ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
KDDI小山ネットワークセンターの”花咲く構内”へお邪魔してみました
2017-04-24-Mon  CATEGORY: 休日
H29/04/23撮影 【3年前に初めて知ったイベント...天気が良くて楽しめました】


         昨夜の雨に怖気づいて山を早々に諦め

 今日の行く場所は何処? 新聞見てたら...天気も良いし

  小山は”KDDI小山ネットワークセンター”のイベントに
              (4月22日、23日の2日間開催)

※門内に入ると”ポップコーン”や飲み物のサービス
P1630587.jpg

構内に入るとハナミズキやツツジが色鮮やかに咲き誇り

青空に映えてます  わぁお 新緑も綺麗だ~

P1630590.jpg

この公開してるスペースの建物は全体がガラス張り?

花や空などの景色が映り込んで綺麗この上なし

P1630594.jpg

P1630597.jpg

P1630599.jpg

P1630605.jpg

P1630606.jpg

いやいや 映り込んでるのはガラスだけではありません

池にだってこの通り見事に映ってますよ

P1630607.jpg

P1630612.jpg

更に建物奥の散策コースでもいろんな景色が待ってました

※紅白の鉄塔(85㍍)は、上部に”ケータイ用のアンテナが設置”されている
P1630616.jpg

※フデリンドウ
P1630624.jpg

※白いブラシノキに似た花
P1630656.jpg

※この花↑の樹はこんな大木です
P1630659.jpg

白のハナミズキが多いですがピンクも綺麗ですね

P1630629.jpg

ドローンのイベント...小さなドローンを飛ばして

P1630642.jpg

ドローンが撮影した映像がその場でスクリーンに写され

P1630646.jpg

”皆さん ドローンに向かって手を振って下さい”の合図

この映像が”ポストカード”で皆さんに配布された

※ドローンが撮った写真です
P1630652.jpg

敷地は東京ドーム16個分(72万㎡)

赤や白のハナミズキに新緑、そして青い空と白い雲

P1630614.jpg

花以外に、いろんなコーナーがあり老若男女が楽しめた一日

山には行けなかったけれど...ケン坊も楽しめました!


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
一年振りに復活した敬老会御一行様は日光東照宮へ
2017-04-23-Sun  CATEGORY: 敬老会御一行様
H29/04/20撮影 【階段の少ない場所を選べば良かったかなと反省しつつも...】


    今年の敬老会は無いだろうと思ってた先週の日曜日

落語観賞中、ケン坊の身体をスマホのバイブが着信を告げる

    会場出て通話...長姉から”来ちゃった”の元気な声

        月・火曜は雨模様なので木曜に有休をとり

           P1630533.jpg

花見にでも連れて行こうと慌ててブロ友さんのレポを再訪し

悩んだ末に”足尾の銅親水公園”で花見をと...企画したが

ところが迎えに行くと...足腰が弱ってるから近くが良い?

何だかんだ悩んだ挙句まさかの”日光東照宮”に決定!

P1630552.jpg

装いも新たになった陽明門や三猿、眠猫、唐門 等々

コレはこれで良いか と思ったが階段が多いのが悩みの種だ
(足腰の弱い80半ばの敬老会メンバー相手に大丈夫?)

東照宮に一番近い駐車場に停め...

参道の大権現鳥居の手前へショートカットで横入り>笑<

先ずは”石鳥居”を潜り...左手に聳え立つ「五重塔」から

           P1630555.jpg

拝観料1300円は痛いが、コレが最後かも知れないし...ね

        ※この券で三猿、眠猫、鳴竜、陽明門、家康公墓所がOK
           P1630554.jpg

いよいよ表門を潜ります...階段を登るのが大変な御一行

手すりに摑まったり膝を手で押さえ掛け声出しながら?

アッチコッチに気を使い神経配り...結果的に写真は激減!

P1630556.jpg

ようやく境内に入り...先ずは三猿の彫刻がある神厩舎

P1630560.jpg

神厩舎の主”白馬”は運よく御在宅(時間で見られない)

P1630561.jpg

新装”三猿”も神厩舎はそのままなので浮いちゃった感じ?

