FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
珍しくランチは”和食処 ふじた”で新規開拓
2020-02-18-Tue  CATEGORY: グルメ(定食&丼物)
R02/01/25撮影 【久々にランチの新規開拓?  そこは車で15~20分の場所】


  日は遡るが...魔女が仲間との食事会に決まったお店

      下見を(車を出すので道順も含め)したいらしい

    ケン坊も初めての店なので「新規開拓」と称して便乗

  場所は「おもちゃのまちの駅」から東へ徒歩数分の距離

   お店の名は「和食・鮮魚の店 ふじた」という

    鮮魚店を営んでいるお店なので新鮮さが売りかな?

IMG_1971.jpg

メニュー見ながら、あれも食べたい...これも食べたい

なかなか決まらず

結局、ケン坊は迷った時の定番?「海鮮丼」に決定!

魔女が違うのを頼んで二人でシェアすれば倍味わえたのに...

全く同じものを注文するとは...後で後悔したが>苦<

IMG_1964.jpg

鮮魚店ということもあり、新鮮だけでなくお値段も安いかも?

具の種類も多くボリューミーで、見た目は合格かな!

IMG_1965.jpg

アサリの味噌汁(大が4~5個入り)が付いて

IMG_1966.jpg

小鉢も2個

IMG_1968.jpg

一通り撮って...一気に”パクリ”...

行く前から、鮮魚店が経営しているお店だからと期待レベルを

高めに設定していたので...結果は「期待どおり」でした

IMG_1969.jpg

お隣で注文していた「カキフライ」の大きさと量が気になった

いや 「幕の内」も...

思わずリピートすることを魔女と約束しちゃった>苦<

もちろん、ケン坊が負担するのを覚悟かな?



スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0
やはり”松屋のいちご大福”は清水の舞台から飛び降りる?
2020-02-17-Mon  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
R02/02/15撮影 【本当は、懐にやさしい”いちご大福”がケン坊には似合ってる?】



  あれから4年も経っていた”いちご大福の松屋”ですが

       正しくは”松屋のいちご大福”ですね

         高価なのでしばらく遠慮していたが...

   今日は思い切って清水の舞台から飛び降りてみました

     いや、4年間 ちまちまと蓄えて...飛び降りました

IMG_2092.jpg

IMG_2093.jpg

日本一の収穫量を誇る”とちおとめ”の中から

選りすぐりの”3Lサイズ”を厳選!

栃木県産の「もち米にミルク」を入れた生地で包む

IMG_2098.jpg

美味しい”いちご大福”には拘りがあったんですね

じゃあ 高くてもしょうがないか>笑< と、言いつつ

冷静に考えると、3個で875円(@292円)はやはり高いよのう

IMG_2101.jpg

たかが いちご大福!   されど いちご大福!

食べられるのは今回が最後かな~







ページトップへ  トラックバック0
四季の森・星野で”セツブンソウ”が見頃!
2020-02-16-Sun  CATEGORY: 花紀行(その他の群生地)
R02/02/15撮影 【足を伸ばして正解!  山歩きも良いけど単独行じゃ...】


  天気の影響もあって1ヶ月遠ざかっている山も行きたいが

        季節を感じる”花”を見てみたいですよね

 花もいろいろあるけど”セツブンソウ”が一番ですかね  

IMG_2058.jpg

花之江の郷でお茶を濁すかなとも思ったが...足を伸ばして

一気に定番の”四季の森”へ向かう

遠くから、散策する人影や這いつくばる人影が小さく見える

この時期だけ駐車可の駐車場もかなりの台数が出入り

IMG_2049.jpg

少し早いかなと思いつつ、春のような陽気が続いているので

一気に咲きだしたようで...もう見頃です

IMG_2059.jpg

IMG_2053.jpg

いつ見ても健気に咲くセツブンソウは好きですね

IMG_2055.jpg

紅梅と蝋梅のコラボ...さすがにロウバイは終盤ですね

IMG_2057.jpg

IMG_2061.jpg

IMG_2062.jpg

”短い前へ習え” ってか?  一列に並んでます>笑<

IMG_2064.jpg

もちろん、敷地内には”フクジュソウ”も元気な姿を見せてます

IMG_2068.jpg

IMG_2071.jpg

あははは また撮っちゃいましたね

IMG_2070.jpg

昨年発生した豪雨の爪痕はココにも現れてます

土が掘られ割れ目が何筋も...この割れ目は比較的軽度?

