを経験したケン坊

両崖山~毘沙門天なら何とかクリアと安易に思ってた

が、そう易々と問屋が卸すことは無かった>苦<

歩き始めた毘沙門天への登山道は整備されていて歩き易い

だが、両崖山の横から裏に回ると”いきなりの階段”だった

その後もアップダウンの連続で平らな場所は殆んど無し!

P1720108.jpg

両崖山から一つ目? いや二つ目のピークだったかな

少し広めの休憩ポイント...足が順調なので休まずに先へ

P1720112.jpg

下りきった鞍部右手に”念仏供養尊(地蔵様)”が佇む

下を車道が...この辺に”カタクリ”の群生地があるらしい

P1720113.jpg

長い階段を一気に下るも復路の”上り”を考えるとため息が

ココが切通し?  車道を反対側へ横切って再び山道へ

P1720116.jpg

何度かのアップダウンを繰り返すと”大岩トンネル”の上

北関東道”が真下に  写真は”五十部(よべ)トンネル”です

P1720120.jpg

左手の笹薮が多くなったあたりでガサガサと物音に恐怖心が

何だと辺りをキョロキョロしてたら”まさかの猪”か?

動かないのでよ~く見たら朽ちた切り株のようでした>笑<

P1720123.jpg

左後方を眺めると、あの山容は両崖山と天狗山でしょうか?

P1720124.jpg

そして次のピークは”四等三角点(274.4㍍)”があるが無名?

P1720125.jpg

またも下り...見えた山はもしかして”大岩山(剣ヶ峰)”か?

P1720127.jpg

このコースも”三毳山”に勝るとも劣らないくらいの階段の山

           P1720128.jpg

大岩毘沙門天まで600㍍の地点で2度目の車道に

P1720129.jpg

毘沙門天には車道を10分も歩けば着くが

トレランの4人が出てきたのでケン坊はココから山道へ再突入

結果的に、この判断が次のステップへと繋がった?

P1720153.jpg

約10分弱の登り、広場(剣ヶ峰登山口・車道の終点)に出た

大岩毘沙門天はこの広場から400㍍程車道を下るらしい

P1720132.jpg

う~ん 左奥を登ると”大岩山(剣ヶ峰)”だが...どうする?

事前の情報では、たしか15分程度で山頂だった記憶?

両崖山から大岩毘沙門天への岐路をホップとすると

大岩毘沙門天から剣ヶ峰への岐路はステップかな

さすがに息も上がってきたが、折角ここまで来たのだから...

出直すよりもこのまま行っちゃえ~  単独行の強みか?

           ※下部の左方面が毘沙門天   案内板の上が剣ヶ峰へ  
           P1720134.jpg

山頂手前の”野山ハイキングコース”分岐で地元の方と合流

剣ヶ峰で引き返す予定の話をしていたら...

勿体ないですよ  見晴台(15分位)まで行きましょう...と

まさかの岐路...最後のジャンプですね

P1720135.jpg

剣ヶ峰(417㍍)からの眺望

P1720136.jpg

剣ヶ峰から13分...結構早足の方でした>笑<

ここが見晴台らしい...ケン坊が目にした山名板には

何と”行道山”と書いてあるじゃありませんか

見晴台は行道山のことでした(事前学習は剣ヶ峰までだった)

地元の方と合流できて良かった! 

ケン坊だけだったら間違いなく剣ヶ峰で帰ってたよ

だって...剣ヶ峰だってプラスαの二乗なんだから>笑<

P1720138.jpg

山頂には”三等三角点”もありました 休憩所にベンチも

ケン坊の”栃木百名山”ではブログ以前の踏破のため

思いがけず行道山がブログに登場できました\(^_^)/

P1720141.jpg

山頂は反対側(行道山浄因寺)からの団体合流で渋滞?

山頂からの素晴らしい眺望にしばし見惚れてました

数分後、地元の方に感謝し帰途へ(簡単じゃありませんが)

P1720145.jpg

剣ヶ峰の登山口の広場から車道を4~500㍍歩き

当初の目的だった”大岩毘沙門天(多聞院最勝寺)”へ寄り道

※日本三毘沙門の一つと言われている
P1720151.jpg

P1720152.jpg

P1720148.jpg

P1720149.jpg

12:27 スタート地点の織姫神社まで無事に帰還しました

思い掛けない剣ヶ峰&行道山の歩きに自信が!!!