8枚の彫刻のうち”見ざる聞かざる言わざる”が一番有名だ

P1630558.jpg

平成の大修理が終えて再び観光客の前に姿を現した

東照宮のシンボル的存在の”陽明門”を潜ることに

P1630562.jpg

P1630563.jpg

これも有名な彫刻の”眠猫”ですが小さい!...ボケ~~

P1630570.jpg

この後も唐門に囲まれた拝殿に入って観光し?(2人だけ)

疲れた~の様子に鳴竜も家康公の墓所もパス>苦<

非常にコスパの高いものとなった日光東照宮観光でした

P1630572.jpg

敬老会御一行様の旅も最後なので記念に写真を撮ることに

           P1630565.jpg

それでも先日永眠した”船村徹記念館”への寄り道を所望され

覚束ない足取りだが時間をかけ満足そうな御一行様の最終回



正式なレポ”敬老会御一行様”として丸5年の月日が経過した

改めて振り返ると数々の珍道中があり、全てが思い出に...

本コーナーに最後までお付き合い頂きありがとうございました




                       ”完”




ページトップへ  トラックバック0 コメント5
いま古賀志山は花盛り...久々に旬の花レポができる?
2017-04-18-Tue  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
H29/04/15撮影 【速報を掲載しちゃったら”終わったような気分”になり...】


    このまま怠惰な生活してたら山から忘れられてしまう

         2日前に歩いたという方の情報によると

   2枚岩の”ヒカゲツツジ”は咲き始めだったとのこと

    久々に歩いてみるか...山行目的は2ヵ月半振りだ
         (これまで”ついで”で1~2度、山行の真似事はしたが)


【第一章・駐車場から登山口まで】

終わっていると思っていた桜に出迎えられてニコッ

P1630336.jpg
赤川ダムのシンボル・登山者を見送る?枝垂れ桜
P1630338.jpg
↑ ↓ 同じ枝垂れ桜です  観る角度で全く違いますね
P1630343.jpg
ここから撮る古賀志山もケン坊には珍しい
P1630342.jpg
ケン坊の好きな白い花”オオシマザクラ”(葉が出始めてるのが好き?)
P1630348.jpg
一番奥から振り返ると...こんな雰囲気です 良い感じ
P1630501.jpg
そして新緑も...季節の変わりを感じます
P1630498.jpg


【第二章・二枚岩のヒカゲツツジ】

レポは既に速報で掲載済みなので今回は写真のみで堪忍!

山行と言いつつ”花撮り爺”が本音だったので...

P1630416.jpg

P1630391.jpg

P1630383.jpg

まさに産声をあげたばかりの初々しい花と脱皮途中の花...

こちらは”おぎゃーオギャー”という鳴き声が聞こえそう

P1630401.jpg

P1630402.jpg

P1630403.jpg

P1630394.jpg

アカヤシオと微妙な距離感...う~んケン坊の技術も限界

コラボが1枚もヒットしない...残念です

P1630412.jpg

P1630389.jpg



【第三章・559Pのアカヤシオ】

ブログでアカヤシオを見てたので古賀志山は終焉かなと

半分諦めてたが嬉しい誤算のアカヤシオとご対面

まるでアカヤシオ結婚の儀? 早くも赤ちゃんが誕生した?

P1630443.jpg

559Pの裏側(崖)で出会った”らしい”アカヤシオの立ち姿

微かに日光連山と言っても男体山だけですが...

P1630449.jpg

さすがに足が竦んでこの先には進めない...望遠も限界?