もちろん多くのセツブンソウも流されてしまったようだ

割れ目の側にも仲間を失ったセツブンソウの元気な姿があった

自然の中で生きることの厳しさを目の当たりにし

人間も自然災害に加担してることを反省せねばいけませんね

IMG_2072.jpg

今年も多くのセツブンソウの姿を目にすることができました

IMG_2075.jpg

IMG_2073.jpg

IMG_2078.jpg

IMG_2084.jpg

IMG_2081.jpg

IMG_2088.jpg

IMG_2091.jpg

ありがとう!  今年も元気な姿に安心しました

また来年だね~


ページトップへ  トラックバック0
今年も”ふくろう神社(鷲子山上神社)”へ行きましたよ
2020-02-09-Sun  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
R02/02/01撮影 【3ヶ月続いた激務も終わり過去の日記レポを済ませよう】



            今年もやってきました県境の神社

そう 神社が栃木と茨城に跨っている”鷲子山上神社”ですが

 魔女が遊びを覚えてしまったので”一人旅のケン坊”>笑<

IMG_1976.jpg

2月で参拝客も少なくなり...でも駐車場はソコソコの入り

IMG_1978.jpg

”ふくろう(不苦労)階段”

IMG_1980.jpg

階段の中程に”富士山が見えます”の案内...

騙されたつもりで”目を皿にして”案内方向を見やると

確かに見えました  富士山ですね

IMG_1981.jpg

程なく”鷲子山上神社”です

お賽銭を上げて昨年一年の感謝を報告し

今年の無病息災をお願してみました

IMG_1985.jpg

今日の目当ては”寒椿”なので、本殿脇から稲荷神社経由で

IMG_1986.jpg

青空のもと、思っていた以上の寒椿が...\(^_^)/

IMG_1987.jpg

IMG_1988.jpg

IMG_1989.jpg

IMG_1990.jpg

IMG_1991.jpg

寒椿の足元を見ると”フクジュソウ”が顔を出してました

IMG_1993.jpg

元気をくれそうなフクジュソウです

IMG_1997.jpg

今年もいろんなフクロウと出合いましたが

※ケン坊には”元気フクロウ”が似合うかな?

IMG_1998.jpg

いや、家内安全 家族フクロウでしょう!

IMG_2000.jpg

いやいや 職場円満フクロウかな>笑<

IMG_2002.jpg

急な階段を登ると、神社のシンボル”フクロウ様”が仁王立ち

IMG_2012.jpg

IMG_2013.jpg

フクロウ様の見下ろす所に足を運ぶと

初春の元気印”フクジュソウ”の大群が...出迎えてくれた

IMG_2015.jpg

IMG_2020.jpg

IMG_2021.jpg

これから何処を経由して帰ろうか...寂しい一人旅です~





ページトップへ  トラックバック0
久し振りに”星宮神社(下野市)”へ
2020-02-07-Fri  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
R02/01/13撮影 【魔女っ子がSNS?で知り行って見たい...案内役で>笑<】


       何度かケン坊の日記でも掲載空いてましたが

             久し振りに訪れた星宮神社に

   以前、新聞で知ってたが観てない”あるモノ”に出会えた

      そう!  ここ星宮神社は目立つ鳥居がシンボル?

   毎年、鳥居を巻く紙の色が変わります  今年はピンク!

IMG_1941.jpg

ピンクの鳥居に目を奪われますが正式の参道はコチラ

石の”一の鳥居”から参拝です

IMG_1950.jpg

鳥居を潜ると直ぐに目立つ案内板がありました

そうそう 新聞で知った話がコレ!

神社の境内に”黄金の土竜”が出現したという話

縁起の良い話なんだそう...

あすなろの大木で「竜神御柱」をお祀りしたという

※案内板の内容から
 明日桧(あすなろ)の大木で奉製しました黄金の柱「あすなろ竜神御柱」です。
 明日桧は、明日は桧に成ろうという意味を持ち、土竜を竜神としたのは、日本
 神話で土竜は「オコロ」という神様として登場します。
 「迦具土神」と「埴安姫神」の子ですが、空を飛ぶ龍に成ろうとしたが飛べない
 龍となった神様だからです。
 明日は桧に成れるかな、いつかは空を飛びたいなと言う向上心を込めてお祀
 り致しました。
 あなたも「あすなろ竜神御柱」に願って、明日からは金運上昇、諸願成就へ

IMG_1926.jpg

進むと二の鳥居が待ってます...

