FC2ブログ
ケン坊の日記です。
ケン坊の日記
久々のブログ更新?  2度目の”火戸尻山”は...
2019-10-29-Tue  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
R01/10/27撮影 【6年半ぶりに登った”火戸尻山”は今回も誰にも会うこともなく】


何時の間にか前回のブログ更新から2ヶ月以上経過していた

          決してブログから引退した訳ではなく

この間も家に籠ることなくアチコチと動き回っていたのだが...

       ブログのネタとしては物足りなくて>苦笑<

天気との喧嘩が続いて山から少だけ遠ざかっただけ>?<



さて、今回のレポは...

  時々参加する”筆者と登る栃木百名山”の山行だ

   今回の山行は、6年以上も前に魔女と登ったことのある

    ”火戸尻山(ホトジリヤマ:標高852㍍)”

IMG_1708.jpg

最近の異常気象(台風15号、19号、集中豪雨等々)に

恐らく”火戸尻山”も痛めつけられて「中止」の可能性が大?

どこかで”ボランティアしたらどうなの”と魔女は簡単に言うが

この年齢だと受け入れてくれる所があるかな?  辞退です!


案の定、ガイドブック記載の取付け道路が豪雨被害で不可能

その先、車で数分のところから”藪漕ぎもどき”を選択した

IMG_1710.jpg

水道関係の施設から道なき道(藪漕ぎもどき)を歩くことに


久々の山行に入口にある「石碑」を目敏く見つけてしまった

何て書いてあるのかな~って目を凝らすと

「根古岩神社」?  ネコ((=^・^=))じゃなくて”根古”?

ガイドブックのコースには「ネコ岩」と記されていたので

前回(6年前)のレポで「どのアングルが猫?」って書いてた

IMG_1712.jpg

いきなりの急登です  藪漕ぎと言う程ので藪は無かったが

傾斜はきつく、結果的にストレッチになったのでは?

スタート直後で体力は問題ないが身体が慣れていないので

IMG_1715.jpg

IMG_1716.jpg

ようやく”登山口(通称:展望広場)”に着いた

前回歩いた時は登山口まで”林道あるき”で20分かかってた

IMG_1718.jpg

ココまでも何回かの鹿除防護柵(ネット)を潜ってきたが

この先にも1~2ヶ所あったかな?

前回は鬱蒼としていた記憶だが今回は伐採と崩落の影響かも

IMG_1719.jpg

でもね 何ヵ所も崩落寸前の地割れがあり

場所によっては4~50センチの段差もあって崩落個所も...

IMG_1723.jpg

IMG_1726.jpg

伐採のお蔭?  前回は見られなかった”展望”に\(^_^)/

IMG_1725.jpg

その後は九十九折の山道を登り...

時おりコースを跨ぐ倒木をノコで切断してコースを整備

IMG_1730.jpg

アップダウンを繰り返すと例の”ネコ岩”に到着

祠が2個並んでます  何となく前回を思い出しましたよ

IMG_1733.jpg

反対側に出ると...岩を抱きかかえるというか

岩盤の隙間から木が根を張ってるのが良く判ります

IMG_1738.jpg

間もなく”山ノ神”の石塔も出現!

律儀な人が多く、根古岩の祠でも山ノ神の石塔でも

帽子を取って手を合わせたり頭を垂れたり

IMG_1741.jpg

また暫く景色の無い山道をひたすら歩くと黄葉?を発見

IMG_1743.jpg

ようやく稜線分岐に出た...植栽された杉が整列

IMG_1745.jpg

最後の急登を登り切って”山頂”です

でも、黒滝山や明神ケ岳での訓練のお蔭で急登も苦にならず

小さな小さな”山名板”がありました(真ん中奥の木)

IMG_1750.jpg

ここでマサカのイベントが...何が始まるのかな?

CLがザックから取りだしたのは何と”山名板”だ

下見した時に”小さな山名板”を見て作ろうとしたのかな?

