ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
歴史的な”オバマ大統領の広島訪問”が粟野で再現?
2016-09-30-Fri  CATEGORY: 鹿沼・粟野・塩谷
28/09/17撮影 【粟野の案山子まつり...ネタにするのは初めてかな?】


もう2週間も前の話ですが...案山子まつりに遭遇したので

            ♪山田の中の一本足の案山子♪


【かかしの語源】ネットから
『案山子(かかし)』の語源は諸説あるが、一説によれば、獣肉を焼き焦がして串に通し、
地に立て匂いを嗅がせて害獣を遠ざける「嗅がし(カガシ)」に由来するとのこと。
また、漢字の「案山子」は、元々中国の僧侶が用いた言葉で、「案山」は山の中でも
平らな場所を差し、「子」は人や人形を意味するという。

  彼岸花を見に行ったついでに”かかし祭り”を見学し

           ※コレ(↓)は手作り案山子の募集案内です
           P1590641.jpg

車を停めさせてもらった「遊の郷」の田んぼの奥が会場です

P1590705.jpg

昔から案山子祭りに展示される案山子たちは

その年の世相を反映したものが多い

※災害時のために親子で避難訓練でしょうか?
P1590698.jpg

※リオ五輪・卓球男子個人銅メダルの水谷選手の子供時代?
P1590699.jpg

※伊勢志摩サミット・広島でオバマ大統領と被爆者との場面
P1590700.jpg

※熊本地震災害...頑張れくまモン
P1590702.jpg

※ちぇるちぇるランドの王子様? ”ゆうちぇる”が案山子に
           P1590703.jpg

今回のかかし祭りには約40体が展示されてました

なかなかユニークな案山子が多く楽しめました

P1590696.jpg





スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
独特の香り  今年も玄関先から漂ってきました
2016-09-29-Thu  CATEGORY: 我が家の花たち
28/09/29撮影 【香りの強い花はいろいろありますが、この花も代表的な花】


       玄関を出ると”プ~~~ン”と良い香りが...

              そう”キンモクセイ”です

         匂いに鈍感なケン坊でも直ぐに判ります

P1590805.jpg

      生憎の小雨...急いで撮ったらボケちゃった

           小さな花の集合体のキンモクセイ

    いまは、何処を歩いてもアチコチから漂ってきます

P1590807.jpg

          季節の移ろいを花で感じる昨今です


ページトップへ  トラックバック0
ケン坊も、まさかの”彼岸花”三連荘に...
2016-09-25-Sun  CATEGORY: 花紀行(彼岸花の名所)
28/09/24撮影 【ヒガンバナが目的?  孫に会うのが目的?  さて...】


 孫娘の誕生日が近いので...プレゼント目的? 違うな~

           幸手・権現堂のヒガンバナが目的?

   それも違うな~ 彼岸花は終りだろう...それに今更?

理由はともあれ撮ってきちゃったのでレポしちゃいます>笑<

           P1590789.jpg

今にも雨が降りそうな生憎の天気...ビニ傘持参の土手散歩

それでも駐車場は満車に近い!

今年は南の方が開花が遅い?  まさかマサカの見頃です

P1590791.jpg

土手堤はもちろん、両側の斜面が群生地

両側の斜面を同時に撮れないためお見せできず残念です!

P1590776.jpg

こ~~んな感じです  片側ずつ掲載します

P1590725.jpg

P1590732.jpg

P1590735.jpg

例年よりも白い花が目に付きます  増やしたのでしょうね

P1590742.jpg

赤い花と白い花とは咲き方が違います

同じ小さな花の集合体というところは同じですが...

P1590748.jpg

P1590751.jpg

P1590773.jpg

中程にあるお休み処”峠の茶屋”は混んでたのでパス!

P1590757.jpg

引き続き、土手の界隈をより良い被写体求めてぶら散歩

P1590760.jpg

赤とんぼは蕾がお好きのようです...

