FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
速報! 今月の栃木百名山...やっぱり梅雨空に見守られた山行に
2019-07-22-Mon  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
R01/07/21撮影 【やはり素人ケン微雨には想像以上の山でした...】



         今月も栃木百ツアーに参加してきました

 その山はケン坊にとって”92座目”の栃百に\(^_^)/

IMG_1263.jpg

目指す山頂”黒滝山(1754㍍)”は予想通り難攻でした

IMG_1332.jpg

詳細レポはなるべく早く掲載したいな~!







スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
今年も歩いちゃいました...霧降の天空回廊(階段)に挑戦!
2019-07-18-Thu  CATEGORY: 花紀行(ユリの名所)
R01/07/13撮影 【今年も歩きましたよ 1445段の階段を...年々キツクなる?】



  霧降高原...その名に相応しい天候・気象となりました

     時おり現れる”霧景色”  そして薄日の射す気象

         朝方まで小雨でも降っていたのかも?

    ニッコウキスゲやクルマユリなどもスッポリ濡れて

  8:35一等駐車場は満車でしたが二等で十分\(^_^)/

   最後まで雨に降られること無くキスゲ日和でした

IMG_1099.jpg

先ずは天空回廊へ...登ってみましょうか

IMG_1067.jpg

シカ柵ゲートの手前で”クルマユリ”がいきなりお出迎え

そう言えば、前回も出迎えてくれたっけ>忘却<

IMG_1207.jpg

クルマユリの名の由来はコレ↓

茎に葉が輪生する様子を車の車輪に見立てたものという

IMG_1214.jpg

いよいよゲート内に...色鮮やかなニッコウキスゲにご挨拶

IMG_1071.jpg

IMG_1069.jpg

兄弟?  姉妹?  歩き始めは終盤なのか疎らな感じも

IMG_1073.jpg

IMG_1119.jpg

階段を中心にして右に左に散策路を全て踏破?

おぉ このクルマユリも多くの花を抱えるまでに成長!

IMG_1083.jpg

階段350段目辺りのニッコウキスゲ密集地もやや少なめか

IMG_1085.jpg

でも元気印の腕白キスゲがシャッターを押させます>笑<

IMG_1091.jpg

IMG_1095.jpg

IMG_1179.jpg

その後も霧降高原は七変化?

IMG_1096.jpg

IMG_1132.jpg

IMG_1121.jpg

IMG_1145.jpg

IMG_1146.jpg

ニッコウキスゲは750段辺りから上が見頃でした

IMG_1151.jpg

密集度も上がり黄色の絨毯化  気持ちもテンションアップ

IMG_1154.jpg

IMG_1160.jpg

そして1445段の階段をクリア

※魔女ではありません(未だ後方です>笑<)
(カメラ向けたら移動してくれると思ってたのに) なかなか退けてくれなくて...トホホホ
IMG_1163.jpg

そして休まずに一気に”小丸山”へ

女峰&赤薙山方面へ向かう人も結構いましたが

山頂は現れたり消えたりと大忙しの小丸山

IMG_1166.jpg

少しだけ小休止...我が家のミニトマトに(・∀・)ニヤニヤ

IMG_1171.jpg

相変わらずの気象状態...ザ・キリフリ

IMG_1174.jpg

そして下山...下山も散策路を歩き花を愛でながら

IMG_1107.jpg

今年も”孤高のクルマユリ”に会うことは叶いませんでした(;_;)

IMG_1209.jpg

そろそろ山が恋しくなってきました>笑<

梅雨明けが待ち遠しい  晴れなくても良い...降らなきゃ?