IMG_1756.jpg

更に”筆者と登る栃木百名山”の参加者の記名版も括り付けた
(もちろん参加者の自署でケン坊も署名)

初めての出来事なので記憶に残る登山になりそうです

IMG_1759.jpg

ケン坊は新しい山名板の前で撮影一番乗りです>笑<

IMG_1764.jpg

漸くブログが書き終わりました>ホッ!<

下山後は、予定を変更して”山家(やまが)の蕎麦”でお昼

IMG_1777.jpg

今回の”天盛りそば”950円は安いですね~ 

IMG_1773.jpg

追加で”ソバゼリー”...100円です

IMG_1776.jpg

いやいや 久し振りの天気のもとでの山行となりました

久し振りなのは山ばかりではありません  ブログも>苦<



スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0
栃百93座目の明神ケ岳は先月の黒滝山に続いて難産でした
2019-08-31-Sat  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
R01/08/25撮影 【やはり明神ケ岳も、先月の黒滝山に匹敵する急登の山だった】
※レポが遅くなっちゃって...


 栃木百名山挑戦も”残すは8座”だが単独では無理!

    今月登る”山”も当初の栃木百名山ガイドブックで

往復8.5時間で山道も不明瞭なので最初から対象外だった


 先月に続き”著者と登る栃木百名山”登山教室で

   ケン坊の未踏の山が続けて対象に 嬉しいような...

ちょっぴり不安? でもこれを逃したらもうチャンスは無い山

93座目の山は”明神ケ岳(1595㍍)”で経験者向!

      現在のケン坊の体調では不安はあるが応募!

IMG_1707.jpg

ネットでの明神ケ岳レポではピストンで5時間前後が多く

しかも歩くコースがケン坊の見る栃百ガイドブックと全然違う?

先月の黒滝山と同じように新しいコースに変わったのか

と、期待しながらも不安も同じぐらい募る  急登もあるって?

※定番となった集合場所:JR宇都宮駅にて
IMG_1659.jpg

前日になって”てんくらがC⇒A”に変わった  なぜかホッ!

だが先月も”A”なのに残り1.5時間は雨模様だった...不安だ


場所は湯西川”水の郷”の先から”前澤林道”に4㌔程入ります
(最初の栃木百名山ガイドの登山口とはまったく違ってました)

狭い林道...何はともあれ”滝倉沢登山口”に到着しました

※倉沢橋の先の右側に数台分の駐車スペースがあります
IMG_1705.jpg

ここが駐車スペースです

※下山時に撮影
IMG_1702.jpg

登山口はどこ?  すると駐車スペースの反対側にありました

※写真右のピンクのテープが見えますか?
IMG_1704.jpg

写真(↑)ではハッキリしないので人物を入れちゃいます>笑<

※8:45 出発
IMG_1660.jpg

山道は確かに踏み跡はあるものの入山者は少なさそう...

IMG_1662.jpg

いきなり急登で写真は不可...尤も被写体も無いが>笑<

スタートから35分で急登から稜線(1030㍍)に...小休止!

IMG_1663.jpg

案内では暫くは”稜線歩き”だったがアップダウンの連続です

先の小休止から1時間10分...標高1361㍍のピークに到着
(もちろん、その間の標高1159㍍でも休憩しましたよ)

IMG_1667.jpg

ピーク近くの樹に掛けられた”金剛ゾネ”の札 これってなに?

いや”金岡リゾネ”と読むのかな   樹の名前?
(ネットで調べるも全く判りませんでした)

IMG_1670.jpg

この山には”シャクナゲ”や”シロヤシオ”が多いとの情報だが

特にシャクナゲはアチコチでロードになっていて

花の咲く頃は見事でしょうね(再び登ることはない?)

IMG_1671.jpg

段差あり痩せ尾根あり...団体だと通過に時間がかかります

IMG_1673.jpg

時々、木々の隙間から周辺の山容が望むも同定出来ず>苦<

IMG_1674.jpg

相変わらず天気は良さそう...今日は雨は無いでしょう!

IMG_1676.jpg

ピーク1400㍍を過ぎ、前が一気に開けてまさに山行日和に

IMG_1678.jpg

ここは山頂直下のコル...情報では”トリカブト”の群生地

花の咲き具合は良く無い! その上ブレまくり残念な結果に

IMG_1682.jpg

コチラには”ヨガッタァ”の札が...”良かった”の訛りか?

IMG_1684.jpg

トリカブトのコルを過ぎると、いよいよ最後の難関”急登”です

笹で覆われた山道は滑り易いので恐怖心を煽る

しかも黒滝山のようなロープは全く無く、自力で登るしか...

ある意味”黒滝山”を凌駕するかも? なんちゃって>笑<


喘ぎ喘ぎの難産の末に辿りついた明神ケ岳の山頂

見晴らしは良くありませんが登頂したという満足感!!!