ヒカゲツツジジが満開に見えるが葉が光ってるだけか

P1630452.jpg

※まだまだ蕾も多く暫くは楽しめそうですね
P1630454.jpg
           ※古賀志山をバックに生け花風のアカヤシオ
           P1630465.jpg
※結弦ばりのイナバウワー...良い感じでしょ?
P1630475.jpg

やっぱり今日は古賀志山を歩いて良かった

P1630477.jpg

P1630468.jpg



【その他・古賀志山の花々たち】


※まだ見られるカタクリもアチコチで姿を見せてくれた
P1630354.jpg

※キクザキイチゲ
P1630487.jpg

※ニリンソウ
P1630495.jpg

※エイザンスミレ
P1630358.jpg

※〇〇スミレ
P1630442.jpg

※ヤマブキ
P1630483.jpg

※ダンコウバイ
P1630492.jpg

※キブシ
P1630491.jpg

やっぱり今回は”ヒカゲツツジ・アカヤシオ”が主役だね

P1630380.jpg

           P1630376.jpg

                    ありがとうね!


ページトップへ  トラックバック0
真岡でお花見と言ったら...皆さんが想像する定点報告?
2017-04-16-Sun  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
H29/04/13撮影 【変わり映えしないのでボツと思ったが日記なので...】


※レポが戻ったりすると紛らわしいとの批判もあるが...押さえておさえて

寄り道×2...先ず”真岡一万本桜まつり”会場から

       もちろん仏生寺の枝垂れ桜も含まれてる?


【行屋川桜まつり(行屋川水辺公園)】ネットより
 :3月28日(火)~4月9日(日)が延長され15日まで
 : 市街地の中心を流れる行屋川の両岸に樹齢およそ80年のソメイヨシノの
  古木200本が咲き誇り、 隣接する城山公園・真岡小学校といったスポット
  の桜も彩を添え、まさに桜の競演といった風情を楽しむことができます。
  夜はボンボリが点灯し、夜桜が川面に映え、幻想的な美しさを楽しめます。

P1630303.jpg

P1630297.jpg

薄曇りですが桜の色に圧倒されて全体が桜カラーに

P1630299.jpg

川の中に緑の島...”花いかだ”に囲まれ可愛い

P1630301.jpg

ぼんぼりは”おまつり感”がします 屋台を思わず探しちゃう?

P1630306.jpg

P1630307.jpg

P1630312.jpg

福島の花見山公園を彷彿する色とりどりの花の宴

P1630314.jpg


寄り道×2...続いてはコチラ(↓) この日は平日なので

残念ながらあの光景(SLと桜と菜の花)はありません

P1630320.jpg

黒ずんだ雲が現れて...でも何とか桜と菜の花のコラボ

P1630325.jpg

P1630323.jpg

P1630333.jpg

列車の姿は無く桜と菜の花だけに終始しちゃいました

この日のココは”オマケ”だから...と言い聞かせる>笑<

次は何処でお花見ができるでしょうか?  バイバ~~イ!


ページトップへ  トラックバック0
速報! 情報?  やっと山からの花だよりに参加できた?
2017-04-15-Sat  CATEGORY: 花紀行(ツツジ・ヤシオの名所)
H29/04/15撮影 【土日は曇りから一転して陽射しがあるという予報に...】


 山歩きから実質的に2ヶ月半遠ざかっていたケン坊ですが

       皆さんの”山&花だより”レポに刺激され

         今日は最初から山行目的で家を出ました

 もちろん里山...花便り優先の山行なので情報を速報で

   先ず満開の”赤川ダム・枝垂れ桜”がお出迎え

P1630340.jpg

タイミングが難しい”ヒカゲツツジ”は二枚岩で8分咲き?

P1630393.jpg

P1630396.jpg

P1630394.jpg

もちろんこの花”アカヤシオ”は全山で満開かも?

※歩数制限で全山歩いて無いので...想像です

P1630458.jpg

P1630449.jpg

P1630475.jpg




寄り道は...何だかんだ言って今年も随分と花見したな~

※孝子桜...通り道なのでついつい寄っちゃった
P1630511.jpg

※下小代の旧駅舎と桜...何年か前からの宿題をクリア
P1630529.jpg

速報&情報なのでこの辺で...詳細は後日かな?