ページトップへ  トラックバック0
今年の天気は”花の開花時期”をも狂わせる
2019-07-15-Mon  CATEGORY: 花紀行(ユリの名所)
R01/07/13撮影 【山は無理か...もしかしてヤマユリは咲きだしたかな~】



 今年は梅雨寒で晴れ間の無い異常気象に山にも行けず

出先を決めるのも悩ましく空を見上げては溜息ばかり(`o´)

   日光だいや川公園のヤマユリも見頃となる季節です

今年はあまり期待出来ないが...寄り道なら良いか(。-_-。)

     予想が当たった? ”ヤマユリ”が見つかりません

今にも降りそうな梅雨空のせい?  花が咲いてないせい?

  (7/13~15はヤマユリまつりですが)人出は少ないです

IMG_1225.jpg

IMG_1227.jpg

IMG_1228.jpg

少し歩きだすと木立の中に白い花が見えました

\(^_^)/ あれは”ヤマユリ”じゃないの?  少し遠い!

IMG_1221.jpg

↑ この花に気を良くして?  近くで撮りたいと歩きだすが

この後...蕾はアチコチで目にするも咲いてません

IMG_1246.jpg

やはり早かったと諦めモード...遂に道路を渡って反対側へ

この道路を渡る決断が功を奏した? ヤマユリが咲いてる~

IMG_1231.jpg

大きくて重い?  まるでお辞儀するように頭を垂れるユリ

IMG_1233.jpg

おいユリよ 低すぎるぜ! 撮る側のことも考えてよ>笑<

IMG_1236.jpg

IMG_1241.jpg

IMG_1243.jpg

IMG_1244.jpg

IMG_1247.jpg

何とか最低限の”ヤマユリ”を撮ることができました(*^_^*)

この後は駐車場まで公園内をブラブラ散歩

IMG_1248.jpg

まだまだ紫陽花がみられました  低温の影響?

IMG_1250.jpg

IMG_1254.jpg

IMG_1253.jpg

IMG_1257.jpg

最後まで梅雨空も雨を降らさないでくれました...\(^o^)/

ヤマユリは一分咲き? 二分咲き? 見頃は一週間後?




ページトップへ  トラックバック0
家庭菜園で収穫した枝豆をつまみのビールは最高っす!
2019-07-10-Wed  CATEGORY: 我が家の光景
R01/07/08撮影 【エダマメ...自家栽培となれば一段と美味しい!】


   家庭菜園で今年初めて”エダマメ”に挑戦してみた

      栽培要領が判らないながらも何とか収穫できた

 と言っても総額500円分位か  コストは? 聞かないで!

※これは前回の写真です
IMG_0959.jpg

枝豆は一本ずつ植えるものと思ってたが弱弱しいので

自己流で2本ずつ植えてみたが実際には3~4本もOKらしい

次回はシッカリと反省の上で挑戦してみたい

※これも以前の写真です
IMG_0120.jpg

ところで、収穫したエダマメの王道は”茹でて”ですね

コレです! 枝豆は生ジョッキ(大)が似合うんですよね
(ケン坊は並みのコップでしたが...(#^.^#))

そこに”から揚げ”が追加されれば...定番の映像だね

もちろん”自家製枝豆とミニトマト”のコラボだよ!

トウモロコシはビールのおつまみではありません(゚∀゚)
↑ ピュアホワイト...先日の「畑市場」でリピート買い(ケン坊は生で)

IMG_1059.jpg

もちろんビールの量がどんどん増える? 間違いなし

次は”枝豆の二毛作”にするか♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


今回収穫後も...取り残しがあったー  もう一回>笑<

IMG_1064.jpg

あははは もう家庭菜園ネタは終わりにします!



ページトップへ  トラックバック0
我が家のトマトに変異が? と思ったら”窒素過多”の影響らしい?
2019-07-07-Sun  CATEGORY: 我が家の光景
R01/07/07撮影 【突然変異はケン坊の庭先で発生しませんでした...やはりネ】



 我が家の家庭菜園も枝豆やインゲンが収穫を終えた状態に

       でも、トマト(中玉&ミニ)はまさに最盛期で

   毎食、食卓や弁当に彩りを添えてくれて満足\(^_^)/

IMG_1051.jpg

朝採り時にトマトの異変↓発見...思わず”二度見”>笑<

IMG_1043.jpg

よく見ると...トマトの房の先から”葉の付いた”芽が?