もう少し、着衣などを整えてから撮れば良かったと反省!

IMG_1688.jpg

三等三角点は笹の中に埋もれ、気付いたのはケン坊だけ?

IMG_1689.jpg

山頂はソコソコの広さですが視界は樹々で遮られゼロに近い

IMG_1693.jpg

山頂でのお昼も無事に終え、いよいよ”魔の下り”に挑戦

ロープもない急降下にアチコチでコケる姿や音が>笑<

雨が降って無いのに...今日の天気にはホントに感謝です

IMG_1698.jpg

あの”ヨガッタァ”の意味は、無事に戻れて良かったの意か?

トリカブトの群生する”コル”まで戻ってきました

IMG_1700.jpg

その後も厳しい下り(急降下)を何度もコケそうになりながら

14:40 登山口に到着 全員揃ったのは1時間後だったかな?

休憩を含めて5時間55分  結構、下りの厳しい山でした

個人だったら、おそらく山頂に立つことは無かったでしょうね

IMG_1703.jpg

こうして無事に”未踏だった栃木百名山”をクリアしたよ...

主催者に感謝です  参加者の皆さんにも感謝です

これで栃木百名山93座で残り7座 もちろん完登は諦めてます


ページトップへ  トラックバック0
速報!  避暑にならない? 今年の奥日光・戦場ヶ原歩き 
2019-08-04-Sun  CATEGORY: 日光・今市・湿原
R01/08/04撮影 【暑くて敵わん...と奥日光へ逃げるも追いかけてきた?】


  日光赤沼駐車場確保が目的で、朝5時に家を出たが...

     6:15着 夏休みだが早くから混むことは無かった

   車中でゆっくりと休んでれば良いのに性分なんですね

       6:30には出発>笑<  殆んど誰も居ません

IMG_1389.jpg

予定:赤沼~小田代~戦場ヶ原~湯滝~戦場ヶ原~赤沼

だったが、早朝の小田代に向かう人の気配がなく...

臆病のケン坊の選択は戦場ヶ原に

IMG_1461.jpg

そして”小滝~~湯滝~~小滝”の周回コースを散策

IMG_1492.jpg

そして戦場ヶ原に舞い戻り   からの”小田代が原”歩き

IMG_1523.jpg

単独なので勝手気ままな行動?  いや貴婦人に逢うために

IMG_1528.jpg

再び いや三度の戦場ヶ原? そして戦場ヶ原から凱旋!

IMG_1410.jpg

今回の奥日光...避暑のつもりが一生懸命歩いちゃった

既に多くのブログでレポされているので詳細はパス?

でも、ケン坊の日記だから、気が向いたらレポするかな...



ページトップへ  トラックバック0
栃百92座目の”黒滝山”は個人で登頂するのは無理~!
2019-07-26-Fri  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
R01/07/21撮影 【聞きしに勝る黒滝山...二度と山頂は踏めません】



  栃木百名山挑戦も”未踏の9座”は無理と諦めてた

 が、今年の”著者と登る栃木百名山”登山教室で

   ケン坊の未踏の山が対象になった 嬉しいような...

 ちょっぴり不安? でもこれを逃したらもうチャンスは無い

92座目の山とは”黒滝山(1754㍍)”で健脚向きだ!

IMG_1357.jpg

栃木百名山ガイドブックでは9時間45分という超ロングコース

”栃木の山150”では新登山口を利用で6時間強とか?

事前にコース案内が無く不安を抱えながらの申し込みだった

IMG_1358.jpg

お約束のJR宇都宮駅デッキからの写真(集合時間6:20)

主催者側の資料で”新黒滝山登山口”利用にホッ!

IMG_1263.jpg

定刻、登山口到着?  直前でマサカのアクシデント発生?

バスのダブルタイヤに落石がスッポリと食い込んでしまった

除去作業するもビクともしない...新登山口まで後1㌔...

IMG_1265.jpg

どうする? 主催者の下した決断は、登山口まで歩くでした

一方ではお天気? てんくら”Aランク”はウソつかない?

薄日が射しこむ(オーバー?)空模様...最後まで持つかな~

IMG_1268.jpg

結局は新登山口まで”準備運動”を兼ねたウォーキングに

途中、梅雨も明けないのに咲いてる”萩の花”を愛でたり

IMG_1269.jpg

ヨツバヒヨドリに舞う”アサギマダラ”の姿にカメラ向け

アクシデントのお蔭  残念ながら見たのはケン坊だけかも?