IMG_1929.jpg

もうお気づきのことと思います

ピンクの鳥居、一の鳥居、二の鳥居に飾られた”注連縄”

そう! へび注連縄 なんです

※案内板の内容から抜粋
 蛇は太古より脱皮を繰り返すことから不死の生き物、復活と再生を表す生き物として、
 長寿や蓄財そして自然を司る象徴とされてきました。 

IMG_1930.jpg

そして数段の階段を登ると”拝殿”です

IMG_1937.jpg

本殿にお詣りしたら早速”あすなろ竜神御柱”へ

判り辛い写真ですがイメージだけでもご覧ください

IMG_1932.jpg

願掛けは「社務所」で”願い事を書く紙と長い紐”を買い求め

この御柱に彫ってある穴を通して縛りつけるらしい

IMG_1934.jpg

で~~~  黄金の土竜は何処で見られるのかな?

社務所で聞こうと思ったら、いつも公開している訳では無いらしく

今日はラッキー  社務所の脇に展示されていました

これが「黄金の土竜の剥製」です

IMG_1938.jpg

IMG_1939.jpg

それと星宮神社の人気のヒミツがもう一つ

そう 大きなトトロが待っているんです

IMG_1942.jpg

そのトトロのお仲の中には”トトロ神社”が祀られ

木の実や硬貨のお賽銭が...

IMG_1945.jpg

帰りはピンクの鳥居に出てきました...

鳥居に巻かれたピンクの紙には”願い事”がびっしり

あんな高いところに誰がどんなふうにして願いを書くんだろう

IMG_1949.jpg

疑問が解消しないまま星宮神社を後にしました...

魔女っ子もスマホで撮りまくってました>笑<



ページトップへ  トラックバック0
いちご大福
2020-01-17-Fri  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
R02/01/17撮影 【女性の好きな”いちご大福”の季節。ケン坊は今年も買う役割?】


ケン坊家に歳時記...細々と続けていますが

七草粥も鏡割りもみ~んなピンボケで報告できる状態になく

でもレポが...

って訳ではありません。幕繋ぎにこんなレポで誤魔化す?



そうそう 今年も「いちご大福」の季節がきました

例年、近くの乙○○で買い求めてましたが

今年は違ったお店で買ってみようかな?(もちろん○女○でも)

??? 栃木は「いちご王国」なのに

使っているいちごは「香川県と群馬県」って県外のいちごだ

”とちおとめ”が定番と思ってたので買うの止める?

が、時には敵情視察も必要かなとケン坊の得意の変な理屈



香川県:さぬきひめ  こし餡   群馬県:やよいひめ  つぶ餡
IMG_1972.jpg

彩りを考慮しているのか  こし餡とつぶ餡を意識してか

ピンクと白の大福生地の感じが良い

IMG_1973.jpg

いちごも適当な大きさで”合格”!

IMG_1974.jpg

県内に展開してるのに”とちおとめ”を使わないのかな?

疑問は解決しないまま...まっ 良いか!

新規の店でも2度、従来の○○屋でも1度食べて満足?



ページトップへ  トラックバック0
あぁ~ 身体は正直ですね~
2020-01-16-Thu  CATEGORY: 茨城の里山(筑波山)
R02/01/11撮影 【天気予報はあくまで予報ですからね  当たらなくても愚痴らずに】



     この日は”ダイヤモンド筑波”が見られる日

        数日前から”晴れマーク”のお告げあるが

       前日が遅かったこともあり、今回はパスする

 モヤモヤ...そうだ 筑波山へ行こう と車を走らす

IMG_1896.jpg

500円の鳥居前の駐車場に車を停めて

先ずは筑波神社へお詣りする

※写真のタイミングでは詣で客が少ないが直後に急増!
IMG_1897.jpg

どのコースを歩こうかな~

足は自然と”白雲橋コース(筑波山登山線)”へと向かう

※女体山と彫られた石
IMG_1899.jpg

少し進むと鳥居  いよいよ筑波山への登山道の始まりです

IMG_1900.jpg

視界にハイカーが消えることはありません

一組またひと組と追い越して約10分で白蛇弁天までは順調

IMG_1901.jpg

しかし、この直後からケン坊の身体に異変が??

これまでウオーキングや土日の10㌔ジョグは続けていたが

山歩きはナント...10月下旬以来で2ヶ月半振りだった

身体は重く、寝不足のせいか両足が攣りそうな予感 ヤバイ!