IMG_1044.jpg

更にその先...花が咲いていて”一房”実を付けそうな感じ

こんなことってあるの? ネットで調べたら...  

何となんと”窒素過多”の場合に生じる現象とありました

IMG_1045.jpg

ついで...中玉トマトはやはりミニと比べると大きいですね

IMG_1049.jpg

ついで情報”第二弾”?

諦めていたトウモロコシのうち一本に実がなりました

実が入ってるかどうか皮を剥がさないと確認できませんが

触った感触が”良さそう!”です  もしかして?かもね

IMG_1047.jpg

何度もネタを提供してくれる家庭菜園...あと何回登場?




ページトップへ  トラックバック0
気になっていた”フルーツ・雪の妖精”と呼ばれる「白いとうもろこし」が
2019-07-05-Fri  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
R01/06/29撮影 【美味しい! 翌日、来客へのお土産は”白いとうもろこし”です】



  数年前から時おり散歩するコースの庭先で目にする幟...

      2~3軒隣に”やさい村”というお店があるのに?

  何処にでもあるような「生産直売」の幟が余計に目を惹く

IMG_1039.jpg

入口にある”白い とうもろこし”の看板が気になる

北海道産の”白いとうもろこし”の存在自体は知ってるが

あのピュアホワイトと同じとうもろこしがこんな近くで手に入る?

その下の「生でかぶりついてください」の文字...

IMG_1037.jpg

コレ↓が”雪の妖精 ・ 白い とうもろこし”のPRメモ

平均糖度が19度というから(@_@)です

IMG_0963.jpg

朝のオープン時間に行ったらお客さんの車が7~8台も

その後も次々と出入りする車に背を押され

様子見を兼ね思い切って庭へ...意に反して並んじゃった?

前の客の行動を見ながら値段や販売単位等を確認

IMG_1030.jpg

この日1本180~200円で普通のトウモロコシよりやや高め?

この白さ、粒揃いのトウモロコシ  200円は止むを得ん!

IMG_1031.jpg

最初の一本は、もちろん”生”でいただきました

糖度19度の甘みかどうかはケン坊には判りませんが

久し振りの生食は 実に甘かったです 美味しかったです

IMG_1033.jpg

このお店”畑市場(はるいちば)”のさらなる拘りは...

とうもろこしがまだ寝ている日の出前に収穫すること

↑そうすることで収穫後の糖度低下が減るらしい??

白いとうもろこしは北海道のイメージが強かったが

こんな近く(散歩範囲)で買える...早くもリピーター宣言?


※お店は↑のPRメモに詳細が掲載されていますが小さいので...
畑市場(はるいちば)
住所電話: 宇都宮市雀の宮1-3-21 ☎028-348-0692
案内   : 旧4号線沿いJR雀宮駅入口交差点北へ200㍍ 幟と大谷石の蔵が目印
営業時間: 9:00~12:30(不定休) 売切次第終了





ページトップへ  トラックバック0
少し雰囲気を感じたいなら”天満宮の紫陽花”も良いですよ
2019-07-01-Mon  CATEGORY: 花紀行(あじさいの名所)
R01/06/29撮影 【あはは 自分も笑っちゃいます...行かないって言ったのに】


  今年の紫陽花は...って言いながらも天気の都合もあり

       お出掛け先をネットで探して行っちゃうケン坊

  氷室あじさい坂で新規開拓したが”ついで”に行っちゃう?