開花したヒガンバナに止まってるのを見かけません

P1590763.jpg

さて、孫に逢いに行こうかな...もう一周して帰ろう!

P1590764.jpg

P1590768.jpg

ツユクサ...仲間や似た花は多くありますが

ケン坊は昔から見慣れているこのツユクサが一番好き!

彼岸花の足元に沢山咲いてますが撮る人はいない

P1590770.jpg

P1590794.jpg

陽射しがあったら素晴らしい光景になったでしょうね

でも、人出が多くて写真が撮れないかも?

P1590777.jpg

P1590779.jpg

P1590797.jpg

P1590795.jpg

さすがに今シーズンの彼岸花は今回が最後です>笑<

仮にどこかに行ったとしても掲載しません!



ページトップへ  トラックバック0 コメント4
秋分の日の彼岸花...まだ見られました
2016-09-22-Thu  CATEGORY: 花紀行(彼岸花の名所)
28/09/22撮影 【続けてヒガンバナのネタで大変恐縮ですが...】


     お彼岸も中日を迎えましたが相変わらずの雨模様

           お墓参りも、雨なので仏壇でご勘弁を

      帰りは恒例のヒガンバナの様子を見ようと寄り道

    もう終焉? ところが”旬の彼岸花”を見ることが

P1590708.jpg

秋雨にスッポリと濡れたヒガンバナのシベ...

シベの先の黒いお靴は百合の花と似てますね~

P1590710.jpg

P1590720.jpg

真っ赤なお花とスッキリとした緑の長い足

P1590722.jpg

雨中の花見でしたが今年も満足のヒガンバナでした

P1590724.jpg

そう ココは小山市間々田の山下通りです



ページトップへ  トラックバック0
今年もヒガンバナの季節到来...もう秋の彼岸なんですね~
2016-09-18-Sun  CATEGORY: 花紀行(彼岸花の名所)
28/09/17撮影 【今回は初めから彼岸花を目指してのドライブです...】


    今年も来週には秋の彼岸を迎えることになります

そして、昔は忌み嫌われていたヒガンバナが今では主役に

    天気と休みの関係から早いと思いつつ粟野へ...

地元紙の影響でしょうね  11時頃に着いたらこの始末に?

ケン坊は歩くのが目的なので約1㌔離れた”遊の郷”に駐車

※17日の地元紙に報道されていたという(ケン坊は知らなかった)
P1590643.jpg

橋の上から群生地を眺めると...やはり早かったかなと思う

P1590645.jpg

少し早かったが...全体的に見れば6~7分咲きかな?

P1590646.jpg

薄日が射す程度で木陰部分はやや薄暗くなっちゃいました

P1590648.jpg

咲き具合は先ず先ず?  株数が減ってる気もしますが...

P1590649.jpg

奥に見える山は鹿沼方面でしょうか?  石裂山かな~

P1590655.jpg

まだまだ花は全般的に元気一杯です

P1590658.jpg

アチコチに何株か白い花も見られます

P1590659.jpg

孟宗竹にヒガンバナ...意外と良い雰囲気でしたが腕悪し

P1590664.jpg

首に鈴を付けた”猫ちゃん”がカメラマンの標的に?

P1590669.jpg

いくつかの小さな花の集合体で一際大きな花を演出です

P1590672.jpg

P1590683.jpg

上からもパチリンコ

P1590682.jpg

幾らか増水しているのかな? 結構流れが早いです

P1590686.jpg

一日で十数センチも伸びるヒガンバナ

2~3日見ないと姿かたちが変わる? いや花が咲いてしまう

P1590693.jpg

公園の彼岸花も良いですが自然の中の彼岸花も良いです

P1590694.jpg

何とも言えませんが、後2~3日で見頃でしょうか?

さすがに彼岸花と言われるだけのことはありますね



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
寄り道...そば街道やさとの”蕎麦蔵 めぐみ”で十割蕎麦を堪能
2016-09-17-Sat  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
28/09/10撮影 【体調は優れなくても食欲はあります>笑< そば街道へ...】


         こんなキャッチコピー...最近見かける

  ”うまい蕎麦との出会い  やさとそば街道”

       フラワーパークでガイドされたお蕎麦屋さん

   イチオシのお店は完売につき「支度中」の看板が...