ページトップへ  トラックバック0 コメント10
情報! お花見は寄り道...真岡・仏生寺参道の枝垂れ桜が見ごろ
2017-04-13-Thu  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
H29/04/13撮影 【この時期、花レポが満載となりますが止む無しかな?】


今回も病院の寄り道...診断結果に気分良く\(^_^)/

        桜は終わりかな~と思いつつ車を走らせ

    以前にもレポした”真岡・仏生寺”の枝垂れ桜

【仏生寺】ネットより
 真岡市から岩瀬町に至る県道55号から、少し西に入ったところに、真言宗衍応山
 勝道院仏生寺がある。
 案内板によれば、日光を開山した勝道上人は、天平9年(737)、ここで生まれた。
 境内には産湯に使ったという池も残っている。空海の「性霊集」にも勝道は下野
 芳賀の人と記されているらしいので、寺伝は正しいのかもしれない。
 境内全域は「日光開山勝道上人誕生地」として栃木県指定史跡とされている。

        写真レポで申し訳ありませんが掲載します

 週明けまで見られると思いますが...青空が欲しいかな?

※先ずは参道から...
P1630289.jpg

P1630210.jpg

コラボのヤマザクラも良い雰囲気に

P1630213.jpg

P1630216.jpg

みごろでしょ  見頃でしょ  見ごろでしょ! 

P1630220.jpg

P1630222.jpg

P1630224.jpg

P1630230.jpg

P1630232.jpg

枝垂れ桜の奥に仏生寺の山門が...

P1630234.jpg

山門を挟むように一対のケヤキの大木
  名称 仏生寺のけやき (ぶっしょうじのけやき)
  樹高 27m/25m
  目通り幹囲 5.5m/5.4m
  推定樹齢 700年
  所在地の地名 栃木県真岡市南高岡
  栃木県指定天然記念物(1959年11月27日指定)

P1630238.jpg

ちょっと枝垂れ桜に手助けしてもらうと...こんな感じ

P1630239.jpg

山門の内外周辺には”ニリンソウ”が満開を迎えてる

どうもケン坊はニリンソウには嫌われてるようでイマイチ...

P1630244.jpg

P1630249.jpg

P1630254.jpg

P1630257.jpg

P1630267.jpg

山門の後方...ケヤキと山門、そしてニリンソウに枝垂れ桜

P1630264.jpg

ヤマザクラと枝垂れ桜のコラボ...う~ん失敗作?

P1630286.jpg

P1630287.jpg

ならば...枝垂れ桜と”南高岡浅間山頂”のコラボ

P1630288.jpg

コチラは日光を開山した勝道上人が

産湯に使ったという池の近くに古木のエゾヒカン桜も満開

P1630290.jpg

一歩先に進むと春爛漫の長閑な田舎の風景が広がって...

そう もう鯉のぼりの季節なんですね

P1630291.jpg

まさに田園風景...田舎育ちのケン坊には懐かしいです

P1630296.jpg

きょうも素晴らしい光景に出会えました

せめて”錫杖ヶ峰”でも周回しようかと思ったが靴も無く断念!

気分も晴れ晴れ...汗ばむほどの春真っ盛りの陽気に満足

この後も寄り道を続けましたが後日レポする?>笑<




ページトップへ  トラックバック0 コメント6
シリーズ? 佐野ラーメン8店舗目”森田屋総本店”を攻略
2017-04-11-Tue  CATEGORY: グルメ(麺類全般)
H29/03/30撮影 【またまた三毳山から佐野ラーメン...定番になりつつ?】


 レポが遅くなりましたが...三毳山からの寄り道は~~~

          佐野ラーメン:森田屋総本店

 12:45 未だ混んでるかな~と思いながら着いた駐車場は

      あれ空いてる...平日はこんなもんなのかな?

  佐野ラーメン=待ち行列 でも今日は並ぶことなく店内へ

※広い駐車場です 行列はありませんでした
P1620934.jpg

席を確保してからメニューをと店内に入ると店員から

突然”注文をお聞きします レジ済ませてからお座りください”

つまり”先払いシステム”になっていた

初めてなんでメニュー選びも楽しみと思ってたのに

慌てて貼ってあるメニューから注文することになっちゃった

メニューはというと”中華そばとチャーシューメン”でそれぞれ大盛りがあり2種類と
いうか4種類のみで餃子はありませんでした。非常にシンプルなメニューです。

魔女もケン坊も”普通のラーメン・・・中華そば”をご指名!