      でも相変わらずの小雨が少し悪戯してくれます

   氷室あじさい坂から車で7~8分?程度で行ける場所

芳賀の”天満宮の紫陽花”を想い出し(今朝の新聞に)

※片手撮りは苦手です...ボケボケ
IMG_0998.jpg

色も鮮やかな濃い紫の紫陽花...氷室とは雰囲気も違う

小雨でも参拝者...あじさい祭りを兼ねてでしょうが>笑<

IMG_0996.jpg

神社の境内等で見かける手水舎の水盤に浮かぶ紫陽花の花

ネットで見たら”花手水”とも言うらしい

IMG_0994.jpg

霧雨(小雨)でも石畳は結構濡れてます

年寄りは念には念を入れて慎重に歩を進めます>笑<

IMG_1000.jpg

昨夜来の雨で頭が重たくなったのでしょうか?

いや 参拝者へのご挨拶なのかも...地に着きそうです

IMG_1002.jpg

あれ~ 氷室あじさい坂で見た御婦人が”茅の輪くぐり”を?

IMG_1004.jpg

やはり梅雨の季節は”あじさいの季節”でもあるんですね

何処へ行っても株数の多少はありますが”あじさい祭り”です

IMG_1007.jpg

天満宮の紫陽花は青系が多いですね

IMG_1006.jpg

天満宮の裏手にはいくつかの境内舎が祀られています

IMG_1009.jpg

紫陽花は色だけではなく種類も豊富です

IMG_1013.jpg

天満宮の”なで牛”も紫陽花に見守られていました>笑<

IMG_1015.jpg

ケン坊は一瞬”皇帝ダリア”を想像しちゃいました

もちろん花の形は”あじさい”ですが、色合いがソックリです

色合いが何とも言えません  ケン坊は好きですね

IMG_1021.jpg

おぉ ココにも”花手水”がありました...

IMG_1024.jpg

何だかんだと言いながら今年もアジサイ巡りをしちゃいました

IMG_1028.jpg

そうそう 今年は”孫の高校受験”で御守りを戴いた天満宮

お蔭様で志望校に入学できました ありがとうございました

IMG_1029.jpg

今週も”傘マーク”が並んで東北の山開きに参加は無理か?

今年も半分経過  もう後半(7月)なんですね










ページトップへ  トラックバック0
静かに紫陽花を愛でるなら”氷室あじさい坂”でしょう
2019-06-30-Sun  CATEGORY: 花紀行(あじさいの名所)
R1/01/06/29撮影 【大平山、磯山、黒羽城址、鷲子山...今回は新規!】


何故かネットの”氷室あじさい坂”の氷室の文字に敏感>笑<

  この日は霧雨、”氷室あじさい坂”って初めてだけど

     開花状況は判らないが新規開拓?も良いかな?

【氷室あじさい坂】ネットより
 江戸時代から続くと言われる石垣、坂道の両側に1000本植えられたあじさいは、
 所有者の島田さまが、平成13年より挿し木から始め植え続けたものです。と...
 現在は「氷室あじさい坂愛護会」の町内有志で管理しているとの情報もありました

場所は
 清原東小学校前の交差点(R123号線)を南進、300m先T字路を左に折れた坂道


駐車場は『氷室あじさい坂』入口
 個人所有地が紫陽花の季節に臨時に解放され”約20台”が可能とのこと

 この(↑)情報をもとに、止みそうもない空を見ながらCo!

   氷室あじさい坂は直ぐに判った...もちろん駐車場も

IMG_0991.jpg

シックな”あじさい坂”の案内板、静かな雰囲気の紫陽花たち

IMG_0966.jpg

”あじさい坂”って、どこに坂があるのかな?

何となく前方が下っているように見えますが...アレか?

IMG_0973.jpg

IMG_0972.jpg

IMG_0971.jpg

進むにつれて徐々に下り両側に石垣...

段々と”あじさい”を見る視線が上目遣いになって>笑<

IMG_0975.jpg

気配を感じて振り向くと...

御婦人が一人、傘を差しながら紫陽花を愛でてました

他に誰もいません この空間にケン坊と二人だけ?

※写真右のブロック塀に洒落た笠石のある家が所有者かな?
IMG_0978.jpg

坂を下りきった所で”あじさい坂”の「銘板」を発見!