 う~ん残念です...気を取り直して次のお店へ行きましょう

P1590612.jpg

お店は”十割手打そばの 蕎麦蔵 めぐみ”さん

もちろん玄そばは”常陸秋そば”を使用です

※実はコチラも同列のイチオシだったんですよ
P1590631.jpg

何でもご主人は独学で技術を身に付けた方で

十割そばに拘り、蕎麦以外のメニューは作らないという

頑固な年輩の主人を想像して入ったが...

意外に若いじゃあ~りませんか...ご夫婦で営んでいて

P1590600.jpg

冷たい蕎麦が2品、温かい蕎麦が4品の計6品とシンプルです

ケン坊は別メニューを頼んでネタに幅を持たせようとしたが

最初は”もりそば”が無難だよとの鶴の一声で同じに>笑<

P1590598.jpg

遅くなりましたが...店内はこじんまりとして満席で14人?

13:30に入店したケン坊は最後で相席となった

お客さんが食事中なので天井を撮って雰囲気だけをご紹介

和紙の明りがとっても良い雰囲気を醸し出してます

P1590601.jpg

そして常陸秋そばの十割手打そばの登場です どうです? 

見た目も良いしボリュームも満足! 静かに食べてみます

P1590602.jpg

細打ちの蕎麦 やや緑がかってます(写真では?ですが) 

箸で掬い鼻を近づけると”濃い蕎麦の香り”がします

コシがあり噛みしめると口内に蕎麦の香りが広がる

P1590604.jpg

サービスメニュー?  ソバのデザートです

【魔女が御主人に取材した内容】記憶が違ってたら勘弁!
そば粉を低温のお湯から溶き沸騰する前に降ろし、蕎麦の実を加えて方に流し入れ、
更に冷蔵庫で固め...焙煎したそば粉を塗した”そば豆腐” まさにデザートです。
黒蜜の上に載せて登場。ソバの実の食感と、焙煎そば粉...初めての経験ですね。

御主人は常に蕎麦のデザートを研究しているという

P1590610.jpg

14時をまわりそろそろ閉店か お客も2組4人だけ...

美味しい蕎麦が食べ終わる頃を見計らって御主人が登場?

器の中には”蕎麦の端切れ”や”不揃いの蕎麦”が...

茹でた蕎麦は洗わずにそのまま冷やすのがポイントらしい

今回は”塩”を振りかけて...旨い! 塩気がグーです

思いがけず御主人の計らいで珍味の蕎麦を食べることに  

ご馳走様でした!

P1590609.jpg

最後にもう一度店構えを...これも御主人の拘りでしょうか?

P1590614.jpg

これは「やさとそば街道」Mapです...これじゃ判んね~よ

そうですよね No8 が”蕎麦蔵 めぐみ”です

フルーツ街道から県道7号線に折れ...車で5分位の右側

P1590630.jpg

筑波山は登れなかったが、常陸秋蕎麦の十割そばに遭遇!

魔女とのドライブで癒しの時間を享受できました

元気ハツラツにはまだまだ遠いですが紅葉に向けて頑張るぞ



ページトップへ  トラックバック0 コメント4
今年の十五夜は月に見放されたが...
2016-09-15-Thu  CATEGORY: 我が家のイベント
28/09/15撮影 【雲のカーテンに隠れたお月様...でもお供えは忘れません】


 十五夜の月は厚い雲に隠れ...いやぁ 雨になっちゃった

            イベントはしない筈だったのに

      会社から帰ってきたら...飾ってあった>笑<

※多分、最近ネタ不足なんで気を利かせたのかも?
P1590633.jpg

折角なんで写真を...完全にブログに手が染まってます

P1590637.jpg

あははは でもお供えは...魔女好みが勢揃い?