※一枚撮ったところで驚いたのか飛んで行っちゃった
IMG_1271.jpg

登山口手前に”トリアシショウマ”が撮って~と猛アピール

IMG_1280.jpg

そしていよいよ”新黒滝山登山口”に到着です

ブロ友さんのレポで見た”あのハシゴ”が目の前に聳えてる

IMG_1272.jpg

設置されたハシゴの角度を見たら何となく先行きが不安に

※08:55スタート
IMG_1277.jpg

最初のうちは九十九折だった林道も直ぐに直登中心に

しかも傾斜が半端ないんです

※09:04
IMG_1282.jpg

開始して間もなく...天気は際物!  あっと言う間に靄が

足元は何となく湿っぽい感じだが、歩くのには全く影響無し

この辺りは”ショウジョウバカマ”の群生地らしい?

IMG_1283.jpg

もう完全に靄の中...山頂まで雨は待っててくれるかな~

急登に喘ぎながら歩みに専念、周囲を見る余裕もなく

いつしか”百村山との合流点”に気付かず過ぎてしまった

※09:25
IMG_1290.jpg

尾根歩きになったと思うのも束の間...アップダウンは続く

白い看板が?  おぉ”カタクリの群生地”の案内板だ

※09:48
IMG_1293.jpg

カタクリ群生地から10分強で”三石山(通称:展望台)”に到着

展望台と言っても、残念ながら靄に包まれ展望は全くなし

※10:00
IMG_1294.jpg

小休止でもケン坊の目は花を求めてる>笑<

何処でも見かける花にも気配り?

団体行動だと歩いてる途中での撮影は難しいんですよ

IMG_1296.jpg

三石山から...次の山”サル山”へ向けてスタート

10分も歩くとコレは”コバノイチヤクソウ”でしょうか?

ココまで単独は見かけたが、ここは集団でした>笑<

IMG_1299.jpg

これは何処かで...コレもしかして”ギンリョウソウ”だよね

IMG_1300.jpg

三石山から45分で”サル山(1467㍍)”に到着

予想に違わぬ山を実感! コレからだよと言われギャフン

※10:46
IMG_1302.jpg

少しの小休止でも元気倍増\(^_^)/

この”那須見台”は晴れると大峠や流石山が見えるという

う~ん 残念!  帰り晴れたら良いな~

IMG_1305.jpg

ここまではコース両側の笹薮もそんなに気にならなかったが

サル山を過ぎるとケン坊に覆い被さるような笹薮に難儀

急登な場所では写真撮れず、こんな緩やかな場所でゴメン
(穏やかに見えても結構な登りですが...)

IMG_1306.jpg

まさに時変わり分変わり状態で...またまたガスってきました

そして次のピークは”山藤山”です サル山から約50分

それにしてもタフな山ですね~と言いつつ、予定より早い?

※11:34
IMG_1308.jpg

シロヤシオやシャクナゲが多いとガイドブックで知ってたが

これまでもこの先も群生してますが、たとえ旬でもパスです!

IMG_1316.jpg

IMG_1319.jpg

3時間35分35(休憩含む)で...念願の”黒滝山”に到着

山頂はそ広くはありません? いやハッキリ言って狭いです

急登の連続の影響? 団体が縦長となったため

お昼は大きく二手に分かれて...結果オーライってか?

※12:30
IMG_1332.jpg

でも相変わらず雨は降らないというだけでガスってますが

一瞬、右手に尾根のような姿が見えましたが大佐飛方面?

IMG_1322.jpg

晴れていたら...無い物ねだりしてもしょうがないね

IMG_1323.jpg

山頂周辺にもシロヤシオとシャクナゲが存在感?

IMG_1326.jpg

IMG_1330.jpg

往路は辛うじて雨の影響は無かったんです\(^_^)/

辛うじて? そう、所々で雨音はしたものの樹上の葉がガード

森の樹木のお陰でカッパも傘も不要でした

ただ、この時期なので前日までの雨で足元はかなり軟弱

この上、雨が降ったら無事に帰れない”斜度”だ

これまで、トラロープは補助的に使うものと思っていたが

黒滝山のトラロープは、途中から真剣に利用してる>笑<

果たして...下山は???