それでも騙しながら何とか弁慶茶屋跡まで登り切った

IMG_1902.jpg

一度は引き返そうかな...時には勇気が必要と思ったが

行ける所まで前に進もうというケン坊が勝った!

1~2分しか休まずに歩きだすと、それまでの様子と感じが違う

身体が山歩きに馴染んできたのか?  単に回復したのか?

暫く様子を見ながら歩くことにした

IMG_1903.jpg

コースも登山者で混み出し、女体山直下の岩場では

身体が冷え切るくらいまで待たされた

そして山頂に着くと???  山頂からの景色が見られない?

事故防止なのかな?  一時的なのかな?

山頂の岩場へは行けません  防護柵が阻んでしまいました

IMG_1904.jpg

男体山の景色もこのとおり...葉が茂ると見えませんね

IMG_1906.jpg

早々に混雑の女体山を引きあげ男体山へと向かうが

御幸が原はソコソコの人出

そう、晴れる筈の天気が予想に反し全くの曇りで肌寒いくらい

早起きし小山まで”ダイヤモンド筑波”を見に行かずに正解!

IMG_1907.jpg

老体に鞭打って男体山へ登る>笑<

コチラも、正月なので登山者を含めた詣で客も多いです

IMG_1909.jpg

IMG_1911.jpg

下山は”御幸が原コース(首都圏自然歩道線)”だったが

コチラは団体さんが多く、いつもの2~3割増しの時間費やし

何とか無事に下山...ほろ苦い今年の初登山でした


ならばと...帰路に”道の駅 にのみや”に寄り道

前回は売り切れてしまった”いちごロール”ゲットしました

IMG_1912.jpg

魔女と魔女っ子へのお土産  喜んでくれました

もちろんケン坊も食べますが>笑<

IMG_1915.jpg

IMG_1920.jpg

今年の山デビューは筑波山でしたが

今年も天気には恵まれそうにありませんね>苦<



ページトップへ  トラックバック0
そろそろ蝋梅の季節ですね
2020-01-08-Wed  CATEGORY: 花紀行(ロウバイの名所)
R02/01/05撮影 【例年通り、年明けの花見はロウバイとスイセンから?】



今年は2日に”天満宮のロウバイ・一枝咲き”を愛でたが

今度は満開のロウバイが見たいとの想いが...強く

でも、この季節で満開の可能性があるのは”アソコ”でしょう

という訳で、太平山は”清水寺”へ車を走らした

先ずは蝋梅の香りが鼻を擽る中を...スイセンを愛でる

思ったほど咲いては無かったが、今年、最初のスイセンです

IMG_1881.jpg

IMG_1851.jpg

IMG_1883.jpg

そして本日のお目当てのロウバイです

予想通り見頃を迎えてました...写真は全然ダメですが

IMG_1880.jpg

IMG_1875.jpg

IMG_1876.jpg

IMG_1870.jpg

IMG_1873.jpg

IMG_1868.jpg

IMG_1866.jpg

この一本だけが”色が濃く鮮やか”で惹きつけられました

IMG_1858.jpg

ここまで来たら、お昼は久し振りに”三毳山の円仁”で蕎麦を

午後1時を回っていたので比較的すんなりと席に...

IMG_1892.jpg

いつの間にか席がリニュアールされている?

長いテーブルに座って食べたのに...椅子モードになってた

IMG_1886.jpg

ケン坊はいつもの”もり蕎麦”です...進歩なし

でもお好みの固さに満足の蕎麦でした

IMG_1887.jpg

魔女も定番の”天ぷらそば”で変わり映えしません

IMG_1889.jpg

御年賀と言うことでティッシュ2箱頂きました\(^_^)/

ディーラーでは15箱、...今年はティッシュの当たり年?

IMG_1891.jpg

さ~て、正月の9連休も終わりました

明日からは荷の重い仕事が待ってると思うと憂鬱だな~

ところで9連休だったのに一座も歩かなかったことが後悔!