笑っちゃいけないけど、やっぱり食欲の秋か~

P1590636.jpg

ついついお付き合いで...ケン坊も食欲の秋しちゃった




ページトップへ  トラックバック0
筑波山のつもりが”フラワーパーク”へ行先変更?
2016-09-13-Tue  CATEGORY: 公園・その他の公園
28/09/10撮影 【時には失敗もあるさ...やはり山のほうが良かったって?】


筑波山登る♂ 大丈夫なの♀ 体と相談しながらだね~ ♂♀

    取り敢えず男体・女体の双耳峰を目指して車を走らす

 必ずしも万全ではないケン坊だがじっとしてるのが苦手...

         だが、つつじヶ丘駐車場へ向かわず直進

   う~ん 体調が山歩きにNGサイン 今日は自重しよう!

    道なりに進むと”フラワーパーク”の看板が...

    花は端境期だが下見のつもりで一度は覗いておこう

 料金740円に(@_@) 740円だよ 迷っちゃうな~

P1590556.jpg

園内は10月からの秋バラまつりに向けての作業真っ最中

やはり、この時期は入場者もマバラで車も2~30台?

※う~ん すべり台が面白そう
P1590557.jpg

花は予想通りでガッカリ...とりあえず山頂へ向かいます

P1590559.jpg

時間もかからずに山頂へ...でも汗ばんできました

展望台で地元の方からいろいろとガイドを受けました

西光寺や善光寺の楼門、蕎麦街道のイチオシも?

※折角なので、帰りに寄り道でもしようかな~
P1590563.jpg

初めて見る山頂には展望台のほかに歌碑もありました

もちろん筑波山を詠った万葉歌碑です

P1590560.jpg

ここから見る筑波山は双耳峰じゃありません

あのまま筑波に向かっていれば今ごろは山頂だったかな?

P1590565.jpg

今度は反対側から下山(大分オーバーです>笑<)

呆気なく到着...入場料分を遊ばなくちゃ勿体ない!

そこで”ベゴニア展”を覗くことに

P1590567.jpg

いろんな花があるもんですね~ シュウカイドウに似てます

P1590573.jpg

P1590579.jpg

P1590580.jpg

ケン坊の気を惹いた花 名前は判らんが...

取り敢えず、横から上から下から撮っておこう>笑<

P1590575.jpg

P1590577.jpg

P1590581.jpg

P1590576.jpg

ダリアエリアを発見  う~ん烏山のダリア園の方が良いか?

まぁ 証拠写真です...

P1590585.jpg

P1590589.jpg

P1590587.jpg

P1590588.jpg

P1590590.jpg

売店を流したりして時間を稼ぐが見る所も尽きて

出口に向かったら”レンゲショウマ開花中”の案内板が?

やっと探したが咲いてたのは2株で3厘、背丈は30㌢位

やっとこ撮ったのがコチラ(↓)

P1590595.jpg

P1590597.jpg

           いくらか駐車場も車が増えてました

道の駅のような売店で野菜や果物を仕入れて...帰ろう!

        入場料でランチが食べられたかも>苦<

  やはりフラワーパークはバラの季節が一番良いですね




ページトップへ  トラックバック0 コメント8
初めて旬に訪ねた森林公園のシュウカイドウ
2016-09-08-Thu  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
28/09/04撮影 【野暮用で数日間モヤモヤが続いたが気晴らしに...】


     去年8月森林公園の秋海棠を初めて知った

     当時は咲き始め2~30株位しか確認できなかった

先週半ばからの野暮用も終盤、お昼近くに僅かな時間が...

        思い立ったように雨雲の垂れ下がる中をGo

 これはこれは...思った以上の群落地じゃあ~りませんか

      出流山や寺山観音寺まで出掛けなくても充分?