その銘板に何か書かれた鋳物が括り付けられ、よく見ると

下部に「宇都宮市まちなか景観賞」の文字が刻まれてる

IMG_0982.jpg

改めて”あじさい坂”を見上げると...なかなかの雰囲気です

紫陽花も良いが石垣にアイビー?が絡まっているのもGood

IMG_0984.jpg

今日は、白を基調とした”氷室あじさい坂”を味わいましたが

他の色の紫陽花も見かけたので時期を変えると?

IMG_0986.jpg

後で知ったが、何処からか石垣の上に出られるとの情報も

う~ん残念です 次回は間違いなく上に>笑<

IMG_0988.jpg

駐車場近くまで戻ってきましたが

この間、入口で写真を撮っていたおじさんと傘の御婦人だけ

IMG_0990.jpg

何とも静かな雰囲気の中であじさい観賞ができました

次は何処からレポできるかな?>笑<

 
ページトップへ  トラックバック0
朝取り野菜も勢揃いするのは難しい...今日の成果は”こんだけ~”
2019-06-29-Sat  CATEGORY: 我が家の光景
R01/06/29撮影 【家庭菜園のレポです...本当に買った方が安いです】


前回のレポから40日の月日が流れ...遂にレポできる日が

   ナスやピーマンは6月上旬にインゲンも既に胃の中に

      トマト(中玉&ミニ)も6月中旬に収穫済だったが

        エダマメがなかなか収穫できなかったため

           家庭菜園のレポができないでいた

 今朝、”エダマメ”が収穫できたので、それじゃと言うことで

ただインゲンはコレが最後なので...見た目は良くないが

IMG_0961.jpg

ナスは既に”天婦羅や一夜漬け(漬物)”で食してる

う~ん 最近、花がすっかり少なくなってるのが気になる

IMG_0956.jpg

中玉トマトは予想以上に実を付け...魔女も満足だ

ミニトマトは小さく見えるが中玉の隣だからね

IMG_0957.jpg

ピーマンも何個か収穫してるが、最近、葉の色がオカシイ?

IMG_0958.jpg

収穫が最後となった”エダマメ”ですが漸く仲間入りができた

IMG_0959.jpg

 植え付け後、早々に”キュウリとトウモロコシ”は脱落した
                  (花は付けても実が入らない)

まだ野菜シーズンが続くが、この後に何を植えたら良いかな




ページトップへ  トラックバック0
”栃百ツアー山行”は1年10ヶ月振り...氷室山&熊鷹山へ
2019-06-27-Thu  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
R1/06/23撮影 【栃百ツアー復帰初戦は...踏破済の”氷室山&熊鷹山”を縦走】


 恒例”筆者と登る栃木百名山&登山教室”

       一昨年の庚申山(8月)以降、肘痛で休暇中!

  今回、完治していないが気分転換も兼ねて久々に参加

もちろん、R元年第2回の登山先は”氷室山”と知っていた...

  氷室山は数年前”山の神ドライブイン”側から踏破済だが

 1年10ヶ月のブランクがあり様子見も兼ね?参加することに

IMG_0888.jpg

正直言って”氷室山”だけじゃ物足りないが

山の神ドライブインからではなく三滝から登る期待もある?

果たして...バスの中で配布された”登山教室のしおり”に

マサカの”峠(林道作原沢入線)”が登山口で

氷室山・宝生山~十二山・熊鷹山を縦走するという(^-^)/



蓬山ログビレッジで最後のトイレ休憩。その先が長かった

特に三滝の登山口から先、新たに開通した林道は

40人乗りバスでは峠までの狭い道は運転手泣かせですね

IMG_0891.jpg

峠の駐車場が栃木県と群馬県の県境

この林道が開通した情報はブロ友のレポで知っていたが

マイカーで走るのは少し心配だなと思っていた

IMG_0892.jpg

峠から見る群馬県側...天気も回復基調らしい

そう言えば、直前になって”てんくら”がAランクに昇格してた

IMG_0889.jpg

氷室山や熊鷹山一帯は”ヤマビル”の宝庫?  