ページトップへ  トラックバック0
今年初の道の駅巡り先は”仮店舗での営業”でした
2020-01-06-Mon  CATEGORY: 寺社仏閣(その他)
R02/01/04撮影 【本当は”十日えびす”に行きたかったが会社が...】


道の駅”にのみや”で買った「いちごロール」が忘れられず

今年もと向かったが...工事中の姿にガッカリ

何とか細々と同敷地内の”別な施設で仮営業”していたが

品ぞろえも少なく...「いちごロール」は完売で二度ガッカリ



止むを得ず向かった先は”二宮尊徳資料館”でしたが

コチラも”正月閉館”だった...笑うしかありませんね>苦<

お隣の”二宮神社”を詣でることにしたが「初詣神社」とは違い

誰一人参拝者がなく静か~な参道をゆっくりと進むことにした

IMG_1830.jpg

神社はひっそりと静まり返っていました

でも青空の下、神社は悠然とした佇まいをみせてます

IMG_1831.jpg

更に境内を先に進むと、狛犬ならぬ狛獅子が真新しい?

裏側を見たら「令和元年11月建立」の文字

そうだ、あの東日本大震災の時に崩れてしまった記憶が

IMG_1836.jpg

※震災の年に訪ねた時の写真です

特に左側の狛犬は完全に倒壊...元の状態は不明
画像 490

復元された狛獅子(崩壊前の姿・形を知らないですが)...

親獅子は新しい土台に上に鎮座し

その下に二頭の子供の獅子が左右を向き雄たけびを?
(多分、崩壊前の姿を再現したものと思われます)

IMG_1833.jpg

そして右側の狛獅子は、同じく親獅子が上に

子供の獅子(一頭)がお腹を上にして遊ぶ姿にみえました

が、新しい台座に歴史を感じる彫り物は違和感です...

IMG_1834.jpg

そんな二宮尊徳が過ごしたという佇まいを後にして

IMG_1838.jpg

次は初詣で賑わう”大前神社”へ足を運ぶ

予想通り、周辺の道路は渋滞してて駐車場に辿りつけない

ケン坊は路駐可の場所が偶然に空き、ちゃっかり駐車!

IMG_1839.jpg

5~6列に並ぶ初詣客(ケン坊は3ヶ所目)の最後尾に並ぶ

お賽銭箱近くには”鈴”は無く

参拝者は手前に用意された6個(列)の鈴を鳴らすことに

IMG_1843.jpg

さて、鈴を鳴らしたが賽銭箱までは少々の時間が...

大前神社は4日正月でも参拝客は多いですね

IMG_1844.jpg

無事に参拝を終えて

IMG_1846.jpg

境内社(10社)を詣でるために”幸せ参道”なるコースへ

IMG_1847.jpg

日本一と言われる”鯉を抱えた恵比寿様”を仰ぎ

日本経済と我が家の懐具合を豊かにと...

IMG_1849.jpg

お願ばかりじゃいけませんよね>笑<


※オマケ情報
【二宮金次郎】:もちろんご存知だと思いますが
二宮金次郎(本名「二宮金治郎」、後の「二宮尊徳」)は知らない方はいないと思いますが、
郎と金郎の違いを知る人は...そう、途中でお役人が金治郎を金次郎と誤って
記載したのがキッカケで、その後も変更せず(面倒だった?)金次郎と名乗ったようです。

生誕地は神奈川県小田原市、若くして両親は亡くなり、兄弟は親戚へ預けられたそうです。
田畑は酒匂川の氾濫で耕作断念、苦労苦学して生家を再興、手腕を見込まれ、小田原藩の
飛地「下野国桜町領」
少し前の「栃木県芳賀郡二宮町」へ赴任させられました。




ページトップへ  トラックバック0
正月3日は何の日?  毎日が記念日の日本ですが...
2020-01-04-Sat  CATEGORY: 歳時記
R02/01/03撮影 【昨年の反省に立って...今年は一工夫してみた】


ネット検索で知った”三日とろろの日”は一部地域の風習

その三日とろろとは

 ①正月料理やお酒で疲れた胃腸を癒すため

 ②一年間、風邪ひかず健康でとの願いを込め

何だか、正月7日の”七草粥”みたいですね


今年の”とろろの日”は昨年の反省から彩りを...意識!

今年は高価の”いくら”ですが大人買いしたので「いくら丼」に
IMG_1826.jpg

定番は”まぐろ漬け山かけ丼”でしょうが今回は「まぐろ丼」に
IMG_1827.jpg



※因みに、昨年の”とろろの日”の映像

取り寄せた”ウニ”を載せてみたが...彩りが悪い

P1710773.jpg




ところで来年は何を載せる?   もう来年の話かい?>笑<



ページトップへ  トラックバック0
<< 2020/02 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.