※実測した訳ではありませんがイメージとして100㍍以上?
P1590542.jpg

以下、手抜きのレポですが備忘録の一ページとして

P1590521.jpg

P1590524.jpg

P1590532.jpg

P1590538.jpg

P1590543.jpg

P1590548.jpg

P1590535.jpg

P1590527.jpg

ピークを過ぎたツリフネソウ

P1590515.jpg

3世代揃ったタマゴダケ?

P1590516.jpg

P1590517.jpg

そろそろ終焉? タマアジサイ

P1590514.jpg

健康ウオークのため2周くらいは歩きたかったが小雨が...

途中で幟旗に吸い寄せられるように

地元の”レモン牛乳アイス&ソフトクリーム”で休憩

※@130円はお手頃価格です
P1590551.jpg

  僅か1時間の森林公園ウオークで気分転換です\(^_^)/


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
節目となった塩沢山・平成28年-4座目(in日光)90/100
2016-09-05-Mon  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
28/08/28撮影 【遂に3ヶ月連続で未踏の栃木百名山に...ラッキーです】


      今月の”筆者と登る栃木百名山”レポ

ケン坊の節目となる90座目は”塩沢山”ですが何処の山?

  県民であっても初めて耳にする方も多いかも知れません

著者も”五十里湖上流の人知れぬ山”と形容してる

           いつもの時間いつもの場所に集合

P1590429.jpg

予報は曇り(降ってもパラつく程度)だが登山指数はAランク

亀さんや先輩たちのレポも一通り目を通して頭にインプット

独鈷沢ふれあい広場駐車場に着いた時はポツポツ...と
(ここにはトイレがないので手前の”道の駅・湯西川”でトイレ休憩しました)

リーダーの掛け声で、一旦は雨具を身に付けることにしたが
(上だけの人、下だけの人、傘の人...マチマチ)
P1590430.jpg

広場からR121(会津西街道)を横切り100㍍程で登山口に

入口の看板も黒ずんで文字が見えにくくなってますが...

※赤白のマーク(山道10ヶ所位)は著者を中心に設置したという
P1590485.jpg
※すぐ手前下にはスルメ型の案内板がありました...この後もポイント毎に設置
P1590444.jpg

一昨年秋のあの集中豪雨で流木や岩・土砂で景色が一変

ケン坊も同年の紅葉時期に登山計画したが断念した経緯が

そんな豪雨の爪痕を見ながら頂上を目指す山行が始まった

P1590433.jpg

この時点では雨は降っておらず葉っぱからの滴程度
※この後直ぐに出発時点で着た雨具を脱ぐ...最後まで着ることはなかった
P1590435.jpg

ここも集中豪雨の崩落場所。幅は狭いが足場軟弱で要注意

P1590436.jpg

さらに沢沿いを100㍍ほど登ると...おいしい水場が出現?

ここがポイントの一つである水場”遊ヶ水”ですが

ここも大きな爪痕で、平坦な渡渉個所が豪雨でこんな姿に

インプットしていた光景はどこへやら 結構厳しい渡渉に変身

P1590437.jpg
※樹上に「遊ヶ水」の銘板
P1590479.jpg

今では、このコースの中では要注意個所の一つに

ケン坊的には変化があって良いかなと思いましたが...

P1590438.jpg

遊ヶ水からジグザグと道を登りつめると尾根に取り付く

ここがガイドブックにあった”一服ウチワ”というポイント

塩沢山の唯一のお花畑らしい

春にはショウジョウバカマやイワウチワが見られるという

※案内板も新しく屋根付きのモノに変わった
P1590440.jpg

尾根(一服ウチワ)の右側斜面は苗木を鹿から守る光景だ

P1590441.jpg

尾根を左に折れて...次のピークに向かって直登だが

我々は尾根右側をジグザグに登る(一般コース)

本日初の入山者は犬を連れて直登のようです

そして今日は雨は降らないものの時々ガスる天気が...

P1590442.jpg

一服ウチワから20分、紅葉樹林に囲まれた小さな広場に

ここがガイドブックにある930㍍峰なんですね

ココもチェックポイントで”遊雪の君”の銘板が
(薄暗い天気ということも手伝って文字がちょっと見辛いですね)

以前はベンチがあったようですが、その欠片が...