そこは抜かりなく、歩く前に”虫よけスプレー”で予防したが

IMG_0895.jpg

いよいよ登山開始...

峠からだと”氷室山&宝生山”は本当に近い! 

IMG_0897.jpg

先ずは”宝生山”です  歩きだして9分?  もう山頂です

多分、団体じゃ無かったら、ホント5分ですね

お蔭で、この間の写真はありません(ギンリョウソウだけ?)

IMG_0900.jpg

時々薄日を浴びながらの山行  順調です!

IMG_0901.jpg

宝生山頂から僅かに13分で”氷室山神社”に到着です

IMG_0904.jpg

神社裏の小高い場所に登れば山名板...”氷室山頂”だ

本日の大きな目的は達成です>笑<

IMG_0905.jpg

身体が山歩きに慣れる前に着いちゃった感じ

みんな呆気にとられて見上げる山名板

IMG_0909.jpg

僅か20分で2座征服...再び峠に戻り

林道の反対側の階段を登ると”十二山と熊鷹山”が待ってる

ケン坊的には”根本山”にも寄りたいところだが

IMG_0910.jpg

歩きだして20分、懸念していた小雨が落ちてきた

リーダーの指示で”雨具”を着用するが、濡れる感じでは無い

IMG_0913.jpg

今回は峠の標高が高いので、熊鷹山でさえ楽な山行に

この辺りはフタリシズカが多く見られた

IMG_0915.jpg

もう十二山?  山名板は地上十数センチに設置されてた

峠からは55分も掛かってる  イヤ、まだ55分だよ

もちろん団体だし、年齢層も幅広いので慎重な歩きだからね

予定では”熊鷹山”で昼食だったが”十二山”に変更!

IMG_0917.jpg

十二山到着から熊鷹山まで  昼食時間を含めて55分

IMG_0919.jpg

熊鷹山頂は狭いので”十二山”での昼食は正解!

展望台に登っても眺望が無いので誰も登りません>笑<

IMG_0922.jpg

熊鷹山で小休止した後は”西沢登山口”に向かって下山...

この下山が結構な距離は”ひたすら”です

全く陽射しは望めません  雨が降らなければ御の字ですね

靄が掛かった樹林の光景も中々良いもんですってか

あははは これって負け惜しみですかね  完全に?

IMG_0924.jpg

右に左にクネクネと曲がりながらコースをとり1時間半?

突然に視界が開けた...下に水量が豊富な沢が見えます

もしかして、この沢が”大戸川(旗川)”の源流か?

ここまできたら、あとは西沢登山口までは時間の問題

IMG_0925.jpg

間もなくENDを迎える段になって襲ったハプニング!

あるべき橋が流されて?  渡渉する羽目になった>苦<

以前渡った橋がどんな橋だったか記憶が飛んでるが

これだけ大勢だと...残念ながら1名犠牲者が出てしまった

笑い事ではありません  明日は我が身だから...

IMG_0947.jpg

渡渉が済んで...おぉ記憶に残ってる”ワサビ田”は無事でした

IMG_0949.jpg

こうして今回の”栃木百名山ツアー 氷室山”は無事に終了

IMG_0951.jpg

氷室山に向かって歩きだしてから(休憩含めて)5時間弱

時おり落ちてきた雨も小雨程度で済み

この時期としてはまずまずの山行ができたかな...

特にケン坊には新しいルートでの山行で参加は正解でした!


【追記】

IMG_0953.jpg

残念だが”ヤマビル”の犠牲者3人。また数匹がバスに乗車!

ケン坊は...スパッツに1匹、靴に1匹 (;゜0゜)

大事に至らなくて良かったです!





ページトップへ  トラックバック0
<< 2019/07 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.