次の機会には”織姫神社~行道山浄因寺”をピストンか? 

P1720159.jpg

掲載が遅くなっちゃいました...

雪が...土の部分は白くなって  三連休は山も休みです!





ページトップへ  トラックバック0
近い将来、節分の”豆まき”は”恵方巻”に主役を追いやられる?
2019-02-03-Sun  CATEGORY: 歳時記
H31/02/03撮影 【今日は風もなく穏やかな一日となり”山日和”でした】


   今年も明けて早や2月...そして今日は”節分”です

         と言うことは...明日は”立春”ですね

P1720212.jpg

今は 「節分=豆まき」 とは限りませんね

もしかして今時の子ども達は 「節分=恵方巻」 かも?

P1720202.jpg

そういうケン坊家は、もちろん豆まきはしますが

ご多聞に漏れず”恵方巻”にどっぷりと浸かってます>笑<

P1720205.jpg

でも、さすがに黙々とひたすら”東北東”に向かって

恵方巻1本を食べきるのは無理で2回に分割!

今年も”海鮮恵方巻(直径:4.8㌢、長さ:18㌢)で夕飯とします

P1720215.jpg

さて、次回のレポは”山歩き”になるかな?




ページトップへ  トラックバック0
初午...とちぎの食卓には”シモツカレ”が
2019-02-02-Sat  CATEGORY: 歳時記
H31/02/02撮影 【大人になると食べたくなる栃木の”グルメ?”です】


   最近では年内から店頭に並ぶ”しもつかれ”ですが

       ケン坊が知る”しもつかれ”は節分の後の筈?

    だって節分で撒いた大豆も食材の一つに使うからね

       でもカレンダーの関係で...節分の前もある

      県外の皆さんから”辛口のグルメレポ”が多いが

          確かに見た目は...イマイチですが

誰が何と言おうが”栄養満点”の栃木グルメです>笑<

P1720094.jpg

明日は暖かくなりそうですね\(^_^)/


ページトップへ  トラックバック0
里山歩きは3週連続とならず...でも”セツブンソウ”に会えた!
2019-01-26-Sat  CATEGORY: 栃木・大平・都賀・岩舟
H31/01/26撮影 【ケン坊得意の省エネ・ブログってコレだね>笑<】


         今年初の”セツブンソウ”を見っけ

※望遠機能が壊れてたのが悔しい!
P1720077.jpg


  週末は荒れ模様の天気予報に魔女から早々に待った!

      諦めて...花は無いけど花めぐりのドライブへ
    粟野:蝋梅の里~栃木:四季の森~栃木:花之江の郷~鹿沼:錦鯉公園

  こんな時に限って魔女は野暮用があり結局は単独行に



【花之江の郷】

P1720057.jpg

P1720058.jpg

P1720024.jpg

P1720063.jpg

P1720065.jpg

もしかして? もしかして? セツブンソウ じゃないの?

P1720072.jpg

2株目を見つけて...これは間違いない!

P1720075.jpg

目を皿のようにして見つけたのが”この一株”でした

P1720077.jpg


【四季の森・星野】

P1720027.jpg

P1720031.jpg

P1720030.jpg

P1720035.jpg

P1720051.jpg

P1720037.jpg

P1720041.jpg

P1720053.jpg


【錦鯉公園】

P1720080.jpg

P1720083.jpg

P1720090.jpg
※ハンカチノキの実です
P1720091.jpg

粟野の蝋梅の郷...

駐車場から中を覗いたが曇っていたせいか

入場料300円払う気分にならず? 退却!