P1590448.jpg

少し休んで...次なるポイントを目指してGo

一旦、足場の悪い痩せ尾根を下り鞍部から再び1100㍍峰へ

どこで採ってきたのか、先の犬を連れたご仁が大きなキノコを

どうだと言わんばかりに手に乗せ  多分”マイタケ”の仲間?
(この方は、きっと地元の方なんですかね)

※この後、チタケの群落(オーバーか?)にも遭遇
P1590452.jpg

チェックポイントである1100㍍峰は意識することなく通過?

いやいや多分ですがココが1100㍍峰だった思うが自信無し

P1590454.jpg

この時期、塩沢山は花の端境期で花は全く見られませんが

代わりにスズタケ(半分枯れたような笹)の光景に変わる

いきなり何コレ?  一面に”クモノスの花”が咲き乱れて...

P1590458.jpg

スズタケに張った蜘蛛の巣に霧雨が...綺麗なお花畑に

P1590455.jpg

ツチアケビの実も山道に生えてるので登山者に蹴とばされ?

可哀想に細くて小さな実が地に横たわって...

P1590459.jpg

ツチアケビを後にして厳しい登りを歩くと左側が橅の森に変身

誰が名付けたか橅見坂(ぶなみざか)

ガスに霞んでる太い橅の木に銘板が括りつけられてました

P1590460.jpg

スズタケに代わってミヤコザサが主役になった山道は急登

多分、ここが山頂直下の最後の登りで山頂まで数分?

P1590462.jpg

 遂に目指す”塩沢山(標高1264㍍)”の山頂に到着

P1590466.jpg

ケン坊にとって節目の90座目の山...となりました

未踏の栃百を攻略する目途が立たず90座が最後の予感?

後は、当企画の来年以降の候補先選びに期待するだけです

因みに”男鹿岳・大佐飛山・黒滝山・前黒山・持丸山・

   明神ヶ岳・黒岩山・錫ヶ岳・皇海山・鋸山”の10座が未踏

P1590467.jpg

眺望の無い山頂でお昼タイムですが少し狭いですね

漬物や果物が近くに座ったメンバーでぐーるぐる

さぁ お昼を食べたら下山 遊雪の君~一服ウチワへ...

P1590477.jpg

少し小休止し ガレを下り”水場(遊ヶ水)”まで慎重に下山

P1590481.jpg

今回は生憎の天気で眺望こそ恵まれませんでしたが

初めて登る”栃木百名山・塩沢山”を歩けて満足(⌒∇⌒)

全行程で5時間25分(休憩含み)

駐車場8:20~水場8:53~一服ウチワ9:17~遊雪の君9:41

橅見坂10:49~山頂11:00~水場13:15~駐車場13:45

※荒れてる登山口ですが無事に到着
P1590432.jpg

コースは全体的に足に優しく、とっても歩き易かったですし

個人で歩いてもコースを踏み外すことは無さそうですが

熊などの獣に対する不安を拭えず、企画に参加して正解!


【塩沢山に関するうんちく】
今回のコース、ポイントに銘板がありました...また遊ヶ水・一服ウチワ・遊雪の君・
橅見坂というユニーク(でも一部、意味不明)な名称もありました。
ところが、この名称は「栃木百名山・塩沢山」の”著者・奈良忠男氏”が名付け親?と
の情報を人伝いに入手。
でも”遊”とか”遊雪”とかの文字の背景は? コレも判明しました...つまり、著者の
奈良氏が属する”遊雪会”という山の会があり、その文字を使って命名したらしい。
また、塩沢山の銘板の制作や据え付け、倒木の除去等のコース整備なども中心に
なって行っているとのこと...有り難いです。
この山道の銘板は殆んど屋根付きになっていますが、もちろん著者が中心に苦労し
制作して設置したという。本当にご苦労様です。



ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2016/10 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.