P1620918.jpg

テーブルにメニュー表は無く出だしで思わぬ戸惑いを!

それでも佐野ラーメン人気店上位に君臨の”森田屋総本店”

ブツブツ言いながらも店内の様子を眺めながら待つ

佐野在住のロックンローラー”ダイヤモンド★ユカイ”の色紙

P1620916.jpg

今注目の「横綱・稀勢の里」の先代親方”隆の里”の色紙も

P1620928.jpg

ケン坊が入店して5分? 急に入口に待ち行列ができてる~

P1620926.jpg

程なく昔お姉さん?が出汁をお盆に溢しながら丼を...

なみなみ注がれた出汁が溢れ おぉ勿体ないと思うケン坊?

出汁の美味しそうな香りが鼻をくすぐる...

P1620919.jpg

先ずは溢れそうな出汁を味わい徐に麺を箸で持ち上げ口へ

思わず美味い!   魔女も...今までで一番かも発言が

チャーシューも美味しいし出汁が縮れ麺に程良く絡む...

前回レポの”宝来軒”と似てる感じで、出汁に透明感はない

P1620923.jpg

P1620925.jpg

ようやく”森田屋”の文字発見>笑<

P1620929.jpg

こうして”佐野ラーメン・8店舗目”は無事に閉幕...

P1620932.jpg

最初に戸惑いはあったが”ラーメン”は極上だったので良し!

でも注文取るタイミングは何とかならないかな~

もっとも、メニューの種類が少ないから問題は無いかもね?

次のターゲットは何処かな?


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
曇天の中のお花見は久し振りに”姿川アメニティパーク”から...
2017-04-09-Sun  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
H29/04/08撮影 【何だかな~ お花見も晴れて無いと気分はスカッとしない】


  あははは いきなり”だんご”は如何かと思いましたが...

          これぞ 「花より団子」です~

P1630202.jpg

それほど今年のお花見は天気に恵まれず!

青空の似合う”桜の花”にとって雨上がりの曇天は薄暗い

P1630155.jpg

一日8000歩が暗黙のルール

午前中はしとしとの雨に一歩も外に出ることも無かったが

鏡に写る己の姿を見て”これじゃイカン”と午後は歩きに

P1630168.jpg

向かった先は”姿川アメニティパーク”という久し振りの場所

相変わらずの曇天で、いつ雨が降っても不思議じゃない

P1630169.jpg

P1630172.jpg

菜の花とのコラボは良いですね~ 一層、曇天が恨めしい

P1630175.jpg

年々 姿川アメニティパーク堤の桜も見応えが...

あぁ~ 青空が欲しいですね

P1630180.jpg

P1630184.jpg

桜も近場じゃ今週末までには散っちゃうでしょうね~

P1630181.jpg

ということは、今年の桜のお花見もココで見納めなの?

チョッピリ残念! でも散財しなくて良かったという説も>笑<





ページトップへ  トラックバック0
桜を愛でるなら幸手の権現堂堤...平日なのに混んでて
2017-04-08-Sat  CATEGORY: 花紀行(桜の名所)
H29/04/06撮影 【今回も病院からの寄り道...本命の場所ではなかったが】


 例によって出先からの寄り道は足を伸ばして幸手まで...

  桜の花を愛でるため”幸手の権現堂堤”へ向かう

      近くまで順調だったが平日なのにマサカの渋滞

          1時間もかけての遠征が無駄足に...

   癪なので更に足伸ばし孫に会いに行っちゃった>笑<

※以前の写真です :こんな光景が見られると思ったが...
P1190352.jpg

春休みは”民宿・宇都宮じいばあ”が開店...が恒例

孫も大きくなり部活や習い事の関係で全員が揃うことが減り

民宿の日数も”閉店ガラガラ~”が増えてきた>笑<

P1630111.jpg

春休みでも突然の訪問じゃ孫全員に会えることは難しい

まぁ”すっちゃん”と”みっくん”に会えたから良し

りゅう君はサッカーで残念ながら...子供の日も近いし?