ページトップへ  トラックバック0
今週は愛宕山から難台山を攻めてみました
2019-01-19-Sat  CATEGORY: 茨城の里山(その他)
H31/01/19撮影 【先週の筋肉痛も癒え性懲りもなく続きの景色が見たくなった?】


   先週、茨城の里山”吾国山~難台山”でスタート

       このルートは難台山~愛宕山を歩いて完成

P1710930.jpg
                          

先週に続き”愛宕山P⇔団子石峠⇔難台山”を歩く

                          
P1710971.jpg

9:10  「あたご天狗の森公園駐車場」を出発

※愛宕神社鳥居とは反対方向(舗装道)に進みます
P1710931.jpg

前を歩く御婦人を追いながら周囲を見ながら...登山口に

P1710933.jpg

9:16 愛宕山からのコースにはポイントが何ヵ所かあるという

登山口から数分でその一つ”見晴らしの丘”に...

期待していた展望もなくハイカーの単なる休憩所ですかね

P1710934.jpg

冬枯れで明るくコースも広々としていて気持ちよいですね

先ほどの二人連れの御婦人と暫く山談義しながら同行...

一人は”日本百名山”を達成された方で足取りが軽そう!

”石裂山や古賀志山、花瓶山、三床山” 等々の山名が

この後も何ヵ所かで二股が登場しますが”巻き道”のようです

P1710935.jpg

9:36 厳しい急登に喘いでいると前方に”南山展望台”

P1710936.jpg

P1710937.jpg

展望台からの眺め...あたご天狗の森の駐車場が見える

※写真真ん中の小高い山が”愛宕山”です
P1710939.jpg

9:54 その後も厳しいアップダウンが続き”団子石峠”

P1710945.jpg

車道を横切って難台山に向けての後半戦に入ります

※団子石峠には3台の車が
P1710947.jpg

峠から少し登ると”団子石”が登場...峠名の由来の石?

P1710948.jpg

実に吾国愛宕ハイキングコースはアップダウンの多い

途中、何人もの”息も絶え絶え”状態のハイカーが

このピーク(広場)は何山なの?  三角点がありますが...

P1710953.jpg

目の前の大きな段差? 狭いが登り切ると...この展望!

P1710956.jpg

その展望から1~2分  ピークらしくないピークの木の枝に

山名板が???  ”大福山”とありました

さっきのピークらしいピークには山名板は無かったのに?

P1710959.jpg

多くのハイカー、特におばさんたちの甲高い声が山中に響く

今日はスカッと晴れて風もないせいかハイカーが多い

P1710960.jpg

まもなく次のポイント”獅子が鼻”の案内板...

何の変哲もない? 何処が獅子の鼻なんだろうと思いつつ

P1710961.jpg

少し歩を進めて横を見たら...コレか?

下に降りて撮れば良かった  後で見たらイマイチでした

P1710989.jpg

この時期、花などはありませんが唯一の被写体はコレ>笑<

P1710964.jpg

色んな案内が...今度は”天狗の奥庭”だって

中に入ると”天狗の岩”の案内が...目立たない岩が一個!

また騙されたと自分を諫めて戻るケン坊

P1710965.jpg

歩いて3分?  次なるポイントが...

10:27 ブロ友さんのレポで見た”屏風岩”なので寄り道!

P1710966.jpg

でも、山頂へも早く行ってみたいな...と、屏風岩だけ撮って

P1710967.jpg

※次の2枚はこちらは帰路に立ち寄った時の写真

屏風岩の両側に踏み跡があったが左手の方を選択

屏風岩の上部からの眺望...素晴らしいです

もう一段下がれば(前に出る)良かったかな? と思いつつも

P1710982.jpg

写真を撮って振り返ると樹の根元に”金剛蔵王尊”が...

行動を見られていたんだ...思わず安全下山を祈願して

P1710980.jpg

前後して現れた岩場  この先も少し続きます

次なる案内板には”難台城跡”の文字...ココはパス!

P1710970.jpg

10:36 そして数分後に目的地の”難台山山頂”に到着!

寄り道(写真撮り)しながらも約90分弱でクリア

手前の石は”三角点”なんですが殆んど埋まってます

※ハイカーモデルでは150分
P1710972.jpg

2週続けての山頂ですが\(^_^)/という気分で~す!