IMG_1335.jpg

↑ この辺りから怪しくなってきた

少しすると樹上の葉では押さえきれず、時々小雨が落ちてきた

IMG_1337.jpg

結論言うと、ケン坊は最後までカッパは着用しなかった

要は雨を気にするかしないかの差?  そんな降りでしたが

IMG_1338.jpg

現実は甘くは無く...アッチでコッチで滑って転んで

ケン坊も2度転び、2回は滑り...危うく泥まみれ寸前だった

IMG_1339.jpg

とてもカメラを構える余裕はない筈だが...同じ花を>笑<

IMG_1345.jpg

漸く”三石山”に  下山もグループに分かれての山行に...

※14:48
IMG_1347.jpg

時間は早いのに靄が立ち込めて夕方状態でチョッピリ不安

前を歩く姿を見失うまいと真剣なケン坊

※写真は少し靄が薄れて心に余裕がでたので>笑<
IMG_1349.jpg

しかし、その後も靄に翻弄された今回の山行

喜びと不安が振り子のよう...神秘的な空間に合うことも

IMG_1350.jpg

本当に安堵したのは”百村山との分岐点”だった

バスの待つ林道までは急斜面があり油断は許さないが

それでもホッとした瞬間でした

※15:17
IMG_1355.jpg

足腰は先週の「霧降高原の1445段の階段」で鍛えてあるが

ロープを真剣に利用したため”腕や肩”に張りが出る?

ツルツルで急斜面も登りよりも下山の方が時間がかかったが

当初計画より1時間半も早い山行?  

こんな天気だったので、途中での休憩が少なかったのかも?

単独では無理な”黒滝山”を何とかクリアです((⊂(^ω^)⊃))

IMG_1321.jpg

何とか駆け足で”レポ”終了です 書き殴りですが...




【備忘録・未踏の栃木百名山】

残るは大佐飛山・男鹿岳・明神ヶ岳・持丸山・黒岩山・錫ヶ岳・鋸山・皇海山の8座





ページトップへ  トラックバック0
速報! 今月の栃木百名山...やっぱり梅雨空に見守られた山行に
2019-07-22-Mon  CATEGORY: 栃木百名山(県山岳連名編)
R01/07/21撮影 【やはり素人ケン微雨には想像以上の山でした...】



         今月も栃木百ツアーに参加してきました

 その山はケン坊にとって”92座目”の栃百に\(^_^)/

IMG_1263.jpg

目指す山頂”黒滝山(1754㍍)”は予想通り難攻でした

IMG_1332.jpg

詳細レポはなるべく早く掲載したいな~!







ページトップへ  トラックバック0
今年も歩いちゃいました...霧降の天空回廊(階段)に挑戦!
2019-07-18-Thu  CATEGORY: 花紀行(ユリの名所)
R01/07/13撮影 【今年も歩きましたよ 1445段の階段を...年々キツクなる?】



  霧降高原...その名に相応しい天候・気象となりました

     時おり現れる”霧景色”  そして薄日の射す気象

         朝方まで小雨でも降っていたのかも?

    ニッコウキスゲやクルマユリなどもスッポリ濡れて

  8:35一等駐車場は満車でしたが二等で十分\(^_^)/

   最後まで雨に降られること無くキスゲ日和でした

IMG_1099.jpg

先ずは天空回廊へ...登ってみましょうか

IMG_1067.jpg

シカ柵ゲートの手前で”クルマユリ”がいきなりお出迎え

そう言えば、前回も出迎えてくれたっけ>忘却<

IMG_1207.jpg

クルマユリの名の由来はコレ↓

茎に葉が輪生する様子を車の車輪に見立てたものという

IMG_1214.jpg

いよいよゲート内に...色鮮やかなニッコウキスゲにご挨拶

IMG_1071.jpg

IMG_1069.jpg

兄弟?  姉妹?  歩き始めは終盤なのか疎らな感じも

IMG_1073.jpg

IMG_1119.jpg

階段を中心にして右に左に散策路を全て踏破?

おぉ このクルマユリも多くの花を抱えるまでに成長!

IMG_1083.jpg

階段350段目辺りのニッコウキスゲ密集地もやや少なめか

IMG_1085.jpg

でも元気印の腕白キスゲがシャッターを押させます>笑<

IMG_1091.jpg

IMG_1095.jpg

IMG_1179.jpg

その後も霧降高原は七変化?