みっくんは中学生...落ち着いてて何だか大人っぽい(@_@)

P1630104.jpg

孫の家の近くの桜堤”観桜会&撮影会”で権現堂の代役

P1630109.jpg

権現堂は遠目で7分咲きくらいだが、ココは8~9分咲き?

P1630116.jpg

P1630119.jpg

P1630124.jpg

P1630128.jpg

気温20度超え...”しらさぎ”も水浴びしながら花見してる

P1630135.jpg

P1630136.jpg

桜の花がシャボン玉のように...やはり花の王様だ!

P1630139.jpg

P1630146.jpg

土手に?  近くの家で植木鉢の泥を捨てたのかな...

P1630149.jpg

思い切って権現堂を振って正解だったかも...です

まさかの遠出でしたが価値はありました?

P1630152.jpg

週末は宇都宮も満開となりそうですが雨が...

残念ですね  せっかくの花見シーズンなのに  どうする?




ページトップへ  トラックバック0 コメント4
桃まつりの前に寄り道...小山市の”あんずの里”を訪ねたら?
2017-04-05-Wed  CATEGORY: 野原等で出会った花々たち
H29/04/02撮影 【小山はケン坊の実家に近いこともあって土地勘はチョッピリ】


         古河総合公園の桃まつりへ向かう途中

道路渋滞を避けるためあんずの里へ寄り道して調整

       あんずの里の存在は以前から知っていたが

               訪れるのは今回が初めて

ナビ頼り? 何となく場所は判っていたのでスムーズに到着

P1620985.jpg

”あんずの里”が出来てから25年?

それなりの大きな”あんずの樹”を想像していたので意外?

与良川の堤防沿いに”あんずの樹”が200本(約1㌔)...

P1620995.jpg

見た感じが”梅の花”に似ているな~と話してたら

杏(あんず)と李(すもも)の違いって判る? って聞かれた

P1620997.jpg

う~ん花は梅にソックリじゃん?  判らないな~

P1620989.jpg

ネットによると”梅と杏”の違いは...
  花びら: 両方とも丸い
  咲き方: 杏は枝の全体的に咲くが、梅は枝の根元に咲く
  葉付き: 両方とも開花時に無い
  萼の形: 杏は開花時に反り返るが、梅は反り返らない

※萼の反り返っているのが判るかな?
P1620992.jpg
※枝の全体的に咲く
P1630006.jpg
※花が密集して咲くことも...
P1630015.jpg

ついでに”杏と李(すもも)”の違いは?
  あんずの実には毛が生えているのに対し、スモモには毛がありません。スモモも
  あんずと同様、中国原産のバラ科の植物とか小ぶりの桃のような形をしてるが
  酸味があるのでスモモと呼ばれます。
  梅、あんず、スモモはすべてバラ科サクラ属の植物なので、お互いの花粉を
  利用して人工授粉ができます。見分け方は皮の色ですが、食感も全く違います。
  スモモのほうがよりジューシーです。

P1620994.jpg

P1630003.jpg



一応、敬意を表して”あんず”を中心にレポしましたが

(@_@)したのが菜の花...

延々と黄色い花がアッチにもコッチにも満開状態

P1620981.jpg

P1630011.jpg

P1630019.jpg



次のレポは”あんずの里”の入口の大木...何だろう?

この樹は”サイカチ(皂莢)”という植物でした

以前”サイカチ”という言葉は聞いていたが話の流れから

地名と思っていましたが...まさか植物名だったとは

P1620987.jpg

           P1620986.jpg

いやいや 幹や枝をみて再び(@_@)...刺さったら痛い棘が

うっかり樹に近づいたら...ケン坊危うきに近寄らず>笑<

P1630022.jpg

ケン坊が勘違いした”サイカチ”とは...多分ですが

高木なので”目印の樹”だったのかも?

ネットによると変わった実がなるようなので一度見てみたい



ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.