両手じゃないと表せないアップダウンの数々

考えたら帰りもアップダウンを歩かなければヽ( ´_`)丿

P1710974.jpg

10:45  チョッピリ長めの小休止を終えて?  いよいよ帰路へ

P1710976.jpg

帰路は一気に下山!

下山は楽だろうと思われすが”ここは簡単ではありません”

往路のアップダウンをクリアしないと駐車場へは着きません

11:56 そして遂に登山口まで戻ってきました

2週に跨って吾国山~愛宕山を走破しました?

おっとっと終わってません!  愛宕山はこれからでした!

P1720002.jpg

12:03 ようやく駐車場に到着しました

P1720003.jpg

トイレ休憩後、ブロ友が山頂まで車で行ったという”愛宕山”

舗装道歩きは違和感があるが愛宕神社に敬意を表しGo!

P1720004.jpg

舗装道の登りも地味にキツイですね

でも第2鳥居の近くに癒しの”餅つき道祖神”が佇んでいました

ほっこりした心地で魔女を想いつつ夫婦愛の文字を読む

P1720005.jpg

10分も歩くと山頂直下の駐車場へ そして愛宕神社に初詣?

立派な神社です 社務所で”山頂は境内ですか?”と訪ねると

神社の裏手が山頂ですと教えてくれた

【ネットより】
愛宕神社(あたごじんじゃ)は、茨城県笠間市泉の愛宕山に鎮座する神社。元は
愛宕権現で、俗に「泉の愛宕」と呼ばれた。平田篤胤の「仙境異聞」では「愛宕宮」
として描かれた。旧社格は村社。
日本三大火防神社(日本火防三山)の一社を称する。

P1720009.jpg

案内された社務所から裏手に回ると...一段?

いや15段くらい登った先に「飯綱神社」が祀られていました

【ネットより】
境内社(奥社)の飯綱神社(いづなじんじゃ)は、延喜式神名帳に記載されている
常陸国茨城郡小三座の一社「夷針神社」の論社である。
例祭が奇祭「悪態まつり」として知られている。

P1720011.jpg

「飯綱神社」の裏側に「六角殿(堂)」が鎮座してますが

この六角殿が「飯塚神社」の本殿だとの説もあるらしい

P1720012.jpg

その六角殿を守るかのように「十三天狗の祠」がありました

P1720013.jpg

思い掛けない光景(飯綱神社)を見ることが出来ました

さて、帰りは表参道(階段)で帰ろうと...数を数えたら

途中で多少の狂いがあったが何と「280段」以上(@_@)

登りに利用しないで良かった!  こんな急な階段なんです

P1720017.jpg

こうして本日のケン坊が目してた全行程が終了!

そうそう 言い忘れてましたが、この日も単独行でした😢

P1720020.jpg

下山後、正直言ってケン坊の足と体力に(@_@)です

やれば出来るんですね  今まで何を真剣に悩んでいたの?

やれココが痛い アソコが痺れると逃げていただけかも



【オマケ編】

帰りに笠間で買った「栗スィーツ」はコレ!

P1720021.jpg

美味しいです  魔女も大喜び\(^_^)/



ページトップへ  トラックバック0
魔女っ子の東京土産に(@_@) 可愛い~~
2019-01-18-Fri  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
H31/01/12撮影 【この世はアイデア勝負...でもね お値段も考えてね!】


         時には息抜きのネタでも良いかな>笑<

     あれは3年前...違った  2か月前だったかな?

  TVの”東京駅限定のお土産コーナー”を漠然と見てたら

 子供が喜びそうな”パンダバウム”が紹介されていた
                         
P1710838.jpg

機会があったら買って見ようかなと漠然と思ってた...

ある日、魔女っ子が”東京土産だよ~”って...マサカの品!

P1710848.jpg

まめや金澤 萬久”パンダバウム”です

縦:8.5㌢  横:5.5㌢  厚さ:5.0㌢ の小さな箱

P1710828.jpg

丁寧に箱を開けると...可愛いらしいパンダが登場

P1710832.jpg

金屏風の上にバウムを立てるとコンな感じです

ご覧のように既にパンダの周囲には切れ目が入っていて...