IMG_1096.jpg

IMG_1132.jpg

IMG_1121.jpg

IMG_1145.jpg

IMG_1146.jpg

ニッコウキスゲは750段辺りから上が見頃でした

IMG_1151.jpg

密集度も上がり黄色の絨毯化  気持ちもテンションアップ

IMG_1154.jpg

IMG_1160.jpg

そして1445段の階段をクリア

※魔女ではありません(未だ後方です>笑<)
(カメラ向けたら移動してくれると思ってたのに) なかなか退けてくれなくて...トホホホ
IMG_1163.jpg

そして休まずに一気に”小丸山”へ

女峰&赤薙山方面へ向かう人も結構いましたが

山頂は現れたり消えたりと大忙しの小丸山

IMG_1166.jpg

少しだけ小休止...我が家のミニトマトに(・∀・)ニヤニヤ

IMG_1171.jpg

相変わらずの気象状態...ザ・キリフリ

IMG_1174.jpg

そして下山...下山も散策路を歩き花を愛でながら

IMG_1107.jpg

今年も”孤高のクルマユリ”に会うことは叶いませんでした(;_;)

IMG_1209.jpg

そろそろ山が恋しくなってきました>笑<

梅雨明けが待ち遠しい  晴れなくても良い...降らなきゃ?



ページトップへ  トラックバック0
今年の天気は”花の開花時期”をも狂わせる
2019-07-15-Mon  CATEGORY: 花紀行(ユリの名所)
R01/07/13撮影 【山は無理か...もしかしてヤマユリは咲きだしたかな~】



 今年は梅雨寒で晴れ間の無い異常気象に山にも行けず

出先を決めるのも悩ましく空を見上げては溜息ばかり(`o´)

   日光だいや川公園のヤマユリも見頃となる季節です

今年はあまり期待出来ないが...寄り道なら良いか(。-_-。)

     予想が当たった? ”ヤマユリ”が見つかりません

今にも降りそうな梅雨空のせい?  花が咲いてないせい?

  (7/13~15はヤマユリまつりですが)人出は少ないです

IMG_1225.jpg

IMG_1227.jpg

IMG_1228.jpg

少し歩きだすと木立の中に白い花が見えました

\(^_^)/ あれは”ヤマユリ”じゃないの?  少し遠い!

IMG_1221.jpg

↑ この花に気を良くして?  近くで撮りたいと歩きだすが

この後...蕾はアチコチで目にするも咲いてません

IMG_1246.jpg

やはり早かったと諦めモード...遂に道路を渡って反対側へ

この道路を渡る決断が功を奏した? ヤマユリが咲いてる~

IMG_1231.jpg

大きくて重い?  まるでお辞儀するように頭を垂れるユリ

IMG_1233.jpg

おいユリよ 低すぎるぜ! 撮る側のことも考えてよ>笑<

IMG_1236.jpg

IMG_1241.jpg

IMG_1243.jpg

IMG_1244.jpg

IMG_1247.jpg

何とか最低限の”ヤマユリ”を撮ることができました(*^_^*)

この後は駐車場まで公園内をブラブラ散歩

IMG_1248.jpg

まだまだ紫陽花がみられました  低温の影響?

IMG_1250.jpg

IMG_1254.jpg

IMG_1253.jpg

IMG_1257.jpg

最後まで梅雨空も雨を降らさないでくれました...\(^o^)/

ヤマユリは一分咲き? 二分咲き? 見頃は一週間後?




ページトップへ  トラックバック0
家庭菜園で収穫した枝豆をつまみのビールは最高っす!
2019-07-10-Wed  CATEGORY: 我が家の光景
R01/07/08撮影 【エダマメ...自家栽培となれば一段と美味しい!】


   家庭菜園で今年初めて”エダマメ”に挑戦してみた

      栽培要領が判らないながらも何とか収穫できた

 と言っても総額500円分位か  コストは? 聞かないで!

※これは前回の写真です
IMG_0959.jpg

枝豆は一本ずつ植えるものと思ってたが弱弱しいので

自己流で2本ずつ植えてみたが実際には3~4本もOKらしい

次回はシッカリと反省の上で挑戦してみたい

※これも以前の写真です
IMG_0120.jpg

ところで、収穫したエダマメの王道は”茹でて”ですね

コレです! 枝豆は生ジョッキ(大)が似合うんですよね
(ケン坊は並みのコップでしたが...(#^.^#))

そこに”から揚げ”が追加されれば...定番の映像だね

もちろん”自家製枝豆とミニトマト”のコラボだよ!