何となくイメージが判ったと思います>笑<

P1710834.jpg

単純な仕掛けなんですね

つまり型を抜くと...立体的なパンダが現れるという代物!

P1710835.jpg

そうなんです  遊び心がこの商品を生んだ?

本当は周囲のバウムを食べていくと”パンダ”が登場なんです

P1710841.jpg

まぁ コレはこれでアイデアの菓子なんでしょうが

それにしてもお値段が高くありませんか?

何と一箱の値段が540円とは(@_@)しました

P1710843.jpg

P1710846.jpg

箱の横側に”商品の告知”がありました

     黄な粉の香る生地を丁寧に焼き重ねた、
                 まめやが作る「お豆のバウム」


P1710849.jpg

孫たちにお土産にするには...ちょっと無理ですね~




ページトップへ  トラックバック0
厳しいアップダウン...難台山の傾斜は屈指の里山か?   
2019-01-14-Mon  CATEGORY: 茨城の里山(その他)
H31/01/13撮影 【山も3週間ぶり...その間「10㌔ジョグ」していたが鈍ってる】



元旦登山をパスしたので新年の初登山は新規開拓で...と

   ブロ友さんの情報から茨城の里山をチョイスし>笑<

       吾国山 ⇔ 道祖神峠 ⇔ 難台山
       わがくにさん      どうろくしんとうげ       なんだいさん

※笠間・吾国愛宕ハイキングコースの案内板
P1710851.jpg

案内板の反対側に駐車...車は水戸ナンバーが1台だけ

P1710850.jpg

9:19 いよいよ新年初の茨城の里山歩きがスタート

先ずは林道(板敷峠に向かう舗装道)歩き

もちろん今回も単独行で不安が無い訳ではありませんが

P1710852.jpg

数回のカーブを過ぎるとヒマラヤスギ付近に階段が?

ここから入って良い?  個人の敷地との事前情報にスルー

P1710869.jpg

ヘアピンカーブを道なりに大きく膨らんで歩くと

情報にあった旧洗心館と思われる建物が目の前に...

モニュメントのような三又の柱の横の横長の表示板には

「道祖神峠←  →吾国山」と書いてありました

ヒマラヤスギの所の階段は多分ショートカットだったんですね

P1710854.jpg

舗装道路と別れるように吾国山へと続く登山道が...

いよいよココからが登山本番です

※舗装道は写真の右下です
P1710856.jpg

傾斜ある山道を数分登ると、先ほどの舗装道路を横切り

本格的な吾国山への道が始まった

傾斜がきついのか、身体が鈍っているのか 兎に角キツイ!

P1710857.jpg

モデル時間(道祖神峠から40分)からすると山頂が近い?

P1710859.jpg

危なっかしい急斜面を下るトレ・ランナーを思わず目で追う

P1710860.jpg

おぉ あの山がこれから登る”難台山”でしょうか?

P1710861.jpg

その右に連なる山は”愛宕山”方面?  山座同定は難しい

P1710862.jpg

更に急斜面が待ってた...滑り易いのに落ち葉が余計に

あれ?  行く手に何やら建築物が見えてきたぞ

P1710863.jpg

遂に山頂です  吾国山の山頂を征服しました>笑<

山名板は無かった(と思ったら別のところにあったようだ)

三角点もあったらしい(完全に見過ごしてしまった) 悔しい!

次回があったら必ず写真を撮ってくるぞ~

P1710868.jpg

山頂の高台には「田上神社」が鎮座してます

P1710866.jpg

日光、那須方面の山  目では確認できたが写真には...

P1710867.jpg

コチラは筑波山、加波山方面ですね

P1710865.jpg

下山は一気に...往復で出会ったのは5人かな

10:03 呆気なく道祖神峠に到着  マイクロバス1台増えてる

P1710870.jpg




道祖神峠で小休止(数分)...呼吸を整えて

10:07 峠の奥の”難台山(分岐を左)”に向かって歩きだす

P1710871.jpg

砂利の多い山道を数分歩くと分岐...右が山頂方面

P1710872.jpg

そこから始まるアップダウンの繰り返し

P1710874.jpg

身体が悲鳴を上げるも今日は単独行だからね!