トウモロコシはビールのおつまみではありません(゚∀゚)
↑ ピュアホワイト...先日の「畑市場」でリピート買い(ケン坊は生で)

IMG_1059.jpg

もちろんビールの量がどんどん増える? 間違いなし

次は”枝豆の二毛作”にするか♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


今回収穫後も...取り残しがあったー  もう一回>笑<

IMG_1064.jpg

あははは もう家庭菜園ネタは終わりにします!



ページトップへ  トラックバック0
我が家のトマトに変異が? と思ったら”窒素過多”の影響らしい?
2019-07-07-Sun  CATEGORY: 我が家の光景
R01/07/07撮影 【突然変異はケン坊の庭先で発生しませんでした...やはりネ】



 我が家の家庭菜園も枝豆やインゲンが収穫を終えた状態に

       でも、トマト(中玉&ミニ)はまさに最盛期で

   毎食、食卓や弁当に彩りを添えてくれて満足\(^_^)/

IMG_1051.jpg

朝採り時にトマトの異変↓発見...思わず”二度見”>笑<

IMG_1043.jpg

よく見ると...トマトの房の先から”葉の付いた”芽が?

IMG_1044.jpg

更にその先...花が咲いていて”一房”実を付けそうな感じ

こんなことってあるの? ネットで調べたら...  

何となんと”窒素過多”の場合に生じる現象とありました

IMG_1045.jpg

ついで...中玉トマトはやはりミニと比べると大きいですね

IMG_1049.jpg

ついで情報”第二弾”?

諦めていたトウモロコシのうち一本に実がなりました

実が入ってるかどうか皮を剥がさないと確認できませんが

触った感触が”良さそう!”です  もしかして?かもね

IMG_1047.jpg

何度もネタを提供してくれる家庭菜園...あと何回登場?




ページトップへ  トラックバック0
気になっていた”フルーツ・雪の妖精”と呼ばれる「白いとうもろこし」が
2019-07-05-Fri  CATEGORY: グルメ(その他何でも)
R01/06/29撮影 【美味しい! 翌日、来客へのお土産は”白いとうもろこし”です】



  数年前から時おり散歩するコースの庭先で目にする幟...

      2~3軒隣に”やさい村”というお店があるのに?

  何処にでもあるような「生産直売」の幟が余計に目を惹く

IMG_1039.jpg

入口にある”白い とうもろこし”の看板が気になる

北海道産の”白いとうもろこし”の存在自体は知ってるが

あのピュアホワイトと同じとうもろこしがこんな近くで手に入る?

その下の「生でかぶりついてください」の文字...

IMG_1037.jpg

コレ↓が”雪の妖精 ・ 白い とうもろこし”のPRメモ

平均糖度が19度というから(@_@)です

IMG_0963.jpg

朝のオープン時間に行ったらお客さんの車が7~8台も

その後も次々と出入りする車に背を押され

様子見を兼ね思い切って庭へ...意に反して並んじゃった?

前の客の行動を見ながら値段や販売単位等を確認

IMG_1030.jpg

この日1本180~200円で普通のトウモロコシよりやや高め?

この白さ、粒揃いのトウモロコシ  200円は止むを得ん!

IMG_1031.jpg

最初の一本は、もちろん”生”でいただきました

糖度19度の甘みかどうかはケン坊には判りませんが

久し振りの生食は 実に甘かったです 美味しかったです

IMG_1033.jpg

このお店”畑市場(はるいちば)”のさらなる拘りは...

とうもろこしがまだ寝ている日の出前に収穫すること

↑そうすることで収穫後の糖度低下が減るらしい??

白いとうもろこしは北海道のイメージが強かったが

こんな近く(散歩範囲)で買える...早くもリピーター宣言?


※お店は↑のPRメモに詳細が掲載されていますが小さいので...
畑市場(はるいちば)
住所電話: 宇都宮市雀の宮1-3-21 ☎028-348-0692
案内   : 旧4号線沿いJR雀宮駅入口交差点北へ200㍍ 幟と大谷石の蔵が目印
営業時間: 9:00~12:30(不定休) 売切次第終了





ページトップへ  トラックバック0
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ケン坊の日記. all rights reserved.