P1710876.jpg

斜度を実感して貰える写真が撮れず! つまり厳しいんです

P1710878.jpg

雨巻山の”猪ころげ坂”を想い出しますね

山頂まで体力が持つかな~

ブログ情報では”こんなに厳しい坂”とは思えなかった>笑<

P1710877.jpg

山頂かと思ったら”すずらん群生地”の案内板でした

難台山まで1㌔もあるという この後もアップダウン付きか?

P1710880.jpg

難台山の傾斜は”里山でも屈指、いや3本指”ではないか?

ここにきて難台山を甘く見てたことを痛感!

P1710882.jpg

↑↓ ロープのあるこんな登り下りが何度となく...

P1710883.jpg

10:50 疲れた~ ようやく難台山頂に到着!  えっ43分?

そりゃ疲れる訳だ  モデルは65分だから

P1710886.jpg

山頂の表示が...本日2座目\(^_^)/

山頂は思ったより広いですが見晴らしはイマイチですね

P1710887.jpg

包囲地図のモニュメントが...

P1710888.jpg

その他にも”石祠”が鎮座

駐車場にあったマイクロバスの主が判りました

山頂に14~5名の団体さんが休憩中で、その他に次々と

この先に”屏風岩”の情報も把握してたが今日は退散します

P1710891.jpg

下山は転げ落ちるように一気に  いや厳しい登りも>苦<

途中、バッグ背負ってるのも忘れ身体が勝手に動いちゃった

”トレラン”してる気分で、前を走るトレランナーに追い付く

ビックリし”何だ この爺ぃは”って顔を向けられて自粛>笑<

11:37 駐車場(道祖神峠)に到着です

何だかんだ言って下山すると達成感に気分は爽快です

一方で太腿、脹脛、臀部の筋肉はパンパンですが

P1710892.jpg




【オマケ編】


帰途はどうする?  迷ったが”笠間稲荷”へ寄り道

P1710895.jpg

松の内なので周辺の道路や参道は参拝客でごった返し

P1710897.jpg

コチラはTVの”ちい散歩”で一躍有名となった”きむらや”さん

そう「いなり寿司」です

P1710893.jpg

中でも「ソバいなりとミョウガいなり」が良いな...

という訳で魔女&魔女っ子にお土産?  買ってきました~

P1710905.jpg

前日の10㌔ジョグに続き、厳しい登り下りをクリアしたケン坊

明日は家で大人しくしていられるかな?


ページトップへ  トラックバック0
氷の彫刻師”シモバシラ”が消えちゃった
2019-01-13-Sun  CATEGORY: 公園・栃木県中央公園
H31/01/12撮影 【本当に”シモバシラ”は何処に行っちゃったのかな~】


    今年もタイミングを外しちゃったなーと向かった先は

                  県立博物館

P1710824.jpg

狙いはもちろん”氷の彫刻師”のシモバシラだ

が...いつもの場所にシモバシラの姿が無くなっている?

”彫刻の姿”が無いのではなく”植物のシモバシラ”の姿が無い

枯れちゃったのかな?  せっかく楽しみに来たのに~



諦めて公園内をブラブラ散歩

雪が積もることが少ない宇都宮には無用の雪吊り?

P1710819.jpg

P1710823.jpg

ついでに(失礼!)博物館に...

おぉ~ 今年の干支の剥製が展示してありました

P1710816.jpg

イノシシって”ハイヒール”を履いているんですね>笑<

P1710818.jpg



【これは”おまけ編”です】

我が家の”金柑”ですが金柑の収穫時期が判らず

ネットで調べたら...

ホントかな? 黄ばみ始まったら良いと出ていた

確かに、このままでは霜にやられてフニャフニャしてしまう!

ということで...収穫しました

ジャムにしようと”料理の魔女”に頼むことに>笑<

※実際にはもう少し綺麗な色してますよ!
P1710827.jpg

明日は天気も良さそうなので”里山歩き”できるかな?






ページトップへ  トラックバック0
<< 2019/02 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.